タグ「barbour」の記事

Barbourに別注した高機能なBEDALE!!

こんにちは!

今回ご紹介したいアイテムはイギリスの伝統的なブランドBarbourについてお話させて頂きたいです。


↑↑Barbour(ブランド)のBEDALE(モデル名)↑↑

このブランドといえばこの自分が着用しているタイプが一番に頭に浮かんでくる。BEDALEは1980年に乗馬服として誕生した。このブランドの中では着丈が短いタイプという事もあり、街着しやすいのが特徴です。又、短いといってもジャストサイズで着るとお尻が少し隠れるくらいなので、程よく大人っぽい印象を残す事が出来る。そしてクラシックフィットというサイズ感なのでジャケットの上からでも着用出来るので様々なシーンで上手く取り入れやすいアイテムになっている。



↑↑このブランドの簡単なルーツについて↑↑

1894年にジョン•バブアー氏によりイングランド北東部のサウスシールズという所で創業している。そう、全く地名を聞いても全然ピンと来ないが簡単に言うとサウスシールズという所は港町で、ここはイギリスの北東特有の悪天候な中で働く水夫や漁師、港湾労働者の為にビーコンというオイルを塗ったレインコートを発売したのが始まりで、防水性と耐久性が評価されてサウスシールズ店は北東海岸沿いで唯一のオイルスキン取扱店となった。
又、第一世界大戦では防水服を配給し、その機能性から第二次世界大戦ではこのブランドのオーバースーツが潜水艦ウスルラの搭乗員服に採用されているという事でミリタリーとも深く関係している。


↑↑高機能素材にアップデートさせ、且つ軽く手入れしやすい素材で更に撥水機能も↑↑

上記の説明の通り、防水機能にも定評があるBarbourだが、伝統的なオイルドクロスは雰囲気良くとても洒落ているが、手入れが難しいという心配要素もあるが、今回のタイプは軽くて高機能な素材を採用しているので、上記の写真の様にある程度の撥水機能もあるので、気軽に街へ連れて行ける。


↓↓↑↑自分が着用していたカラー以外に+2色あります↑↑↓↓


それにしてもイケメンが着るとどうしてこんなにかっこいいのか……。
そんな事より、今時期であれば、中にインナーダウンを着て出かけるのがオススメ。伝統的なアイテムを現代風にアッデートした今回のモデル。様々なシーンで活躍する事は間違い無いハズです。是非!!

↓↓又、同じく今時期から着れるスプリングコートのノースフェイスもご紹介しています↓↓

BEAMS EBISU 小田部