スタッフ「上山 恵司」の記事

SLOWGUN TRUNK SHOWリポート…

列島では各地台風の影響で気温が急上昇したり、断続的に豪雨に襲われたりと、気候的には非常に不安定だったこの頃でしたが…

店頭には2018秋冬アイテムが毎日の様に大量リリースされています。。。

昨日などは東京で30℃越えとなり汗ばむ気温で薄着の人なども多かったですが、さすがにこれを境に一気に秋めいてきそうなので、新規秋冬物のチェックをお願いしたいところです。。。


さて、いきなりですが今回ご紹介したいのは先週末にBEAMS F 新宿にて開催していました<SLOWGUN>TRUNK SHOWのお話し・・・




1990年代にフランスや岡山のデニムブランドや工場に従事し、物つくりを学びながら国内外の幾多のブランドにデザイン・製品を提供してきた小林 学氏が1998年に立ち上げたブランド。「なつかしくて新しい服」をコンセプトとし、60~70年代の映画、音楽をインスピレーションの根源とした「次の最新」を、時代の気分や過去のエッセンスから抽出。デザインからウェア製造までのアプローチを行っている。

<SLOWGUN>ブランドと言えば真っ先に思い出す…代表的なこの「スタジャン」がメインの今回のオーダー会だったのですが、多彩な生地にバリエーション豊富なボタンや裏地まで用意され、個人好みの一着を作れる貴重なオーダー会でした。


オーダー会の前には同ブランドデザイナーの小林氏を迎え、店舗スタッフの勉強会を行った上でオーダー会に臨みました。



※こだわりアイテムの説明にも一層熱が入る小林氏


深みのある話しにスタッフ一同興味深く

耳を傾けるシーンが多く、非常に有意義な勉強会になったと思います。。。


そしてオーダー会初日を迎え…




10/5(金)は折しもの台風の影響から、ご来店頂けるお客様が少なく苦戦の状況でしたが、スタッフ間で2日目3日目の準備を心掛けました。




オーダーできるスタジャンのベースになるのがこちらのタイプ・・・


一部に熱狂的なファンがいると言う…こちらのモデル。。。




オーダー会では特別に、ちょっと普通にはあまり出回っていない生地を小林氏独自のルートで数メートル確保…




こちらも珍しい…あの柄ですね。。。

当然なくなり次第終~了~・・・な生地なのです。。。





現行として普通に使用できる釦に加え、こちらまさにマニア心をくすぐるビンテージのアンティーク釦は歴史的価値のあるタイプも数種ご用意頂いています。。。

釦の話しを聞くだけでも非常にそそられます。。。




オーダー会当日にも小林氏が来店、、、

ちょっとした空き時間にも商品に対する知識やオーダーに対するレクチャーをして頂きました。。。


以前より、一部百貨店やセレクトショップでは非常に話題になっている<SLOWGUN>のオーダー会ですが、今回BEAMSでは初めての開催だったので、結果の部分で不安もありましたが、ブランドのファンの方や顧客の方もご来店頂き、次にもつながる有意義なオーダー会になったと思われます。。。


我々世代が弱いこの「自分だけの一着…」フレーズ、、、ご興味頂ける方は次回以降、是非よろしくお願い致します。。。




KAMIYAMA (小林さん、ありがとうございました!)


今季もニットブルゾンがねらい目…<GRAN SASSO>

一雨ごとに秋めいてきた今週…

思えばあんなに暑かった今年の夏でしたが、今やちょっぴり懐かしさを感じますね…


さて、現在店頭では2018秋冬アイテムが絶賛大量リリース中なのですが、そんな中でも特にニットにフォーカスされている方も多いのではないでしょうか。。。


そこで昨年店頭入荷後、瞬く間に完売したこちらの<GRANSASSO>ニットブルゾンが今季再登場なのです!



1952年にイタリアの小さな村で創業。会社のモットーである“品質が商品を語る”と言う思いが現在におけるまで全てのコレクションの基礎となっています。あらゆる年齢層のお客様に満足される商品を提供するために、伝統的でベーシックデザインに季節毎の流行を取り入れて若い世代にも受け入れられる商品ライン を提案しています。




<GRAN SASSO>コンビネーション ジップアップブルゾン

NO,24-15-0163-343

PRICE:¥63,000 (+税)

フェイクムートンとローゲージニットのブルゾンタイプなのですが、先ず見た目のラグジュアリー感に加え保温性も兼ね備えたモデルになっています。
まさに”おとなの余裕”を感じる1点と言えそうですね!


そしてBEAMSで展開している<GRANSASSO>の代名詞と言えばこちら12ゲージのモックネック!



<GRAN SASSO>別注12ゲージ モックネックニット

NO,24-15-0050-343

PRICE:¥22,000 (+税)

定番的なホワイト、ネイビー、ブラック、ブラウンに加え、今季は新色としてワインカラーが登場!




ジャケットコーディネイトの挿し色として、かなり今シーズンっぽい雰囲気になりますね。。。



こちらのホワイトをインナーに合わせるコーディネイトは完全に定番化していますが、今季再注目のヘリンボーン柄ジャケットにもすんなりマッチするので、個人的も好きなコーディネイトです!

この冬も重宝間違いなしのモデルですね!

今シーズンもブレイク必至な<GRAN SASSO>に是非ご注目して下さい!





KAMIYAMA



ラグジュアリーな着心地を追及したセットアップ<AUXCA.TRUNK>

しかし先週までの暑さがまるで嘘みたいに、ここ数日は一気に秋めいてきた印象ですね。。。

洋服好きの皆さま、大変お待たせ致しました!ファッションの秋でございます!


そんな2018秋冬シーズンの本格的なスタートですが、ここ数シーズン大人のセットアップスタイルを推奨しているBrilla per il gustoレーベルから、新規ブランドの<AUXCA.TRUNK(オーカ・トランク)>をご紹介致します。



赤坂で70年続くテイラー「テイラーアンドクロース」が提案する大人のためのデイリーウエア。「理由のある服」をブランドコンセプトに、日常感のあるリアルな本物を作り、新しい価値観を提供します。



こちらの<AUXCA.TRUNK>先ず何が凄いのかと言うと、袖を通してみるとその着心地に一発でノックアウトされること請け合いの、テンセルカシミヤジャージーと言う肌触り抜群の素材を使用している事に加え、老舗テーラーの縫製技術が加味されたことによって仕上がった、ある意味で究極とも言えるモデルだからなのです。

上の画像はオフホワイトカラーのセットアップですが、他には何かと使いやすいミディアムグレーとブラックもご用意しています。




この様にJACKET単品でコーディネイトできるのも良いですね!

ウインターホワイトも今シーズンお勧めのスタイル!




そして同素材のジップパーカーもラインナップ!

こちらはよりスポーティーなスタイルになりますが、素材の柔軟性が圧倒的なので、休日コーディネイトに特にお勧めですね。



そう言えば既に店頭配布が始まっている、シーズンカタログにも掲載されているので、チェックされている方もいらっしゃるのかもしれませんね。。。

と言う訳で私が四の五の言う前に、先ずはこちらの商品是非一度触ってみて下さい!

その肌触りに驚きを与えることをお約束します。






KAMIYAMA


TAGLIATORE TRUNK SHOW開催~BEAMS EX 横浜~

9月に入って一週間が経ち、日差しも幾分秋っぽくなってきたような気がしますが、関東は暑い週末ですね…


そして今週は、店内新規商品が大量リリースされ、すっかり秋一色の雰囲気でお客様をお迎えしております。。。


そんな中ですが、Brilla per il gustoレーベルではここ数年に渡って絶好調ブランドである<TAGLIATORE>のパターンオーダー会をビームスEX 横浜にて開催中なんです。



マーケティング主導のファッションに対し、タリアトーレはデザイナーであるピーノ・レラリオ氏自身のスタイルを前面に押し出したブランド。
ブランドネームはイタリア語で"裁断士"を意味し、その名の通り両脇からウエストを絞った立体的なフォルムは、卓越したカッティング技術に支えられています。さらに厳選した素材と組み合わせることで、クラシックテイストを醸し出しつつ、南イタリアらしい柔らかさと力強さを演出します。




オーダー頂けるモデルにはベーシックなシングルの2つボタンをはじめ、ダブルブレステッドやさりげない艶感が魅力のピークトラペルをスーツ、ジャケットともにご用意します。ジレやパンツ単体でのオーダーも可能で、お選び頂ける生地のバリエーションも70種類と豊富に展開します。

既製のタイプではあまり使用しないような珍しいボタンなども揃えておりますので、遊び心を交えてオンリーワンのアイテムをお作り頂くまたとないチャンスとなっております!

そして本日(9/8)はBrilla per il gustoバイヤーであり、今や世界のメンズファッション界を代表するインスタグラマーでもあるTAKADA(持ち上げすぎました)も店立ちしており、皆様をお迎えしておりました!



今回のオーダー会で直接彼に接客を受けられた方は、特に<TAGLIATORE>をお好きな方であれば、デザイナーのことやバイイングの裏話など、聞けるようでしたらラッキーだったかもしれないですね。。。




カスタムオーダー会は9/9(日)明日までです。


ご興味のある方はビームスEX 横浜まで是非、、、お待ちしております。





KAMIYAMA




詳しくはclick click!

 ↓

今季もニットが炸裂しそうです…<ANDREA FENZI>

しかし残暑と言うべきか、まだまだ夏真っ盛り…とでも言うべきか、9月になろうとしても気温が下がらず暑い日が続きますね…

まだまだ外は暑いですが、店頭は毎日のように秋物がリリースされています。。。
そんな2018秋冬シーズンスタートのこの時期、お早い方は先ずこの辺りから如何でしょうか?



ANDREA FENZI COTTON/WOOL MOC NECK

NO,24-15-0019-210

4COLOR:WHITE,DK.BLUE,NAVY,BLACK

SIZE:42~50

¥14,000(+税)


1962年イタリアBresciaで創業したDoratex社のANDREA FENZI。プロのスタッフによる継続的な探究とクリエイティビティに基づいており、最新技術に丁寧な職人技術を融合させ、多種多様な形、明るさ、色合いを形成。ソフトでさわり心地の良い高級感あるカシミヤやメリノ糸を使用したニットアイテムはその形状の細部にまでこだわりぬかれており、美しさと機能性がバランスよく両立されていると高い評価を得ています。

昨シーズン、色々なニットブランドよりリリースされてそれぞれでブレイクしたモックネックですが、今季先ずお勧めなのがこちらのタイプなんです。

特に注目してほしいのがこの素材・・・

コットン55%,ウール45%なので、寒くなる季節をそこまで待たずに着用できると言うところ。。。

今までも案外ありそうでなかった長いシーズンで重宝すること間違いなしのこのモデル。

おまけにコストパフォーマンスも言うことなしです!



コーディネイトはこの様な感じはいかがでしょうか・・・?

軽く羽織れるようなジャケットのインナーにかなり使えそうです。。。



個人的には今季この様なブラウンxホワイトが特に気になるコーディネイトの一つ。。。

この様な暖色系の合わせは、着る人のキャラクターをどこか優しく見せる”小ワザ効果”もあるのではと思うところ・・・



店舗のディスプレイなどでは首元にネッカチーフを巻くスタイルも良く見られますが、、、

今やこのようなスタイルも随分浸透しましたよね。。。

この様に今季まだまだ炸裂しそうなモックネックを是非店頭でお試し下さい。





KAMIYAMA

MUTO'S EYE・・・

数日前の台風一過から、暑さがぶり返した感のある今週の東京…

この暑さ、まだまだ続きそうなので、熱中症には気をつけながらも夏を満喫したいですね…


さて、話しは前回に続き<EMMETI>カスタムオーダーイベントについて、、、

先日、Brilla per il gustoディレクターMUTOと、開催店舗のBEAMS HOUSE丸の内店へリサーチに行ってきました。。。






おもむろに商品のチェックをするMUTO・・・






BEAMSで取り扱っている<EMMETI>に関しては細部に渡り修正を繰り返し、最終ジャッジが通ったモデルのみが製品化された別注モデルがほとんどになります。

(一部モデルはそのままで色別注等も有り)

その修正をこと細かくメーカーに依頼しているのが、画像のディレクターMUTOです。

長年の経験からなる慧眼(MUTO'S EYE)に、業界内では恐れを抱いているメーカーも数知れず…しかし、それほどまでに拘りをもってモノづくりを推し進める精神は、長年BEAMSスタッフとして仕事に取り組んできた誇りなのかと思い、私も仕えている身として常日頃より尊敬の念を持っています。(色々とフォローも任されております…)

そして仕事が終われば夜の銀座に溶け込んで行くMUTOの背中をただひたすらに追うだけです。。。





今回はウィメンズラインとの共同開催!

ダウンのシリーズは大人の女性に大人気とのこと。。。こちらのようなファーとダウンのマッチングは秀逸ですよね!

ラグジュアリーなムードの中に、大人の可愛らしさも兼ね備えたモデルと言えます。。。


来週以降も場所を移し、それぞれオーダーイベントを開催致しますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り頂けると幸いです。



開催期間:2018年8月2日(木)〜8月12日(日)
開催店舗:ビームス ハウス 丸の内 ビームス ハウス ウィメン 銀座(ウィメンズ) ビームス 福岡(メンズ)

開催期間:2018年8月16日(木)〜8月26日(日)
開催店舗:ビームス ハウス 六本木 ビームス ハウス 神戸





KAMIYAMA

↓こちらをclick click!





EMMETI CUSTOM ORDER EVENT・・・

今更ながら毎日の暑さに溶けそうではありますが、、、


8月になり、店頭には徐々に秋物がリリースされ初めています。。。


そんな中、今秋冬シーズン特にレコメンドアイテムのレザーアイテムを中心に展開している<EMMETI>のカスタムオーダーイベントを、一部店舗にて開催しています!







開催期間:2018年8月2日(木)〜8月12日(日)
開催店舗:ビームス ハウス 丸の内 ビームス ハウス ウィメン 銀座(ウィメンズ) ビームス 福岡(メンズ)

開催期間:2018年8月16日(木)〜8月26日(日)
開催店舗:ビームス ハウス 六本木 ビームス ハウス 神戸

メンズは初のオーダー会ですが、既に数シーズン御好評頂いているウィメンズとの合同開催となっています。

1975年にフィレンツェ近郊の町ヴィンチで、毛皮を使ったファーコートとファージャケットの工房として創業。レザーとファー、レザーとナイロンなどの異素材を巧みに組み合わせることによって、程よいラグジュアリー感を演出。また素材使いのみならず、人間の体躯を熟知したタイト過ぎないスリムフィッティングを得意とするブランドです。

メンズではここ数シーズン大人気のシングルライダースモデル:JURI(ユリ)

薄手のレザーで軽く羽織れるタイプとして特に革モノ好きの方に御好評頂いたモデルです。








レザーを乗せ換えたり、カラーを選べたりとオリジナリティを好む革モノ好きの方には、たまらないオーダー会かと思います。。。


今回は新作の18FW展開モデルからもオーダーできるので、お勧めのモデルを何型かご紹介しますね。。。




こちらもライダースモチーフですが、襟付きでセミダブルタイプの新作モデル:OTHIS(オーティス)

秋冬向けなので、ウエイトのあるレーザーに裏には中綿入りになっているので、そのままアウターとして重宝するタイプです。




こちらも人気のダウンシリーズから新作モデル:GART(ガルト)

ボディーがダウンで袖がニットになっているタイプ、この様なラグジュアリーなタイプは、特にクルマでの移動が多い方などは非常に重宝するのではないでしょうか・・・

まさに大人ダウンの代表的なモデルですね!

まだまだお勧めのタイプがあるのですが、店頭をはじめBEAMSオンラインでもご覧頂けますので、是非チェックしてみて下さい。




KAMIYAMA


↓こちらをclick click!

アメクラ顔のローファーが気分…(POLPETTA)

しかしこの猛暑もどこまで続くのやら…と言ったこのところですが、、、

夏バテ解消もそれぞれポジティブに捉えて乗り越えたいですね!

ちなみに私の夏バテ解消法と最近の寝不足(無類のサッカーフリーク)解消は、辛いカレーを食べ歩くことですかね…さすがに毎日とまではいきませんが、特にこの時期は尋常じゃないくらいのスパイスを欲する自分がいます。。。

カレー屋さんについてのレコメンドは改めて発信しましょうかね…


ちょっと連休中なので、話しがそれてスミマセン。。。


さて、今日は新展開のシューズのお話・・・

ご存知の<POLPETTA>製で、アメリカンクラシックタイプのストラップローファーになります。




POLPETTA / 別注 ストラップローファー
カラー:BROWN、BLACK
価格:¥36,000+税
商品番号:24-32-0058-506


2013年にデビューした日本の新鋭シューズブランド。ブランドネームになっているポルペッタとは、イタリア語でお団子を意味し、イタリアの漁師 がロープの端をまるでお団子のように美しくまとめた形がブランドアイコンになっています。コンセプトは足元を主役にした大人の遊べるファンタジーシュー ズ。コーディネートに個性を演出できる新しいフットウェアスタイルを提案をしています


作りについては細部までこだわり、試作も数回に渡り試行錯誤して製品化した渾身の完全別注モデルなのです。

足を入れた際、包み込む履き心地と程よいソールの返りがこちらのモカシンならではの醍醐味と言えます。



ゴールドのバックル金具は相当エレガントです。。。




よくバイヤーTAKADAも気に入って、ここ最近はよく履いていますね。





彼の場合、世界中のインスタグラマーから問い合わせが殺到しているとか、していないとか・・・

そして、私の場合はこの時期であればショーツに合わせてしまうイメージでしょうか…




昨年までであれば、タッセルローファーのような割りとしっかりしたタイプのモデルを合わせていましたが、今季はこのくらい軽めに履ける薄底でアメクラ顔のモカシンタイプがまさに気分。。。
私世代のアラフィフや、アラフォーの方でアメリカントラッドからファッションに入ってきた方なんかであれば、特に“刺さる”と思われるこのタイプ…

是非店頭でお試し下さい!


プチ情報:現在サイズによっては早くも店頭在庫が少なくなっているようですが、9月頭に追加入荷の予定がありますので、ご興味がある方は販売スタッフにお問い合わせ下さいませ。





KAMIYAMA

18秋冬の雰囲気をご紹介…vol.2

梅雨明け宣言からの西日本の台風と、このところ変わりやすい天候に調子が上がらない今週ではありますが…

BEAMS各店では現在サマーセールを開催中ですので、盛夏モノをお探しになっている皆様のご来店を心よりお待ちしております。。。

さて、前回に引き続きまして、18秋冬シーズンの雰囲気をご紹介第2弾!


先ずはアウター関連・・・

古き良き時代からトラディショナル系ファッションがお好きな方には特に懐かしい…ダッフルコートです。


画像はインバーティア製ですが、サイズバランスも当時のルーズシルエットのものを採用しており、ゆったり着用するタイプです。



ブレザーにダッフルなんて、どこかトレンディードラマ全盛期を彷彿します…
ちなみに画像のオレンジは既に多数のご予約も承ってるとのこと・・・




細身や着丈を短くモディファイしているような仕様のモダンなタイプもBEAMS以外でも見受けられますが、今シーズンは本来のルーズなシルエットにて展開です。

私も25年前に購入した同モデルを実家の物置きから探してみようと思っております・・・


そして次は何と言っても、革モノです!




ラグジュアリーなボア付きムートンコートから、フライトジャケットをモチーフにしたタイプ・・・

後はライダースタイプとまさに全方位を網羅と言っても過言ではございません!

多種多様なレザーアウターにご期待下さい。



そしてニットですが、定番的なものに加え久しぶりにフェアアイル柄を中心としたパターンドニットを展開しています。

チルデンニット等も懐かしさ炸裂ですが、今見るとまた新鮮に映ります。。。



最後に、ラグジュアリーな素材を使いながらカジュアルなセットアップスタイルをお勧めしています。

動きやすさに加え、見栄え的にもサマになるセットアップは、昨今の大人カジュアルに外せないスタイルに定着している言えます。。。


まだまだご紹介したい2018秋冬のアイテムも多数あるのですが、それは追々リリースさせて頂きますのでお楽しみに。。。





KAMIYAMA


18秋冬の雰囲気をご紹介…vol.1

当然ながら梅雨真っ只中のこの時期ですが、今日みたいな晴れ間は有効に使いたいものですね…。


さて、既に優待セールなどをご利用頂いている方々には春夏アイテムのお買い物も最終ピークかと思われますが、店頭やonlineSHOPでお好みのアイテムを探してみて下さいね!


そして季節はこれから夏本番に向かっていきますが、意識の早い方はもう次の秋冬シーズンの傾向を気にされている方なんかもいらっしゃるかと思います。。。

そこでそんな気の早い方々に向けて、ここでは先日BEAMS社内で行われた媒体向けプレス内覧会の画像を基に、2018秋冬シーズンの雰囲気についてサラッと軽めにご紹介させて頂こうと思います。。。



先ずはメインディスプレイにも使われている”袖モノ”について・・・




ジャケット・スーツ・コートのそれぞれ3体どれも大柄グレンプレイドをフィーチャーです。。。

どのタイプも存在感のある大柄なチェックですが、モノトーンと言うところがかなり新鮮に映りますね。

続いての袖モノは・・・




コーデュロイやツィード等の肉感ある厚地の素材は、昨年から引き続きトレンドの部分です。

この野暮ったさに男らしさが凝縮されている部分があるのですが、あまり女子ウケは・・・



ジャケットに関しては、再ブレイクのネイビーブレザー以外にメタル釦を使用しているジャケットも増えています。

画像奥にはいつもながら豊富なチェック系が並んでおります。。。




各アイテムでタータンチェックが復活です、18秋冬シーズンで外せないトレンドの一つと言えそうです。。。

タータンでも取り分け画像の様なブラックウォッチ柄は、個人的にも元来好きなので、かなり注目しているアイテムです。




シャツなんかも結構ベタにタータン・タータンしていますが、私などは「また会えた」と言う懐かしさと安心感から、また手が出そうです。。。




本稿の最後に、<Brilla per il gusto>オリジナルで、生地がロロピアーナ社製カシミヤ100%のモデルをご紹介!

画像だと色味が少し分かり辛いのですが、かなり深めのパープルなんです。

これがまた渋めのイイ色なんですよね~…

もちろん、カシミヤ100%なので柔らかさや軽さなどは最早言う事がございません!

・・・と言ったように、先ずは袖モノ系を紹介させて頂きました。。。

次回はアウターやカジュアルスタイルも軽めにご紹介させてもらえればと思います。。。


お楽しみに・・・




KAMIYAMA



今時オトナのイージーセットアップ…

今日なんかは梅雨時期前の清々しい気候で、暑いながらも心地良かったですね。。。


しかしこれからのジメジメと不快なシーズンに向けて、個人的にもいつ頃までテーラードジャケットを着られるのか…と思っているところ。。。

一般的にも6月になったことでクールビズを推進される会社なども多く、スーツスタイルに対しても同様ではないでしょうか?


そんな中、現在<Brilla per il gusto>レーベルオリジナルでは、クールビズでも使え、出張や旅行等…様々なシーンにも使用できる“オトナのイージーセットアップ”をリリースしていますので、今回ご紹介させて頂こう思います。。。


全シリーズ素材はストレッチ混なので着心地は良く、適度に緩めのモデルなのでストレスなく着用できるタイプになっています。。。



こちらはネイビーですが、細かいチェックになっているタイプ…
白いポロシャツなんかと合わせたりすると、いわゆるクールビズにもすんなり使え、他にもかなり汎用性はありそうですね。

そして他のタイプもちょっとご紹介!




少し光沢があるソリッド2カラー…

オリーブとブラックです。






全型共通ですがジャケットはユルめのシェイプにし、着やすさを追求。。。




同様にパンツは今人気のディティールでもあり、抜群の穿きやすでも注目のウエストゴム入りドローコードのタイプ。。。


それぞれ単品としても着回しが効くのもこのシリーズのポイント!





最後はピンストライプのタイプ…

(若干クセ有り)




こんなカットソーと合わせるのも間違いないですよね!

インナーに白Tシャツでももちろん合いますが、抑えめトーンで落ち着いた印象に。。。



こちらのブランドネームが目印!
これからの時期にお勧めの…

<Brilla per il gusto>オリジナル、イージーセットアップにご注目下さい!




KAMIYAMA

半袖ニットと言う選択…<ANDREA FENZI>

しかし今週もなかなか暑い感じでしたね…

たしか先週…この夏オトナの方にお勧めのTシャツ(FRUIT OF THE LOOM)をレコメンドしておきながら何ですが、、、

一つどうしてもお伝えしたかったことを思い出しましたので、ここで今季のトレンドアイテムでもある「半袖ニット」を改めてご紹介させて頂きたいと思います。。。


春夏のクルーネックニット(長袖)は各ブランドで毎シーズン展開しており、春先シーズンのお勧めアイテムとしてご紹介しています。
しかし、いくら素材がコットンやリネンとは言え日本の暑い夏場にはそぐわないこともあり、実際着用する期間が短めのいわゆる洒落モノアイテムと言ったイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。。。


そこで、そんな今季春夏シーズンに要注目されているのが、クルーネックニットの半袖バージョンなんです。




1962年イタリアBresciaで創業したDoratex社のANDREA FENZI。プロのスタッフによる継続的な探究とクリエイティビティに基づいており、最新技術に丁寧な職人技術を融合させ、多種多様な形、明るさ、色合いを形成。ソフトでさわり心地の良い高級感あるカシミヤやメリノ糸を使用したニットアイテムはその形状の細部にまでこだわりぬかれており、美しさと機能性がバランスよく両立されていると高い評価を得ています。

ここ数シーズンで飛躍的に認知度も上がってきた<ANDREA FENZI>ですが、今期は半袖クルーを展開しており、そちらが絶好調!!






素材感のあるジャケットとのコーディネイトにも、かなりしっくりくる印象ですね。

何よりこれぞオトナのジャケットスタイル…と言ったところでしょうか・・・






Brilla per il gustoレーベルディレクターのMUTOも今シーズンは同アイテムをよくコーディネイトに取り込んでいます。

着用のジャケット<ERNESTO>の素材感にもマッチしており、リッチな印象を与えてくれますね。。。

ちなみに画像のBLACKとNAVYの2色を所有しており、今期のジャケットスタイルには外せないアイテムになっているようです。。。

既にサイズによっては在庫が少なくなっている色サイズもあるようなのですが、ご興味を持って頂いた方は是非チェック頂けると幸いです。。。




KAMIYAMA

Tシャツ気分<FRUIT OF THE LOOM>

しかしこのところなんだか変に暑いですね…

梅雨時期前の爽やかな季節のはずが、若干湿度も高く不快な感じです。。。


と言う訳で・・・

こんな時期から重宝するのは、まさに今“大人が着るTシャツ”ではないでしょうか!


そこでご紹介したいのが、<FRUIT OF THE LOOM>のカラーTシャツなんです。

ご覧のホワイトを含めた5色展開でシックなカラーリングが、我々大人が着るには程良い雰囲気とでも言いますか…

カジュアルアイテムの代表的なTシャツなのに、とても落ち着いた印象を与えてくれます。。。




1871年、アメリカはケンタッキー州でアンダーウェアのメーカーとしてスタート。“LOOM”とは「織機」を意味し、「織り機の結実、達成」という意味合いがブランド名には込められています。

元々はアメリカのアンダーウェアとして有名な同ブランドですが、今回のモデルは日本企画でメイドインジャパンとして素材にはインド産超長綿を使用し、素材の柔らかい風合を残しながら、着用時のサイズバランスにこだわった一品となります。




※このロゴも、アメカジ世代の我々には馴染み深いですよね…



身幅は少しゆったりめで、着丈も長すぎず短すぎずと言った絶妙バランス!



ちょっとお勧めなコーディネイトは、やはりカジュアルジャケットのインナーにさりげなく色目を利かす感じでしょうか・・・






一見ちょっと難しそうな上の2色(サーモン・マスタード)でも、ブラウン系のインナーに挿し色として使うと自然に馴染んだりします。。。

他にはベージュ系などに合わせても色的にはしっくりコーディネイトできそうですね。。。

夏場は勿論、今から重宝間違いなし<FRUIT OF THE LOOM>の”大人のTシャツ”を、是非お試し下さい!




KAMIYAMA



T-JACKETモアバリ開催中!

絶好の好天からゴールデンウィークがスタートしましたね・・・

これだけ天気が良いと、行楽やショッピングでどこも盛り上がりそうな連休となりそうで何よりです。。。
現在BEAMS各店とオンラインショップでは、BEAMS CLUB会員様向けダブルポイントキャンペーンを開催中ですので、是非そちらもチェックしてみて下さい。

そして、そんなこの絶好のタイミングでまさに今季絶好調の<T-JACKET>より、ブランド初のモアバリエーションイベントを一部店舗とオンラインショップにて開催しています。。。



※撮影場所:BEAMS HOUSE 丸の内

イタリアの重衣料ブランド<TONELLO(トネッロ)>のカジュアルライン<T-JACKET(ティージャケット)>。テーラドジャケットをTシャツ感覚で手軽に楽しめることをコンセプトに製作。モードとクラシックを融合させたコレクションで新境地を開いています。

今回イベント用に普段では取扱いのないアイテムも展開いているのですが、一部ご紹介したいと思います。

T-JACKETファンは必見ですよ!




先ずはこの辺りのセットアップなんて如何でしょうか?

サッカー地の涼しげな素材なのでこれからの時期にピッタリですし、単品としてそれぞれでもコーディネイトを楽しめそうなイメージのタイプですね。



そして意外となかったプレーンなコットン地のこんなタイプもセットアップでスペシャルリリース!




他のカラーもちろんご用意しています。



ベージュやオリーブグリーンも間違いないところです。。。
それぞれストレッチが効いている素材なので伸縮性があり、非常に着やすいタイプになっています。

個性的なニット系のイメージが強い同ブランドですが、こんなシンプル素材でスペシャルリリースともなれば、お勧めせずにはいられません(笑)


そんな今回の<T-JACKET>モアバリエーションを、是非チェックしてみて下さい!





KAMIYAMA








ドレスシャツもボタンダウンが気分…<LUIGI BORRELLI>

思えばそもそもアメカジからファッションに入った者として、着てきたシャツと言えば当然ながらボタンダウンが基本中の基本でした…。

我々の世代的にはブルックスブラザースやラルフローレンはもちろん、その他のファクトリー系ブランドのものも随分着てきましたし、きっとこれからも好きな物ってあまり変わらないので、アメ物っぽいボタンダウンはずっと着ていくんだろうなぁ…と、ふと思ったりしています。。。

しかし、時代は平成も30年…いつの時代も良い物は良いのですが、大人になるに連れてファッションも変化していくのは当然のこと、、、

そんな中イタリアのシャツブランドも、ここ数シーズンはちょっとアメリカのにおいを残しながらも、ブランドの特徴を打ち出すメーカーに注目が集まっているのは、個人的にも嬉しいところです。。。


少し長くなりましたが・・・

そのアメ物ボタンダウン好きの私でも、これは唸りました…ご存知ナポリの名工<LUIGI BORRELLI>より、別注のボタンダウンをご紹介です!



1957年ナポリにおいてシャツメーカーとして創業。シャツづくりの重要なポイントは手縫いで仕上げるなど、ナポリの伝統工芸によるハンドメイド仕立てと良質な素材使いによって、世界で最も有名なシャツブランドとして全世界のエグゼクティブを魅了しているキングオブシャツブランドです。

少々大きめで、若干開いた襟の型なのでワイドボタンダウン…と我々は称しています。。。

90年代にBEAMSでも展開していた襟型なのですが、ここ近年では全く製造をしていなかったタイプをBEAMSのリクエストで復刻してもらったモデルになります。

当時は”LUCA"と言う襟型でした。
デザイン上ボタンダウンですが、襟のボタンを外して着るとロールがキレイに出て、タイドアップでも襟の表情にアクセントが出るので、こなしのテクニックとしてお勧めのスタイルです。



タータンなどは懐かしいですが、ニットタイで合わせて着るとまた新鮮味がありますね。

今季再ブレイクのネイビーブレザーと合わせたいです。。。



当然ながら無地は定番として展開していますので、こちらもお勧めのタイプです。



BEAMSクリエイティブディレクターである中村の冠が付いた襟型になっています。

数十年ぶりに復刻するにあたり、本国のボレッリ社に当時のパターンが無かった為に中村の私物を基に数回のサンプリングの後、やっと製品化されたと言うストーリーが背景にあった為、恐らくこのモデル名になったのでしょう。。。

※その辺りは中村のブログでも一度紹介されています。

ELEMENTS OF STYLE
https://ameblo.jp/beams-class/entry-12317174725.html

そんなこだわりの<LUIGI BORRELLI>別注ボタンダウンシャツ、、、アメ物を経験してきた大人の方にも是非試して頂きたい一品です。。。





KAMIYAMA



大人の夏シャツと言えば…<GIANNETTO>モアバリエーション開催中

しかし昨日の寒の戻りには寒さに震えましたが…寒さ暑さを繰り返して、いつも気がつけば夏到来と言ったパターンが多いですよね。

個人的には花粉(ヒノキ?)をどうにかしてしてほしい、、、そんなこの頃です。


さて、夏シャツの代名詞(?)今季も絶好調の<GIANNETTO>ですが、現在一部の店舗にてモアバリエーションイベントを開催しています。


イベント開催店舗であるBEAMS 二子玉川店を視察してきましたので、写真多目でご紹介させて頂きます。




2008年からカミチェリア・サンフォート社が展開する南イタリアの新鋭シャツブランド。袖を後付けする立体的な仕立てや鳥の足に似たボタンの縫い方(ザンパテ・グリアート)などを得意とするイタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの陽気さなど港町らしさを表現したコレクションを展開する。
開催期間
2018年4月6日(金)〜4月15日(日)
開催店舗
ビームス 二子玉川 ビームス 名古屋 ビームス 広島 公式オンラインショップ






通常の展開ラインに加え、イベント用に用意したシャツブルゾンタイプなどもラインナップ!
見ごたえのある内容になっております。。。



こちらは畳んでいますが、デニムのGジャン型シャツブルゾン…みたいなモデルで、イベントのみの展開でご紹介しております。

裾出しで着るタイプですね!




素材違いのタイプです。

こちらも洗い込むほどに雰囲気が出そうなコットンのタイプです。

特にブラウンなどは大人らしい雰囲気で着こなして頂きたいですね。



デニムのワークタイプのシャツブルゾンです。

アメリカンテイスト満載のタイプと言っても過言ではないモデルですね。。。


ベージュにネイビーは外せないですよね!

抜群にコーディネイトしやすいタイプだと思います。。。



レーベルディレクターのMUTOもレイアウトと商品をくまなくチェック!

久しぶりのイベントなので、チカラを入れて取り組んでおります!

特にこれからの時期すぐにでも着られるものから、夏場に重宝するであろうリネンシリーズなどなど豊富に取り揃えておりますので、ご興味のある方は開催各店舗又は、BEAMS online SHOPをご利用下さい。。。







KAMIYAMA



その目線はアジアを席巻・・・<COLONY CLOTHING>

ここ何日かの陽気で春を通り越して初夏の雰囲気を感じた今週・・・

気が付けばもう3月も終わりで、来週からは新年度がスタートする清々しい季節ですね。。。


今週も店頭は新規商品の大量リリースがあり、充実のラインナップでお客様をお迎えしております。


そんな中、ここ数シーズンBEAMSスタッフを中心に盛り上がっているブランド<COLONY CLOTHING>から、新作が登場です。


思えばちょうど昨年このくらいの時期にも、こちらのブログでご紹介させて頂いたこともありました。


アジアの優しい風・・・<COLONY CLOTHING>
http://www.beams.co.jp/blog/brilla_per_il_gusto/6483/



※バイヤーTAKADAは現地(シンガポール)ロケです。


恥ずかしながら私は未だシンガポールに行ったことがないのですが、今回SHOPの周年記念で初めて現地を訪れたTAKADAに話を聞いたところ、人種や言語、ファッションやカルチャーに至るまで、全てがインターナショナルで刺激的な場所だったと言うことでした。。。

東京とはまた違った、アジアのメトロポリタンと言ったところでしょうか・・・
<COLONY CLOTHING>SHOPディレクター兼デザイナーのKOZOさんは、BEAMSの卒業生ですが、今や現地のファッション界でもその活動は多岐に渡って活躍しているとの事で、今回本人に会い実際現地の雰囲気を肌に触れ、大変良い刺激を受けて戻ってきた様子でした。



そして今季展開のこちら・・・

このブランドと言えばの、セットアップスーツ。。。

こちらはウールxポリエステル素材でシワになりにくく、今季注目のジェットセッタースタイルと言うことで、移動中はもちろん、普段でも程よいゆとりが大人のリラックスムードを一層盛り立てます。。。


※ここでプレスのYASUTAKEも登場…


こちらは定番コーチジャケットとのセットアップ!



単品づつでもコーディネイトしやすいタイプですよね。

画像では分かり辛いですが、生地は表面ヘリンボーンのソラーロ生地と言う、これまた玄人好みの凝ったモデル!

やや緩めのシルエットに大人の余裕が感じられるのも、こちらのブランド”らしさ”が前面に出ているのかと思うところです。。。

是非、この絶妙なフィット感をお試し下さい。。。




KAMIYAMA

結局ボタンダウンに戻りました…<BOLZONELLA>

春分の日の都心ではまさかの降雪に、大変驚いた今週…

とは言っても3月も後半なので、太陽が出るとさすがに暖かく心地良い季節になってきましたね。。。

この春一回目のBEAMSポイントキャンペーンも終わり、ご利用頂いている皆様のお買い物も一段落と言ったところでしょうか・・・


そんな中、そろそろ自分の買い物でもと思い、店舗を見ていると、目ぼしを付けていたニットなどはMYサイズが既に完売していたりと、完全に出遅れてしまったアイテムが数点あり、残念ながらあきらめのパターンでした。。。


そこで思い立ったのが、自分の昔から変わらない好きなアイテムの一つである「白オックスのボタンダウンでも買い替えよっかなぁ…」と言うシンプルな衝動でした。




ボルゾネッラは企業家としての情熱を持った職人。50年代の終わりにパドバエリアの郊外に高額な仕立てのシャツを作ることを目的として自身の工房を作り、様々な顧客のリクエストに応えて評価されてきました。 前代から続いている仕立ての技術を活かすと共に最新の技術も取り入れています。


画像上のシャンブレーや以前展開しいたデニムにブルーオックスなど数点所有している<BOLZONELLA>のシャツなのですが、なぜか白オックスを持っておらず、急に思い出して先日購入してきました。



アメリカ物っぽいがっしりしたオックスフォード地は、洗い込む程にアジが出てきてイイ雰囲気になって行きそうです。
元来ラルフローレンやブルックスブラザーズなどのアメリカブランドを着てきた者として、この<BOLZONELLA>はそんなアメ物好きな方にもまさに”刺さる”シャツブランドとして自信を持ってお勧めできるものです。
実際に着用すると、小ぶりの襟のロールがきれいに返り、タイドアップも収まりが良く、着こなしの幅はかなり広いのかと思います。

その辺りはさすがのイタリアメイド…と言えますね。


前出のシャンブレーと白オックスは定番として展開していますが、この18SSモデルのタブカラーも新鮮です。



こちらもオックスフォード地で、ピッチの細いストライプもまたアメリカ物を彷彿させる雰囲気ですよね・・・
ニットタイやクラブタイなどを合わせたい…そんなイメージです。

私の場合、結局のところ白オックスフォードのボタンダウンに戻った今シーズン一発目の買い物だったのですが、、、

原点回帰のこの辺りに注目される方にはお勧めの<BOLZONELLA>を是非お試し下さい。。。




KAMIYAMA

大人の休日ジャケットに・・・<EQUIPE'70>

今週は関東でも日中20度を越える日もあり、本格的に衣替えを進められた方も多かったのではないでしょうか…?

そんな清々しい季節には軽く羽織れるモノで、特に休日のジャケパンスタイルにお勧めな4ポケットジャケットをご紹介です。


ひと言に4ポケットジャケット…聞くと、ミリタリーモノやサファリジャケットが思い浮かびますが、こちらの<EQUIPE'70>のモデルは特にサファリジャケットのテイストを現代風にアレンジし、現代のバランスに落とし込まれたまさに今”旬”なカジュアルジャケットなのです。




EQUIPE’70 (エキップ セッタンタ)
1970年代のファッション・デザインにインスパイアされ、当時の華やかな世界観を現代に発信する伊・マルケ発祥のブランド。卓越したテクニックと、独自のセンスから生まれる"オリジナルの服"を提案し続けます。



<EQUIPE'70 DENIM SAFARI>

NO,24-16-0224-874

1COLOR:INDIGO

SIZE:42~50

¥52,000(+税)

BEAMS EXCLUSIVE




<EQUIPE'70 WHITE SAFARI>

NO,24-16-0225-874

1COLOR:WHITE

SIZE:42~50

¥54,000(+税)
BEAMS EXCLUSIVE



INDIGO DENIMのタイプを着てみました。。。

細身のシルエットですが、襟が小振りでバランスが良く、ちょっと立てても雰囲気は出ますね。

素材もリネン混なので、夏場でも涼しく着られて重宝しそうです。




ポケットの大きさも、あまり大きからず小さからず程良いバランスのサイズ感。。。




そう言えば、先月号の某ME誌にも掲載されていましたね。。。

(ホワイトパンツが被っていました…)

自分としては、WHITExNAVYが反転(白ジャケ+ネイビーパンツorデニム)したコーディネイトもお勧めです!

特に普段仕事でスーツやテーラードジャケットを着ることが多い方達の、休日おとなジャケットスタイルに一役買いそうな4ポケットジャケット・・・

是非お試し下さい。。。




KAMIYAMA

ただひたすら着易いジャケットとは…<T-JACKET>

関東では数日小春日和があった今週…春物をお求めの方も随分増えてきた印象ですね。

とは言っても朝晩はまだまだ冷えることもあるので、我々洋服屋でも衣替えを戸惑う時期でもあります。。。


そんな今時期にピッタリなジャケットをレコメンド!

取扱いシーズンより、その抜群の着易さでご好評頂いている<T-JACKET>より、18SSモデルが続々リリースされています!


   
イタリアの重衣料ブランド<TONELLO(トネッロ)>のカジュアルライン<T-JACKET(ティージャケット)>。テーラドジャケットをTシャツ感覚で手軽に楽しめることをコンセプトに製作。モードとクラシックを融合させたコレクションで新境地を開いています。




今シーズンの注目カラー、レッドやオレンジに加えエクリューのようなナチュラルカラーは、上品な大人の着こなしに役立ちそうな色目となって
います。

特にレッドについては、先日全店舗にて配布スタートした、18SSシーズンカタログでもモデルカットで掲載されていますので、チェックしてみてくださいね!



こちらも当然外せないブルー&ネイビー系ももちろんピックアップされています。

この辺りの生地は本当に使いやすいので、好みに合わせて試してみてはいかがでしょうか?




モデル違いで6つボタンダブルのタイプも展開しています。

こちらのタイプなどは、2着目以降にお選び頂くケースもあるようですね!

短めの着丈が、程良いカジュアル感を出しており、非常に軽快なイメージです。。。




一見して個性的な生地のタイプも<T-JACKET>の大きな特徴の一つです。

上のタイプは個人的にも刺さっているモデル!ネイビー&ホワイト好きにはたまらない生地のタイプですね


兎にも角にもこちらジャージー素材のシリーズは、その伸縮性で一度着たら病みつきの方達が増殖中とのこと・・・
是非今シーズンの<T-JACKET>にご注目下さい!





KAMIYAMA