タグ「DANIEL w. FLETCHER」の記事

FILL THE BILL

こんにちは。

International Gallery BEAMSの田村です。

本日も拙いブログにお付き合いをお願い申し上げます。



今回のブランドは、FILL THE BILL


2012AWに金田 淳一氏がスタート。

FILL THE BILLとは、必要とされる物、欲求を満たす、望みが叶うという意味。


コレクションに毎シーズンのテーマは掲げず、時代背景、テイスト、ジャンル等のコンセプトもなく、スタンダードな洋服なので派手さには欠けるが生地、縫製、シルエットを追求する事で、自然と“良い雰囲気”になる物を提供する。



その為スタイリングサンプルも其処彼処で、FILL THE BILLが必要に。


派手さに欠けるが、サイドラインの生地を通常と異なる畳み込んだ仕様にする事で、歩みと共にサイドラインも表情が出るシルエットを追及。



レーベルの【SEASON STYLING】に於いて、同じパンツを用いた別のスタイリングサンプルをご紹介致しております。

http://www.beams.co.jp/tag/18igm2_pc10/



では、バイイングアイテムの一部をご覧ください。












レーベルの【SEASON STYLING】に於いて、インナーのペザントスリーブシャツを用いた別のスタイリングサンプルをご紹介致しております。

http://www.beams.co.jp/tag/18igm2_pc8/





一見すると既視感あるアイテムばかり。

ある人は古着として。





奇しくも、90年代は、何を着るかからどう着るかにシフトし始めた時代。


ビッグメゾンやコレクションブランドが、ランウェイから発信する最先端なファッションも、既存のシステムとは異なるアプローチで、ストリートからアイデンティティーを発信するインディペンデントなブランドも、その他のムーブメントも同時多発的に起こり始めた時代。

当然、古着のリバイバルも。


FILL THE BILLは、ミリタリー、ワークや様々なジャンルのユニフォーム等からインスピレーションを生み、何かを壊しながら
時代背景、テイスト、ジャンルのコンセプトを再解釈し現代に合わせた雰囲気、空気感を提供するブランドか? そうでないのか


それらの答えは?

知る欲求を満たす為、International Gallery BEAMSで、アイテムの一つ一つをご自身の目で、手でご確認下さい。



皆様のご来店をお待ち致しております。


 田村 通隆

DANIEL w. FLETCHER

こんばんは。

International Gallery BEAMSの田村です。

本日も拙いブログにお付き合いをお願い申し上げます。



今回のブランドは、DANIEL w. FLETCHER


ロンドンが拠点のコンテンポラリーメンズウェアのデザイナーで、2015年にセントマーチンを卒業しその年にブランドを設立。

カジュアルかつラグジュアリーであることにフォーカスし、パワフルな政治的メッセージを込めて作り上げるコレクションは、時代を感じさせないデザインと素材の良さが特徴。


今季のコレクションからは、スポーツウェアのディテールを色や素材の切り替えでミックスし、ラグジュアリーなストリートウェアへと昇華させたアイテム達や、イギリスらしいユースカルチャーが放つ雰囲気を内包したアイテム達が。


レーベルの【SEASON STYLING】に於いてもご紹介致しております。

http://www.beams.co.jp/tag/18igm2_pc8/


現在のDANIEL w. FLETCHERのラインナップ。




バイイングアイテムの一部をご覧ください。




タンクトップは、下の写真にあるNICENESSのレザーコートのインナーに。



http://www.beams.co.jp/tag/18igm_pc8/


左のカットソーは、下の写真にあるNAMACHEKOのブルゾンのインナーに。



http://www.beams.co.jp/tag/18igm2_pc4/



既にお馴染みとなったオープンカラーシャツも、柄のトレンドであるストライプがオリジナルテキスタイルで。






今季急浮上のシアーな素材。


下の写真にあるRIOT DIVITIONのコートのインナーに。


http://www.beams.co.jp/tag/18igm_pc4/

トップスのミリタリーと、ボトムスやキャップのスポーツをミックスするだけでは飽き足らず、キーカラーの一つである赤をピンクへとグラデーションで纏めたインナーに効果的なアクセント。シアージャケットのパイピングの色が同じ事は偶然と解釈すべきか? それとも?



ユーティリティーなアイテム達が、ブランドや物が放つ雰囲気を垣根なく行き来するスタイリングの数々。
今までも、そして此れからも、時代に合わせアップデートさせた、International Gallery BEAMSらしいスタイリングのヒントを、是非お店でもご覧くださいませ。



皆様のご来店をお待ち致しております。


 田村 通隆

花粉とともに

こんにちは、MURAMATSUです。
ようやく春の陽気になってきました。
私の場合は、気温が温かく...というより

花粉で春を実感しており例年のごとくツライ日々です。(笑)

さて、店頭の商品が春夏シーズンへと変化しています。



そんな今回のブログは
MURAMATSUの大好きな店内巡回です。
今までとは視点を変えて、
正面入口から階段ではなく
エレベーターで2階へ。


さて店内へと進んでいきましょう。


入口すぐのコーナーは
“10exture”、“rdv o globe”や
新たに取扱うカナダブランド
“HAUD STDIO”(ハウド スティディオ)が並んでいます。
色はダークトーンですが生地の表情や
取り外しができるバッグが付いたトップスなど
ディテールの面白さにご注目ください。


店内の中央にあるガラスケースには
“A.D.S.R.”と“CUTLER&GROSS”のサングラスや、
“Comme des Garcons”のポケットシリーズなどが
陳列されています。ちょうどパルファムの
新作が入荷、テスターをご用意していますので
店頭でお試しいただけます。
そしてこの先には、、、


“JIL SANDER”や“RAF SIMONS”、
“VALENTINO”などのウエアや
“HEINRICH DINKELACKER”のレザーシューズ
などが並んでいます。
ちなみに、手前にあるウラジミール・ケイガンのソファと
ポール・ヘニングセンのアーティチョークの照明がある
この景色は、MURAMATSUが当店の中で
ずっと眺めていたいくらいお気に入りなんです。


左手には“ALDEN”のシューズや
先日待望の入荷を果たした
別注モデル「Milly」を含む“PARABOOT”、
“HUNTER”のレインシューズなどが並んでいます。


シューズコーナーの次には
“Brilla per il gusto”レーベルの商品に加え
“SLOANE”や“MP di MASSIMO PIOMBO”、
“INCOTEX”のパンツや
“ATKINSONS”のネクタイなどが並ぶコーナーです。
そしてこの逆サイドは雰囲気がガラッと変わります。


“SHABBY SNAPPY”コーナーです。
コチラにも続々と各ブランドより
商品がデリバリーされており、
ちょうど“ASHLEY ROWE”の新作が届いたばかりです。


その他にも“FRANK LEDER”や“The Letters”に
“Children of the discordance”、
“7×7”や“The Soloist”に加えて
“foot the coacher”のシューズなどが揃っています。
そして振り返ると、、、


右側のショーケースにも
“THE ROW”や“creep”などのアクセサリーが並びます。
次は、チラっと見えている“RIMOWA”を
左手に眺めながら進んでいきます。


コチラでの注目は
今シーズン新たに取り扱う“HILFIGER EDITIONです”。
世界エクスクルーシブデザインを含む
充実したラインナップは見逃せません。
また、右側の黒い棚にある“zattu”のバッグ、
“KIJIMA TAKAYUKI”・“BETON CIRE”のハットなどの
小物類も要チェックです。
ほんの少しコーディネートに味付けをしたい時に
一役買ってくれること間違いありません。


ここで再び店内中央へ戻ってきました。
“CEDRIC CHARLIER”や
今シーズン話題のブランド“NAMACHEKO”、
“MARNI”と“MAISON MARGIELA”などが
ズラリと並んでいます。
BEAMS各店の中でも当店以外では
取り扱わないブランドばかりですので
ぜひ直接ご覧いただきたいです。


奥には“NICHOLAS DALEY”や
“M's braque”、“Acne”なども揃っています。
ぐるっと回って最後のコーナーへ進みましょう。


マネキンのグループを発見!!!


コチラには
“CLASS”や“MARTINE ROSE”・“SUNNEI”、
そして“DANIEL w.FLETCHER”が揃っています。
他にも昨年の夏にご好評頂いた
“VVV”のTシャツや“DEREK ROSE”の
パジャマも揃っています。


今回も店内巡回に
お付き合い頂きまして
ありがとうございました。


最後は“ROCKARCHIVE”の写真を眺めながら
階段を下りていきます。
ぜひ新たなシーズンの洋服を
見にいらしてください。
花粉症のことなんて少しだけ
忘れてしまうくらい
春が楽しくなると思います。


MURAMATSU