タグ「ヒットの予感18AW」の記事

ヒットの予感18AW<ダッフルコート>

こんにちは。長友です。少し間が空いてしまいましたこのシリーズ、第三弾はダッフルコート。

予感とは言え、すでに秋冬シーズン真っ只中なのでどちらかというとヒット商品の紹介になっちゃいます。カタログにも掲載され店舗スタッフも大プッシュしてますからね。



【DUFFLE COAT】

カタログでは以下のように解説しています。

どこか懐かしさを覚えるダッフルコートが、今季のキーアイテムに浮上。この一着はオーセンティックなデザインながら、柔らかなウールフェルト生地を採用しているため、軽やかな着心地です。ボルドーのニットやホワイトのジーンズなど、色使いによって若々しさを演出。


【カタログ掲載商品】

<BEAMS F>独自のサイズスペックと、アーカイブから選び抜いたダブルフェイスウールフェルト生地を採用したexclusiveモデル。

GRENFELL / 別注 BAKER ダッフルコート
価格:¥132,000+税
商品番号:21-19-0409-210





【カタログ掲載商品】

『英国の伝統的アイテムに新たな息吹を吹き込む〈ロンドン トラディション〉の新作。今季、注目のダッフルコートですが、フードを省略することで大人らしいエレガントな雰囲気に。ウールベースの素材はキャメル×オレンジのダブルフェイスで、保温性も申し分なし。』

LONDON TRADITION / ダブルフェイス ダッフルコート
価格:¥69,000+税
商品番号:21-19-0382-175

こちらはまだ未入荷ですが、着用画像(サンプル)は過去のフォトログで紹介しています。⇒https://www.beams.co.jp/photolog/beamsf/39191/

個人的に今期一番狙っているコートです。


続きまして、


cantate / 別注 ダッフルコート
価格:¥166,000+税
商品番号:21-19-0421-349

詳細はビームスEX 横浜ブログより詳細を確認できます。⇒https://www.beams.co.jp/blog/yex/30688/

熟練の職人による卓越した技術と高品質の素材を駆使した物作りで人気の<cantate(カンタータ)>と<BEAMS F>の協業で製作されたスペシャルモデル。過去の名品を徹底的に解析し、現代的なエッセンスを加えた男心くすぐられる逸品です。

このようにバリエーション満載です。力の入れようが分かりますね。


そんな最中にこんなイベントを開催します。

https://www.beams.co.jp/news/1160/


一番手前のダッフルはこちら、このブログでカタログ掲載で一番初めにご紹介したモデル着用商品のGRENFELL / 別注 BAKER ダッフルコートです。

入荷したばかりですが、既に大人気商品です。

https://www.beams.co.jp/item/beamsf/coat/21190409210/


イベントは今月21日(日)まで。【開催店舗】ビームスF ビームス ハウス 丸の内 ビームス ハウス 神戸 ビームス公式 オンラインショップ。さらに会期に合わせ、長い歴史の中から選りすぐられたアーカイブモデルも登場します。お楽しみに。

ヒットの予感ならず、ヒット商品の紹介になっちゃいました。過去のヒットの予感シリーズも是非チェックしてみてください。タブカラーシャツやMACKINTOSHをご紹介しています。⇒https://www.beams.co.jp/blog_label/beamsf/?hashtag=18402


こちらもフォローお願いしますね。https://twitter.com/BEAMSF


長友

ヒットの予感18AW<タブカラーシャツ>

こんにちは。地味にフォトログ再開しています。

長友です。

さて、第二回目の【ヒットの予感18AW】シリーズ参ります。シリーズ化ということは前回が(※)好評だったからです。

タイトルの通り今回はタブカラーシャツについてです。

まずはイメージ!

BEAMS Fディレクター西口のinstagram(※こちら)より。是非フォローしてください。参考になる着こなしが盛り沢山ですよ。


実際に入荷している商品はこちら。↓


左から

BEAMS F / シャンブレー タブカラーシャツ
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-1046-563

BARBA / グラフチェック タブカラーシャツ
価格:¥28,000+税
商品番号:21-11-0611-607

ERRICO FORMICOLA / オックスフォードストライプ タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0781-264

ERRICO FORMICOLA / タッターソール タブカラーシャツ
価格:¥25,000+税
商品番号:21-11-0783-264


現在、公式サイトで取扱い中のタブカラーシャツ一覧→(※クリック)

ちなみにセール品でも少しございます。→(※クリック)


タブカラーシャツについては、80年代半ばから後半にかけて人気があった襟型で、昨今のクラシックスタイル復権によってアップデートしてきたスタイリングに欠かせなくなってきております。それを予感したスタッフやバイヤーが昨年あたりから徐々に自身のファッションに取り入れるようになり、今季は欠かせないアイテムとして今までにないほどバリエーションを揃えます。

昨年の冬のPITTI会場でのBrilla per il gustoバイヤー高田も、オリジナルのタブカラーを着用していました。



今期既に入荷しているものの中で、多くのショップがディスプレイに使用しているのが、<ERRICCO FORMICOLA(エリッコフォルミコラ)>のこちら。

商品番号:21-11-0783-264


ニットジャケットにジレとアーカイブ調のペイズリータイ。格好良いですね。こちらの使用アイテムはブログ下の(紹介アイテム)を御確認ください。


タブカラーと言えば、80年台後半から90年後半まで取り扱っていた英国のシャツメーカーがこぞって採用していたビエラ生地を思い出します。<PETER & MAGEE(ピーター&マギー)><ALEXANDER RADCLIFF(アレキサンダーラドクリフ)><JERMYN STREET SHIRT-MAKERS(ジャーミンストリートシャツメーカーズ)><Stephens Brothers(スティーブンブラザーズ)><BOWRING ARUNDEL(ボーリングアランデル)><CLEEVE of LONDON(クリーブオブロンドン)>などなど。私、45歳になりますが若手スタッフの多くが存在さえ知らないブランドかも知れませんが、同年から先輩スタッフ・上司には懐かしくてたまらないブランドだと思います。本当に、皆着ていましたら。着倒すほどに着ていました。

綾織りで起毛しているビエラの生地は、本当に温かくで丈夫で。少しくらいチクっとしても、それが英国らしくで我慢出来たものです。懐かしい・・・・

当時のビエラ生地のように起毛はしていませんが、懐かしくも有り目新しくも感じるタッターソールと、タブカラーシャツが18AWの【ヒットの予感】です。


今日は、少し尻切れ・・・・ですが、ここまで。

気に入って頂けたら、長友フォローとブログお気に入り登録お待ちしております。


ではでは。

ヒットの予感18AW<MACKINTOSH>

題して、ヒットの予感シリーズ始めようと思います。気の向くまま勝手にすみません。

長友です。

そんなタイトルでスタートするシリーズ第一弾は皆様ご存知MACKINTOSH(マッキントッシュ)です。

商品番号:21-19-0355-118

今日現在サイト上ではSOLDOUT表示となっていますが、近日中には入荷予定です。

この画像を見て、えっ何かの間違いじゃないのと思われているお客様がいるのなら、かつてはゴム引き(ラバーライズ)素材のコートのイメージからでしょう。勿論今もブランドでは生産していますが、現在は、よりタウンユースでファッショナブルなコートが充実しています。


デニムです。ステッチ効いてます!トレンチです。これだけでアズーロエマーロな一品です。別注です。

画像寄ります。

詳しくは、BEAMS Fアシスタントバイヤー芹沢が解説しています。→https://www.beams.co.jp/blog/beamsf/26478/


プリーツパンツ、モックネックニット、フェアアイルニット(←これに関してはまた後日)ガンクラブやグレンプレイド柄のジャケット、タッセル&ビットローファー、ネッカチーフ、キャンバススニーカーなどとコーディネートが色々浮かびます。


その他の別注MACKINTOSHはこちら。別注MACKINTOSHの全てがご覧頂けます。https://www.beams.co.jp/search/?label=0021&brand=001026&q=%E5%88%A5%E6%B3%A8&search=true

商品番号:21-19-0353-118


商品番号:21-19-0352-118


商品番号:21-19-0343-118


こちらのガンクラブチェックのステンカラーコート。昨日のCINQUANTA同様に、僕のハートを射止めたものです。サンプルが到着してすぐに袖を通しちゃいました。ややシルエットも大きめで柄もさることながらダンディーです。

エクリュカラーのコーデュロイパンツを合わせたくなります。ちなみに昨日のCINQUANTA→(※)の上にボタンを掛けず羽織っても格好良いと勝手に思っています。


いかがでしょうか?勝手に【ヒットの予感シリーズ】。お気に召されたらお気に入り登録お願い致します。好評でしたら継続しますね。

では、昨日ブログの<CINQUANTA(チンクワンタ)>情報解禁をお楽しみに。

長友