タグ「柴田雅章」の記事

新年に届いた、柴田雅章さんの器

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

<fennica>でのお買い物が皆様にとって楽しいひとときとなりますよう邁進してまいります。

本年も変わらぬお引き立て、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


新年にとても素敵な器が届きました。


<丹波焼>の伝統とスリップウェアを活かした独自の作陶を続けていらっしゃる柴田雅章さんの器です。


兵庫県丹波篠山の豊かな自然に囲まれた、美しい暮らしから生まれる柴田さんの器。


丹波の土、灰釉、松薪、登り窯、薪炎と自然の産物が柴田さんの手によって一体となり、その野趣に富んだ風合いから、命が宿るような力強さを感じます。


fennica STUDIOにて2021年春に開催した「柴田雅章と3人の弟子たち展」から早3年が経とうとしている新春に、表情豊かな作品が並びました。


柴田雅章 手付水差
カラー:飴釉抜紋
価格:¥66,000(税込)
商品番号:56-71-0766-132



柴田雅章 手付水差
カラー:黒釉押紋
価格:¥88,000(税込)
商品番号:56-71-0765-132







柴田雅章 手付水差
カラー:白釉流描
価格:¥55,000(税込)
商品番号:56-71-0767-132





柴田雅章 四方皿
カラー:飴釉スリップウェア
価格:¥77,000(税込)
商品番号:56-71-0770-132





柴田雅章 丸皿
カラー:飴釉スリップウェア
価格:¥27,500(税込)
商品番号:56-71-0771-132











柴田雅章 ミルクピッチャー
カラー:黒地流描、掛分流描、白地流描Ⅰ、白地流描Ⅱ
価格:¥19,800(税込)
商品番号:56-71-0768-132













柴田雅章 マグ
カラー:呉須釉鎬手、白掛鎬手、飴釉掛分筒描、飴釉流描
価格:¥22,000(税込)
商品番号:56-71-0769-132













柴田雅章 デミタスカップ&ソーサー
カラー:白地飴釉流描、黒地飴釉流描、白掛流描
価格:¥13,200(税込)
商品番号:56-71-0773-132











柴田雅章 八寸皿
カラー:白掛流描
価格:¥24,200(税込)
商品番号:56-71-0772-132





柴田雅章 小皿
カラー:灰釉流描
価格:¥5,500(税込)
商品番号:56-71-0775-132





柴田雅章 楕円小鉢
カラー:飴釉流描
価格:¥6,600(税込)
商品番号:56-71-0774-132



写真から柴田さんの器が持つ凛とした佇まいが伝わることと思います。ぜひ直に見て触って、日々の暮らしで使っていただけたら。

使うことでまた感じることのできる魅力をお愉しみください。


ご紹介した柴田雅章さんの器は、BEAMS JAPANにてご覧いただけます。

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 / TEL:03-5368-7304

ご来店心よりお待ちしております。


Mori


ブログ内に記載の価格は、記事公開時のものであり、変更する可能性がございます。

柴田雅章と3人の弟子たち展-最終日-

『柴田雅章と3人の弟子たち展』、早いもので新宿での開催は本日が最終日となりました。

柴田雅章さんと、柴田さんの心を受け継ぐ七尾佳洋さん、栗田荘平さん、大塚誠一さん。

4名の作品が一堂に揃う、またとない貴重な機会。実際に見ること、触れることで感じ取れる力強さ、美しさをぜひご堪能いただきたいです。
















会期のはじめに急遽お店にいらしてくださった栗田さん、大塚さん。直接お伺いできたお話は店頭でお伝えできればと思います。



『柴田雅章と3人の弟子たち展』に並ぶ一部商品は、オンラインショップでもお求めいただけます。また、作り手の思いや土地の雰囲気が感じられる特集ページもございます。外出が難しい状況下ですので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


◼︎fennica things vol.8 | 柴田雅章と三人の弟子たち 特集ページはこちら

◼︎展覧会に並ぶ器の一部はこちらからもご覧いただけます。 商品ページはこちら

◼︎BEAMS JAPANでは、店舗から直接代引き配送を行う「スグ配!」サービスもスタート。


店舗に在庫があり都内近郊への配送であれば、最短で翌日着指定が可能です。(※状況によりご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。)お電話にてご案内いたします。[TEL:03-5368-7304]



『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)※4/25(日)〜当面の間、12:00-19:00の短縮営業とさせていただきます。
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)※4/25(日)〜当面の間、臨時休業とさせていただきます。再開が決まりましたらまたお知らせいたします。


_______________

本日5/9(日)まで「BEAMS CLUB ダブルポイントキャンペーン」を開催中!

また、4/20(火)より楽天ポイントカードサービスもご利用いただけるようになりました。 詳しくはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Mori

柴田雅章と3人の弟子たち展-ローカルフード-

『柴田雅章と3人の弟子たち展』では、作り手の暮らす土地ならではのローカルフードもご用意しています。

ラインナップは特集ページでもご紹介した兵庫 丹波の<岩茶房丹波ことり>、<山名酒造>、滋賀 長浜の<山路酒造>。今回はこちらをご紹介します。



岩茶房丹波ことり

<岩茶房丹波ことり>は柴田雅章さんの娘である小谷咲美さんがオーナーのカフェ。中国皇帝の残した稀少なウーロン茶“岩茶”を柴田さんの器で楽しむことができます。


今回ご用意した武夷岩茶は、マスカットのような香りが人気の“ 鳳凰水仙”、優雅な世界広がる華やかな岩茶“白牡丹”、武夷四大名茶の1つで古木の深みを感じる“水金亀”の3種。

また、香ばしいごまときなこの風味が広がる花型クッキーも並んでいます。


<岩茶房丹波ことり>鳳凰水仙
価格:¥1,500(税込)
商品番号:66-82-0247-922

<岩茶房丹波ことり>白牡丹
価格:¥1,500(税込)
商品番号:66-82-0248-922

<岩茶房丹波ことり>水金亀
価格:¥1,200(税込)
商品番号:66-82-0249-922

<岩茶房丹波ことり>ぽろっとミックス
価格:¥621(税込)
商品番号:66-82-0251-922


カラフルなことりビスケットは早々に完売。なんとも愛らしいですもんね。誠にありがとうございます。


岩茶をご自宅で本格的に楽しみたいという方には、ぜひ柴田さんの岩茶器セットを。力強い器と香り高い岩茶、ゆっくり贅沢な時間を過ごせることと思います。


<柴田雅章>飴掛分岩茶器
価格:¥38,500(税込)
商品番号:66-99-5354-132



山名酒造

日本でも有数の有機栽培地区である丹波市の酒米と、蔵内から湧き出る神池寺山伏流の天然水を使用する1716年創業<山名酒造>。


<山名酒造>奥丹波
価格:¥1,650(税込)
商品番号:66-82-0239-924

<山名酒造>森の蜜酒/梅
価格:¥990(税込)
商品番号:66-82-0241-924

<山名酒造>自然酒△雨酒
価格:¥2,475(税込)
商品番号:66-82-0240-924


なめらかな口当たりと優しく香るフレーバーが特徴の純米吟醸“奥丹波”、“奥丹波”をベースに国産の梅果汁を贅沢に使用した“森の蜜酒”、低温発酵で醸す優美な香りと抜群のキレの良さが特徴の純米大吟醸“奥丹波 自然酒△雨酒”のラインナップです。



山路酒造

1532年創業<山路酒造>。木之本一帯に桑原が広がっていたことから、桑の葉ともち米、麹を焼酎に漬けた桑酒が誕生。今もなお伝統的な桑酒作りを続けています。


<七尾佳洋>ゴブレット
価格:¥3,520(税込)
商品番号:66-86-7945-028

<山路酒造>桑酒120ml
価格:¥770(税込)
商品番号:66-82-0235-925

<山路酒造>桑酒900ml
価格:¥1,925(税込)
商品番号:66-82-0236-925


麹の働きで糖化した自然の甘味が特徴のリキュールはモヒートにして飲むのもおすすめ。七尾さんのゴブレットでいただきたいですね。


桑の葉を入れたサクっと食感のクッキーと、桑酒のみりん粕をたっぷり練り込んだ塩味クッキーも。お酒が苦手な方にはこちらをお試しいただきたいです。


<山路酒造>桑の葉クッキー
価格:¥430(税込)
商品番号:66-82-0237-925

<山路酒造>みりん粕の塩クッキー
価格:¥430(税込)
商品番号:66-82-0238-925



つるやパン

そして、こちらのブログでご紹介した、<つるやパン>。パンはご好評のうち完売しましたが、まるい食パンラスクは引き続きご用意していますよ。


<つるやパン>まるい食パンラスクミニ6種
価格:¥600(税込)
商品番号:66-82-0244-923


ぜひ4名の作り手による作品と共に、それぞれの暮らす土地ならではの空気を感じていただければと思います。

感謝の気持ちを込めた母の日の贈り物にもおすすめですよ。



『柴田雅章と3人の弟子たち展』に並ぶ一部商品は、オンラインショップでもお求めいただけます。また、作り手の思いや土地の雰囲気が感じられる特集ページもございます。外出が難しい状況下ですので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


◼︎fennica things vol.8 | 柴田雅章と三人の弟子たち 特集ページはこちら

◼︎展覧会に並ぶ器の一部はこちらからもご覧いただけます。 商品ページはこちら

◼︎BEAMS JAPANでは、店舗から直接代引き配送を行う「スグ配!」サービスもスタート。


店舗に在庫があり都内近郊への配送であれば、最短で翌日着指定が可能です。(※状況によりご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。)お電話にてご案内いたします。[TEL:03-5368-7304]



『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)※4/25(日)〜当面の間、12:00-19:00の短縮営業とさせていただきます。
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)※4/25(日)〜当面の間、臨時休業とさせていただきます。再開が決まりましたらまたお知らせいたします。


_______________

4/28(水)-5/9(日)までの期間「BEAMS CLUB ダブルポイントキャンペーン」を開催中!

また、4/20(火)より楽天ポイントカードサービスもご利用いただけるようになりました。 詳しくはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Mori

柴田雅章と3人の弟子たち展-作陶の源-

お陰様でご好評いただいている『柴田雅章と3人の弟子たち展』。初の師弟展で数多く取り揃えていることもあり、じっくり選ばれる姿が印象的です。誠にありがとうございます。


本展では4名の作り手の作品はもちろんのこと、作陶の源となる貴重な私物をお借りした展示も見どころなんです。

インスピレーションを受けたものや、影響を受けた人やものなど。作り手の根幹を知ることで、作品の見え方が一段と広がります。


柴田雅章さん

書籍「工藝 第25号 スリップウェア特集」で初めてスリップウェアを目にし、大きな衝撃を受けたという柴田さん。

後に目白の「古道具坂田」にて手に入れたという英国の18-9世紀頃のスリップウェアは、特集ページでも書かれていた、柴田さんがスリップウェアを作りはじめる原動力となったものです。


精霊と共に生きる人々と呼ばれるピグミー族のタパ(腰巻布)。ご自身の作品とアフリカンフォークアートが並ぶご自宅も印象的でしたよね。「大宇宙の下で畏れや祈りと共にある者の身体を通して生まれた不思議な紋様。私たちに大きな示唆を与えてくれている。」


七尾佳洋さん

小学生時代にブロックやプラモデルばかり作っていたという七尾さん。モノ作りの原点はここにあったのですね。(STAR WARS©& TM Lucasfilm Ltd.)


アフガニスタンの鉢は、弟子時代に大阪日本民芸館の展示主任をされていた柴田さん手伝いで得たバイト代で購入したという思い出の鉢。大らかでゆったりとした柔らかい印象は目指す仕事でもあるのだそう。


予備校時代までは染色を目指し、今でも布が大好きで集めている七尾さん。このマーシュアラブの刺繍布は本展を素敵に彩っています。


栗田荘平さん

自分で持っておかねばと思い切って購入したという江戸時代末期の<丹波焼>。一人で仕事をしていると自分勝手にモノを作りがちになるそうですが、その戒めとしても傍に置いているのだそう。


三つの鍵は寄宿生活塾はじめ塾で教わった大切な言葉。そして自身の焼き物で飲みたいNo.1というムジカティー。栗田さんのやわらかな色目の器には紅茶が似合いますもんね。


大塚誠一さん

幼い頃にお父様や<大誠窯>の職人から身近な材料でモノ作りを学んだという大塚さん。お父様に作って貰った木製ピストルは今5歳の息子さんの手に。こうしてまたモノ作りの精神が自然と受け継がれていくのでしょう。


濱田庄司の丼や李朝の刷毛目皿、種子島の片口などは、古陶磁器がお好きな大塚さんならではですね。修行時代に京都の骨董屋で“清水買い”した刷毛目皿は、買うと決めてから世界が変わったという大切な一枚。



作り手それぞれの内面が垣間見える私物の展示。種類は違えど、みなさんやはりモノが好きで、若き日に手に入れた器に心を揺さぶられ、その後の作陶に大きな影響を与えたのだなと感じることができます。

そして今度は、4名の作り手の作品が、私たちの暮らしに気づきや彩りを与えてくれることでしょう。


店頭ではお借りした私物に対するみなさんのコメントをまとめたものもお渡ししておりますので、作品と共にお楽しみください。



『柴田雅章と3人の弟子たち展』に並ぶ一部商品は、オンラインショップでもお求めいただけます。また、作り手の思いや土地の雰囲気が感じられる特集ページもございます。外出が難しい状況下ですので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


◼︎fennica things vol.8 | 柴田雅章と三人の弟子たち 特集ページはこちら

◼︎展覧会に並ぶ器の一部はこちらからもご覧いただけます。 商品ページはこちら

◼︎BEAMS JAPANでは、店舗から直接代引き配送を行う「スグ配!」サービスもスタート。


店舗に在庫があり都内近郊への配送であれば、最短で翌日着指定が可能です。(※状況によりご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。)お電話にてご案内いたします。[TEL:03-5368-7304]



『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)※4/25(日)〜当面の間、12:00-19:00の短縮営業とさせていただきます。
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)※4/25(日)〜当面の間、臨時休業とさせていただきます。再開が決まりましたらまたお知らせいたします。


_______________

4/28(水)-5/9(日)までの期間「BEAMS CLUB ダブルポイントキャンペーン」を開催中!

また、4/20(火)より楽天ポイントカードサービスもご利用いただけるようになりました。 詳しくはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Mori


柴田雅章と3人の弟子たち展-始まりました-

連日ご紹介していた『柴田雅章と3人の弟子たち展』、本日より始まりました!


兵庫県・丹波篠山にてスリップウェアを中心に作陶を続ける陶芸家の柴田雅章氏と、そこに師事した七尾佳洋氏、栗田荘平氏、大塚誠一氏、3名を一堂に迎えた、初となる師弟展です。 これまでのブログはこちら


早速、店内の様子をご覧いただきましょう。









作品に加え、アイデンティティが感じられる私物の展示や、それぞれが暮らす土地ならではの食品も販売します。






急遽追加の陶器をもって大塚誠一さんがいらしてくださる場面も。




直接お伺いできたお話はまたブログでご紹介させてくださいね。



一部商品は、本日よりオンラインショップにて販売を開始しました!また、作り手の思いや土地の雰囲気が感じられる特集ページもございます。外出が難しい状況下ですので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


fennica things vol.8 | 柴田雅章と三人の弟子たち 特集ページはこちら

展覧会に並ぶ器の一部はこちらからもご覧いただけます。 商品ページはこちら



『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)※4/25(日)〜当面の間、12:00-19:00の短縮営業とさせていただきます。
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)※4/25(日)〜当面の間、臨時休業とさせていただきます。再開が決まりましたらまたお知らせいたします。


_______________

4/28(水)-5/9(日)までの期間「BEAMS CLUB ダブルポイントキャンペーン」を開催中!

また、4/20(火)より楽天ポイントカードサービスもご利用いただけるようになりました。 詳しくはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Mori

柴田雅章と3人の弟子たち展-柴田雅章さんの器-

柴田雅章さんと3人の弟子たち展』、今回は展覧会に並ぶ柴田雅章さんの器をご紹介いたします。


柴田さんは豊かな自然が広がる兵庫県の丹波篠山に移り住んで約50年。<丹波焼>の伝統とスリップウェアを活かした独自の作陶を続けています。


<fennica>ディレクター エリスと北村がはじめて柴田さんのもとへ訪れたのが20年以上前のこと。

柴田さんのパワフルな作品と美しい暮らしに魅了された二人の自宅には、日々の暮らしを彩るように柴田さんの器が並びます。



家で過ごす時間が長くなり、日常的に花を生ける方も増えたのではないでしょうか?

エリスは柴田さんの力強い器に、茎を長めにとった花をダイナミックに生けています。素敵ですね。


今回展覧会に向けて製作したフライヤーにも、柴田さんの水差しを選ばせていただきました。




<柴田雅章>飴掛分押紋水差し
価格:¥132,000(税込)
商品番号:66-87-7959-132






丹波の土、灰釉、松薪、登り窯、薪炎…と、自然の産物に柴田さんの手によって吹き込まれた命。実物を目の前にすると本物の持つ力に圧倒されます。

フライヤーには柴田さんの言葉、「美しい日常の器を作るために必要なことは、技術よりも美しい暮らし。」と記されています。




こちらの写真は、2019年冬にエリス達が柴田さんのもとへ訪れた際の写真。

22年間大阪日本民藝館の展示主任も務めておられた柴田さん。日本家屋にご自身の作品と型染暖簾や藍染布、アフリカのフォークアートとが並べられ、見事に調和しています。

この美しい暮らしから生まれた美しい器。


<柴田雅章>糠釉紋押鉢
価格:¥44,000(税込)
商品番号:66-99-5345-132





<柴田雅章>飴筒描抜蓋物
価格:¥99,000(税込)
商品番号:66-87-7930-132








<柴田雅章>呉須釉紋押角鉢
価格:¥44,000(税込)
商品番号:66-99-5346-132




<柴田雅章>白黒釉流掛湯呑
価格:¥14,300(税込)
商品番号:66-99-5364-132

<柴田雅章>呉須飴釉湯呑
価格:¥14,300(税込)
商品番号:66-99-5367-132

<柴田雅章>飴釉流掛描マグ
価格:¥17,600(税込)
商品番号:66-99-5357-132



<fennica>では2016年より柴田さんの器をスリップウェア中心にご紹介しておりますが、この通り展覧会では様々な技法の器が揃います。

手に取っていただくお客様へお伝えしたいことをお伺いすると、「先入観なしにじっくりと物と対面して欲しい。物の持つ力を感じるように。」とのお言葉をいただきました。


もはや説明など必要ないかもしれません。柴田雅章さんの手から生み出された美しい器の数々をぜひご堪能ください。


作り手の思いや土地の雰囲気が感じられる特設ページや、一部会期と同時にオンラインショップにて販売を開始する商品ページもございます。外出が難しい状況下ですので、あわせてご覧いただけますと幸いです。


fennica things vol.8 | 柴田雅章と三人の弟子たち 特集ページはこちら

展覧会に並ぶ器の一部はこちらからもご覧いただけます。 商品ページはこちら



『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)OPEN ※4/25(日)〜当面の間、12:00-19:00の短縮営業とさせていただきます。
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)OPEN 11:00-20:00


_______________

4/28(水)-5/9(日)までの期間「BEAMS CLUB ダブルポイントキャンペーン」を開催いたします。

また、4/20(火)より楽天ポイントカードサービスもご利用いただけるようになりました。 詳しくはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Mori

柴田雅章と3人の弟子たち展-いよいよ来週から-

こちらのブログでもご紹介しました、『柴田雅章と3人の弟子たち展』。

いよいよ来週新宿からスタートと、会期が迫って参りました。


本展のフライヤーも店頭に到着しております。




今回が初となる師弟展。4名の作り手を1つの展覧会を通しご紹介するとあって、それぞれのプロフィールを一つに束ねる形としました。


嬉しいことに、SNSでの告知を見て会期前とご存知ながらご来店くださるお客様も。

これらの写真は、現在BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIOにてご覧いただける器です。


柴田雅章さんの器






七尾佳洋さんの器






栗田荘平さんの水注






大塚誠一さんが七代目をつとめる<大誠窯>の器



ただいま店舗では、展覧会に向け絶賛準備中でございます。

次回は展覧会に並ぶ器をご紹介いたしますので、どうぞお見逃しなく。




『柴田雅章と3人の弟子たち展』

[東京 新宿]BEAMS JAPAN 5階 fennica STUDIO
会期:4/29(祝・木)-5/9(日)OPEN 11:00-20:00
[兵庫 神戸] BEAMS KOBE B1階
会期:5/22(土)-5/30(日)OPEN 11:00-20:00

※営業時間が変更となる可能性がございます。予めご了承くださいませ。



Mori

『柴田雅章と3人の弟子たち展』お弟子さん達の暮らし

皆様こんにちは。


あっという間に4月ですね。


今月末から開催のイベント準備をしている最中ですが、

自分でも楽しみで仕方ありません。

本日は柴田先生が指導した3名のお弟子さん達についてご紹介させてください。


まずは一番弟子の七尾佳洋さん。

七尾さんは現在、滋賀県の長浜市にて作陶をされています。




一番弟子とあって、今回の企画展のリーダー的役割を担ってくれています。
とても知識が深く、しかし難しい言葉を使わずわたしにも分かりやすく色々とお話してくれる姿がとても印象的でした。



このように楕円のお皿に贅沢に和菓子をのせて。


七尾さんの器は和も洋も似合います。個人的に購入した楕円皿はいつもカレーを食べるのに使用しており、大変気に入っています。

二番弟子は栗田荘平さん。

栗田さんは柴田先生と同じ土地に住み、兵庫県の丹波篠山市にて作陶をされています。





高校卒業後に渡米され、大学まで卒業。その後柴田先生に師事されます。

当時は髪も長く、今とは全然違う印象だった!と七尾さんや柴田さんからも聞きました。
その話をご本人にすると照れ臭そうに笑っておられました。


とにかく明るくて元気なお子様が3人いて、いつも賑やかな栗田家。
エリスともすっかり仲良しでした。




栗田さんの器の色はとても優しい色味で、コーヒーよりも紅茶を煎れたくなる器だな~なんて、個人的にも発見がありました。

最後のお弟子さんは大塚誠一さん。


現在は栃木県の益子にて作陶されています。


大塚さん一家はヤギやアヒル、鶏など、多くの動物たちと共に暮らしています。

自然と近い生活スタイルは、東京で暮らすわたしにとってはとても羨ましいものでした。






大塚さんはご自身でも色々と骨董品など古いものを沢山集めておられ、その部屋を見せて頂きましたがとても静かで力強いものが沢山ありました。

それはご本人の作品にも表れているように感じます。



今回久々に大塚誠一さんの器が沢山納品されるので、とても楽しみです。




3名様ともいつも作品を取り扱わせて頂いていますが、今回のように多くの作品を一度に見て頂けることは初めてです。

このような機会はなかなかないので、ぜひ楽しみにお待ちくださいね!



Kikuchi Yuri









『柴田雅章と3人の弟子たち展』開催致します!

皆様こんにちは。

本日は来月に行うイベントのお知らせをさせてください。


--------------------------------------------------------------

柴田雅章と3人の弟子たち展


兵庫県・丹波篠山にてスリップウェアを中心に作陶を続ける陶芸家の柴田雅章氏と、そこに師事した七尾佳洋氏、栗田荘平氏、大塚誠一氏、3名を一堂に迎え、初となる師弟展を開催いたします。作品に加え、アイデンティティが感じられる私物の展示や、それぞれが暮らす土地ならではの食品も販売します。ぜひこの機会に作り手の作品や想いをご堪能ください。


会期:2021年4月29日(木)~5月9日(日)

会場:ビームス ジャパン5F(fennica STUDIO)

会期:2021年5月22日(土)~5月30日(日)
会場:ビームス 神戸



---------------------------------------------------------------

こちらのイベント、実は去年の4月からの開催予定でしたが、
緊急事態宣言を受けて今年に延期し、やっと開催ができることとなりました。


それぞれの作り手さまのご紹介はぜひこちらのfennica thingsをご覧下さい。




2019年に柴田雅章さんのご自宅にお邪魔した時の様子です。


取材でもお話してくださいましたが、

「美しい日常の器を作るために必要なことは、技術よりも美しい暮らし」という柴田先生の言葉がとても体現されている、静かで美しい暮らしがそこにはありました。



季節の花を飾り、季節の食べ物を味わう。お茶を煎れて火鉢を囲む。昔から当たり前に過ごしていた穏やかな時間を今どれだけの人が過ごすことができているでしょうか。
そんなことを考えさせてくれる作品が今回は新宿と神戸に沢山届きます。

柴田先生の話す言葉は何気なく話されていますが、焼き物の世界に留まらない、生きることについてのヒントが沢山ありました。

大きく時代が変わろうとしているこの中で、ぜひそのヒントに多くの人に触れて欲しいと願います。





Kikuchi Yuri