琉球のブラウス。

片桐 2018.05.22

こんにちは。今年も入荷しました。沖縄のブランド、LEQUIOSIAN(レキオシアン)のブラウスです。昨年も取り扱いがあり好評頂いたブラウスのシルエットはそのまま、襟がスタンドカラーになり、色のバリエーションも増えております。


デザイナーである、名嘉太一さんによると“LEQUIOSIAN(レキオシアン)”とは“琉球民族”の意味を持つ造語。もし、今なお琉球が一つの国で、かつてのように海を渡り航海していたら。。そこから広がる「空想民族衣装(意匠)」を考えることがLEQUIOSIANのテーマ なのだそうです。

“レキオ”とは16世紀にアジアに進出したヨーロッパの人々が、当時大航海時代の琉球王朝(沖縄)のことを尊敬をこめて呼んだ呼称のひとつ。









6601-0560-148   ¥12,000+Tax

前身頃にプリントされた柄は沖縄の版画家、名嘉睦稔(なかぼくねん)さんの息子である名嘉太一さんがデザインしています。沖縄のやちむん(焼き物)をモチーフにした、伸びやかでおおらかな絵付けのイメージ。素材は適度に張りがあり、体のラインを拾わずボリュームがあるのにすっきりとしたシルエットです。










沖縄のかりゆしウェア のオフィシャル認定も受けているブランドです。かりゆしウェアの定義は、(1)県産品であること、 (2)沖縄らしさを表現したものであること、です。かりゆしとは、沖縄の言葉でめでたい、縁起が良いという意味だそう。普段の生活ではたまに耳にすることができる位の頻度で使われているのだそうです。




ネイビーも一見無地に見えますが、



よく見ると柄が入っています。





アフリカの泥染め布と乾いた色調のボトムを合わせて多国籍な雰囲気で着てみたり、




グアテマラのビーズネックレスと合わせてみたり。スタンドカラーで首回りはすっきりしているので、大振りな帽子やアクセサリーを合わせても決まります。


LEQUIOSIAN(レキオシアン)のウェアは今回紹介した以外にも取り扱いがございます。店内には沖縄の陶器も揃えております。併せてご覧ください。



International Gallery BEAMS 2F

Katagiri