BARENA、着方は様々。

藤井 洸太 2018.11.12

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

藤井です!


早く、もう少し寒くなって欲しい。

しっかりコートを楽しみたい。

そんなことを思ってばかりいる最近の僕です。。


いきなりですが、最近ハーフジップのアイテムを見る機会が多いですね。

ブルゾンやスウェットが、特に多いような。


僕も、気になっていまして。

着るなら、こういう物がほしいな、と。


こちら。





BARENA casllon
カラー:ブラウン
サイズ:S,M,L
価格:¥38,000+税
商品番号:11-15-1126-687


BARENA(バレナ)から。

色はブラウンになっておりますが、オレンジに近い色。

少し渋みのある色味に目をひかれます。




ハーフジップの、ニット。

僕が着ると、少しだけ肩の丸みが気になるところではありますが。。

着心地は良好です。


というのも、このリブ編みのニット。

固さがないので、とても楽に着ることが出来ます。

生地も厚すぎず、上にツイードジャケット等を合わせてみるのも良いような。




袖の作りも、特徴的。

この袖の形、どこか見覚えのある方もいらっしゃいますでしょうか?

ヨーロッパのセーラーセーターのディテールに見られる、親指を通すホールが付いたもの。

手先の冷えを防ぐのみではなく、風の侵入を防ぐことも考えられた作りです。





僕は、最近イエローのオックスフォードシャツを愛用しておりまして。

このように明るい色のシャツと合わせていただいても、この色なら上手く馴染むのではないかと。

ジップを開けてネクタイをしっかり締めるスタイルで如何でしょうか?


ブルゾンでもなく、スウェットでもなく。

そして、クルーネックでもなく。

ハーフジップのニット、オススメです。


百聞は一着に如かず。


皆様のご来店をお待ちしております。


藤井


BEAMS PLUS ディレクター 溝端からの情報も要チェックです。