タグ「ダブルモンク」の記事

From ORDER SALON キャバルリーツイル


「おっ、そろそろ雨も止むかな?」と思い油断して外出するや否や、急な豪雨に見舞われ、傘が有っても腰まで濡れる。苦労して駅に着く頃には、何故か雨も小降りに。そんな経験が、最近けっこうある気がします。


単に運が悪いのもあると思いますが、気候が昔とは一味違うと思えてなりません。英国はロンドンの様な、大抵傘を差さなくても何とかなる、そんな気候が羨ましいですね。





こんにちは、石原です。






そう言えば先日も、あるスタッフがお店から少し外出していると急な豪雨に見舞われた、そんな事がありました。酷く雨に濡れてしまうところでしたが、あるスーツを着用していたことで、意外と被害が少なくて済んだそうです。



それがこちらのお品です。

BEAMS F Savile Clifford キャバルリーツイルスーツ
カラー:ベージュ
サイズ:42〜52
価格:¥115,000+税
商品番号:21-17-0901-731

英国テイスト溢れる、キャバルリーツイルで仕立てられたスーツですね。ツイルと言うと、トレンチコート等をイメージして頂くと分かりやすいのですが、水に対して非常に強いという特性があります。キャバルリーツイルはその名の通り、騎兵の軍服に用いられた生地なので、耐久性等に優れているのが特徴ですが、耐水性も高い点が魅力ですね。


前述したスタッフの場合、雨をスーツ生地が弾いてくれて、あまり濡れずに済んだそうです。もちろんずっと雨に打たれていれば話は別ですが、ちょっと雨の中を通り過ぎる様な場合、これ程頼りになる生地は他に無いと思います。





とは言うものの、ベージュはちょっと使い辛い、という方にはオーダーがお薦めですね。


ちょうどオーダーフェアを9/17まで開催しております。




本日ご紹介するバンチは、

英国の生地メーカーLASSIERE MILLS(ラッシャー ミルズ)の一冊です。




バンチをめくっていくと。

ご覧下さい。かなりのバリエーションで、キャバルリーツイルの生地がございます。ベーシックなネイビーも良いですが、グレーやブラウンも洒落ていて、仕立て甲斐がありそうですね。


こちらのバンチ以外にも、様々なメーカーでキャバルリーツイルの生地は提案がございます。ぜひ、スタッフまでお問い合わせ下さい。




LASSIERE MILLSのバンチには、他にも魅力的な生地が多いですね。

こちらのヴィンテージ調のチェック柄は、思わず手が止まってしまうほど印象的でした。グレーとネイビーで構成された、かなり味のあるチェック柄、仕立てると如何にもオーダーらしい一着になりそうですね。




少し柄のイメージが分かりにくいのですが、


色違いの生地があるので、そちらを見ると柄のイメージがしやすいと思います。こちらのブラウンのペーン等も、味があって良いですね。洒落た雰囲気が強いので、なかなか一般的には使い辛いかも知れませんが、そうした点を考慮する必要が無ければ、とてもお薦めしたくなる生地たちです。ぜひ、実際にご覧頂ければと思います。よろしくお願い致します。






それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




6階にて開催しております。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


アンビバレント


愛憎こもごも、人間単純ではないので、そうした感情を抱くことは、実際に多くあると思います。「アンビバレンス」と言うと、精神医学の用語と感じる方も少なくないかも知れませんが、そもそも人間が本質的に持っている精神状態を説明するための用語なので、そうした感情を抱くことは、決して縁遠いものではないでしょう。


ちょうど私の場合で言いますと、店内の品々が秋冬の商品へと切り替えが進み、そこに立つスタッフも衣替えとなりました。人によって意見が異なるのは当然ですが、個人的には冬服が大好きです。よりファッションや装うということを楽しむ点で、秋冬の時季はいっそうテンションが上がりますね。なので、秋冬の服装を着ることは非常に楽しいことです。しかしながら、こうも厳しい残暑が続くと、けっこう冬服はキツイですね。冬服を楽しみたい感情と、夏服でより快適に過ごしたい感情がせめぎあいます。これもまた、アンビバレントな感情と言って良いでしょう。


そろそろ夏も満喫できたので、早く涼しくなって欲しいなと、思う今日この頃です。







こんばんは、石原です。





店内の方は、そろそろ秋冬が盛りを迎えようとしています。恐らく9月になると、一層切り替えが加速するでしょう。


幸いにも店内はエアコンも効いているので、それほどアンビバレントな感情には陥りませんが、商品的にそうした存在もあると思います。今日ご紹介するのは、個人的にアンビバレンスを感じるお品です。



こちらのスーツになります。

Brilla per il gusto E.Zegna デニム ピークドラペルスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜52
価格:¥120,000+税
商品番号:24-17-0582-015

インディゴのデニム生地で仕立てたスーツの様ですが、素材はウールになるという、非常に珍しく洒落たお品です。


コットンデニムとは全く異なる、上質で滑らかな肌触りは「トロフェオ」の名に恥じない質感があります。ウール素材ですから、皺の入りも所謂コットンデニムの様にはなりませんし、色落ちの心配もありません。デニム風の雰囲気と、インディゴの色味を上品にお楽しみ頂けるお品です。




少し艶っぽくコーディネートすると、良い雰囲気が出ますね。

シューズは<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、ブラックカーフを合わせています。クラシックから、こうした洒落たコーディネートまで幅広く使えるのが良いですね。





Vゾーンはパープルを軸に纏めました。

ネクタイは今季から新たに展開している<ETRO>のお品です。デニム調の生地ですが、ピークドラペルの仕様なので、どちらかと言えば、艶やラグジュアリーな方向で纏めるのが良いと思います。パープルのプリントタイですと、非常に相性が良いですね。





ちなみに、フロントポケットもフラップ付きチェンジポケット仕様です。

こうした辺りも、クラシカルで英国的なディテールですね。されど生地はデニム調。アンビバレントなお品というのがしっくりきますね。







続いてもう1品ご紹介致します。

STILE LATINO 6ボタンダブルブレステッド デニムスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜50
価格:¥275,000+税
商品番号:21-17-0681-977

秀逸な仕立ての良さと、洒落た雰囲気が支持されている人気ブランド、<STILE LATINO>の逸品です。


こちらは6割以上はコットン素材なので、本当にデニムライクな生地になります。しかしながら、ダブルブレステッドで非常に雰囲気のあるスタイリング、クラシカルにもスポーティーにも纏められるお品ですね。


足元は同じ<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、スコッチグレインを用いたモデルを当てました。





シャツはブラウンのギンガムチェックベースのクレリックシャツです。ネクタイは、グリーンベースのペイズリータイを合わせました。どちらもデニムとの相性が良いので、綺麗に纏まりますし、クラシカル寄りながら、堅すぎない雰囲気が演出出来ますね。






迫力のあるラペルの雰囲気。ダブルブレステッドならではの存在感があります。





パンツはプリーツ入りです。


こうした所も、クラシカルな要素を取り入れ、生地自体のスポーティーさとは違ったテイストや魅力を演出することが出来ます。



スーツという本来ドレッシーでエレガントなお品を、デニム風の生地で仕立てた品々、如何でしたか?まさにアンビバレンスを感じさせる存在ですね。

普通のビジネススーツとは一味違った魅力があると思います。特別な雰囲気を演出するお品として、ぜひお召し頂ければと思いますので、どうぞお試しになって下さい。よろしくお願い致します。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




6階にて開催しております。

9/2迄に承ったお品は、お仕上がりの際にBEAMS CLUBポイントが通常の倍還元されます(※2倍となるポイントは約6ヶ月有効の期間固定ポイントとなります)。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


雨の日に歩いて気付くこと。

こんばんは、金替です。


生憎の雨模様。

そんな時期ですね。


雨が降ると何かと不便で、気分も沈みがち。

でも強い味方がいれば鬼に金棒。

先日の「底力」に続いて、本日はこちら。


PARABOOT WILLIAM



言わずと知れた名作WILLIAM達。

レースアップよりは着脱も幾分しやすいダブルモンク。


ちょっと横向いてもらいましょう。



そのまま横になってもらいましょう。



彼等の底力。

雨の日に活躍してくれることは間違いないはずです。


顔付き改めて見ていきましょう。


まずはオイル含有率の高い定番のリスレザーを使用したこちら。

定番、王道が醸し出す風格でしょうか。カジュアルからドレスまで幅広いコーディネートに。



お次はスコッチレザー。

リスレザーのスムースな顔立ちに比べ、シボ感が表情豊かな印象を与えてくれますね。


そしてスエード

ブラックカーフスエードの艶っぽさ。

ボリューム感のあるWILLIAMに程よい色気を加えた感じです。


そんなWILLIAM達と合わせる靴下をご紹介。



ブルーの細いピッチのボーダーを合わせて。同じトーンの物を合わせるとまとまりが良くなります。

細いピッチのボーダーを合わせることで、カジュアル過ぎない印象に。

WILLIAMの守備範囲の広さを活かしてあげるコーディネート。




対照的に太いピッチのボーダーを合わせて。よりカジュアルに、よりスポーティな印象に。

デニムに、チノとの相性は抜群のはずです。





私も愛用中のSPANGLE。ブラックカーフスエードの艶っぽさに靴下で煌びやかさを加えて。

ちょっと派手かな?とお思いになると思いますが、モノトーンでのまとまりがあってすごく調和します。

オススメの足元です。



足元コーディネートを考え、雨の日も歩いちゃいましょう。



普段は歩いている道。雨だから今日はタクシーで、今日はバスでといったことあると思います。

でも雨の中歩く「普段歩いている道」は、普段とは違う姿かもしれません。

「普段」とは違う「非日常」の中の情景もまた素敵な物です。



ふらっと訪れた金沢は東茶屋街。三度目の来訪だったこの場所で初めての雨。



知っていた、見ていた情景とは少し異なる物を見る事が出来ました。

雨の日に歩いて気付くことが沢山ありました。


梅雨に負けずに、雨の日も楽しみましょう。


金替


ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/