タグ「All Night BEAMS PLUS」の記事

LEMTOSH ”+”

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


今夜はこちらをご紹介させていただきます。



MOSCOT / LEMTOSH+(クリアレンズ)
カラー:ブラック,トラディショナルグレーフェード,ミリタリーブラウンフェード
サイズ:46,49
価格:¥46,200(税込)
商品番号:38-42-0804-490

MOSCOT / LEMTOSH+(サングラス)
カラー:ブラック,トラディショナルグレーフェード,ミリタリーブラウンフェード
サイズ:46,49
価格:¥49,500(税込)
商品番号:38-42-0886-490

※オンラインショップでは販売がございません。


4月19日(金)発売のこちら。

LEMTOSHの後ろについている ”+” にご注目です。



今回はBEAMS PLUSがラインナップするMOSCOTの中でも圧倒的な人気を誇る大定番モデルのLEMTOSHをベースにBEAMS PLUSが金型から別注いたしました。

厳密にいうとBEAMS PLUSが約5年前に初めて別注として世にリリースしたノーズパッド付きのモデルをベースにしており、現在はMOSCOTのインラインでもLEMTOSH MPとして展開しています。

今回リリースするLEMTOSH+に関しても、当時と同じく3色ともにクリアパッド×クリングスシルバーのノーズパッドを装着しています。

カシメ部分はインラインと同じくフラット仕様。凹凸がある方がビンテージムードがあるかもしれませんが、LEMTOSH+に関しては個人的に量産品なムードがある気がしてフラットな方が好きだったりします。



ではここからさっそくどこが変わったか見比べてみましょう。

モデルはBEAMS PLUSのオンラインサイト担当猪原です。


LEMTOSH+



過去のBEAMS PLUS 別注ノーズパッド付きLEMTOSH(LEMTOSH MP)



メガネだけで並べてみました。


画像上 LEMTOSH+

画像下 LEMTOSH MP(ノーズパッド)


まず大きな違いがブリッジです。鼻上にくる架け橋部分です。

LEMTOSHは通常24㎜ですが、22㎜へ変更しています。

そしてフロントリム(ふち部分)を太くしています。(約105%)

※サイズ49に関しては約110%太くなっています。



こうした経緯を簡単にお伝えすると。僕らのイメージするメガネ姿の理想像(往年のムービースターetc...)に近づけるには、まず顔の濃さが足りないなんて冗談交じりで話したりしていました。

ただこれはなかなかのポイントだと思いまして。クラシックさを強調するのであれば輪郭を強調させるために太くして、中央に少し寄せた方がそのイメージに近づけるのではないかと考え、ニューヨークのMOSCOTへ足を運び、プレゼンした結果、形にすることができました。


カラー展開は3色です。


ブラック



トラディショナルグレーフェード



ミリタリーブラウンフェード



ブラックはもちろんですが、濃い色からクリアにかけてのグラデーションが素敵な2色も欠かせないです。

カラーネームも本国にてMOSCOT 5代目のZack Moscotが多数あるカラーの中から出た名前のフレームカラーを採用しております。

レンズに関してはクリアレンズとサングラスの2種類ご用意。

サングラスに関してはこちらも定番と言ってよいでしょう。グリーンのガラスレンズ(G-15)カラーとなっております。

クラシックなサングラスのイメージと言えばこれかと。




サイズは2サイズでの展開となります。今までの別注では46のワンサイズ展開でしたが、今回は46と49をご用意しております。

MOSCOTでは46がアベレージ、49がワイドとなります。イメージはM,Lサイズの展開と思っていただけるとよろしいかと思います。


画像上 サイズ 46

画像下 サイズ 49


とは言え、かけてみないとイメージしにくいかと思いますので、何名かにスナップを依頼。

各々で選んだカラーとサイズになります。


ビームス プレスチームの當間(ミリタリーブラウンフェード 46)


カジュアルな装いにもはまりそうです。


ビームス 辻堂の若生(ミリタリーブラウンフェード 46)


ヘルシーなスタイリングにも馴染みます。


ビームス プラス 丸の内の河野(ミリタリーブラウンフェード 46)


普段はLEMTOSHの44をかけている河野。ブリッジ幅が詰まっている分、このサイズでも馴染むのではないかと。


BEAMS PLUS マーチャンダイザー 長谷部(トラディショナルグレーフェード 46)


日本人離れの濃い顔立ちに白髪交じりの雰囲気がマッチしています。


BEAMS PLUS バイヤー カリスマ柳井(ブラック 46)


遊びのあるアイテムにサングラスはスタンダード。


ビームス プラス 丸の内の鈴木(ブラック 49)


この企画の立役者でもあります。

これぞお手本のようなムードだと思います。



年齢性別問わず試してもらいましたが、色あせないベーシックな1本だと実感しています。MOSCOTからはタイムレスな1本ができたとうれしいコメントも。

今回の別注用に外箱とメガネ拭きもスペシャル仕様です。



是非とも店頭でお試しいただけるとうれしいです。


こちらの発売に合わせて2店舗でイベントも開催いたします。


開催店舗はビームス プラス 丸の内とビームス 神戸です。

イベントの詳細は明日の山田兄弟(弟)ブログもチェックしてみてください。


また、4月20日(土)限定でメガネのフィッティングサービスも行います。

この日は専門スタッフが在店し、ご購入いただいた方限定でメガネの調整を行っていただけます。

ビームス プラス 丸の内 11時~19時

ビームス 神戸 12時~19時

※不在の時間もございます。ご了承ください。


先週もチラッとお伝えしましたが、僕も4月19日(金)と20日(土)はビームス 神戸へお手伝いしにいきます。

関西圏の方と普段接することができないので楽しみです。


是非お時間合う方はお立ち寄りください。


今回のLEMTOSH+の誕生秘話はBEAMS PLUSが月に一度配信しているメールマガジン『BEAMS PLUS TIMES』にてチェックいただけます。

https://cdn.beams.co.jp/lp/beams_plus_times/202404/202404beams_plus_times.html


それでは、今週のワンショット。


先ほども登場してもらった若生と記念にツーショット。

僕がアルバイト時代にお世話になった頼れるお姉さんです。

BEAMS PLUSの洋服もハンサムに着こなす若生のスタイリングも注目してみてください。

https://www.beams.co.jp/staff/662/



では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

インドからの贈り物。




皆様こんばんは!!


4/17(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。



先日、急遽懐かしい場所に行く任務が。

半年前までここに居たのか???

以前の記憶を辿りつつ、不思議で愉快な

気分の1日になりました...



さて

今回はこちら。


BEAMS PLUS / Open Collar Madras
カラー:チャコールグレー、マスタード
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-11-0667-139

ビームス プラス定番のシリーズから。


インディアンマドラスチェック。

英国のセンス×インドのものづくりの

結晶と言われています。柄の意匠は

英国的ですが、素朴で柔らかな色や

綿の風合いはインドならでは。


ここでマドラスに纏わる昔話ですが...

まだ駆け出しの中学生時代。初めて手に

入れたマドラスチェックのボタンダウン。

嬉しくてはしゃいでいたのも束の間...

洗濯の度に褪色する様子に大いにビビり

着なくなってしまった記憶が...

ずぶの素人だった私。笑。




さて、話を戻して。

ビームス プラスでは、様々な柄を

纏ったモデルをご用意しております。

(ちなみに毎回柄選びの際、各スタッフの

エゴ...いいえ意見をぶつけ合っています。)


ボタンダウンスタイルのモデルがすっかり

お馴染みかもしれません。長袖~半袖~

プルオーバー等各種。

そしてもうひとつ定番的に続けている

今回のこちらを改めて。







オープンカラー(=開襟)シャツ型です。

1950~60年代に見られたリゾート的な

リラックスしたムードのかたち。

シェイプの無いボックスシルエットと

オープンカラーの組み合わせは風通しが

良好で快適そのもの。




ゆったりした袖口は2ボタン仕様。




こちらのモデルの良いところは、そんな

リゾート的なスタイルにアイビー的な

マドラスチェックを組み合わせている点。

雰囲気はアイビー的ですが、いざ着ると

全く別のカテゴリーに越境します。

王道的アイビーがやや苦手な方には

かなりおすすめの緩やかな感じです。

幅広い解釈を楽しめそうですね。


そしてそして

マドラスチェックではとても珍しい

モノトーン的なカラーリング。

ある意味、私の為に用意されたかの様な

配色です。即リアルバイです。


いざ着ると、やはり私の基本カラーである

ブラック×オリーブにピッタリ合います。

いつも通りにしか見えない驚異の配色。






もちろん!!

カラーバリエーションもご用意ありです。

全く雰囲気が異なるこちらも実に良い感じ。

淡い陽射しの如きカラーリングが美しい。


ちなみに同じ生地のハンカチも...


BEAMS PLUS / Hand Chief Madras
価格:¥1,100(税込)
商品番号:38-47-0042-743





お揃いにすればこんな遊びも。




少しだけ変化球のマドラスチェックシャツ。

次の一手として是非おすすめします。






私の

最近の...recently


実は先日4/13(土)

1日だけビームス プラス 原宿に

ヘルプに行きました。




ランチは...




名店VINO E PASTAさんへ。

大盛りの鎌倉野菜サラダからの

ペンネラグーソース、のちティラミス。

幸せでした。



半年前まで在籍していた神宮前で

またヘルプとして働く...楽しかったです。


夜は久しぶりに彼らと飲みにでも...


な、訳は無くて、野郎御免。問答無用。


ビームス ボーイ 原宿のふたりと。

saqui et louise

ありがとうございました。





私の

最近の...recentlyその②


原宿勤務の翌日...


ビームス 恵比寿のhinaco登場。

帰省から戻り途中、東京駅にて。


新潟銘菓“河川蒸気”

RED好きの彼女らしい苺味。

ありがとうございました。






さて

ここ数日、天気の変化の度合いが更に

激しくなっています。特に気になるのが

昼間の暑さです。で太陽が沈むと急に

冷える...この変化が曲者ですね。

ぜひお気をつけてお過ごしください。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。



快適なフルレングス、ございます

まいど!

グラマラス藤井やで!


 

スミマセン!先週は、お休み頂きました!

代打で対応してくれた、アイススケーター長尾に感謝です。。

(ちょっとふざけ過ぎ、いや、すべり過ぎなようにも感じましたが。。)

ラジオでも復活したコトですし、これから彼の露出も増えてくる、のか??


では、元気に本題へまいります!

第29回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


山田兄弟の、と言いつつ

なんだかんだで2週間空きましたね〜。

おじまる!連続の代打お疲れ様でした。笑


色んな組み合わせはあれど

やはり、山田兄弟の掛け合いは2人ならでは、なのか??

いつもレターを下さるヘビーリスナーの皆様にも感謝です。


そういえば、、先週はコチラの企画。



(画像をタップもしくはクリックで、プレイリスト紹介ページに飛べます!)


シーズン恒例のプレイリストが今年も!

今回は「背中を押してくれた曲」をテーマにしております。

是非、出勤前や仕事終わりに聴いて頂ければ。

僕は既に結構沁みてます。。


では、そろそろ本題へ。

今週、僕から紹介するのはコチラ!




BEAMS PLUS / MIL Over Pants Nylon Micro Mesh
カラー:オリーブ、ネイビー
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥24,200(税込)
商品番号:38-24-0245-791

BEAMS PLUSより。

これからの時期でも、活躍必至なミリタリーパンツを紹介します。


名前にもある通り、コチラはオーバーパンツ。

元々は寒冷地での着用を想定して作られており、“オーバー”という言葉通りに重ねて穿くのが本来の使われ方。

実際、僕は同じ型のオーバーパンツを真冬に穿く際は中にスウェットパンツを合わせて暖をとった経験もございます。


とはいえ、これからの季節は夏。

そんな穿き方を推奨するわけではございません。


夏場に向けてフルレングスのパンツに求めたい要素として大事なのが、着用時に快適かどうか。

そのニーズに対して、生地とフィッティングで満点解答をくれたのがコチラのパンツ。






これで伝わるか、、いや、、少し画像を拡大して頂くと分かって頂けるか??

コチラの生地、異なる番手のナイロンを(糸の太さが異なる事)メッシュ上に織り上げているので通気性が抜群に良いんです。

通気性も良ければ、肌離れも良い仕上がりに。

蒸し暑さが年々増す日本列島において求められるポイントを、しっかり押さえてあります。




そして、やっぱり形もいい。

コチラを穿いて歩いていたのですが

ナイロン特有のシャカシャカ感も抑えられているように感じましたし

とても柔らかい穿き心地でした。

しかも、風も程良く通るので蒸れにくい。

「夏でもショーツは苦手で。。」な方、ワイドなパンツでもよろしければ是非とも。






ポケットも、しっかり用意していますよ。

腰にあるポケットも元々はスルーポケット(中に穿いているポケットにアクセスするためのポケット)でしたが、コチラは一枚着として考えられているため、袋ポケットに。




動き易さを確保する、プリーツは本来のデザインから踏襲しております。

良いところは残し、現代において求められるポイントに関してはアップデート。

まさに、BEAMS PLUSなアイテムですね。


では、スタイリングサンプルを。



(色に合わせてクール気取ってみました。)


コチラがネイビー。

遊びの効いたネイビーブレザーを、ミリタリー×アスレチックなスタイルで。

生地も異なり、アイテムとしてカジュアルなモノもネイビーカラーで統一すれば

どことなく、クール?シック?に映るような。。

(映っていなかったらスミマセン。。)




次に、オリーブも。

コチラはネイビーのスタイリングと打って変わって、カジュアルに。

先程は裾を絞ってスニーカーを合わせましたが、今回は裾をラフにロールアップ!

夏場に軽快な着こなしをするなら、これくらいやっても良さそうですね。

パンツの色が淡めなのも良い、、これはシャンブレーのようなサックスブルーが相性良いに決まっている。


これからの季節、洋服を選ぶ際は

「快適」かどうかが鍵になる。

百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




才谷梅太郎 / トリプル丼

価格:¥1,300(税込)


この日は、神戸に出勤ということで

お昼はどこがいいかなぁ〜、なんて考えていたところ

同じく神戸に来ていたマンマミーア田口が、カツオ丼のお店(今回とは別のお店)に行ってきたと報告を受け

僕も食べたくなり、今回はコチラへ。


トリプルということで

タタキ、漬け、レアカツの三“味”一体。

カツオ尽くしな丼を味わいました。

別皿に漬けを分けて、先ずはタタキとレアカツをかっ込む。

頃合いで出汁茶漬けと、別皿に分けた漬けを味わう。。

なんて贅沢なランチなんだ、、と天を仰ぎました。

これは再訪必須です。

来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

"メッシュ"アイテムまだまだあります!

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】




ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

是非、最後までお付き合いください。

今週はこちらを紹介させていただきます。








BEAMS PLUS / Zip Knit Polo Mesh
カラー:BLACK、BEIGE、MUSTARD、SAX
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-02-0035-156

今シーズンBEAMS PLUSのアイテムでも数多くリリースしているのが、透け感のある"メッシュ"生地。

トレンド感もありつつ、インナーとのレイヤードしたスタイルを楽しんでいただけ、何よりふんわりとした着心地を楽しめるアイテム。

先日の『TAKAHIRO BEST BUY』〜ポロシャツ編〜でも紹介させていただいたジップ ニットポロシャツ型でもこちらの"メッシュ"生地をご用意しております。



素材はコットン100%の強撚糸。

細番手の綿糸を強撚することで生まれる滑らかなハリとコシ。

シャリ感もあり肌離れも良く、蒸し暑い夏にはもってこいなアイテムかと。

吸湿性や速乾性、"メッシュ"組織も手伝って非常に風通しが良く快適に着ていただけます。




編地は2種類のメッシュ状の柄をダイヤ、アーガイル柄のように組み合わせたデザイン。

規則的に針を通さない場所を作る『針抜き』という編み方を駆使し繊細なメッシュ組織を編み立てています。

見た目以上に柄の主張も少なく、私のような"メッシュ"に抵抗がある方でも取り入れやすいアイテムです。


ディテールはこちら。



襟は程よい小振りな襟型で主張が少なく、スポーツコートにも相性◎

ジップを上まで閉めていただいても"メッシュ"組織になっていることで、十分に清涼感が伝わってきます!




袖も身頃から綺麗に繋がるように柄が表現されています。

袖口のリブも纏わりつくことがない丁度いいテンション。




着脱がしやすく着こなしの幅が増えるダブルジップのスタイル。

私は裾のジップを少し開けて着るのが好みです!






益留は全体のトーンを合わせつつ、ポロシャツと言うよりかはショートスリーブのシャツを羽織るような感覚でコーディネートに取り入れています。

白Tは勿論、ストライプTシャツ等との相性も良さそうですね!

なかなか無い"メッシュ"のジップニットポロシャツ、、。

是非この機会にいかがでしょうか?


それでは〆の『ニコタマガールズ』

ビームス 二子玉川に在籍している傍らオムニスタイルコンサルタントとしても活躍している松本。



"メッシュ"ポロシャツを大胆に、、♡

へそ出しコーディネートがとてもセクシーな松本。

"メッシュ"アイテムの着こなしがちゃんと分かっていらっしゃる。。

いつも笑顔を振りまき、皆をリードする素敵なスタッフ。

実はBEAMS PLUSの共通のお客様がいるんです!

このブログを見てくれているといいなぁ〜(笑)


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜



TAKAHIRO



湘南といえば、Cut-Off Sweat!!

時刻は深夜1時となりました。

ALL Night BEAMS PLUSの時間です!


今週は気温が高い日も続いて本格的に春めいてきましたね。

私の所属するビームス 辻堂は街の清掃活動をしている「グリーンバード」に参加。


地域の方々と辻堂の街のゴミ拾い。


子供用のトング可愛すぎます。


最後にはみんなで分別。

「一度ゴミを拾った人間は二度とゴミを捨てない。」らしいです。

いろんな街で活動されているようなので、リスナーの皆様もご興味ある方は是非。


かなり暖かったので半袖の参加者も多かったのですが、

そしてうちにもさっそく半袖のスタッフが…


昨年購入したBEAMS PLUS定番のカットオフスウェットを着ていました。


昨年の夏に着用&洗いを繰り返すことで、雰囲気マシマシの良い表情です。

その変化を見て「めっちゃ良い感じになってますね〜!」なんて話をしていたので、本日はカットオフスウェットをご紹介。

こちらです。

BEAMS PLUS / Sweat Short Sleeve Cut-Off
カラー:OATMEAL、H.GREY、BEIGE、GREEN、SAX、NAVY
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥12,100(税込)
商品番号:38-03-0008-048

さっきのは昨年のSAXで、この写真は今年のSAXです。やっぴさんの着込んだものと比べるとまだまだモチモチですね。

着ている人が同じなので紛らわしいですが、カラーリングも微妙に違います。


毎年定番のカットオフスウェット。袖はカットオフ仕様でラフな印象。

スウェット生地の肉厚感が武骨なアイテムとの相性抜群で、Tシャツ1枚より雰囲気も良いです。

ちなみにしっかり処理してあるのでほつれることはありません。


スタンダードなフィッティングなのでワンサイズアップで大きめに着たり、ジャストフィットでインナーとして使うのもオススメ。

ビームス 辻堂のスタッフ松岡はRRLのジャケットのインナーとして。


渋めなコーディネートだったので、Tシャツよりも厚みの出るカットオフスウェットをチョイスしたとのこと。


裾のリブや生地の厚みなど、Tシャツには出せないスウェット独特の雰囲気。


カッコいいです。


私はXLサイズで。


全身ベージュでワントーン。やっぱり春夏はアクセサリーが目立ちますね。


さて、いかがでしたでしょうか?

シンプルゆえに万能な一着。オススメです。


それではまた来週!

今週も最後までお付き合いありがとうございます!


気の利いた日常着

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。

こんばんは。(兄)広志です。

先ずは先週のご報告を。


アウェイの神戸戦はどちらも一歩も譲らない展開で、相手が退場者を出してからの勝ち越しで、昨シーズンの王者をねじ伏せ勝利を飾る。


春らしい陽気に桜満開のノエビアスタジアム前の広場で寛ぎ過ぎました。

中2日の水曜日は、ホームにガンバを迎えての一戦。選手の入れ替えを図りながら臨んだ試合は、相手の決定力不足に助けられ、後半に何とかロペスのゴールで先制。


終了間際には朝日の今シーズン初ゴールで、ホーム初勝利をあげる。

さらに中2日で、日付変わって土曜日は、おじまる事、原宿スタッフ尾島推しの湘南との神奈川ダービー。3連勝の後押しをしたいと思います。

連戦で長くなりましたが、今週はこちら。


BEAMS PLUS / Half Zip Polo Light Fleece
カラー:OATMEAL,GREY,YELLOW
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥14,300-(税込)
商品番号:38-02-0033-156




OATMEAL



GREY



YELLOW

一見すると、その色の効いた襟、リブポケット縁が主張する、変わり種なムード。

ハーフジップ仕様、それは、当時の生徒たちからの要望だったのか、ボタンの留め外しよりは、脱ぎ着し易いジップスタイルは、合理的で、当時のメーカーからは自由度の高いアレンジの効かせた仕様、デザインを古着屋さんでよく見かけた気がする。

SWEATのようなキャンパスでのアスレチックウェアではハーフジップスタイルは既にベーシックであった事を踏まえると、自然な流れなのでしょう。コーチ側が着用するものの一つとしては襟付きスタイルは納得するが、実際はどうだったのだろうか。

今モデルは、アスレチックウェアと、ポロシャツ、その両方のいいとこ取り?を感じる。言わば半袖アスレチックウェアに、気が利いたポケットが付き、襟が備えられている事で、品のある佇まいをしながら、アクティブなムードも併せ持っている。ましてや、その色の効いたラインが、やり過ぎていないアクセントとなり適度に良い。


ジップは小ぶりで、主張控えめの引き手が、デザインを邪魔しない。




肩まわりはラグラン仕様で、それもまたアクティブなムードを後押しも、袖リブがあることで収まりもよく、男らしさを演出してくれる(貧相な私の腕だと…)。


裾は、リブにスリットが入り、さらに前後差のある作りは、インアウトどちらの”こなし”にとっても都合よし。


OATMEAL


GREY


YELLOW

生地は寄りで見ると、メランジ調(YELLOWは染めのためソリッドな見え方)。そこがまた、私にとってくすぐられるポイントの一つ。優等生顔が、どうも苦手と言うか、隠したがる傾向があるのかもしれない…

裏を見てみると、ループのように連なる裏地となっている。


その生地はカットソーほど薄く無く、SWEAT程厚く無く、程良い感じのボリュームが、幅広く”こなせる”んだろう。


その生地の上に乗るリブポケットが最大のデザインアクセントとなりますでしょうか。


裏はしっかりと綾テープで補強の抜かり無し。

日常着に少しの豊かさを感じるアクセントにグッとくるわけです。あっ、最後に、ボディの生地は綿100です。

是非お試しくださいますと嬉しいです。

YAMA

Re ”POST”

時刻は深夜1時



こんばんは。

佐久間です。


今夜はこちらをご紹介させていただきます。



POST OVERALLS 別注 Tex Mex Work Shirt
カラー:インディゴ
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-11-0881-082

僕のブログを欠かさずチェックしていただいている方にはきっと「待ってました!」という声が聞こえてきそう。

POST OVERALLS のブログを書くのはいつぶりでしょうか。もしかしたら1年以上書いていないかも。普段ブログを書きたくてもすぐに完売して書けなかったり。

今回ご紹介するこちらも、上司から「これ在庫あるの?」とすぐさまチェックが入りましたが、スタッフがちらほらと購入できるぐらいは残っていたのでプッシュさせていただきます。


先日こちらのセットアップが先にリリースしていましたが、これで今回のコレクションが出揃いました。



「シャンブレーシャツはもう何枚も持っている」という方に是非おすすめしたい1枚です。


程よくシェイプして程よく気の抜けた襟型とフロント6ボタン。



低めの位置に小さくついたフラップ付きのポケット。

カンヌキ部分もステッチ同色の生成りです。

ポケット上にネームタグとトリプルステッチが走ります。



脇下には汗抜きの菊穴。

前身頃のヨークもあり、かなり新鮮な印象。



肩まわりもトリプルステッチ。

後ろ身頃も菊穴が中央に3つあり。



カフスには剣ボロ付き



サイドはダブルステッチ

マチが付かず、カンヌキで留めている仕様です。

そして見覚えのあるカラーの糸。



裏を見るとニンマリ。

ターコイズブルーとグリーン系のステッチカラー。



Lサイズを着用しました。



大きめの肩幅、袖幅とシェイプのない身幅は広がりがきれいです。

前後ろの着丈差もほとんどなし。ゆるやかなラウンド。

着丈も長いので、タックインした際も膨らみが出て好み。



脇下と後ろ身頃の菊穴を見ると、ザ・ビンテージ シャンブレーワークシャツをイメージしますが、左胸のブランドロゴやマチが付かなかったりするとなんだか不思議な感じがします。

トリプルステッチのシャツというだけでかなり武骨なワークシャツだと思ったのですが・・・



実際に着てみると、生地の柔らかさもあり、気の抜けた印象で肩ひじ張らずに着れそうだと感じました。



他にもボタンの間隔であったり、着ると意外と馴染む。線の細い僕でも、がっちり体型 ビームス プラス 原宿の尾島も馴染んでいると思います。





僕は少し気の早いスタイリング。リラックスムードを意識しました。



週末の都内は25度まで気温上昇すると言っていたので、桜吹雪をのんびりみたいな~と思いながら桜をバックに撮影しました。



同じコレクションのパンツもセットで。(Lサイズ)

寒がりな僕は8オンスだとこのぐらいの気温から秋口にかけてぴったりです。





同コレクションのジャケットはカリスマ柳井が着用しています。(Lサイズ)



ヘンリーネックTシャツに春夏らしい素材のベストをイン。



短めの着丈が新鮮です。



コーデュロイの袖口は気温が高くなれば袖まくりすると軽快なムードを後押ししてくれるでしょう。



うーん。どれもおすすめです。


是非チェックお願いいたします。


それでは、今週のワンショット。



ウインクしている画像はBEAMS PLUSカラーの背景とメガネ。


4月19日(金)と20日(土)はビームス 神戸へお店立ちです!

久しぶりの関西出張楽しみにしています。

是非、ご都合合う方は会いに来ていただけると嬉しいです。


では、今夜もありがとうございました。










『BEAMS PLUSは眠らない』










明日もお楽しみに!










佐久間でした!

アイルランドからの贈り物。




皆様こんばんは!!


4/10(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。




先行予約、店舗取寄せ...

どこかで耳にした事のあるワードですが

先日そのメリットを改めて実感し

個人的に盛り上がりました。

なるほど...




さて

今回はこちら。

アイルランドのニットメーカー

Inis Meain(イニッシュマン)製。



INIS MEAIN / Patented Aran Vest
カラー:ナチュラル、ネイビー
サイズ:S,M,L
価格:¥39,600(税込)
商品番号:38-05-0042-750


ナチュラル、ネイビー



このブランドは伝統的なものを大切に

しながら、モダンなものも取り入れる。

そんなスタンスのメーカーです。



ずいぶん以前の思い出話になりますが

出張でアイルランドに行った時のこと。

大きな合同展示会があり、大小様々な

アイルランドのメーカーが出展して

いました。伝統工芸的なメーカーが多く

楽しめました...が、イニッシュマンが

出展していない...何故?何でや?


何と!!すぐ近くの瀟洒なホテルの一室で

単独で展示していました。驚き。

社長にお目にかかるなり、開口一番

“伝統的で退屈な傑作だらけだろう??

ガハハハ!!” (→私の意訳です。)とジャブを

喰らい、握手を求められました。

そして伝統を活かしながらモダンさを

取り入れる事の大切さをかなり熱く語って

くださいました。(その後、パブにご案内

頂き、本場ギネスビールで酩酊...以下略)

この時の社長の話はかなり印象深く

私自身、大きく影響を受けています。


思い出話がかなり長めになりました。


今回のこちら

伝統的な織り柄がとにかく美しい。

そんな工芸品的な良さを活かしながら

モダンな雰囲気で表現されています。



近くで見るとカラーリングが絶妙です。

黒に近いネイビー×インクみたいな

ブルーのミックス。独自の深みが感じ

られます。




背中はプレーンな編みです。



素材はヨーロッパ産のリネン100%

程良い光沢としなやかさです。


トレーサビリティの証。



ここでスタイリングの一例を。

私が年間で200日位の頻度で選ぶ

ブラック×オリーブ×黒靴の組み合わせ。

このベストが加わると絶妙に良い感じに

変化します。あまり目立たないけれど

伝統的な柄と美しいカラーリングが

私のワンパターンに良い変化を与えて

くれます。




改めてデザインについて。

詰まり気味のネック周りと

解放的な肩周りのユニークな対比。


個人的にかなり好きなかたちです。

Vネックのベストとは一味違う感じが

とても良い感じです。

夏は半袖Tシャツと組み合わせるのも

吉かと。



トラディショナルでモダンな変化球。

是非おすすめ致します。







私の

最近の...recently...

冒頭の話の続きです。

それはディスクユニオンさんのサービス。

少しばかり前にいわゆる先行予約をして

忘れかけた頃に入荷連絡が突如。

これが何だかとても嬉しくて喜び倍増。

不意打ちの感じで連絡が来るのが

自分には良いのだと思います。


ちなみにその物件とは?

英国のレゲエバンド

Creation Rebel(クリエイション レベル)の

スペシャルなボックスセット。(6枚組)


レゲエ狂(白人)プロデューサーが

在英ジャマイカン達の力を借りて

自分の脳内で響くレゲエサウンドを

実現!!という驚異的プロジェクト...

長くなるので以下略。

で、やはり職業柄、単品買いよりは

複数買い...財布が軽快になりました。


上から

CAN(ドイツ)

Lee Perry(ジャマイカ)

Dieter Moebius(ドイツ)

そしてCreation Rebel(英国)

詳細は店頭にて??





私の

最近の...recently...その②


原宿遊歩道エリアにある名店

FOVOSさん。久々にお伺いしました。

すると...何と昔買い逃したシャツが。


かのBlack Fleeceシリーズのシャツ。

サイズ表記“BB3”

数年越しの嬉しい買い物。

自分好みなカラーリングの

スクールマフラーも発見。

次の冬が楽しみです!!

FOVOSさん、ありがとうございました。





私の

最近の...recently...その③


先日、休憩中に大江戸骨董市に。

以前こちらで紹介した元スタッフの店

“Nichi”が出店していました。


相変わらずのユニークな品揃え。

今回は岩手盛岡の阿保一郎という作者の

こけしを入手しました。(画像中央)




さてさて

相変わらずの不安定な天候続きですね。

先日は冷たい雨が降り近所の桜は見事に

散りました。残念。それにしても日中と

日没後の気温差がかなりシビアなので

どうかお気をつけてお過ごしください。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。




"吊り編み機"の魅力×ベーシックカーディガン

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】




ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

是非、最後までお付き合いください。

今週はこちらを紹介させていただきます。






LOOPWHEELER×BEAMS PLUS / 別注 Extra Light Plus Sweat Cardigan
カラー:H.GRY、LWマリン(DK.NAVY)
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥23,100(税込)
商品番号:38-13-0097-593

言わずと知れた日本を代表するスウェットブランドである『LOOPWHEELER

BEAMS PLUSとの長年の取り組みも、ファンの皆様はご認識いただいてるかと思います。


 

『LOOPWHEELER』のスウェットシャツと言えば、1時間に1メートル程度しか編めない希少な"吊り編み機"で編んだものだけを世界に発信し続けています。

その"吊り編み機"が現存しているのは世界の中でも日本の和歌山のみです!

大量生産向けの高速編み機であるシンカー編み機に対し、非常にゆっくりとした回転で編んでいる"吊り編み機"

糸に余分なテンションがかからずリラックスした状態で編まれている為、糸そのものの柔らかな風合いが生かされる事で、着心地の良いスウェットシャツが出来上がるという理由です。





そして今回ご紹介する生地は「夏でも着られるスウェット」をテーマに、製作いただいたBEAMS PLUS別注生地。

その名も、、『エクストラライトプラス』

通年で取り扱いのある「LWミドル」に比べ、細い番手の糸を使用した裏毛により、着心地もよりライトに春夏らしい軽快なウエイトに仕上がっております!

冷房が強い電車やオフィスで何かと重宝するカーディガン。

Tシャツやボタンダウンシャツ、スポーツコートのインナーまで、幅広く長いシーズンで着用いただけるアイテムです。





型は非常にベーシックなフロント5つボタンのVカーディガンタイプ。

BEAMS PLUS定番のハイゲージニット カーディガンをベースとし、ボタンやボタンスタンス、ポケットの大きさ、サイズバランスを調整し幅広いスタイルやシーンに対応できるように工夫を凝らしています。




Tシャツからタイドアップスタイルにも対応できる程よいVネックの開き具合◎




肩周りも程よくゆとりを持たせたやり過ぎていないサイズバランス。

スポーツコートのインナーでもゴワつくこと無く快適に着ていただけるかと。




腰元のパッチポケットは程よいカジュアルさ、スポーティーさを演出。

『エクストラライトプラス』の生地とも非常にマッチしています!




袖口にはアイコンであるカタカナで書かれた「ループウィラー」のピスネーム。

海外展開する上で"日本製"であるという証として、日の丸をつけるような思いで「ループウィラー」というピスネームが付けられたのが始まりだそう。

因みにBEAMS PLUS別注のアイテムは、インラインのピスネームの配色を逆転させているのが特徴です。






ボタンはレーザー加工で「LOOPWHEELER」の刻印が施されたホーンボタンを採用しています。

H.GRAYはライトブラウン、LWマリン(DK.NAVY)はダークブラウンを選定しボディにマッチさせた抜かりない仕上がり。


それではニコタマの若武者こと林のスタイリングから。







林はH.GRAYのカーディガンにBEAMS PLUSの5ポケット ワイドデニムを合わせオトナカジュアルスタイルを演出。

彼らしくモノトーンで纏めつつも、ホリゾンタルストライプのカットソーが春らしい季節感のある装い。








大ベテランスタッフ板山は、マドラスチェックシャツ、シアサッカーのアイビー トラウザーズを取り入れた直球のスタイリング。

ネイビーブレザー感覚でスウェットカーディガンを取り入れていただくのもオススメです!

LOOPWHEELER × BEAMS PLUS 別注らしい拘りが詰まった『エクストラライトプラス』のスウェットカーディガン!

是非、店頭やオンラインでチェックしてみてはいかがでしょうか?


それでは〆の『ニコタマガールズ』を。

今週はこちら。



仕事終わりの親睦会にて。

写真中央はRAY BEAMS担当の木村。

いつも周囲に笑顔を振りまき、愛嬌がある素敵なスタッフです!

そして木村の隣は3月16日からビームス 二子玉川に在籍している中丸。

実は私と同期入社のスタッフ!

非常にノリが良く、そのノリの良さに私も押されることもしばしば(笑)

仲が良いのか悪いのか分かりませんが、楽しい親睦会でした(笑)


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜!

おやすみなさ~い



TAKAHIRO


BATONERより。大人なBASQUE SHIRT。

いつもご覧いただきありがとうございます。

時刻は深夜一時となりました。

All Night BEAMS PLUSの時間です!


今週は横浜散策with窪っちゃま

あらゆる場面で写真を撮り忘れ、〆のご飯でようやく一枚。


横浜素人の私では到底辿り着かない場所でしたが、めちゃくちゃおいしかったです。

そして次の日出勤すると…


辻堂マスターの川島はすでに半袖で出勤していました。湘南恐るべし。


さて、そんな本日は昨年大人気だったこちらをご紹介。


BATONER × BEAMS PLUS 別注 BASQUE SHIRT
カラー:D.BROWN、NAVY、NATURAL/NAVY
サイズ:1,2,3
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-15-0137-905

昨年リリースされて大好評だったBEAMS PLUS別注のBATONERのBASQUE SHIRT。

今シーズン新たにD.BROWNを加えて再登場です。

(ビームス 辻堂の爽やか担当 堀川)
まず、このBASQUE SHIRTの話をする上で欠かせないのが「素材」と「サイズバランス」の良さ。


「素材」は薄手のコットン/リネン/ラミー。

透けてしまうほど薄手で、着心地も見た目も非常に涼しげ。

さらに、柔らかな生地からなるドレープが上品さも醸し出します。


「サイズバランス」は、通常BASQUE SHIRTでイメージする広いボートネック&七分袖とは大きく変わり、狭めのボートネック&長めの袖。


首が詰まり袖が長くなることで上品さを出しつつ、袖幅はそのままズドンと大きめにすることでリラックスしたBASQUE SHIRTならではのムードも残しています。

身幅はかなりゆとりをもたせていますが、着丈は短め。

着てみると着丈と袖丈がほぼ同じくらい。ゆったり&スッキリなバランス。


この「素材」と「サイズバランス」が合わさることで上品かつリラックスした"大人のBASQUE SHIRT"に仕上がっています。


若者が着ればオシャレでモテそうなシルエット、年齢を重ねた大人が着れば清潔感あるリラックススタイル。


そんな絶妙な塩梅はBATONERらしい仕上がりです。


そして夏には肩からサッと巻くのもオススメですが…

※巻きすぎ注意です。

それではまた来週。今週も最後までお付き合いいただきありがとうございます。


スタイリングやビデオなどブログ以外のコンテンツも更新しております!


投稿が表示しやすくなりますので是非、「フォロー」をよろしくお願い致します! 

もう1人の人格?自分が現れる?ものとは、、、

深夜1時。

山田兄弟のAll Night BEAMS PLUS”

兄弟、隔週でお届け。こんばんは。()正志です。



みなさん、こちらのイベントは既にご満足いただけましたでしょうか?

ビームス プラス 丸の内、ビームス 神戸で開催された「GHURKA」イベント。関西でも大好評で終えたアメリカ東海岸から生まれたラゲッジブランド。

ご来店頂いた皆様に感謝しています。ありがとうございました。別注品のエグザミナーNO.5はPLUS 丸の内と神戸店で現在店頭にご用意していますので、是非チェック頂ければ幸いです。

BAGは、その人柄やライフスタイル、もう1人の自分が投影されるアイテムだと個人的に解釈しているのですが実は「もう一つ」とあるアイテムもそうだと勝手に思っていたので、こっそりとご紹介。



それは....

「ポケットスクエア」です。所謂チーフですね。

4月に突入し新生活需要もあり、「スポーツコート」や「スーツ」をお召しいただいた際に良くお声として挙がってくるのが....


「左胸ポケットは、どうしたらいいですか?」

「チーフ入れるのか?入れないのか?」


アンサーは?


A.どちらでも構いません。シーンによって

挿す、挿さないの判断で良いかと自分は思っているので。と僕はお答えしています。

もちろん、格式の高い場面では必須である。


と言うのは、

現在に於いては、唯一の「装飾品」が「嗜好品」に変化している?浸透しているからだと考えてみる。


スーツは元々、軍服から由来するユニフォームでもあった事は言うまでもないが、左右対称の制服を纏って威厳たっぷりな印象?姿を与えなければいけません。


そんな背景がありながらも発展していく、ユニフォームに対して左胸に目線がいく非対称な視覚効果が生まれるユニークさやエレガントさ、挿すことでの主張、自分らしさが出るのではないかと改めて感じているのです。


皆様は、どうでしょう?....


と、長々とすみませんが

BEAMS PLUSでは、磐石のラインナップでご用意。

まずはコチラです。




BEAMS PLUS / Pocket Chief Linen Solid

カラー:WHITE

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,050-(税込)

商品番号:38-47-0007-107


一先ず、こちらのホワイトリネンを第一候補?

持っていて損は無しの代表格。様々なシーンに対応してくれる唯一の基本のキ的なアイテム。シルクに比べて光沢感を抑え、キリッとしながらも控えめで端正なムードを演出してくれますよね。型も崩れにくく、ハリもあるので春夏の代表格である生地、秋冬の代表格生地も様々あるかと思うが、挿すとしっくりと馴染んでくれますので迷ったらコチラをおススメします。シーンによっては、スリーピークスでも。自分は、TVホールド一択。


そして、お次はシルク素材....



BEAMS PLUS / Pocket Chief Silk Dot3

カラー :DOT小、DOT大

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,600-(税込)

商品番号:38-47-0014-107





BEAMS PLUS / Pocket Chief Silk Bandana

カラー:NAVY、BLACK

サイズ:ONE SIZE

価格:¥6,600-(税込)

商品番号:38-47-0015-107


シルクは、コットンやリネンより滑らかであり、

胸に挿す場合はスクエアスタイリングより「パフやクラッシュドパフ」が相性が良い。シルクタッチのテクスチャーに上品な印象と華やかでエレガントなムードが高まります。挿し方や素材感で、特徴が出せる「ポケットスクエア」改め、嗜好品。装いに動きが付き、スポーティな雰囲気も演出できます。


気分はシーズン毎で変化しますが、

最近はクラッシュドパフスタイルが多め。何も考えていないような無造作感を意識して胸ポケットに挿すのですがこれが案外時間がかかる為、練習が必要です。笑


そして最後に

こちらのコーディネートは参考にしてみてもらえると嬉しい....





BEAMS PLUSのNEW FITであるスポーツコート。×キャンディストライプシャツ。

タイドアップやノータイでの検証。

1枚目のような、洗い晒したオックスフォードシャツに対して動きあるVゾーンには目線をずらす手法でチーフはパフで奥行きを出しています。

2枚目は、どうだろうか?

シャツをしっかりプレスした状態でハリのあるスポーツコート、ブラックのニットタイ....

この場合は、キリッとした佇まいの方がしっくりきませんか?






今回はタイドアップやシャツを用いたノータイでのスタイリングイメージでしたが、

冒頭でお伝えした「着用するアイテム」によってのバランスがあるので自分はシャツ以外でのコーディネートでも多用したりします。


また、そのコーディネートは次回?

後日、レーベルスタイリングでUPしてます。


カバンと同じ解釈

人によって変化する

鏡に映らない、もう1人の自分....


では、次は4/19()深夜1時にお会いしましょう。

p.s.  兄(広志)は、コットン製がいい?バンダナ?

  弟(正志)は、シルクチーフ派。


YAMADA brothers


↑↑フォローして頂くと、ブログの他にスタイリングやフォトログ、ビデオなどそのような情報も手に入るので宜しければ会員ページからフォロー、そしてお気に入り(いいね)引き続き、ご贔屓に。。。



インスタグラムもやっています。

日々のコーディネートをUPしてます。

是非、フォローしてやってください↓↓

Convertible 4way Sports Shirt ~MOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUS~

夜更かしの皆さま、こんばんは。

木曜日深夜担当のカリスマYANAIです。




今週末は・・・






MOUNTAIN RESEARCH × BEAMS PLUS / 別注 Sports Shirt
カラー:ブラック、バーガンディ、パープル
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥30,000-(税込)
商品番号:38-18-0583-249


MOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUS

“Sports Shirt” Release...



既にSNS上では拡散がスタートしているこちらのアイテムを本日ご紹介させて頂きます。

ここ数シーズンはデザイナー小林氏とBEAMS PLUSバイヤーのサミュエル金子が所有するビンテージアーカイブをリサーチし、

アノラックパーカーやスポーツシャツ、ダウンジャケットと・・・様々なアイテムがリリースされてきました。





本別注もサミュエル金子が所有するビンテージアーカイブをベースに

デザイナー小林節正氏がリサーチし、ブランドらしくディテール・デザインを盛り込んだアイテムに。

思い返すと23年春夏でリリースされたのもスポーツシャツ。

この時製作して頂いたのはイギリスのスポーツシャツをベースに、ボディのパネル使いでチームカラーが配されたアイテム。

後にラグビージャージとなる原型です。

これはサミュエル金子が所有しているビンテージアーカイブと共に並べられた23年春夏にリリースされたスポーツシャツ。

ワントーンにまとめつつ、フロントはパネルの切り替えをデザインしています。





そして今回の24年春夏のスポーツシャツは・・・

選手が着用するコットンではなく、

審判用が着用されていたポリエステル素材のビンテージアーカイブをベースにしています。

選手用の目の詰まったコットンとは違い、

軽さと乾きが早いポリエステル素材、そして襟とカフスが取り外しできるデタッチャブル仕様。

実用的であり、こう素材感やギミックをMOUNTAIN RESEARCH 小林氏にリサーチしてもらい、BEAMS PLUS別注として製作してもらおうというところからスタートしました。




そもそも・・・スポーツシャツとアウトドア??と思われる方もいらっしゃるかと思いますが

60年代後半にアメリカで流行したバックパッカーブーム。

クライミングカルチャーとヒッピーカルチャーが合わさり、

高機能なウェアに身を包むのではなく、

今までデイリーウェアとして着用していたネルシャツやスウェット、ジーンズにカーゴパンツ・・・

そういった身の回りの洋服で自由にクライミングする人たちが増えていったとの事。

もちろんその中でも耐久性が高く、運動に適しているスポーツシャツもアウトドアシーンで実際に着用され、

ヘビーデューティーなルックのスタイルには最適なアイテム。

だからこそ23年春夏も24年春夏もこのスポーツシャツをMOUNTAIN RESEARCH 小林氏に別注依頼をさせて頂きました。




話は商品に戻りまして・・・

まずは今回のモデルはコットンではなく、アーカイブ踏襲のポリエステル素材で製作。

クラシックアウトドアウェアらしい発色の良さは、

今回のコンセプトにも沿った最適な素材です。

軽く、とにかく速乾性に優れたポリエステルは夏場の暑い時期にはとても重宝します。



そしてデザインと言えばやはりディテールがポイントの一つ。

アーカイブの襟、カフスがデタッチャブルである事から





襟の取り外しは踏襲し、23年秋冬で好評であった袖の取り外しでアレンジ。

 




襟を取り外せばノーカラースタイル、

袖を外せばショートスリーブスタイルとしてレイヤードや夏場の半袖シャツとして活躍してくれます。




とにかくスタイルに合わせてコンバーチブルできるディテール。







ブランドのアイコンでもある胸のアニマル刺繍は

スポーツシャツに見られるチームのシンボルでもあるワッペン解釈。

ワッペンの様に一目で分かるブランドのシンボルを今回もデザインして頂きました。




フィッティングはゆったりとしたサイズ感。

これはアーカイブのモデルもゆったりとしており、

ブルゾン的な用途として作られたのではというリサーチの見解からこのサイズ感に設定しています。

春先はシェル感覚でレイヤードスタイルを楽しみ

夏場はリラックスした涼しげなフィッティングで着用ができます。





カラーは3色。

オリジンカラーでもあり、ブランドらしいBLACK

クラシックアウトドアウェアらしく、ポリエステル素材の発色の良さが活きるPURPLE

そして同じくアウトドアウェアと言えばのBURGUNDY




サミュエル金子はBURGUNDYを







アメリカンクラシックアウトドア、ヘビーデューティー・・・

ボタンダウンシャツにラグビージャージ、ミリタリーパンツと

前述した60年代後半~70年代のスタイルを彷彿させる組み合わせでコーディネート。

タフなアイテムとも馴染が良く、スリーブを取り外したレイヤードスタイルで軽快な着こなしです。

ミリタリーパンツととても相性が良いBURGUNDY。



私はPURPLEを






ネイビーブレザーにボタンダウンシャツでラグビージャージ的な着こなしに。

軽いポリエステル素材だからこそレイヤードがしやすく

春先の寒暖差でも風よけ的な意味を込めて。

ハーフジップによるVゾーンの見え方も、打ち抜きのボタンとは違ってスポーティーな印象です。




リラックスしたフィッティングではあるものの、生地のウェイトと滑りの良さは、

今時期からイン・アウトどちらでもおすすめです。

気温に合わせての着こなし、スタイルに合わせてコンバーチブル、

着こなしの幅がまた一段と広がるMOUNTAIN RESEARCH×BEAMS PLUSの“Sports Shirt”

今週末にいよいよリリースされますので・・・是非、取り扱い店舗、もしくは近隣店舗へお取り寄せ頂きご試着下さい。




そして明日4/5(金)の10:30〜より、

ビームス プラス 原宿の公式Instagram(@beams_plus_harajuku)にて

店舗スタッフとサミュエル金子によるInstagram LIVEを配信いたします!




今回の別注のストーリーからアイテムの説明、フィッティング、着こなし等・・・色々と語られます。

その場で質問事項をコメントして頂ければ、その場ですぐ返答もできますので是非お時間ある方はLIVEにご参加下さい。



カリスマYANAI

おすすめのシャツジャケットです。




皆様こんばんは!!


4/3(水)深夜25時

オールナイト ビームス プラスの時間です。



いよいよ4月。入学/入社式真っ盛り。

みなさん眩しく見えます。自分も100年前

こんな感じだったのだろうか...自問。



先日の休み。例によって定点観測的に

上野アメ横の店舗等を巡回していました。

先週も巡回したばかりでしたので

あまり期待せずに行ってみると...!!!

予測をはるかに超えたモノと出会う事が

出来ました。やはりこまめに行くのが

吉ですね。行って良かったです。

そして、嬉しさでフワフワした気分で

蔵前方面に発作的に歩を進めていました。

3駅分くらい歩き、そろそろ疲れと飽きが

出始めた頃、交差点の先をふと見ると

幻の如き光景が!?






さて、今回はこちら。引き続き

TUBE(チューブ)別注シリーズより。







TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Check Shirt Jacket
カラー:ネイビー
サイズ:S,M,L
価格:¥42,900(税込)
商品番号:38-18-0563-063



シャツジャケット。名前の通りに

シャツとジャケットを折衷した

両方の良いところどりなウェア。

それが斎藤さんの手にかかると?


先ずファブリック。

メンズスタイルのベーシックカラーである

ネイビーをベースにブルーのチェック柄が

映えています。シンプルで美しいです。

そしてよく見ると、このチェック柄は

織りではなく、ステッチで表現されて

います。これはヴィンテージ生地等で

見られたものを新たにデザインとして

表現したものです。

感触はザラっとして独特の凹凸があり

良い雰囲気です。



次にディテールについて。

衿は少し前下がりのオープンカラー調。




背中側にはハンガーループが。




サイドには

アジャスターを装備。

ボタン2個ではなく、ホール2個仕様。



そしてシンプルなバッチポケット。


野球のホームベースみたいな形状です。

さり気ないアクセントになっています。




肩周り。


肩から側章みたいな切り替えになって

いるのがユニークです。



裏側のパイピングにもご注目を。


通常でしたらネイビーを選びますが

敢えてホワイトです。

どこかユーモラスですね。





ボックスシルエットのカバーオール的な

雰囲気が魅力的だと思います。

ジャケットとしてもシャツとしても

お楽しみ頂ける1着。

軽快な着心地ですので、正にこれから

おすすめです。






私の

最近の...recently


冒頭の続きです。

先ずはアメ横エリアにて確保したのは


PARKER(パーカー)のボールペン

鈍いシルバーカラーが美しい。




で、丁度グリップする部分だけに

細かく凹凸がつけられています。




そして...現行には存在しない

USAメイド。嬉しすぎ。




私の

最近の...recentlyその②



蔵前で見た奇跡。

我が目を疑いました。


何とGARAKUTA貿易さんの復活。

見覚えのある元スタッフさん達が

オーナーの了承を得て、再出発。

これまた嬉しすぎ。

さらに嬉しかったのは!!何と顧客様が

偶然いらっしゃった事。嬉しすぎ。


で、今回は?


夜光物質を封じ込めたカプセル?を

買いました。USAメイド。


眩しすぎ...とは?

実用性があるかどうか怪しいけど

魅力的。そんな夢のある商品がずらり。

またお伺いします。




私の

最近の...recentlyその③


ビームス ボーイ 原宿にて


louise,mana et sae


この日は春らしく

pink&indigoをドレスコードに。

軽やかでキュートな仕上がり。

自分達のブレザー圧力団体みたいな

スタイルとは真逆です。笑


実はその前日。


ビームス 恵比寿に移籍?した

hinacoと再会。

原宿とは異なる忙しさに戸惑いつつも

頑張っている様子でした。






さて、天気の変わりっぷりはともかく

気温はそれなりに安定してきました。

やっと春のファッションをイメージし易く

なってきたと思います。皆様、改めて

体調管理を万全になさってお過ごし

くださいませ。


では、また来週!!


ビームス プラス 丸の内

丹羽 望







↑Instagramも定期的に更新しております。ここでしか見られない投稿も盛り沢山。よかったら、ご覧下さいませ。



ニューフィット、ニュースタイル

まいど!

グラマラス藤井やで!


 

毎月恒例の帰省から帰ってまいりました。

やはり、地元の空気は落ち着きますね。


(安定感あるであろう僕の脚の上で熟睡する、藤井ぷぷ君です。)


何もせず実家で愛犬と戯れる時間は、プライスレス。


充電もできたので、本題へまいります!

第28回、グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS!


まずは、先週のプラジオ プレイバック!



(画像をタップもしくはクリックで番組ページに飛べます!)


最近の木曜日は特番つづきでございます。

毎週のようにリリースされる別注アイテム。

(皆様、着いて来れてますでしょうか??)

先週は、KAPTAIN SUNSHINEのトラベラーセットアップ!

ということで、デザイナーの児島氏に登場して頂き

サミュエル金子と2人で、深い古着の話も交えながらのトークセッション!


児島氏のモノづくりにおける裏話も入っていたり、これまた必聴の内容に。

既に店頭に無い色やサイズもあるとか、、気になる方はお早めにチェックを!

では、そろそろ本題へ。

今週、僕から紹介するのはコチラ!






BEAMS PLUS / 3ボタン Box-Fit Jacket Linen Cupra Houndstooth
カラー:アイボリー、ブラウン
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥39,600(税込)
商品番号:38-16-0420-887

BEAMS PLUSより。

ニューフィットのジャケットを紹介します!


何故このアイテムなのかというと

先日、ビームス 神戸に店立ちした際に

自分の中で上手くスタイリングがハマっていないと心の中でモヤモヤしていた時

このジャケットをバックルームで見つけまして、新型のボックスフィットというのもあり試してみたところ

サイズが、自分にジャストフィーット!となったわけです。

そんなテンションのまま、今回のブログを書いております。




これはあくまで、僕の場合ですが

まるでオーダーしたかのように抜群のサイズ。


通常の3つボタンジャケットと比べて

身幅と肩幅にゆとりを設けられたデザイン。

残念ながら(?)既存のジャケットだと、XLでも厳しめなサイズだったものが

このフィットになってあれば、しっかり楽しむ事が出来ます!


それでは、生地の話に移ります。






カラーは2色展開。

アイボリーとブラウン、どちらも渋めな色合い。

柄は、とても細やかなハウンドトゥース。

クラシックな型と相まって、とても落ち着きのある印象を与えます。




生地はリネンとキュプラで織られており

とても清涼感のある、春夏らしい生地。

リネンのみだと発生しがちな毛羽立ちや、それによるチクチク感も大幅に軽減されております。




ちなみに、これくらいには透けてます。

夏でも軽快かつ快適に着用できるのは、一目瞭然。

今時期は長袖シャツ、夏に近づくに連れて半袖のポロシャツやTシャツでも。

長い期間を楽しめるのは、単純に洋服として嬉しいポイントですよね。




まだ2回ほどの着用ではありますが

麻を使用したアイテムならではのシワも良いよな〜、、と。




この、表地と裏地のマッチングもまた。。!

憎いな〜!と思わせられた色使い。

風になびいた時に、チラッと見えたら洒落てますよね。


では、スタイリングサンプルを。




ビームス 神戸のエラリー大﨑から。

彼は、アイボリーをチョイスしております。

全体の色合いもワントーンに揃えながらも

チノトラウザーズのラフな表情がアクセントに。

ネクタイのチョイスもまた、彼らしさがあります。




続いて、僕のスタイリング。

どちらかというと少し季節の先取りなイメージで組んでみました。

(まだ正式にショーツは解禁してませんよ!)


あくまで、ジャケットをカジュアルに着こなしたいということで

こんなクオーター丈のミリタリーパンツと。

肩肘張らないトラディショナルスタイルを楽しみたい、最近の僕です。


オーバーサイズというわけではないですが

フィッティングが緩やかになった分、より自由にジャケットを楽しめるのでは??

これこそ、一回着てみて頂きたい。


百聞は一着に如かず。


では、、

そろそろ締めに向かいましょうか。


当ブログの締めコーナー!

その名も『シメメシ』


今回は、コチラです!




鳥すけ / 鶏モモ網焼き定食(ネギ塩タレ)

価格:¥790(税込)


本日は、通称“第3ビル”の地下にある焼き鳥屋さんのランチを食べに。

(大阪駅の近くに第1〜第4までオフィスビルがあり、ランチスポットが多いんです。)


まず値段の安さに驚きます。

これで、ご飯も味噌汁も(僕は食べられませんが生卵も。)おかわり自由。

ジューシーな鶏モモ肉、網焼きの香ばしさも加わり、とても美味しい。

(でも本当は、もう少しボリュームも欲しい。。笑)


味付け海苔、久しぶりに食べましたが

やっぱりご飯との相性がハンパないな、と。

ご飯の上に乗せて箸で包んで食べる感じ、家庭感があって良かったな〜。。


今回はネギ塩タレにしましたが、次は焼き鳥タレで頂こうと思います。

来週の『シメメシ』は何処へ??


また来週、お会いしましょう!


グラマラス藤井

BEAMS PLUS 放送部、絶賛活動中!

無料配信アプリ 『stand.fm』をダウンロードしていただき、【プラジオ】で検索いただくとご視聴いただけます!

↓↓

月曜日〜金曜日のAll Night BEAMS PLUS がこちらから一挙にご覧いただけます!

↓↓

【TAKAHIRO BEST BUY】 〜ポロシャツ編〜

【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】



ビームス 二子玉川のTAKAHIROです。

今週も【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】が始まりました〜!

早いものでもう4月ですね~。。

お花見や入学式、4月末からゴールデンウィークとイベントや行事が目白押しです!

季節の変わり目、春はストレスが溜まる時期でもありますので、皆様くれぐれもご自愛ください。

それでは今週はこちらを。




BEAMS PLUS / ストライプ ジップ ニット ポロシャツ
カラー:BLACK、BROWN、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥15,400(税込)
商品番号:38-02-0031-156

今シーズンもBEAMS PLUSから数多くリリースしているポロシャツ達。

BEAMSの中でもここまでバリエーション豊富にご用意しているレーベルはなかなかございません、、。

そんな中、一際目に引くのがこちらの『ストライプ ジップ ニット ポロシャツ』

私自身も毎シーズン楽しみにしているアイテムで、入荷後早速購入しました!

その名も『羽織れるポロシャツ』



「NAVY」



「BROWN」


「BLACK」


カラーはNAVY、BROWNに加えビームス 二子玉川では展開がございませんが、BLACKもご用意しております。






前身頃の柄はストライプ柄にダイヤ柄をミックスさせ大胆にジャカードで表現しています。

1950年代〜60年代のストアブランドに見られるようなクラシカルな雰囲気漂う一着。

ボディのカラーに馴染むようにストライプ柄を構成し、見た目以上に派手派手しさを感じない仕上がり。

一枚でもサマになり、スポーツコートやブルゾンのインナーに着用した時に見え隠れするストライプ柄もなかなか粋です!




素材はコットン糸とラミー糸を混紡させ度詰めで編み立てられており、上品なルックスと肌離れが良いドライなタッチ感が特徴的。

そして良く見ると反対側の糸(白糸)が滲むように見え隠れし素朴な雰囲気と奥行きのある風合いを感じていただけます。

素肌に!とはいきませんが、カットソーの上からサラッと羽織ってみてはいかがでしょうか。




襟は程よい小振りな襟型で主張が少なく、スポーツコートとの相性も◎

ジップを上まで閉めていただくとクルーネックのカットソーが少し覗くくらいのバランスです。

ボタンダウンシャツをインナーにタイドアップスタイルも楽しめそうです。




肩先はやや落ち、程よくゆとりのあるサイズ感。

クラシカルな雰囲気があるアイテムだからこそこのぐらいのバランスの方が現代的で良いですね。

袖の長さも肘くらいまでの長さがあるので、気恥ずかしくなく着用いただけるかと。

袖口のリブも程よいフィット感です。




そして着脱がしやすく着こなしの幅が増えるダブルジップのスタイルを採用し、アップデートを施しています。




袖と後身頃はソリッドカラーで表現。

前身頃のストライプ柄に対し、シックな雰囲気が大人の余裕を感じさせてくれます。





スタイリングはBEAMS PLUSパートナーである岩瀬。

モナリザプリントで表現したスポーツシャツジャケットを合わせ、ネイビーで色を統一しつつ「バティック」と「ストライプ」を掛け合わせたコーディネート。

トラディショナル、スポーティな雰囲気もありつつユーティリティトラウザーズ合わせが彼らしい着こなし。






私も早速購入したNAVYのストライプ ジップ ポロシャツを。

先ずはネイビーブレザーとのコーディネート。

夏は一枚で着用したり、インナーに色物のカットソーやストライプのTシャツ等々、、。

色々妄想を膨らませ楽しみたいと思います。

シアサッカーのスポーツコートも良さそうだな、、。

是非、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?


それでは今週の『ニコタマガールズ』

何やら盛り上がっているブランドがあるという情報を聞きつけオトナ ビームス(Demi-Luxe BEAMS)に潜入〜




オトナ ビームスを体現する加藤(左)栫井(右)が迎え入れてくれました!

2人が着用しているのが、Demi-Luxe BEAMSで取り扱いのあるAK+1(エーケー ワン)

亜希さんがディレクションするブランドだそう。

オーセンティックなメンズウェアのディテールを踏襲しながらも女性らしいパターンに落とし込んだウェアを中心に展開中です。

是非、奥様や大切な方への贈り物にいかがでしょうか?

いや~2人共AK+1(エーケー ワン)が凄くお似合いで素敵ですね。。

間に挟まれた私は若干顔が引きつってしまいました、、。

ご愛嬌と笑っていただければと思います(笑)


それでは今週はこの辺で。

来週の【TAKAHIROのAll Night BEAMS PLUS】もお楽しみに〜



TAKAHIRO


インディゴ×鹿の子×カーディガン

いつもご覧いただきありがとうございます。

時刻は深夜一時となりました。

All Night BEAMS PLUSの時間です!


今週は中目黒のPost O'Allsで開催されているとあるイベントへ。


なんと、自分と同期入社のアーティスト"TOMASON"とBEAMS PLUSではお馴染みの"Post O'Alls"がコラボ。


買わないわけにはいきません。

BEAMS時代にTOMASONと一緒に働いていたバイヤー柳井も駆けつけ3人で1枚。


お時間ある方ぜひ中目黒へ!


さて、それでは本題へ。

本日ご紹介するのはこちら。


REMI RELIEF × BEAMS PLUS 別注 Indigo Kanoko Cardigan
カラー:Indigo,Stripe
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥28,380(税込)
商品番号:38-13-0204-671

REMI RELIEFといえばインディゴ。そんなブランドらしいアイテムをご紹介。

とはいえただのインディゴ染めではありません。


インディゴ糸で編み立てた鹿の子素材。

ブランドらしく味わい深い雰囲気が出ています。


すでに抜群の雰囲気ですが、ここから洗いを繰り返していった経年変化も楽しみ。


リブまで良い。デニムとはまた違ったインディゴの濃淡を楽しめる大人な一着です。


さらに、インディゴの風合いはインディアンジュエリーとも相性抜群。


インディゴ×インディゴチェックシャツ


合わないはずがないですね。

このチェックシャツも本気で狙ってます。


そしてもう1色。


インディゴ糸の濃淡で色分けしたストライプ。

濃いめのインディゴオンリーだった無地とはまた違った爽やかな雰囲気。


濃〜薄まで計4色のインディゴグラデーション。非常に手が込んでます。

もちろん裏側もグラデーション。


当たり前のようですが、当たり前ではない。手の込んだ一着です。


湘南の青い空とともにホワイトパンツで爽やかにスタイリングしました。


さて、いかがでしたでしょうか??

この時期重宝する「サッと羽織れるヤツ」。オススメです。

それではまた来週。今週もありがとうございました!