タグ「ローファー」の記事

Barbourな季節

こんにちは。中井です。

タイトルの通り、Barbourが着たい季節が来ました。


たくさん入荷していますが、今回はその中から好きなアイテムを一つご紹介します!



Barbour SL BEDALE ブラックウォッチ

品番:21-18-0224-197

カラー:ブラックウォッチ

サイズ:34,36,38,40,42

価格:¥49,000+税

定番のBEDALEの、ブラックウォッチです。

もちろんオイルドジャケットで、今期にぴったりの柄と雰囲気です。



個人的にはタイドアップで、ジャケットのように着たいですね。




もちろんニットとも相性抜群です!

チェック柄も抑えめなので、柄物が苦手な方でも気軽に着用できます!

総柄はちょっと苦手な方、是非一度着てみて下さい!



つぶやき


来月、荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋へ行く為にジョジョの奇妙な冒険を読んでいるのですが、本当に熱い。何故今まで2部までしか読んでいなかったのか。自分にオラオラしたい気分です。

一番好きなスタンドは?と聞かれると正直絞るのは難しいですが、エアロスミスが好きですね〜

ジョジョ好きな方、是非お話ししましょう!



こんな感じで最後に一言つぶやいていきます笑

お暇な方は是非、読んでみてください笑


それでは!





今日は犬押しジャックです

こんにちは。中井です。

先日のお休みに中華そばを食べに行きました。


中華そばきくまというお店で、メニューは中華そばとおにぎりのみ。

シンプルな味ですがとても美味しかったのでまた行こうと思います!ラーメンお好きな方、是非調べて行ってみてください。



さて、本日もStile Latinoのご紹介ですが、本日はなんと犬飼にブログがジャックされました!笑

ということで、本日は犬押し!スタッフ犬飼のオススメアイテムをご紹介いたします!




Stile Latino オーバーチェックジャケット

品番:21-16-0929-977

カラー:ライトブラウン

サイズ:42〜52


こちらが犬飼オススメのジャケット。チェック柄が目を引きます。




生地感も軽く、着心地も抜群です。


こちらのジャケット、黒、白、ボルドー、ベージュの4色でチェックが施されており、一見派手ですが色が拾いやすく、モードな雰囲気でもコーディネートを楽しめるのが犬押しポイントです。




個人的にはこんな感じのシックな合わせが好きですね。



いかがでしたでしょうか!

次回はビームス 広島のダークホース、渡邉のオススメアイテムをご紹介いたしますので、お楽しみに!それでは!



解説動画でバイヤー西口がリコメンドする靴(ローファー編)

こんにちは。

随分前に下書したまま公開するのを忘れていました。

中村動画の中で西口がリコメンドしているローファーです。


























商品番号:21-32-0003-232

商品番号:21-32-0007-232

物凄く柔らかくて春夏にさらっと履いて頂けるローファーです。いかがでしょうか?


<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズのルーツ

こんにちは。長友です。先週の靴のブログご覧頂けましたでしょうか。

(先週ブログ:この暑い時期ならではのスリッポンシューズ)

今日は、同じように<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズをご紹介致します。

言わば、先日の続編とでも言いましょうか。。。。


1989年10月に発行された雑誌BRUTUSの表紙です。

その中にこの【<BEAMS F>40周年を記念した特別復刻シューズのルーツ】が隠されています。


その前に、弊社クリエイティブディレクター中村のこちらのブログをお読みください。

こちら→https://ameblo.jp/beams-class/entry-12356681772.html

そうです。今日ご紹介するのは、こちら。

CROCKETT & JONES / 別注 GAVIN カーフ エプロンフロントローファー

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320138502/


CROCKETT&JONESのエプロンローファー。何故、エプロンと称するかはその形をご覧頂き想像ください。


先ほどのブログの中で、弊社中村はこう説明しております。

アンラインドで甲に飾りのないシンプルなスリッポンです。私がこの靴を始めて見たのはBEAMSでバイトを始めた80年代中頃。当時先輩たちが履いていた英国の伝説のブランドCROLLA(クローラ)のスリッポンでした。当時先輩たちがデニムやテーパードしたプリーツパンツに合わせていたクローラのスリッポンは、英国のデザイナーズブランドなど全く知らなかった新人の自分にとって、とてもインパクトのある靴でした。(中略)その数年後、ロンドンにあるPOULSEN SKONE(ポールセン スコーン)のレディーメイド(既製品)の靴をBEAMSが日本で初めて展開することになり、そのサンプルの中にクローラとラストもデザインも全く同じスリッポンがあったことから、「クローラのスリッポンは実はポールセン スコーンが作っているのではないか」という憶測が社内で起こりました。当時クローラのスリッポンはスタッフの間でとても人気があったので、BEAMSで展開するポールセン スコーンのコレクションの中に、このエプロンフロントのモデルは当然入ることになります。因みに、クローラのスリッポンだけでなく、当時のポールセン スコーンのレディーメイドの中にはEDWARD GREENのDOVERと全く同じUチップもありました。その後、BEAMSで初のポールセン スコーンのビスポーク オーダー会が開催されるのですが、当時来日していたJOHN CARNERA(ジョン カネーラ)とGEORGE GLASGOW(ジョージ グラスゴー)に「何故他のブランドとそっくりなモデルがポールセン スコーンのレディーメイドにあるのか」と質問したところ、「我々はビスポークの靴は自分たちで作るが、レディーメイドは他のファクトリーで作っている」という答えでした。つまり、ビスポークシューメーカーのレディーメイドや様々なブランドのオリジナルの靴は自社工場ではなく、ノーザンプトンの量産のできるファクトリーで作られていて、ポールセンスコーンの場合はエプロンフロントはクロケット&ジョーンズ、Uチップはエドワード グリーンで作っているという事をその時始めて知ることになります。(中略)

今では英国靴の裏事情は、靴マニアでなくても洋服や靴が好きな人であれば誰でも知っているようなことですが、80年代中頃のファッション業界ではほとんど知られていませんでした。60年代に誕生し、BEAMSではクローラ→ポールセン スコーン→クロケット&ジョーンズと、80年代から90年代の英国ブームを経て2018年に復活したこのシューズ。単に昔のモノを復刻させただけでなく、あくまでも今の流れに合っていることが復刻に至った理由です。

アメリカの雰囲気を持つ英国靴で、今のイタリアの服にも合う。まさに、今の流れに合う靴であることは間違いありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

29年前のその雑誌のページはこのような文言が並びます。


堅牢で実用性に富んだ英国の靴

名実ともに正解の最高峰に位置する

・・・・・・と、このページ内で英国靴を称しています。


この復刻シューズに魅了されたスタッフも多いのです。商品ページのフォトログもこのように充実しています。



BEAMS F ディレクター西口のスタイリングも多様です。

https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/53895/


https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/64130/


https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/76938/



中村の説明にあるように

単に昔のモノを復刻させただけでなく、あくまでも今の流れに合っていることが復刻に至った理由です。

アメリカの雰囲気を持つ英国靴で、今のイタリアの服にも合う。まさに、今の流れに合う靴であることは間違いありません。


ですね。


この暑い時期ならではのスリッポンシューズ、他にスエードもございます。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320139502/


この暑さが終わり、残暑→初秋にも良いですね。

それでは、また。


長友

この暑い時期ならではのスリッポンシューズ

こんにちは。長友です。

蒸し暑い灼熱の日が続きますね。


そんな時には、スリッポンタイプの靴を楽しみたいものです。


Brilla per il gustoページでご紹介しているスリッポン一覧です。

https://www.beams.co.jp/tag/ltop_180410_brilla/


そんな中から僕のお勧めはこちら。


20年近く前にBEAMS F で取り扱っていた、George Cleverleyのクラシックローファーと呼ばれているローファーです。この写真の靴は、私の私物ですが40周年を迎えたBEAMS Fレーベルから復活展開されています。多くの先輩も愛用し、今なお愛され活用している往年スタッフも数多くいますが、若い世代のスタッフにも支持されています。


こちらのように多くのスタッフがご紹介しています。

アシスタントバイヤーの芹沢もこのように、足元を掲載していますよ。

https://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/27834/


商品ページの情報はこんな感じです。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/shoes/21320136949/

卓越した技術力で世界中に名を馳せる、英国発祥の老舗シューズブランド<GEORGE CLEVERLEY(ジョージクレバリー)>より、<BEAMS F>40周年を記念してベストセラーが特別に復刻しました。ビスポークモデルだったクラシックローファーを90年代前半にレディメイドで世に広め、<BEAMS F>定番のシューズとして人気を博していた当時のディテールを忠実に再現しています。高い耐久性を生む英国靴ならではのグッドイヤーウェルテッド製法に、足を優しく包み込むアンラインドカーフを採用することで質実剛健を体現。ビスポーク由来の美的感覚を宿した、世代を越えて愛される傑作です。


良いですね。


他に、個人的に狙っている夏シューズがございます。しかもセール中です。

<ART OF SOULE(アートオブスール)>のエスパドリユです。https://www.beams.co.jp/item/brilla_per_il_gusto/shoes/24310003868/?rid=921

夏らしいカラフルな同タイプのシューズが多い中、シックで落ち着いたカラーのストライプが魅力です。今のうちに買っておかないとなくなりそうな予感です。今なら税込みで¥4.406。他商品と複数点数購入するとセール品は、更に10%OFFのファイナルセール中ですので、更にお買い得です。




今日はこの辺りで。

また明日お会いしましょう。


長友

エレガントな足元

こんばんは、芹沢です。


弊社のスタッフはほとんどと言っていい程履いている、ローファー。

中でも、CROCKETT&JONES(クロケットアンドジョーンズ)のタッセルローファー、

CAVENDISH(キャベンディッシュ)はスタッフお客様ともに大人気のアイテムです。


カジュアルだけでなく、

ドレススタイルにも使える(スタッフだけかもしれませんが...)ローファーは

今や1家に1足というくらい、お持ちの方も多いのではないでしょうか。


そんなローファー、ちょっとエレガントな面持ちのものが登場致します。




弊社西口や安武がInstaguram等で履いていて

既にご存じの方もいらっしゃるでしょうか。

ベルジャンシューズ。

ヨーロッパ貴族の室内履きからインスパイアされたシューズで、

トゥの部分にパイピング、甲の部分にリボンやタッセルなどが付いたデザイン、というもの。


「ベルジャンシューズをベースによりエレガントなドレスシューズを作りたい」というデザイナーの考えから誕生したのが、今回ご紹介するこのローファー。

この2人が履いているのは

Baudoin&Lange(ボードインアンドランジ)】というブランドです。

元EDWERD GREENの職人が手掛けるシューズは、

世界一美しいベルジャンシューズとも言われています。








上品なカジュアルスタイルやパーティーシーンなど、

使いどころは様々です。





Baudoin&Lange今夏、発売予定です!

入荷数も少ないため、完売必至ですよ。


気になる方は是非予約を。


それでは本日はこの辺りで。


芹沢

Special Item!

こんばんは、芹沢です。


先日はビームス ハウス 名古屋の1周年記念で

弊社中村クリエイティブディレクター、

西口ディレクター、高田バイヤーによる

トークショー。

そして今週金曜日には

BEAMS JAPANの2周年記念イベント【宴】。


4月は各地で周年イベントが開催されています。

これも偏に皆様のおかげと感謝申し上げます。

誠にありがとうございます。


その周年記念が大阪のお店にも。

ビームス ハウス 梅田が今年で5周年。


その5周年を記念して、弊社でも大人気のブランド

CROCKETT&JONES(クロケットアンドジョーンズ)

より、こちらの商品を先行発売致します!




人気モデル、〈BOSTON2




ラスト376のフルライニング。

グットイヤーウェルテッド製法です。




そしてここがスペシャル。

バーガンディのスコッチグレイン。




革の感じも色合いも、

非常にカッコいいですよ!




CROCKETT&JONES BOSTON2 Special
カラー:Burgundy
サイズ:5,5.5,6,6.5,7,7.5,8,8.5
価格:¥76,000+税
商品番号:21-32-0150-502


カーフとはまた違った表情。

バーガンディってところもツボですね。




ビームス ハウス 梅田にて

4/26(木)より先行発売!


このスペシャルな機会に是非、

いかがでしょうか?


それでは本日はこの辺りで。


芹沢

Tricker's

こんばんは、芹沢です。


桜が咲き始め、

お花見シーズンになってきましたね。


毎年、

お花見はしたいと思っているのですが

なんせ花粉症なもので。

長時間の外出は少し億劫なんです...。


今年も通勤途中の桜で

我慢することになりそうです。




それでは本日のご紹介。




イギリスの老舗Tricker'sから

新規展開モデルの

【M7956】ローファーが到着致しました。




弊社のカタログにも掲載されていたことから、

気になっていた方も

いらっしゃったのではないでしょうか。



アメリカ的要素を取り入れた

ビーフロールローファー。




360度グッドイヤーウェルト製法。

耐久性も◎。

程良いボリューム感もあって雰囲気良しです。




カーフはブラックとブラウン、




Tricker's / カーフ ビーフロールローファー
カラー:BLACK,BROWN
サイズ:5,5.5,6,6.5,7,7.5,8,8.5
価格:¥75,000+税
商品番号:21-32-0003-232

Tricker's / スエード ビーフロールローファー
カラー:NEW BROWN
サイズ:5,5.5,6,6.5,7,7.5,8,8.5
価格:¥75,000+税
商品番号:21-32-0007-232

スエードはブラウンでの展開になります。




アンライニング仕様により

軽く柔らかな履き心地。

長時間歩行に適した

フレックスソールを使用しています。


革靴の履き心地って結構ポイントですよね。




こういった

武骨でアメリカンテイストなシューズが

イタリアではかなり履かれています。


実際に去年の6月のPITTIでも

洒落者達が履いているのがわかりますね。






テーパードの効いたプリーツパンツなんかと

相性良さそうですね。




ローファーのバリエーションも

増えてまいりましたよ。

クラシックさと時代の気分を融合させた逸品、

いかがでしょうか?


それでは、ご来店お待ちしております。


アメリカからの刺客

どうも、ABEです。

先週の予告どおり、ブログを更新する事ができました。

さて、今回はBEAMS Fとしては珍しい顔付きの仲間が入荷してきましたので、早速紹介させていただきます。


ALLEN EDMONDSのKENWOODというモデルです。

履き口の両サイドに配されたビーフロールから漂うアメリカンテイスト...大好物でございます。


こちら個人的にも入荷を心待ちにしていた商品でしたので、早速試してみたところ... インソールが土踏まずのアーチもサポートしてくれるような形をしているのに加えて、とにかくクッションが柔らかく、履き心地の良さを感じました。


恥ずかしながら、ALLEN EDMONDSは名前を聞いた事がある程度で、何のウンチクも持ち合わせておりませんでしたので、調べてみました。

1922年に創業し、一貫してアメリカ生産を続けている数少ないシューメーカーの1つでアメリカ国内ではかなりの知名度を誇り、歴代大統領でも愛用している方がいるとの事。


トランプさんも履くのでしょうか...。




靴の紹介だけでは少し寂しい気がしますので、それに付随するアイテムも紹介したいと思います。

バレンタインのギフトにも、ちょうどいいかもしれません。


ETTINGER シューホーン(くつべら)

BEAMSでは1999年から取り扱っている定番アイテム。1つあると便利な商品である事は間違いありません。


Drumohr INVISIBLE SOCKS

以前にもフォトログで紹介させていただいている靴下です。春の足音が聞こえてきたら買い時だと覚えておいて下さい。


では。

ABE