タグ「松田共司」の記事

北窯 米司工房と共司工房-OKINAWAN MARKET 2024-

毎年恒例のイベント『OKINAWAN MARKET』がいよいよ今週末2/16(金)よりスタートいたします!

今年は新たにご紹介する窯元や久々にご用意できる作り手や窯元もあり、例年よりまた一段と多くの手仕事が並ぶ予定です。

作り手の在店もございますので、どうぞお楽しみになさっていてください。



今回ご紹介するのは読谷村に13連の大きな登り窯を構える<読谷山焼 北窯>。松田米司親方率いる<米司工房>と松田共司親方率いる<共司工房>です。


1992年6月の初窯から登り窯の煙を絶やさず、松田米司さん、松田共司さん、宮城正享さん、與那原正守さんの4人の親方と弟子たちとともに守り続けてこられた<読谷山焼 北窯>。


伝統と進化を両輪に、美しい手仕事が実践される<読谷山焼 北窯>のやちむんに多くの方が魅了されてきたことと思います。

開窯から30年という節目を迎える歴史の中で、次世代の作り手も数多く育まれてきました。


書籍「読谷山焼 北窯 四人の親方とやちむんづくり一年の記録」
価格:¥2,750(税込)
商品番号:66-81-0001-329

*30周年を記念する書籍もイベントにあわせて追加入荷します。


<読谷山焼 北窯>出身の作り手のやちむんも並びますので次回以降ご紹介させてください。


昨年は松田米司さんと松田健悟さんに在店していただき、様々なお話を伺うことができました。写真はその際に撮らせていただいたもの。素敵な笑顔です。


米司さんへインタビュー▶︎こちら



健悟さんへインタビュー▶︎こちら


お二人のお話はビデオでご覧いただけますので、まだご覧になられていない方はぜひ。


そして、今年も<fennica>の定番として<米司工房>へ特別に製作していただいているやちむんが届きます。

こちらは柳宗理さんの自邸で使われていた赤絵の古作をモチーフとして、年に一度赤絵を焼かれている米司さんに製作を依頼している平皿。7寸と6寸をご用意します。


<読谷山焼 北窯 米司工房 × fennica>赤絵7寸皿
価格:¥9,900(税込)
商品番号:56-71-0996-526

<読谷山焼 北窯 米司工房 × fennica>赤絵6寸皿
価格:¥6,930(税込)
商品番号:56-71-0997-526


特別に依頼したやちむんは、ぶどう紋やイッチン、中央の意匠も印象的な飛び鉋といった加飾の平皿も。


<読谷山焼 北窯 米司工房 × fennica>7寸皿
価格:¥5,500(税込)
商品番号:66-99-4431-526

<読谷山焼 北窯 米司工房 × fennica>5寸皿
価格:¥2,750(税込)
商品番号:66-99-4428-526


毎年ご用意する定番ながら、登り窯による焼き上がりやお弟子さんたちによって表情が変化するので、既にお持ちの方にも手仕事ならではの上がりの変化を見ていただけたら嬉しいです。

他にもマグやマカイ、渡名喜瓶など、沖縄ならではの形が揃います。






そして、<共司工房>からは幾何学紋のビアマグや、動きのある刷毛目で加飾した筒、リズミカルな筆遣いの平皿などが並びますよ。


<読谷山焼 北窯 共司工房>ビアマグ
価格:¥5,940(税込)
商品番号:56-71-0980-527

<読谷山焼 北窯 共司工房>筒3寸
価格:¥2,200(税込)
商品番号:56-71-0982-527



<読谷山焼 北窯 共司工房>6寸皿
価格:¥4,950(税込)
商品番号:56-71-0988-527

<読谷山焼 北窯 共司工房>3寸皿
価格:¥1,980(税込)
商品番号:56-71-0987-527


こちらも昨年開催時の写真。(左から松田健悟さん、谷口室生さん、松田米司さん、松田共司さん、鈴木紳司さん)

講演会のために東京へいらしていた共司さんもお立ち寄りくださったんです。お二人が揃われた大変貴重な機会でした。

これまでのやちむんの伝統を後世に伝えることにも尽力されるお二人。今年は<共司工房>から独立したばかりのお弟子さんの仕事もご紹介できますので、受け継がれるやちむんの伝統とそれぞれの表現もイベントを通してお楽しみいただきたいです。


そして、イベントでは沖縄の焼き物の魅力である力強さがありありと反映される大物もご覧になれます。

<米司工房>からは大きな水甕の半胴(ハンドゥー)、<共司工房>からは大きな切立甕が届きます。

改めてご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに!



『OKINAWAN MARKET 2024』
会期:2/16(金)-2/25(日)
場所:BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO

-作家在店-
2/16(金)-2/18(日)の3日間は作り手が在店します。対面してお話できるまたとない機会となります。
<室生窯>谷口室生さん、<陶藝玉城>玉城望さん、<田村窯>田村将敏さん、<江口窯>江口聡さん、<こだま土>荏原麻理さん、<金細工まつ>上原俊展さん

※<金細工まつ>上原俊展さんは、2/18(日)19(月)在店予定となります。

※予定が変更となる場合もございますので、ご了承ください。

イベントに並ぶ商品は、会期中お取り置き・お取り寄せ・通販ともに不可とさせていただきます。お問い合わせは[☎︎03-5368-7304]へお電話ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『OKINAWAN MARKET 2024』に並ぶ品々は店頭でのみご覧になれるものも多いため、画像リンク先でフォローしていただくと情報チェックが便利です!

▼<fennica>レーベルページ



Mori



ブログ内に記載の価格は、記事公開時のものであり、変更する可能性がございます。

2020 OKINAWAN MARKET-米司工房と共司工房-

『2020 OKINAWAN MARKET』、いよいよ会期は来週に迫りました!


私は昨年久々に沖縄へ行くことができたのですが、沖縄の青空の下、太陽の光に照らされたやちむんはいきいきと力強く映り、生み出される土地だから感じられるものがあるんですよね。


一方で、<fennica>のフィルターを通し様々な窯元が一度に揃う『OKINAWAN MARKET』の空間もまた特別。今年も楽しんでいただけるよう、絶賛準備中の<fennica>原宿であります。


今年の目玉の一つ、読谷村の<北窯 米司工房>に依頼した赤絵。


竹の節をイメージした花器と、点打ちと線の入った平皿です。

これは<fennica>ディレクター エリスと北村が、柳宗理さんの自宅へお邪魔した際に食卓で使われていた沖縄の古陶をもとに、松田米司さんへ依頼したもの。


平皿は以前もオーダーし、数年前の『OKINAWAN MARKET』に並んだものが再び。エリスは葡萄を乗せてインスタグラムにポストしていました。


他にも沖縄ならではの器が並びます。


その中の一つ、持ち手まで陶土で作られる按瓶。


丸紋が連なる絵付けも<fennica>で特別にオーダーしています。


<米司工房>のやちむんを堪能できるスポットと言えば、次女の七恵さんが営む「tou cafe and gallery」。


はじめてお邪魔したのですが、見て楽しい食べて美味しいご飯はもちろんのこと、季節のしつらえからも、日々の暮らしでやちむんを楽しむヒントを貰える素敵な空間でした。


ギャラリーでは米司さんの赤絵をはじめとした作品と長男の健悟さんの作品を展示・販売されています。

カフェの後に行くとより目移りして悩ましい…


<北窯>へ行くなら「tou cafe and gallery」は外せませんよ。



松田共司さんは、昨年開催した『松田共司 作陶展』が記憶に新しいですね。

作陶展では共司さんが沖縄県からの依頼で琉球王朝時代の古陶を研究し復刻した作品が並びました。


写真は昨年在店してくださった時の様子。興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。

今年はエリスが所有していた沖縄の古陶をもとに<fennica>のために製作いただいた壺が並びます。

そう、こちらがもう一つの目玉。


エリスも素晴らしい仕上がりにこの表情です。


もちろん<北窯 共司工房>定番のやちむんも並びますよ。


ぜひ店頭でそれぞれの工房の個性を感じ取っていただければと思います。

どうぞお楽しみに!




『2020 OKINAWAN MARKET』
会期:3/6(金)-15(日)
場所:International Gallery BEAMS 2階 fennica(原宿)
【Main Lineup】<読谷山焼北窯>米司工房・共司工房、<室生窯>谷口室生、<大宜味村共同窯>菅原工房、<茂生窯>上江洲茂生・史朗、<拓美窯>比嘉拓美、<なかどまり工房>登川均、<照屋窯>照屋佳信 他

イベントに並ぶ商品は、お取り置き・お取り寄せ・通販ともに不可とさせていただきます。

お問い合わせはInternational Gallery BEAMS 2階 fennicaにて承ります!

TEL:03-3470-3948



Mori

“OKINAWAN MARKET2019” 本日4日目です。

こんにちは。先週末から始まりました ”OKINAWAN MARKET2019” 。初日から沢山のお客様にご来店頂きました。引き続きイベントは開催されておりますので、是非この機会にご来店ください。


“OKINAWAN MARKET2019”

会期:2019年3月8日(fri)~2018年3月17日(sun)

場所:原宿インターナショナルギャラリー ビームス2階 fennicaコーナー

”デザインとクラフトの橋渡し”をテーマに、世界の良品を紹介するfennica<フェニカ>では毎年恒例となった人気のイベントです。オキナワン”とは”沖縄の”という造語。伝統的な沖縄陶器である”やちむん”を始め、雑貨、籠、食品など沖縄のクラフトを幅広く展開。本イベントの為にご用意した<フェニカ>の別注アイテムもございます。ぜひこの機会にお越しください。

【主なラインナップ】<読谷山焼北窯>松田米司・健吾 /松田共司、 <読谷山焼共同窯> 山田真萬、<室生窯>谷口室生、<大宜味村共同窯>菅原謙、<工房福田>福田健治、<なかどまり工房> 登川均、<茂生窯>上江洲茂生、<照屋窯>照屋佳信、琉球玩具製作所こくら



今日は店内の様子をご覧頂きます。
















焼き物だけでなく、沖縄のお菓子や食品、わらび籠なども。







松田共司さんの白土を使った作品。琉球王朝時代に使われていた白土は今は採ることが出来ないそうです。その為、現在一般的に沖縄の焼き物に使われている土は赤土なのだそうです。白土でなければ綺麗に出来ない形というのもあるのだとか。



3/9と3/10は作り手の1人である松田共司さんが在店、直接お話を聞かれた方もいらしたかと思います。滅多にない機会です。





“OKINAWAN MARKET2019”に際して入荷する商品は原則として期間中は元より事前のお取り置きや他店舗への取り寄せ、通信販売等は承り兼ねます。予めご了承ください。お問合せは開催店舗である、原宿インターナショナルギャラリー ビームスにて承ります。インターナショナルギャラリー ビームス Tel:03-3470-3948


 ”OKINAWAN MARKET2019”は今週末、3/17(sun) まで開催しております。まだいらしてない方も、既に来店頂いて、でもまだ気になる、という方も是非。何度でもご覧頂きお気に入りを見つけてください。


International Gallery BEAMS 2F

Katagiri

OKINAWAN MARKET2018


“OKINAWAN MARKET2018”


会期:2018年3月2日(金)~2018年3月11日(日)


場所:インターナショナルギャラリービームス2階 fennicaコーナー


毎年恒例の沖縄にまつわる商品を集めたイベント“OKINAWAN MARKET(オキナワンマーケット)”を今年もインターナショナルギャラリービームスにて開催いたします。


12月の半ば天候にも恵まれ青空が広がる中、fennicaディレクター、テリー・エリスと北村恵子を中心に買付に行って参りました!

その詳細を一足早く、少しずつですがこちらのブログでご紹介していきます。


まずは読谷山焼 北窯 松田米司さんと息子さんの松田健悟さん






fennica別注商品、馬の目・ジグザグ・ブドウ・トビカンナも例年に比べて沢山入荷します。


同じく読谷山焼 北窯 松田共司さん






大きな切立カメや、チューカー、抱瓶など1点ものがございますので、気になる方はお早めに!


陶芸工房風香原/仲里香織さん・菅原謙さんの工房にもお邪魔させていただきました。



完売していたものの追加や新しい柄なども入荷いたします。

女性らしさを感じながらも大胆な絵付けが素敵です。




こちらは菅原謙さん。

残念ながら窯焚きを終えた直後にお伺いした為、商品を見ることができませんでした。

どのようなものが入荷するのか楽しみです。

このあともまだまだ紹介は続きますが、今回はこの辺りで。

新しい雑貨・アクセサリーや、久しぶりにお取扱いさせていただく器など、

例年以上のバリエーション豊富な商品を皆様にご紹介できそうです。


是非お楽しみに!


SUZUKI

”2017OKINAWAN MARKET” 倉庫に届いてますよ!松田共司工房編

OKINAWAN MARKET 2017

会期:2017年3月3日(金)~2017年3月12日(日)

場所:インターナショナルギャラリー ビームス2階 fennicaコーナー

毎年恒例のイベント"OKINAWAN MARKET"では、沖縄の陶器(やちむん)を中心に工芸・アクセサリーや、雑貨・食品などを幅広くご紹介。fennicaレーベルのフィルターを通したクラフトを、ミックスしてご提案します。


本日のご紹介は松田共司工房より、日常で活躍する事間違いなし!のうつわをラインナップ。

色・柄・かたちのバリエーションも様々なので、ご来店当日に迷われる事も間違いなし!かと。

何をお求めになるか予習がてら、ご覧頂ければと思います。


次は菅原謙さんのご紹介です!

ASAMI









お気に入り登録はレーベルトップ右下のボタンをクリックして下さい。

ブログ・スタイリング・フォトログで、最新情報がチェック出来ます!








新宿 BEAMS JAPAN fennica STUDIOはこちら


原宿 インターナショナルギャラリー ビームスはこちら


ビームス 神戸はこちら

"2017 OKINAWAN MARKET "買い付けレポート その2

バイイングチームは大宜味村から南下して、読谷村へ。


fennicaレーベルでも長くお取り扱いさせて頂いている、松田米司工房と松田共司工房を訪ねました。




松田共司親方の所では、点打ちや唐草柄など、ベーシックなものを中心にピックアップ。

親方と話しをしつつ、本イベント用のものをどんどん選んでいきます。



個人的に気になっているのは、こちらの大きいピッチャー。

ぜひイベント期間中にも見て頂ければと。


松田米司工房では、お願いしていた定番の別注柄をピックアップしています。

(こちらも写真がありませんので、入荷後にお知らせ致します)


次回の買い付けレポートその3では、山田真萬さんをご紹介予定です。


ASAMI