BEAMSならではの目線で日本各地を紹介する “BEAMS EYE ON” シティガイドが登場

2019.07.09

日本各地の魅力をそれぞれの都市で生活するBEAMSスタッフの目線で紹介する、“BEAMS EYE ON”シティガイドを東京・新宿の「ビームス ジャパン」等で7月12日(金)より無料配布します。

その土地にしかない文化、そこでしか手にできないモノ、現地でしか食べられない料理、そこに行かなければ会えないヒト、意外と知られていない隠れた逸材。BEAMSがキュレーションした日本各地のそんな魅力を、ぎゅっと詰め込んだのが “BEAMS EYE ON” シティガイドです。

第1弾となる今回は、新宿にフォーカスした『BEAMS EYE ON SHINJUKU』をはじめ、静岡、大阪、神戸、広島、福岡、松山、長崎、熊本の計9都市分をリリースします。それぞれのガイドブックには、その地で暮らすBEAMSのスタッフたちが通うスポットや定番の名店、独自のカルチャーやローカルネタなど、実用的かつ読み物としても楽しめる彩り豊かなコンテンツが揃っています。

シティガイドで紹介する各都市のBEAMS店舗でその都市と近隣都市のものを、「ビームス ジャパン」では全9都市のシティガイドを無料配布します。

是非店頭にてご覧ください。

“BEAMS EYE ON” シティガイド

SHINJUKU

この街唯一のボーリング場。

新たな元号を迎えた現在も、“眠らない街”のイメージが色濃く残る新宿の夜遊びスポットをリコメンド。「僕は新宿が地元なので、ボウリングは10代の頃から今も足を運んでいて、スタッフと飲んだ帰りに寄っては盛り上がっています。昭和が生んだカルチャー遺産として、残り続けてほしいですね。」夜通しエンジョイできるエンタメコンテンツを知らずして、この街は語れないのだ。

新宿コパボウル
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1
ヒューマックスパビリオン歌舞伎町3F・4F
tel:03-3220-6947

SHIZUOKA

肉汁溢れる静岡のソウルフード。

「静岡市民のソウルフードです」と、地元で愛され続ける県内にしかないハンバーグ専門店。牛肉100%のひき肉を備長炭の強火で焼き上げ、肉汁を閉じ込めて鉄板に。スタッフが目の前でカットしてくれ、熱々の状態で食べられる。「ゴハンに合うソースも美味しいんです」という自家製のオニオンソースは醤油の風味が効いた和テイスト。ボリュームたっぷりながら女性でもペロッといただける。

炭焼きレストランさわやか 静岡インター店
静岡県静岡市駿河区中野新町387-1
tel:054-654-6166

OSAKA / KITA

ドラマチックな老舗カフェ。

「昼休憩で日常的に利用している大好きな喫茶店。コーヒー、そしてデザート類が人気のようですが、ピラフやカレーなど食事のメニューも豊富なんです!」と、山崎。この場所で50年、静かに街と人を見守ってきた感のある落ち着いた店内。まるで小説か映画のワンシーンのような、ここにいるだけで絵になりそうな気分にさせてくれるのも、昭和の風情が色濃く漂う純喫茶の魅力なのかも。

喫茶 ぷりんす
大阪府大阪市北区角田町5-1 梅田楽天地ビル
tel:06-6361-9627

KOBE

一度食べたら虜になるパン。

住みたい街上位に常にランクインする、安本のホームタウン・西宮の名店を探訪。『生瀬ヒュッテ』は予約制の超人気ベーカリーで、「半端ない美味しさでパンの概念が変わると思います」と魅力を語る。

生瀬ヒュッテ
西宮市塩瀬町生瀬1285-221
tel:0797-24-2712

HIROSHIMA

置いて絵になるアートな植物。

自身も土いじりが趣味で、自宅のリビングに置かれた様々な植物と時間を共にする江口。そんな彼が「サボテンをアートの世界にまで高めた先駆者」として推薦したのが『叢(くさむら)』。“いい顔している植物”をコンセプトに、店主自らが日本中を旅して集めた個性あふれるグリーンを展開。個体の情報を引き出す器とのコーディネートを提案してくれる。「植物と鉢との組み合わせはすべてがオンリーワンです」。

叢 くさむら
広島県広島市西区三篠北町1-34 1F
tel:082-836-7107

MATSUYAMA

一度は飲みたい伝説の一杯。

松山のレジェンドと名高い、露口夫妻が営むカクテル専門店(創業60年超!!)。8オンスタンブラーにウイスキーと氷を入れ、炭酸を注ぐ濃い目の一杯は“昭和のハイボール”と呼ばれ、世間一般のそれとは一線を画す味わいに。「ここでは“とりあえずハイボール”がお決まり。ウイスキーの風味を活かした極上の一杯が味わえます」と西本。今日も多くのファンが伝説の味を求め、『露口』のドアを開ける。

サントリーバー 露口
愛媛県松山市二番町2-1-4
tel:089-921-5364

FUKUOKA

大切に使いたい古の家具たち。

もともと古着が好きで、そこからアンティークの家具に興味を持ったという岩越。「フランスやイギリスで買い付けてこられた質の良い家具が揃っています。毎週入荷しているそうで、行くたびに店内の印象が違いますし、古着と同じようにひとつひとつの個性が面白い」とお店での家具との出会いを楽しんでいる。「以前こちらで椅子を購入しましたが、しっかりメンテナンスされている物ばかりなので、安心して買えました」。

イール
福岡県福岡市中央区薬院1-7-12 1F・2F
tel:092-406-8035

NAGASAKI

街の歴史を学べる貴重な書店。

「長崎の歴史は面白いです」。最近、職場の歴史オタクに影響されて興味を持ち始めたという徳並さん。「『 大正堂書店』には長崎の歴史書が多くあると聞いて行ってみました。本を買われるのは作家さんや大学の先生が多いそうで、原爆関連やキリシタン、対外交渉史などの専門書を中心に、さまざまな本が天井まで積まれています。中には有名な文豪のサインが入った希少な文学書もありましたよ!」。

大正堂書店
長崎県長崎市鍛治屋町3-12
tel:095-823-2346

KUMAMOTO

美味な肉と美しい空間。

「以前から、古民家を改装したお店がかっこいいな、イベントが賑やかだな、と思っていたんですよね」と藤本が近くを通るたび気になっていたのがこちらの『TERRACE』。鉄の串に大きな肉を刺し、炭火で焼く“シュラスコスタイル”のお店だ。焼いたお肉は串のまま席に運ばれ、目の前で切り分けられる。「ディナーはお肉もサラダバーも食べ放題なので大勢でワイワイ行くのがいいですよね」。

テラス
熊本県熊本市中央区水道町3-38
tel:096-245-7518

配布スタート
2019年7月12日(金)
配布店舗
ビームス ジャパン
※「ビームス ジャパン」では全都市分を配布。
その他今回のガイドブック制作都市にあるBEAMS店舗では近隣当該都市分のみを配布します。

【TALK】Vol.27 Yuji Iwai IMA:ZINE CEO, Editor & Futoshi Maeda(BEAMS PRESS)

今回の【TALK】では、 “BEAMS EYE ON” シティガイドを手がけた編集者の岩井祐二氏とBEAMSのプレス・前田太志によるスペシャルトークをお届けします。
本当に広島の人はお好み焼きばかり食べているのか、本当に静岡イコールお茶なのか。そんなステレオタイプを見事に覆した両氏に、様々なエピソードを語ってもらいました。是非ご覧ください。
www.beams.co.jp/special/talk

お気に入り