カッコ良いってなんだろう。

井口 壱晟 2021.04.08

Buenas noches!


ご覧いただきありがとうございます。


ビームス 銀座 井口です。









〈GRENFELL〉の定番モデルGolferに、〈BEAMS F〉オリジナルのマドラスチェックボタンダウンシャツを合わせ、パンツに〈AUBERGE〉のホワイトデニムをチョイスしたこちらのコーディネート。


こちらのコーディネート、カッコ良いでしょうか?



正解不正解ではなく…



単純に、カッコ良いと思うかそうではないと思うかというお話。



井口が組んだコーディネートなので、当然自身ではカッコ良いと思って組んでいます。







色・素材に注意し、そこに自分らしさのエッセンスとしてボタンダウン・デニムといったキーワードをプラス。


井口の考えた、井口がカッコ良いと思うコーディネート。




じゃあそれは。

何がカッコ良いんでしょうか。




カッコ良いとか、可愛いとか。

素敵とか、素晴らしいとか。

定義がないんですよね。きっと。






GRENFELL/GOLFER リネン
サイズ:34〜40
価格:¥64,900(税込)
商品番号:21-18-0407-210


当初、今回のコーディネートはコットンニットやカットソー類と、イージー系のパンツを合わせようと考えていました。


理由は、時代の空気感に合わせようと考えたから。


こんな感じで合わせたら、凄く今っぽいんじゃないか?

それだけの理由。それだけの考え。




猛省しました。

その考え方、カッコ良いのかなーと。







思えば。

何かに対して熱くなること、熱く語ること。


それが少し気恥ずかしいような、気怠いような。

そんな空気感って常にあった気がします。







でも。

何かに対して熱くなれること。


それってめちゃくちゃカッコ良いと思うんです。




いつからクールに。

いつからスカしちゃったの。

ウザったいくらいに全力で。

バカほど真っ直ぐに。





たまーに言ってもらえる。

井口らしいねー。井口っぽいねー。


自分自身のカッコ良い。

これを見つけていこうと思います。





今日も今日とて、青臭い。

これも、らしさ。





皆さまどうか、無理はせず。

ご自愛ください。




最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。




逃げない。負けない。諦めない。裏切らない。



ぜひ、フォローとお気に入りをよろしくお願い致します。




それでは「銀座」でお待ちしております。



ビームス 銀座 井口