スタッフ「小川 喜之」の記事

ヤン富田: A.S.L. リポート:スペースプログラム

オーディオ・サイエンス・ラボ・プレゼンツ

ヤン富田: A.S.L. リポート:スペースプログラム 開催のご案内です。


日時:2018623日(土)、624日(日) 2 days 4 performance

開催時間:アフタヌーン  14時開場 ~ 16

     イブニング   17時開場 ~ 19

 

会場:トーキョー カルチャート by ビームス 

   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス原宿 3

 

料金:一般 3,500 / 学生・学割 2,500円(税込)

スペースプログラムのためのライヴ・エレクトロニック・ミュージック・カタログ #2 付き。

※学生の方はご入場の際、学生証の呈示をお願いします。

各ステージ定員50名(電話予約先着順)



前回、A.S.L. リポート、参加者に配布された『ヤン富田スペース・プログラムのためのライヴ・エレクトロニック・ミュージック・カタログ #1(A4 サイズ/16ページ/ALL COLOR)

 

【お申し込み方法】

2018519日(土)11時より電話にて予約受付を開始致します。

トーキョー カルチャート by ビームス  

電話番号 03-3470-3251

予約受付時間 11:0020:00  ※木曜定休 

予約受付時に整理番号をお伝え致します。


演奏会開催日の623日、624日の両日は、演奏会参加者以外のご入場は出来ません

ので予めご了承下さい。



写真:グレート・ザ・歌舞伎町

ヤン富田 最先端の前衛音楽からポップ・ソングまでを包括する音楽家。クリエイターを中心に絶大なる フリークス(熱烈な支持者)を国内外に有する。音楽による意識の拡大をテーマに 1989 年よ り音楽の研究機関、オーディオ・サイエンス・ラボを主宰する。日本最初のプロ・スティール パン奏者でもある。

TOKYO CULTUART by BEAMS ブログ

http://www.beams.co.jp/blog_label/tokyocultuart/

主催:オーディオ・サイエンス・ラボラトリー 

協力:トーキョー カルチャート by ビームス、 WINDBELL 

「AMSTERDAM NEW WAVE」開催

トーキョー カルチャートby ビームスでは、アムステルダムの最新クリエイティブにフォーカスしたクリエイティブマガジン「QUOTATIONNo.27の発売を記念して、誌面で紹介しているフォトグラファー、アーティスト、ファッションデザイナー、アートディレクター、ブックショップディレクターなど、若手クリエイターたちの作品や活動にフォーカスした展覧会「AMSTERDAM NEW WAVE」を開催いたします。本展では作品展示のほかに、一部のアーティストがアムステルダムから来日しトークイベントも行います。

 

【参加作家】

ORDER(クリエイティブコレクティブ), Olya Oleinic(フォトグラファー), Red Light Radio(オンラインラジオステーション), De School(クラブ・エキジビションスペース), San Serriffe (アートブックショップ), Koen Tossijn(ファッションデザイナー), Duran Lantink(ファッションデザイナー・スタイリスト), Bonne Reijn(スタイリスト・アートディレクター), Aukje Dekker(アーティスト), Children of the Light(アートデュオ)

 

会期:2018323 () 44 ()

会場:トーキョーカルチャート by ビームス

    150-0001東京都渋谷区神宮前 3-24-7 3F 

    TEL : 03-3470-3251

営業時間:11:00 - 20:00 木曜定休

会期最終日の44日(水)は18:00時までの営業になります。ご注意ください。

 

【トークショー開催のお知らせ】

 

日時:2018324 () 16時スタート

会場:トーキョー カルチャート by ビームス 原宿

    150-0001東京都渋谷区神宮前 3-24-7 3F 

    TEL : 03-3470-3251

 

1部      アムステルダムの最新クリエイティブ状況

「今」アムステルデムでは何が起きているのか? 現在のアムステルダムの最新クリエイティブ状況についてアムステルダムを拠点に活動しているTHE STUDIO FUTURE2人に聞く。

2部      Bonne Reijn(スタイリスト・アートディレクター)とORDER(クリエイティブコレクティブ)のメンバー2人を迎え、彼らの作品と活動を紹介すると同時に、アムステルダムのクリエイションについてのトーク

 

モデレーター:蜂賀亨(QUOTATION 編集長)

ゲスト:THE STUDIO FUTUREVincent Schipper, Klara Van Duijkeren

        Bonne Reijn

        ORDER


トークショー終了後18:00から作家を交えてレセプションパーティを開催いたします。


  

お問い合わせ:トーキョーカルチャート by ビームス TEL : 03-3470-3251

OSAMU SATO(佐藤理) presents LSD REVAMPED ~NEO PSYCHEDELIA~

OSAMU SATO(佐藤理) presents

LSD REVAMPED NEO PSYCHEDELIA

 

会期:201846日(金)〜 418日(水)

会場:トーキョー カルチャート by ビームス

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3階 TEL 03-3470-3251

営業時間:11:00 - 20:00  ※木曜定休 会期最終日は18:00までの営業

オープニングレセプション:4月6日(金)18:00 - 20:00

 

トーキョー カルチャート by ビームスでは、46日(金)~418日(水)の会期にてOSAMU SATO presents LSD REVAMPEDNEO PSYCHEDELIA~」を開催いたします。

会期中には佐藤理による作品の展示販売をはじめ、新譜CDの発売、ライブ演奏(ゲスト:ゴンドウトモヒコ)等が行われます。

 

2018年で発売20周年をむかえる「LSD」は、佐藤理プロデュースによりプレイステーションのゲームや音楽CD、夢日記を出版するなど、当時カルトな話題になりました。その後、インターネットの成熟とともに世界中にその人気が拡散、プレステをはじめ、CD、書籍等に数万円の高値がつき、アンオフィシャルにLSDゲームのクローンサイトや攻略動画をマニアが共有し、ブートレグのカセットテープや彼の作ったキャラクターがプリントされたアパレルまでが登場しました。そのような中、SNSを通じて佐藤理のもとにドイツのレーベル「SLEEPERS」「VINYL ON DEMAND」から立て続けに熱烈なオファーが届き、2017年、17年ぶりに音楽活動をリスタート、日本(CD)とヨーロッパ(アナログ)で「ALLTHINGS MUST BE EQUAL」「OBJECTLESS」2種のアルバムを発売し、11月におこなわれたRED BULL MUSIC FESTIVALDIGGIN’ THE CARTS」でのライブも大成功に終わりました。また、本業ともいうべきアート分野でも新宿B-GALLARYにて個展を開催、熱狂的なファンに歓迎され作品集も出版しました。

今回はLSD20周年を記念して音楽CDLSD & REMIXIES」のオリジナル盤を元に、新たに佐藤自身が再ミックスを行い、もう一枚のリミックス盤には従来のμ-ZiqJIMI TENORKEN ISHIIなどに加えオカモトレイジ(OKAMOTO’S)+ジョルジオギヴンなど、新しくゲストリミキサーによるトラックも加えた2枚組を会場にて先行発売する予定です。

その他にも、彼と親交のある伊藤桂司(アーチスト)、谷田一朗(映像作家)、いしいしんじ(小説家)、信國大志(仕立屋)、飯田和敏(ゲーム作家)など、さまざまなジャンルのアーチストとのコラボレーション作品の展示や、佐藤自身によるオリジナルデザインのTシャツなどグッズ販売やイベントを開催いたします。

  

【ライブイベント開催のお知らせ】

 

OSAMU SATO BIRTHDAY LIVEVJBAR(事前予約制)

出演:佐藤理 / ゴンドウトモヒコ(メタファイブ)  VJTEAM LSD

 

日時:2018年4月14日(土)会場:16:30 開演:17:00

会場:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)

料金:1,000(税込) 

定員:40 ※定員になり次第予約は締め切らせていただきます。

 

お申し込み方法:電話受付をしております

電話番号 03-3470-3251

予約受付時間 11:00 - 20:00  ※木曜定休 

イベント開催日の414日(土)1630分以降は、ライブイベント参加者以外のご入場は出来ませんので予めご了承下さい。

414日(土)の通常営業時間は11:00 – 15:00になります。

   

OSAMU SATO(佐藤理)プロフィール

1960年、京都生まれ、東京在住。父、祖父とも写真家。周囲の大人が芸術関係ばかりという環境で少年期をすごし、学生時代は、デザインと写真工学を二つの大学で学ぶ。2校の学籍及び浪人、米国遊学、留年により8年間の学生生活をおくる。その間に写真やデザインの制作の傍ら電子音楽に興味をもちはじめ、シンセサイザーとテープを使いさまざまな実験音楽、

環境音楽を制作、ライブなどで発表。また当時の音楽はNHKの番組BGMやテーマ曲に使用された。そのほか卒業制作の作品を、当時カリスマ的な人気があったEP-4佐藤薫氏のインディーズレーベルよりカセット+シルクスクリーンの作品をリリース。その活動が当時のサブカル誌、宝島などに紹介される。卒業後上京、広告制作会社に一年半在籍、退社後の平成元年に

(有)アウトサイドディレクターズカンパニーを設立、1991年最初の展覧会ではコンピュータグラフィックスで「アルファベチカル・オルガズム」を発表、多くの国内外のプレスから取材を受け、その後もコスタントに作品を発表。他、マルチメディアプロダクションとして、多くの作品にたずさわり、ソニーミュージックからPCゲーム作品「東脳」、米国ソニーからは米題「EASTERN MIND」としてデビュー。そのほか音楽CDEQUAL」などが日本、ヨーロッパのソニーからリリースされた。その後、現在もカルトクラシックとして名高いプレイステーションの「LSD/ドリーム・イミュレーター」をアスミックエースより発売。近年、一旦そのすべてをリセット、原点に戻り、作品制作を中心に活動を開始。

店休日のお知らせ


日頃よりトーキョー カルチャート by ビームスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。


原宿の店舗は下記の日程でリニューアル作業が入りますので店休日とさせていただきます。


1/22(月)〜1/25(木)


お取置きをお引取りのお客様は少々お時間をいただければ対応できますので、下のお店 ビームス 原宿 のスタッフにお声掛けください。

お客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいませ。


なお、1/26(金)からは先日の告知通り

「Monkey's BOOKS & GROOVES 2018」

がスタートします。どうぞご期待ください。


Monkey's Books & Grooves 2018


ガレージショップ×編集業×POPHOLIC!!?

今年も開催! 渡辺祐が主宰する編集プロダクション・ドゥ・ザ・モンキーのガレージショップ(的な)! ドゥ・ザ・モンキー関連書籍、放出書籍&放出グッズ多数販売。

さらに今回は、131日に命日を迎える川勝正幸さんの文筆(&編集)にスポットを当てる「POPHOLIC LIBRARY」を同時開催。川勝さんの文章に触れるチャンス到来。POPHOLICオリジナルグッズも多数登場。近田春夫さん、安齋肇さんを招いてのトークショウも。

ポップホリック&ファンキーモンキーなスペースでお待ちしております。

 

【トークイベントも決定!】

[その壱] 128日(日)15:00(〜17:00)「川勝談義」

     近田春夫 × 高木完 ×下井草秀

[その弐] 24日(日)17:00(〜19:00)「安齋さん、遅刻しないで(仮)」

     安齋肇 × 渡辺祐(DTM

 

会場:共にTOKYO CULTUART by BEAMS 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3階 

参加費:共に1,000円(税込)

 

予約受付中!:受付電話番号 03-3470-3251 トーキョー カルチャート by ビームスまで。

受付時間 11:00 〜 20:00 *木曜定休


会期:2018126日(金)~ 27日(水) *21日(木)定休日

場所:TOKYO CULTUART by BEAMS

   〒150-001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3階 03-3470-3251

営業時間:11:00 〜 20:00 木曜定休

*会期最終日は18:00の閉店となります。

トークショー開催日は一般営業の時間が変更になります。

Here is ZINE Tokyo 16 一般公募のお知らせ

Here is ZINE tokyo 16 一般公募受付中!!

 

今回で16回目を迎える“Here is ZINE Tokyo”。Enlightenment(エンライトメント)のキュレーションにより、毎回個性溢れるZINEが集まる人気イベントです。今回も一般公募枠を10枠設けました。あなたのセンスでここにしか無いZINEを作って、応募してください!

 

応募規定:

プロアマ問いません。手作りZINE1冊作って送ってください。入選者は、その後同じものを5冊以上作って頂き、Here is ZINE tokyo16にて展示販売させて頂きます。サイズ、ページ数は自由。販売価格は最高5,000円(税抜)までです。売れたZINEについては販売価格の60%を作家にお支払いいたします。

 

応募締切:

2018213日(火)必着 入選者には、電話かメールにてご連絡いたします。

 

応募料:

無料。応募するZINEと一緒に住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスを明記した紙を同封してください。 ※注意:応募されたZINEの返却はできません。

 

郵送先・問合先:

トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)Here is ZINE tokyo16 係宛

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F  TEL 03-3470-3251

 


Here is ZINE tokyo16 開催概要】

 

会期:201832日(金)~321日(水)

   木曜定休 最終日321日(水)は18時閉店となります。

会場:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)

   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F  TEL 03-3470-3251

レセプション:201832日(金)17:0020:00

皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

mas.×TOKYO CULTUART by BEAMS 6 PANEL ORDINARY CAP


mascotboy氏が手がけキャップ作りに定評のあるブランド<mas.>と一緒にキャップを作りました。


mas.×TOKYO CULTUART by BEAMS

6 PANEL ORDINARY CAP

12月15日(金)発売

カラー:OLD BLUE / KITSUNE IRO

サイズ:フリーサイズ

価格:¥7,560

販売店舗:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)、ビームス ジャパン 4F(新宿)

※後日オンラインショップでも販売予定








形は普通(ORDINARY)なキャップですがカラーリングにこだわってお互いに意見を出して被りたいものを、ということで試行錯誤の末出来ました。

完成したものを実際に見てお互いに「このキャップ、良い色だな〜」となりました。

どちらも珍しい色ではありますが、おそらく様々なスタイルに合わせられるようになったのではないかと。

同調のカラーで合わせるも良し、外しのワンポイントカラーに使うも良し、の形が普通(ORDINARY)であるからこその万能キャップです。

綿100%カツラギ生地を使用しているので柔らかく良い具合に頭にフィットします。


1年中被れるキャップです。

帽子好きな方への贈り物にも是非。

CULT SIGN by Hiroshi Iguchi (GREEN)


毎回入荷の度に人気を博すグラフィックデザイナー・井口弘史(Hiroshi Iguchi)によるCULT SIGN。

今回のカラーは再販リクエストの多かったGREENです。(とはいえ、微妙に色味は異なります。)


12月11日(月)発売

CULT SIGN by Hiroshi Iguchi

GREEN

価格:¥9,720

販売店舗:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)ビームス ジャパン 4F(新宿)

お取置きや、通販のお問い合わせはお気軽に。

気になる方はお早めに!

インザシティ vol.18 Camera Talks 2


インザシティ第十八集・秋の特別号「カメラ・トークス2」聞こえる写真

20171121日発売

 

ISBN 978-4-86113-895-9

C0095  ¥1000E

 

定価:本体1,000

洋書ペーパーバック・サイズのスペシャル・ワイド版

180mm X W128mm

※インザシティの通常号が横幅110mm のところを、128mm まで拡大、より横広の判型にて写真をフィーチャーします。

ページ数;168ページ(写真ページはフルカラーです)

発行:株式会社ビームス

発売:サンクチュアリ出版

 

こんどの「カメラ・トークス」は、「まるで音が聞こえてくるような」写真の特集です。

目は口ほどにものを言う」だったら写真も同じ、まさに写真で物語る文学を、カラー満載、レギュラー号よりも大きなサイズでお届けするのが、インザシティの写真特集号「カメラ・トークス」。昨冬にリリースされました同号は、お陰さまで大好評をいただきました。

今号「カメラ・トークス2」では、サブテーマを「聞こえる写真 〜Sound from Vision〜」としまして、そこから音楽が、街の雑踏の音が聞こえてくるかのような写真を集めます。そんな「カルチャーな写真」を大フィーチャーした、フルカラー写真集のようなスペシャル・イシューとなりました。

 

フィーチャー・フォトグラファー:

平間 至、赤木南平、ロジャー・ボング、菅 武志、いくしゅん、菊地 昇、南 阿沙美、片岡義男、ANI(スチャダラパー)

 

二大特集

平間 至:タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」キャンペーンでもお馴染み、「音楽を撮る」写真家筆頭の平間至さん、撮り下ろしを含めた巻頭ページにて登場です。撮影術(いや思想?)に迫るインタヴュー8ページも!

 

チェキ競作:富士フィルムの「チェキ」最新鋭機種 Instax SQUARE SQ10 を手に、南 阿沙美、片岡義男、ANI(スチャダラパー)の3人が競作!

 

写真を語る詩:

大人気の詩人・最果タヒによる書き下しの一編「フルカラー」

 

TOKYO CULTUART by BEAMS と PAC-MAN のコラボ!


TOKYO CULTUART by BEAMSより「PAC-MANコラボグッズ」が登場!

パックマンフォントによるBEAMSロゴや、キャラクターが入ったTシャツやラバーキーチェーンなど、

世界中のパックマンファンにおすすめするハッピーなアイテムばかりです。


発売は11月15日(水)から、下記店舗にてお取り扱いいたします。


BEAMS JAPAN 4階 トーキョー カルチャート by ビームス

東京都新宿区新宿3-32-6 03-5368-7300


トーキョー カルチャート by ビームス 原宿

東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス原宿 3階 03-3470-3251


BEAMS ONLINE SHOP http://www.beams.co.jp


ZOZO TOWN http://zozo.jp/shop/beams/


ヤン富田:A.S.L. リポート スペースプログラム開催


オーディオ・サイエンス・ラボ・プレゼンツ

ヤン富田:A.S.L. リポート スペースプログラム開催のご案内です


日時:2017年11月25日(土)、11月26日(日) 2 days 4 performance

開催時間:アフタヌーン  14時開場 ~ 16時

     イブニング   17時開場 ~ 19時


会場:トーキョー カルチャート by ビームス 

   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス原宿 3階


料金:一般 3,500円 / 学生・学割 2,500円(税込)

スペースプログラムのためのライヴ・エレクトロニック・ミュージック・カタログ付き。


※学生の方はご入場の際、学生証の呈示をお願いします。

各ステージ定員50名(電話予約先着順)


お申し込み方法:2017年11月6日(月)11時より電話にて予約受付を開始致します。

トーキョー カルチャート by ビームス  電話番号 03-3470-3251

予約受付時間 11:00~20:00  ※木曜定休 

予約受付時に整理番号をお伝え致します。

演奏会開催日の11月25日、11月26日の両日は、演奏会参加者以外のご入場は出来ません

ので予めご了承下さい。


TOKYO CULTUART by BEAMS ブログ  

A.S.L.リポート http://asl-report.blogspot.jp/



主催:オーディオ・サイエンス・ラボラトリー

協力:トーキョー カルチャート by ビームス、 WINDBELL

ヤン富田 グッズ新色発売


9月30日(土)、10月1日(日)に開催されるヤン富田「SPACE PROGRAM Cybernetic Frontiers」にて販売されるグッズのご紹介。


以前リリースされ好評につき、在庫をきらしていたA.S.L.スペースシップのロゴを冠したロングスリーブTとキャップを新色で製作しました。

当日会場にお越しの方は、こちらも是非チェックをお願いいたします。



ライブのご予約は引き続き承っております。

お問い合わせ、ご予約は下記までお願いいたします。

トーキョー カルチャート by ビームス

03-3470-3251

VOUGE FASHION'S NIGHT OUTで似顔絵イベント!


トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)は、9/9(土)に表参道、青山、原宿エリアで行われる世界最大規模のショッピングイベント「VOUGE FASHION'S NIGHT OUT」(以下FNO)に参加いたします。


当日は17:00〜22:00まで原宿地区のビームス各店で様々な催し物や、フリードリンクなどで盛り上げます。


トーキョー カルチャート by ビームスではアーティスト・牛木匡憲さん、イラストレーター・HONGAMAさんによる似顔絵イベントを開催します!


当日17:00から店頭で受付を開始します。

時間の都合により早めに受付を終了する場合がございますので、ご了承ください。


お楽しみに!


ヤン富田 A.S.L.リポート開催


オーディオ・サイエンス・ラボ・プレゼンツ

ヤン富田: A.S.L. リポート 開催のご案内です


日時:2017年9月30日(土)、10月1日(日) 2 days 4 performance

開催時間:アフタヌーン  14時開場 ~ 16時

     イブニング   17時開場 ~ 19時


会場:トーキョー カルチャート by ビームス 

   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス原宿 3階


料金:一般 3,500円 / 学生・学割 2,500円(税込) 


※学生の方はご入場の際、学生証の呈示をお願いします。

各ステージ定員50名(電話予約先着順)


お申し込み方法:2017年9月2日(土)11時より電話にて予約受付を開始致します。

トーキョー カルチャート by ビームス  電話番号 03-3470-3251

予約受付時間 11:00~20:00  ※木曜定休 

予約受付時に整理番号をお伝え致します。

演奏会開催日の9月30日、10月1日の両日は、演奏会参加者以外のご入場は出来ません

ので予めご了承下さい。


TOKYO CULTUART by BEAMS ブログ  http://www.beams.co.jp/blog_label/tokyocultuart/

A.S.L.リポート http://asl-report.blogspot.jp/



主催:オーディオ・サイエンス・ラボラトリー

協力:トーキョー カルチャート by ビームス、 WINDBELL

ファイブスタートイ社製 キン肉マン別注カラー

平成29(ニク)年ということで、スペシャルなコラボが実現しました。

トーキョー カルチャート by ビームス別注カラーのファイブスタートイ社製 キン肉マンシリーズです。

ビームス ジャパンをイメージした3超人をセレクトし、オレンジ成型にネイビーホワイトの塗装で統一させました。

単体でも存在感のある仕上がりになりましたが、是非3体並べて飾っていただきたいなと思っています。


受注生産での販売になりますので、8/3(水)〜8/21(月)の期間中にオンラインショップにてご注文をお願い致します。

実物はビームス ジャパン 4階にて展示しております。

お届けは12月中旬頃を予定しております。

少しお待たせしてしまい申し訳ございませんが、ご了承ください。平成29(ニク)年内にはお届けいたします。

YUGO.個展「GIRL」

イラストレーター YUGO. による新作個展。

YUGO.が最も敬愛するサンフランシスコのバンド・GIRLS(2007-2012)の歌詞の世界を軸に、憂鬱な若者たちのダーティーな日常を描きます。原画作品と合わせて、個展に合わせて製作したオリジナルグッズの販売もいたします。本展は大阪、東京、福岡の3都市で開催し、3会場ともそれぞれ展示作品が異なります。ぜひ各会場で空間をお楽しみください。


YUGO.個展

「GIRL」

会期:2017年7月28日(金)〜8月16日(水)

会場:トーキョー カルチャート by ビームス

営業時間11:00〜20:00

木曜日定休


オープニングパーティー

2017年7月28日(金)18:00〜20:00


YUGO.

イラストレーター、digmeoutアーティスト。

ロックバンド/ミュージシャンへのデザイン提供、アパレルブランドや音楽イベントのアートプロデュース、ファッション誌のイラスト等、音楽やファッションを中心とした様々なアートワークで活動を展開中。

http://yugo.link

A計画presents 「AEAMS FESTIVAL」

A計画presents
AEAMS FESTIVAL」開催決定!



この夏、バッファロー吾郎Aプロデュースのグッズを販売する「A計画」と「ビームス」が合体!その名も「エームス」!!
「エームス」オリジナルグッズや「A計画」の新作グッズの販売、レアグッズのフリマ、そして、週末は会場にてトークイベントも開催! ぜひ「エームス・フェスティバル」に足をお運びください!


会期:2017714日(金)726日(水)
会場:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)

150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス原宿 3階 03-3470-3251

営業時間:11:0020:00 ※木曜定休 

 

イベントへの参加予約受付中!

付電話番号 03-3470-3251 トーキョー カルチャート by ビームス  

予約受付時間 11:0020:00  ※木曜定休 

 

その1「バッファロー吾郎A vs ハリウッドザコシショウ トークイベント」

    日時:715日(土)15:30開場 16:0017:30 

    参加費:1,000円(税込)

    定員:50名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

その2「バッファロー吾郎A vs せきしろ 大喜利対決in原宿」

    日時:716日(日)15:30開場 16:0018:00 

    参加費:1,000円(税込)

    定員:50名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

その3「バッファロー吾郎A vs Bose(スチャダラパー)トークイベント」

    日時:722日(土)15:30開場 16:0018:00 

    参加費:1,000円(税込)

    定員:50名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

その4せきしろ新刊発売記念イベント「ビームスなのにわざわざ投稿について語る」

    日時:7月23日(日)13:30開場 14:0016:00 

    出演:せきしろ、石川慎治(イエスマン)、若泉(ファミ通町内会優勝者)、福田真之(作家)他

    参加費:1,000円(税込)

    定員:50名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

ご注意ください:イベント開催により、下記営業日は通常の営業時間が変更になります。

715日(土)11:0015:00 営業

716日(日)11:0015:00 18:0020:00 営業

722日(土)11:0015:00 18:0020:00 営業

723日(日)11:0013:00 16:0020:00 営業

 

Pardon Kimura and INARI presents REIZOKO SPEAKER Installation & LIVE


Pardon Kimura and INARI presents

REIZOKO SPEAKER Installation & LIVE

 

会期:623日(金)〜 628日(水)

会場:トーキョー カルチャート by ビームス

   150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3


Opening Party and LIVE  623日(金)18:00~20:00

  

   大量の冷蔵庫が未知のサウンドを奏でる!? —

 

パードン木村のトレードマークでもある、アルミのスーツケースに内蔵されたオリジナルシンセサイザーからの音源を、彼が制作する大量の冷蔵庫スピーカーに接続しライブ演奏を開催、今まで体験した事のない未知のサウンドをお届けします。

   

パードン木村/ Synthesizer, Electronics, Producer, Engineer

 1964年 東京生まれ

 1999年 ヤン富田 TSUNAMI SOUND CONSTRUCTION より『Locals』でデビュー

 20012作目『OCEAN SURFER  COOL DAD BUILDING SHOPSURFBOARDS

 2002年 リトル・テンポ  の土生<ティコ>剛と『Ticpa Stylee

      DJ QUIETSTORMとの共作『PARDON TROUBLE

 20043作目『SILLY WAKE

 2005KILLER BONGとの共作『KILLER PARDONG

 2012 G.E.P. Good Enough Pocket

 http://www.pardonkimura.com

  

INARI/アイナリ

 2015年より佐野雅彦が宇宙の循環と環境をテーマに古い家、お寺、お風呂屋さん等の銘木や廃材等を利用してスケートボードをつくる活動を開始する。同時に炭を使った空間環境改善や、廃材で作る家具や店舗つくりに力を入れ、その他にも古い着物の帯で作るサコッシュや冷蔵庫スピーカーの制作等、アップサイクルな企画など様々な方面へ活動の場を広げている。現在、新宿「BEAMS JAPAN4階にて、廃材を利用したスケートボート作品を展示販売中。

 777inari.com   Instagram/ inari888

  

REIZOKO SPEAKER

 スピーカーに使用されている冷蔵庫は、アントビー株式会社が取り扱う環境に配慮した“Peltismをベースに、2016INARI2017年にはパードン木村と共にアップサイクルする研究所を開設、冷蔵庫スピーカーの制作が始まる。その他、冷蔵庫を鉢としたコンポスト作り、オーガニック野菜を育てるプロジェクト等、使用済みの冷蔵庫を使用したアップサイクルな活動がスタートしている。

 Instagram / Peltism

  

Big-O Project

 Art work / VADA : Naomi Kazamaカザマナオミ

 1993年アメリカはサンディエゴに渡米、ストリートアートの先駆者OBEY(シェパード・フェアリー)との出会いからシルクスクリーンプリントを学ぶ。作家として、国内外のグループ展への参加や個展を中心に活動中。2012年からはライブスクリーンプリントを通じて、オーガニックコットンやアップサイクルの環境メッセージを伝えるプロジェクト「BIG-O project」を展開、日本を始め海外でも多く活動している。

 http://www.experimentalwaltz.net

  


インザシティ第十七集・春号 「彼女はサイエンス」

Vol. 17  Spring Issue  “She’s Science ”

インザシティ第十七集・春号 「彼女はサイエンス」

17年523日発売

 

ISBN978-4-86113-894-2

C0095   1000E

定価:本体1,000

 

洋書ペーパーバック・サイズ(H180mm X W110mm

ページ数:232ページ

発行:株式会社ビームス

発売:サンクチュアリ出版

 

リケジョだけじゃなく、文系なあなたも……「考えること」がとても大切な女性を大応援のイシューです!日本では、まだまだ、「女の子は勉強しないで『かわいくなる』ことだけ考えていればいい」なんて歌が発表されては炎上するようなこともあります。そんな風潮にびっくりしている人にこそ、読んでもらいたいイシューです。

  

「巻頭特集」インタヴューとアート:小林エリカ

小説『マダム・キュリーと朝食を』が芥川賞候補にもなった、小説家にしてマンガ家、アーティストでもあるカルチャー・スター、小林エリカさんをお迎えしました。

放射能をテーマとしたマンガ、イラスト、アート、インスタレーションをカラーでフィーチャー。そして、日本のシャーロキアン(シャーロック・ホームズ・ファン)の草分けでもあった父との関係まで語り尽くしたロング・インタヴューを掲載(聞き手:文芸評論家・仲俣暁生)。

探偵の粘り強さで歴史の闇に光を当て、科学と人類のかかわりに「文学と芸術」をもって挑む、いま最も旬なカルチャー・スターの実像に迫りました。

 

 詩と短篇小説:四篇、どれも書き下ろしです!

 

最果タヒ「瞳の奥の科学館」

最新詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』が映画化もされた、現代詩の改革者にしてトップランナー、大好評にお応えしての再登板!

 

片岡義男「それはいまでもブルースなのか/第1回:リズム・セクションの論理の道筋」

〜片岡義男の「新連載」企画始動。なんと本人いわく「私小説」! レコードの記憶と実体験から紡ぎ出す、「あのとき」の「僕」……鍵となるのはリー・モーガンのトランペットだ!

 

桜井鈴茂「絶対に人には言えないこと」

〜「普通の人」の人生に、生涯に一度だけ、あるいはときどき訪れる、本人以外にはわからない「奇跡のような瞬間」とは? カーヴァー、オースター直系の世界を一人称で。

 

川﨑大助「ひらめきウィークエンド」

〜ゆらめきインジエアー、ときめきオンザストリートコーナー、では「ひらめき」は……天才の脳内はこんなふうに動く(のかもしれない)。そして起こっていることはごく普通。筆者得意の日本語米文「無駄ハードボイルド」系、最新の到達点がこれだ!

 

ロングエッセイ:大原ケイ「彼女たちこそサイエンス!」

理系女性大応援エッセイ! 性差別的偏見に打ち勝っていく、まばゆい才能の女性科学者列伝、その最新状況をアメリカからお届けします。男女格差社会のブラインド・サイド(盲点)、女が理系に向かないなんて、いつの時代の話?と、大増18ページでお送りします。

 

好評連載:高木完「ロックとロールのあいだには、、、」

第九回:日本のパンク・ロックは最初からポストパンクだった

〜日本のニューウェーブの最初の最初、伝説のバンドBOLSIE、8 1/2の真実!〜

ゲスト:石田健司(BOLSIE)、久保田慎吾(8 1/2

日本ヒップホップ・シーン、カルチャー・シーンの風雲児・高木完が熱筆。「輸入文化としてのロックンロール」をストリート目線でひもとく、ロング・エッセイ第九回。名盤『東京ニュー・ウェイヴ‘79』にも参加した伝説のバンド、BOLSIEと8 1/2、その中心人物をキャッチアップ! 「いまだから話せる」秘話満載。年上の高円寺パンクスとの軋轢、ロンドンでスキンヘッズからの襲撃。マイルス、プログレとニューウェーブとの関係。そして伝説のパンク・ショップ、原宿〈SMASH〉まで……ここでしか読めない「音楽雑誌には絶対載らない」ストリート・カルチャーとしてのロック史満載! BOLSIEと8 1/2の超貴重ライヴ写真は、地引雄一さん撮影だ!

 

コラム新連載!・最果タヒ「カシカシカカシカ」

〜大人気詩人が連載エッセイでも登壇! ななんと「ポップ音楽の歌詞」がいかに言葉のアイデアに満ちているかを楽しく解説。つまり筆者の「詩作の秘密」にも繋がるところを毎回公開してくれる……これはファンならずとも超必見! 第一回の題材は「ブランキージェットシティ」の歌詞だ!

 

そのほか、連載エッセイ陣も絶好調!

片岡義男「ドーナツを聴く」、鈴木哲也「最後のモード」、青野賢一「転がるエロス」、川﨑大助「スタイルなのかカウンシル」

ヤン富田 A.S.L.リポート


(毛筆による一筆とC.G./Yann T.)

***************************************

オーディオ・サイエンス・ラボラトリー・プレゼンツ

ヤン富田:A.S.L. リポート 開催のご案内です。


日時:2017520日(土)、21日(日) 2 days 4 performance

開催時間:アフタヌーン  14時開場 16

     イブニング   17時開場 19


会場:トーキョー カルチャート by ビームス

   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 ビームス 原宿 3


料金:一般 3,500 / 学生・学割 2,500円(税込)マルティプル付き

学生の方はご入場の際、学生証の呈示をお願いします。

各ステージ定員50名(電話予約先着順)


プログラムはアフタヌーンとイブニングで一部プログラムが異なります。


お申し込み方法:電話にて予約受付を致します。

トーキョー カルチャート by ビームス  電話番号 03-3470-3251

予約受付時間 11:0020:00  ※木曜定休 

予約受付時に整理番号をお伝え致します。

演奏会開催日の520日、21日の両日は、演奏会参加者以外のご入場は出来ません

ので予めご了承下さい。


主催:オーディオ・サイエンス・ラボラトリー

協力:トーキョー カルチャート by ビームス、 WINDBELL



***************************************


お申し込み、お問い合わせは、下記URL

トーキョー カルチャート by ビームス・ブログにてご確認ください。

→ http://www.beams.co.jp/blog/tokyocultuart/8425/


***************************************

オーディオ・サイエンス・ラボラトリーについてはこちらをご覧下さい。

http://asl-report.blogspot.jp/2016/11/asl_16.html

***************************************