タグ「タッセルローファー」の記事

メインウィンドウの彼

こんばんは、関です。

今年も残りあとわずか。

どこへ行ってもお正月用品や食べ物で溢れてますね。

いやが応にも盛り上がらざるを得ない状況。

折角ですから乗っかって楽しみましょう。

ではいつも映り込みでよく見えないメインから。


STILE LATINO

DOUBLE BREASTED DENIM SUIT

品番:2117-0681-977

¥275,000+税

BROOKS BROTHERS>

CANDY STRIPE BUTTON DOWN SHIRT

品番:2111-0883-190

¥19,000+税

BROOKS BROTHERS

STRIPE + GOLDEN FLEECE TIE

品番:2144-6021-190

¥12,000+税

BREUER

SHEPHERD CHECK CHIEF

品番:2147-0320-210

¥6,000+税


プレッピームードを醸し出すデニムとキャンストとクレスト。

スーツの形がモダンなだけで、アメリカ臭さはほぼ皆無。


エッセンスのみを取り入れたコーディネートは、現代のアメトラ。フロムジャパン。


靴もですね、ウィングタッセルでアメリカンなんですがイギリス製。

カオス。

CROCKETT & JONES

CHESTER

品番:2132-0087-502

¥82,000+税

なんでもアリの今、何かしらの軸を持たないと、とっ散らかって何がなんだか訳の分からないことになるのは洋服にも言えること。

みなさまに於いてはそんなことあるわけないですが、今一度確認をお願いします。

代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

新色

こんばんは、関です。


またちょっとご無沙汰になってました。

スミマセン。

2月末からなんやかんやで大忙し。

筋トレもままならぬ日々を送っておりました。


もう他所の店舗に先を越されたとは思いますが、一応新色入荷のご案内です。


<CROCKETT & JONES>

CAVENDISH 3 CALF

品番:2132-0096-502

¥79,000+税


待望のネイビータッセル。

ボンボンの中までしっかり青いです。


ヒールのホールド、良いですよね。


サイドのカット、良いですよね。


みんな大好き、キャベンディッシュ。

今週末にあるあのイベントで、お得にお迎えしちゃいませんか?


大半のスタッフは「ネイビーカーフには黒のクリームで深みを出して・・・」なんてオススメをすると思いますが、関的には「亀の子束子とサドルソープでガンガンに洗ってから無色のクリームでボロ感を出す。」がイケてます。(仕上りにちょっとでも不安のある方はマネしないでください。)


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

ネスト前の彼

こんばんは、関です。


昨日の寒さと雨で体調崩したりなさってないでしょうか。

この間まで汗だくでひいひい言ってたのに・・・。

熱燗ですね、こりゃ。


さて、ネスト前の彼が着替えましたよ。


今シーズンのキーとなるコール天。

ちょっとクサい生地を、モダンなダブルで都会派に変えちゃったのがこちら。



<THE GIGI>

ZIGGY CODUROY

品番:2416-1012-540

¥92,000+税



太畝に負けないボリュームのリブが印象的なタートルを合わせ、温かみと重厚感を強調。



プリーツを主張するように、ニットの裾はイン。

ホームスパンのネップが全体のカントリー・ムードをボトムアップ。

インの時はベルト無しでお願いします。



またタッセルかよって言わないでください。

ちょいとアメリカンなウィングタッセルでハズシを。

ディスプレイ担当の中野と黒か茶で揉めましたが、私の意見を尊重してくれたため黒に決定。


<CRUCIANI>

TURTLENECK KNIT

品番:2115-0308-115

¥40,000+税


<GTA>

BYRON HOMESPUN PANT

品番:2123-0451-353

¥32,000+税


<CROCKETT & JONES>

CHESTER

品番:2132-0087-502

¥82,000+税


ヘタしたら私がいつも行く赤提灯の常連客のような、ある意味カッコイイオジサマ達と変わらない雰囲気になってしまいそうですが、そこは素材のクオリティとデザイン、バランスが違いますので、ご安心していただいて大丈夫です。(あんまり当てはまる方いらっしゃらないですかね・・・。)


オススメしてるのか分からない文章になってしまったので、このへんで。


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

スタッフコーディネート解説 vol.13

こんばんは、関です。


秋の長雨、すっかり気温も下がり年末までまっしぐらな感じがする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

秋うまれの私はこの時期になるとすこぶる体調がよくなり、芸術の秋・読書の秋・食欲の秋・飲酒の秋・・・など充実の日々を送っております。


さて、なんと13回も続くと思わなかったこのシリーズ。

休日はバルクアップに勤しむ事でこの上ない充実感を得る男、ロボコップ改め超人ハルク a.k.a. 川口が3度目の登場です。


<LARDINI>のニットジャケットにネッカチーフでリラックス感のあるオフタイム・スタイル。

ニットジャケットといえば、なかなか綺麗な形が出づらく、コーディネートがサマにならなかったりしますが、彼の場合は・・・

もう360°でご覧ください。

レッツ筋肉祭り。
















スミマセン、遊びすぎました。

ただこのガタイがあると見事にジャケットの形になりますよね。

ここまでとは言わずとも、洋服をしっかり着るにはある程度の努力は必要なようです。

私も気が向いたら頑張ります。



足元は、まあいつものアレです。


店頭では、


こんな感じでご提案します。


<LARDINI>

MILANO RIB DOUBLE BREASTED JACKET

品番:2115-0319-115

¥69,000+税


<BOLZONELLA>

CHAMBREY ROUND COLLAR SHIRT

品番:2411-1280-395

¥23,000+税


<DRAKE'S>

BAROQUE NECKERCHIEF

品番:2145-0320-175

¥16,000+税


<GERMANO>

2 PLEATED STRETCH TWILL PANT

品番:2423-0439-081

¥22,000+税



赤みがかった茶のネッカチーフを襟元のアクセントにしつつ、



ボルドーのパンツに繋げる纏まりあるコーディネート。

温かみがあり柔らかな印象になるニットスタイルは、これからの休日にもってこいです。


トレーニング後のお買物は、是非東京ミッドタウンへ。


代金引換の発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。


まもなく開催です。



スタッフコーディネート解説 vol.8

こんばんは、関です。


雨の東京・六本木。

あいにくの天候でもなんとなくサマになってしまうのは、港区マジックでしょうか。

って先ほど昼食に出たらそう思いました。

特にオチはありません。


さて、早々とネタ切れ感が出てきましたコーディネート解説。

みんな嫌がるので、しょうがないから今回はわたくしが。


何年前か失念しましたが、<STILE LATINO>でオーダーしたキャバルリーツイルのスーツ。

パッチポケットでダブルステッチなので、やや軽めの組み合わせに。



かなり白っぽいブルーのドビーストライプ・シャツは、これまたいつのかわからないくらい前の<GUY ROVER>。

セミワイドで前立て付きはごく普通だった時のやつ。

ウールのウィンドウペーン・タイでカラーリングのバランスを。



軽い合わせにはペニーローファー。

でもプレーントウなのでスーツでも履いちゃいます。


店頭商品ならこんなの。


<DE PETRILLO>

DOUBLE BREASTED CAVARLY TWILL SUIT

品番:2117-0876-380

¥159,000+税


<BARBA>

ROUND COLLAR CLERIC SAND STRIPE SHIRT

品番:2111-2313-607

¥26,000+税


<PERSONALITY>

WOOL CHECK TIE

品番:2144-5309-380

¥14,000+税


似たスーツが無いので、雰囲気だけ近づけてみました。

しなやかな生地のスーツにマッチする、薄手のウールタイ。

クレリックにして白分量を増やし、スポーティさと軽さを注入。



チェンジポケット付きですし、あまりにカジュアルな靴は不向き。

ということで、表革のタッセルローファーを。


秋口早々から着られるキャバルリーツイル。

ダブルポイントでお求めになるにはちょうど良いタイミングですよ。


お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。

スタッフコーディネート解説 vol.3

こんばんは、関です。


昨日はこの夏最後のプールで大火傷。

おでこカピカピです。

もうすぐ9月ですからね。

大人しくします。


さてコーディネート解説3回目は、この春に入社したばかりでフレッシュネスいっぱいの高橋です。


合わせはフレッシュネスというより渋好み。

でもなかなかよく着こなしていたのでご覧いただきたいと思います。



この秋の新作ばかり。

グレイッシュなブラウンのカシミヤ混コットンスーツにプリントペイズリー。

ラウンドカラーにバーまで付けて、ちょっとコッテリしてますが、襟の大きさやノットの形で上手いことバランスを取っています。



ピコステッチのリネンチーフを無造作に入れ、こなれた感じを出すなんてやるじゃないですか。



そうきたらやっぱりスエードタッセルですよね。

ちゃんと教えたようにケアしてます。


<BEAMS F>

ERMENEGILDO ZEGNA STRETCH COTTON SUIT

品番:2117-0902-264

¥96,000+税


<BARBA>

OXFORD ROUND COLLAR SHIRT

品番:2111-2192-607

¥29,000+税


<STEFANO CAU>

BIG PAISLEY TIE

品番:2444-1306-377

¥15,000+税


<CROCKETT & JONES>

CAVENDISH 3 SUEDE

品番:2132-0097-502

¥69,000+税


控えめな中にも色気のあるコーディネート。

これくらいならビジネスでもお使いいただけそうでしょうか。

高橋の今後もご期待ください。


最近またインスタグラム更新し始めました。

宜しければお目汚しにどうぞ。

https://www.instagram.com/sekitetsuro/


代金引き換えの発送も承ります。

お問い合わせ・ご来店、お待ち申し上げます。



スタッフコーディネート解説 vol.1

こんばんは、関です。


本日から私たちは衣替え。

シーズンの本格的な始まりということで、皆様のご参考になるべく、当店スタッフのスタイリング解説をやっていこうと思います。

いつまで続くかわかりませんが、お付き合いのほどよろしくお願いします。

(途中でネタ切れになる予感がプンプンします。)


第一回は、スタッフ川口。

<BEAMS F>オリジナルのスーツで登場です。


ロボコップみたいですね。

胸筋鍛えすぎて胸が収まってないですよ。



それはさておき、ブルーグレーのウィンドウペーンスーツにグレーベースのペイズリータイ。

ダークトーンのブリティッシュ・スポーティスタイル。



そこで紐履ならよりクラシックに。

タッセルローファーなら適度な抜け感が演出できます。

川口は抜けのほうを取りました。



いま店頭でご紹介するならばこんな感じ。

<CESARE ATTOLINI>

MELANGE WINDOWPANE SUIT

品番:2117-0707-860

¥560,000+税


<BORRIELLO>

DOBBYCLOTH SEMI WIDE COLLAR SHIRT

品番:2111-1379-090

¥21,000+税


<LUIGI BORRELLI>

SHADOW PAISLEY TIE

品番:2444-1254-735

¥18,000+税


既に定着した感のあるペイズリー。

もう取り入れていただくのは抵抗無くなりましたよね?

ベーシックなアイテムをさらに格上げする、変わり種ペイズリー。

まだお持ちでない方は、是非トライしてみて下さい。


お問い合わせ・ご来店お待ち申し上げます。