タグ「クラシックスタイル」の記事

ネスト横の彼

こんばんは、関です。


寒い寒い毎日言ってますが、今日も寒いです。

ペラペラのパンツ履いて素足でいると、電車の中で「?」みたいな顔されます。

何年やってもこの現象は変わらないですね。


まあいいや。

今日はネスト横の彼。

コットン/リネンのダブルスーツをタイドアップ。


<PAIDEIA>

DOUBLE BREASTED SOLARO SUIT

品番:2117-0012-465

¥200,000+税


ダークベージュに薄らとオレンジのネップが飛んだ、雰囲気抜群の一着。

挿しでグリーン、良いですね。(自画自賛。)

<AVINO LABORATORIO NAPOLETANO>

WIDE STRIPE ROUND TAB COLLAR SHIRT

品番:2111-2380-380

¥35,000+税


<FRANCO BASSI>

STRIPE 3 TIE

品番:2144-0159-380

¥16,000+税


チーフは最後まで悩んだんですが、シルクをクラッシュで入れるほうが今年らしいのかと。

しかしバルカっぷりがすごいですね。

<BEAMS F>

SILK PAISLEY CHIEF

品番:21147-0403-682

¥5,000+税


分かりますか?ネップの感じ。

スマホの方はビヨって拡大してみてください。


品名通りソラーロ。

こんな生地見たことないです。


2プリーツはもうお決まりのディテール。


一期一会みたいなのに弱いんですよね。

タイとかチーフとか、今買っとかないともう出会えない、的な。

こういう変わった生地の洋服も含め。


検討します。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

18 S/S NEW ARRIVAL vol.15

こんばんは、関です。


今夜は早上がりいただきまして、新橋にホルモンを食べに行ってきます。

減量中ですが、たまにはいいですよね?いいですよね・・・。。。

そろそろ春服の準備を始めていますが、あれ?きついかも。みたいなことにならぬよう気をつけます。


さてスーツコーナーの彼。

馬渕が着替えさせましたよ。


<BEAMS F>

CANONICO GLEN PLAID CHANGE POCKET SUIT

品番:2117-1032-264

¥110,000+税 


スッキリとしたグレンプレイドは白黒の潔さ。

深いグリーンのペイズリーでスポーティさとエレガンスを共存させてみました。

(って馬渕が言ってたことにします。)

<FRANCO BASSI>

PAISLEY TIE

品番:2144-0438-380

¥16,000+税


私だったらセミワイドにしそうですが、彼はラウンドカラーを選んだようです。

好みが出ますね。

<BARBA>

OXFORD ROUND COLLAR SHIRT

品番:2111-2192-607

¥29,000+税


引き続きクラシックディテールは大人気。


しつこいようですが、2インプリーツ・サイドアジャスターです。


そろそろ皆さん慣れてきましたか?

半年前はデコラティブに見えたチェンジポケットやプリーツも、もはや定着の様相。

手持ちの物に組み合わせ、新たなコーディネートを楽しんでみてくださいね。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

18 S/S NEW ARRIVAL vol.14

こんばんは、関です。


休日は日中にジムへ行くのですが、日差しが出ているとなんとなく春を感じるようになってきました。

もうすぐそこですかね。

私たちの秋冬は来週の月曜で終了。

ラストスパートで楽しもうと思います。


メンズクロージングを楽しんでいただくうえで欠かせないのがネクタイ。

この春もたくさんご用意してますよ。


ストライプ。


無地と小紋。


プリントとか。


今日はこの中から、クレストタイをフィーチャー。


<JOHN COMFORT>

CREST TIE 2

品番:2144-5629-107

¥14,000+税


<JOHN COMFORT>

CREST TIE 1

品番:2144-5628-107

¥14,000+税


<FRANCO BASSI>

ROYAL CREST TIE

品番:2144-5700-380

¥16,000+税


これだけブレザー、ブレザー言ってますからね。

クレスト合わせるのは定石、という感じでしょうか。

私も高校時代はブレザーだったので、ラルフローレンのロイヤルクレストをよく付けてました。

(で、ラルフローレンのチノパンにバスとかオールデンのローファー。)

アメリカンヴィンテージなどと最近言うのでしょうか。

言ってみれば当時の渋カジも方向性が違うだけで、アメリカンヴィンテージですよね。


あのころ(25年前・・・)の記憶を辿りつつ、この春のコーディネートを模索していきたいと思います。

提案を楽しみにしててくださいね。


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

18 S/S NEW ARRIVAL vo.12

こんばんは、関です。


今夜も雪の予報。

そりゃ寒いわけです。

なるべくダウンジャケットは着ないと決めたこの冬。

明日は心が折れてしまうかも・・・。


でも寒い寒いばかり言ってられません。

なにしろ今年2018年は、ビームスFの40周年。

スペシャルアイテムがゴッソリ出てきます。


きょうはこちら。


秋冬はすぐ無くなっちゃいましたね。

<JOHN SMEDLEY>

BRADWELL

品番:2112-0021-337

¥29,000+税


このタグ見たことありますか?

私が大学生だったころ初めて買ったジョン スメドレーのイングリッシュ・ポロカラーのシャツもこのタグが付いていました。

ということで復刻です。


台襟付きですが、誇張しすぎない控えめな立ち上がり。


スタンダードフィット。


長袖。


海島綿。


昔はインターナショナルギャラリー ビームスにもビームスF仕入れのジョン スメドレーを置いていました。

最先端のデザインを展開していたお店にも必要だった超の付く定番品。

つまりはどんなファッションにも合ってしまうということ。

(因みに私は現<No.21>デザイナー、アレッサンドロ・デラクアのジャケットに、このポロシャツとスカーフで気取ってました。)


そういう服って減りましたよね。

皆様のクローゼットにこれからも居続けるであろう一品を是非。


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。


18 S/S NEW ARRIVAL vol.2

こんばんは、関です。


年が明けて早や2週間。

時間ってあっという間に過ぎますね。

ウカウカしてるとすぐ夏・・・なんて早すぎますね。


今週はちょっと暖かいみたいなので、あわよくば即戦力でイケちゃうコートがネスト前に登場。



春にもテイラードコートを。

(ストールの方が気になった方はご連絡下さい。ブログでは後日ご紹介します。)



チェンジポケットも付いちゃって、秋冬からの流れを踏襲したスプリングコート。



クラシカルな趣はそのままに、ウール49%/シルク30%/リネン21%の軽やかな生地で。

サイズ44で着丈は95cm程度と、膝上すっきりシルエット。

さすがに春にロングでバサバサやってたらコスプレになりますよ。



ナイロンやコットンの”軽いノリ”がメインだった春用のアウターも、「着る時期短いからテキトーでいいよね。」では済まされなくなってきたようですよ。



バリエーションは3色。

ハッキリ言って悩んでます。

まさかの3色買い?

いや家庭が崩壊する危険しか感じませんね。

でも2色イクカ・・・。



若いころから慣れ親しんだ安心のブランド。

昔から知ってる方も最近知った方も、一度袖を通せば虜になるはず。


<CARUSO>

HERRINGBONE CHESTERFIELD COAT

品番:2119-0349-210

¥158,000+税


もちろん仕入れは少数。

まだでしょって言ってる間に無くなること必至。

お急ぎくださいませ。


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。