スタッフ「上山 恵司」の記事

18秋冬の雰囲気をご紹介…vol.1

当然ながら梅雨真っ只中のこの時期ですが、今日みたいな晴れ間は有効に使いたいものですね…。


さて、既に優待セールなどをご利用頂いている方々には春夏アイテムのお買い物も最終ピークかと思われますが、店頭やonlineSHOPでお好みのアイテムを探してみて下さいね!


そして季節はこれから夏本番に向かっていきますが、意識の早い方はもう次の秋冬シーズンの傾向を気にされている方なんかもいらっしゃるかと思います。。。

そこでそんな気の早い方々に向けて、ここでは先日BEAMS社内で行われた媒体向けプレス内覧会の画像を基に、2018秋冬シーズンの雰囲気についてサラッと軽めにご紹介させて頂こうと思います。。。



先ずはメインディスプレイにも使われている”袖モノ”について・・・




ジャケット・スーツ・コートのそれぞれ3体どれも大柄グレンプレイドをフィーチャーです。。。

どのタイプも存在感のある大柄なチェックですが、モノトーンと言うところがかなり新鮮に映りますね。

続いての袖モノは・・・




コーデュロイやツィード等の肉感ある厚地の素材は、昨年から引き続きトレンドの部分です。

この野暮ったさに男らしさが凝縮されている部分があるのですが、あまり女子ウケは・・・



ジャケットに関しては、再ブレイクのネイビーブレザー以外にメタル釦を使用しているジャケットも増えています。

画像奥にはいつもながら豊富なチェック系が並んでおります。。。




各アイテムでタータンチェックが復活です、18秋冬シーズンで外せないトレンドの一つと言えそうです。。。

タータンでも取り分け画像の様なブラックウォッチ柄は、個人的にも元来好きなので、かなり注目しているアイテムです。




シャツなんかも結構ベタにタータン・タータンしていますが、私などは「また会えた」と言う懐かしさと安心感から、また手が出そうです。。。




本稿の最後に、<Brilla per il gusto>オリジナルで、生地がロロピアーナ社製カシミヤ100%のモデルをご紹介!

画像だと色味が少し分かり辛いのですが、かなり深めのパープルなんです。

これがまた渋めのイイ色なんですよね~…

もちろん、カシミヤ100%なので柔らかさや軽さなどは最早言う事がございません!

・・・と言ったように、先ずは袖モノ系を紹介させて頂きました。。。

次回はアウターやカジュアルスタイルも軽めにご紹介させてもらえればと思います。。。


お楽しみに・・・




KAMIYAMA



今時オトナのイージーセットアップ…

今日なんかは梅雨時期前の清々しい気候で、暑いながらも心地良かったですね。。。


しかしこれからのジメジメと不快なシーズンに向けて、個人的にもいつ頃までテーラードジャケットを着られるのか…と思っているところ。。。

一般的にも6月になったことでクールビズを推進される会社なども多く、スーツスタイルに対しても同様ではないでしょうか?


そんな中、現在<Brilla per il gusto>レーベルオリジナルでは、クールビズでも使え、出張や旅行等…様々なシーンにも使用できる“オトナのイージーセットアップ”をリリースしていますので、今回ご紹介させて頂こう思います。。。


全シリーズ素材はストレッチ混なので着心地は良く、適度に緩めのモデルなのでストレスなく着用できるタイプになっています。。。



こちらはネイビーですが、細かいチェックになっているタイプ…
白いポロシャツなんかと合わせたりすると、いわゆるクールビズにもすんなり使え、他にもかなり汎用性はありそうですね。

そして他のタイプもちょっとご紹介!




少し光沢があるソリッド2カラー…

オリーブとブラックです。






全型共通ですがジャケットはユルめのシェイプにし、着やすさを追求。。。




同様にパンツは今人気のディティールでもあり、抜群の穿きやすでも注目のウエストゴム入りドローコードのタイプ。。。


それぞれ単品としても着回しが効くのもこのシリーズのポイント!





最後はピンストライプのタイプ…

(若干クセ有り)




こんなカットソーと合わせるのも間違いないですよね!

インナーに白Tシャツでももちろん合いますが、抑えめトーンで落ち着いた印象に。。。



こちらのブランドネームが目印!
これからの時期にお勧めの…

<Brilla per il gusto>オリジナル、イージーセットアップにご注目下さい!




KAMIYAMA

半袖ニットと言う選択…<ANDREA FENZI>

しかし今週もなかなか暑い感じでしたね…

たしか先週…この夏オトナの方にお勧めのTシャツ(FRUIT OF THE LOOM)をレコメンドしておきながら何ですが、、、

一つどうしてもお伝えしたかったことを思い出しましたので、ここで今季のトレンドアイテムでもある「半袖ニット」を改めてご紹介させて頂きたいと思います。。。


春夏のクルーネックニット(長袖)は各ブランドで毎シーズン展開しており、春先シーズンのお勧めアイテムとしてご紹介しています。
しかし、いくら素材がコットンやリネンとは言え日本の暑い夏場にはそぐわないこともあり、実際着用する期間が短めのいわゆる洒落モノアイテムと言ったイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。。。


そこで、そんな今季春夏シーズンに要注目されているのが、クルーネックニットの半袖バージョンなんです。




1962年イタリアBresciaで創業したDoratex社のANDREA FENZI。プロのスタッフによる継続的な探究とクリエイティビティに基づいており、最新技術に丁寧な職人技術を融合させ、多種多様な形、明るさ、色合いを形成。ソフトでさわり心地の良い高級感あるカシミヤやメリノ糸を使用したニットアイテムはその形状の細部にまでこだわりぬかれており、美しさと機能性がバランスよく両立されていると高い評価を得ています。

ここ数シーズンで飛躍的に認知度も上がってきた<ANDREA FENZI>ですが、今期は半袖クルーを展開しており、そちらが絶好調!!






素材感のあるジャケットとのコーディネイトにも、かなりしっくりくる印象ですね。

何よりこれぞオトナのジャケットスタイル…と言ったところでしょうか・・・






Brilla per il gustoレーベルディレクターのMUTOも今シーズンは同アイテムをよくコーディネイトに取り込んでいます。

着用のジャケット<ERNESTO>の素材感にもマッチしており、リッチな印象を与えてくれますね。。。

ちなみに画像のBLACKとNAVYの2色を所有しており、今期のジャケットスタイルには外せないアイテムになっているようです。。。

既にサイズによっては在庫が少なくなっている色サイズもあるようなのですが、ご興味を持って頂いた方は是非チェック頂けると幸いです。。。




KAMIYAMA

Tシャツ気分<FRUIT OF THE LOOM>

しかしこのところなんだか変に暑いですね…

梅雨時期前の爽やかな季節のはずが、若干湿度も高く不快な感じです。。。


と言う訳で・・・

こんな時期から重宝するのは、まさに今“大人が着るTシャツ”ではないでしょうか!


そこでご紹介したいのが、<FRUIT OF THE LOOM>のカラーTシャツなんです。

ご覧のホワイトを含めた5色展開でシックなカラーリングが、我々大人が着るには程良い雰囲気とでも言いますか…

カジュアルアイテムの代表的なTシャツなのに、とても落ち着いた印象を与えてくれます。。。




1871年、アメリカはケンタッキー州でアンダーウェアのメーカーとしてスタート。“LOOM”とは「織機」を意味し、「織り機の結実、達成」という意味合いがブランド名には込められています。

元々はアメリカのアンダーウェアとして有名な同ブランドですが、今回のモデルは日本企画でメイドインジャパンとして素材にはインド産超長綿を使用し、素材の柔らかい風合を残しながら、着用時のサイズバランスにこだわった一品となります。




※このロゴも、アメカジ世代の我々には馴染み深いですよね…



身幅は少しゆったりめで、着丈も長すぎず短すぎずと言った絶妙バランス!



ちょっとお勧めなコーディネイトは、やはりカジュアルジャケットのインナーにさりげなく色目を利かす感じでしょうか・・・






一見ちょっと難しそうな上の2色(サーモン・マスタード)でも、ブラウン系のインナーに挿し色として使うと自然に馴染んだりします。。。

他にはベージュ系などに合わせても色的にはしっくりコーディネイトできそうですね。。。

夏場は勿論、今から重宝間違いなし<FRUIT OF THE LOOM>の”大人のTシャツ”を、是非お試し下さい!




KAMIYAMA



T-JACKETモアバリ開催中!

絶好の好天からゴールデンウィークがスタートしましたね・・・

これだけ天気が良いと、行楽やショッピングでどこも盛り上がりそうな連休となりそうで何よりです。。。
現在BEAMS各店とオンラインショップでは、BEAMS CLUB会員様向けダブルポイントキャンペーンを開催中ですので、是非そちらもチェックしてみて下さい。

そして、そんなこの絶好のタイミングでまさに今季絶好調の<T-JACKET>より、ブランド初のモアバリエーションイベントを一部店舗とオンラインショップにて開催しています。。。



※撮影場所:BEAMS HOUSE 丸の内

イタリアの重衣料ブランド<TONELLO(トネッロ)>のカジュアルライン<T-JACKET(ティージャケット)>。テーラドジャケットをTシャツ感覚で手軽に楽しめることをコンセプトに製作。モードとクラシックを融合させたコレクションで新境地を開いています。

今回イベント用に普段では取扱いのないアイテムも展開いているのですが、一部ご紹介したいと思います。

T-JACKETファンは必見ですよ!




先ずはこの辺りのセットアップなんて如何でしょうか?

サッカー地の涼しげな素材なのでこれからの時期にピッタリですし、単品としてそれぞれでもコーディネイトを楽しめそうなイメージのタイプですね。



そして意外となかったプレーンなコットン地のこんなタイプもセットアップでスペシャルリリース!




他のカラーもちろんご用意しています。



ベージュやオリーブグリーンも間違いないところです。。。
それぞれストレッチが効いている素材なので伸縮性があり、非常に着やすいタイプになっています。

個性的なニット系のイメージが強い同ブランドですが、こんなシンプル素材でスペシャルリリースともなれば、お勧めせずにはいられません(笑)


そんな今回の<T-JACKET>モアバリエーションを、是非チェックしてみて下さい!





KAMIYAMA








ドレスシャツもボタンダウンが気分…<LUIGI BORRELLI>

思えばそもそもアメカジからファッションに入った者として、着てきたシャツと言えば当然ながらボタンダウンが基本中の基本でした…。

我々の世代的にはブルックスブラザースやラルフローレンはもちろん、その他のファクトリー系ブランドのものも随分着てきましたし、きっとこれからも好きな物ってあまり変わらないので、アメ物っぽいボタンダウンはずっと着ていくんだろうなぁ…と、ふと思ったりしています。。。

しかし、時代は平成も30年…いつの時代も良い物は良いのですが、大人になるに連れてファッションも変化していくのは当然のこと、、、

そんな中イタリアのシャツブランドも、ここ数シーズンはちょっとアメリカのにおいを残しながらも、ブランドの特徴を打ち出すメーカーに注目が集まっているのは、個人的にも嬉しいところです。。。


少し長くなりましたが・・・

そのアメ物ボタンダウン好きの私でも、これは唸りました…ご存知ナポリの名工<LUIGI BORRELLI>より、別注のボタンダウンをご紹介です!



1957年ナポリにおいてシャツメーカーとして創業。シャツづくりの重要なポイントは手縫いで仕上げるなど、ナポリの伝統工芸によるハンドメイド仕立てと良質な素材使いによって、世界で最も有名なシャツブランドとして全世界のエグゼクティブを魅了しているキングオブシャツブランドです。

少々大きめで、若干開いた襟の型なのでワイドボタンダウン…と我々は称しています。。。

90年代にBEAMSでも展開していた襟型なのですが、ここ近年では全く製造をしていなかったタイプをBEAMSのリクエストで復刻してもらったモデルになります。

当時は”LUCA"と言う襟型でした。
デザイン上ボタンダウンですが、襟のボタンを外して着るとロールがキレイに出て、タイドアップでも襟の表情にアクセントが出るので、こなしのテクニックとしてお勧めのスタイルです。



タータンなどは懐かしいですが、ニットタイで合わせて着るとまた新鮮味がありますね。

今季再ブレイクのネイビーブレザーと合わせたいです。。。



当然ながら無地は定番として展開していますので、こちらもお勧めのタイプです。



BEAMSクリエイティブディレクターである中村の冠が付いた襟型になっています。

数十年ぶりに復刻するにあたり、本国のボレッリ社に当時のパターンが無かった為に中村の私物を基に数回のサンプリングの後、やっと製品化されたと言うストーリーが背景にあった為、恐らくこのモデル名になったのでしょう。。。

※その辺りは中村のブログでも一度紹介されています。

ELEMENTS OF STYLE
https://ameblo.jp/beams-class/entry-12317174725.html

そんなこだわりの<LUIGI BORRELLI>別注ボタンダウンシャツ、、、アメ物を経験してきた大人の方にも是非試して頂きたい一品です。。。





KAMIYAMA



大人の夏シャツと言えば…<GIANNETTO>モアバリエーション開催中

しかし昨日の寒の戻りには寒さに震えましたが…寒さ暑さを繰り返して、いつも気がつけば夏到来と言ったパターンが多いですよね。

個人的には花粉(ヒノキ?)をどうにかしてしてほしい、、、そんなこの頃です。


さて、夏シャツの代名詞(?)今季も絶好調の<GIANNETTO>ですが、現在一部の店舗にてモアバリエーションイベントを開催しています。


イベント開催店舗であるBEAMS 二子玉川店を視察してきましたので、写真多目でご紹介させて頂きます。




2008年からカミチェリア・サンフォート社が展開する南イタリアの新鋭シャツブランド。袖を後付けする立体的な仕立てや鳥の足に似たボタンの縫い方(ザンパテ・グリアート)などを得意とするイタリアンシャツの伝統技術をベースとしながらも、南イタリアの陽気さなど港町らしさを表現したコレクションを展開する。
開催期間
2018年4月6日(金)〜4月15日(日)
開催店舗
ビームス 二子玉川 ビームス 名古屋 ビームス 広島 公式オンラインショップ






通常の展開ラインに加え、イベント用に用意したシャツブルゾンタイプなどもラインナップ!
見ごたえのある内容になっております。。。



こちらは畳んでいますが、デニムのGジャン型シャツブルゾン…みたいなモデルで、イベントのみの展開でご紹介しております。

裾出しで着るタイプですね!




素材違いのタイプです。

こちらも洗い込むほどに雰囲気が出そうなコットンのタイプです。

特にブラウンなどは大人らしい雰囲気で着こなして頂きたいですね。



デニムのワークタイプのシャツブルゾンです。

アメリカンテイスト満載のタイプと言っても過言ではないモデルですね。。。


ベージュにネイビーは外せないですよね!

抜群にコーディネイトしやすいタイプだと思います。。。



レーベルディレクターのMUTOもレイアウトと商品をくまなくチェック!

久しぶりのイベントなので、チカラを入れて取り組んでおります!

特にこれからの時期すぐにでも着られるものから、夏場に重宝するであろうリネンシリーズなどなど豊富に取り揃えておりますので、ご興味のある方は開催各店舗又は、BEAMS online SHOPをご利用下さい。。。







KAMIYAMA



その目線はアジアを席巻・・・<COLONY CLOTHING>

ここ何日かの陽気で春を通り越して初夏の雰囲気を感じた今週・・・

気が付けばもう3月も終わりで、来週からは新年度がスタートする清々しい季節ですね。。。


今週も店頭は新規商品の大量リリースがあり、充実のラインナップでお客様をお迎えしております。


そんな中、ここ数シーズンBEAMSスタッフを中心に盛り上がっているブランド<COLONY CLOTHING>から、新作が登場です。


思えばちょうど昨年このくらいの時期にも、こちらのブログでご紹介させて頂いたこともありました。


アジアの優しい風・・・<COLONY CLOTHING>
http://www.beams.co.jp/blog/brilla_per_il_gusto/6483/



※バイヤーTAKADAは現地(シンガポール)ロケです。


恥ずかしながら私は未だシンガポールに行ったことがないのですが、今回SHOPの周年記念で初めて現地を訪れたTAKADAに話を聞いたところ、人種や言語、ファッションやカルチャーに至るまで、全てがインターナショナルで刺激的な場所だったと言うことでした。。。

東京とはまた違った、アジアのメトロポリタンと言ったところでしょうか・・・
<COLONY CLOTHING>SHOPディレクター兼デザイナーのKOZOさんは、BEAMSの卒業生ですが、今や現地のファッション界でもその活動は多岐に渡って活躍しているとの事で、今回本人に会い実際現地の雰囲気を肌に触れ、大変良い刺激を受けて戻ってきた様子でした。



そして今季展開のこちら・・・

このブランドと言えばの、セットアップスーツ。。。

こちらはウールxポリエステル素材でシワになりにくく、今季注目のジェットセッタースタイルと言うことで、移動中はもちろん、普段でも程よいゆとりが大人のリラックスムードを一層盛り立てます。。。


※ここでプレスのYASUTAKEも登場…


こちらは定番コーチジャケットとのセットアップ!



単品づつでもコーディネイトしやすいタイプですよね。

画像では分かり辛いですが、生地は表面ヘリンボーンのソラーロ生地と言う、これまた玄人好みの凝ったモデル!

やや緩めのシルエットに大人の余裕が感じられるのも、こちらのブランド”らしさ”が前面に出ているのかと思うところです。。。

是非、この絶妙なフィット感をお試し下さい。。。




KAMIYAMA

結局ボタンダウンに戻りました…<BOLZONELLA>

春分の日の都心ではまさかの降雪に、大変驚いた今週…

とは言っても3月も後半なので、太陽が出るとさすがに暖かく心地良い季節になってきましたね。。。

この春一回目のBEAMSポイントキャンペーンも終わり、ご利用頂いている皆様のお買い物も一段落と言ったところでしょうか・・・


そんな中、そろそろ自分の買い物でもと思い、店舗を見ていると、目ぼしを付けていたニットなどはMYサイズが既に完売していたりと、完全に出遅れてしまったアイテムが数点あり、残念ながらあきらめのパターンでした。。。


そこで思い立ったのが、自分の昔から変わらない好きなアイテムの一つである「白オックスのボタンダウンでも買い替えよっかなぁ…」と言うシンプルな衝動でした。




ボルゾネッラは企業家としての情熱を持った職人。50年代の終わりにパドバエリアの郊外に高額な仕立てのシャツを作ることを目的として自身の工房を作り、様々な顧客のリクエストに応えて評価されてきました。 前代から続いている仕立ての技術を活かすと共に最新の技術も取り入れています。


画像上のシャンブレーや以前展開しいたデニムにブルーオックスなど数点所有している<BOLZONELLA>のシャツなのですが、なぜか白オックスを持っておらず、急に思い出して先日購入してきました。



アメリカ物っぽいがっしりしたオックスフォード地は、洗い込む程にアジが出てきてイイ雰囲気になって行きそうです。
元来ラルフローレンやブルックスブラザーズなどのアメリカブランドを着てきた者として、この<BOLZONELLA>はそんなアメ物好きな方にもまさに”刺さる”シャツブランドとして自信を持ってお勧めできるものです。
実際に着用すると、小ぶりの襟のロールがきれいに返り、タイドアップも収まりが良く、着こなしの幅はかなり広いのかと思います。

その辺りはさすがのイタリアメイド…と言えますね。


前出のシャンブレーと白オックスは定番として展開していますが、この18SSモデルのタブカラーも新鮮です。



こちらもオックスフォード地で、ピッチの細いストライプもまたアメリカ物を彷彿させる雰囲気ですよね・・・
ニットタイやクラブタイなどを合わせたい…そんなイメージです。

私の場合、結局のところ白オックスフォードのボタンダウンに戻った今シーズン一発目の買い物だったのですが、、、

原点回帰のこの辺りに注目される方にはお勧めの<BOLZONELLA>を是非お試し下さい。。。




KAMIYAMA

大人の休日ジャケットに・・・<EQUIPE'70>

今週は関東でも日中20度を越える日もあり、本格的に衣替えを進められた方も多かったのではないでしょうか…?

そんな清々しい季節には軽く羽織れるモノで、特に休日のジャケパンスタイルにお勧めな4ポケットジャケットをご紹介です。


ひと言に4ポケットジャケット…聞くと、ミリタリーモノやサファリジャケットが思い浮かびますが、こちらの<EQUIPE'70>のモデルは特にサファリジャケットのテイストを現代風にアレンジし、現代のバランスに落とし込まれたまさに今”旬”なカジュアルジャケットなのです。




EQUIPE’70 (エキップ セッタンタ)
1970年代のファッション・デザインにインスパイアされ、当時の華やかな世界観を現代に発信する伊・マルケ発祥のブランド。卓越したテクニックと、独自のセンスから生まれる"オリジナルの服"を提案し続けます。



<EQUIPE'70 DENIM SAFARI>

NO,24-16-0224-874

1COLOR:INDIGO

SIZE:42~50

¥52,000(+税)

BEAMS EXCLUSIVE




<EQUIPE'70 WHITE SAFARI>

NO,24-16-0225-874

1COLOR:WHITE

SIZE:42~50

¥54,000(+税)
BEAMS EXCLUSIVE



INDIGO DENIMのタイプを着てみました。。。

細身のシルエットですが、襟が小振りでバランスが良く、ちょっと立てても雰囲気は出ますね。

素材もリネン混なので、夏場でも涼しく着られて重宝しそうです。




ポケットの大きさも、あまり大きからず小さからず程良いバランスのサイズ感。。。




そう言えば、先月号の某ME誌にも掲載されていましたね。。。

(ホワイトパンツが被っていました…)

自分としては、WHITExNAVYが反転(白ジャケ+ネイビーパンツorデニム)したコーディネイトもお勧めです!

特に普段仕事でスーツやテーラードジャケットを着ることが多い方達の、休日おとなジャケットスタイルに一役買いそうな4ポケットジャケット・・・

是非お試し下さい。。。




KAMIYAMA

ただひたすら着易いジャケットとは…<T-JACKET>

関東では数日小春日和があった今週…春物をお求めの方も随分増えてきた印象ですね。

とは言っても朝晩はまだまだ冷えることもあるので、我々洋服屋でも衣替えを戸惑う時期でもあります。。。


そんな今時期にピッタリなジャケットをレコメンド!

取扱いシーズンより、その抜群の着易さでご好評頂いている<T-JACKET>より、18SSモデルが続々リリースされています!


   
イタリアの重衣料ブランド<TONELLO(トネッロ)>のカジュアルライン<T-JACKET(ティージャケット)>。テーラドジャケットをTシャツ感覚で手軽に楽しめることをコンセプトに製作。モードとクラシックを融合させたコレクションで新境地を開いています。




今シーズンの注目カラー、レッドやオレンジに加えエクリューのようなナチュラルカラーは、上品な大人の着こなしに役立ちそうな色目となって
います。

特にレッドについては、先日全店舗にて配布スタートした、18SSシーズンカタログでもモデルカットで掲載されていますので、チェックしてみてくださいね!



こちらも当然外せないブルー&ネイビー系ももちろんピックアップされています。

この辺りの生地は本当に使いやすいので、好みに合わせて試してみてはいかがでしょうか?




モデル違いで6つボタンダブルのタイプも展開しています。

こちらのタイプなどは、2着目以降にお選び頂くケースもあるようですね!

短めの着丈が、程良いカジュアル感を出しており、非常に軽快なイメージです。。。




一見して個性的な生地のタイプも<T-JACKET>の大きな特徴の一つです。

上のタイプは個人的にも刺さっているモデル!ネイビー&ホワイト好きにはたまらない生地のタイプですね


兎にも角にもこちらジャージー素材のシリーズは、その伸縮性で一度着たら病みつきの方達が増殖中とのこと・・・
是非今シーズンの<T-JACKET>にご注目下さい!





KAMIYAMA
  
         

この春夏は、襟元もマインドもオープンで…

まだまだ寒さが残る今週ですが…店頭には本日BEAMS 18SSシーズンカタログがリリースされました。。。
早速こちらをチェックして頂き、春夏コーディネイトの参考にして頂けたらと思います。

今回も読み応え満載の内容になっているので、ご期待下さい!!

※PRスタッフに感謝



そして表紙にも使われているモデルさんの着こなし・・・




カタログの中身を開いたこちらの右ページのカットには、、、

リネン混スーツのインナーにオープンカラーのシャツを襟出しでラフに合わせているのですが、、、このシーズンらしさを強めに感じられるコーディネイトの一つと言えます。

(首元に小さめのネッカチーフを結ぶのもいいですよね!)



そして、店頭では既に入荷の<BOLZONELLA>のオープンシリーズが好評なんです!

ここのブランドと言えば洗いざらしのシャンブレーやオックスフォードなので、ガシガシ洗ってラフに着倒したい雰囲気ですよね。。。



こんな感じがコーディネイトのイメージでしょうか・・・


あまり気取らず気楽に襟を出していきたいところですね!

これからの季節、シャツ一枚になってもすんなりハマること請け合いのオープンカラータイプは、コーディネイトの幅を一気に広げるアイテムと言えそうです。

是非店頭でお試しになってみて下さい。。。



KAMIYAMA


春夏のネイビーxホワイトは普遍です・・・<TAGLIATORE>

このところ寒さの厳しさが増して、本格的な春が待ち遠しい2月ですが、、、

そんな中、店頭では毎日のように春夏アイテムが入荷しています。。。


先ずは今季も絶好調の<TAGLIATORE(タリアトーレ)>から、新作が続々リリース!




マーケティング主導のファッションに対し、タリアトーレはデザイナーのピーノ・レラリオ氏自身のスタイルを前面に押し出しているブランド。 ブランドネームはイタリア語で"裁断士"を意味し、その名の通り両脇からウエストを絞った立体的なフォルムは、卓越したカッティング技術に支えられていま す。さらに厳選した素材と組み合わせることで、クラシックテイストを醸し出しつつ、南イタリアらしい柔らかさと力強さを演出します。

タリアトーレと言ったら強めのチェックが印象深いですが、、、今季のチェック系はまさに夏の定番カラーと言えるネイビーxホワイト系を中心に豊富に取り揃えています。



柄についてはハッキリした色目のモノが多いですが、春夏素材のリネンやシルク混の様なザックリした素材はこれからの時期には抜群の相性と言えます。


そしてNAVY・・・と言えば今季も外せないのはブレザーではないでしょうか!




ピークドラペルの大きさや、チェンジポケット付きフラップポケットなどのディティールは、まさにブリティッシュテイストの踏襲ですね。。。


そして少し変り種なこちらのタイプも入荷予定なんですが、要注目のデニムブレザーです。。。



TAGLIATORE VESVIO DENIM 

NO,24-16-0170-248

1COLOR:INDIGO

SIZE:42~50

¥97,000(+税)
3月入荷予定

デニム好きの方には確実に刺さるのではないでしょうか?(個人的には刺さっております)
着込んでいく内にエイジングを楽しめるのもたまりません。。。

※色落ちを気にされる方はお気を付け下さい。


今回は<TAGLIATORE(タリアトーレ)>今シーズンモデルの一部をご紹介しましたが、人気のジレやスタイリッシュなスーツなども続々リリースされていますので、是非店頭にてご覧下さい。





KAMIYAMA

新年早々、炸裂の兆し…<giab's ARCHIVIO>

少し経ちましたが、新年明けましておめでとうございます。

今年も本ブログにお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します!

年末年始と店頭での秋冬セールも少し落ち着きを見せ始めている今週・・・

早くも一部ブランドの春物商品がリリースし始めてきています。。。


そんな中でもここ数シーズン人気急上昇のパンツブランド<giab's ARCHIVIO>より、一部新作が入荷致しました!



母体であるGIAB'S(ジャブス)社は芸術の都イタリア・フィレンツェの地にて1953年ジャンカルロ・バレリーニによりトラウザーズ専業ファクトリーとして創業。giab's ARCHIVIO(ジャブス アルキヴィオ)は GIAB'S社の歴史的背景、トラウザーズ専業ファクトリーとして培ってきたノウハウをベースに現代的かつ革新なトラウザーズコレクションを展開し老舗パンツ専業ブランドがひしめくイタリアにおいて注目を集めている。




ジャブスと言えばのこのモデル!

1プリーツのウエストドローコードに、サイドエラスティックが程よいリラックス感を醸し出すタイプです。

こちらはコットンにストレッチが効いている素材。



そしてこれも確実に人気が出そうなウール素材のタイプ。

ライトグレイ、ミディアムグレイ、ブラウン、ネイビー、ブラックの怒涛の5色展開でのリリースです。

個人的には、ブラウンなんかは非常に新鮮に見えます。あえてブラックのレザーシューズで合わせたいイメージ・・・



こちらも同モデルで更にリゾート感が強めのストライプやデニムタイプもまさにジャブス…と言ったモデルです。。。

今シーズンテーマの一つ「ラグジュアリーリゾート」スタイルにもすんなりハマる雰囲気ですね。

(しかし、早く暖かくなりませんかね…)

そして、今回完全別注のニューモデルのこちらはプレーンな2プリーツタイプ!

¥23,000-(+税)とお求め安い価格も魅力的な、コットンストレッチ素材の新作。





またまたこの辺りのライトブラウンが今季特に気になる気になる。。。
2プリーツで腰周りにゆとりがあるので、リラックスムードで穿けそうですね。

コロニアル系の暖色中心のコーディネイトにかなり重宝しそうな雰囲気です。。。

外は冬本番の寒さですが、徐々に春物への意識を高めて頂けると幸いです。

是非店頭にてお試し下さい。。。



KAMIYAMA

18SSの雰囲気をご紹介…vol.2

しかし一年とは早いもので、2017年も残り3日となってしまいました…

特に色々と目まぐるしい一年だったと個人的には思うのですが、皆さんは如何でしたでしょうか…?

いろんな意味で、今年の汚れは今年の内にキレイにして、新年を迎えたいものですね。。。


さて、冬の寒さが1ランクも2ランクもアップになった今週・・・暖かファッションも大事ですが、実は2018春夏アイテムの入荷も控えているタイミングなのです。

前回のスーツ・ジャケット編に続き、今回は~カジュアル編~をご紹介!




ラグジュアリーリゾートと言うカテゴリーで紹介しているのですが、サファリテイストに振れているのが今季の大きな特徴の一つ。。。

スウェードのサファリジャケットにグルカショーツ、そしてインナーはプリント柄のオープンカラーを襟出しでラフにコーディネイト。

足元はエスパドリーユが懐かしく新鮮に。。。



土っぽい色合い…いわゆるコロニアルテイストの色合いもたくさんのアイテムで展開しています。。。

黄土色や赤茶色なんかは、このシーズン是非トライしたいカラーですね!



特徴的な柄物プリントだったり、はっきりしたストライプだったりとラグジュアリーなリゾートスタイルに欠かせないシャツも多数展開しています。。。

画像下には春夏展開予定のエスパドリーユがチラリと写っています。これも欠かせないアイテムの一つに・・・



これまた大人アイテムの代名詞的な…レザーのショート丈ブルゾンは表革もスエードも豊富なバリエーションで展開します。

RUFFOのキレイな色のスエードタイプに、EMMETIの表革シングルライダースなど、既にたくさん入荷前予約を頂いているモデルも出ています。

BEAMSのお客様は本当に早いですね、、、ありがとうございます!



そして各アイテムに「カラーモノ」の復権?!

春夏と言うことも有り、ピンクやグリーンにイエロー…と、やはりパワーのある色モノも久しぶりに新鮮なイメージですね!

暑い夏には色モノが映える…

実際に色モノを着ると、気分も高揚し、元気が沸いてくるようなそんなムードになってくるものです。。


でも洋服好きにとって、この「洋服着てテンション上がる↑」・・・って何歳になってもやはり重要なことだと個人的には思うんです。


そんな我々世代でも気分がアガる2018春夏ラインナップに、是非ご期待下さい!


最後なりますが、2017年も本ブログにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。





KAMIYAMA

18SSの雰囲気をご紹介…vol.1

しかし12月半ばともなると一気に師走感が出てきて、訳も無くソワソワするものですね。。。

当然のことながら街も活気があふれる時期ですし、皆さんの購買意欲も高まっているかと思います・・・

冬物のお買い物もそろそろ最終ピークなので、是非店頭でお好みのアイテムを探してみて下さいね!

そして冬真っ盛りのこの時期ですが、早くも18春夏シーズンのご紹介ができる時期でもあるのです。。。

ここでは先日BEAMS社内にて行われた媒体向けプレス内覧会の画像を、ほんの少しですがご紹介致します。


~スーツ・ジャケット編~




メインディスプレーはそれぞれが個性的なカラードスーツをレコメンド!




様々なスーツのバリエーションがありますが、昨年非常に多かったコットンスーツの流れを受け、素材的にはリネン混が増えてきている印象です。
ビジネスシーンで着用する以外でのスーツコーディネイトも楽しめるラインナップを揃えています。。。



関連アイテムの代表的存在として、オープンカラーシャツが久しぶりに戻ってきました。。。

「粋」な感じで着こなして頂きたいスーツルックですね!



春夏なのでカジュアルセットアップも各ブランドからリリースされています。

この様なタイプのものは、シンプルにラフに肩肘張らずに着こなしてほしいですね。。。




こちらも文字通りトラベラー&ジェットセッター…

シワになりにくかったり、小さくパッキングできたり…とそのまま旅行に行けるようなスタイルの打ち出しなのですが、オトナのカジュアルスーツスタイルの新機軸にもなりそうな雰囲気ですね。。。



ジャケットについては大きい柄のチェックがまた戻ってきている感じですね…

素材的にはこちらもやはりリネン素材のタイプが確実に増えている印象です…素材特性のシワなどはあまり気にせず、ガシガシ着て頂きたい今季の夏ジャケット・・・



これも夏の定番色WHITE x NAVY・・・



夏の紺白はまさに定番中の定番、そして王道中の王道・・・18SSはあえてど真ん中を歩くのも「粋」なのかと、個人的には感じています。。。

…とまぁ、簡単ではありますが、18SSの予習として先ずは~スーツ・ジャケット編~をお届けしました。

次回は~カジュアルスタイル編~をお送りする予定です。。。




KAMIYAMA


まさに今、穿きたいパンツとは…<BERWICH>

決して大きくは変わらないメンズクラシックファッションの流れの中でも、このアイテムだけは時に大きな変化が見られることもあるのが「パンツ」ではないでしょうか。。。

数年前に長らく続いたノープリーツのスリムなテーパードシルエットから、ここ近年はプリーツ入りで腰周りがゆったりしたシルエットのタイプが増えており、様々な体系や好みに応じたモデルをチョイスして、トータルの着こなしを楽しまれている方々も増えているかと思われます。。。


BEAMSメンズドレスの各レーベルも数多くのパンツブランドを取り扱わせて頂いている中で、今回特にお勧めの新しいモデルがリリースされた<BERWICH>から、数モデルをレコメンド!!




1975年、イタリア・プーリア州マルティナフランカにパンツ専業会社としてICOMAN 2000 s.r.l.が創業。2004年にオリジナルのパンツブランド、ベルウィッチをスタート。世界の様々な国の文化への探求心と情熱をベースに生み出されるコレクションは必見です。


先ずはいきなり新作のご紹介です!

ゆったり1プリーツの人気モデル<SAKE>のシルエットをベースに、ワタリ幅を若干細めに設定した2プリーツのワイドテーパードシルエット。

モデル名もそのまま<SAKE 2P>・・・はBEAMS完全別注モデルです!



※TAKADA MODELと言っても良いくらい、彼のキャラクターにベストマッチングなシルエットですね。




BERWICH SAKE2P CAVA-TWILL

NO,24-23-0427-540

3COLOR:OFF WHITE,SAND,NAVY

SIZE:42~50

¥29,000 (+税)



ツィディーなヘリンボーンタイプも、今季注目素材の一つ!

BERWICH SAKE2P ヘリンボーン

NO,24-23-0426-540

2COLOR:GREY,BROWN

SIZE:42~50

¥29,000 (+税)

そして、少し細めの1プリーツでスッキリシルエットの継続別注モデル<PASCAL>ももちろんラインナップしています。





細めではありますが、1プリーツで腰周りに適度にゆとりがあるので、こちらも穿き易く汎用性が高いタイプと言えます。



BERWICH PASCAL TWILL

NO,24-23-0424-540

4COLOR:WHITE,SAND,D.BROWN,NAVY

SIZE:42~50

PRICE:¥24,000 (+税)

以上、BERWICHより2モデルをご紹介しましたが、両モデルともタイプがそれぞれですので、コーディネイト全体のイメージ作りも楽しんで頂けたらと思います。。。


まさに、今こんなパンツが穿きたい・・・そんな<BERWICH>を是非店頭でお試し下さい。。。





KAMIYAMA


今季はなんだかキャメルな気分・・・

9月も後半になってくると、朝晩は随分涼しくなってきたので、装いもリアルに秋冬物の気分になりますね。。。


今季注目のカラーと素材の中で、お勧めしているキーワードの一つ「キャメル」のアイテム。。。

毎シーズン様々なアイテムで「キャメル」のものはあるのですが、取り分け特に今シーズンはその幅も奥行きも広がりを見せているのです!



※17FWキャメルカラーのイメージカット



キャメルカラーの代表的な冬物アイテムといえば当然コートになりますよね。。。

ちなみにこちら<TAGLIATORE>のベルテッドコートは素材もキャメルヘアー100%です。

独特な毛並みと艶感が、まさに男の色気を感じられるアイテムと言っても過言じゃないと思います・・・



TAGLIATORE CAMEL BELTED COAT

NO,24-19-0211-248

1COLOR:CAMEL

SIZE:42~50

¥155,000 (+税)


続いてこちら<ERNESTO>のロングコートも素材はキャメルヘアーですが、毛足が短いタイプの生地を使い、裏地なしのダブルフェイスが大きな特徴と言えます。

カッチリし過ぎないちょっとルーズなフィット感も今シーズンのトレンドポイントを抑えたアイテムの一つ!
実際に袖を通すと、その軽さにも驚きを覚える一点です。。。



ERNESTO CAMEL BELTED

NO,24-19-0199-465

1COLOR:CAMEL

SIZE:42~50

¥260,000(+税)


そしてカジュアルジャケットの代表格、ご存知<T-JACKET>の新作も当然ながらキャメル物を展開です!

こちらの素材はまさに<T-JACKET>と言えば・・・のウールジャージーで着易さ抜群です、羽織ものが役立つこれからの時期に着まわしの効く一着になりそうですね!




T-JACKET CAMEL 6BW JACKET

NO,24-16-1001-148

1COLOR:BEIGE

SIZE:XS~L

PRICE:¥52,000(+税)



マネキンが着てるようなニットポロを合わせて、首元にキーアイテムでもあるネッカチーフを巻くと、ちょっとドレッシーに今季っぽくコーディネイトできますね。

キャメルアイテム目白押しの今シーズン。。。

是非ともご注目下さい。。。





KAMIYAMA


入魂のオリジナルジャケット…<Brilla per il gusto>

ここ数シーズン、人気のモデルについては入荷前予約も多数頂くケースもある<Brilla per il gusto>オリジナルネームのスーツとジャケット。。。

製作についてはレーベル発足当時からのお付き合いになる、ご存じ今や世界にその名を誇る国内屈指のテーラリングファクトリーでもある「RING JACKET(リングヂャケット)」が監修から生産まで全てを担っております。

でもこの事実については、あえてそんなに声高らかに謳ってはいないところが実際のところなのです。「上質で着心地の良いものを、お求めやすい価格で提供したい…」と言う双方のアイデンティティーにより、レーベルスタート時からのお付き合いで今シーズンまで継続展開をさせて頂いています。

実際に袖を通してみて初めて分かるその着心地の良さにご納得頂き、リピートにつなげて頂けるファンの方も多数いらっしゃることは、オリジナル製品を提供する上では非常に誇れることと自負しております。。。




そんな中、2017FW新作も続々リリースされていますので、ちょっとお勧めのモデルをご紹介!



昨今人気のFERLAのバリエーションやPIACENZAのカシミヤ混など今期もご覧のラインナップ。。。

そしてこれもブリッラらしさ炸裂の・・・
LORO PIANAの獣毛シリーズ



これかなり凄いです。。。



BRILLA PURE CASHMERE 3B JACKET

NO,24-16-1040-015

1COLOR:BEIGE

SIZE:42~52

FABRIC:100%CASHMERE
PRICE:¥130,000 (+税)

LORO PIANAのカシミヤ100%で、しかもこの薄い色(あご下の柔らかい希少部分からしか取れません)で、驚きのこの価格。。。

価格の部分では店舗スタッフからクレームが入るほどのモデルになっております。。。

更にこちらはトレンド素材でもあるキャメルヘアー・・・



BRILLA CAMELHAIR 3B JACKET

NO,24-16-1041-015

2COLOR:LT.BROWN,NAVY

SIZE:42~52

FABRIC:100%CAMEL HAIR
PRICE:¥90,000 (+税)


今季トレンドのキャメルヘアーも2色でリリース!

特に薄いブラウンのタイプなどは今季かなり重宝しそうなモデルになりそうですよね。

あまり価格の話しをするのはよろしくないのですが…こちらもかなりお得感のあるプライスでご提供しております。。。


まだ入荷待ちのブリッラオリジナルのジャケットにスーツも近日中にリリースを控えていますので、そちらもチェックしてみて下さいね!






KAMIYAMA



アメリカンテイストは引き続きです…<BOLZONELLA>

9月に入ると日差しも少しづつ秋めいてきましたね。。。

しかしながらまだまだ日中は暑かったりするので、今頃にリアリティのあるアイテムと言う事で、そのアメリカンテイストが今季も好調<BOLZONELLA>のシャツをご紹介!




定番的なオックスフォードの白無地やシャンブレーシリーズに加え、ご覧の新規ラインナップがリリースされています!
そこで個人的にちょっと気になるモデルを数型レコメンド!

先ずはボタンダウン・・・



オックスフォード地のストライプのタイプが2カラーで登場です。

個人的には写真上のグリーンなんて、一見難しそうに見えますが、ベージュやカーキのボトムスにベストマッチするので、かなり好みの一着です!

続いては新作のタブカラー・・・



本来ドレスの襟型であるタブカラーも、ご覧のこの「こなし」で仕上がっているので、タイドアップはもちろんのこと、洗いざらしのオープンボタンで着ても、雰囲気のある着こなしを楽しめそうなアイテムです!



今季はこの様なクレストタイでちょっとトラディショナルなコーディネイトはまさに気分ですよね!

そしてジャケットにはゴールド釦のネイビーブレザーで決まりって感じ!

いかがですか?
カジュアルシャツ好きの方には是非分って頂きたい今季の<BOLZONELLA>…店頭でお試し下さい!




KAMIYAMA