タグ「プリントタイ」の記事

From ORDER SALON ブリティッシュフレーバー


安室奈美恵さんが引退しましたね。


私が中学生の頃からスターだった方ですが、引退を発表してからの1年間の活躍を見ていると、改めてその人気の高さと幅の広さに感銘を受けました。


ちょうどスポーツニュースを見ていて知ったのですが、一部の球場では引退当日となった16日の試合は、選手が打席に入る際の登場曲を、特別に全て安室奈美恵さんの曲にしたそうですね。なかなか粋な振舞いだなあと、感心してしまいました。







こんにちは、石原です。





安室奈美恵さんから話題を発展させるのは、なかなか難しいものですが、敢えて言わせて頂くと、この1年は安室フィーバーだったと思います。


そしてファッションにも、やはりフィーバーと言うか、大きな流れ、トレンド、流行の様なものはありますよね。


メンズのドレスファッションに限らない流れとして、英国調が挙げられると思います。女性のファッションを見ていても、タータンチェックやグレンプレイドを良く見かけると思います。柄から見てとれる英国調ですね。本当に大きな潮流だと言えます。



9/17(月)、つまり本日が最終日となる<Custom Tailor BEAMS>ORDER FAIR。ご案内しているバンチの中にも、そうした流れを反映した物があります。


DRAPERSの「HIGH TWIST」。



イタリアの生地商ですが、世界的な流れに沿った提案がしっかりと、為されていますね。

ワイドピッチのストライプ。グレー地にボルドーのカラーストライプも、今の気分ですね。





そして、ブリティッシュと言えばグレンプレイド。

色のバリエーションもしっかりとございます。定番のグレーやネイビーも良いですが、個人的にはブラウンが気になりますね。





より雰囲気のあるチェック柄もあります。

細かなチェック地に、大柄のウィンドウペーンが乗った生地。ブラウン×オレンジのペーンが洒落ていますね。




こちらのグリーンも良いですね。

ギンガムチェックの生地です。スーツでは難易度が高いとお感じの方は、ジャケットを仕立てて頂くのもよろしいと思います。



さて、こうした英国的雰囲気の生地たち。

全てではありませんが、このバンチの一部の生地は、本当に英国製の物になります。


イタリア生地とはまた異なるハリやコシ、個人的には好きなテイストです。ぜひご覧頂ければと思います。



生地選びの際に、コーディネートや実際の色合いが気になる方は、手持ちの物を当ててみたりするのがお薦めですね。




あるいは購入を検討されているネクタイやシャツを合わせてみて、その雰囲気を推し量ると、だいぶイメージが湧くと思います。





ちなみに、ORDER FAIRは本日で終わりますが、オーダー自体は明日以降も承っております。20日からのダブルポイントキャンペーンの際にオーダーを頂くと、お仕上がりのタイミングで、ポイントが通常の倍還元されます。そちらもお忘れなく。





本日は夜にもご挨拶したいと思います。

よろしくお願い致します。


それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




本日が最終日です。




9/20(木)から25(火)まで開催致します。





ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


アンビバレント


愛憎こもごも、人間単純ではないので、そうした感情を抱くことは、実際に多くあると思います。「アンビバレンス」と言うと、精神医学の用語と感じる方も少なくないかも知れませんが、そもそも人間が本質的に持っている精神状態を説明するための用語なので、そうした感情を抱くことは、決して縁遠いものではないでしょう。


ちょうど私の場合で言いますと、店内の品々が秋冬の商品へと切り替えが進み、そこに立つスタッフも衣替えとなりました。人によって意見が異なるのは当然ですが、個人的には冬服が大好きです。よりファッションや装うということを楽しむ点で、秋冬の時季はいっそうテンションが上がりますね。なので、秋冬の服装を着ることは非常に楽しいことです。しかしながら、こうも厳しい残暑が続くと、けっこう冬服はキツイですね。冬服を楽しみたい感情と、夏服でより快適に過ごしたい感情がせめぎあいます。これもまた、アンビバレントな感情と言って良いでしょう。


そろそろ夏も満喫できたので、早く涼しくなって欲しいなと、思う今日この頃です。







こんばんは、石原です。





店内の方は、そろそろ秋冬が盛りを迎えようとしています。恐らく9月になると、一層切り替えが加速するでしょう。


幸いにも店内はエアコンも効いているので、それほどアンビバレントな感情には陥りませんが、商品的にそうした存在もあると思います。今日ご紹介するのは、個人的にアンビバレンスを感じるお品です。



こちらのスーツになります。

Brilla per il gusto E.Zegna デニム ピークドラペルスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜52
価格:¥120,000+税
商品番号:24-17-0582-015

インディゴのデニム生地で仕立てたスーツの様ですが、素材はウールになるという、非常に珍しく洒落たお品です。


コットンデニムとは全く異なる、上質で滑らかな肌触りは「トロフェオ」の名に恥じない質感があります。ウール素材ですから、皺の入りも所謂コットンデニムの様にはなりませんし、色落ちの心配もありません。デニム風の雰囲気と、インディゴの色味を上品にお楽しみ頂けるお品です。




少し艶っぽくコーディネートすると、良い雰囲気が出ますね。

シューズは<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、ブラックカーフを合わせています。クラシックから、こうした洒落たコーディネートまで幅広く使えるのが良いですね。





Vゾーンはパープルを軸に纏めました。

ネクタイは今季から新たに展開している<ETRO>のお品です。デニム調の生地ですが、ピークドラペルの仕様なので、どちらかと言えば、艶やラグジュアリーな方向で纏めるのが良いと思います。パープルのプリントタイですと、非常に相性が良いですね。





ちなみに、フロントポケットもフラップ付きチェンジポケット仕様です。

こうした辺りも、クラシカルで英国的なディテールですね。されど生地はデニム調。アンビバレントなお品というのがしっくりきますね。







続いてもう1品ご紹介致します。

STILE LATINO 6ボタンダブルブレステッド デニムスーツ
カラー:インディゴ
サイズ:42〜50
価格:¥275,000+税
商品番号:21-17-0681-977

秀逸な仕立ての良さと、洒落た雰囲気が支持されている人気ブランド、<STILE LATINO>の逸品です。


こちらは6割以上はコットン素材なので、本当にデニムライクな生地になります。しかしながら、ダブルブレステッドで非常に雰囲気のあるスタイリング、クラシカルにもスポーティーにも纏められるお品ですね。


足元は同じ<ENZO BONAFE>のダブルモンクで、スコッチグレインを用いたモデルを当てました。





シャツはブラウンのギンガムチェックベースのクレリックシャツです。ネクタイは、グリーンベースのペイズリータイを合わせました。どちらもデニムとの相性が良いので、綺麗に纏まりますし、クラシカル寄りながら、堅すぎない雰囲気が演出出来ますね。






迫力のあるラペルの雰囲気。ダブルブレステッドならではの存在感があります。





パンツはプリーツ入りです。


こうした所も、クラシカルな要素を取り入れ、生地自体のスポーティーさとは違ったテイストや魅力を演出することが出来ます。



スーツという本来ドレッシーでエレガントなお品を、デニム風の生地で仕立てた品々、如何でしたか?まさにアンビバレンスを感じさせる存在ですね。

普通のビジネススーツとは一味違った魅力があると思います。特別な雰囲気を演出するお品として、ぜひお召し頂ければと思いますので、どうぞお試しになって下さい。よろしくお願い致します。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




6階にて開催しております。

9/2迄に承ったお品は、お仕上がりの際にBEAMS CLUBポイントが通常の倍還元されます(※2倍となるポイントは約6ヶ月有効の期間固定ポイントとなります)。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


楽しみ学ぶ


ついに残るは決勝ですね。もしかすると、9番目の新たな優勝国が生まれるかもしれません。


色々と優勝国の法則なども語られています。自国出身の代表監督以外が優勝したことは未だに無いとか、人口が4000万人に満たない国は優勝できないとか。今回はベスト4のうち、ベルギーのみが外国人監督を起用し、準決勝で敗れたので、自国出身の監督ジンクスは継続ですね。一方で決勝に進んだクロアチアは人口が500万人にも満たない国なので、優勝すれば凄い事ですね。


ジンクスが今回も当たるのか、それとも史上初の例が生まれるのか。そんな所に注目しながら、優勝国を予想するのも一興ですね。






こんばんは、石原です。





本日は、こちらのお品をご紹介致します。


<PAIDEIA>

古代ギリシャのアルファベットで記されたブランドネーム。昔、必死で辞書を引きながら解読していた身としては、なかなか感慨深いものがあります。


「パイデイア」とは、元々「子供の遊び」というニュアンスを持つ別の言葉から派生し、「しつけ、教育」と言った意味になります。

どのような想いで、ブランドネームを付けたのかは知りませんが、英国的でクラシカルな雰囲気の魅力、それを我々に楽しませつつも教えてくれる、そんなブランドです。



まずは、全体のコーディネートから。

PAIDEIA ヴィンテージグレンプレイドスーツ
カラー:ブラウン
サイズ:44〜50
価格:¥210,000+税
商品番号:21-17-0786-465

ヴィンテージ感のある、ブラウンのグレンプレイド柄。格好良いですね。




クレリックシャツに、ボルドーの小紋プリントタイを合わせて、渋い中にも幾分か洒落た雰囲気を演出しました。






ちなみに、パンツはツープリーツになります。

やはり、こうした雰囲気が欠かせませんね。





フロントポケットも、チェンジポケットのある仕様です。

ご覧の通り、ブラウンと言っても乾いたグレイッシュな色味。癖が少なく、意外と使いやすそうな雰囲気ですね。




足元はブラックも良いですが、今回はブラウンを用いて纏まりを付けてみました。

ENZO BONAFE DUCCIO シングルモンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0093-302

個人的にも愛用しているシューズでして、端正な雰囲気と幅広く活用出来るのが魅了です。





続いては、ブラウンを基調としたコーディネートです。

色彩的な纏まりがあり、エレガントに見えますね。



ちなみに、全てに柄を用いています。

色味を揃え、柄のバランスを区別することで、整った印象を演出しています。柄物のスーツは他をシンプルに纏められるので楽ですし、それはそれで素敵ですが、柄物を多用すると、より渋味が増すので、個人的にはお薦めです。





最後はトレンドカラーの1つ、グリーンを挿したコーディネートです。

最初に挿したボルドーよりも柔らかな印象。色による視覚的な印象は大切ですね。グリーンとブラウンのミックスは、より知的で静的な雰囲気を醸し出します。






シャツをホワイトにしても良いのですが、サックスの方が柔らかさが引き立つのでお薦めですね。


プリントの小紋タイは、エレガントでありかつ軽快。変に重々しくならないのが魅力です。



今回は茶靴で縛り、ブラウンに寄せたコーディネートにしましたが、もちろん黒靴を軸にしたコーディネートも良いと思います。その際は、ネイビーを軸にしたコーディネートもお薦めですね。


<PAIDEIA>の素敵なスーツは如何でしたか。実際に生地に触れて頂くと、そのがっしりとした感触に驚かれるかもしれません。どんどん着込んで、馴染ませていきたい一着になるでしょう。楽しみながら、その魅力を学んで頂ければと思います。


さて、気付けば英国ではウィンブルドンが佳境ですね。こちらも男子のシングルスでは、芝の王者フェデラーがまさかの逆転負け。もしかすると、こちらでも新たな優勝者が生まれるかもしれません。サッカーとテニスの決勝が同日にあるとは、どちらも好きなスポーツファンには、なかなか厳しい週末ですね。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原





ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


ポリバレントなドレスシューズ


サッカー日本代表のメンバー発表が、先日ありましたね。世界各地で各国の代表チームが調整試合を行うなど、4年に一度の大会に向けて気分が高まってきているのを感じます。


今回のメンバー発表では、かつてのカズや中村俊輔のようなサプライズは、あまり無かったように感じますが、大一番にこれから臨もうという監督の身になってみると、もっと大勢選べれば楽なんだろうなと、思わずにはいられませんね。


メンバー選びで話題となり、流行語にもなりそうなのが、「ポリバレント」という言葉ですね。もともと化学分野の用語らしいのですが、そこから派生して比喩的「複数の働きを持つ」といった意味合いがあるそうです。


仕事で身近なポリバレントなアイツと言うと、タッセルローファーがまずは思い浮かびます。それ以外にも何か無いかな?と思っていたところ、ちょうど良いお品が入荷して参りました。





こんばんは、石原です。




というわけで、先週に続き、もう一足の素晴らしい入荷シューズをご紹介致します。




ENZO BONAFE DE CHIRICOⅡ
カラー:ブラック
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0140-302

往年の傑作ダブルモンク、「DE CHIRICO」がリニューアルされて、入荷して参りました。




まずはじっくりと、その雰囲気をご覧頂ければと思います。





ピッチドヒールのエレガントな風情。






トゥの少し張ったコバから、絞り込まれたウェスト。まるでビスポークシューズのような雰囲気で、とてもエレガントですね。




前作との一番の違いは、爪先の雰囲気。


ご覧のように、ポインテッド気味のラウンドトゥから、セミスクエアに変わりました。よりクラシカルで、今の英国調の気分を反映した雰囲気ですね。






前作もそうでしたが、幅広いコーディネートで活躍してくれるお品です。


ベージュのスーツの足元にも良いですね。普通のブラックのレースアップでは難しい所ですが、スポーティな雰囲気も伴う、ダブルモンクならではの汎用性です。





よりエレガントな装いにも、綺麗におさまります。


シングルモンクや、ストレートチップですと、少し堅すぎるかなと感じるときに、こちらがあると非常に便利ですね。タッセルローファーよりもかっちりと見せられるので、ドレッシーな装いにはこちらがお薦めです。




さて、タッセルローファーにも劣らないポリバレントなお品、ダブルモンクストラップシューズ「DE CHIRICO Ⅱ」、如何でしょうか。前身が大ヒット作だっただけに、期待を裏切らない逸品であることは間違い無いと思います。ぜひ、お試しになって下さい。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


2018:A Grey Odyssey


少し前にも触れましたが、クラシック音楽が好きなので、掃除の時間などに良くかけたりしています。


西洋的な文化の中では、クラシック音楽は欠かせない存在なので、例えば映画等を見ていても、印象的に使われているケースは多いですね。有名どころでは、『2001年宇宙の旅』の「ツァラトゥストラはかく語りき」でしょうか。映画をイメージした瞬間に、音楽まで頭を流れたりしますね。クレジットは出ていませんが、実は演奏しているのがカラヤン指揮のウィーンフィルだったりと、調べていくと意外と面白かったりもします。

同じキューブリック監督の作品で、『シャイニング』では「怒りの日」が引用されていて、こちらも映画の顔とも言える存在感ですね。聴いた瞬間は、ベルリオーズの「幻想交響曲」かと思いました。実はベルリオーズも「怒りの日」を引用したというのが、本当のところですね。


先日、スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』を観た際に、キューブリック監督作品を引用した場面があって、改めてクラシック音楽を巧みに引用する監督の凄みみたいなものを感じさせられました。


もちろん、引用とオマージュに満ち溢れた、『レディ・プレイヤー1』という映画自体も、大変面白かったですね。ガンダムの登場シーンは僅かでしたが、登場シーンは敢えて日本語の台詞に英語の字幕を付けるという拘り。良いですね。





こんばんは、石原です。





本日も、クールビズで活躍間違いないジャケットのご紹介です。

重要なのは色。グレーですね。




店内の至る所で、夏に向けたビジネススタイルを提案しております。

ショートスリーブのシャツにニットタイ、ベルトはレザーのメッシュベルトといった具合です。




先日ご紹介した、サッカー生地のジャケットもしっかりご用意しております。






そして、忘れてはならないのがグレーのジャケットです。

Brilla per il gusto LORO PIANA ウール×シルク メランジジャケット
カラー:グレー
サイズ:42〜52
価格:¥75,000+税
商品番号:24-16-0226-015

生地はLORO PIANA社の物、軽やかで表情もある理想的な雰囲気ですね。




タイドアップなら、ネイビーやブルーを効かすのがお薦めです。

合わせやすいネイビーのウールパンツが、〈INCOTEX〉、〈PT01〉など、色々と揃っております。




コットン×リネンのロンドンストライプのシャツ。リネン混生地の涼しげな表情は、ぜひビジネスシーンにも活かして頂きたいですね。

ネクタイもプリントで表情のあるものを選ぶと、ジャケットやシャツのテイストとマッチしますね。





足元はローファーでしょう。

CROCKETT & JONES GAVIN カーフ エプロンフロントローファー
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥79,000+税
商品番号:21-32-0138-502


ネイビーやブルーを基調としているので、ブラックが上手く納まりますね。



もちろん、タッセルローファーでも良いのですが、少し軽やかさを強めてみました。




折角なので、ブラウンを基調にしたコーディネートもご紹介してみますね。

パンツにブラウンを持ってくるのもお薦めですが、より豊かなバリエーションのある、グレーパンツで合わせてみました。ジャケットと色のトーンを変えるのがポイントですね。お薦めは少しダークトーンにすること。ビジネスシーンで重要な、引き締まった印象を演出出来ます。




Vゾーンはタブカラーのクレリックシャツにブラウンのソリッドタイ。

タイの素材はシルクですが、先ほどと同じく表情のある織の物を合わせています。ジャケットやネクタイがシンプルなので、少しアクセントになるシャツを合わせると、メリハリが付いて良いですね。




パンツもグレーの濃淡だけでなく、柄を付けるのもお薦めです。

GERMANO TRAVEL ノープリーツ ハウンドトゥース
カラー:チャコールグレー
サイズ:42〜52
価格:¥24,000+税
商品番号:21-23-0519-081

細かなハウンドトゥース柄は、派手にもならず、ビジネスシーンに役立ちそうですね。




足元もブラウンのローファーにしています。

CROCKETT & JONES MAINE ペブルグレインレザー ローファー
カラー:ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥76,000+税
商品番号:21-32-0127-502


軽やかさが際立つペニーローファーですが、グレインレザーのお品なので、ある程度重厚な雰囲気も味わえます。何より水に強い革質は、梅雨時に安心感がありますね。





最後はより軽快に、ノータイコーディネートです。

パンツは王道のホワイトで爽やかに。もちろん、ネイビーやベージュといった、よりビジネスや日常的に使い勝手の良いお色も、相性は良いのでご安心を。




シャツはざっくりとしたオックスフォード生地で、ジャケットの風合いにマッチさせています。

インディゴ調のブルーストライプは、見た目にも涼しげなので、爽やかさを引き立ててくれそうです。ビジネスから少し綺麗目なカジュアルスタイルまで、幅広く活用出来そうなお品ですね。




さて、こうしてご紹介してみると、グレージャケットは色々と合わせやすく、非常に使い勝手が良いなと、改めて感じさせられますね。それ自体にも存在感がありつつ、周囲の素材にすんなりマッチして、全体としての完成度を上げてくれます。ちょうど映画に引用されているクラシック音楽のように、と言うと少し持ち上げ過ぎでしょうか?


ネイビー系のジャケットよりも明るい色味なので、夏場にはより軽快でお薦めだったりもするグレージャケット。2018年の夏の顔にして頂くのも良いですね。よろしくお願い致します。






それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


翔んでみる。


ゴールデンウィーク中にNHKで放送された、『全ガンダム総選挙』ご覧になられましたか?


個人的に押したMSやキャラクター、作品の順位が気になって見てしまいましたが、実際には順位云々よりも、富野監督のインタビューや、アムロ役の古谷さんの生アフレコが印象的でした。


特に古谷さん、ヤバいですね。声優さんの生アフレコという企画、正直大した興味は無かったのですが、見たら衝撃的でした。まさに伝説的な声優というオーラが、テレビからも伝わり、見ていて震えましたね。

何事もイメージするだけでは分からないもので、実際に見聞きしたり、試すことは大切だと思います。洋服も同じで、着てみると想像以上に良く感じることは多々あります。


もしかすると、今日ご紹介するお品物も、そんな存在だなと、感じる方がいらっしゃるかも知れません。ぜひ、ご興味が湧いたら、お試し頂ければと思います。





こんにちは、石原です。






ゴールデンウィークが明けてから、ちょっと寒い日が続きましたが、やっと初夏の陽気が戻ってきましたね。



そんな時候にお薦めのスーツを、本日はご紹介致します。

生地はイタリアはE.THOMAS社のお品です。



癖のない、ベーシックな表情の生地は使い勝手に優れていますね。

BEAMS F E.THOMAS コットンスーツ
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥83,000+税
商品番号:21-17-0321-731

まずはタイドアップスタイル。クラシカルな雰囲気の合わせも決まります。




クレリックのシャンブレーシャツに、プリントのヴィンテージ調ネクタイ。差し色でグリーンを入れましたが、良い感じにおさまりますね。

ネイビーベースなので、様々な色を入れやすく、シックに纏まります。





足元も、少しカッチリとした方向性であわせるなら、モンクストラップシューズが良いですね。

ENZO BONAFE DUCCIO モンクストラップシューズ
カラー:ブラック、ダークブラウン、ブラウンスエード
サイズ:5〜9.5
価格:¥105,000+税
商品番号:21-32-0093-302

エレガントな雰囲気を添えてくれます。それでいて、堅すぎない感じがモンクストラップシューズの美点ですね。




もう少しスポーティーに、タイドアップするのも良さそうですね。

タータンチェックのラウンドカラーシャツは、〈Brilla per il gusto〉レーベルのオリジナルになります。



スポーティーなチェック柄、何処と無洒落た雰囲気が増すラウンドカラー、コットンスーツと合わせるのに最適ですね。

ネクタイは〈ASCOT〉のニットタイ。個人的にも10年愛用しています。使い勝手抜群です。




さらに、クールビズではノーネクタイスタイルも、コットンスーツですと様になります。

シンプルに白のシャツも良いですね。チーフを挿し忘れてしまいましたが、お召し頂くと良いアクセントになります。



ボタンダウンシャツも良いですが、今回はワンピースカラーシャツにしてみました。


〈LUIGI BORRELLI〉のお品は上品な雰囲気で着心地も良いので、大変お薦めです。リネンが織り込まれた生地は、見た目にも涼しげですね。




ボタンを外した際の、首元のロールが綺麗ですね。ワンピースカラーならではの雰囲気だと思います。





足元はノーネクタイでしたら、より軽快にタッセルローファーがよろしいと思います。

CROCKETT & JONES CAVENDISH3 カーフタッセルローファー
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9
価格:¥79,000+税
商品番号:21-32-0096-502

皆様よくご存知の大ヒットモデル。間違いないですね。




ノーネクタイスタイルですと、こちらもお薦めです。

ボタンダウンシャツの様ですが、少し変わってきます。




〈LACOSTE〉は鹿の子生地の、ボタンダウンシャツになります。

ポロシャツと同じ生地感ながら、襟は台襟仕様なので、しっかりと立ちますから、砕けた雰囲気にはなりませんね。




フロントが全て開く、一般的なシャツスタイルのお品なので、ビジネスシーンに取り入れて頂きやすいお品です。

上着を脱いでも、様になりますね。



盛夏のクールビズスタイルとしては、コットンパンツに合わせるイメージで、大活躍間違いないでしょう。

スーツのパンツなので、程好い細さのワンプリーツパンツです。ビズポロと組み合わせて頂くと、パンツの影響で、しっかりとした雰囲気が増すので良いですね。



コットンスーツ、如何でしたか?スーツとしても、パンツとしても、活躍させたいお品ですね。もちろん、ワンピースカラーのシャツや、ビズポロもお薦めです。


前書きの通りで、想像するのと、実際着るのとでは大違いだったりします。プラトンの哲学でも、見るだけでなく、跳ぶのが大切という考え方があります。『ガンダム』でも「翔べ」とよく言いますね。すみません。



冗談はさておき、ぜひお試し頂ければと思います。よろしくお願い致します。




それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


お薦めしたくなるシューズ


自分の気に入っている物事は、極力秘密にして個人的に楽しみたい。そうした嗜好の方もいらっしゃるとは思います。ただ、販売という生業をしていると、どうしても気に入っている物事はお薦めしたくなる。それも人の性かも知れませんね。


ちょうど子供も、気に入ったアニメなりを見ていて、面白いシーンに出くわすと、すぐに「パパ!パパ!」と教えてくれます。そういった意味では、本性的とも子供っぽいとも言えるとは思います。個人的には自分が良いなと思うと、すぐに他人にも教えたくなる、ファッションだけでなく、音楽やら本やら食事やら、何事につけそういう性分です。




こんばんは、石原です。




というわけで、本日は愛用しているシューズをご紹介致します。

CROCKETT & JONES 別注CHESTER タッセルローファー
カラー:ブラック、ダークブラウン
サイズ:5〜9.5
価格:¥82,000+税
商品番号:21-32-0087-502

人気のタッセルローファー「CAVENDISH3」の木型を踏襲しつつ、より丸みのある顔立ち。アメリカテイストが漂うディテールですね。とは言っても、あくまでアメリカテイストを意識した、英国製のローファーですから、コーディネートまでアメリカを意識し過ぎる必要はありません。


むしろこのシューズを履くことで、ちょっとアメリカンな気分だったり、スポーティーかつエレガントな雰囲気だったりを、楽しんで頂ければと思います。




実際に使っていると、本当に合わせやすいですね。

定番のグレー系のパンツだけでなく、ブラウンやネイビーのウールパンツにも相性が良いのです。ホワイト系のコットンパンツやデニムにも合うのは、皆様のイメージ通りですね。


ネイビー系のジャケットの足元でしたら、まさにファーストチョイスでしょう。

繋ぎのパンツは、グレーウールからホワイトのコットンまで、色々と想像出来ますね。




ストライプシャツにドットのニットタイ。

BEAMS F CARLO BARBERA ウィンドウペンジャケット
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥86,000+税
商品番号:21-16-0721-731

硬軟織り混ぜた、そんな雰囲気を意識したコーディネートです。





スーツに合わせやすい点も、通常のタッセルローファーと共通です。


タイドアップの少し堅い雰囲気に合わせても、カジュアル過ぎる印象にはならないですね。





しかも、こちらのスーツはコットン生地なので、通常のバルモラルシューズでは堅すぎるくらい。

BEAMS F ORMEZZANO コットンヘリンボーンスーツ
カラー:ネイビー
サイズ:42〜52
価格:¥88,000+税
商品番号:21-17-0288-264

タッセル系のローファーでしたら、最良のバランスですね。これからのクールビズの季節、ジャケットを脱いだスタイルの時にもローファーはバランスが良いと思います。




茶系のスーツにも良く合います。

LARDINI EASY コットンツイルスーツ
カラー:サンドベージュ
サイズ:42〜50
価格:¥132,000+税
商品番号:21-17-0059-115


先日のブログでもご紹介した、『コロニアルカラー』という色合いには、ブラックシューズはけっこう良く合います。特にローファーの堅すぎない感じが、こうした色合いのお品にはちょうど良い案配ですね。




シャツやタイも、ブラウン以上に色を意識しなくて良いと思います。

差し色も挟みやすいですね。



如何でしたか?既にローファーはお持ちという方も、色違いでバリエーションを。そうした際には、ディテールにも変化を付けて、ウィングタッセルローファーをお選び頂くと、よりファッションの幅が広がりそうですね。


ぜひ、お試し頂ければと思います。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


ジュラ紀のネクタイ


軽い気持ちで4歳になる子供に、映画『ジュラシックパーク』を観せてみたところ、想定以上にはまってしまい、すっかり恐竜好きになってしまいました。


もちろん、映画を観るだけでは恐竜熱は充足しません。休日には上野の国立科学博物館にお出掛けし、恐竜の化石を見るのが日課に。


もちろん、恐竜の化石を見るだけでは子供心は充足しません。恐竜のクッキーや、ぬいぐるみや靴下や…いつの間にか我が家は恐竜グッズで溢れかえる始末に。


とまあ、親にとっては都合の良い結果ばかりではありませんが、楽しむ子供を見るのは嬉しい限りです。また、久しぶりに観る『ジュラシックパーク』も良いですね。劇場公開当時は私も小学生。イギリスの映画館で、字幕も無い英語のままで観ましたが、子供心はそれでも満たされました。それを我が子と観ることになるとは、少し感慨深いものがあります。


一緒に観たい映画なら、それこそ沢山あります。次はどんなブームを起こしてしまうのか。世代を越えて愛される作品の力には、少しビビってしまいますが、都合の悪い結果も受け止める覚悟を持って、臆せずに色々観てみようと思います。






こんばんは、石原です。





もうすぐ、クールビズ。そういう方も多いかも知れませんね。ネクタイをお召しになる機会も減ってくる、そういう季節が近づいて来ましたね。


ですが、中にはタイドアップが好きだから、格好良いと感じるから、出来る限りネクタイを絞めたい。そういう方もいらっしゃると思います。


そうした方々には朗報です。いま店頭は、洒落た雰囲気のネクタイたちで溢れかえっております。

見れば見るほど、ネクタイ好きには堪らないラインナップ。色々欲しくなってしまいますね。



試しに、幾つかネクタイとスーツで、コーディネートしてみました。


まずは、ウール×コットン生地のソラーロスーツ。洒落た雰囲気が、スーツ自体にありますね。色々なアプローチがありますが、個人的に好きなのは、シンプルなホワイトシャツと、雰囲気のある柄物のネクタイとの組み合わせです。




コットン×リネンのラウンドカラーシャツで、さりげなく涼しげな味付けを加えています。


ネクタイは柄が強めのプリント物。スーツやシャツがシンプルだからこそ、合わせたくなるネクタイですね。ネクタイから考えて、シャツやスーツで生地にこだわりつつ、柄は引算。そんなコーディネートです。余計な色を加えずに、ブラウンからベージュの色味で纏めることで、柄の割にはスマートな印象を演出しているのもポイントですね。




続いては、遠目には無地に見える、シャドーウィンドウペンのグレースーツ。


ボルドーベースのヴィンテージ調のプリントタイを活かしたい。こちらもネクタイから考えたコーディネートです。


グリーンやボルドーなど、ネイビー以外の色が、これまでに無いほど数多くラインナップされているのも、今季の特徴です。色を活かすという点で、グレーのスーツやジャケットは、とても使い勝手が良いですね。


敢えて艶のあるスーツ生地を選び、メリハリを付けつつ、全て柄物で構成しました。先ほどのソラーロスーツのダンディな雰囲気とは違い、色気を意識してコーディネートしています。





次は、先日も幾つかブログでご紹介した、ブラウンスーツでのコーディネート。


モヘア混の生地は、ラグジュアリーな雰囲気が漂います。


こちらは、まずシャツから始めたコーディネートです。サックスベースのタッターソール柄のシャツを、敢えてネイビースーツ以外で合わせてみました。



サックスやブルーと相性の良い、ブラウンスーツとの組み合わせ。ホワイトやサックスの無地のシャツも好きですが、英国調がキーワードの昨今、タッターソール柄を着たくなった、というイメージです。


艶っぽくなり勝ちなスーツ生地ですが、シャツやネクタイのドライな風合いが、上手くバランスを取ってくれています。


ネクタイはクラシックな雰囲気を演出してくれる、大柄のペイズリープリント。シャツとネクタイで、柄のテイストやバランスを変えて、メリハリを付けています。個人的には1番好きな雰囲気のネクタイ。どうしても使いたかった一本ですね。





最後は、注目度が高まっている柄と言って良いでしょう、ストライプ柄のネクタイです。


もちろん、定番的な柄ですし、スタッフにも愛用者が多いテイストの品々です。ただ、ここ2年ほどヴィンテージ調で雰囲気の強い柄が増え、より面白味が増したと感じています。



ヴィンテージと言っても、そこまで癖が強い訳ではなく、少し味わいのある色柄というイメージなので、違和感なくお召し頂けると思います。


細かなチェック柄のスーツに、ロンドンストライプのシャツ、そして大きめなピッチのレジメンタルタイ。全て柄物です。やはり柄のテイストとバランスを意識して、組み合わせています。


こうした、雰囲気のあるレジメンタルタイが増えたので、ストライプ柄のシャツとも合わせやすくなった印象があります。引算ではなく、足算のコーディネートですね。メリハリが効いていれば、煩雑ではなく、クラシカルな雰囲気を演出できるので、ぜひトライして頂きたいコーディネートです。




冒頭に敢えて関連させて例えるなら、それこそまるでジュラ紀の恐竜達のように、多彩で個性的なネクタイたちが、いま店頭には揃っております。あくまで敢えてですが、そのようにも例えられる状況なので、店頭でシャツやスーツを組み合わせて頂ければ、なかなかお楽しみ頂けると思います。ぜひ、よろしくお願い致します。








それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ち申し上げております。


石原




そして、

もう間もなくですね。


先月まで当店に在籍していた、アシスタントバイヤーの芹沢も、ブログでご紹介しております。そちらも、ご一読頂ければと思います。


弊社、中村、西口両ディレクター、高田バイヤー、もちろん芹沢アシスタントバイヤーも、店頭で皆様のご案内をさせて頂く予定です。

ぜひ、ご来店お待ちしております。




そして、宴の日からは。

こちらも、開催致します。

この機会をお見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


土と水と


独身の頃はあまり行く機会も無かったのですが、

子供が小さいので、

かなりの頻度で通うようになった場所があります。


何処かと言うと、水族館です。


近場で幾つか行きましたが、

最近子供が気に入っているのは、

「AQUA PARK 品川」です。

都心にありながら、見応えありますし、

巨大なメリーゴーランドや、

船のアトラクションまであって、

子供が楽しめる仕掛けが多いですね。


我が家の子供はもうコースが決まってしまい、

メリーゴーランドでひと遊びすると、

イルカのショーへとまっしぐらです。

こちらのショーは、

初めての方は驚くくらい、

水をかけてきます。


恐らくイルカたちも賢いので、

ちゃんと人間を狙ってかけてきます。

なので、前例に居ると間違いなくずぶ濡れです。


初回は真夏に行ったので、

盛大にやられました。

子供も衝撃過ぎて放心状態でした。


雨合羽が販売されているので、

もちろん買うのですが、

それで防ぎきれるほど生易しいものではありません。


まだ行かれていない方、

前例に座る際はご注意を。







こんにちは、石原です。





水族館のお話のつづきは、

しかし、土色のお話です。



6階で、他の品々に埋もれること無く、

むしろ異彩を放つ二着のスーツをご紹介します。

右:

DE PETRILLO 6つボタン ダブル リネンソリッドスーツ
カラー:ブラウン
サイズ:42〜52
価格:¥140,000+税
商品番号:21-17-0144-380


左:

LARDINI 3MIX スラブスーツ
カラー:ダークブラウン
サイズ:42〜50
価格:¥151,000+税
商品番号:21-17-0013-115



まずは右手のお品から、

最近人気が日増しに高まっている印象を受けます。

〈DE PETRILLO(デ ペトリロ)〉
イタリアのファクトリーブランドです。



展開を始めて、もう6〜7年くらいになると思います。

昔から目ざといスタッフは着用していましたが、

ここ最近は、かなり多くのスタッフが着ている印象を受けます。


当店の高橋も、デニムのジャケットを愛用していますね。


毎シーズン仕立てなどが改良されますし、

何より生地で面白い物が多いのが、

こちらの魅力でしょう。


こちらのスーツは、その中でも際立ってますね。


何しろリネン100%の生地です。


しかもゴリゴリです。


恐らく380gくらいのウェイトの、

アイリッシュリネン。

英国物で間違いないでしょう。


しかし、

似てますね…



パンツの仕様も良いですね。

ベルトレスのサイドアジャスター。

プリーツもインプリーツです。




個人的にはタイドアップして着たいですね。

〈ALDEN〉はブラックのタッセルローファーで、

足元は引き締めてみました。



リネン混のボタンダウンシャツに、

〈GIERRE(ジエレ)〉はヴィンテージ感たっぷりの、

細かなペイズリー柄のプリントタイ。

このタイも色が良いので気になる一本です。





さて、もう一着は

〈LARDINI〉のお品です。


こちらはウォッシュ感が凄いですね。


パンツのステッチ周辺のアタリで、

お分かり頂けると思います。


かなり砕けた雰囲気がありますね。

どちらかと言うと、

オープンカラーシャツ等を合わせて着こなすのが、

一番しっくりきそうなお品ですね。


ただ、せっかく6階なので、

タイドアップでコーディネートしてみました。


足元は〈ALDEN〉繋がりで、

スリッポンなど如何でしょうか。


シャンブレーのタブカラーシャツに、

オレンジがかったボルドーが鮮やかなプリントタイ。

こうしたカジュアル寄りのタイドアップでしたら、

上手くはまりますね。


ちなみに、

こちらの〈Holiday & Brown(ホリデー アンド ブラウン)〉のネクタイ、

これもまた気になる一本。


どうしても紹介したくて使いました。



それぞれお召し頂ければ、
それだけで洒落て見えそうな品々ですね。


ぜひ、タイドアップからカジュアルダウンまで、

色々なコーディネートでお楽しみ頂ければと思います。



よろしくお願い致します。







アクアの後の土色のお話でしたが、

ちなみに、アクアパークにはカピバラもおります。


しっかり土色の展示もしてますので、

ぜひご覧下さい。





それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ちしております。



石原



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


表と裏


1年前ですと、

『機関車トーマス』や『アンパンマン』ばかり見ていた子供ですが、

最近はジブリ作品や実写映画も見られるようになってきました。


最近ハマっているのが、

『スターウォーズ フォースの覚醒』。


私自身、初めて『スターウォーズ』を見たのは、

同じ4歳頃だったかもしれません。


と言っても、見たのは『新たなる希望』でしたが。



カイロ・レンが登場すると、

お面を被って棒を振り回したりと、

あまりにもハマっているので、

頃合いを見計らって、

新旧三部作も見せてやろうと、

今からウズウズしてしまいます。


いずれは、フォースのライトサイドとダークサイド。

光と闇の二面性という世界観。

そうした物語の核心にも気付いていくのでしょうか。



とりあえず今は、

カイロ・レンとレイが戦うクライマックスでは、

「ジェームズ!」、「ゴードン!」と叫んでいます。

どうやら、赤や青のライトセイバーに、『機関車トーマス』に登場する、
機関車の色を連想しているみたいです。


まだまだ、先は長そうですね。






こんにちは、石原です。





本日は6階のレジ前コーナーに注目です。

沢山のスーツが並んでいますね。




中でも目を引くのが、

こちらのブラウンスーツの彼。

Brilla per il gusto ソラーロヘリンボーンスーツ
カラー:ブラウン
サイズ:42〜52
価格:¥100,000+税
商品番号:24-17-0172-015



アップで見てみましょう。

ブラウンに馴染みの良い、

ボルドー系の色を入れたコーディネートが、

良い雰囲気ですね。


ストライプシャツに細かな小紋柄のタイ。

今のクラシックな気分ですと、

少し柄が強いVゾーンもありかなと思います。




スーツの生地は、

イタリアの生地メーカーが織り上げた、

ウール×シルクの生地です。


程好く暗めのトーンのブラウンが、

個人的にツボです。


そのヘリンボーン柄は、独特の表情を湛えていますね。


裏側を見てみると、


お分かり頂けますでしょうか。




寄ってみました。

表とは違って、

ラベンダー色が出ていますね。


捻りの効いた、洒落たソラーロです。


この春夏人気のブラウンですが、

この生地ですと、

一味違った雰囲気を楽しんで頂けそうですね。


これ見よがしでない、

光の陰影によって少し表情が変化する、

そんな奥ゆかしさもソラーロの魅力ですね。



表と裏、

光と闇、

何となく、

すみません。




さて、

そこまで二面性の世界観を求めないブラウンスーツも、

もちろんございます。

6階レジ前ですね。


ぜひご覧頂ければと思います。

よろしくお願い致します。




それでは、

見る前に跳べの心意気で、

ご来店お待ちしております。



石原



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku