OKINAWAN MARKET2019 ~なかどまり工房、菅原謙、福田健治

片桐 2019.02.26

こんにちは。今回は少し個性的な作り手さん方をご紹介します。


“OKINAWAN MARKET2019”

会期:2019年3月8日(fri)~2018年3月17日(sun)

場所:原宿インターナショナルギャラリー ビームス2階 fennicaコーナー

”デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、世界の良品を紹介するfennica<フェニカ>では毎年恒例となった人気のイベントです。オキナワン”とは”沖縄の”という造語。伝統的な沖縄陶器である”やちむん”を始め、雑貨、籠、食品など沖縄のクラフトを幅広く展開。本イベントの為にご用意した<フェニカ>の別注アイテムもございます。ぜひこの機会にお越しください。

【主なラインナップ】<読谷山焼北窯>松田米司・健吾 /松田共司、 <読谷山焼共同窯> 山田真萬、<室生窯>谷口室生、<大宜味村共同窯>菅原謙、<工房福田>福田健治、<なかどまり工房> 登川均、<茂生窯>上江洲茂生、<照屋窯>照屋佳信、琉球玩具製作所こくら


〜作り手さん在店いたします〜

<読谷山北窯> 松田共司さん

3月9日(sat) 11:00〜18:00

3月10日(sut) 11:00〜15:00

※上記は予定の為、変更になる場合もございます。また、上記時間内でも松田さん不在の場合ございます。予めご了承ください。








なかどまり工房から。高台にあり海が望める気持ちのいい場所です。



<なかどまり工房/登川均> 会社員として長年勤めたのち、読谷山焼北窯の松田米司工房にて修行を始め、2009年に国頭群恩納村にて独立しました。2014年に日本民藝館展入選。沖縄陶芸の伝統に重きを置き、おおらかな器を常に作り続けています。


急須に鞍瓶(あんびん)ポットなど。



こんな大皿も。高台に紐を通す穴が開いているので壁に掛けて楽しむこともできます。





お皿のバリエーションも色々です。








<菅原 謙> 平安陶花園、読谷山焼北窯の松田米司工房で修行ののち、2013年に沖縄県大宜味村にて独立。魚紋や点打ちなど沖縄の伝統的な絵付けと登り窯で焼き上げる昔ながらの手法に拘りを持ち、製作を続けています。


こちらは菅原さんも使われている共同窯。




買い付けはこんな感じです。


人気の魚や人の柄は今回少しだけ大目に入荷します。





お皿もやはり毎回人気の魚の柄の他にもご覧になれます。どっしりとした重さが感じられる菅原謙さんの器。良いですよ。










<工房福田/福田健治> 読谷村の常秀工房で10年間の修行ののち、大宜味村にて工房福田を構える。唐草など自然のモチーフを描いた絵付けや大胆さと繊細さを感じさせるデザインが特徴です。





鮮やかな釉薬の色も福田さんの特徴のひとつです。



バイヤーの2人も楽しそうに選んでいます。





“OKINAWAN MARKET2019”に際して入荷する商品は原則として期間中は元より事前のお取り置きや他店舗への取り寄せ、通信販売等は承り兼ねます。予めご了承ください。お問合せは3/8(fri)以降に開催店舗である、原宿インターナショナルギャラリー ビームスにて承ります。インターナショナルギャラリー ビームス Tel:03-3470-3948


OKINAWAN MARKET2019のブログは次回は3/2(土)に更新予定です。



International Gallery BEAMS 2F

Katagiri