OKINAWAN MARKET〜上江洲茂生〜

片桐 2018.03.01

いよいよ明日に迫りました。


”OKINAWAN MARKET2018”

会期:2018年3月2日(fri)~2018年3月11日(sun)

場所:原宿インターナショナルギャラリー ビームス2階 fennicaコーナー


”デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、世界の良品を紹介するfennica<フェニカ>では毎年恒例となった人気イベント「2018KINAWAN MARKET」を原宿のインターナショナルギャラリー ビームスにて開催致します。”オキナワン”とは”沖縄の”という造語。伝統的な沖縄陶器である”やちむん”を始め、アクセサリーや雑貨、籠、食品まで沖縄のクラフトを幅広く展開。本イベントに併せ<フェニカ>の別注アイテムもご用意しました。ぜひこの機会にお越しください。


【主なラインナップ】

・読谷山北窯/松田米司、健吾  ・読谷山北窯/松田米司、健吾  ・山田真萬  ・室生窯/谷口室生  ・陶器工房風香原/仲里香織  ・菅原謙 ・陶藝玉城/玉城望、若子  ・工房福田/福田健治  ・照屋窯/照屋佳信   ・茂生窯/上江洲茂生  ・横田屋窯/知花實  ・金細工またよし  ・守紅/宮城守男


茂生窯 上江洲茂生さん

1970年に壺屋焼の仁王窯、小橋川永昌氏の元に弟子入りし、10年の後に独立し読谷村座喜味に登り窯を築く。以降、沖展賞を始め様々な賞を受賞。以降、40年以上に渡り器作りを続けています。


fennica<フェニカ>で扱う沖縄の作り手さんの中でも長くお付き合いのある職人さんです。独特の風合いや色彩で、多くの中にあっても上江洲さんのものは目に飛び込んでくる力強さがあります。





花や魚の柄も上江洲さんの手にかかると柔らかい、優しいタッチになります。特に魚の柄は表情がユーモラスで楽しげです。



この感じも上江洲さんの器をお持ちの方であれば、馴染みがあるのではないでしょうか。伝統的な壺屋焼を思わせる、素朴で温かみのある上江洲さんの器は手に取ったり使ったりしている内に、心地よくほっとしてくるのです。


上江洲さんは厨子甕(ずしがめ)作りの名手でもあり、インターナショナルギャラリー ビームスに鎮座しているこちらも上江洲さんの手によるもので一見の価値があります。是非店頭でご覧頂きたいと思います。


OKINAWAN MARKET2018”に関する商品のお問合せは、イベント開催初日の3/2(fri)以降に原宿インターナショナルギャラリービームスにて承ります。また、今回のイベントに際して入荷する商品は、原則として期間中は元より事前のお取り置きや他店舗への取り寄せ、通信販売等は承り兼ねます。予めご了承ください。インターナショナルギャラリービームス Tel:03-3470-3948




International Gallery BEAMS 2F

Katagiri