タグ「旅」の記事

夏の思い出 終戦記念日編その①

今日はパラオで過ごした終戦記念日について書きたいと思います。


最後まで読んで頂けたら嬉しいです。


太平洋戦争の激戦地であったパラオ。

75年前の9月15日、ペリリュー島はアメリカ軍の艦船で埋め尽くされました。


その場所がこちらのオレンジビーチ。

素晴らしい景色からは想像がつきません。 



ペリリュー島へは静かで平和な海を眺めてボートで向かいます。しかしそんな綺麗な海にもところどころに戦跡があります。




透き通った海水の下に撃ち落とされた旧日本軍機。ほんの少しプロペラを出して沈んでいます。


今回、ペリリュー島のガイドをして頂いた菊池正雄さん。2015年にパラオを訪問された天皇皇后両陛下にご説明をされた菊池さん。パラオで旅行会社を経営し、戦没者慰霊や遺骨収集に携わっていらっしゃるツアーガイドさんです。



もちろん知識と経験が豊富でわかりやすく説明をして頂きました。


ペリリュー島に到着するとすぐに目に入って来たものがコンクリートで固められた陣地、トーチカです。島の至る所で見る事ができます。




最初に紹介された場所は旧日本軍の夜戦病院、通称千人洞窟。幾つかの入り口は火炎放射器で所々黒くなっています。





洞窟の内部は無数のトンネルが張り巡らされ、ビール瓶、食器、ヘルメット、薬きょう、包帯などが全くの手付かずの状態で見る事が出来ます。天井や壁を見た瞬間、背筋が凍りました。びっしりと埋め尽くすコウモリとカマドウマ、そして自分の肌が出ているところに無数の蚊が…。パニックになりました 泣。島にある沢山の洞窟には約2500柱の旧日本兵の遺骨が眠っていると考えられています。


続いて旧日本軍の武器庫へ。

砲弾で穴が空いた事がはっきりわかる状態でした。現在、内部は戦争資料館になっています。


 



建物の横には砲弾が無造作に置かれています。大丈夫なんでしょうか?笑


続いて海軍司令部へ。こちらも爆撃、銃撃を受けた状態を確認できます。





銃撃痕が戦闘の激しさを物語ってます。

ちょうど、ここで正午を迎えたので、ツアーの参加者全員で黙祷をしました。


予想以上のリアルさにメンタルに何かが重くのしかかって来ました。フィジカルはある程度自信がありましたが、照りつける灼熱の太陽と現地の元気過ぎるコウモリや虫たちの恐怖に体力を奪われました。まさに当時の兵士達の過酷な状況を体験できてしまうツアーです。




終戦記念日編その②へ続く


夏の思い出 レジャー編

今日はパラオで楽しんだ海のレジャーについて書きます。


最後まで読んで頂けたら嬉しいです。


今回のパラオの旅は海の上で日の出を見る事からスタートしました。


スタンドアップパドルボートはご存知ですか? 通称サップと言われる小さなボートを漕ぎながらパラオの海で朝1番の太陽光を浴びました。



自然の素晴らしさは言葉に出来ない感動があります。朝の5時スタートですが、一瞬にして目が覚めて心が洗われるそんな体験でした。


お昼はロックアイランド群の南に位置する

神秘的な場所へ。潮の満ち引きによって出来る非常に長い砂浜、ロングビーチへ行きました。



この潮の満ち引きは1日に2回ほど起こりますが、時間帯、度合いは毎日異なります。そのためタイミングが悪ければ砂浜が現れない日があるのです。この日は運良く綺麗なビーチに出会えました。



服着てなくてごめんなさい 笑

本当に見渡す限り絶景で言葉に出来ません。

世界にこんな素晴らしい景色があるんて地球って凄いなと思います。



ヒャッホーイ!!! 笑

気持ちが高ぶったので高めのジャンプを決めてみました。それだけ心が躍る場所なんです。


午後は天然の泥パックを体験する為に、

ミルキーウェイといわれる場所へ。パラオは海の透明度が世界でも有数のエリアですが、ここだけは別です。乳白色の海はまるで入浴剤を入れたようです。長い時間をかけて海に溶け込んだ石灰岩が泥になり海底に溜まっているのです。この泥の成分こそが美肌効果抜群なんです!!!



パラオの紫外線は日本の7〜8倍あります。

焼き過ぎは確実にシミになるので日焼け止めをこまめに塗る必要があります。現地の女性ツアーガイドさんは泥の成分の素晴らしさと日焼け止めの重要性を丁寧に説明してくれます。



んばーーーーーーー 笑

服着てなくてごめんなさい 笑

とにかくお肌に栄養満点な泥をカラダ中に塗りまくります。日焼けで疲れ痛んだ皮膚を和らげてくれます。保湿効果もあり、お肌がプルプルになります。女性は大喜びのパラオスポットなんです!!!



パラオ人のガイドが背中にお魚を描いてくれました。とにかく亀や魚の絵を描くのが好きなんです 笑


ほんとはスキューバダイビングやシュノーケリングの画像で海の仲間たちを紹介したかったのですが、それはまた来年以降の機会にします。楽しみにしていてください!!!


パラオ半端ないって!!! 


森 正博




終戦記念日編に続く

夏の思い出 お墓参り編

この夏、パラオで過ごしたことを書きます。


最後まで読んで頂けたら嬉しいです。


ダイビングやシュノーケリングなど海のレジャーがとても盛んなパラオ。世界中からこの美しい海に魅せられてダイバー達がやってくる島です。



こんなに透明な海水に青空。なかなか日本ではお目にかかれません。


ほぼ毎年、パラオに降り立つには理由があります。それは義父のお墓参りなんです。


生前、パラオを始め、グアム、サイパン、トラック諸島など南方の島々のインフラを整えるために現地に住み込み、道路を整備したり、水道を引いたりしていた義父の仕事は、これらの島々の発展に繋がっています。


当時の美しい景色に魅せられた義父は、晩年に遺骨は砕いて世界遺産に登録されているロックアイランドの海に散骨して欲しいと遺言を残しておりました。


希望通り散骨した場所がこちら。

ナチュラルアーチです。


パラオの島々は火山活動によって隆起したサンゴ礁からなる島です。柔らかな石灰石を多く含んでいて、穏やかな波にも浸食され、さまざまな自然の造形美を生んでいます。このナチュラルアーチもそのひとつでロックアイランドのシンボルでもあります。 

いつもボートで近づいて、好きだったお酒、おせんべいを海にまいて手を合わせます。すぐに魚の群れがやって来て美味しそうに食べます。野鳥もたくさんいて美しい鳴き声が聞こえます。妻の家族と元気だった頃の話をしながらボートの上で過ごす、オリジナリティ溢れるお墓参りです笑


なんと今回は潮が満ちていたので、初めて上陸してみました笑 服着て無くてごめんなさい笑 世界遺産に上陸できて大はしゃぎ!!!

ただ足場が悪く、かなり危険なのですぐにボートに戻りました。

こうして、年に一回だけの楽しいお墓参りは終了しました。ちょうどお盆の時期だったので義父も喜んでくれたと思います。

お義父さん!絶景の世界遺産がお墓だなんて最高に素敵じゃん!!!


森 正博


レジャー編に続く