19 S/S スタッフスタイリング解説 vol.3

関 哲朗 2019.04.15

こんばんは、関です。

日中はアウター無しでも快適になってきましたね。

四季があるのが日本の情緒・・・は解っているんですが、心地良いに越したことはないですねぇ。

そんなこと言ってて、すぐ夏になっちゃうんですが。


さておき、以前お伝えしたように、事務所勤務から店に戻ってきましたショージのスタイリングです。


コンサバティブなコーディネートのお手本のような組み合わせ。


ビームスFと言えば・・・なチェック×ストライプ×ドット。


往年の名靴・クレバリーのフルブローグ。

当時からいるスタッフはもれなく持っていたとされる逸品。


商品だとこんな感じの提案になるでしょうか。


Brilla per il gusto

LORO PIANA BIG GLEN PLAID SUIT

品番:2417-0621-015

¥100,000+税

MARIA SANTANGELO

STRIPE SHIRT

品番:2111-2442-435

¥26,000+税

FERMO FOSSATI

DOT TIE

品番:2144-6640-380

¥12,000+税

ALBERT THURSTON

IRISH LINEN CHIEF

品番:2147-0426-173

¥3,800+税

ENZO BONAFE

SALIERI

品番:2132-0094-302

¥105,000+税


ブルーグラデーションの柄物コーディネートは、それぞれの大きさやピッチを変えて、バランスを取ってください。

これでタイがポルカドットだと、うるさくなります。


濃いめの組み合わせの時は、白麻でしょうね。やっぱり。


ラテンな雰囲気にしたい時は茶系の靴でも良いと思います。

黒だとグッと締まりますよね。

お好みでどうぞ。


最近このシリーズの投稿が少ないとご指摘いただきましたので、もうちょっと増やしていこうと思います。

どうぞお付き合いください。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。