スタッフ「島津 悠」の記事

The power of LOVE ーMANOLO BLAHNIK ー

季節は秋を迎え、少しづつ食欲が増し、朝はお布団から離れ難くなって参りました。

今年はなんだか春と夏がぽっかりと抜け落ちてしまったかのようですが、寒くなってくると自ずと次の季節へと気持ちが進んでいきます。

「秋は何を着ようかなぁー」「そうだ靴はどうしよう・・・」とぷかぷかと思っていたところに、「これは!!」と思っていた素敵な靴達が届きましたので、ご紹介させて下さい。


International Gallery BEAMS でも、長いご縁となる<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>から、新たなコレクションが到着しております。




「BAYLOW」

インド起源の「チンツ(更紗)」は、国内メーカーを守る為に17世紀には一時的にフランスやイギリスで使用を禁止されるほどの絶大な人気でした。近年では1980年代にダイアナ妃の多大なる影響により、多くのランウェイを彩りました。



イギリスでも老舗の工場で織り上げられた生地を使用した「チンツ(更紗)」シリーズは、17世紀18世紀に人気のあった花柄からインスピレーションを得たテキスタイルです。この可憐で光沢感のある小花柄を見ていると、長い歴史の中で何度も人気を再燃させたのが頷けます。


ポインテッドトゥやキトゥンヒールのシルエットがモダンな一足。フェミニンなテキスタイルを、アイコニックなバックルやパイピングに使用されたネイビースエードが印象を引き締めます。シェイプされたつま先へと繋がっていく美しい放物線・・・少し幅広く取られた筒はクラシカルな印象を掻き立て、足首をほっそりと美しく見せます。





「ZEHAMU」

クチュールの黄金時代であった1950年代・・・エレガントでグラマーなファッションの全盛、なだらかなショルダーライン、くびれたウエスト、そして長い裾のスカートにあしらわれた優美なボタン。MANOLOでも度々登場するサイドにボタンがあしらわれたデザインは、そこから生み出されました。



ダークカーキのスエードが秋へのムードを高めるミュール。華奢なフロントストラップが、女性らしいエレガントなアーチを描きます。ミュールながら、ダブルストラップによりホールド感が強く、ソックスやタイツとの秋冬らしいコーディネートをお楽しみ下さい。

7cmと少し高めのヒールとアワーグラスヒールの細いくびれが、華奢な女性らしい足元を演出します。接地面の広いアワーグラスヒールは安定感があるので、高めのヒールに挑戦する際はお勧めです。





「TEXEPA」

アメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーへの愛情から生まれたコレクションは、流動的な彫刻「モビール」のパターンに見られる抽象的で不規則なシェイプが特徴的です。



幅の広いサイドストラップが生むシェイプが新鮮な一足。ユニークなスロートラインは深く見えますが、甲の筋が覗き、生まれた陰影が足を華奢に見せます。

トレンド感のあるブラウンカラーは、ワードローブにマッチするお勧めのカラーです。履き心地の良いフラットシューズは、フォーマルにグレーのパンツスーツに、カジュアルにニット+デニムに、様々なシーンで活躍しくれます。






「BELI」

ツィード生地を使用したクラシックスタイルからインスピレーションを得たシリーズ。優れた耐久性から狩猟の際に着用されていたツィードは、タフでマスキュリンなイメージを引き立てます。




男性的な印象ながら、スタイリングに取り入れるとシャープなフォルムが知的な女性らしさを演出します。ツィードならではの粗っぽい表情を、パイピングやヒールカーブの黒いレザーが引き締めます。

マニッシュなスタイルはもちろん、フェミニンなスタイルにコーディネートすることでグッと新鮮な雰囲気にアップデートされます。






現在 International Gallery BEAMS の1階にて、当店がご提案するスタイリングと合わせて<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>をご紹介しております。

リラックスしたパジャマのようなルックに、動きがエレガントな華やかなドレスに、モコモコの温かなエコファーコートに、なんて妄想を広げながら、この季節の一足をゆっくり選んでいただきたいです。






アート・カルチャー・映画・音楽・インテリア・・・へと造形の深い彼のコレクションは、毎回そのインスピレーションの幅が広く豊かなことに驚かされます。また、現在に至るまでのアクティブで挑戦的なデザインや仕事から感じる、年齢を重ねても尽きることのない好奇心・探求心には尊敬しかありません。


一方で彼の美意識は明確で「美こそ全て」と語られる言葉に全てが集約されているように感じます。現在のシューズの主力とも言えるプラットフォームシューズとスニーカー。プラットフォームに関しては流行する以前の70年代にプロポーションが美しくないと判断し、スニーカーに関しては未だ美しいと思える物に出会えていない、ということで<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>では作られていません。(71年に山本寛斎のショーには、レンガで下駄を作りたいとのイメージから厚底のサンダルが提供されています)

ファッションにおいても多様性が認められ、半ば「なんでもあり」という風潮も強い現代。感性がモノを言うファッションであってもビジネスである以上、デザイナー自身の明確な美意識や好みを貫き通すことは簡単なことではないはずです。


それでも彼の生み出すシューズは長きに渡り、多くの顧客に選ばれ満足させてきました。数多あるシューズブランドの中で<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>を選択する理由は、挙げればキリがありませんが、私が思うには他にはない足に通した時の高揚感。彼のシューズを履いた女性が、いかなる環境であっても輝いて見えるのは、彼が変わらず真摯に美しさを追求しているからではないでしょうか。

もしかすると、この美しいシューズ達は、彼が美を探求する過程で生まれる副産物に過ぎないのかもしれません・・・彼の不敵な笑みを見ていているとそう思えてなりません。


Shimazu


--------------------------------------

■65-32-0233  「BAYLOW」 ¥183,700(税込)


■65-32-0131  「ZEHAMU」 ¥124,300(税込)


■65-32-0132   「TEXEPA」   ¥122,100(税込)


■65-32-0234   「BELI ¥117,700(税込)


--------------------------------------

商品に関するお問い合わせは、お電話にて承っております。

どうぞお気軽に問合せください。

(03-3470-3948)

↓↓↓詳細はバナーをクリック↓↓↓



Modern -Shinonagumo-



20年春夏より取り扱いをスタートした<Shinonagumo(シノナグモ)>
シンプルで美しい帽子達は、早くも大きな注目を集めています。

秋冬のアイテムが到着しましたので、ご紹介させて頂きます。





Jewish HAT



削ぎ落し洗練されたソリッドなデザインのボーラーハット。そこに配われたスカーフのような太いリボンがラグジュアリーなムードを高めます。

装いによってアレンジは自由自在、様々な気分によってお楽しみ下さい。



厚みやラビットファーのブレンドなどをポルトガルにてオリジナルで制作した、こだわりのラビットフェルトを使用

重厚な表情と滑らかな質感が、奥深い黒の色合いを演出します。


すべりに使用されたレザー、光沢のあるリボンやアクセントとなる金具使い。こだわりを感じるディテールはプロダクトとしての魅力を引き立て、内に秘める芯の強い女性像がイメージされます。




Amish HAT



アーミッシュをイメージした、ブランドとしてアイコニックな一品。

メンズハットを専門とする熟練した職人の手でひとつひとつ丁寧に仕上げられるハットは、メンズのヴィンテージの型を使用しています。



柔らかで温かみのある繊細な色や素材感を、かっちりと仕上げる事で、硬派な面持ちの中にも芯のある女性らしさが宿ります。

きっと今の季節に、Tシャツ+デニムというシンプルなスタイリングにパッと合わせると、「格好いい」とも「可愛い」とも思えるような、不思議な魅力が溢れるはずです。


ワントーンながら異なる質感が組み合わさる事で、表情が豊かになります。こちらももちろん金具がアクセサリーのようなアクセントとなります。




Knit ruban 




肌触りの良いシルクモヘアの暖かいニットキャップ。編み地を二重にする事で、寒い冬でも十分に暖かい厚みがあります。




祖母から受け継いだようなノスタルジー溢れる、ピンクグレーの繊細で品の良い色味に惹かれます。

帽子に深さがあるので、折り返して頂くと顔周りにボリュームが出て可愛らしい雰囲気に。




近いトーンの配色によって編み上げられた柄は、嫌味なくスタイリングの表情を豊かにしてくれます。




色違いでブラックをご用意しております。男性的なイメージの強い黒のニットキャップも、モヘアの起毛感と、少し明るいトーンを織り混ぜる事で暖かみのある柔らかい印象に仕上がりました。




後ろにニットのリボンをつける事で、洋服との繋がりができ、フードのような一体感が生まれます。また、折り返しなどのアレンジの幅も広がり、よりスタイリングを楽しんで頂けるはずです。



1920年代のモダンなインテリアデザインからインスピレーションを得た今シーズン。特に「Eileen Gray(アイリーン グレイ)」を女性像としてイメージされたそうです。装飾を削ぎ落したシンプルなデザインでありながらも、使う人が自由に発想を巡らせることのできる彼女のプロダクト。そこから影響を受け、帽子自体のフォルムをよりシンプルに仕上げる事で、被った時はもちろん、帽子として置いている姿まで美しくあるよう追求しました。また、被る人がアレンジを楽しめるようなデザインがプラスされています。


恥ずかしながら、建築・インテリアと知識のない私ですが「Eileen Gray」の名を聞いた事があるのは、International Gallery BEAMS でもいくつか彼女のプロダクトを所有しているからです。(もちろんレプリカですが)



Brick Screen




E1027




Black Magic rug





第一次世界大戦が終わり


戦争の痛みを忘れるためか、時代は自由と平和を求め


新たな価値観を持った芸術家が活躍した時代


強い自立への道を歩み出した女性達


コルセットを脱ぎ捨て


モダンなボブカット


短くなったスカート丈


華やかな装いに身を包み、ポートレートの中でポーズをとる女性達


主義主張を持ち、自信に満ち溢れた姿はやはり美しい



「Eileen Gray」と検索して頂くと一番に出てくるであろう、ショートボブの美しい横顔のポートレート。


彼女もそんな新しい時代を、強く歩いた一人であろう。




「個」を求められながらも「集団」に於いての立ち振る舞いを過敏にチェックされる現代。


なかなか胸を張って、自信満々に大腕を振って歩く事は難しく、


誰かの何かの「地雷」を踏んでしまうのではないかと、恐る恐る慎重に、


進んでいれば良いけれど、立ち止まって動けなくなってしまう事もしばしば。



そんな時、いつだって私に少しの自信と勇気を与えてくれるのがファッションです。

「たかが着る物、身につける物」

でも私にとっては紛れもなくソレが歩みの後押しなのです。



えっ何の話ししてましたっけ、、、と失念してしまいそうですが


兎にも角にも




この凛とした美しい佇まいの帽子達が、どうか身につける方の自信や幸せに繋がる事を願っております。


美しい帽子を被られた時は、是非お顔を前へ上げて下さい。


だってそうしませんと貴方の顔が、帽子のつばで見えませんもの。


そしてどうぞ素敵な季節を、楽しくお過ごし下さいませ。


Shimazu


--------------------------------------

■65-41-0157 Jewish HAT ¥71,500(税込)


■65-41-0156 Amish HAT ¥66,000(税込)


■65-41-0158 Knit ruban  ¥23,100(税込)

--------------------------------------

 お電話での通信販売も承っております。気になられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。駐車場サービス等については、ショップ情報よりご確認下さい。


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。








Trip to KASHMIR -seya.-


インド北部とパキスタンの国境にある山岳地帯<KASHMIR(カシミール)>


ネルー首相の好んだスタンドカラーのジャケット


ネルージャケット。


インドらしい安っぽい不思議なテーラー服が並ぶ店先。


街の男性・・・


ノースリーブのネルージャケット


ニットベスト、シャツ


そこに巻かれたインドのストール。


イギリスの伝統的な Gentlemanスタイル


そこに混じりあう、ピンク、イエロー、ターコイズ


光沢感・・・・・・







そんな不思議なテーラーからのインスピレーションが、今回の<seya.(セヤ)>のテーマへと繋がっていきます。



北インドの男性達がよく着ているベストをモダンに仕上げた一着。ライトグレーとライトグリーンを織りあわせることで再現した、オリジナルカラーのグレーグリーンが秋冬のコーディネートに軽快なムードをプラスします。


ノーカラーにフロントボタンのないミニマルでモダンなデザインは、男性的なアイテムながら広い身幅から生まれるドレープが女性らしさを引き立てます。大きく開いた袖下やサイドスリットは、様々なアイテムとのレイヤードをバランスよく仕上げます。



ベストと同素材のシャツジャケット。硬派なスタンドカラーとルーズなサイジングが絶妙なバランスを保つ一着。


広くとられたヨークや大きく広げられたアームホールから生まれる丸みのあるシルエットは、憎めない野暮ったい愛らしさがあります。軽いウール素材ですが、シャツからブルゾンとして、幅広い季節でお召し頂けます。




毎シーズン人気の高いダブルフェイスのヤクウールの生地は、艶が出る加工を施した天然色の定番カラーでご用意。縫い目が全く見えず、ボタンが隠れるデザインはミニマルでクリーンな高級感が漂います。


軽く暖かい素材を活かした、着用シーズンの長いミニマルなジャケット。艶感のある生地がラグジュアリーな印象ですが、ざばっと羽織り、袖口をロールアップしてラフにお召し頂きたいです。




ヤクウールを贅沢に使用したコートは、毎シーズンご好評いただく定番のアイテムです。裾に向けてボリュームのある生地使いと柔らかな風合いから生まれるドレープが、エレガントな所作を演出します。


ショルダーから切り返しのないスリーブは、なだらかに落ちていきます。袖をロールアップすると手首にメリハリが生まれ、全体をスッキリと見せてくれるお勧めのスタイリングです。ゆったりとしたショルダーラインは、中に厚みのあるニットやジャケットを着こんで頂けます。ナチュラルカラーのロングコートでも、ここまで表情が豊かなのは、シャルム加工による優雅な光沢感や厚みのあるシーム、ポケットの切り返しといった、洗練されたデザインによって仕立てられているからではないでしょうか。

襟はボタンによって取り外しが可能です。ノーカラーコートとして巻物とのスタイリングをお楽しみ頂いたり、フォーマルなシーンでのアウターとしてお召し頂いたり、着用のシーンもより一層広がります。



今シーズンのテーマ、インドの微妙にずれた不思議なテーラー感。そのテーマを色濃く表すのが、こちらのボタンダウンのシャツドレスです。



大きくフラットな襟や喉元のボタンを2つ合わせるなど、通常のボタンダウンとは違う、微妙にずれた新しさが表現されます。ボリュームのある袖は、大きく取られたカフスや、アクセントとなるプリーツによってメリハリがつけられています。また、大きく前後差を付けた裾の深いスリットによって、より一層、硬派でモダンなムードが高まります。




「seya. としては初めて」と語る、本格的なテーラードを踏まえた作りのジャケット。



国内最高峰の工場によって仕上げられたスムースなショルダーラインは、なだらかな落ち感がエフォートレスな女性らしさを演出します。ダブルの合わせや、裏地などの本格的なテーラードのディテールは、お仕事やフォーマルなシーンにもサッとお召し頂ける一着です。


どこか光のある生地が印象的だった、北インドのテーラースタイル。そこからインスパイアされたブラウスは、生地表面に高密度なシルクを使用することで、柔らかさの中にも程よい光沢感とハリ感が生まれます。吸水性と放湿性に優れていますので、シーズンを通してお召し頂ける一着です。


肩から前身頃にかけて取ったプリーツが生む優しいドレープや深く開いた背中のスリットが、マスキュリンな装いの中にもフェミニンな魅力を引き立てます。


カシミアウール素材に中綿を入れた、軽く暖かいインディアンダウンジャケット。防寒用に用意されたボリューム感のあるアイテムですが、ダブルの合わせを狭くすることで、女性がお召し頂いた時にもスッキリとしたシルエットでスタイリングして頂けます。


テーラージャケットとしてはもちろん、襟元にボタンがございますので、アウターとしても暖かくお召し頂けます。



ハリのあるオーバーサイズのナイロンレインコートは、中に厚手のセーターやジャケットもお召し頂ける、一着は持っておきたいアイテム。高密度に織り込まれた生地の表面に特殊加工を施し、パリっとした生地感ながらソフトでエレガントな風合いが醸し出されます。

コンパクトな襟元や比翼ボタンのミニマルなデザインに、ポケット口のセッティングがアクセントとなり表情が生まれます。シンプルかつ機能性に富んだアウターは、着用される方それぞれのスタイリングに寄り添い・引き立ててくれるはずです。



リピーターも多い seya. のパンツ。今シーズンはウエスト周りがフラットに見えるよう、フロントに大きめのタックを間隔をあけて取っています。マニッシュな雰囲気ながら、全体の印象をスタイリッシュに演出してくれる一本です。


訪れたアムリサルトル


荒廃した街並み


壊れかけの建物


スーツケースにたたみもせず詰め込まれた


自然色のカシミア


それは驚くほど柔らかく


床の上に積み上げられていく


古い織機の重い音に合わせながら。






カシミールの冬の空からイメージされた、シーズンカラーのクラウディスカイ。水色とライトグレーの中間のようなニュアンスカラーが、冬のスタイリングを軽快にしてくれます。非常に細く緊密な糸は、とにかく温かく滑らか。そんな繊細な糸を、贅沢に2本撚り合わせて編み上げていくことで、上質で心地よい手触りに仕上がります。



ネックのつなぎは、編み目を減らし首周りをスッキリと見せています。袖口や裾のリブを甘くすることでストンとした落ち感が生まれ、エフォートレスなムード漂うスタイリングにマッチします。



日常の肌着にもと仰るほど優しい肌触りのタートルネックニットは、大変稀少なニュージーランドメリノウールを使用。適度な弾力とストレッチがあり、糸が均質なので毛羽立ちが少なく、肌に直接触れても滑らかな心地よい肌触りに仕上がっています。また、発色の良い特性に注目し seya. では珍しいビビットカラーのエメラルドをご用意。マスキュリンなテーラードに差し色としてレイヤードすると、グッと華やかな「北インドのテーラースタイル」の完成です。




旅無精な私に、いつもその国、地域、土地の空気を届けてくれるseya.(セヤ)>
今だからこそ、旅のムードを感じる洋服を着て、今いる場所とは違う空に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。



いつかまた、きっと、ワクワクするような、ドキドキするような、穏やかな気持ちになるような、旅が訪れることを願って。

Shimazu


--------------------------------------

■65-06-0064 ベスト ¥70,400(税込)


■65-11-0808 シャツジャケット ¥77,000(税込)


■65-16-0258 ヤクウールジャケット ¥176,000(税込)


■65-19-0650  ヤクウールコート  ¥220,000(税込)


■65-26-1844    シャツワンピース   ¥35,200(税込)


■65-16-0260  ウールジャケット ¥118,800(税込)

■65-11-0809 バックオープンシャツ ¥74,800(税込)


■65-16-0259 インディアンダウンジャケット ¥121,000(税込)


■65-19-0651 ナイロンコート ¥62,920(税込)


■65-23-0604  ウールトラウザーズ  ¥70,400(税込)


■65-15-0936    チャンキータートル   ¥143,000(税込)


■65-15-0147  メリノウールタートル ¥31,900(税込)


--------------------------------------

 お電話での通信販売も承っております。気になられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。駐車場サービス等については、ショップ情報よりご確認下さい。


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。





知的に野生的に -PHOTOCOPIEU-


もっともっと強くなって良い、知的で自由であって良い。

野生的であってもいい、野蛮でもいい。

生き生きと魂を燃やすことが一番の目的なのだから。
(PHOTOCOPIEUプレスリリースより)


なんと力強い言葉であろうか。


女性の生き方の多様性が認められる一方、求められ応えなければならない役割は増える一方。


社会的な重責を担うなかでも「女性らしく」という呪縛は解けず、


強く賢くなっていく自分に「女性らしさ」を忘れちゃいないか自問自答。

女性らしさ・・・女性らしさ・・・女性らしさ・・・jyoseirasisa ・・・?


「もう化粧もしたくない」「もう足を痛めつけるハイヒールなんて履きたくない」「締め付けるランジェリーも洋服もイヤ」

そんな日だってある。


でも結局、その煩わしい日常が楽しく愛おしく誇らしくもある。

きっと担っている役割や責任も同じこと。


女性は華奢だったり柔らかだったりする身体に対して強い精神を宿している。


女性は誰しもきっと、野生的で自由で強くあっても美しく、もっともっと女性らしく、もっともっと自分らしく、人生を謳歌して欲しい。


PHOTOCOPIEU(フォトコピュー)>の20年秋冬コレクションは、そんな洗練された強い心に見合った、重厚で艶のあるタフな仕上がりだ。

詳しいアイテム紹介は Takeuchi のブログをご覧いただきたい。

https://www.beams.co.jp/blog/international_gallery_beams/61587/



店内ディスプレイによって、ブランドの世界観を表現した Focus on<PHOTOCOPIEU>2020 Autumn Winter Collection は8/2(日)まで!!



こちらの3アイテムは、未入荷の商品ですが、期間中はサンプルをご用意して、ご予約を承っております。







いずれのアイテムも、ブランドらしいタフなシルエットやディテールながら、しなやかな女性らしいエレガンスを宿す。是非この機会にお試しいただきたい。



様々な背景を持つ女性達が、何気ない日常も困難がある日常も、愛おしく感じ、強く美しく誇りを持って生きることを、装うことでそっと後押ししてくれる、そんな洋服達。私も強く心惹かれる今シーズン、多くの方に是非お楽しみいただきたいのだ。


Shimazu


--------------------------------------


 お電話での通信販売も承っております。気になられる方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。駐車場サービス等については、ショップ情報よりご確認下さい。


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。







新しい素顔 -BLANC.. TRUNK SHOW-


梅雨の季節を皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてさて早速ですが、<BLANC.. TRUNK SHOW>お待たせいたしました!!6月26日(金)~7月10日(金)の期間にて開催いたします。毎年ゴールデンウイークに開催しておりました同イベント、今年もご案内でき嬉しく思います。



人気の高いフレームに加え、今シーズンより新たにご用意したモデルも多くございます。スタイリングと合わせ、ご紹介してまいりますので、是非ご参考にしてみて下さい。




「B0027」
BLANC(ブラン)>としては初めてのメタルラウンドモデル。


アセテートのインナーリムを使用することで、フロントに立体的な存在感とメタルにはない暖かみをプラスします。オリジナル型のテンプルには弾力性のあるベータチタンを使用。BLANCを象徴するテンプル先の色変えには、アセテート素材を使うことで瑞々しいアクセントとなります。


BROWN MAT(フレームカラー) / V.GREEN(レンズカラー)

カジュアルなジャケットスタイルをマットなメタルフレームによって印象を引き締めます。ボリューム感のあるシューズとラウンドフレームがモードなムードを強めます。光沢感あるシルバーアクセサリーとのMIX感や、ヘアカラーとマッチした彼女らしいチョイスです。


BLACK MAT / MID GREY

ブラックのメタルにベージュのインナーリムを使用したフレーム。ブラウントーンでまとめたモードなシルエットを、キャッチーに仕上げるブラックのストローハットとの橋渡し役を担います。ドライタッチなジャケットにメタルのマッドな質感が好印象です。



「B0024」
クラシックな雰囲気を残しつつ、モダンに仕上げられたオールチタンのブロータイプ。


ヴィンテージのような少し大きめのレンズシェイプながら、上部のリム途中まである眉のようなパーツからテンプルまでの一連のシルエットが現代的な印象へと仕上げます。「B0027」同様にオリジナル型のテンプルに弾力性のあるベータチタンを使用しています。



OFF-WHITE MAT / MID BROWN

ウエスタンシャツを主役としたコーディネートに、ヴィンテージ感のあるフレームがマッチします。コード刺繍やパンツのカラーと合わせたフレームの色が、モダンなアクセントとなってスタイルを引き立てます。


「BM008」
真ん丸でなく、少し縦に潰しレンズのシルエットを調整することで、顔の輪郭に馴染みやすいラウンドシェイプになります。


通常ビス止めが多いフロントとブリッジの接続を、カシメという技法で行うことで凸のないフラットな仕上がりに。さらに、鼻パットにもチタン素材を使用することで、スタイリッシュな雰囲気がより高まります。フロントからテンプル先に向かうにつれ、角が取れて丸くなっていく新型のテンプルは、更に軽い掛け心地になっています。


CLEAR GREY / BROWN

ブラックでのワントーンコーディネート。そのアクセントとなるシルバーバッグにリンクした、クリアグレイのフレイムをチョイス。ラウンドシェイプとレンズのブラウンが、タイトなヘアスタイルやモードなカッティングの洋服に、女性らしく柔和な印象をプラスしてくれます。


TAUPE / GREEN

レトロかつフェミニンなムードのチェック柄のブラウスに、トープカラーがマッチします。シルバーのメタルボタンやボリュームのあるシューズとスパイスの効いたディテールに対して、サングラスのゴールドのパーツが顔回りを品よく演出してくれます。


「B0026」
スタンダードなシェイプにアメリカンヴィンテージを彷彿とさせるディテールが魅力です。


ブロー部分に段落ちカットを施し、前面から見ても表情豊かに映ります。メンズライクなモデルながら、カラーリングやフラットに近いレンズをチョイスすることで「メンズ感」「クラシック感」を抑えた現代的なバランスの取れたフレームです。クリアなテンプルの金属芯に施された彫りが、重厚感をプラスします。


MAPLE BROWN / TAN 

パワーボリュームのシルエットとフェミニンな小物使いを、メンズライクなサングラスがスタイリッシュに仕上げます。ブラウントーンのコーディネートに新色のメープルシロップのような、クリアブラウンがベストマッチです。



「BM007-LI」
こちらは、昨年のTRUNK SHOWで大変ご好評いただいたモデルです。今回のイベントでも、期間限定での取り扱いのカラーをご用意する予定です。


一見するとシンプルなボストン型のメタルフレームですが、リムの側面に溝を掘り、七宝職人の手によって色付けされる細やかなこだわりが詰まっています。ブリッジの彫りなどからもクラシカルで硬派な印象を感じる正面に対して、色付けによって艶のある側面はグッとモダンな印象です。


COPPER&BLACK / MID BROWN

穴の開いたボーダーのトップスから覗くロゴ~シューズまでモノトーンに揃えたグランジスタイル。キッズライクなスタイリングに、クラシカルなモデルのサングラスがアダルトなムードをプラスします。洋服のコーディネートに密やかにリンクされる、フレーム側面に色付けされたブラックが憎いです。


GOLD2&OFF WHITE / MID BROWN

ロマンティックなムードのヴィンテージドレスのスタイリングに、メタルフレームのサングラスが印象を引き締めます。クラシカルなモデルながら、艶のあるゴールドや側面のオフホワイトの色付けによって、グラマーな女性らしさを損なうことはありません。



「BM009」
BLANCとしては初となるサーモント型のフレーム。


「メンズ」「アメリカンヴィンテージ」という印象が強いフレームですが、メタルの色をブローパーツと似た色にすることで、強い印象を抑えます。さらに、メタルリムの側面には白い色付けが施され硬派ながらモダンなアイテムです。


BLACK&BLACK MAT / MID GREY(こちらはイベントのみでのお取り扱いのカラーです)


フェミニンなリトルブラックドレス。アーミッシュハット同様に、サングラスもメンズライクなモデルとカラーをチョイスすることで新鮮なスタイリングになります。



こちらは私が愛用中の「B0022」ボリューム感のあるキャッツアイフレーム。個性的に感じるフレームながら、現代的に仕上げられたシェイプが掛けやすく気に入っています。(生憎こちらのモデルは売り切れております)

不思議なものでメイクもサングラスもマスク姿さえも慣れてくると、まるでその顔が素顔のように勘違いしてきます・・・この夏はマスクにサングラスに帽子にと、顔周りが大忙し!!煩わしくも感じる様なそんな時でも、お気に入りのアイテムが気分を上げてくれるはずです。


新たな気分やトレンド、マスクとのバランスなどなど、新たなアイウェアをお探しの方は、バリエーションが豊富なこの機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。きっとこの夏のムードにマッチした「新しい素顔」が見つかるはずです。


「気になるけれど行けない!!」という方は、オンラインストアでもいくつかお取り扱いがございますので、コチラからご覧下さい。


BLANCを使用したスタッフのスタイリングをコチラにてご紹介しております。是非お買い物の参考にされてみて下さい。

Shimazu


--------------------------------------


■64-67-0073 「B0027」 ¥30,800(税込)


■64-67-0071 「B0024」 ¥31,900(税込)


■64-67-0060 「BM008」 ¥36,300(税込)


■64-67-0074  「B0026」  ¥28,600(税込)


■64-67-0047    「BM007-LI」  ¥35,200(税込)


■64-67-0072  「BM009-LI」 ¥38,500(税込)

--------------------------------------

新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。また、感染症拡大防止やお客様とスタッフの安心安全を守るため、衛生管理を徹底して営業いたします。詳細はコチラよりご確認下さい。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


Les estivantes -Shinonagumo-



今シーズン International Gallery BEAMS のイメージする「Estivant(エスティヴァント)」は古いフランス語で「夏眠=夏のバカンスに向かうこと」を意味します。暑い休暇を快適に過ごす為の心地よい素材やナチュラルなトーンは、涼やかさだけでなく爽やかで軽やかなムードをスタイルにプラスしてくれます。中でも季節を象徴するようなアイテムが麦わら帽子ではないでしょうか。

この春夏 International Gallery BEAMS が新たにご紹介する<Shinonagumo(シノナグモ)>は、「シンプルで美しく クラシカルなフォルムに 新たな調和をプラスし 日常が豊かになるような 心地よい感覚をもたらすもの」という思いを込めて、伝統的な技法や繊細な手仕事によるものづくりに、モードなエッセンスをプラスして提案しています。



「Lausanne」

なだらかに流れる広いブリムや高くとられたクラウンなど洗練されたシルエットは、優雅な佇まいながらも仰々しくなくカジュアルからエレガントな装いまで幅広くコーディネートしていただけます。




丁寧に仕上げられたフォルムは、横や後ろから見ても美しく、細部にまでエレガンスが宿ります。暑い季節のスタイルに品よくプラスしていただける逸品です。


素材にも大きなこだわりが伺える<Shinonagumo(シノナグモ)>こちらのハットには、素材の状態で5年間寝かせたストローを使用しています。寝かせることで十分な湿度を吸収し、割れにくく丈夫で繊細な色味が映し出されます。長くご愛用いただくことで、日焼けにより個性的な美しい色合いになっていくのも楽しみの一つです。


風に飛ばされにくいようつけられたリボンは、先端の金具がアクセサリーのようなアクセントとなります。愛らしくリボン結びしていただいたり、首にサッと巻いていただいたり、コーディネートに合わせてアレンジしてください。




「Amish lace」

この夏 International Gallery BEAMS のイメージする女性像の一人が、アメリカ人女性画家のジョージア・オキーフ。ゴーストランチで過ごす彼女のワードローブに欠かせないのが、アーミッシュハットです。




デットストックのアンティーク素材をシャープなメンズのフォルムに成形し、モダンに仕上げています。




重厚感のあるトップクランと太いリボンがクラシカルなムード。手作業で繊細に編み上げたレースのブリムが、軽やかな女性らしさをプラスします。




「Jardin」




極細のラフィアを手作業で繊細に編み、こちらもメンズのフォルムに成形することでシャープに仕上げています。深いブリムは、夏の日差しからしっかり守ってくれるはず。丈夫ながらも柔らかな素材感は、帽子自体をクルクルと丸めて持ち歩いていただけますので、夏のお出かけにピッタリなお勧めの一品です。


ニュアンスカラーのグラデーションが風合いを増し、表情豊かに映ります。柔らかな色合いは、夏のスタイリングを爽やかに女性らしく。。。





「Jardin」はブラックもご用意しております。落ち着いたトーンは、グッとモダンな印象に。。。カジュアルなスタイルからモードな装いまで、夏の幅広いスタイルに合わせてコーディネートしていただけます。


こちらの細い革紐は、取り外し可能です。コーディネートに合わせて様々にアレンジしてください。




Shinonagumo(シノナグモ)> 2020年春夏のシーズンテーマは

「湖畔での夏の記憶」


普段目にしない優雅で落ち着いた世界や

帽子を被った大人の女性達に魅了され


そこで目にした休暇を楽しむ人々

柔らかな日差しと雪解け水のひんやりした空気

淡い色彩と色あせたポートレート
(Shinonagumoリリースより)

私は、普段あまり帽子を被らないこともあってか、帽子自体にどこか少し「非日常」を感じます。なんだか映画やファッションポートレートの世界のよう。。。

そんな自分でもShinonagumo(シノナグモ)>の帽子を被ってみると「あれっ素敵なんじゃない!?あの洋服に合わせてみようかしら・・・」と不思議と思えてきます。それはきっと、職人による細やかな技巧とクラシカルながらもモダンな洗練されたデザインが、「非日常」を日常の中にそっと溶け込ませていくからではないでしょうか。



新型コロナウィルス感染拡大防止のため、店舗を4月8日より臨時休業とさせていただいておりましたが、原宿のインターナショナルギャラリー ビームスは本日5月25日より営業を再開させていただくこととなりました。(当面の間 12:00~19:00の短縮営業となります)
お客様におきましては、ご不便をお掛けいたしましたこと、お詫び申し上げます。

不意の2ヵ月近いお休み。。。社会人になってからは初めての経験です。
長いお休みを経て、少しづつ少しづつ新たな日々が動き始めます。

ジョージア・オキーフを表す言葉としてよく用いられるのが「孤高」「孤独」といった言葉です。確かに「女性」の「画家」が夫を亡くし、「荒野」の中で「一人」で生きる姿を想像すると、ぴったりな言葉のようにも感じます。

しかし、彼女が晩年過ごした場所には彼女が求めた全てのものがあったそうです。彼女が愛した荒々しい自然と、彼女が大切にした美意識。。。彼女は正に「自由」だったのではないでしょうか。

情報に溢れ、なんだか等しく忙しなく生きてきたように感じる世界。そんな中で、自分らしいスタイルを生きる姿は美しく映ります。新たな生活様式を迎える日常は、それぞれの速度で動き始めます。

暫くすると東京は梅雨を迎え、雨が上がると晴れ間が広がり暑い季節の訪れ。その時こそは、思いっきり、自分らしく楽しく健やかな夏を過ごせることを願っております。その傍らには素敵な帽子をぜひ。

それまでは、どうぞご無理なく、ご自愛くださいませ。



Shimazu


--------------------------------------


■65-41-0153 Lausanne ¥63,800(税込)


■65-41-0152 Amish lace ¥46,200(税込)


■65-41-0154 Jardin ¥30,800(税込)


--------------------------------------


新型コロナウイルスの影響により、営業状況につきましては状況に応じて変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


In the Fitting room -VIKA GAZINSKAYA-


試着室からこんにちは。

今回は、自分自身も大好きな<VIKA GAZINSKAYA(ヴィカ ガジンスカヤ)>の20年春夏のコレクションをご紹介します。

ご自宅にいながらも、試着している気分で、気軽にご覧いただけますと幸いです。

試着室内の出来事ですので、多少のお行儀の悪さはご容赦下さいませ。



アシンメトリーかつ大胆に肌が覗くカッティングが、アクティブな女性らしさを最大限に解放してくれます。大きなポケットがユーティリティと共に、愛らしさをプラスしてくれているのではないでしょうか。


爽快なコットンベースのストライプ生地とラグジュアリーなリネンシルクのクレープ生地のコンビネーションを、夏にぴったりなドレスに仕立てました。たっぷりとしたボリュームから生まれるエレガントな動きが、大人の女性にマッチします。

ドキッとするサイドのカッティングは、インナーとのレイヤードで雰囲気が変わりそうです。


春夏のコレクションの中でも、人気の高いコットンドレス。ブラックにはない女性らしさの残るグラファイトグレーと鮮やかなスカイブルーとのバイカラーが、季節にマッチした軽快なムードを演出してくれます。

エフォートレスなオーバーシルエットが、街からビーチまで幅広いシーンにフィットするモダンな印象。バッグやシューズなど、印象を変える小物とのコーディネートを考えるのが楽しくなるはずです。

大ぶりの袖が、腕をほっそりと美しく演出してくれます。もちろん風通しは良好!!暑い夏を爽快に過ごせそうです。


健康的な美しさが魅力のデザイナーの VIKA らしい、フロントノットデザインのシャツ。高くとられた襟や大ぶりな袖がスタイルにメリハリを生みます。クロップド丈のバックシルエットがスタイルをブラシュアップしてくれるはずです。

ドライタッチなチェック柄のスカート。シェイプされたウエストベルトから流れる大胆なドレープが、モードなムードを掻き立てます。ラフな着こなしにマッチする広くとった裾が、夏のコーディネートにぴったりです。



モダンなムード漂うサンドカラーのセットアップスタイル。女性らしさを最大限に高めてくれる<
VIKA GAZINSKAYA(ヴィカ ガジンスカヤ)>のパンツは、私も全幅の信頼を寄せるアイテムです。

今シーズンは、細やかなプリーツが演出するラグジュアリーなワイドパンツをご用意。たっぷりとしたボリュームとシャリ感のある生地から、動くたびにユニークなシルエットが生まれます。


VIKA GAZINSKAYA(ヴィカ ガジンスカヤ)>のニットは、一点一点モスクワでロシアの女性達によって手編みされています。

立体的なクロシェ編みのセットアップが、エフォートレスながらも女性らしさに溢れるのは、絶妙なバランス感覚を持った VIKA のデザインならでは。リブの幅感が全体の印象をスタイリッシュにまとめてくれます。


緩めに編まれたクロシェ編みニットは、畝に高さをつけることで表情が豊かになります。透け感やオフショルダーのディテールが涼やかな印象です。

「カーディガンの様に気軽に着てほしい」という VIKA の言葉の通り、フレキシブルにコーディネートして頂けます。キャミソールドレスの上に、サッと合わせて頂くと、今シーズンのムードにマッチしたスタイルの完成です。


先ほどのクロシェ編みニットに合わせていたキャミソールドレスは、コンテンポラリーかつセンシュアルなムード。。。デコルテやバックのカッティングからエレガンスが溢れ、ボディを美しく演出してくれます。

透け感のある素材ですので、International Gallery BEAMS では特別にバスト部分の生地を重ねてもらい、普段から気兼ねなくお召し頂けるようにしています。スカート部分はシアーなプリーツのレイヤードによって華やかさが増し、動きが美しく見えるのが魅力です。インナースカートを付属しておりますが、デニムなどのパンツとのレイヤードスタイルもお勧めです。


こちらは2018年の夏に来店してくれたデザイナーの VIKA 。。。知的な美しさと少女のような可愛らしさを併せ持つ彼女の魅力に、見惚れたのを今でも覚えています。数多くアップされるストリートスナップの中でも彼女のスナップは、ついつい目に留まります。
クチュールの様に美しく細やかに仕立てられるVIKA GAZINSKAYA(ヴィカ ガジンスカヤ)>の洋服達は、決して仰々しい物ではなく、不思議とワードローブに溶け込んでいきます。きっとそれは、ドレス、カジュアル、ストリート、スポーティ、ヴィンテージ、といった幅広いテーストを内包した彼女自身のスタイリングセンスの高さによって生み出されているからではないでしょうか。


袖を通した時の高揚感、動いた時のトキメキ、是非ともそれを実感して頂きたい洋服達。。。試着室のカーテンを開けて、キラキラとした楽しそうな顔で出てこられるお客様。その姿を拝見するのが、私たちの大きな喜びの一つです。またこの試着室で、その笑顔に出会えることを楽しみにしております。


皆様の健やかな日々を心よりお祈り申し上げます。

Shimazu


--------------------------------------


■65-26-1667 アシンメトリストライプドレス ¥172,700(税込)


■65-26-1652 バイカラードレス ¥118,800(税込)


■65-01-0651 フロントノットシャツ/ホワイト ¥64,900(税込)


■65-27-1456 ドレープスカート ¥129,800(税込)


■65-01-0652   フロントノットシャツ/サンド  ¥75,900(税込)

■65-23-0601 プリーツトラウザーズ ¥126,500(税込)


■65-15-0930 クロシェラウンドネックセーター ¥126,500(税込)


■65-27-1474 クロシェスカート ¥108,900(税込)


■65-26-1664 シアーキャミソールドレス ¥172,700(税込)


■65-15-0931   クロシェオーバーサイズセーター  ¥145,200(税込)


--------------------------------------


新型コロナウイルスの影響により、4月8日(水)から当面の間を臨時休業とさせていただいております。今後の営業状況につきましては、状況により随時変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。




幸せの青い鳥 -RENLI SU-

どうもご無沙汰しております。

久しぶりのブログでございます。この春の新たな出会いに、この場をお借りして「凄く可愛いんです!!!」「めちゃくちゃコレ良いでしょ!!」と声を大にしてお伝えしたく、キーボードをタイプした次第でございます。今回は、新たに International Gallery BEAMS での取扱いをスタートした<RENLI SU(レンリ スー)>をご紹介させていただきます。



2014年にロンドンをベースに立ち上げられたRENLI SU(レンリ スー)>。中国出身であるデザイナーの Renli が抱く幻想的なノスタルジアが、シルエットや細やかなデイテールに投影されることで、ロマンティックかつ現代的な洋服へとデザインされていきます。そのデザインに欠かせないのが、古くから継承される職人の技術や生地。そこに革新的な加工が混じり合うことによって Renli の遊び心あふれるデザインが形作られているのです。2020春夏のテーマ「青い鳥」… 子供の頃の夢に見たような、どこかロマンチックな冒険心溢れるコレクションです。


真っ白なフーディドレスは、キラキラとした光沢感がドリーミーな一着。表情豊かなリンクル加工の生地を贅沢に使用することで、ドレープを生みラグジュアリーなムードを高めます。

大振りなフードがスタイリングのアクセントになります。「何の意味が!?」と思うようなフードの後ろにデザインされたサークルは、デザイナーが見つけた古いヴィクトリア朝のフードのデザインからインスピレーションを得たそうです。

大きく膨らませた袖は、ロマンティックなムードを加速させます。袖口は伸縮しますので、シルエットに変化をつけることができます。

ゆらゆらと揺らめく裾には、真っ白なベルベットのリボンが施されています。素材感が混じり合うことで、より豊かな表情が浮き上がってきます。

ウエストのリボンをシェイプすることで、全体の印象もまた違って見えてきます。


季節を彩るイエローのローブドレスは、柔らかな色調と生地感によって上品な印象を引きたてる一着。これからの季節には羽織としても活躍する軽やかな着心地です。

マオカラーは、出身である中国の伝統を大切にした Renli ならではのディテール。バックはスリットが施され、インナーや肌とのコントラストを楽しむことができます。

肩のリボンはアジャスト可能で、長袖から半袖まで袖を変化させることができます。ギャザーから生まれる、ふんわりとしたシルエットが愛らしく軽やかな印象をプラスします。

ほんのりと透け感のある涼やかな生地感は、夏の風になびくのを待ちわびているかのようです。


さらりとしたコットン生地のティアードドレスは、贅沢な総刺繍の生地をふんだんに使用した一着。点が円を描き、円が連なることで華やかな柄へと仕上がっています。

コンパクトなショルダーラインやボートネックといったデザインが、大人の女性にもマッチします。フロントのピンタック、袖口のフリルなど、細やかなディテールには強いこだわりや遊び心を感じます。中でもバックに施された生地に浮かびあがる模様は、熟練された技巧の高さが伺えます。

ウエスト位置が高めなので、マキシ丈ながらバランスよくお召しいただけます。裾のフリルに使用された生地は、ラメ感のある糸が織り込まれ、動くたびにキラキラとした柔らかな輝きを生みます。


オーガンジードレスは、シルク混の張りのあるシルエットにレースのトリミングが施された、愛らしさの残る一着。(キャミソールドレスは別売りになります)

花びらのようなエンボス加工は、透け感のある素材に多彩な表情を与えます。トリミングに使用されるレースは、ぷっくりとした質感がなんとも可愛らしく、ついつい顔がほころんでしまうのは私だけではないはずです。ベルスリーブのリボンをキュッと絞ると、丸みのあるパフスリーブへとアレンジすることができます。



ウエストのリボンを絞ることで、裾にかけての贅沢なボリューム感がよりエレガントに演出されます。ドレスとしてはもちろん、キャミソールやTシャツ+デニムスタイルにレイヤードしても素敵です。


<RENLI SU(レンリ スー)>を代表する素材の一つであるマルベリーシルクを使用したブラックドレス。肌触りはもちろんのこと、軽く柔らかな素材感はデザイナーが創り出すフェミニンな世界観を表現するキーとなります。(キャミソールドレスは別売りになります)

細やかなギャザーから生まれるパフスリーブは、リボンによってスリットをアジャストできます。肌の見え方の変化で少女から女性へと印象も変わってくるかもしれません。

ボリューム感のある袖は、細やかなディテールを詰め込んだカフによってラグジュアリーに完成されます。裾には伸縮性のあるトリムが施され、ふんわりとしたバルーン調のシルエットが、動いた時のユニークな表情を演出します。


ブランドの世界観を凝縮したフェミニンなコートは、コットンリネンブレンドのタフな素材感でデイリーにお召しいただけます。



シンプルながらも、襟や背面ヨークのカッティング、ダブルギャザースリーブなどの細やかな技巧によってエレガントなムードが高まります。シックなスタイルのアクセントになるのが、磁器のような質感のメタリックボタンです。

ギャザーウエストや裾のスカラップラインがブランドらしいロマンティックなエッセンスを加えてくれます。

こちらのコートの魅力はこれだけでなく



なんと!!リバーシブルでお召しいただけるのです。シックなコートを裏返すと、刺繍の施されたチュールとオーガンジーのコントラストが華やかなコートへと早変わり。

立体感のある繊細な刺繍・・・デザイナーの故郷である中国福建省では細やかな刺繍の技術が根付いており、デザイナー自身が触れてきた身近な文化なのかもしれません。そこにコントラストされるオーガンジーは、光沢感とシワ加工から生まれるキラキラとした輝きが女性らしいエレガンスを高めていきます。



ウエストのギャザーから生まれるボリューム感のあるAラインが、ブランドらしいフェミニンな気品を演出します。表・裏を合わせ、昼から夜まで、日常から非日常まで、幅広いシーンでお召しいただけます。


魔法使いに頼まれ「幸せの青い鳥」を追い求めて様々な場所を冒険するチルチルとミチル、「思い出の国」や「未来の国」へと足を運ぶも、青い鳥を捕まえることができないまま目を覚まします。ふっと枕元の鳥かごを見ると、追い求めた「幸せの青い鳥」がいることに気付くのです。本当の幸せは思い出や未来にはなく、手の届く身近なところ「現実」にあるのだと教えてくれるのです。
実は、モーリス・メーテルリンクによる「青い鳥」は、もともと戯曲として書かれた物語です。その戯曲のラストは決してハッピーエンドとは言えません。目を覚ましたチルチルとミチルは青い鳥を見つけます。魔法使いの孫娘を助け喜んだのも束の間、窓から青い鳥が逃げていきます。二人は呆然と立ちすくみ、妹のミチルは泣き出してしまいます。そして最後「どなたかあの鳥を見つけた方は、どうぞぼくたちに返してください。ぼくたちは、幸福に暮らすために、いつかきっとあの鳥がいりようになるでしょうから」といった叫びで幕が下ります。
この結末に関しては、幸福の儚さ、人の愚かさ、と様々な解釈が成されています。また、物語の解釈は時代によっても変わってくるかと思います。「幸福に暮らすために」と叫ぶチルチル。もしかしたら自分の手にある物や、行動が誰かの幸せに影響を及ぼすことになるかもしれません。自分の周囲にある幸せに目を向けて、目に見えぬ誰かの為に思慮深く生活していけたらいいなぁとブログを書きながら感じた次第です。

と話が逸れてしまいましたが、お家で過ごす時間が増えた分、また街が活気を取り戻した時に、キラキラとトキメク<RENLI SU(レンリ スー)>の洋服を着てどこに出かけようかとウキウキ・ワクワク妄想して過ごそうかと思います。

皆様の健やかな日々を心よりお祈り申し上げます。


Shimazu


--------------------------------------


■65-26-1684 ホワイトフードドレス ¥110,000(税込)


■65-26-1729 イエローローブドレス ¥94,600(税込)


■65-26-1680 ティアードドレス ¥91,300(税込)


■65-26-1702 レーストリムブラックドレス ¥99,000(税込)


■65-26-1674   マルベリーシルクブラックドレス   ¥97,900(税込)


--------------------------------------


新型コロナウイルスの影響により、4月8日(水)から当面の間を臨時休業とさせていただいております。今後の営業状況につきましては、状況により随時変更となる可能性がございます。最新の情報については、「お知らせ」よりご確認下さいませ。皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Cinderella complex -MANOLO BLAHNIK-


美しく心優しいシンデレラは、魔法によって美しいプリンセスとなって素敵な王子様と結ばれ幸せに暮らしました。めでたしめでたし。

幼い頃に誰もが聞いたおとぎ話「シンデレラ」は、夢見る女の子を象徴する物語。そしてシンデレラは王子様以外に、この物語でもう一つの運命的な出逢いを果たしているのです・・・そう「ガラスの靴」に!!

王子様との甘い時間を過ごし、魔法の解ける約束の時間が迫るシンデレラは宮殿を駆け抜けます。王子様と踊った上に宮殿を全力疾走だなんて、一体どれほど足にフィットした靴だったのでしょうか(最後に片足脱げてしまいますが・・・)。シンデレラ・ストーリーで私が羨ましいのは、王子様に出逢えたことではなく、カボチャの馬車に乗ったこと、魔法のドレスを着れたこと、そして何よりも自分の足にぴったりなハイヒールに出逢ったことなのです。

シンデレラが<MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)>のヒールを履いていたかはわかりませんが、「世界で唯一走れるピンヒール」はMANOLO BLAHNIKの有名な枕詞の一つです。エレガントなシェイプと美しく繊細なディテール、何よりも履き心地のいい靴は多くの女性を魅了しています。



スクエアのシャープな造形が美しいスティレットヒールは、「BBR」の9cmをご用意しております。定番的なBBに比べてBBRは、丸みを帯びた履き心地の良いアーモンドトゥが特徴です。



コーディネートの差し色となるこちらの華やかな二色は、柔らか味のあるスエードの素材を選んでおります。柔らかく丈夫で手入れがしやすい素材ですので、カジュアルにもコーディネートして頂きたい一足です



同型のBBRでは、こちらのカーフ素材、7cmヒールで黒をご用意しております。落ち着いた素材やカラーに加え、デイリーユースしやすいヒールの高さですのでシーンを選ばず幅広くお召いただけます。同じくクラシカルなアイテムですと「CAMPY」をお勧めさせて下さい。



履いた時のホールド感が高いワンストラップシューズは、可愛らしい印象ながら9cmのくびれのあるスティレットヒールがエレガントで女性らしい足元を演出してくれます。メリージェーン×白いソックスは、普遍的に「可愛い」と思わせてくれるスタイルです。


煌めくビジューが美しい「HANGISI」は、代表的なモデルの一つです。当店では、ラグジュアリーなバーガンディのベルベットと、マスキュリンな印象のミリタリーグレーのレース素材をご用意しております。



7cmヒールとフラットでのご用意ですので、フォーマルなシーンに留まらず、
是非普段のコーディネートに取り入れていただきたいです。



お仕事で歩く場面が多い方や初めてのマノロでお悩みの方は「LISTONY」を試されてみてはいかがでしょうか。安定感のあるヒールと足を入れた時の履き心地の良さは、多くの女性から支持を得るシューズです。ヒールは3cmと控え目ですが、フラットシューズとはまた違い、程よいヒールの高さが足首をスッと伸ばし美しく見せてくれます。


また違ったハンサムな魅力を放つのが「VELLA」です。メンズメゾンにはない、華奢でシャープなフォルムがなんともエレガントなローファーです。



スクエアトゥというのも当店のアイテムの中では新鮮に映ります。カラーはネイビーですのでブラックよりも硬派になりすぎず、デニムと合わせて頂くと上品で大人な女性のカジュアルスタイルの出来上がりです。



私もこのブランドに対して憧れを抱いていた一人です。今までご縁がなく履くことができなかったのですが、今回恋に落ちてしまった一足がこちらの「AMINTA」です。惹かれた理由は、上品なベルベット素材、アッパーの美しい流線的なシルエット、足首を美しく演出するヒールのシェイプ、そして何よりも履いた時の足を覆うようなフィット感。その時の歓喜はまさにガラスの靴を履いた時のシンデレラの様に。。。


マノロが言うには、自然に女性が歩けるヒールは5cmまで。それ以上の高さのヒールは、女性をエスコートするパートナーの存在があって初めて完成されるそうです。初めてのヒールに苦戦し泣いていた私も、いつから7cm、9cm、果ては15cmのヒールでエスコートもなくカツカツと歩けるようになってしまったのでしょうか。

「女の子はぴったりの靴を手に入れたら、世界すら征服できるわ」という有名なマリリン モンローの言葉。その言葉通り彼女は、右のヒールを少し短くした靴で世界を手に入れました。そして、シンデレラもその言葉を実現した女性の一人です。女性も強くなければならない現代において、私たちはエスコートなく一人で力強く歩かなければならない時もあります。ひょっとすると幸せにしてくれる王子様もいないかもしれない......でも恐れ事はありません。魔法使いがシンデレラにガラスの靴を贈った様に、現代の魔法使い「MANOLO BLAHNIK」が私たちにぴったりな靴を贈ってくれるのだから。


Shimazu

-------------------------------------------

■65-32-0186 BBRスエード ¥99,360(税込)

■65-32-0173 BBRカーフ ¥99,360(税込)

■65-32-0175 CAMPY ¥118,800(税込)

■65-32-0163 HANGISIベルベット ¥166,320(税込)

■65-32-0164   HANGISIレース   ¥166,320(税込)

■65-32-0174 LISTONY ¥115,160(税込)

■65-32-0185 VELLA ¥118,800(税込

■65-32-0188 AMINTA ¥122,040(税込)

瞬き - hum -

ダイヤや彫金の技術によって瞬きを閉じ込めた<hum(ハム)>のアクセサリー。今回は人気の高い“lace series”よりご紹介いたします。

その名の通り、レースの表情を熟練された技術によって再現したアクセサリー達。

女性らしく可憐なデザインは、ニットとのコーディネートにも引けを取らないほど印象的です。

耳元を飾るピアスも華奢なラインとダイヤの輝きによって構成されています。また、表面に小さな凹凸を作ることで細やかな輝きが生まれます。このミルグレインと呼ばれる技巧はとても手間のかかる作業で、職人の温もりを感じるhumならではの行程です。


着用した時に映る陰影すらデザインの一部。。。また、どんな角度から見てもモチーフが美しく見えるセッティングに技術の高さを感じます。カジュアルなスタイルのアクセントから、ドレスアップのスタイルまで幅広くコーディネートしていただけます。


カットワークレースを思わせる大胆なモチーフもご用意しております。ギョーシェ彫りと呼ばれる線刻模様が一つ一つ手作業で施され、まるで上質な生地のように柔らかで独特な風合いが生まれます。


同シリーズではリングもご用意しております。印象的なアイテムながら、グリーンゴールドの優しい色味は肌馴染みが良く大人の女性にぴったりです。他のアイテムとも相性良く合わせていただけます。


昨年開催されたリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。アスリートの方々の活躍と次回開催となる東京オリンピック・パラリンピックへの期待から、閉会式をご覧になった方も多いのではないでしょうか。ブラジルらしい鮮やかな色彩と軽快な音楽、自身の中にはないアクティブな感性に感銘を受けました。中でも心が踊ったのが、オリンピックの閉会式での「レース編みの女性たち」という演目でした。民族衣装をまとったコーラス隊とレースの衣装を大きく揺らして踊るダンサー達、そのリズムに乗って会場には光のレースが次第に編み上がっていきます。(こちらから動画をご覧いただけます。https://youtu.be/ssc5eLjLoMQ 1:13:00より該当のプログラムがスタートします)

現在もブラジル北東部では盛んにレースが生産されています。ポルトガルの植民地時代にヨーロッパのレース編みの技術が伝えられ、その技術が多くの女性たちの手によって発展し伝承されてきました。そしてそれが国を代表するものとなったのは、彼女たちの努力や技術力はもちろん、レースの持つ大きな魅力に我々が引き寄せられたからではないでしょうか。

話しが少し逸れてしまいましたが、レースには可憐でいてパワフルな力をくれる魅力があると私は思います。かつてレース編みの女性たちが誇りを授かったように、身につけることで力やエレガントさを分けてもらえるのではないでしょうか。そんなレースの表情を彫金によって再現したhumの細やかなアクセサリーを是非店頭でご覧ください。


また、11月1日(水)から「hum Vintage Collection」を開催いたします。通常お取り扱いのないアイテムに加え、貴重な懐中時計のヴィンテージチェーンや様々な年代・国のヴィンテージコインを使用したジュエリーをご覧いただけます。時を重ねたアイテムが放つ魅力を是非お楽しみ下さい。


Shimazu


-------------------------------------------

掲載アイテム

■65-42-0787 写真②左ネックレス ¥102,600(税込)

■65-42-0852 写真②右上ネックレス ¥75,600(税込)

■65-42-0851 写真②右下ネックレス ¥51,840(税込)

■65-42-0926 写真④左ピアス ¥172,800(税込)

■65-42-0925   写真④右ピアス   ¥200,880(税込)

■65-42-0855 写真⑥上ピアス ¥99,360(税込

■65-42-0854 写真⑥下ピアス   ¥69,120(税込)

■65-42-0939 写真⑦人差指リング ¥93,960(税込

■65-42-0853 写真⑦中指リング ¥129,600(税込)

■65-42-0789 写真⑦薬指リング   ¥115,560(税込)


知らないところへ -CLAUDIA LI-


先シーズンよりInternational Gallery BEAMSでの取扱いをスタートした<CLAUDIA LI(クラウディア リー)>。才能溢れる彼女は、美術やデザイン、ファッションを学んだ後、J.W.Andersonにて様々な創作過程に携わっていました。とりわけ立体裁断の評価が高く、その技術を活かした自身のブランドを、2015年秋冬コレクションよりスタートしました。軽快で流動性のある立体的なシルエットによって生まれる、モダンでいて着心地の良い服が大きな注目を集めています。


こちらのドレスは肩から袖に掛けて調整できるドローストリングがついており、ギャザーから生まれるドレープによって立体的なシルエットを見せます。重厚な風合いの生地ながら、着用した時の柔らかで軽い着心地の良さに驚きます。また、たっぷりとした裾の動きが女性らしくエレガントです。


伝統的なテキスタイルや裾にかけての女性らしいフレアーのラインは、クラシックかつヴィンテージライクな印象を受けます。しかし、クリアー×シルバーのボタンや誇張された長さのドローストリングなど、現代的なディテールやフレッシュな感覚をミックスすることで、ヴィンテージにはないモードな雰囲気を感じさせます。


シェイプされたウエストと女性らしいバストやヒップのラインがバージャケットを思わせるジャケット。女性的なボディに対してハウンドトゥースの男性的なテキスタイル、さらにラペルやショルダーなどオーバーなシルエットという現代的なムードを掛けあわせ、複数の要素をバランス良く融合させています。


グリーン×レッドのチェック柄はスカートをご用意。ノスタルジックな雰囲気に対して、凝ったディテールによりモードな印象が加えられます。計算された美しいウエストからの緩やかな流れが品良く、裾へのたっぷりとしたドレープが豊かな動きを生みだし、エレガントな印象を与えます。


<トライアングル>から着想を得た今シーズンのコレクション。それはラペル、スリーブ、カフス、レイヤリングのディテールなどに現れてきます。こちらのベストも前合わせに三角のシルエットが組み込まれ、新鮮な表情を見せます。また素材には、同ブランドでは初めてコーデュロイを使用しています。


爽やかなブルーのカラーは、どこかレトロな印象を受けます。目を惹く色味ながら、他のカラーとの相性が良く、ネイビーやブラックはもちろん、ブラウンとの組み合わせは今シーズンらしくお勧めです。ジャケットやコートとのコーディネートですと、レイヤードに複雑な線を加えてくれるのが面白いです。


同じくコーデュロイのアイテムは、こちらのパンツをご用意しております。膝のスナップボタンを開閉することで太さを調整できるギミックの効いたアイテムです。


左右で違う幅で着用すると印象的なコーディネートを楽しんでいただけます。


今シーズンらしいスリーブコンシャスなシャツは3型ご用意しております。スリーブのシルエットはもちろん、カラーやボタンなど細部へこだわりの宿ったアイテム達が揃います。スパイスの効いたディテールは、日々のコーディネートを楽しくしてくれるはずです。


「Take me away to a different place and time」

「私を知らない場所と時間へ連れて行って」と語りかける、今シーズンのCLAUDIA LIのテーマ。どこかノスタルジーなムードを現代的なエッセンスで仕上げた洋服達は、自身のワードローブに変化を加えながらも不思議とフィットします。日々に新たな輝きを静かに灯すことで、少しなんだか楽しかったり、少しだけ背筋がぴんっと伸びたり、少し知らない自分になれたりするのではないでしょうか。
歳を重ねると多くの経験と共に、心と身体が重たくなり「行動に移す勢いがなくなってきているのでは・・・」と不安になることがあります。時間がない、余裕がない、他に優先事項が、と言い訳が上手くなる自分。そんな時、いつだって新たな輝きとトキメキが私の背中を押してくれるのです。「私を知らないところへ」と囁く洋服達が、私を次のステージへ、未開の地へ導いてくれる気がする・・・

そんなアクティブな気持ちにしてくれるCLAUDIA LIの洋服達。触発された私は、とりあえず悩んでいたロンドン旅行に向けてコツコツ貯蓄を行いたいと存じます。


Shimazu


-------------------------------------------

掲載アイテム

■65-26-2708 ハンドトゥース ワンピース ¥216,000(税込)

■65-16-0184 ハンドトゥース ジャケット ¥237,600(税込)

■65-27-1566 チェック スカート ¥118,800(税込)

■65-06-0058 コーデュロイ ベスト ¥124,200(税込)

■65-23-0452   コーデュロイ パンツ   ¥106,920(税込)

■65-11-0600 シャツ(左) ¥93,960(税込)

■65-11-0601 シャツ(中央) ¥87,480(税込

■65-11-0591  シャツ(右)   ¥96,120(税込)

VOGUE FASHION’S NIGHT OUT


少しずつ涼しい日が増え、店内は新作の洋服達ですっかり秋らしい雰囲気です。そんな心地の良い季節に、ぴったりなイベントのご紹介です。9月9日(土)に開催される「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT」に原宿エリアのBEAMSも参加いたします。

当日は各店舗で様々なイベントを行います。また、各店舗のインスタグラムのアカウントをフォローされている方に先着でアイシングクッキーやキャンディをプレゼントいたします。その他、ドリンクのサービスなどもございますので是非お越し下さい。

インターナショナルギャラリー ビームスでは、下記イベントを開催いたします。


思わず目を惹くこちらのアイテムは9日より店頭に並びます。AKANE UTSUNOMIYAのデザイナー蓮井 茜さんの審美眼によって集められたヴィンテージのボタンを、今回特別にイヤリングやピアスにリメイクして頂きました。古い時代ならではの細やかな細工や色使いは、決して色あせることのない華やかさとモダンさがあります。


アイキャッチなアクセサリーはもちろん、さり気なくワンポイントで使えるアイテムもございます。AKANE UTSUNOMIYAらしい可愛いファブリックの巾着が付くのも嬉しいです。イベントは9月24日まで続きますが、1点1点個性の異なるアイテム達ですので是非お早目に!!


ご好評頂いておりますleur logette POP UP STOREは、開催期間が10日までと残り僅かです。イベント限定の豊富なラインナップに加え、別注のチョーカーとカフスもまだ少しご用意がございます。



「彼女たちの小さな部屋」という名前に相応しい空間となっております。花柄やレース、ツィードなど華やかなファブリックに加えて、leur logette がご用意下さったお花や植物も彩りを添えてくれています。(Special Thanks leur logette ♪)



Vermeerist BEAMS 店内では、イラストレーター 永井博氏のエキシビションを開催しております。原画を間近で見ることのできる大変貴重な機会、こちらも10日までのイベントですので是非ご覧下さい。そして、FASHION’S NIGHT OUT当日は永井氏がDJで登場くださいます(17:00-18:30予定)。夏の終わりに相応しい、爽やかなムードを盛り上げてくれるのではないでしょうか。


天気も良さそうな土曜日、是非賑わう原宿に遊びにいらして下さい。楽しいイベントと素敵なアイテムを揃えお待ちしておりますので、素敵なショッピングタイムをお過ごし下さいませ。


詳細や各店舗のイベント情報は下記リンクをご確認下さい。

http://www.beams.co.jp/news/588/


Shimazu

夏の味方 -Aesop-


解放的なワクワクする夏、気になるのがお肌の天敵・紫外線!!夏のUV対策に<Aesop(イソップ)>よりお勧めのアイテムをご紹介致します。日差しの気になる日常から夏の旅行のお供にも、きっと心強い味方になってくれるはずです。


夏のマストアイテムがプロテクティブ ボディローション SPF50です。日焼け止め特有のべたつきのない軽い使用感で、素早い吸収と伸びの良さで広範囲をカバーしてくれます。日焼けの原因となるUVBだけでなく、PA++++ですので肌のシワ、シミ、たるみの原因となるUVAからも守ってくれます。さらに、肌に軽い保湿と栄養を与えてくれ、紫外線から肌を守りながらもケアまでしてくれる女性に嬉しい一本です。

使用前にしっかりボトルを振って、外出の15分前に素肌にたっぷりとマッサージしながら伸ばしてください。汗をかいた後や水泳の後、または80分おきに塗り直していただくと日焼け止めの効果が保たれます。

同シリーズのプロテクティブ リップバーム SPF30も是非合わせてご利用いただきたいアイテムです。唇は皮脂や汗腺がなく熱や湿度の調整ができない上、顔の中でも薄く繊細な皮膚です。その為、乾燥や日焼けのダメージを受けやすい唇に、UVフィルターで透明のバリアができ、水分と栄養をたっぷりと与えることで乾燥や荒れを防いでくれます。艶感が強すぎないので男性の方にもお勧めです。


シトラスの香りが爽やかで夏にぴったりなリンド ボディバーム。日焼けや冷房、シャワーの回数が増すことから意外にも乾燥する夏!!冷蔵庫で冷やすことができるので、日差しで傷んだお肌をクールダウンしながら保湿してくれます。日焼けした箇所や足、ひざなど乾燥した部分を中心に、全身にまんべんなく優しくマッサージしながらなじませて下さい。


暑く汗ばむ身体をリフレッシュしてくれるのに、お勧めなのがコリアンダー ボディクレンザー。コリアンダーシードとパチョリの解毒効果が肌を健やかにしながら、スパイシーな香りのブラックペッパーが身体を温めて活性化してくれます。さっぱりとした洗い上がりと消臭作用もあるので夏にぴったりです。特に夏の朝のシャワータイムにご利用いただくと、リフレッシュした一日を迎えることができますよ。


ヘアースカルプ モイスチャーマスクは、高い保湿効果を持つ成分が豊富に含まれており、日差しで傷んだ髪に艶と潤いを与え柔らかく仕上げてくれます。定期的な集中ケアはもちろん、パーマやカラーリングを行う前日にご使用いただくと、髪へのダメージを軽減してくれます。

シャンプー後にタオルドライを行い、大さじ2杯を目安に髪全体になじませます。そして、くしで優しくとかしていくのですが、特に中間から毛先にかけて丁寧にくしを入れていただくことで傷んだ毛先にしっかり浸透していきます。その後、しっかりと髪に浸透させる為、20分経ってから洗い流して下さい。ご自宅ではもちろん、プールやマリンスポーツを伴う夏の旅行にもお勧めです。バスタイムを優雅に過ごせるホテルだからこそ、マスクを浸透させている合間にボディケアやゆっくり身体を温めることで贅沢なバスタイムをお楽しみ下さい。


International Gallery BEAMSでも長らくご好評いただいているAesopは、メルボルンで創業したコスメブランドです。高品質の植物由来成分と合わせて、有能な科学者チームが科学的に有効と認めた合成成分のみを使用しており、安全性と効果に自信を持っています。生活環境や気候を考慮して、細部にまで注意を払って開発された製品だからこそ、使う方の生活の一部として日々の変化に対応し心身を健やかに保ってくれるのではないでしょうか。

Aesopのホームページでは、季節やテーマに合わせた書籍や映画、様々な地域のイベントを紹介しています。この夏の過ごし方のヒントに是非ご覧くださいませ。
http://www.aesop.com/jp/article.html/

Shimazu

---------------------------------------

掲載アイテム

■65-49-0071 プロテクティブ ボディローション SPF50 ¥4,536(税込)

■65-49-0093 プロテクティブ リップバーム SPF30 ¥2,052(税込)

■65-49-0227 リンド ボディバーム(120ml) ¥3,888(税込)

■65-49-0228 リンド ボディバーム(500ml) ¥10,800(税込)

■65-49-0234 コリアンダー ボディクレンザー(200ml)  ¥2,700(税込)

■65-49-0235 コリアンダー ボディクレンザー(500ml) ¥5,075(税込)

■65-49-0243 ヘアー スカルプ モイスチャー マスク(120ml) ¥3,672(税込)

■65-49-0244 ヘアー スカルプ モイスチャー マスク(500ml) ¥11,340(税込)

from VERNEUIL

しばらくは雨模様とお付き合いする日々ですが、そんな梅雨が過ぎるといよいよ夏本番!!今年は噂によると、かなりの猛暑とのこと・・・サングラス、日焼け止め、お気入りのTシャツ、スイムウェアと夏の準備に余念のない皆様、夏のお出かけの気分を盛り上げてくれる素敵なトートバッグはいかがでしょうか。



スタジオがある通りからブランドの名前を付けた<RUE DE VERNEUIL(リュ ドゥ ヴェルヌイユ)>は、インテリアや建築の経歴を持つVincent Ribatによって2014年に設立されました。カジュアルなキャンバスの素材を中心に使用したコレクションながら、長年ラグジュアリーバッグを収集してきたデザイナーらしい、シックなラインにエレガントなディテールが大きな魅力です。定番的なアイテムだからこそ、レザーやメタルなどパーツの使い方や、遊び心を感じるアイキャッチーなロゴなど、実用的でいてメイド・イン・フランスの洗練されたバッグに心奪われます。


小さめのサイズが可愛らしいベビートートは、カジュアルなスタイルのみならずフェミニンなスタイルにもお勧めです。長財布とスマートフォンに加えて、リップなど簡単な化粧直しのアイテムは入れて頂けるサイズ感です。タウンユースはもちろん、旅行の時はかさばらないので荷物に入れて、現地を散策する際に活躍しそうです。


もっとも実用的なサイズのトートは、隅の小さなロゴが可愛らしいです。何かと荷物が多くなってしまう私も安心の大きめのサイズ感で、ストラップで肩掛けや斜め掛けできるのも嬉しい所です。


デザイナー本人のイニシャルである”V”のモチーフはベースのカラーに対してアクセントとなるカラーが配色され、モダンでいて遊び心の感じるデザインとなっております。ユニセックスなデザインは、縦長の頼れる収納力も大きな魅力です。


トレンド感ある大きなサイズのトートは、ブランドアイコンが大きく配置されたキャッチ―なデザインが魅力的です。オーバーなサイズが女性には難しいバランスに思われますが、リゾートの雰囲気にマッチする爽やかな印象ですので軽い旅行のバッグとしてお勧めです。


同サイズのこちらのトートは、キャメルカラーのレザーハンドルとより印象的になったメタルのパーツが他にはない特別な一品です。他のアイテムと異なるファブリックのキャンバスは、縦糸と横糸に異なる糸を使用することで、独特な柔かい風合いを生み出しています。キャンバスに映えるキャメルのレザーに、ダークグリーンのストラップがシックな印象を加えます。また、ストラップは幅が広く、トレンド感あるアクセントをプラスしてくれます。


ブランドのエッセンスがプラスされたオーセンティックなアイテムは、どういったコーディネートにも不思議とマッチします。


スタッフのスタイリングでも様々なアイテムとコーディネートしております。
http://www.beams.co.jp/styling/?hashtag=7677


旅行や出掛ける際に荷物をまとめる作業は、煩わしいけれどもワクワクする時間でもあります。もしかしたらコレもいるかも、こういうときコレがあったほうがいいのでは、ここでコレが大活躍、、、なんて想像しながら、待ち受ける夏の出会いや発見に胸がドキドキせずにはいられないのです。そんな思い出の側に、フランス生まれのバッグを連れて行って下さると嬉しく思います。


Shimazu

-------------------------------------------

掲載アイテム

■65-61-0077 ベビー トートバッグ ¥17,280(税込)

■65-61-0079 トートバッグ ¥27,000(税込)

■65-61-0081 ”V”モチーフ トートバッグ ¥19,440(税込)

■23-61-0191 ビッグサイズ トートバッグ ¥28,080(税込)

■23-61-0194 レザーハンドル トートバッグ  ¥41,040(税込)

宝箱に閉じ込めたい -Tu es mon TRÉSOR-



International Gallery BEAMSでは、5月14日(日)までTu es mon TRESOR POP UP STOREを開催しております。「時を越えた宝物になるような服」をコンセプトにクオリティと創造性を追求したスタンダードなアイテムを届ける<Tu es mon TRESOR(トゥ エ モン トレゾア)>。


ブランドのアイコンでもあるANTIQUE ジーンズのシリーズは、肌あたりの良い高品質なジンバブエコットンを、1940年代に使われていた希少なヴィンテージの織機によって織り上げたこだわりのデニムを使用しております。昔ながらの機械が織りなす不均一な織り目が柔らかな風合いを生み、穿く方の身体に馴染む着心地の良さが大きな魅力です。


男性的なこだわりやシルエットのデニムに施されるのが、リボンやビジューなどの女性的な装飾です。繊細なデコレーションは、フランスのアトリエにて学んだクチュールの技術を活かした、高いクオリティで仕上げられています。


イベント期間中はバリエーション豊かに取り揃えております。スワロフスキーの輝きや、パール、チュールのコサージュが華やかなデニムは、一点一点異なる表情に手作業ならではの温もりを感じます。

「日常よく穿くデニムだからこそ気兼ねなく穿いて頂けるように」という思いから、独自に試行錯誤を行うことで繊細ながら耐久性にもこだわった仕上がりになっています。繊細な装飾が施されたアイテムでも自宅で洗濯して頂けるのは、そうした高いクリエーションの賜物です。


EDGE ジーンズの1washは、深めの股上から裾に向かって細くなるシルエットが美しく、濃い色味とストレッチの効いたデニムが普段使いしやすいジーンズに仕上がっております。ストレッチの入ったジーンズですが、サイドにラインを入れることで強度を保ち長く愛用して頂ける一本です。


同モデルでは、定番のリボンモチーフも3パターンご用意しております。


ブランドの中で人気の高まっているエプロンスカート付きジーンズもご用意しております。白いドットチュールと黒いフェザーの組み合わせは、International Gallery BEAMS別注のアイテムです。ベースのジーンズは、EDGE ジーンズの1washと3yearの2種類で、少しゆったりと穿ける1washに比べ、3yearは一番細身のシルエットです。エプロンスカートと合わせて頂くと華奢なシルエットが透け、より女性らしい印象となります。


チュールジレ付きTシャツも、特別に作って頂きました。別々にお召し頂けるので、ジレをキャミソールやワンピースとレイヤードしても可愛いです。


その他にも、これからの季節に大活躍するTシャツがバリエーション豊かに並びます。小さなスパンコールが刺繍されたポップなロゴやユニークなモチーフが、シンプルなコーディネートを楽しくしてくれます。


もう少し変化を楽しみたい方には、メッシュTシャツがお勧めです。柔らかくストレッチの効いた素材は着心地が良く、透け感のある素材とスパンコールのコントラストがコーディネートに新鮮味をプラスしてくれます。


期間中 Tu es mon TRESOR のアイテムを、2万円以上(税抜)購入していただいたお客様にノベルティとしてミニクッションをプレゼントしております。Tシャツと同様に細やかなスパンコール刺繍が施された可愛らしいクッションに仕上がっております。是非お気に入りのアイテムと一緒にお持ち帰り下さい。


定番的に長く愛用して頂けるアイテムに、女性の心がワクワクするような華やかで愛らしい装飾を盛り込んだ Tu es mon TRESOR 。一見すると相反する2つの要素を、強いこだわりと高い技術力によって融合し、美しいクリエーションを探求していきます。幼い日に憧れた、キラキラでカラフルな宝箱・・・そんな少女の憧れを閉じ込めたジーンズを、日々のコーディネートにさり気なく合わせてみてはいかがでしょうか。


Shimazu


-------------------------------------------

掲載アイテム

■ANTIQUE ジーンズ ¥77,760(税込)〜

■EDGE ジーンズ(1wash) ¥43,200(税込)〜

■エプロンスカート付き ジーンズ ¥49,680(税込)

■チュールジレ付き Tシャツ ¥27,000(税込)

■Tシャツ ¥9,720(税込)〜

■メッシュ ハーフスリーブTシャツ ¥16,200(税込)〜

■メッシュ ロングスリーズTシャツ ¥18,360(税込

ノスタルジアには溺れない ーROCHAS-


1925年パリ、マルセル・ロシャスによって<ROCHAS(ロシャス)>が創業されました。革新的なアイディアでオートクチュールの世界をリードした彼は、フェミニンなデザインを得意としました。ストロングショルダー、ポケットつきスカート、七分丈のコートと新たなデザインを発表することでクチュール全盛期にクリスチャン・ディオール、エルザ・スキャパレリなど時代を代表するデザイナーと肩を並べました。

そんなマルセル・ロシャスの死後、様々なデザイナーがこのメゾンで才能を発揮することとなります。天才と謳われた若き日のオリヴィエ・ティスケンス、プレタポルテでの地位を確固たるものへと育て上げたマルコ・ザニーニは記憶に新しく印象的です。

そして創業者であるマルセル・ロシャスの意思を受け継ぎながらも、独自のエッセンスを組み込むことでフェミニンなデザインを現代的に昇華させた、現クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・デラクア。


そんな彼がデザインする2017Summer Collectionは、1940年代から50年代にかけて活躍したアーウィン・ブルーメンフェルドとセシル・ビートン2人の偉大な写真家へのオマージュとなっております。アーウィンの撮影した鮮やかな原色が並ぶVOGUEの表紙からインスピレーションを得た、濃密で華やかなカラーパレット。その一方で、チュールやプリーツから生まれる陰影は、彫刻を写しとったかのようなセシルの精密なモノクロ写真を思わせます。


可憐なチュールが幾重にも重なるスカートは、細かいプリーツやウエストに大きく波打つフラウンスが華やかなボリュームと豊かな陰影を生みます。


サイドのフラウンスが女性らしいシルエットと動きを生むドレスは、コレクションでも多く見られたイエローとスカイブルーをご用意しております。


今シーズンのトレンドでもあるオフショルダーのブラウスは、ポップに描かれたチューリップが並びます。


ベージュとブラックの落ち着いたカラーをベースに、イエロー・スカイブルー・グリーンと鮮やかな色味がアクセントとなります。フラウンスが揺れる後ろ姿は、より一層しなやかな女性らしさが漂います。


International Gallery BEAMSでは、2017Resort Collectionもご用意しております。Herbarium Toropicalis -熱帯植物標本集-をテーマに掲げたコレクションは、エキゾチックな花が力強く並ぶジャングルのプリントが印象的です。ROCHASが映し出す架空のジャングルは、背景の色を変えることで、朝から夜へと表情を変えるジャングルを表しています。



胸元の緻密に連なるプリーツが、かつてクチュールメゾンであったROCHASのスピリッツと高い技術を感じるロングドレス。柔らかなシフォンにプリントされた生地を二枚重ねることで、表情に奥行きが出て幻想的な魅力を高めます。


シンプルなシルエットながら、立体感のある刺繍・繊細なレース・細やかなフリルなどのディテールが華やかなシャツ。フェミニンなスタイルを得意としてきたメゾンの技が光ります。ボックスプリーツのボリューム感あるスカートは、メゾンの中でもスタンダードなアイテムの一つ。光沢感のある生地にブラックベースでプリントされた花々は、ジャングルの闇夜に力強く濃密に咲き誇る花の表情を捉えたかのようです。


肌触りの良いコットンドレスは、ジャングルを悠然と歩く象が描かれた大胆な絵柄です。印象的なアイテムながら、落ち着いた色味が大人の品を醸し出します。また、アシンメトリーな裾が現代的な表情と軽やかな動きを出し、大人の女性にさらりとお召し頂きたい一着です。


こちらのドレスは、計算された美しいデコルテのラインと、いくつものドレープが交わるエレガントなシルエットが魅力的です。シルクの素材と赤みを帯びた鮮やかなブラウンが、ジャングルの赤土を思わせます。


プリーツ・チュール・フラウンス・ボリューム・・・いつの時代も女性の心を輝かせるフェミニンなディテール。2017Summer Collectionも1940年代に一世を風靡したラインやシルエットにフォーカスしています。しかし、それは決して懐古的な気持ちからではありません。現代のテディ・ガールが、代々受け継がれクロゼットに眠るフォーマルなドレスを気ままに着こなすような、前向きで自由な気持ちに溢れています。アレッサンドロ・デラクアのクリエーションは、伝統的なメゾンのクチュールスピリッツに大きな敬意を払いながらも、決してノスタルジアに溺れることはありません。だからこそ、ROCHASのモダンでエレガントな洋服は、現代的でアクティブな姿勢を忘れることのないスタイルに仕上げてくれるのです。


Shimazu


-------------------------------------------

掲載アイテム(マネキン着用アイテムのみの取り扱い)

■65-05-0174 ロゴハーフスリーブニット ¥70,200(税込)

■65-27-1538 チュール プリーツ スカート ¥204,120(税込)

■65-26-2668 フラウンススリーブ ドレス ¥213,840(税込)

■65-01-0540 オフショルダー ブラウス ¥159,840(税込)

■65-27-1493 フラワープリント スカート(グリーン)¥167,400(税込)

■65-26-2594 フラワープリント ドレス ¥421,200(税込)

■65-01-0490 フラワーレース フリル シャツ ¥149,040(税込

■65-27-1494  フラワープリント スカート(ブラック)¥140,400(税込)

■65-26-2595 ジャングルプリント ドレス ¥183,600(税込)

■65-26-2592 ドレープ ストラップドレス ¥199,800(税込)