LEMTOSH ”+”

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


今夜はこちらをご紹介させていただきます。



MOSCOT / LEMTOSH+(クリアレンズ)
カラー:ブラック,トラディショナルグレーフェード,ミリタリーブラウンフェード
サイズ:46,49
価格:¥46,200(税込)
商品番号:38-42-0804-490

MOSCOT / LEMTOSH+(サングラス)
カラー:ブラック,トラディショナルグレーフェード,ミリタリーブラウンフェード
サイズ:46,49
価格:¥49,500(税込)
商品番号:38-42-0886-490

※オンラインショップでは販売がございません。


4月19日(金)発売のこちら。

LEMTOSHの後ろについている ”+” にご注目です。



今回はBEAMS PLUSがラインナップするMOSCOTの中でも圧倒的な人気を誇る大定番モデルのLEMTOSHをベースにBEAMS PLUSが金型から別注いたしました。

厳密にいうとBEAMS PLUSが約5年前に初めて別注として世にリリースしたノーズパッド付きのモデルをベースにしており、現在はMOSCOTのインラインでもLEMTOSH MPとして展開しています。

今回リリースするLEMTOSH+に関しても、当時と同じく3色ともにクリアパッド×クリングスシルバーのノーズパッドを装着しています。

カシメ部分はインラインと同じくフラット仕様。凹凸がある方がビンテージムードがあるかもしれませんが、LEMTOSH+に関しては個人的に量産品なムードがある気がしてフラットな方が好きだったりします。



ではここからさっそくどこが変わったか見比べてみましょう。

モデルはBEAMS PLUSのオンラインサイト担当猪原です。


LEMTOSH+



過去のBEAMS PLUS 別注ノーズパッド付きLEMTOSH(LEMTOSH MP)



メガネだけで並べてみました。


画像上 LEMTOSH+

画像下 LEMTOSH MP(ノーズパッド)


まず大きな違いがブリッジです。鼻上にくる架け橋部分です。

LEMTOSHは通常24㎜ですが、22㎜へ変更しています。

そしてフロントリム(ふち部分)を太くしています。(約105%)

※サイズ49に関しては約110%太くなっています。



こうした経緯を簡単にお伝えすると。僕らのイメージするメガネ姿の理想像(往年のムービースターetc...)に近づけるには、まず顔の濃さが足りないなんて冗談交じりで話したりしていました。

ただこれはなかなかのポイントだと思いまして。クラシックさを強調するのであれば輪郭を強調させるために太くして、中央に少し寄せた方がそのイメージに近づけるのではないかと考え、ニューヨークのMOSCOTへ足を運び、プレゼンした結果、形にすることができました。


カラー展開は3色です。


ブラック



トラディショナルグレーフェード



ミリタリーブラウンフェード



ブラックはもちろんですが、濃い色からクリアにかけてのグラデーションが素敵な2色も欠かせないです。

カラーネームも本国にてMOSCOT 5代目のZack Moscotが多数あるカラーの中から出た名前のフレームカラーを採用しております。

レンズに関してはクリアレンズとサングラスの2種類ご用意。

サングラスに関してはこちらも定番と言ってよいでしょう。グリーンのガラスレンズ(G-15)カラーとなっております。

クラシックなサングラスのイメージと言えばこれかと。




サイズは2サイズでの展開となります。今までの別注では46のワンサイズ展開でしたが、今回は46と49をご用意しております。

MOSCOTでは46がアベレージ、49がワイドとなります。イメージはM,Lサイズの展開と思っていただけるとよろしいかと思います。


画像上 サイズ 46

画像下 サイズ 49


とは言え、かけてみないとイメージしにくいかと思いますので、何名かにスナップを依頼。

各々で選んだカラーとサイズになります。


ビームス プレスチームの當間(ミリタリーブラウンフェード 46)


カジュアルな装いにもはまりそうです。


ビームス 辻堂の若生(ミリタリーブラウンフェード 46)


ヘルシーなスタイリングにも馴染みます。


ビームス プラス 丸の内の河野(ミリタリーブラウンフェード 46)


普段はLEMTOSHの44をかけている河野。ブリッジ幅が詰まっている分、このサイズでも馴染むのではないかと。


BEAMS PLUS マーチャンダイザー 長谷部(トラディショナルグレーフェード 46)


日本人離れの濃い顔立ちに白髪交じりの雰囲気がマッチしています。


BEAMS PLUS バイヤー カリスマ柳井(ブラック 46)


遊びのあるアイテムにサングラスはスタンダード。


ビームス プラス 丸の内の鈴木(ブラック 49)


この企画の立役者でもあります。

これぞお手本のようなムードだと思います。



年齢性別問わず試してもらいましたが、色あせないベーシックな1本だと実感しています。MOSCOTからはタイムレスな1本ができたとうれしいコメントも。

今回の別注用に外箱とメガネ拭きもスペシャル仕様です。



是非とも店頭でお試しいただけるとうれしいです。


こちらの発売に合わせて2店舗でイベントも開催いたします。


開催店舗はビームス プラス 丸の内とビームス 神戸です。

イベントの詳細は明日の山田兄弟(弟)ブログもチェックしてみてください。


また、4月20日(土)限定でメガネのフィッティングサービスも行います。

この日は専門スタッフが在店し、ご購入いただいた方限定でメガネの調整を行っていただけます。

ビームス プラス 丸の内 11時~19時

ビームス 神戸 12時~19時

※不在の時間もございます。ご了承ください。


先週もチラッとお伝えしましたが、僕も4月19日(金)と20日(土)はビームス 神戸へお手伝いしにいきます。

関西圏の方と普段接することができないので楽しみです。


是非お時間合う方はお立ち寄りください。


今回のLEMTOSH+の誕生秘話はBEAMS PLUSが月に一度配信しているメールマガジン『BEAMS PLUS TIMES』にてチェックいただけます。

https://cdn.beams.co.jp/lp/beams_plus_times/202404/202404beams_plus_times.html


それでは、今週のワンショット。


先ほども登場してもらった若生と記念にツーショット。

僕がアルバイト時代にお世話になった頼れるお姉さんです。

BEAMS PLUSの洋服もハンサムに着こなす若生のスタイリングも注目してみてください。

https://www.beams.co.jp/staff/662/



では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

クラシックな見た目からは想像できない使いやすさ

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


今夜はこちらをご紹介させていただきます。



ARTS & CRAFTS / VINTAGE OX FISHING SHOULDER M
カラー:ベージュ、ブラック
価格:¥29,700(税込)
商品番号:38-61-0103-131

今シーズンより新作のショルダーバッグになります。


こちらはフライフィッシング用のタックルバッグをタウンユース仕様に落とし込んだショルダーバッグです。


フロントポケット×3、メイン開口部×1、背面ポケット×1


フロントポケット部分にはワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリーなどのデバイスを収納するのにぴったり。



マチ幅をしっかりと取っているので想像以上の収納力です。




メイン開口部には横向きなら500ミリのペットボトルやコンパクトな折り畳み傘が収納可能。

僕は今だと荷物が増えた時用にエコバッグを入れておきます。(A4サイズの書類は入りません。)

背面ポケットにはスマートフォンやお財布を入れると良さそうです。



生地の段階でウォッシュされたコットンオックスの生地にヘリンボーンの太いショルダーストラップが格好良いです。

また、パーツも一つ一つ重厚感が感じられ、思わずビンテージ!?と見間違う仕上がりです。既に”こなれ感”が漂います。



何よりも面白いのがメインの開口部。

実はバネ口金になっています。がま口をイメージしていただくと近しいのかもしれません。(個人的主観です。)

開いた状態をキープできるので、中身の出し入れもしやすく、開くごとに癖になる感覚です。(笑)



使いやすい理由はやはり、視認性の良さなのかなと思います。



底面には抜かりなく水抜きのハトメが打たれています。見えないところと思いますが、案外底部分も見えるのです。これがまた雰囲気良し。





ショルダーストラップ部分には丸カンが付いているので、キーリングを付けたり、バンダナや手ぬぐいを通せば実用的なアレンジになるかと。



使い込んで日焼けするのも更に雰囲気出て良さそうですね。

変進開花も期待出来ます。



いかがでしたか。


ビンテージライクなベージュか、当時はなかったであろうモダンなブラックか。

これはスタイリングを格上げしてくれるBAGだと思います。


クラシックな見た目からは想像できない使いやすさ。是非お試しください。



それでは今週のワンショット。



外苑前にオープンしたA.PRESSEへ。ビームス プラス 原宿から歩いて10分ほどです。

素敵な空間にゆったりと並べられた洋服。雰囲気はまたBEAMS PLUSとは異なりますが、格好良いお店が近くに出来たのは嬉しい限りです。

Instagramもチェックしてみてください。↓↓

https://www.instagram.com/a.presse_/


では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

USAの銘品です。




皆様こんばんは!!


3/20(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




今月が年度終わりになっている企業が

多い為なのか、テナントが移転したりで

エリア内が何となく慌ただしい感じです。

いつもランチタイムに回遊している

場所にもその流れが迫っている様で

4月からの変化に期待•不安半々です。





さて

今回はこちら。

アメリカの老舗バッグブランド。

Ghurka(グルカ)


質実剛健を絵に描いた様な武骨さを

湛えつつ、尚且つ優雅さも感じさせる

デザイン&ディテール。


ビームス プラスではブランドの代表作

No.5 Examiner(イグザミナー)を

別注しました。





GHURKA×BEAMS PLUS Examiner KVC
価格:¥253,000(税込)
商品番号:38-62-0012-379





このカラーリング、まさに代表的な

イメージの筈ですが、何と!通常には

ラインナップされていませんでした。

そこで、トラディショナル好きな

私達らしい配色を...という事で

今回実現させました。



youth4者4様


kosei




arimong




satoo



taro


スタンダードだけれども

実はかなりスペシャルな逸品。

是非おすすめします。







...そして今回は改めて

No.5のオーダーについて。


こちらは、表側のマテリアル、金具や

ストラップ等、細かくオーダー出来る

スペシャルな機会になっています。




コットンツイル各色




グルカ ヴィンテージレザー




ホーウィン クロムエクセル




ストラップ各種



少し変わったalternativeな配色が

気になられる方には、こちらの

オーダーもありかと。



ちなみに私は...ご想像通りかも

しれませんが、ブラック愛好家です。

となると...今回は別注モデルではなく

ひたすらブラックをオーダーするのみ。


オールレザーもかなり魅力的ですが

今回はコットンツイル×レザーで

考えております。 


裏地のチェックは抑えめカラーにして

そして金具類はシルバー系カラーです。

ちなみにMat Nickel(つや消しニッケル)と

呼びます。良いですね。


これで私らしいミニマムブラックな

イグザミナーが完成予定...楽しみです。

Examiner in black...ですね。



皆様も何かイメージをお持ちでしたら

是非ご来店ください。想像するだけでも

かなりお楽しみ頂けるはずです。

ファッションは想像(創造)です。


ビームス プラス 丸の内では

3/24(日)迄、絶賛開催中です。

そして

お待たせ致しております!!

ビームス 神戸

3/29(金)~4/1(月)







私の

最近の...recently

冒頭の続きですが、ランチタイムに

時折お邪魔していたお店が閉店に。

いつもあると思っていた場所が急に

無くなると判った時の戸惑い。


沖縄料理やちむんさん

3/24日で閉店予定。残念です。

たいした来店回数ではないにも関わらず

お店の方が覚えていてくださっていて

メランコリックになってしまいました。


ちなみに移転先をお探し中との事。

再会を楽しみにしております!!





私の

最近の...recentlyその②


先日、新宿エリアを回遊し

ジャケット用ボタン等を入手。

すっかり日は傾き、そうなると

アノ店に...JAMESONが私を誘う...


筈でしたが、店内はインバウンドの

皆様多めで満席でした。

商売繁盛何より。


また近々!!





私の

最近の...recentlyその③


神宮前の集い。


louise et hinaco

何かの広告写真っぽい決まり方!!

いつもありがとうございます。






さてさて
最近は春に向かってより活発に天候が

変動しています。春の陽気かと思ったら

翌日は一転!!北風がシビアな冬の天気に...

毎日のお洒落を楽しみつつ、天候と上手く

お付き合いを。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。




関西に風がやってくる?、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。



まだまだ寒いですね。。。

出社時には、冬物コートがまだまだ活躍。

寒さ対策に加えて春にかけての

花粉対策と、この時期は特に苦手としている季節。

皆様は、いかがですか?....


そんな苦手?としている季節到来の中、関西エリアにも、こんな追い風が吹いて来た。。。




そうそう、毎年恒例?最近では年2回開催。

INDIVIDUALIZED SHIRTS のシャツオーダー会。

カスタムメイドシャツをお作り頂ける、パーソナルな部分が垣間見る事が出来る我々BEAMS PLUSの定番イベント。

もう、10年以上?は確実に開催されており、BEAMS PLUS STAFFは持っていない人はいない?はたまた既成サイズスペックでは合わないSTAFFはこのタイミングで個人オーダーをしているのです。


僕も、以前にも伝えたかもしれませんが、年1回は必ずオーダーを続ける事が義務?いや必然?

そんなこんなでクローゼットはパンパンな状態。


KANSAIエリアではやはり、こちらの定番生地を

今一度PUSHしたい....

正直言って僕がおススメしたいだけ....笑



「ピンポイント オックスフォード」

今更ながら、やはり一番手にとって着用頻度が高い生地の一つ。様々なカラーリングをご用意していますが、結局サックスカラーばかりを自然とチョイスしている....そろそろ他の色に浮気?

しそうになる?かもしれませんが....

細い番手で密に織られた、微光沢も感じられるオックスフォードクロス。最初のうちは、袖を通した際にドレッシーなアイテムとのコーディネートはイメージ出来るのですが、着用と洗いを繰り返す事で生じる綿独特の表面に出る毛羽が立つ風合い、ザラザラとしたタッチ感が魅力的なんですよ....

ドレスとカジュアルの双方を網羅してくれる優秀ファブリック。様々なオックスフォード生地を用意していますが、程よい生地の厚みと品のあるドレープ感も楽しめる見え方が何よりオススメポイントです。

そして、なにより透け感も少ないのが実際着用していて良い点だと思っている。



我々、BEAMS PLUS 25周年用として本国から生地チョイスしたトピックスがコチラ↓↓

チェックパターンが多いのも特徴でしょうか?....






他にも、大量なスワッチとサンプルがあるのですが厳選いたしました。


・60sムード感じるチェックの色彩

・インドマドラス?風のまるでガーゼ?

そんな絶妙なチェック配色

・オックス組織のストライプ


をまずはチェックして欲しいですね。


上記の生地イメージで

・ユニバーシティボタンダウン

・前立てあり

・Vステッチのポケット

・BOXプリーツ

・ラウンドカフ


まずは、この仕様?内容?で検討頂くのは如何でしょうか?...


ビームス 神戸では、日付変わって

本日からスタート致します。

17日迄開催しますので、是非お気軽にご来店ください。


ビームス 神戸の....


BEAMS PLUS フロアに是非お越しを....

関西風?のだししょうゆのように....

沼にハマるかも?....


では、次は3/22()深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 兄(広志)ついに関西ラウンドで?....

  弟(正志)毎年2着づつオーダー

  

YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。




ンスタグラムも毎日更新スタート↑↑

こちらは、主に

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、気軽にフォローしてください。



どちらも良しなHATです。

時刻は深夜1時



こんばんは

佐久間です。


今夜はこちら。



BEAMS PLUS / MIL Rev Sun Hat Nylon Camo Print
カラー:ベージュ,オリーブ
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-41-0178-017

24年春夏シーズンの新規アイテム。

ベースはアメリカ軍のリバーシブルサンハットです。


被り心地はと言うと、定番で展開しているアーミーハットと比べると浅めの被り心地。

https://www.beams.co.jp/item/beamsplus/hat/38410042046/



なのでこちらはアーミーハットだと、「大きい…深い…」という方にはもしかするとマッチするかもしれません。

フィッティングのベースは、高さやつばの幅などを、アメリカ軍のデニムハットを参考にしました。


ディテールを見てみると柄が入った面はアノラックやパンツもご用意があるBEAMS PLUSのオリジナルファブリックを使用。

https://www.beams.co.jp/item/beamsplus/blouson/38180460791/

https://www.beams.co.jp/item/beamsplus/pants/38240249139/


表面はライトなナイロン素材に色彩豊かなプリントが施されたカモフラージュ面。

裏面はライトなナイロンリップストップを採用。2枚生地が重なっても軽快な被り心地です。

ベージュ



オリーブ



そこにミリタリーモチーフらしく、つばステッチの上から顔料プリントを施しています。

それにより1点1点ガタつきがあったり、プリントの乗り方に少しムラがあったりと、当時のムードをさりげなく感じられる仕上がりに。



プリントカラーも目立ちすぎないようにベージュカラーにはグレー、オリーブカラーにはブラックでプリントしています。



このリバーシブルサンハットの特徴的なディテールと言えば、スナップボタンでサイズを小さくできるところ。

こちらは当時のモデルを参考に、間隔を調整。大きくはできませんが小さくできるので女性はもちろん、お子様も被れるサイズになります。



早速店舗スタッフから質問を受けました。

「これってどっちが前でどっちが後ろですか?」


正解は「どの向きでもOKです。」


というのも前後差がないので、どこで被っても同じになります。

強いて言えば帽子のつば部分にステッチで接いでいるので、そこが耳上にくると良いかなと。


いかがでしょうか。


カモフラージュ面はもちろんですが、



無地面は汎用性もありますし、つば裏から覗くカモフラージュも良し。テープ部分は共通でカモフラージュになっているのでポイントにもなります。



ナイロン素材ですのでシーズンレスでも着用可能かと。ぜひお気軽にお試しください。



では今週のワンショット。



ビームス プラス 原宿で開催中のBATONER オーダーフェア。

サンプルサイズ 2のネイビーを試着。自分はサイズ 3が良いかななんて思いながら、色とジップを吟味してる毎日。

会期ギリギリまで悩んで決めようと思います!

イベント詳細はカリスマ柳井のブログをチェックです。

https://www.beams.co.jp/blog/beamsplus/145347/


では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

春の気分は足元から

時刻は深夜1時



こんばんは

佐久間です。


都内では急に暖かくなったり、寒くなったりとあまり経験したことのない気候に戸惑っています。

ただ、気分は徐々に春モードへ。

そこでまずは足元から春気分へ移行してはいかがでしょうか。


今からすぐに取り入れられるソックスを2型ご紹介いたします。

まずはこちら。



BEAMS PLUS / 2 Tone Stripe Socks
カラー:ベージュ、オレンジ、グリーン、ネイビー
価格:¥2,200(税込)
商品番号:38-43-0042-479

シンプルな2トーンのボーダーソックス。

こちらは履き口のみをリブにすることで、ピンと伸ばして着用しても良し。または少し下ろしてクシャッとさせても良しなソックスです。



イメージはショーツ合わせで着用するとマリンムードを高められるかと。

とは言え、履き口は2重のリブになっているのでホールド感は強めです。



白い部分を綿カスの残ったナチュラルカラーに。

また、消耗しやすい足先とかかと部分はコーデュラナイロンを使用することで耐久性も備わったソックスに仕上げました。



僕は昨年の春夏からヘビロテ中。


オレンジは今年に入って購入。


比べると洗濯しているので漂白されて白くなっているのがわかりますね。

雰囲気も変わってなんだか得した気分です。



オレンジはブラウンとの相性も良いですね。

挿し色として、ソックス選びが楽しくなりそうです。



続いて今シーズン初登場のこちら。



BEAMS PLUS / Pinstripe Rib Socks
カラー:イエロー、ブルー、レッド、ブラック
価格:¥2,750(税込)
商品番号:38-43-0045-479

先程とは打って変わって鮮やかなカラーリングが目を惹くソックスです。



無地にも見えるピンストライプ(マイクロボーダー)を採用。

カラーに関してはビンテージのヨットパーカーから着想を得ています。

スタイリングのアクセントになる3色+モダンなブラックの4色展開。



比較的ローゲージで編み立てられたこちらは、通気性があり、ゆるめな履き心地。

このぐらいざっくりと編まれている場合、足先に縫い目のゴロつきが気になるので、そこに対応すべくハンドリンキングを採用しています。

これによりつま先部分の縫い合わせも気になることがなく、カジュアルながらどこか品のある面持ちに仕上がったと思います。





履き口から4センチほどは裏側にゴム糸を使用しているので、特に伸縮性があります。

これはリブもキツくありません。

先程のソックスもですが、BEAMS PLUSのソックスバリエーションでは、長過ぎず短過ぎずな長さなんです。

女性や男性も通年問わずショートソックスを履く人も多いので。

サイズはフリーサイズ(25〜27センチ)ほどです。

どちらもそこまで大きくないので25センチの女性スタッフも愛用してもらってます。






いかがでしたか。

ふと靴を脱いだ時にも気分の上がるソックス。ちょっとした贈り物にもおすすめです。



では今週のワンショット。

息子の2歳のバースデー。

ですが、あいにく家族で体調不良でダウン。。。

自宅でこじんまりとお祝いしました。

元気になったら連れ回したいと思います。


では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

旅先も日常もオススメなBAGご紹介いたします。

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


ブログは2週間ぶりです。

代打してもらった河野大臣ありがとうございました。

https://www.beams.co.jp/blog_label/beamsplus/?staff=2127


この2週間はと言うと出張の日々。僕は初のヨーロッパ出張。特にパリはスリに気を付けろなんて先輩から聞かされていたので、念入りな準備をしていきました。

今夜は特に便利だった出張時のバッグについて感じたことをつらつらと書いていきます。

みなさまのご旅行や出張の参考になれば幸いです。


まずは出発時の荷物。

手前からBRIEFING別注のハードキャリー、左がSTANDARD SUPPLY別注のLarge Daypack、右がL.L.Bean別注のデラックストートXLサイズです。



あいにくBRIEFINGのキャリーケースは既に完売してしまっていますので、まずはSTANDARD SUPPLY別注のLarge Daypackから。

悪天候に強く、ミニマムなデザインのバックパックは日常使いだけでなく、旅先でも大活躍。

思ったのは旅先に合わせたバッグも大切ですが、長い滞在期間があるのであればやはり使い慣れているのが1番。

容量はたくさん買い物もすると少し物足りないので、パッカブルのバッグも忍ばせてました。

(自分の所有しているものは旧カラーになります。)

過去に書いたブログです。是非こちらをご参照ください。

https://www.beams.co.jp/blog/beamsplus/106411/



STANDARD SUPPLY × BEAMS PLUS / 別注 Large Day Pack
カラー:グレー、ブラック、グリーン、ネイビー
価格:¥28,600(税込)
商品番号:38-61-0060-131




続きましてL.L.Bean別注のデラックストートXLサイズ


モデルはビームス プラス 原宿の神本です。


蓋がないトートバッグは急に荷物が増えても安心。

なかでも一番良いと感じたのは、飛行機や電車内でアウターを脱いだ時にパッと収納が出来るところ。

これで屋内でも快適に過ごせます。



これは先輩バイヤーの背中を見て盗みました(笑)

ハンドルの長さにもよりますが、キャリーケースに乗せることも出来ますし荷物が増えればキャリーケースにインしても良し。

雑に扱える大きな容量のトートバッグは自分の中でレギュラー入り決定です。


@宿泊先のホテルにて


L.L.Bean × BEAMS PLUS & BEAMS BOY / 別注 Deep Bottom Deluxe Boat and Tote XL
カラー:ネイビー/レッド、ネイビー/グリーン
価格:¥18,150(税込)
商品番号:38-61-0077-593





そして自撮りの連打、失礼します。






常日頃付けていたのがこちらのBEAMS PLUS 2ジップウエストパックです。

(自分の所有しているものは旧カラーになります。)



モデルはビームス プラス 原宿の清野です。同素材のフライトデイパックとの2個持ちがナイスです。

メインポケットに長財布、サングラスetc...

サブポケットにタブレットや鍵を収納していました。







僕の場合は財布、スマホ、パスポート、モバイルバッテリーetc...

メインポケットには、500mlのペットボトルもメインポケットに収納可能です。

サブポケットにモバイルWi-Fi、リップクリーム、ハンドクリームを収納。マチがないので平べったいものを収納するのに適しています。

アウターの内側に忍ばせておけば本当に安心。

画像のように開閉するときは、上下でジップの方向を逆にするのがおすすめでしょうか。



クラシックな表情とは裏腹に思ったよりも重くないです。

ベルト部分も太く、レザーのパッチホールド力もありますし、何より付けていて安心感しかありませんでした。

僕の場合はフライトも含めて移動中も基本的には付けっぱなし。

旅先だけでなく、アウトドアムードを加えたいときに是非こちらをおすすめいたします。



BEAMS PLUS / 2ジップ ウエストパック
カラー:ブラック、オレンジ、グリーン
価格:¥8,800(税込)
商品番号:38-61-0063-886




帰国時時には100Lサイズのダッフルバッグを急遽購入し、ご覧のような荷物になりました。(笑)

もちろん2ジップウエストパックのおかげで何の心配もなく帰国です!




いかがでしたか。

これを機に色ち買いも視野に入れようと思います。

それでは今週のワンショット。



スコットランドに宿泊した際に敷いてあったランチョンマットです。

よく見ると”The Hawick Tartan”という文字が。

調べてみるとその会社のタータンチェックでした。他にもお店のウィンドウディスプレイや敷物もタータンチェック。

改めて歴史の深さを感じた瞬間でした。



では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

お出かけのお供に。




皆様こんばんは。

12/27(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




前回のこちらのブログにて

ライブ演奏を聴きに出かけた話を

少々させて頂きました。

あれから数週間...地響き&高速かつ

高密度なライブの余韻が徐々に薄れ...

そうなると贅沢なもので、今度は

真逆のサウンドを求める自分が...

次の一手は?!





さて今回は

紳士の必須アイテムかもしれない?こちら。


SANFRANCISCO HAT

(サンフランシスコ ハット)からの。



SANFRANCISCO HAT × BEAMS PLUS / 別注 Soft Felt Fedora with Earflaps
カラー:ブラック、ブラウン
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-41-0197-896



メイドインUSAの帽子を作り続けている

同社。毎シーズン、ビームス プラス用の

モデルを用意してくれています。



今回のモデルは所謂フェルトハットと

呼ばれている物で、一見クラシックな

印象です。スーツやジャケットを着た

スタイルと合わせるとより一層そんな

印象が強まるかもしれません。


ですが..

実はそんな堅いアイテムではなくて 

フリーな感じでお楽しみ頂きたい...と

個人的には思っております。

クラシックな物を是非カジュアルに。


気軽にトライして頂けるポイントが

幾つかかありますのでお付き合い下さい。



さて

このモデルよくよく見ると...

実は米国式な技が効いています。

英国の香りを感じさせつつ、

大胆な再解釈が。



まずは生地。

フェルトハットは本来ならば滑らかな

ラビットファーづかいが一般的です。

ですが、こちらはウール。触れてみると

少しザラっとして武骨な感じです。



そして仕様。

ブリム(鍔)部分の端が切りっ放しです。


前回のメルトンの話と似ていますが

フェルトも縮絨素材なのでほつれません。

ブリム端の折り返しが無くなった事で

良い意味で力が抜けた印象に。


お馴染みのリボンは巻かれていません。

引き算されています。


リボン付きですとこの様な感じ↓



ちなみに

私物でリボンを敢えて外した物があり

リボンが無くなった途端にニュートラルな

見え方に変わった様な気がしました。

こうなると私にとっては黒いニット帽と

ほとんど同じ感覚です。(→個人的主観)



裏側にもポイントが...

裏地が一切ありません。 




クラシック仕様ですと、整髪料が

フェルト部分に付着しない様に

裏地が付いています。


(裏地付き仕様のハット達)


もう一つこのブランドらしい

モダンな意匠が。

それがこの“折り返し”です。





これは外側に伸ばすとイヤーマフ的に

耳部分(+後頭部)を冷気から守って

くれるディテールです。

イヤーフラップと呼びます。


元々はアウトドア用ハットに

まつわるディテールなのですが

街用のクラシカルなフェルトハットに

ドッキングさせる大胆なアイデアに

感心させられました。

何だかとても愉快な感じです。

英国の老舗には出来ない発想かも

しれません。



米国式フェルトハット。

スーツやジャケットスタイル以外にも

色々とお楽しみ頂けます。



これまでずっと敬遠されていた方にも

是非おすすめします。

ご検討ください。




私の

最近の...recently


冒頭からの続きです。

私は自分自身の“指針”(→大袈裟)に基づいて

比較的幅広いカテゴリーの音楽を愛好して

います。その為、毎朝何を着るか?よりも

何を聴くか?に時間がかかっています。

さてUKバーミンガムの轟音の次は?

こちら。



CONRAD SCHNITZLER

“CON”



ドイツ ベルリンの電子音楽家。

ヨーゼフ ボイスとも親交があり

美術家の顔も持つアーティスト。

生涯で夥しい量のリリースがあり

フォローするのがとにかく大変です。



今作は抽象的な電子音が静謐な

空間の中を漂う様な作風。

かなり心地良いです。





さて、いよいよ2023年もゴールが

近づいて参りました。

私のブログも今回が本年最後になります。

一年間お付き合い頂き、誠にありがとう

ございました。


では、また来年お会いしましょう!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。





Holiday Gift Vol.2

時刻は深夜1時



こんばんは

佐久間です。


今夜はクリスマス直前ということで、Gift特集第2弾。

1年頑張ったご褒美に自分が今欲しいモノ、購入したモノ含めまして5選をご紹介させていただきます。



まずは靴下より2品をセレクトしました。



BEAMS PLUS / ジャカード ストライプ ソックス
カラー:グレー、チャコールグレー、ベージュ、ダークブラウン
価格:¥2,200(税込)
商品番号:38-43-0041-479

23年秋冬新作のソックスよりオススメを。

しっかりハリがあり、ドレッシーな雰囲気はありながら、程良く厚みがあるので、レザーシューズにとどまらず、スニーカーにも是非合わせていただきたいソックスです。



こちらの特徴はボーダーの柄の上に立体的なカットジャカートによる柄が入ること。それによりカラーリングも含めてクラシックなムードを強調します。

僕個人的にかなり気に入っていまして、気付けば全色愛用しています。



ジャケットをよく着用する方や、ファッションがお好きな方へのギフトにいかがでしょうか。



続いてはこちら



FOX RIVER / BOOT & FIELD WICK DRY OUTLANDER HEAVYWEIGHT MID-CALF BOOT
カラー:ブラック、レッド
サイズ:M、L
価格:¥3,850(税込)
商品番号:38-43-0044-394

アメリカ老舗のソックスメーカーより、タウンユースでも着用可能なパイルソックスのオススメを。

名前の通りのブーツに合わせる際に温かさとパイルのクッションが心地よい本格仕様のソックスです。

着用すると0.5㎝~1㎝ほどは足が大きくなると思ってください。

足裏からひざ下まで厚手のパイル仕様になっており、保温性も高い為、外にいる時間が長い方にはかなりうれしいアイテムだと思います。



そして個人的にオススメなのは、ルームソックスとしての着用。

アウトドアムードあるビジュアルとリブもリラックスしたテンションになっているので末端冷え性の自分は冬のルームソックスが欠かせません。

締め付け感がなく、やさしい履き心地です。



ルームソックスは男性だと特にご自身で買わないアイテムだと思います。

サイズ展開もございます。普段スニーカーで28㎝を着用し、Lサイズを着用していますが、若干ゆとりがあります。タウンユースに使用するならMサイズ。ルームソックスならLサイズが良さそうです。



アウトドアスタイルがお好きな方、アメリカ製が好きな方。はたまたルームソックス提案としてのギフトにいかがでしょうか。



続いては1点モノのパッチワークが特徴のこちらから2品を選出しました。



HANNNA HATS / IRISH AUTHENTIC HAT
カラー:アソート
サイズ:M、L
価格:¥16,280(税込)
商品番号:38-41-0182-088


HANNNA HATS / REVERSIBLE SCARF
カラー:アソート
価格:¥21,780(税込)
商品番号:38-45-0080-088

こちらの2品はオンラインショップでの展開がございません。

展開している店舗は、ビームス プラス 原宿、ビームス プラス 丸の内、ビームス 辻堂、ビームス 神戸です。

お近くの店舗へお電話いただき、上記のお問い合わせ番号をお伝えいただければお取り寄せも可能です。(柄を選ぶことは出来ませんのでご了承ください。)また、展開店舗からの代引き通販は可能ですので、こちらも是非ご活用ください。

BEAMS PLUSでは久しぶり?の登場です。

最大の魅力は、

 ”すべて1点モノのパッチワーク” 

だから。

歴史を遡ると、1924年にHANNNA HATSをスタート。最初にアイルランド国内のツイード生地を織る会社に声をかけて余剰な在庫や残り生地の回収を行いました。

それが1世紀を過ぎた今でも続いているということ。ロマンも感じますし、ものづくりの視点として非常に現代的であると思います。

とは言え、入荷するまで疑心暗鬼でした(笑)



実際に見るとこの通り、1点1点が異なるパターンになっていて一安心。

 IRISH AUTHENTIC HATは8パネルのキャスケット。

サイズはMサイズが58~59㎝、Lサイズが60~61㎝となっています。

高級感のあるネームや裏地が新鮮な印象。



被ってみると、どうでしょうか。

ビームス プラス 原宿の佐藤も似合ってます。いいアクセントになりますね。





そしてリバーシブルのスカーフです。

こちらはBEAMS PLUSの別注仕様。ツイードのパッチワークもより分かりやすいです。

もともとは畝の太いブラウンコーデュロイでしたが巻き心地が気になり、BEAMS PLUSのリクエストでツイードの裏面を畝の細いネイビーコーデュロイに変更しました。



ツイードとの相性抜群なコーデュロイに、裏面をネイビーにすることで老若男女問わずご使用いただきやすくなったと感じています。

幅約16㎝×長さ約178㎝。細幅ですので、巻くも、垂らすも、結ぶもありです。



私物は洗濯機で柔軟剤を入れて洗ってしまっています。(洗濯表記は×ですので推奨はしません。)

シワが入り、ツイード部分がバサッとすることで、やれた雰囲気に。





防寒性はそこまでありませんが、ご自身用でもギフトでも。1点モノがお好きな方へのギフトにいかがでしょうか。




ラストは僕の中では定番ギフトだと思っているお財布よりオススメを。



ARTS & CRAFTS / ELBAMATT NEW TRIFOLD WALLET
カラー:ブラック、ブラウン
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-64-0077-131

3つ折りタイプのコンパクトなお財布。



キャッシュレス、カードレスになりつつある自分は年末年始にかけて財布を変えることが多いです。

そこで候補になっているのがこちら。

厚みのあるカウレザーですが、こちらは変進開花(経年変化)が楽しみやすいベジタブルタンニン鞣し。

武骨な雰囲気はありながらも、綺麗で丁寧かつポイントになるステッチカラー。



細部まで綺麗な仕上がりは日本の職人技を身近に感じることが出来ると思います。

カード収納は3つあり、2枚までは入りそうです。(伸びるのでそれ以上収納も出来そうですが。)

お札入れ部分も長さが十分にあるので、1万円札もらくらく収納出来ます。



外側の小銭入れ部分にもカード収納出来ましたので、自分が使いやすいようにアレンジも出来そう。



また隠れた部分にボールチェーンが付くユニークな仕様も。



鍵を付けるのも良いですが、久しぶりにウォレットチェーンなんか付けても良いかなと思ったり。



スーツではなく、カジュアルスタイルなお財布をお探しの方へのギフトにいかがでしょうか。



いかがでしたか。

では今週のワンショット。



とあるショップのイベントに家族でお邪魔しました。

少し早いですが、息子が楽しそうにくじ引きのギフトボックスを開ける様子。

素敵な企画でした。もっと僕も家族総出で楽しめるイベントも試みたいと思います。


早いもので、2023年もラストのAll Night BEAMS PLUS ブログでした。

気付けばビームス プラス 原宿に在籍していた頃も含めて3年以上も継続してUPが出来ているのは、普段からチェックしていただいている皆様のおかげです。

こちらはブログのUPがメインになっていますが、スタイリングはInstagramにもUPしていますので、よろしければプロフィール画像のリンクから見ていただけますと幸いです。

では今年もありがとうございました。

2024年も引き続きよろしくお願いいたします。


では、今夜もありがとうございました。









『2024年もBEAMS PLUSは眠らない』









明日もお楽しみに!









佐久間でした!

Holiday Gift Vol.1

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


今夜はBEAMS PLUSがピックアップしているブランド冬小物のご紹介です。

まずはマフラーから。



INVERALLAN / Pineapple Stitch Scarf
カラー:アイボリー、オリーブブラウン、ブルー
価格:¥12,100(税込)
商品番号:38-45-0067-263

INVERALLANと聞くとハンドニットのイメージが強いと思いますが、現在ハンドニットはインドに移管。ですが、スコットランドでは機械編みが継続して生産されています。手法もさまざま。

こちらは凹凸感と巻いた時のボリュームが特徴のマフラー。

パイナップルステッチなんて洒落た名前の編み柄です。



素材はウール×コットンです。コットンの柔らかな着け心地にウールのバルキー感が好きで、この素材をリクエストしています。

カラーは編み物のイメージも強いスタンダードなアイボリー(真っ白ではないですよ)。モノトーンのスタイルに挿し色として映えそうな発色の良いブルー。汚れも気にならず、比較的合わせる洋服も選ばないオリーブブラウンの3色展開です。

幅 約20㎝ × 長さ 約185㎝

個人的には比較的しっかり長さがあるマフラーだと思います。



カリスマ柳井によりカリス巻きはこちらを是非ご参考に。





そして少し玄人向け?なこちら。



INVERALLAN / Jacquard Scarf
カラー:レッドベース、オリーブベース
価格:¥17,160(税込)
商品番号:38-45-0068-263

おそらくBEAMS PLUSでは初登場のジャカードスカーフ。

過去に作成しているサンプルのニットを見るとフェアアイルニットも多く生産しており、その中から実際に柄をセレクトし、別注しました。

個人的に気に入っているポイントが、冬のイメージが強いフェアアイルを柔らかなメリノウールを使用して薄手に仕上げたところです。



これはウールが苦手な僕も快適に着用出来ます。表裏どちらも柄の出方がきれいですので、表裏の向きも気にせずに巻けます。

カラーはホリデーシーズンらしいレッドベースと落ち着いた印象のオリーブベースの2色展開です。





ボリュームがないのでアウターのポケットに入れた際の収まりも良い。





幅 約20㎝ × 長さ 約170㎝

収納時のことも考えて若干短めの長さにしました。

これなら車内でもそこまで暑くないですし、邪魔にもなりません。さきほどのマフラーに比べると防寒性は劣りますが、巻き心地と利便性が高いのでちょっと気の利いたギフトにいかがでしょうか。





続いて手袋より見た目は昨年から大きな違いはないものの、アップデートした2型をご紹介。



ELMER BY SWANY × BEAMS PLUS / 別注 POLARTEC WIND PRO(R) Finger Glove
カラー:オートミール、チャコールグレー、ネイビー
価格:¥9,680(税込)
商品番号:38-46-0014-027

こちらはフリースグローブを高い機能性と着け心地をコンセプトに考えたグローブです。

フリース×カラーパイピングのクラシックなアウトドアムードと裏腹に、立体性を持たせて現代的なフィット感が特徴。



ボリュームはありますが、手を入れると案外フィット感が強いと思います。(昨年のフリースグローブよりもタイトにしています。)

そして親指と人差し指部分はタッチパネル対応のビーガンレザーを採用。



フィット感が向上したことで、グローブ外さなくても電話を取る事は容易く出来ました。



素材のPOLARTEC WIND PRO(R)は柔らかな着け心地を維持したまま高い防風性があります。裏地は防臭機能のあるチャコールグレーのポリエステル素材です。





続いてこちら。



ELMER BY SWANY × BEAMS PLUS / 別注 Puff Mittens
カラー:グレー、コヨーテ、ゴールド、パープル
価格:¥10,450(税込)
商品番号:38-46-0017-027

アウトドアムード全開のパフミトン。

今年は4色展開と豊富なカラーリング。

手のひら部分がまるっと開いているグローブです。(親指も抜けます。)

「おいおい冗談じゃない」と言われそう(言われました)ですが、タウンユースで使用する分には、自転車で使用しても特に寒くもなく、指も抜きやすいので便利でした。



昨年からのアップデートとして、表生地は撥水加工を施したナイロン素材のフェザーリップを採用。軽量かつ柔らかさが特徴です。中綿のダウンの膨らみも程良く相性が良かったと感じています。生地に光沢感もあるのでグレーとパープルはモダンなスタイルにもはまりそうです。



また、今年はよりアウトドアムードを感じるように左右がセット出来るバックルも付けました。そして自分が昨年使用していて感じたのが、手のひらよりも手首の方が寒かったということ。なので今年は手首を守ってくれるリブを付けました。



細リブの仕様はフィット感を高めたかったのと、このように隠すこともできます。



ビジュアルはリブ無しの方が好みだったので隠せると良いのではないかと考えて収納できる仕様にアレンジしてみました。

実際は折り返すだけですが、もともとゆとりのあるフィッティングだったので個人的には着用感もそこまで変わらないと感じます。

今年は実際に使っているスタッフも多く見かけて嬉しい限りです。





いかがでしたか。

ご自身用でも贈り物としても。


では今週のワンショット。

カリスマ柳井のオーダー。チキンオーバーライス XL SIZE @BOOKS BUNNY(原宿)



もちろん完食。店員さんも「本当に全部食べたんですね」と驚いてました(笑)


原宿近郊に来た際は是非チャレンジしてみては?


では、今夜もありがとうございました。









『BEAMS PLUSは眠らない』









明日もお楽しみに!









佐久間でした!

靴と一緒に備えるものとは、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。


先日は、とある場所にお邪魔して久しぶりに再会できたお客様やスタッフへも....

また、近いうちにお邪魔するかも?....


では、早速ですが、本日はこちらをご紹介。



BEAMS PLUSではお馴染みのレザー小物やBAGと言えば?ARTS&CRAFTS。既にご存じかもしれませんが、ハンドクラフト感を長い年月をかけて使い込んで楽しめる最早伝統工芸品?のようなアイテムラインナップを制作して頂いているJAPANブランドになります。


そんな中、僕が今おススメしたいアイテムはコチラとなります。


ARTS&CRAFTS / ELBAMATT SHOE HORN KEY CASE

カラー:BLACK、BROWN

サイズ:FREE

価格:¥9,350-(税込)

商品番号:38-64-0008-131


おや?なんだこれは?

そう、靴べらです。

靴を守る為、長く愛用する為、外見的な踵周りの見栄え。以上の3点が重要ポイントである事はマチガイナイ....

かかと部分の型崩れをカバーし、靴の劣化を抑える、概ね踵周りは歩行時にホールドしやすいように芯材が入っていると思うのですが、靴べらを使用せずにそのまま足入れしていると、芯材への負担と靴裏側の裏地部分が擦れていくのです....歪んでいたりすると足にフィットしにくい現象が起こったり、何より普段歩行する際の影響、最終靴の寿命に繋がったりと。。。



貧乏性の私は、常にすぐ取り出せるような場所に忍ばせています。笑

万が一、女性が靴を履く際にサラッと渡す事が出来れば、紳士的では無いでしょうか?....

それは冗談として。



ディテール詳細は?

非常に持ち運びしやすいコンパクトサイズ。

真鍮製の靴ベラに、3連のキーホルダーが取り付けられています。


使用されているレザーをあらためて調べてみると....

ヴァケッタレザーを採用。イタリアのトスカーナ地方に伝わるトラディショナルな皮革製造法で作り続けられている革のようです。使いこむ程に味わい深く変身開花してくれる魅力的な楽しみ?があるのでは?と思っています。


ステッチ箇所は、コットンだと思い込んでおりましたがコットンライクな合繊仕様。さらには細かなハンドステッチのような見え方が、魅力的です。


続いては、こちら。


ARTS&CRAFTS / CORDOVAN SHOEHORN

カラー:BLACK、WHISKY、BROWN

サイズ:FREE

価格:¥12,100-(税込)

商品番号:38-65-0012-131




こちらは、キーホルダーは付属しない

「シューホーン」としての取り扱い。

サイズ感は、先ほどご紹介したモデルと差はないかと....折りたたみ式スタイルは非常に便利である。




そのシューホーンを覆っているコチラの素材に注目。



「ALPS CORDOVAN」と呼ばれる東ヨーロッパの大型農耕馬の臀部。そちらをコードバン層を日本の歴史あるタンナーが鞣しているようです。

その後、革表面に薄い皮膜が塗装されているようなので比較的水分にも強くなっているテキスタイルに変貌している部分がポイントでしょうか?....


そして、使いこんでいったら....

言わずもがなですね。。。



常に靴のお供に。。。

たまには、スポーツコートの胸ポケットにでも

忍ばせておこう....


では、次は12/29()深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 兄(広志)は、意外にも所有。

       弟(正志)は、常備している。

  

YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。

おすすめの定番名作マフラーです。




皆様こんばんは。

12/13(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




昨日、1年ぶりに定期検診を受けました。

ここ数年、それなりに良くない箇所は

“それなり”なままでした。一安心です。

私達の様な商いならば良いのですが

こういう箇所の“前年超え”は避けたい

ところです。





さて

今回はこちらです。


マフラーと云えば...

個人的にとても好みな物が。それは

ストライプが美しいスクールマフラー。

常に見た事のない柄を探し求めています。

以前に出張でロンドンに行った際には

業務を忘れんばかりの勢いでマーケットを

巡り、スクールマフラーの発掘に勤しんだ

記憶が...どれもガビガビに硬く、穴開き

少々。でも、とにかく美しい。

トランクいっぱいに並んだストライプ。

大満足だった思い出が...



そして

英国、スクールマフラーと云えば?

ENGLISH TRADITION。

(イングリッシュトラディション) 


マンチェスターの老舗である

1850年創業のTIE&SCARF社は

英国の様々な学校、クラブチーム等の

ユニフォーム関連を手掛けており

その製品には“ENGLISH TRADITION”の

織りネームがつけられています。




ビームス プラス 原宿のレイアウト。




ENGLISH TRADITION × BEAMS PLUS / 別注 スクールマフラー
価格:¥17,600(税込)
商品番号:38-45-0002-088





私達ビームス プラスはこちらとは

2005年頃からのお付き合いです。

当時、私が強く展開希望を出していて

カラーリングをどの様にすべきか?

迷っていた際、当時のバイヤー陣が

素晴らしい資料を見せてくれました。

それはストライプのマフラーが幾つも

重ねられた画像で、ひとつひとつに

矢印つきで団体名が丁寧に記されており

大きなヒントになりました。(そして

既に企画が進行していた事も...えっ?)



一見ポップなカラーリングのマフラーが

実はミリタリーの出自だったり、勿論

スクール〜カレッジ系だったりする事に

改めて感心させられました。

そして、これはレジメンタルストライプや

タータンチェック等とも近しいもので

英国(とその影響を受けた米国)ならではの

ユニフォーム的文化のひとつなのかなと。


そして、ユニフォーム由来だった物を

ファッションとしてお楽しみ頂けるのが

こちらの良さだと思います。


例えばその配色が気に入り、それが偶然

自分で贔屓にしているチームカラーと

似ていたら、勝手にサポーター的に

身につけてみたり...という解釈。


私の場合は、敬愛するIRISH系音楽家を

イメージし、彼等が好みそうな感じの

グリーン×ホワイトを巻いたり...





話を戻しまして...

先述の通りに資料を考証して柄を選び

商品化しました。改めて眺めてみると

それぞれに面白さがあります。


日本のチームをふと連想させる?

柄も中にはあります。


上:名門プロ野球チーム

中:名門私立大学

下:名門?アパレル小売業

(→あくまでも個人的見解です。)




似た色の組み合わせながら、並び方で

印象がかなり変わって見えたり。


どちらも赤系×ネイビー系×白です。




アイビーリーグ名門の柄をヒントにした

柄達。ひとつは学部?コース?違いです。


Yで始まる学校です。




レジメンタルストライプタイとほぼ同じ

柄もあります。


セットでブレザーと組み合わせて頂くと

本格的なユニフォームの雰囲気に?




そして、
恐らく...

社内ではストライプマフラーを最も

愛好しているかもしれない??

スタッフ(=私)が企画した柄です。


ってさっきのアイリッシュグリーンは?

と思われた方もいらっしゃるかも

しれませんが、紫×黒の組み合わせは

子供の頃(一体いつ?)からの好み。


先ず、下段は私がロンドンで入手した

物をヒントに製品化した物。勿論

ストライプ幅等かなり変えました。

そして、同じ学校の違う専攻という

イメージで自分で考えたのが上段。




以上の通り、バラエティーに富んだ柄を

楽しめるイングリッシュトラディション。

それぞれの柄に魅力的な背景があります。

カラーリングは一見やや強めな印象かも

しれません。でも理由あっての柄なので

どこか風格が感じられます。


先ずは

お気に入りの配色をお探し頂けたら...

きっとスタイリングの良きスパイスに

なると思います。




ちなみに

こちらはもともと“共学”アイテムなので

ご自由にお楽しみ頂けます。


左:ショールの様にこなしています。

メンズとは異なった雰囲気が良いですね。

special thanx:hinaco&ozzie(photo)



一味違った別注スクールマフラー。

是非おすすめします。






私の

最近の...recently


冒頭の話の続きになります。

定期検診の時はメニューに胃カメラがある

為、前日夜は絶食しなければなりません。

ある意味、年に一度のデトックス的祭り。

という訳で前日のランチはついつい...

カロリーゼロのヘルシーメニューに。




大正軒さん@東京交通会館

季節限定穴子フライ&生姜焼き

w/コロッケ

 

大人気の行列が出来るお店。

でも回転早めです。





私の

最近の...recentlyその②


最近、神宮前エリアに用事があり

ビームス ボーイ 原宿を訪ねました。

“BEAMS BOY GIFT SHOP” (~12/25)


(saqui,sae et manah)


最近まで“巨木”が横たわっていた場所が

クリスマスマルシェの様な楽しさに。

ギフトをお探しの際は是非!!





いよいよ寒さが本格的になるかと思いきや

また気温が上がったりと、相変わらずの

不安定さですね。是非、体調管理を万全に

なさってくださいね。


では、また来週。



ビームス プラス 丸の内

丹羽 望





< Instagram >



↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。


デザイナーの拘りとほんの少しの遊び心、、、

深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。



早速ですが、本日はコチラをご紹介。



毎シーズン、TUBE × BEAMS PLUSのコラボレーションを当店(ビームス 神戸)で展開させてもらっています。トータルでコーディネートしやすい、アイテムラインナップに加え、デザイナー斉藤氏の遊び心ある、捻り感じるディテールワークや素材感。着用していて何より「楽しい」という気持ちになるような発見があったり....ディテールやアイテムを通して、TUBEの拘り・世界観がPLUSのフィルターを介して表現されており個人的には毎回手が伸びてしまうような....そんな魅力的な数々....


今シーズンは特にこの着用アイテムが気になっています↓



TUBE × BEAMS PLUS / 別注 High Neck Sweat

カラー:ASH GRAY

サイズ:S、M、L

価格:¥17,380-(税込)

商品番号:38-13-0197-063




なんだか、配色だけでモダンな見え方がする?そんなアプローチなアイテムとして僕は見ています。グレートーンで組み合わせられた少し変形な?良い意味違和感を感じさせてくれるブランドらしいスウェットシャツの提案。まるで、ミドルゲージのセーターの様なこなしも楽しめるんでは無いか?と妄想をしている段階....

High NECKの高さは、お好みはあるかもしれませんが天幅のバランスや程よくリブのテンションも感じられ、インナーのコーディネートも楽しめる....

そこまで窮屈な印象は出ないのでご安心ください。




TUBEデザイナー斉藤氏のユニークなデザインディテールは言わずもがな....フロントの胸ポケット仕様は、布帛とのコンビネーションでASH GRAY裏毛ボディに杢グレーのコントラストが目を惹きます。

アイキャッチーに見えるのは、ステッチの運針具合なのか?



そして、ネックや胸だけでは無く、袖リブ・裾周りにも注目して欲しい。

50年代から60年代にかけて、さまざまなスウェットシャツが多く流通し存在していた頃のディテールを参考にしているように個人的に感じています。古着屋さんでもたまに見かけていたことがあった裾のタタキ仕上げに紐で調整できるドローコード....袖リブの切り返し....

着用をしていると前方向のみリブが入る見え方となり腕の動き・手首の動き、双方の機能面を考えられて採用されたディテールなのか?はたまた当時の流行?あくまでファッション的視点であったのか?....妄想は膨らむ。



大袈裟な、肉厚あるハリコシ感じるウェイトでは無く、程よい厚みと、重ね着しやすい絶妙な裏毛が何より嬉しい。ソフトな風合いも同時に感じて貰えるはずです。


着用はSサイズ。程よく、ゆとりのあるフィティング。着丈はやや長めに取られておりシルエットの変化を変えて頂きやすく設定されています。



これからの時期だと、こんなアイテム群とコーディネートしたい....

素材に表情が出せるウォーム感あるコーデュロイ生地や、冬の代表格であるダウンベストと....


まだまだ寒暖差感じる季節ですが、色々と妄想が楽しめる時期ではないでしょうか?


貴方なら、どう着こなす?

では、次は11/3(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)スウェットマスターはどうでしょうか?....

   弟(正志)今シーズンはスウェットにダウンベスト?....



YAMADA brothers

↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



ンスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓


自分の中でのマスターピース、、、

深夜1時。

“山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。(弟)正志です。



皆様、いかがお過ごしでしょうか?ようやく朝晩の冷え込みが感じられるシーズン突入?といった所でしょうか?なんだったら関西エリアは夜は寒いくらい。。。そんなこんなで、本日はコチラを紹介致します。




最早説明不要?そんな、方々も多いはずですが改めてブランドストーリーを....


山形県にあるニット専業ファクトリーブランドであるBATONER。2013年からブランドスタートをし、大元の会社は日本のニット製造を1951年から支えている奥山メリヤス。先祖代々伝わる先代を引き継ぎ、長年培ったきたノウハウを活かし現代に於けるニットウェアを表現されています。僕自身も、毎シーズン手に取ってしまう大好きなニットで、着用しての満足度や高揚感は折り紙付き。


今シーズンは、新型の別注としてコチラをリリースさせて頂いています。実はこちらのモデル....BEAMS CREWの方には伝わる?半期に1度BEAMS PLUS STAFFが一同に集まり商品企画会議をした中で生まれ、盛り上がったアイテムなのです。



BATONER × BEAMS PLUS / 別注 HYPER TWIST WOOL HALF ZIP

カラー:IVORY、OLIVE、NAVY

サイズ:1、2、3、4

価格:¥35,200-(税込)

商品番号:38-15-0185-905




首に沿って高く付けられたハイネックスタイルのデザインが何よりも目が引き、なんだか品のある見え方が好みである。暑がり&寒がりな自分にとってはありがたい....それでいてハーフジップ仕様なのですが、これまた高級感ある華奢なZIP。首元を覆い隠すような襟元の表情が魅力的です。タートルネックでは出せないポイントとして、インナーのアイテムチョイス・バリエーションが広がることが個人的に嬉しい点なのです....一丁着で着用しても良し、はたまたシャツをインナーに組み合わせて頂いても良し!なネックディテールでは無いでしょうか?....


そして....

BATONER × BEAMS PLUSと言えば?

な 強撚糸を用いた「HYPER TWIST」と呼ばれているドライタッチな質感。強く撚りをかけるとどうなるか?....まずは、耐久性能の向上や着用での肌に当たる接地面が意外にも減る事。繊維自体の強度を保てる事によりピリング(毛玉)、型崩れなどの不安点を解消してくれているように思っています。



所謂、スポーティなブルゾンとのマッチングが個人的におススメでしょうか?首元にアクセントを付け、来たる冬の相棒になってくれるはず....


BEAMS KOBE PLUS MENBER STAFF スタイリングです。



BEAMS PLUS 神戸 STAFF 大崎

このブログでは初登場のフレッシュな若者。今後が楽しみで仕方有りません。皆様、要注目!

僕は、いつも通りのスタイリング。笑

そして....

現在継続モデルも(クルーネック・カーディガン・ボトルネック)、今シーズンラインナップしていますのでご安心ください。

山形県の自然の風景を踏襲?インスピレーションを得た独自の糸使い、色出しに注目してください。


BATONER × BEAMS PLUS / 別注 HYPER TWIST WOOL CREW NECK

カラー:GREIGE、VINTAGE RED、CREEM

サイズ:1、2、3、4

価格:¥30,800-(税込)

商品番号:38-15-0169-905





BATONER × BEAMS PLUS / 別注 HYPER TWIST WOOL CARDIGAN

カラー:DARK BROWN、GRAY BLUE

サイズ:1、2、3、4

価格:¥35,200-(税込)

商品番号:38-15-0184-905





BATONER × BEAMS PLUS / 別注 BOTTLE NECK

カラー:GRAY、ORENGE、MUSTARD、GREEN、NAVY

サイズ:1、2、3、4

価格:¥26,400-(税込)

商品番号:38-15-0084-905



そして....

改めてですが、BEAMS PLUSアイテム・及び仕入れブランドの取り扱いを関西エリアでも展開をしております。その中でも、BEAMS 神戸はBEAMS PLUSアイテムのラインナップが非常に豊富で御座います。関西エリアにお住まいの方は是非、ご来店頂けますと嬉しいです。


では、次は10/20(金)深夜1時にお会いしましょう。

p.s. 

       兄(広志)果たして今シーズンは購入するのか?

   弟(正志)毎シーズンのお気に入りニット




YAMADA brothers

↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



ンスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓

BEAMS PLUSのハット ”2選”

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


本日はハットの二大巨頭をご紹介させていただきます。


まずはBEAMS PLUSでは一番の人気を誇るハットより、ジャングルハットをご紹介。



BEAMS PLUS / コットン コーデュラナイロン ジャングルハット
カラー:ベージュ、オリーブ、ネイビー
価格:¥9,350(税込)
商品番号:38-41-0167-017


ミリタリーモチーフのハットにサイズ調節が出来るドローコードがアウトドアムードもプラス。

ツバの長さはそこまで長くないので万人が被りやすいのではないかと思っています。

大定番のジャングルハットはコットン×ナイロン素材のリップストップ。

ベージュ(カーキ)、オリーブ、ネイビーはどれも取っても近年のミリタリーカラーを連想させるカラーでしょうか。

裏地がつかない1枚生地。ただし、生地に張りがあるので型崩れもしにくいです。

サイズはフリーサイズです。頭回りは約59㎝としていますが、生地の厚さによってフィット感が変わります。



BEAMS PLUS / インディゴ リップストップ ジャングルハット
価格:¥9,350(税込)
商品番号:38-41-0166-017

1色展開のこちらはアノラックや、ミリタリーパンツと共通生地で使用しています。

コットン素材のインディゴリップストップは先程のコットン×ナイロン素材のものより生地が柔らかく、肌馴染みも良いです。

こちらも裏地なしの1枚生地。

こちらは金具やパーツの兼ね合いでお洗濯はNGです。



僕は試験的にお洗濯をしていますが、生地の変化はすごい。



テープの糸がほつれて出てしまったり、ドローコードが切れてしまう可能性があるのでオススメは出来ませんが、参考までに。


そしてこのジャングルハットシリーズは今シーズンより全てのモデルを型変更しています。





言うならばビンテージフィットでしょうか。

以前のモノに比べると、楕円形になり、高さを少し削っています。

左が以前のモデル。右がニューフィットです。



被り心地がやや浅くなっているので好みが分かれるかと思いますが、ビンテージライクな見え方が強くなった印象です。

今まで高さが深くて苦手という方は是非お試しを。



BEAMS PLUS / ポリエステル カモフラージュ ジャカード ジャングルハット
カラー:オレンジ、オリーブ
価格:¥10,450(税込)
商品番号:38-41-0159-017

23年秋冬のシーズンファブリック。今シーズンのキーファブリックのひとつです。

よく見て、触るとわかる。ジャカードでリアルツリーのカモフラージュ柄を表現しています。



大き目の柄、ジャカードの凹凸感は高級感も感じさせる一品です。


ビームス プラス 原宿の尾島

ハットどころか帽子はあまり被らないとの事。



個人的には被って慣れましょう。見慣れましょう。と思う事や、日よけや髪の毛を留めることとして機能的に使う事を意識しています。

慣れると手放せないですよ。

無地アイテムで構成したスタイリングだったので、リアルツリージャカードのジャングルハットをオススメしました。

被り方も後ろを深めに、前は浅めに被り、前のツバは上げています。





撮影した画像を見せてあげると、「思ったより良いですね。」なんて嬉しいコメント。

ちょっとしたきっかけで好きになってもらえるとうれしいです。


続いてこちらのシリーズ。


BEAMS PLUS / アーミーハット
カラー:アイボリーヘリンボーン,オリーブ,デニム
価格:¥9,900(税込)
商品番号:38-41-0042-046

BEAMS PLUSのアーミーハットです。

通称”MIL HAT”

40年代のアメリカ軍で使用されていたハットをベースに、ミリタリーを連想させる生地で落とし込んでいます。

6枚ハギで裏地なし。綺麗で細かなステッチがぐるりと回っているのが特徴。ミリタリーハットながら出来栄えはきれいに仕上げています。



それぞれ生地に合わせたステッチカラーのチョイス。



BEAMS PLUS / アーミーハット ブラウンデニム
価格:¥9,900(税込)
商品番号:38-41-0110-046

ブラウンデニムは先程ご紹介したインディゴデニムに比べるとやや厚みがあります。

(ブラウンデニム 13.5オンス、インディゴデニム 12オンス)

こちらは製品後にハンドウォッシュ&天日干しを行い、最後にプレスして形を整えています。

もともとは秋冬用でリリース致しましたが、好評につき、めでたく通年展開となります。

約1年間着用と洗濯を繰り返した私物はかなり表情良くなりました。



ジャングルハットに比べると少しツバが長くなります。



こちらは頭まわり約60センチです。

高さもあり、深めな被り心地。

生地は厚いですが、僕は30度ぐらいまでの気温であればそこまで被っていてストレスはありません。





BEAMS PLUS / カラーヒッコリー アーミーハット
カラー:マスタード、オリーブ
価格:¥9,900(税込)
商品番号:38-41-0156-046

ブルーの部分がインディゴを使用しているヒッコリーストライプ

ビンテージのワークアイテムを彷彿させるカラーとも感じたり、みなさま大好きなブラックウォッチカラーと感じたり。

ステッチカラーをネイビーにすることで被ると主張もそこまで感じないので、一度お試しになっていただきたいアイテム。



変進開花ももちろん楽しみなアイテム。あとは何よりこの色組のヒッコリーストライプはそうそう見ないでしょう。


こちらはビームス ボーイ 原宿の名物スタッフである貴家



実は以前同じ店舗で働いていた先輩です。

古着が大好きな先輩はMIL HATのデニムをチョイス。

被った印象を聞くと、若干サイズが大きいので、髪の毛を結んで調節すると良いかもということ。



女性のハットも良いですね。お似合いです。

良い笑顔と良いポーズ?



是非、お隣のビームス ボーイ 原宿も覗いてみてください。


いかがでしたか。

是非、店頭でお試しください。


今週は撮影許可証を付けたBEAMS PLUS マーチャンダイザーの長谷部



一体何の撮影許可証かは今後のお楽しみに。

では、今夜もありがとうございました。









『BEAMS PLUSは眠らない』









明日もお楽しみに!









佐久間でした!

止まっていた針が再び。

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


先週末はビームス プラス 原宿へ1日お手伝い。

バックヤードに行くとなにやら壁に貼ってあるものを発見。

馴染みのあるお客様からのお便り。

僕がアルバイト時代から約7年の付き合い?

僕がいた証に、そのまま貼らせて頂きました。



さて、既にオンラインサイトのニュースなどでチェック頂いている方も多いでしょうか。

2月号のBEAMS PLUS TIMESでも綴っています。


今夜は写真と共にお楽しみ下さい。



BENRUS_× BEAMS PLUS 別注 TYPEⅠ
価格:¥36,300(税込)
商品番号:38-48-0003-707

既にご好評頂き、現在はカートにも入らない状態?


プラジオでもお話ししていますが、この度TYPE-Ⅰを現代的なフィールドウォッチとして復刻致します。


今まで自分は細い手首がコンプレックスで、どうしてもケース径も小振りなモノをチョイスしがちでした。


こちらは何よりもシンプルなデザイン。

付けてみるとわかる存在感。

ここ最近の直球なスタイリングにバッチリハマる。

スマートウォッチなど、近未来的なモノが多くなる中、真逆の時計に惹かれております。

アラビア数字もなければブランドロゴもない。

時計が反射しないようにブラックの文字盤、ステンレスはマットなタイプを。

ベルトの装着部分は嵌め殺しという棒が外れない仕様にし、耐久性を高めています。

当時のモノと同じく、風防はカーブしたドーム型のクリスタルガラス、ねじ込み式のリューズ。

針の形状も当時のモノに近いデザイン、ブロック毎に分かれた蓄光も当時と同じく。

現在では全面の蓄光が多いと思いますが、当時は汎用性を持たせる為にブロック蓄光だったのでしょうか。







そして今回は見た目の忠実な復刻という事でベゼル部分も当時と同じ仕様に。

逆回転防止ベゼルは数字部を挟み込み、奥行きがあり、立体的に見えるインサートベゼル仕様に。



時計の裏蓋部分には当時のMIL表記であるMIL-W-50717とBEAMS PLUSの刻印、製造年月が入ります。



ベルト幅も当時のモノが約19ミリだったとの事で、中実に再現。

ただプラジオでBegin 副編集長の関口氏が語っていたように、ベルトアレンジを楽しむのも良さそうです。







箱もご覧の通り、軍に納品した当時の簡素なボックスに丸められた紙に雑多に巻かれた状態で当時の空気感を楽しんで頂ければうれしいです。







先日友人が店前で撮影してくれた1枚。



スポーティでオーセンティックなアイテムとも相性は良いでしょう。



発売日は3月18日(金)です。

店頭では同時にBENRUSインラインのTYPE-Ⅰ、アラビア数字入りのTYPE-Ⅱをリリース致します。





発売までもう少しお待ちください。


では、今夜もありがとうございました。

『BEAMS PLUSは眠らない』

明日もお楽しみに!

佐久間でした!