スタッフ「ろまんす吉澤」の記事

新中田上着。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


少し前の話になりますが、先日Team'96で下北沢にある貸切サウナ HUB HUBへ。


80℃程のサウナ室は一見すると温度が低い様にも思えるがコンパクトなサウナ室である為、物足りなさは一切なし。個室サウナならではな自分たちのタイミングでのロウリュウも出来たりと満足感は充分。


さらに冷却装置のついた水風呂は掛け流しにも出来、熱った身体をしっかりと冷ますことが出来る。勿論潜っても問題なし。


個人的に一番のポイントは外気浴。ウッドデッキで囲まれた外気浴場は開放感に溢れている。外壁は白壁で統一され、気分は西海岸。自由気ままなホリデーを堪能出来る。


今回は時間の都合により使用しませんでしたが、シアターも併設されており、整い後に映画を見る事が出来る。下北沢の他に横浜天王町、新百合ヶ丘、御徒町にもありBBQやカフェ利用など目的に合わせた利用が可能であり、非常にオススメな施設です。


詳しくは5/20(月)深夜1:00〜放送のTeam'96のAll Night BEAMS+内のコーナー「ろまんす様のサウナ紀行」をお楽しみに。


さて、そんな今回は昨日ようやく入荷しましたこちらをご紹介。



ENGINEERD GARMENTS * BEAMS PLUS / MID FIELD BLAZER Tropical Wool
カラー:NAVY
サイズ:XS、S、M、L
価格:¥91,300(税込)
商品番号:38-16-0500-334

BEAMS PLUS、ENGINEERED GARMENTSの「別注」として定番のアイテムであるMid Field BLAZER。かつてBEAMS PLUSのディレクターを務めた現Unlikelyのデザイナー、中田氏の発案により生まれたMid(中) Field(田) BLAZER。




ENGINEERED GARMENTSらしさ溢れるポケットワークは健在。右側にはウェルトポケット、左側にはパッチポケット。異なる由来を持つスポーツコート(ジャケット)に用いられるポケットディテールを使い分けたアシンメトリーなデザインはENGINEERED GARMENTSらしさを存分に楽しむ事が出来る。



左側は背面へとフラップが伸びるポケットに。ハンティングジャケットを連想させるポケットはルックスに変化を付けるだけでなく、実用性も抜群。


更にボタンは引き続き、アメリカウォーターバリー社のシルバーボタンを使用。


勿論チェンジボタンになっており、ワークウェアやミリタリーウェアらしい匂いも感じる事が出来る。


このMid Field BLAZER最大の特徴はこの懐の深さである。BEAMS PLUSを構成する「スポーツ」「アメリカントラディショナル」「ワーク」「ミリタリー」。この4つのカテゴリーを網羅できる。


だからこそBEAMS PLUSのどの洋服との相性も良く、BEAMS PLUS × ENGINEERED GARMENTSのアイコニックなモデルとして広く知られている。



今回変更した大きなポイントがフィッティング。BEAMS PLUS 25周年を迎えるこの機にゆったりとしたフィッティングへと変更。以前リリースのタイミングは10年前と細身が全盛の時代であり、昨今の洋服との相性を考えられたフィット感に。



生地は引き続き、春夏シーズンに着用し易いトロピカルウール。透け感のある軽快な生地はシンプルになりがちな春夏の装いにも適度な(見た目)の重厚感を与えてくれる。更に納品時には製品洗いの加工を施し、ブルゾン感覚で着用出来るのも汎用性に優れたポイントである。



さて、今回私はSサイズを着用。H.178cm、W.60kgでややゆとりを感じるシルエット。


身幅を広げた事により、アメリカンクラシックなボクシーなシルエットを感じる事が出来るのも個人的に嬉しいポイントの一つ。


今回はリゾートな印象のアイテム群と合わせ、夏のリゾートスタイルを表現。


オーセンティックなタイドアップは勿論のこと、今回の私のようなカジュアルなスタイルにも汎用出来るなどシーンを選ばず着用出来ます。


以前のMid Field BLAZERをお持ちの方、お持ちでない方問わずオススメ出来る新ブレザー。


是非店頭にて一度体感下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

埃及麻。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


先日はスタッフ坂本に紹介された「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(通称デデデデ)」の前章を鑑賞。アニメはあまり見る方ではないものの、浅野にいお氏の作り上げる世界観に圧倒。2014〜2022年に渡って連載されていたが、現代を予言していたかの様な社会描写など独自の世界が繰り広げられる。

個性溢れる、けれどどこにでもいるような普遍さも持ち合わせた(現実で言えばクセありな)登場人物の描写などリアルなサイエンスフィクションなストーリーは正直なところ「分からない」。

だからこそなのか急ピッチで原作コミックを読み、理解したくなる。そうすると劇中では時間の都合で端折られたシーンなども当然ある訳で不明瞭な部分が一つ一つクリアになっていく。その工程も含めて引き込まれる作品である。

後章が5/24(金)から公開と早くも待ち遠しい。


さて、そんな今週。久し振りになりますがBEAMS PLUSからこちらをご紹介。


BEAMS PLUS / Band Collar Egyptian Linen Classic Fit
カラー:STRIPE、PLAIDS
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥27,500(税込)
商品番号:38-11-0671-139

2年程前でしょうか。BEAMS PLUSのラインナップに突如として登場した「エジプシャンリネン」。

最早生地についてはいわずもがなではあるが、その名の通りエジプト産のリネンである。

現代では観光地として認知されているエジプト。古代エジプト文明の時代から現地の人々には馴染み深い素材であるリネン。衣服には勿論の事、神事やミイラにも用いられ、生活に根付いた素材であった。

そんなエジプシャンリネンの特徴と言えばまずはこの色合い。


ナイル川の濁った水で洗いを掛ける事で黄金とも評される生成り色に仕上がる。今回BEAMS PLUSで扱われるエジプシャンリネンはこの自然な風合いを活かし、染色は一切行っていないのもポイントの一つである。当然植物性の繊維である為、不純物を取り除く「晒し」という工程が必要になる。その工程で差を付けたり、違う種類の麻を用いる事で色の差、柄を表現している。


襟型はバンドカラー。物資が不足していた時代に使用されていたデタッチャブル(取り外し)カラーのディテールを参考にしたクラシックなルックスはややワークな側面をも併せ持つ。

しかしコットンよりも糸の太いリネンで織立てられている事でザックリとした程良い重厚感、それに伴うドレープした雰囲気。またプレイドによる上品な雰囲気と様々な要素が組み合わさり、独特な存在感を放ってくれる。


またフィッティングは裾に向かってAラインに広がり、ややゆったりとしたリラックス感のあるフィットに仕上げている。その為かどこか力の抜けた印象になり、リゾートなスタイルにもハマってくれる。更に言えばフルオープンボタンの前立ても羽織りとしての着用と幅広い着こなしを可能にしてくれる。


BEAMS PLUS / Easy Shorts Egyptian Linen
カラー:STRIPE、PLAIDS
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-25-0105-874

そして今回は新たにショーツもリリース。

勿論同素材、同柄で織り立てられているショーツのウエスト部分はシャーリングとイージーな使用に。昨今の暑さの厳しい日本の夏を快適に乗り越える事が出来る。


更にサイドにはスリットのポケット、後ろにはバックポケットを配し、日常使いし易いディテールもしっかりと備えている。


また膝丈に設定されたやや長めのレングスとゆったりとしたフィッティングは通気性に優れている事は勿論、リゾートなムードを存分に発揮してくれる。更にゆとりのある裾幅である事で歩いた時に揺れ、静脈の通る内腿にリネンが触れた時の着心地は非常にクセになる。



H.178cm、W.60kgの私でバンドカラーシャツ、ショーツ共にMサイズを着用。セットアップで着用し、全体をワントーンで合わせたリラックスした印象を表現。今の時期は上からカーディガンを羽織り、気温の変化にも対応出来る様に配慮。


今後同素材、同柄でイタリアンカラーシャツもリリースを予定しており、よりカジュアルな雰囲気がお好みの方はそちらもオススメです。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

25周年記念。

こんばんは、ろまんす吉澤です!


今週は休みを利用し、地元のTOHOシネマズへ。今週放送のTeam'96のAll Night BEAMS+ #108でもお話ししましたが、午前十時の映画祭14にて「ティファニーで朝食を」を上映中。


オードリー・ヘップバーンの美しさは去る事ながら、ジョージ・ペパードのアメリカントラディショナルな着こなしは圧巻。ブレザースタイルを始め、グレースーツなどの着こなしはアメリカントラディショナルのバイブルと謳われる名画ならでは。さらに4Kリマスター版ともなれば見逃す訳にはいきません。


全国(一部除外)の劇場で5/9(木)まで上映しておりますので是非ご鑑賞下さいませ。


その後は最寄りの「森の彩」でサウナを堪能。僕の知る限り最熱のサウナ。送風機を介したロウリュウは激熱。もはや拷問の如く降り注ぐ熱を耐え抜いた後の水風呂は天国。


良いリフレッシュが出来ました。


さて、そんな今週は突如発表されたこちらの別注をご紹介。



Engineered Garments×BEAMS PLUS/Mid Field Blazer Patchwork
カラー:Military
サイズ:XS、S、M、L
価格:¥103,400(税込)
商品番号:38-16-0501-334

Engineered Garments × BEAMS PLUS/Glass Field Pants Patchwork
カラー:Military
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥70,400(税込)
商品番号:38-24-0300-334

今シーズン25周年というAnniversary Yearを迎えるBEAMS PLUS。時を同じく1999年にスタートしたEngineerd Garments。共に歴史を歩んできた両ブランドがこの記念すべき今シーズンに別注したのが今回のコレクション。「パッチワーク」をテーマにビームス プラス 原宿ではMilitary、ビームス プラス 丸の内ではAmerican Traditionalをテーマにリリース。


Engineered Garmentsのインラインのアイテムでも印象深いリップストップ、バックサテン、コーデュロイの3種類の生地で構成されたパッチワーク。生地を作製する段階で其々を大きいパネルで一枚の生地にする事で変則的なデザインになるのが何とも印象的。


このパッチワークは全てが「アソート」となり一つとして同じものはない。オリジナリティ溢れるルックスは唯一無二な存在。


今回私が着用している個体はリップストップが前面に大きく使われている為、やや軽快なルックス。それでも所々に大きくコーデュロイが配され、絶妙な重厚感も感じる事が出来る。その為これからの春夏時期だけに限らず年間を通しての着用を可能にしてくれる


さらに今回25周年という節目を皮切りにリニューアルを施したシグネチャーモデルであるMid Field Blazer。


Engineerd Garmentsらしいポケットワークはそのままにフィッティングを見直しゆとりを感じるフィッティングに。昨今のボリューム感のあるアイテムとの相性も非常に良い。


シグネチャーモデルと言えばもう一つ。


以前のモデルはスッキリとした印象の強かったGlass Field Pants。こちらもMid Field Blazer同様ゆとりを感じるフィッティングへと変更。前後、左右と異なるディテールのGlass Field Pants。M-41、ファティーグパンツやペインターパンツなどのディテールがMIXされている。股上を深く裾幅を広げ、ラギッドなディテールを強調したシルエットに。よりミリタリーパンツらしい武骨な印象を感じさせてくれる。



今回着用したMid Field Blazerがスクエア調のパネルが多かった為、よりセットアップらしい見え方になる様な個体をチョイス。バックサテン、リップストップがメインに見えてくる個体だが、脚を組んだ際にだけ覗くバックサテンの斜めの切り返しが非常に良いアクセントになってくれる。

また腿周りの切り返しはファティーグパンツのL字ポケットらしい見え方に。いやはたまたダブルニーなのかと想像力を掻き立ててくれる。



ENGINEERED GARMENTS × BEAMS PLUS / 別注 GLASSFIELD PANTS BACKSATIN
カラー:OLIVE
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥46,200(税込)
商品番号:38-24-0301-334

そして今回はバックサテンのGlass Field Pantsも同時にリリース。一見シンプルなルックスのミリタリーパンツでありながらギミックの効いたアシンメトリーなディテールデザインは汎用性も高い。日々のコーディネートの主役にもなり得るオススメのパンツです。



H.178cm、W.60kgの私で今回はジャケット、パンツ共にSサイズを着用。全体的にボクシーなシルエットでゆとりを感じる事が出来るサイズ感。今回は休暇を利用し街へ繰り出す軍人の男をイメージしてスタイリング。立ち寄ったスタンディングバーでバーボンを嗜む姿を想像しました。


パッチワークは全てアソートとなりますので、是非店頭にて古着感覚でお好みの一着を見つけてみて下さい。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

長鍔帽子

こんばんは、ろまんす吉澤です。


今週は休日を利用し、スタッフ坂本、ニューカマーのスタッフ北野と共に神保町を散策。




神保町と言えば古書とカレー。ずっと気になっていた名店「ボンディ」へと出向き名物ビーフカレーを食す。


昔ながらの欧風カレーは一口食べれば次から次へとカレーで口をいっぱいにしたくなる。中辛で程良い辛さを感じながらも、とにかく味わい深いカレーは唯一無二の味。食べ終わるのが名残惜しいと思うカレーでした。


その後は古書巡りを挟み、下落合へ場所を移し「三の輪湯」にてサウナを堪能。


昨年7月にリニューアルを施した趣きの清潔感のある館内。117℃に及ぶ遠赤外線型のサウナ室では様々な年代のJ-POPが流れ、居心地も良い。遠赤外線型であるが故にガツンとした熱さというよりかはじんわりと身体の内側からしっかりと暖めてくれる。

水風呂は20℃とやや高めではあるものの、地下水を汲み上げており水質は良い。気温が高くなってきたこの時期は2分程しっかりと肩まで浸かり熱った身体を冷ますことで整いを誘う。

小スペースではあるが外気浴場も備え、閑静な住宅街の自然な生活音がリラックスさせてくれる。

各ポテンシャルが非常に高く居心地の良いサウナ。非常にオススメです。


さて、そんな今週は昨日リリースしましたこちらをご紹介して参ります。




Quaker Marine Supply Co. / Swordfish Cotton
カラー:Khaki、Nautical Red、Chambray、Patchwork Madras Check
サイズ:FREE
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-41-0268-395

Quaker Marine Supply Co. / Oysterman
カラー:Natural、Navy
サイズ:FREE
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-41-0269-395

今シーズンBEAMS PLUSのラインナップに新たに名を連ねたQuaker Marine Supply Co.1949年に歴史的建造物が建ち並ぶフィラデルフィアにて創業を開始した非常に歴史深いブランド。

現在はニューヨークへと拠点を移し、MADE IN U.S.A(NY)を貫きハンドメイドによるモノづくりを続けている。


そんな中今回注目したのはロングビルキャップ。近年BEAMS PLUSクルー内でも人気の高まっているアイテムの一つでもある。


Quaker Marine Supply Co.の代表的モデルであるSwordfishとOysterman。


先ずはSwordfish。日本語に訳すとメカジキ。


Quaker Marine Supply Co.で最も人気を博し、熱心なファンがいるのも頷ける。特徴は何と言っても3.5インチ(9cm)に及ぶロングビルであろう。ボディに使用されているキャンバスファブリックは程良い肉感と滑らかなタッチ感。


一見コンパクトに見えるクラウンはアジャスターにて調整が可能。浅過ぎず、深過ぎずで被り心地が良く、海辺での強い日差しをしっかりと遮ってくれる。


またつば裏はコットンのグリーンバックになっており、クラシックなルックスを楽しむ事が出来る点も個人的に好きなポイントである。




Oystermanは我々が敬愛する人物の1人である小説家アーネスト・ヘミングウェイが着用していたことでも知られている。


先程のSwordfish に比べると1.5インチ長い約4.5インチ(11.5cm)のロングビル。傾斜もより大きくなりより日差しを避ける意味合いが強くなっている。


さらにつばにはパテントレザーが用いられ水を弾いてくれる。より船上や水場での使用シーンが考えられたディテールは文字通り「脱帽」である。


そして通気性を考慮した4つのアイレットなど日常使いする上でも嬉しいディテールもしっかりと備えている。




またカラーにより作られている工場が異なる(どちらもMADE IN U.S.A)為サイドアジャスターの仕様が異なる為、ご了承ください。



さて今回私はヘミングウェイをイメージしたスタイリング。キャップの色に合わせてモノトーンに。先日ご紹介したプロポーズサックコートやダーティーバックスでトラディショナルなムードをMIXしつつ、春夏らしい軽快な印象を意識しました。


早くも在庫が欠けてしまっている色、型もございますのでお早めにお問合せ下さい。場合によってはキャンセル待ち(ご用意が出来ましたらご連絡を差し上がる方法で確実にご案内出来るとは限りません)も承る事も出来ますので是非お問合せくださいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。



↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

求婚上着。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


木曜日のMZOとサミュエル金子のAll Night BEAMS+#138でもMZOが話しておりましたが、今週のウィークリーテーマ「私には見えるんです。」は体調不良(現在は回復)の藤井部長に代わり、副部長を自称する私が設定させて頂きました。


昨日4/19(金)〜ビームス プラス 丸の内、ビームス 神戸にて開催中のMOSCOT TRANKSHOWに準えて最近気付いた「見える」世界を各パーソナリティにお話し頂いております。


この「私には見えるんです。」という台詞をご存知でしょうか。24年前に放送されていた名ドラマ「やまとなでしこ」にて松嶋菜々子氏演じる神野桜子が告白するラストシーンの名台詞。


この後に続く「10年後も20年後も。あなたのそばには私がいる。残念ながら貴方といると幸せなんです。」という台詞はあまりにも有名。


恋人を選ぶ条件でお金が第一条件であった桜子の価値観を変えたこのシーンは感動間違いなし。


そんなラブロマンスドラマにも準えたウィークリーテーマ。どうやら今週どこかの放送であるパーソナリティから重大発表があるそうな。是非お聴き頂ければ幸いです。


珍しく「ろまんす」の名の通りな前書きとなりましたので紹介せねばと使命感に駆られたのでこちらをご紹介。




MOJITO / Propose Sack Coat
カラー:beg
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥53,900(税込)
商品番号:38-18-0548-697

先週に引き続きMOJITOからご紹介。

今回はPropose Sack Coat。

ヘミングウェイがブルックスブラザーズの顧客であった事は周知の事実であるが、最初の妻となるハドレーの家を訪ねた時に着用していたものも同ブランドのサックコートであった。


後に我々のユニフォームとしても馴染み深いブレザーを始めとするスポーツコートにも受け継がれていくデザイン。その原型であるサックコートは短めの丈感が特徴。


サックコートらしい前立てのデザインであるがヘミングウェイを思わせる男らしい印象にアレンジを施されている。通常丸みを帯びた前見頃であるがやや角張った印象に。MOJITOらしい武骨さを感じる事が出来、BEAMS PLUSの洋服との相性も非常に良い。



フロントポケットはワークウェアを彷彿とさせる大振りのパッチポケットを配備。ステッチが施されよりワークらしいムードを盛り上げている。他にも肩周りのトリプルステッチなどワークウェアに見られる質実剛健な佇まいも感じる事が出来る。



もう一つ、ワークウェアらしい印象を感じるポイントが生地。高密度なリネンらしい重厚感のある表情が魅力。通常リネンを高密度に織り立てると、どうしても重量がでてしまう。しかし和紙を混紡することで特有のシャリ感のある表情は残しながら軽快な着用感を実現してくれている。また程良い肉感であり、タッチ感とのギャップは程良い塩梅に。気温が上昇してくるこれからのシーズンにもレイヤードし易いのも嬉しいポイントである。




内側にはストールを留める為のバンドが備えられており、乗り物に乗る時も安心。船に乗ることも多かったであろうヘミングウェイを想像してのディテールであろうか。それともプロポーズの際にはスカーフを巻くべきだとデザイナーの山下氏からのメッセージだろうか。いずれにせよ想像力を掻き立てられるディテールには脱帽。




袖口は筒袖の仕様に。暑い日は袖をターンナップし軽快な印象を演出する事も可能に。また背中側から湾曲するように付けられた袖は自然な前振りになっている事でアクティブ性にも富んでいる。



H.178cm、W.60kgの私でMサイズを着用。ゆったりとした身幅である為、極端なサイズUPをするよりかはジャストなサイズ感での着用感が個人的にはオススメ。


今回はインナーにエジプシャンリネンのバンドカラーシャツを挟み、ラギッドな印象に。ブロックプレイドをチョイスしポップさを演出。エジプト綿のストールを垂らしカラーリングのアクセントとオリエンタルなムードを意識しました。


その他オープンカラーシャツなど襟元の開いたシャツとのコンビネーションもオススメ。是非一度ご試着下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。



↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

苦蓬酒襯衣。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


先日は話題の「オッペンハイマー」を鑑賞。名匠クリストファー・ノーラン氏が手掛ける伝記的映画。「原爆の父」と呼ばれるオッペンハイマーの半生を描いた本作品は本国公開時にとあるネットミームにより大炎上。しかしその下馬評を覆す原爆を開発した事による苦悩や葛藤に焦点を当てるストーリー構成とクリストファー・ノーラン作品らしい映像美は圧巻。また3時間にも及ぶ上映時間中会話シーンが大きな割合を占める為、難解と呼ばれる事の多いクリストファー・ノーラン作品の中でも群を抜いて難しく、さらに衣装にも定評のあるクリストファー・ノーラン氏である為もう一度鑑賞したいと思わせてくれる作品でした。


さて、そんな今週は本日リリースのこちらをご紹介いたします。


MOJITO × BEAMS PLUS / 別注 ABSINTH SHIRT Key West
カラー:Key West
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥38,500(税込)
商品番号:38-11-0869-697

中毒性の高いアブサンというお酒から名付けられたMOJITOの顔であるABSINTH SHIRTS。近年BEAMS PLUSの別注ではレオパードやジラフ柄など陸上の動物にフォーカス。3度目となる今回はフロリダのキーウエストを舞台に魚柄にフォーカス。




当時ヘミングウェイが釣り上げたカジキマグロの写真からインスピレーションを受けた今作。小説内でも登場するヘミングウェイとも深い繋がりのあるカジキマグロを主役にキーウエストの珊瑚礁に住む魚をプリントにて表現。



その為、袖口を大きくターンナップする事で現れる裏地はプリントが透けて見えてくる。この技法ならではな着こなしはグッと大人の男らしい印象を高めてくれる。


今回はヴィンテージのリゾートシャツからサンプリングされた魚たちはデフォルメされた可愛らしい印象に。リアル過ぎない魚柄はコーディネートに程良いポップさを取り入れる事が出来、これまで別注してきたABSINTH SHIRTSとも異なるオリジナリティ溢れるムードに。



生地はコットン100%のシアサッカー素材。やや肉感のあるシアサッカーは凹凸がある事でドライなタッチ感に仕上げている。オススメは素肌の上に一枚で。肌当たりも非常に良く清涼感に優れている為、ABSINTH SHIRTSの名の通り一度袖を通したら虜になる事間違いなし。


またこの凹凸感が穏やかな風がキーウエストの海の水面を揺らす様子を表している様にも見え、リゾートな気分を高めてくれる。



さらに今回の特別ポイントはボタン。

一見、普通のボタンにも見える乳白色の樹脂ボタン。ボディに合うボタンがなく、この別注の為に特別に製作されたボタンはデザイナー山下氏の細かな部分まで妥協を許さない拘りのポイントだとか。



フィッティングはABSINTH SHIRTSを既にお持ちの方には言わずもがな。ややゆったりとした身幅により生まれる程良いブラウジングは正にヘミングウェイを彷彿とさせる男の理想的な姿を演出してくれる。



またABSINTH SHIRTSの特徴でもあるカフス。中央にステッチが入り、ターンナップする事で他のオープンカラーシャツとの違いを確と感じ取れる。またコーディネートのアクセントにもなり大人の男の「粋」な着こなしに。



H.178cm、W60kgの私でMサイズを着用。BEAMS PLUSのニューフィットのボクシーなシルエットのジャケットとも好相性。


今回は工作員の男がミッションでキーウエストに訪れている姿をイメージ。リゾート地に馴染む為に爽やかなカラーリングを意識し、ホワイトのミリタリートラウザーズをチョイス。


またヘミングウェイを思わせるトラディショナルなムードとラギッドなムードをMIXしスタイリング。


今の時期から着用出来るリゾートな印象が抜群なMOJITOのABSINTH SHIRTS。この別注以外にも様々な柄のABSINTH SHIRTSを取り揃えておりますので、気になるものがございましたらお気軽にお問合せ下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。



↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。


運動用襯衣。

こんばんは、ろまんす吉澤です!


先日はお休みを頂き、昨年12月より八王子にオープンしました「毎日サウナ 八王子店」へ。


京王線北野駅から徒歩8分。都会の喧騒を忘れさせる自然豊かな土地に位置する毎日サウナ。


サウナ好きのクラウドファンディングによって作られたサウナは昨今盛り上がりを見せるサウナ特化型の施設。


湯船はなく純粋に「サウナ」のみを楽しむ事が出来、120分の制限時間を充分に堪能。


サウナ室は薪ストーブと自然を利用した程良い熱さ。1時間毎に行われるアウフグースイベントでは熱波師の特色を活かしたテーマが設けられおり、エンターテイメント性も楽しむ事が出来る。ロウリュウには焙じ茶が用いられ、熱さだけでなく香りで癒しを与えてくれる。


また2種類の水風呂を完備し、一つはグルシン(8℃)とキンキンの冷たさ。アウフグースにより熱った身体をしっかりと冷ましてくれる。


休憩スペースは内気浴、外気浴共に充実しており計12席用意されたフルフラットのデッキチェアは更なる整いへと誘ってくれる。


都心からも40分程とアクセスもし易くオススメのサウナです。是非行ってみて下さい。


さて、そんなアウトドア?な休日を楽しんだ私からは本日リリースのこちらのアイテムをご紹介して参ります。


MOUNTAIN RESEARCH × BEAMS PLUS / 別注 Sports Shirt
カラー:BLACK、PURPLE、BURGUNDY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥33,000(税込)
商品番号:38-18-0583-249


2022年の秋冬に別注したスポーツシャツ。所謂ラガーシャツの原型とも言われる英国由来のスポーツシャツを英国の名門大学を連想させるカラーリングで別注。有難い事に大変人気を博した事も記憶に新しい。



第2弾となる今回は当時ナイロン製で作られていたヴィンテージのレフェリー(審判)用のスポーツシャツに着目。


第一弾では打ち抜きボタンの仕様であったと記憶しているが、今回はジップアップのプルオーバースタイルに。


ジップアップである事でよりスポーティーな印象を加速させてくれている。



また最大の特徴である襟やカフスのデタッチャブル(取り外し)を可能にしたディテール。


当時は襟を取り外し、襟のみを洗うという英国の生活様式に基づいたディテール。物資が普及し切れていない時代の面影を伺う事も出来るが現代では気にせずお手入れが可能。(水洗い、ドライクリーニングどちらも可)



襟を外すとこの通り。スッキリとした首周りへと様変わり。コレだけでも大きく印象を変える事が出来る。インナーにフーディーをレイヤードするなど着こなしの幅も広げてくれる。



また2023年秋冬の別注のパフジャケットでも好評頂いた袖のデタッチャブル機能も追加。



特に気温の上昇が気になる昨今の春夏シーズンに於いてショートスリーブに出来るのは嬉しいポイント。


ポリエステル製のボディは肌離れも良い。ゆったりとしたシルエットと相まって風通しも非常に良く快適に着用する事が出来る。


更に両胸にあしらわれた動物の刺繍はエンブレムをイメージ。Mountain Researchを象徴するデザインはデザイナーである小林氏が長野の森で出逢った動物たちとユニークなストーリーもまた心がくすぐられるポイントである。



更に剣ボロやラウンドした裾にはガゼットを配し、運動を考慮した補強のディテールが備えられており、細かな部分にも抜かりはない。


カラーリングは全3色でリリース。


先ずは既出のバーガンディ。クラシックなスポーツウェア、カレッジウェアといえばなこの色はやはり外す事はできない。伝統的なカラーリングであり存在感はあるもののトーンは抑えられており汎用性にも優れている。今の時期であればボタンダウンシャツとスポーツコート(ジャケット)のミッドレイヤーとして挟み、IVYライクな着こなしもオススメ。



そして小林氏一推しのパープル。非常にチーム感の強いカラーリング。バイヤー金子のオススメはインナーにゴールドのアイテムを合わせたNBAチームを参考にした着こなしだとか。洒落た雰囲気も強い為、レイヤードするアイテムによって見せる表情も変えてくれること間違いなし。



そしてオリジナルのレフェリーカラーであるブラック。普段BEAMS PLUSでは取り扱いの少ないブラックカラーはモダンな印象を齎してくれる。オリジナルは白襟であった事を考慮し襟を取り外し、インナーにレギュラーカラーのシャツをレイヤードしたスタイルもオススメかと。



さて、今回はバーガンディをチョイス。H.178cm、W.60kgの私でMサイズを着用。インナーには昨年同ブランドよりリリースされていたラガーシャツをレイヤードしスポーティーな印象でスタイリング。


全体のシルエットをゆったりとしたサイズ感でチョイスし、シューズのラインからカラーリングを拾い統一感を意識したコーディネーションに。


この手のギミックの効いたアイテムだとスタッフ間で盛り上がるのがパーツの組み換え。1色で楽しむも良し、2色3色買いで気分によって組み換えても良しとコンバーチブルな着こなしもオススメです。


(個人的なオススメだとブラックボディにパープルのパーツでコロラドロッキーズ風に)


是非お問合せもお待ちしておりますのでお気軽にご連絡下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。



↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

旅用背広。

こんにちは、ろまんす吉澤です!


遂に春らしい気候を楽しめる様になってきたなぁと思いきや春を超えて最早初夏の様な気候。


昨日までの雨は春雨だと認識しておりましたがあれは梅雨だったのでしょうか。。笑


ここ近年の異常気象には身体もついていていくだけでやっと。皆様も健康第一でお過ごし下さい。


さて、そんな4月を目前に控えた今週。新年度を迎えいよいよ気持ちを新たに迎えたい季節。


そんな春、そして夏まで楽しめる事が出来るこちらのアイテムをご紹介して参ります。


KAPTAIN SUNSHINE × BEAMS PLUS / 別注 Travel Jacket
カラー:CHACOAL.G、KHAKI
サイズ:36(S)、38(M)、40(L)、42(XL)
価格:¥71,500(税込)
商品番号:38-16-0489-086

KAPTAIN SUNSHINEのトラベルジャケット。


久し振りのローンチとなったKAPTAIN SUNSHINEのトラベラーシリーズ。


私の古い記憶だと2018年の秋冬にトラベルジャケットがリリースされていたと認識しております。


その当時は現在とはブランドコンセプトも異なり、トラディショナルなムードの強いスポーツコートをリリース。私自身、グレンチェックのツイードのコンフォータブルな仕様のトラベルジャケットを好んで着用していました。


今回のトラベルジャケットはその当時とは全く異なる印象に。デザイナーの児島氏が所有するヴィンテージアーカイブを参考に型から完全別注。


先ずは生地。今回の別注の為に特別に製作されたコットンリネンのパナマ生地。ざっくりとした粗野な印象とKAPTAIN SUNSHINEならではな上質な生地使いを確と感じる事が出来る。


更に糸に強い撚りを掛ける事でリネン特有のシャリ感を強調。ドライで清涼感のあるタッチ感を実現。


程良い重厚感はありながら、昨今の気候に合わせた通気性の良さも併せ持つ、着心地の良さも備えている。



ディテールは我々にも馴染み深いアメリカントラディショナルな3パッチのポケット。


。。と思いきや右胸にはジップポケット、左の腰上には深めのウェルトポケットを配備。ウエスト部にはマチ付きのフラップポケットを配置。フィールドウェアを思わすルックスは所謂ビームス プラス 原宿らしいラギッドな着こなしにも好相性。


また実際に着用するとこのポケットワークのコンフォータブルな使い心地の良さを実感する事は間違いなし。



また今回のデザインの肝となる「エルボーパッチ」。サファリウェアらしいムードを高めてくれる重要なポイント。ラギッドな印象を受けるディテールでありながら、同素材で合わせる事で重さを軽減し、この時期らしい軽快な着こなしにも対応してくれる。

更に筒袖の仕様である事で畏まった印象にならず、ラフな着こなしも良い。



KAPTAIN SUNSHINE × BEAMS PLUS / 別注 Travel Trousers
カラー:CHACOAL.G、KHAKI
サイズ:36(S)、38(M)、40(L)、42(XL)
価格:¥41,800(税込)
商品番号:38-24-0291-086

そしてトラウザーズ。こちらもジャケット同様、児島氏が所有するヴィンテージアーカイブをベースに作製。


全体的にゆとりを設けたシルエットはリラックスした雰囲気を醸し出している。



特筆するべきポイントはやはり印象的なフロントのパッチポケット。こちらもマチ付きであり収納力抜群。更にウエストはドローストリング仕様とイージーな着用感を実現。旅への道中もリラックス出来るポイント。


またバックスタイルも秀逸。フラップ付きのポケットに尻部の当て布などヴィンテージウェアを彷彿とさせるディテールも備えている。



さて今回私はジャケットを着用。サイズは38(M)をチョイス。H.178cmW.60kg、撫で肩の私でジャストなサイズ感。身幅は設けているものの昨今のKAPTAIN SUNSHINEと比べるとスッキリとしたサイズ感である為、私位の身長であれば40(L)で選んで頂くのがオススメ。



スタッフ崎野はCHACOAL.Gをチョイス。H.174cmW54kgのスタッフ崎野でジャケットは38(M)、パンツは36(S)で着用。CHACOAL.Gはややスポーティーなルックス。都会的な印象もある為、NEW BALANCEのようなスニーカーとの相性も抜群。


体型、着こなしによって選ぶサイズが異なってくるかと思いますので是非一度店頭にてお試し頂ければと思います。



また2024年4月1日(月)より営業時間を下記に変更させていただきます。
平日 12:00 ~ 20:00
土日祝 11:00 ~ 20:00


ご来店の際はお気を付け下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

伝統×革新。

こんにちは、ろまんす吉澤です。


今週は連休を頂いていたので、久し振りに最寄りの映画館へ。「キックアス」や「キングスマン」を手掛けるマシューボーン監督の最新作「アーガイル」。漠然とトラディショナルな印象を受ける題名、アクションや衣装に定評のある監督の作品という事で鑑賞。


劇中の台詞でもある「一流スパイは世界をダマす」というテーマは作品内に留まらず、観客である私たちをも騙すストーリーは圧巻。エンドロール後には最大級の大どんでん返しが待ち構えていますので、是非最後までご覧下さい。


もう一度映画館で鑑賞したいと思える映画で非常にオススメです。


さて、そんな本日はTUBE×BEAMS PLUSをローンチ。今回もTUBEのデザイナー斎藤氏ならではな50sのアメリカントラディショナルウェアをベースにギミックの効いたコレクションを展開しております。


そんなアイテム群から今回は特に気になるこちらのウェアをピックアップしてご紹介致します。


TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Dobby Shirt
カラー:SAX
サイズ:S、M、L
価格:¥25,300(税込)
商品番号:38-11-0876-063

私のイチオシであるドビーシャツ。

50sらしいスポーティーなムードが抜群。それもそのはず。


90sのドビー織りの生地を使用。幾何学模様がバランス良く配置されており、クラシックな印象を存分に感じさせてくれる。SAXのカラーリングも当時を彷彿とさせるスモーキーな風合いで織柄と相まって気分はアメリカングラフィティ。


襟型はレギュラカラーを採用。通常よりもやや大振りなカラーは適度な存在感を放っている。しかしヴィンテージに見られるような襟芯の入った襟ではない為、主張し過ぎない程良い塩梅に。



全体的にゆったりとしたパターンに。昨今のリラックスした雰囲気のアイテムとの相性も良し。それに合わせた大振りなポケットもシンプルなルックスのアクセントに。



前立てのボタンも良い意味で違和感を演出。玉虫調のカラーでヴィンテージライクな表情をプラスしてくれる。


また後ろ身頃はラウンドしたヨークデザインにハンガーループのデザイン。センターバックにはギャザーが入り、クラシックなルックスに。


カフスにもギャザーが入ったデザイン。アメリカントラディショナルブランドを彷彿とさせるデザインと深めの剣ボロ、スクエアカフスと現代のカジュアルシーンでは珍しいディテールがMIXした細かなディテールも見逃す事が出来ない。



今回私はサイズMを着用。シャツの50sライクな表情に合わせ50sの若者をイメージしたスタイリング。同じくサックスブルーのストライプカーディガンとのコンビネーションは馴染み良いカラーリングでありながら個性を発揮出来るオススメな組み合わせ。


そしてもう一点。


TUBE × BEAMS PLUS / 別注 Cotton Trousers
カラー:GREY
サイズ:S、M、L
価格:¥26,400(税込)
商品番号:38-23-0242-063

コットンスーツの組下として提案しているコットントラウザーズ。春夏らしいライトグレーのトラウザーズといえば強制的にウール生地が連想される。しかし春夏のトラディショナルスタイルに於いて定番の素材であるコットンを組み合わせる事で新たな価値観を生み出している。


一見、トラディショナル色の強いトラウザーズにも思えるがワークブーツとの相性も良い。


その一旦を担っているのがこのバックポケット。

片側のみに配したパッチポケット。通常ワークパンツなどに見られるディテールとの組み合わせはラギッドなスタイルの多い我々とグレートラウザーズとの仲を取り持ってくれている。



フロントポケットの横にはコインポケットとさり気ないながらも気の利いたディテールを備え、解釈の幅を広げてくれるTUBEならではなデザイン。


デザイナーの斎藤氏の言葉を借りるのであれば「趣味の良い普通の洋服」らしいディテールがしっかりと反映されており、デイリーユースし易くアレンジされている。



スタッフ山田(兄)は今回Mサイズを着用。程良くゆとりを感じるシルエットはワークブーツとも好相性。全体をグレーカラーで統一し、本日の曇天の空模様を表現。


今回こちらは3ピースでの提案をしており、勿論ベスト、ジャケットと組み合わせたトラディショナルなスタイルもオススメです。


今シーズンの別注コレクションは本日ご紹介した2型を含め、計8型リリース。ショートスリーブのシャツやショーツなど今年の夏を彩るアイテムも満載。気になるアイテムがございましたらお早めにご連絡下さいませ。






また昨日から公開されておりますビビスタの#6に参加させて頂きました。春に活躍するライトアウターをご紹介しておりますので是非ご覧頂けますと幸いです。




それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

牧場背広。〜Tex-Mex〜

こんにちは、ろまんす吉澤です!


本日から新体制のビームス プラス 原宿。人事異動に伴いビームス プラス 丸の内からスタッフ坂本が異動。


入社当初ビームス 町田で共に働いておりトレーナー、トレーニーの師弟関係でありました。現在はご存知の方も多い(と願いますが)Team'96としてプラジオの月曜日を担当しております。


BEAMS PLUSの洋服に魅了され始めた頃、休日の度に坂本と共にビームス プラス 原宿遊びに行っていた記憶がふと蘇りました。その当時を考えるとまた共にこのお店で働く事を考えると感慨深いものがあります。


その当時とは異なる新たな顔触れのビームス プラス 原宿を魅せて行けたらと思いますので、引き続き御贔屓頂けますと幸いです。


さて、そんな本日ですが昨日発売のこちらのアイテムをご紹介して参りたいと思います。


POST OVERALLS × BEAMS PLUS / 別注 Tex Mex Ranch Jacket
カラー:INDIGO
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥52,800(税込)
商品番号:38-18-0574-082

POST OVERALLS × BEAMS PLUS / 別注 Tex Mex Ranch Pants
カラー:INDIGO
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥33,000(税込)
商品番号:38-24-0305-082


今シーズンのPOST OVERALLSの別注のテーマは「Tex-Mex」。

Tex=Texas、Mex=Mexicoを指し、鉄道のニックネームが語源。現在は主にその地域周辺の料理を指す事が多く、テキサス州外ではアメリカナイズされたメキシコ料理を指すワード。代表的な例でいうとタコスなどが上げられます。


奇しくも専門学生時代に友人とそうした料理を目的に表参道や銀座を遊び歩いていた想い出もあり、今回の別注は今シーズンの中でも非常に楽しみにしておりました。


今回はそんなTex-Mex

先ずはランチジャケット。


通常ヴィンテージで見られるランチジャケットはブラウンダックなどが多いが、昨シーズンに引き続き8ozデニムを使用。ライトな肉感で一年の中でも暖かい日が多い昨今の日本に於いては羽織り易い生地感。



中でも特徴的なデザインであるコーデュロイの切り返し。襟、ポケットの淵、カフスと各所に配した細畝のコーデュロイは程良い重厚感を演出。



8ozデニムの軽い質感のボディとのコンビネーションは重厚な雰囲気はありながらシャツライクにサラッと羽織れ、汎用性に優れている。


シルエットはゆったりとしたパターンを採用しこの時期ならではなレイヤードも可能に。



インナーにリラックスしたフィット感のワークシャツを挟んでも充分なゆとりを感じる事が出来る。


広義でウエスタンなムードが出るジャケットですが、一般に「ウエスタン」と呼ばれるカウボーイやガンマンのスタイルは当時のハリウッドが作り出したコスプレ文化から流行したもの。今回はそれとは異なり、テキサス周辺のリアルランチワーカーに着目している為、ゆったりとしたフィットが昨今の気分とも非常にマッチしオススメ。



そしてランチパンツ。3年振りとなるパンツの別注。

勿論セットアップスタイルがオススメですが、ストレートなシルエットでゆったりとしたフィットである為単品使いにも優れています。



3.5cm幅に及ぶウエスタンループ。


ギャリソンベルトに代表される太めの幅のベルトで合わせる事でよりラギッドなムードを高める事が出来る。


更にフロントポケットにはランチワークらしい装飾が施され、Tex-Mexらしいムードを感じさせてくれる。しかしランチジャケットと同様にステッチは同色で纏められ、ソリッドな印象に。華美でなく武骨である為単品使いも非常にし易いのも嬉しいポイント。



個人的に嬉しいポイントがもう一つ。普段レングスが足らずワンサイズ上を選ぶ事が多い私ですが、2クッション溜まる程のレングスがある。勿論リペアしても良いが今シーズンマイブームでもあるシャフトの高いブーツとのコンビネーションがオススメ。



さて今回私はテキサスの国道沿いにあるガソリンスタンドの店員をイメージしたスタイリング。鉄板なシャンブレーのワークシャツと合わせラギッドな印象に。イエローゴールドのメッシュキャップを被りいなたい雰囲気もプラスしました。


H.178cm、W.60kgの私でジャケット、パンツ共にMサイズを着用しております。


街中を見てみてもウエスタン(ランチ)なムードが高まっている昨今。今着たい雰囲気に仕上がっておりますので是非一度お試し下さい。


また昨日放送のInstagram LIVE、3/14(木)深夜1時〜放送のMZOとサミュエル金子のAll Night BEAMS+の#133も合わせてご覧頂くとより楽しめる内容となっておりますので是非ご視聴くださいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

快適米軍収集。

こんにちは、ろまんす吉澤です。


昨日、本人からもアナウンスがあった様にスタッフ佐藤が3/16〜ビームス プラス 丸の内へと異動。Team'96でも一緒に活動し、公私共々仲良くしていたスタッフの異動はやはり寂しいものがあります。先週Team'96のAll Night BEAMS+も100回放送を迎え、今後も変わらず同じメンバーの一員としてやっていきますので引き続きご贔屓頂ければ幸いです。さてビームス プラス 原宿には一体誰が異動してくるのか。。続報をお待ち下さい。


さて今回は本日ローンチとなりましたdipの別注コレクションをご紹介致します。



dip × BEAMS PLUS / 別注 Flight Jacket
カラー:BROWN、SAX
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥42,900(税込)
商品番号:38-18-0539-965

デザイナーの田口氏の所有するアーカイブを参考にした別注コレクション。今回は“Comfort Military Collection”と題し春夏シーズンに快適な素材感でリリース。


そんな中でも個人的にオススメなのがこのフライトジャケット。



U.S AIR FORCEのフライトジャケットを参考にしたデザインは武骨なルックス。春夏シーズンに嬉しいマイクロミニリップストップナイロンの生地感が春夏時期らしい軽快さを物語る。


ややハリ感を持たせた生地は見た目の重たさは感じさせない。凹凸のあるタッチ感が肌との接地面を少なくさせ、サラッとした着心地に。


裏地にはメッシュ素材を配し空気の通り道を確保。汗ばむ時期でもコンフォートに着用出来、シンプルになりがちなこの時期に彩りを与えてくれる。


勿論、dipの十八番である「製品染め」による深みのあるカラーリングがオリジナルにはない「違和感」を演出してくれる。



前回同様フライトジャケットらしいタブやシガーポケットは健在。ダブルジップやサイドアジャスターも設け、コンフォートな使い心地を実感出来る。



スタッフ佐藤はサイズMをチョイス。インナーにアズマ裏毛のフーディを仕込めるゆとりのあるフィッティング。シンプルにジーンズと合わせたアメリカンカジュアルなスタイルにも当然ながらハマってくれる。



dip × BEAMS PLUS / 別注 Quarter Length Pants
カラー:BROWN、SAX、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥36,300(税込)
商品番号:38-25-0118-965

また今シーズンは同素材でこちらのショーツもリリース。


U.S.ARMYは元よりBEAMS PLUSでも定番の6ポケットカーゴパンツ。それを3/4丈(クォーターレングス)にカットしたかの様なレングスが特徴。6ポケットパンツらしい武骨なルックスとマイクロミニリップストップの生地が織り成す軽快なムードがMIXされた一着。



カーゴポケットの通常ボタンで表現されるディテールをジップへとアレンジ。過去のアーカイブを参考にしたディテールは軽快な生地感とも非常に良くマッチしてくれdipらしいムードを醸し出している。


H.178cmのガッチリ体型のスタッフ尾島はXLを着用。軽快な素材感を活かし、上半身もナイロン素材のブルゾンをチョイス。若い彼らしいスポーティーなムードで合わせても抜群。




dip × BEAMS PLUS / 別注 Radio Vest
カラー:SILVER、BROWN、SAX
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥40,700(税込)
商品番号:38-06-0105-965

そしてこのコレクションのファンの方が多いラジオベスト。アシンメトリーにデザインされたポケットワークが印象的。


ベストはこれまでと打って変わりヘビーナイロンツイルを使用。


「ラジオベスト」と言うと深めの襟ぐりが特徴ですが、昨今のムードを意識したアウトドアライクなルックスへとアレンジ。アウターベストのような着用シーンをイメージし、ワイドな身幅に。勿論今まで同様にボタンアジャスターを背面に設け、着こなしによって印象を変えることが出来る。



H.171cmのガッチリ体型、スタッフ清野はLサイズを着用。プライベートでもアウトドアを敬愛する彼にピッタリ。ミッドレイヤーにミリタリースモックを挟み武骨な雰囲気でスタイリング。



dip × BEAMS PLUS / 別注 Lite Cardigan
カラー:GREY、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-18-0540-965

そして今回新たに生まれたスナップカーディガン。USMA(陸軍士官学校)のキルトライナーからインスパイアされたデザインをこの時期に着用し易いカーディガンへとアレンジ。


ナイロンポリウレタンを用いた伸縮性に富んだアクティブな生地感。マットな素材感とソリッドなルックスのコンビネーションは汎用性も抜群。ウエスト部分の大きめなポケットは実用性も備えながら、デザインのアクセントとしても機能してくれる。またややゆとりを設けた身幅は様々なアイテムとのレイヤードも可能にしてくれる。


H.178cm、W.60kgの細身体型の私でLサイズをチョイス。私はネイビーを主体にミリタリーデザインのアイテムとの組み合わせを楽しみました。



dip × BEAMS PLUS / 別注 Shoulder Bag
カラー:BROWN、SAX
サイズ:FREE
価格:¥25,300(税込)
商品番号:38-61-0108-965

そして昨シーズンから登場したショルダーバッグ。今回はヘルメットバッグを連想させるフロントのポケットデザインが秀逸。生地は先程のフライトジャケット、3/4丈(クォーターレングス)ショーツと同様のマイクロミニリップストップ。


日常使いに嬉しい容量と荷物が詰まったときのボリューム感がスタイリングのポイントへと昇華させてしまう。軽快な生地感である為、普段使っている鞄に忍ばせておくのもオススメ。


さて駆け足でのご紹介となりましたが、今回もdipらしいアイテムを多くラインナップしておりますので、百聞は一見にしかず。是非体感して頂ければと思います。


また、週明けの3/11(月)20:30〜当店ビームス プラス 原宿ビームス メン 渋谷のInstagramアカウントにてインスタLIVEを行います。本コレクションのディレクションを行ったビームス メン 渋谷のスタッフ中尾、BEAMS PLUSバイヤーの金子、柳井が登壇予定となっております。ここでしか聞けない話もありますので是非ご視聴下さいませ。

それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!



↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。


潜水艦用作業上着。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


普段は土曜日に担当をしていますが更新出来ておらず。。

清野に代わって本日お届け致します。


さて、早くも季節は3月に。心なしか「寒さ」の中にも春らしい陽気を感じる様になった気がします。


3月といえば出会いや別れの季節。前職のヘアメイク業を離れ、元々好きだった洋服を勉強しようとアルバイトとしてビームスに入社。かれこれ気が付けば3/1で丸6年の時間が過ぎ去っている事実に今朝気が付きました。


長かったような短かったような。年齢を重ねるに連れ、1年という時の短さをひしひしと感じます。


ビームス社内でも人事異動が騒がれる時期でもあり、私が古巣のビームス 町田から、ここビームス プラス 原宿に異動してからもう2年。


この2年で沢山の出会いがありましたが、7年目の今年はどの様な出会いがあるのか。柄にもなく今から気分が高揚してしまいます。


そんな今回は早速こちらのアイテムをご紹介して参りたいと思います。



REMI RELIEF×BEAMS PLUS/別注MILITARY NAVY JACKET
カラー:OLIVE、NAVY
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥35,800(税込)
商品番号:38-18-0562-671

ショート丈のブルゾンが気になる昨今。

所謂ミリタリーカテゴリーとなると頭に浮かぶものはフライトブルゾンのようなものでしょうか。


同じミリタリーブルゾンでも今回注目したのは「U.S. NAVYのサブマリンジャケット」。


所謂デッキジャケットのようなルックスでありながら、甲板での作業を目的とした防寒着としてのそれとは異なる。その名が示す通り潜水艦内での着用を目的としたジャケットである為、程良くライトな肉感。



オリジナルはコットンサテンですが、今回はハイカウントのコットンナイロンを使用。春夏シーズンに着用し易い軽快な生地感は長い夏を控える現在の日本に於いて幅広い着用シーンに適応してくれる。


そこにREMI RELIEF十八番の硫化染めを施しヴィンテージウェアのような表情を表現。今回の別注の為に開発したオリジナルの色付けを行う事でより小慣れたムードを演出。


生産背景に自社工場を持つREMI RELIEFだからこそ成せる業とでも言いましょうか。化学薬品による無理な退色を促す従来の方法とは異なり、古着が持つ経年変化の原理に着目した独自の手法である為自然な風合いが特徴。


袖を通したその日から小慣れた印象を演出出来る点は我々にとって嬉しいポイントの一つ。



襟部分やステッチ周りなどに生まれるパッカリングの表情もまた秀逸。勿論、着用を繰り返せば更なる変進開花(経年変化)が見込め、より味わい深い風合いに。


そしてオリジナルを踏襲した比翼ボタンとジップを備えたミリタリーウェアらしい前立てのディテール。着用シーンによってボタンだけやジップだけと個の特性を活かした着こなしも可能にしてくれる。インナーにカットソーを着用した際に襟元のボタンのみを締めたAラインを強調したスタイルは非常に私好み。



またREMI RELIEFというと細身でスッキリとしたフィッティングを思い浮かべる方も少なくないかと思いますが、今回は昨年ビームス プラス 有楽町(現丸の内)で開催したオーダーイベントにて人気を博したデッキジャケットのフィッティングを採用。




従来に比べゆとりが設けられたボクシーなシルエットは様々なアイテムとのレイヤードを自由に楽しむ事も可能にしてくれます。



更に裾に配したドローコードでシルエットの調節も叶え、幅の広い着こなしに適応。



また袖口にはドットボタンを配し、シャーリングの仕様に。春夏らしくTシャツの上にサラッと羽織るような軽快な着こなしも様になります。



今回私はMサイズを着用。インナーにはシャンブレーシャツ、スウェットシャツ、ワークジャケットをレイヤードしてもまだゆとりを感じるサイズ感。


アイテムの出自を活かし、U.S NAVYの作業員を意識したスタイリング。セーラーハットやデッキシューズなど武骨でありながら軽快なムードも併せ持つアイテムのコンビネーションを楽しみました。


カラー展開は既出のネイビーの他、オリーブもご用意しております。


よりデッキジャケットらしいムードを感じることの出来るカラーリング。勿論、アルパカファー等は付いていない仕様の為、軽快な着用感。


またこのカラーリングの持つ、粗野で男らしい印象。ラギッドなアイテムとのコンビネーションも良し。



こちらはスタッフ佐藤がSサイズを着用。2人してセーラーハットを着用したのはやはりU.S NAVY由来のアイテムだからでしょうか。全体をアースカラーで統一し、男らしい印象でありながら、ポイントのホワイトのセーラーハットが海風や白い雲を連想させてくれる。スタッフ佐藤らしいコーディネーションに。


大好評を博したBATONERのオーダーイベントも幕を閉じ、ここからより本格的に春を意識した洋服選びが始まるシーズン。年々暑い時期が長くなるこれからの時期にオススメのブルゾンとなっておりますので是非一度、お試し頂ければと思います。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!











↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。


箱型細格子柄背広。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


今週は様々な出来事があり。。月曜日のTeam'96のAll Night BEAMS PLUSの放送でもお話しましたが週末の日曜日にはビームス プラス 丸の内のスタッフ坂本と「オードリーのオールナイトニッポンin東京ドーム」へ参戦。


リトルトゥースとしては興奮間違いなしの大イベント。多くのファンがいる番組である為、限られた席数を勝ち取るべく約1年前から大奮闘。第4次抽選までもつれ込み、最後の最後見切れ席(一部演出が観えない可能性のある席)ではございますが、何とか2席確保。この日を今か今かと待ち侘びておりました。


当日現地に辿り着くと「果たしてドーム内にこの人数が収容出来るのか?」と疑念を抱くばかりの人だかりが出来ており、入場まで40分近く。その後お手洗いに行くのにも同じ程の時間が掛かる程の大盛況振り。


いざ本番が始まるとリスナーであれば皆がグッとくる内容と粋な演出が相まってこれ以上ない最高にトゥースな一日となりました。


また「何かを極めた人が真面目にふざける姿」というものにとても心打たれ、私もその様な大人になるべく日々奮闘して参りたいと思います。


さて、そんな今週は春を超えて初夏のような気候と真冬を感じさせる気候が入り乱れる1週間。

私も春夏シーズンの始まりに伴い一度仕舞ったダウンジャケットを引っ張り出す始末。


とは言えやはり気分は「春」。


そんな春となれば着たくなるのがセットアップ。

毎シーズン定番ものからそのシーズンに特化したセットアップと様々な提案をしておりますが、今回はこちらをご紹介して参ります。



BEAMS PLUS / 3B Box-Fit Jacket TR Plaid
カラー:BEIGE、OLIVE
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥44,000(税込)
商品番号:38-16-0418-887


今シーズン新たに登場したBOX FITのセットアップ。

春夏シーズン定番のコットンやシアサッカーなど様々なファブリックが店頭に並んでいます。



その中で私が注目したこちらのジャケットはポリエステルフィラメント糸とレーヨンスパン糸をMIXさせたオリジナルファブリック。


通常レーヨンと一言で聞くとしなやかで光沢感のある素材感を思い浮かべる方も少なくないとは思いますが、経糸のフィラメント糸(長繊維)の撚り方とハイカウントな打ち込みにより程良くハリのあるタッチ感に。そこにスパン糸(短繊維)と呼ばれる糸をMIXする事で光沢感を抑えた天然繊維ライクなルックスを表現。更に仕上げに特殊な後加工を施しサラッとしたマットな質感を実現しています。


天然繊維のものをご愛好頂いている方も多いかと思いますが、60s当時、今程物資が普及していない時代に代替品としてこうした合成繊維が使われていた背景もあり、そうした「日常感」を感じられるスポーツコート(ジャケット)もまたアメリカンカジュアルなスタイルを表現するには必要不可欠なピースであると私は考えています。


また着用した時の軽快さは段違いに軽く、暖かい日が多い昨今の日本に於いては活躍してくれる幅も非常に広いです。



最大の特徴と言えば身幅、肩幅にゆとりを持たせたNEW FIT。我々に馴染み深かったこれまでのスポーツコート(ジャケット)と比べるとよりボクシーなシルエットが強調されており、アメリカらしさ溢れる野暮ったさを感じることが出来る。


更に言えば昨今気分なリラックスしたフィット感のあるアイテムとのバランスもより良くなり、着こなしの幅を広げてくれるのも嬉しいポイント。



それに合わせて着丈もやや長めに。ザックリとしたシルエットである為、カットソーなどでラフなコーディネーションがオススメ。セットアップに挑戦したいけれどカッチリし過ぎるのは。。なんて我儘も叶えてくれます。



とは言えショルダーラインや袖口など抑えるべきポイントはしっかりと抑えている為、タイドアップをしたアメリカントラディショナルな着こなしにもしっかりと対応してくれる懐の深さには脱帽。


馴染み深いアキミセ切羽なしの袖口などアメリカンな簡易的ディテールは健在。


やはりアメリカンスタイルなスポーツコート(ジャケット)に3パッチポケットは外せない。ウエスト部分にはフラップの付いた仕様にすることでコンフォータブルに見え過ぎない工夫もされており、非常に良い塩梅に。




BEAMS PLUS / IVY Trousers Wide PE Plaid
カラー:BEIGE、OLIVE
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥28,600(税込)
商品番号:38-23-0133-887

先程からセットアップというワードを連呼しているのでこちらもご紹介。



こちらも実はNEW FITのIVYトラウザーズ。BEAMS PLUSでIVYトラウザーズと言うと9/10丈のスッキリとしたシルエットが印象的ですが、スポーツコート(ジャケット)と合わせたワイドなシルエットが特徴。


お馴染みのサイドアジャスターは質素倹約なIVYリーガーらしいムードを感じさせてくれるが、尾錠は排除しソリッドなルックスに。

フロントデザインもプレーンフロントである為、解釈次第で様々な着こなしにも対応してくれる。単品での登板回数が増えてくることも予感させてくれます。




カラーはBEIGEと既出のOLIVEの2色でリリース。BEIGEはアメリカントラディショナルなムードをより強く感じる事が出来る。ハウンドトゥースを連想させるマイクロプレイドの柄行は主張が強過ぎず上品な振舞いを演出してくれます。



そして私着用のOLIVE。所謂ビームス プラス 原宿らしい雰囲気を感じる事の出来るカラーリング。カットソーやモカシンなどラフなアイテムとの相性も抜群。アース系カラーで統一したややラギッドなムードでのスタイリングがオススメ。


因みにH.178cm、W.60kgの私で上下共にMサイズを着用しておりますのでご参考に。


春らしい軽快さとアメリカらしいムードを確と感じることの出来るBEAMS PLUSのNEWセットアップ。冒頭でも触れたように他にも様々な生地でリリースしておりますので是非お気に入りの一着を見つけてみて下さい。



そして昨日から当店で開催しておりますBATONER CASHMERE COWICHAN SWEATER ORDER FAIR。ヘビーカシミヤを用いた重厚感溢れるルックスと軽快な着用感とのギャップを感じる事が出来ます。百聞は一見にしかず。このイベントのみのスペシャルなアイテムになりますので是非一度ご来店、体感して頂ければと思います。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!











↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

万能真鴨。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


今週は春らしい空気を感じる日がちらほら。年間のうちでも寒さをしっかりと感じる「2月」。しかしながら既にご紹介している様に、春夏アイテムの入荷に伴い、いち早く春を感じる環境である為、こうした日は気分を高揚させてくれます。


週明けには20℃近くまで気温が上昇するとの予報もあり今から待ち遠しく思う事もありながら、時折見せる冬の残り香との戦いに肝を冷やしております。


またこの気温差が激しい時期の洋服選びに迷う朝もしばしば。


そんな本日はこの時期に嬉しいこちらのアイテムをご紹介して参ります。



FILSON / FIELD FLANNEL SHIRT
カラー:ソノタ_1
サイズ:S、M、L
価格:¥24,200(税込)
商品番号:38-11-0722-704


今回はFILSONからフィールドシャツをご紹介。


先ずはインパクトのある「マガモ」のプリント。

アウトドアウェアらしいムードを感じることの出来るマガモが所々にあしらわれており、存在感を抜群に感じる事が出来る。



更にアウトドアムードが根強い昨今に於いて雰囲気の演出を可能にしてくれる事は勿論、チノやジーンズ、ミリタリーパンツなど我々の所有するパンツどれを合わせても決まってくれる汎用性の高さが魅力。



背景のブルーも所謂ブルーやサックスではなく、ややスモーキーな色合い。曇天に反射した湖の水面を表現したと思われるが、個人的にはクラシックなムードを感じさせてくれる良いカラーリング。


故に派手さはそこまでないというのもまた一つポイントなのかもしれない。


素材は7ozと中肉な質感のコットンフランネルを使用。微起毛によるマットな手触りがついついクセになる。またややリラックスしたフィットと相まって、インナー使いは勿論の事、シャツジャケットのようなアウターとしての着用をも可能にしてくれる。



そしてベースの型はミリタリーのフィールドシャツ。象徴的なフロントのフラップポケットも非常に実用的。身軽に出掛けたいこれからのシーズンには小物をいれるのにもぴったり。



またボタンは強度に優れたメラミン樹脂ボタンを使用。アウトドアウェアとして着用出来る堅牢なディテールはFILSONならでは。


そうした点で言うと防縮加工を施していたりと気兼ねなく着用出来るのも嬉しいポイント。一見、ヴィンテージライクなルックスではあるもののリアルアウトドアなシーンでの着用を考えられたディテールは日常使いもし易い。

その為御自宅の洗濯機でのお手入れを可能にしており、ふとした時に手が伸び、愛着が湧き易い。長く着用する上で個人的に大切な要素の一つかと思います。

またそれにより、着込んでいくうちに経年変化を見込めよりヴィンテージらしいルックスへの変貌もまた楽しみである。




更にカフス部分はサイズ調整を可能にするなど小回りの効いたディテールもさり気なく気の利いた嬉しいポイントも。


さて、今回H.178cm、W.60kgの私でサイズMを着用。



まずはインナー使い。ブラウンダックのベストやノンパレイルブラウスでラギッドなムードに。程良いゆとりとリラックスしたフィットが昨今のボリューム感とベストマッチ。


インナー使いすると面積が減る為、当然マガモの柄は控えめな印象に。



そして既載のシャツジャケットとしての着用。

インナーにはシャンブレーのワークシャツとアイテムチョイスは然程変わらず。しかしこれだけの印象を変える事が出来、文字通りユーティリティな使い勝手の良さに脱帽。シャンブレーの生地との微妙に異なるカラーのコントラストを楽しむ事が出来ます。


昼夜の気温差が大きい今日。そんな時期にぴったりなユーティリティプレイヤーなシャツ。そしてラギッドな印象も演出出来るとなると中々ないのではないでしょうか。夏以外の3シーズンと年間を通しても活躍シーンは多い筈。是非お試し頂ければ幸いです。


そして話は変わりますが、来たる2/23(金)〜3/3(日)まで初の試みとなるBATONERのカスタムオーダーイベントが開催となります!気になるアイテムは最高級のヘビーカシミヤを用いたカウチンニット。厳選された素材使いに定評のあるBATONER。こうしたイベントは同ブランドでも初との事で老若男女問わず楽しめるイベントになっております!


詳細は近日中にUP予定のニュースページからご覧下さいませ。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!











↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

米軍作業服。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


さて、本日からは毎シーズン恒例のKAPTAIN SUNSHINEのオーダーフェアが開催。


上質な素材使いとジャパニーズメイドならではな精巧なモノづくりに定評のあるKAPTAIN SUNSHINE。当店でも毎日世界中のファンが来店され、お求めになられています。


本イベントはこの時期にどこよりも早く秋冬のアイテムを実際に手に取り受注を承れるスペシャルなイベント。普段BEAMS PLUSでは展開されていないアイテムを含め一同にご覧頂けますので、是非ご来店をお待ちしております。


そんなKAPTAIN SUNSHINE欲が高まっている本日はこちらの商品をご紹介して参ります。



KAPTAIN SUNSHINE / 35 Baker Denim Pants
カラー:INDIGO
サイズ:36、42
価格:¥38,500(税込)
商品番号:38-24-0289-086


1935年にU.S.ARMYにて支給されていたベイカーパンツをモチーフにした一本。


旧式のシャトル織機にてゆっくりと時間をかけて織り上げられたセルビッジ仕様のデニム生地。




特殊な紡績方法を用いて織立てられたデニム生地は緯糸にリネンをブレンドする事で通常のデニム生地とは異なるライトな肉感が特徴。更にネップ感のある表情が粗野な雰囲気を演出してくれると共に独特な凹凸感を表現。


また不純物を取り除いたピュアインディゴと呼ばれる合成染料を用いている為、染めムラのない鮮やかなインディゴを感じる事が出来る。そこに先述のネップが組み合わさる事で上質さと粗野さの一見相反する印象を伺う事が出来る。




またベイカーパンツ「らしさ」と言えば両サイドに設けられた印象的なパッチポケット。白糸にて表現されたダブルステッチが質実剛健な佇まいを表現。最初はインディゴとのコントラストがハッキリとした表情であるが、着用を繰り返す事で馴染んでいく様も非常に楽しみである。


右側にはウォッチポケットが配されており、昨今では使われる事が少ない懐中時計を入れる為のディテールはクラシックなムードをより加速させてくれている。




そして何よりこのモデルの最も象徴的なポイントである「バックルバック」。

後にU.S.NAVYの所謂「巻きパンツ」でも採用されてくるこのディテールはベルトレスでの着用も可能にしてくれる。



ワタリ幅やヒップ周りは大きくゆとりを設けたストレートなシルエットを採用している事も由来し、このバックルバックを縛ることでこのモデルらしい独特なバックスタイルを表現する事が出来る。


昔から「出来る男は後姿もカッコいい」と相場は決まっており、その言葉を見事体現していると言っても過言ではない。




またレングスも長めの設定になっている為、大きくターンナップし武骨さを強調して頂くのがオススメかと。





またジーンズブランドを思わせる「KAPSUN&CO. OUT FITS」の刻印。「KAPTAIN SUNSHINE」ではなく「KAPSUN」と愛称である点が非常にユニークであり、デザイナーの児島氏の作り込みの深さと遊び心を垣間見る事が出来る。



さて、今回私はBEAMS PLUS新作のマウンテンパーカと組み合わせスタイリング。H.178cm、W.60kgの私でサイズ42をチョイス。アイテムの持つ武骨さとゆとりのあるシルエットを活かす為、バランス感を意識しました。


続々と仕入れのアイテムも入荷しておりますので、気になるアイテムがございましたら、是非お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。


(画像をタップして頂くと詳細をご確認頂けます。)


またKAPTAIN SUNSHINE ORDER FAIRは2/13(火)までの会期となりますので、是非ご覧頂ければと思います。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!











↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。

綿麻米海軍作業着。

こんばんは、ろまんす吉澤です。


先週は流行病によりお休みを頂いておりました。その為通常土曜日担当ではございますが、チェック神本に代わり本日のブログをお届け致します。


さて、大雪に見舞われた昨夜。原宿も例に漏れる事なく一面銀世界に。近年稀に見る大雪により交通網にも混乱が見られ、本格的な冬の到来を実感。


幼い頃は積雪に心躍り、休み時間には雪合戦が楽しみの一つでありましたが、大人になった今足元の凍結に恐れ慄く事が増え、心の成長(単なる老化かもしれないが)を感じさせます。


しばらくは路面の凍結に注意しながら、日々過ごしていきたいと思います。


さて、そんな冬を感じる昨今ですがビームス プラス 原宿では春物が大方を占め、新シーズンの到来を感じられる店内に。


職業柄2月半ばに春シーズンがスタートし、寒い寒いと口にしながら春物と通年物を駆使しスタイリングを組む事が楽しみな時期。


そんな中、今回私が気になるこちらのアイテムをご紹介して参ります。


BEAMS PLUS / コットン リネン ミリタリー チョア ジャケット
カラー:SAND、MELON
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥30,800(税込)
商品番号:38-18-0472-791

BEAMS PLUSからミリタリーチョアジャケットをリリース。


初めてリリースしたのは2年程前でしょうか。ミリタリーのチョアジャケット=カバーオールジャケットは1940sのU.S NAVYのものを由来に持ち、本来はヘリンボーンツイルによる武骨なルックスが特徴。



しかし、今回は太さの異なるエジプト産超長綿とリネンを交互に織り立てる事により生まれる独特な凹凸感が特徴。よく見るとオレンジとやや淡めなイエローの糸が交錯しており、奥行きのある表情が魅力。


そこにタンブラー加工を施し、ふっくらとした柔らかなタッチ感が春の気分ともとてもよくマッチしてくれます。



また通常ドーナツボタンを使用している所を今回はライトな質感に馴染み易いホーンボタンへとアレンジ。

実はカラーリングによってボタンのトーンも変わっているのも細かなポイント。



そしてチョアジャケットらしい3パッチのポケット。左胸部に携えたペン差しなどヴィンテージを踏襲したディテールとウエスト部分には現代的な利便性を備えたダブルポケット。


ロマンと実用性を兼ね備えたディテールはこのジャケットの最大の魅力。



またカラーリングの名称も非常にユニーク。MELONと名付けられたこちらのカラー。レスキューオレンジ、はたまたハンターオレンジなど様々着用シーンを連想させてくれる。オリーブグリーンのミリタリーパンツとのコンビネーションは好相性。また単純にやや淡めに表現されたオレンジである為、春夏らしい軽快なカラーリングと合わせても良しと汎用性に優れたカラーリング。



そしてもう一色がSAND。こちらはブラウンと生成りが交錯したカラー。ナチュラルなカラーはミリタリーチノは勿論、デニムなど武骨なトラウザーズと合わせたい。ややグレージュっぽい見え方も出来る為、クールにモノトーンを主軸にしたコーディネーションも面白いかと。



今回私はMELONをチョイス。H.178cm、W.60kgの私でMサイズを着用。ワイドなシルエットである為、余裕を持ってリラックスしたフィットで着用頂けます。


MELONのカラーリングに合わせてブラウンやカーキ、ベージュで馴染ませ、シャンブレーシャツとのカラーコントラストを楽しみました。


そろそろ本格的に春夏も立ち上がり、気になり始める軽アウター。是非こちらも合わせてご確認頂ければと思います。


それでは今週はこの辺で。

まーた来週〜!











↑こちらのページで日々スタイリングなどもUPしております。是非お気軽にフォローも宜しくお願い致します。


↑店舗のInstagramも更新しております。こちらもフォロー、いいね宜しくお願い致します。