タグ「nosuitsnolife_beams」の記事

<SEALUP>こばスタイリング25

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。




本日は私のスタイリングをご紹介。




ネイビーでまとめたスーツスタイルに。<SEALUP>のベルテッドコートを合わせました。




立体的なタブカラーとポルカドットタイが新鮮なVゾーン。

フロントボタンを閉めても襟のロールが綺麗に出るのが、良いスーツの証。




ネイビーソリッドに同色のアイテムでベーシックかつタイトにまとめたスーツスタイルに対して




オーバーサイズのベルテッドコートをウエストを絞ってメリハリをつけて着用しました。


最小サイズが多いガリガリボーイの私ですがコートに関しては46を着用。




ラグランスリーブで柔らかな生地と仕立てだからこそオーバーサイズでもサマになるんですね。



<SEALUP>ヘリンボーンベルテッドコート
カラー:GREY/NAVY
サイズ:42〜50
価格:¥125,000+税
商品番号:21-19-0387-343




<SEALUP>のヘリンボーンバルカラーコート。柔らかくも、ズッシリと本物感のあるヘビーウェイトの生地はBEAMS別注。


特別な<SEALUP>です。




ラグランスリーブにベルテッド。更に少し長めの着丈。今の気分にぴったりのアイテム。




ウェイトのある生地にヘリンボーン柄。非常に英国的な雰囲気のある生地を柔らかく仕上げました。




私の様にスーツスタイルにはもちろん。




ジャケットパンツスタイルにも。


ブリティッシュな生地で柔らかい仕立て。

「無骨なのに色っぽい」

この相反するテイストを絶妙な塩梅でMIXした最高のコートを是非。





そして11/15(木)〜11/25(日)の期間でアウターフェアを開催致します。


本日ご紹介した<SEALUP>も対象。


一部対象外もございますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせください。


それではご来店お待ちしております。




お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。

<中村塾>part3

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。




弊社ディレクター中村による社内勉強会「中村塾」





part1

part2

ではジャケットを作る上でのこだわりをご説明致しました。






本日はパンツについて解説していきます。










⚫︎小股



綺麗に切れ上がった小股は、パンツを作る上で特にこだわっています。



パンツの裏側を見るとウエストから股ぐりにかけて生地を割っていますが、股ぐりは生地を割らずにシックを甘く着けています。



また、生地がズレない様にミリ単位で縫製し、柄も揃える事でシワの無い綺麗な小股になります。

小股が切れ上がっていると足が長く見えます。










⚫︎脇線



側面に膨らみが出ないように足に綺麗に沿っています。

この2つが良いパンツの絶対条件。


BEAMSではこの2つのポイントに特に力を入れています。











⚫︎適正な股上




股上の深さにはセオリーがあります。

ウエスマンの下が腰骨に乗る位置。ココが流行に左右されない適正な股上の深さです。




この位置が最も履きやすいパンツの股上。BEAMSではこの股上の深さを意識してパンツを生産しています。


















⚫︎立ち、座りのパターン




パンツには立ち型と座り型の2つのパターンがあります。




尻ぐりの生地を短くすればシワが入らず、立った時に綺麗に見える。しかし非常に座りづらくなります。

逆にココを長くすれば座りやすいがシワが出てしまう。




立った時でも座った時でも綺麗に見える様に、この中間を狙ってパンツを作っています。











⚫︎S字パターン




日本人はO脚の人が多い特徴があります。

ふくらはぎが当たってシワになってしまう為、アイロンでS字になるようにクセ取りしています。




画像の絵の様に、若干ですがS字に生地を曲げて足に沿う様にしています。




また、ふくらはぎが当たるとシワが出てパンツのシルエットに影響が出てしまう為、裾幅を詰める場合は、ふくらはぎに当たらない様に気をつける事が重要です。













⚫︎マーベルト




マーベルトとは腰裏に着くパーツです。人間の体は曲がっている為、マーベルトにスリットを入れる事で動きやすくしています。




スリットが入る事で、綺麗なシルエットを保ちつつ動かしやすいパンツになります。

この様な部分にも非常にこだわって作っています。















⚫︎縫い代



BEAMSのパンツの最大の特徴です。
内側の片面の縫い代を余分にとる事で、修理で大体1サイズ分生地を出す事が出来ます。



BEAMS以外の既製服ではほとんどありません。体型が変わっても履き続けられる様に配慮しています。


もともとはビスポークのテーラーが行なっている手法で、弊社ディレクター中村が工場に依頼したのが始まり。

今ではBEAMSのパンツは全てこの仕様になっています。



不均等な縫い代で生地を縫うのは非常に大変なのですが、時代や体型の変化に応じてシルエットを変える事が出来る仕様がBEAMSのこだわりです。














BEAMSは、毎シーズンミリ単位で微調整を加えて、着心地やシルエットの良さを追求しています。


また、見えない所には特にこだわり、長年着用して頂けるスーツを目指しています。




10年20年と長年着用するサルトリアのスーツと同じ考えで作るスーツ。


お値段以上の価値があります。

是非一度、お近くの店舗に足を運んで頂きBEAMSのスーツをお試し下さい。








それではご来店お待ちしております。






お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。

<中村塾>part2

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。




弊社ディレクター中村による社内勉強会<中村塾>


前回は襟から肩周りについてご紹介致しました。(part1はコチラ。)






BEAMSのスーツのこだわりポイント紹介の続きです。











⚫︎胸のボリューム




前肩にスペースがあり、胸にボリュームがあります。

BEAMSでは柔らかい芯地を使っているにも関わらず胸のボリュームを出しています。




ウエストのシェイプと胸にボリュームがある事で、痩せている方でもセクシーに見えるジャケットが出来上がります。










⚫︎バルカポケット




船のように曲がっている胸のポケットをバルカポケットと言います。


装飾的な意味合いもありますが、丸みのある胸に対してカーブで添わせる事で美しい胸周りになります。






ボリュームのある所に曲がったものを付けるのは非常に難しいのですがBEAMSのスーツは全てバルカポケットを採用しています。












⚫︎前振りの袖




BEAMSのスーツは体に沿う様に前振りになるように袖付けをされています。




前振りにする事で何も干渉せずにシワのない綺麗な袖になります。


袖が前に付いている事でハンガーにかけた時に袖がシワになって見えます。





この"ハンガー顔"が悪いジャケットが、実は着心地を考えられている良いジャケットなんです。











⚫︎額縁とタタミの違い




インポートメーカーによく見られる袖の額縁仕上げ。生地を割ってミシンで縫い付けているのに対して、BEAMSのスーツは生地を綺麗に畳んで仕上げています。







額縁は余分な生地をカットしていますが、BEAMSのスーツは綺麗に畳まれている為、生地にダメージを与えずお直しが出来ます。



更に余りの生地が沢山あるので、袖の長さを多く出してお直しをする事が出来ます。





この仕様も約40万クラスのテーラードと同じ仕上げ。

見えない所に非常にこだわっています。










⚫︎本切羽




本切羽の意味について。

元々ヨーロッパではジャケットを脱ぐという事は下着と見せるという事でした。


そんな中、袖をまくる必要のある医者の為に考えられたのが本切羽です。




クラシコイタリアブームで既製服でも仕立て感を出す為に本切羽でボタンを外す着こなしが流行り今に至ります。



更にルーツを辿ると正しい切羽の数は2つ開け。

昔のイタリアでは仕立てのジャケットを自分の子供に引き継ぐ習慣があったそうです。





4つ全て開いていると、袖の長さが足りない場合に生地を出せない為、前2つ開けるのが正しい本切羽なんだそうです。


生地を出して、後ろ2つのボタンを前に持ってくるという事ですね。










⚫︎フロントカット




襟から裾にかけて「6」の数字の様に、綺麗に流れるフロントカットを意識してつくっています。


襟はふんわりと立体的にカーブしているのに対して、裾はアイロンで反対側に抑える事でこのような綺麗なフロントカットになります。




反り返らずに綺麗にロールを描く。
BEAMSのスーツは、この相反するものを1つの線の中でしっかり表現出来ています。










⚫︎お台場




ビスポークテーラーで良く見られる仕様。

玉縁に干渉せずに裏地を付け、裏地の交換が簡単に出来る仕様の名残で、BEAMSではディテールとして表現しています。



このお台場のカドの部分は、非常に作りにくいのですが、しっかりとカドを作り再現しています。ここにもBEAMSのスーツのこだわりが感じられます。








⚫︎芯地




BEAMSで使用している芯地は日本国内で生産し、材料はイタリアから輸入しています。


スーツのモデルによって最適なモノをチョイスし、接着ではなくハ刺しという縫製方法で縫い付けています。



芯地の主な材料は、バス芯と呼ばれる馬の尻尾の毛。モンゴル産です。1頭から約75cmしか取れない希少な素材です。


バス芯は人間のヒゲの様に、固く湿度に強い特性があるので、ボリュームが出やすく形を作りやすいのです。




見えない部分ではありますが、芯地に最高級の素材を使用する事で、経年劣化の少ない良いスーツが出来上がります。










⚫︎ボタン




コチラはナットボタンに使用されるタグア椰子の実。

着色がしやすく、生地に合わせてカラーを使い分けて使用しています。

BEAMS Fのスーツで使用されています。




コチラはホーンボタン。水牛の角です。

<Brilla per il gusto>のスーツで使用しています。







ご覧の通り、BEAMSのスーツの付属品は全て天然素材を使用しています。

見えない所や、細かい所にもこだわるのがBEAMSのスーツなんです。





次回はパンツのこだわりについてご説明致します。(part3はコチラ




お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。

staff styling<Stile Latino>

こんにちは。長友です。

前回のSNSキングのスタッフ<小林俊>紹介ブログ大好評でした。いつもお気に入り&フォロー有難うございます。


今日は、各スタッフが一押しの重衣料ブランド<Stile Latino>のスタッフスタイリングを一同にご紹介致します。

昨日5日~10月14日まで開催されるMORE VARIATIONもあり、開催3店舗もブログやフォトログで一同に紹介しておりますが、ここでは同ブランドのスタイリングを紹介したいと思います。


開催店舗のビームス ハウス 丸の内の北角。無類の同ブランド好きで、そのスタイリングは”今、旬”コーディネートがポイント。詳しくはこちら⇒https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/91105/



ビームス 広島の犬飼。BEAMS Fレーベルの投稿でもたびたび登場して来ますね。ベテランの雰囲気漂っています。お近くにお立ち寄りの際は、気軽にお声を掛けてみてください。画像ページはこちら⇒https://www.beams.co.jp/styling/beamsf/90248/



次に、ビームス ハウス 六本木の中野。落ち着いた優しい会話でお客様に寄り添ったご提案をするスタッフで私も2店舗で共に販売をしておりましたが、彼の洋服の多さは圧巻です。同じコーディネートになる日はないのでは?というスタイリングを毎日楽しませてくれます。


この彼らの属する3店舗が開催店舗です。


彼らのスタイリング以外のすべてのStile Latinoスタイリング一覧はこちらよりご覧頂けます。⇒https://www.beams.co.jp/styling/?hashtag=390

今期以外の商品も含まれていますが、是非参考にご覧くださいませ。


最後に僅かですがお店の様子。



こちらの公式サイトではイベント商品の殆どを紹介しています。開催店舗のお店の在庫も確認出来ますので参考にしてみてはいかがでしょうか。⇒http://bit.ly/2EaqfBo


次回はまた別のイベントをご紹介致します。お楽しみに、どうぞ。


長友

<中村塾>part1

こんばんは

ビームス  二子玉川の小林です。




本日は、BEAMSのスーツについてのお話。




先日は弊社ディレクター中村による「中村塾」へ参加して参りました。





BEAMSのスーツのこだわりを徹底解説。





前回作成したブログより更に深掘りしてポイントをご紹介させて頂きます。







先ずはジャケットについて。





⚫︎上襟




良いジャケットの条件として基本の基本として挙げられる首に吸い付く上襟。


襟の形に裁断する方法と、アイロンでクセをとり襟の形に曲げていく殺し襟という方法があります。



BEAMSのスーツは全て殺し襟をしています。




時間をかけて丁寧に襟を曲げる事で綺麗に首に吸い付く上襟が完成します。



現に殺し襟をしていないジャケットは首の後ろに隙間が出来てしまいます。





更にBEAMSのスーツは一枚の生地をアイロンで曲げて襟を作っています。


コレを一枚襟と言います。

襟の形に裁断した生地を繋げた二枚襟に比べ手間がかかります。




しかし、つなぎ目が無い事により生地のごろつきが無く首にピタっとフィットします。










⚫︎麻芯



次に、襟の芯に使われる芯地。

最高級のアイリッシュリネンです。


コットンの接着芯を使用している既製服が殆どですがBEAMSは天然素材にこだわっています。


一番コストダウン出来る箇所にも高級素材を使用。見えない部分にお金をかけるのがBEAMSのこだわりです。




約40万円クラスのサルトリアーレと同じ手法で同じ素材を使用しています。



何度クリーニングに出しても型崩れせず経年劣化させない為には、この様な見えない部分へのこだわりが非常に大切なんです。









⚫︎ゴージライン



上襟と下襟を繋ぐゴージライン

生地を割り、段差の無いフラットなゴージラインになる様に縫製されています。





生地を割るのは非常に大変。割った風に見せるスーツが多い中、BEAMSのスーツはしっかりと生地を割り熟練の職人の手でフラットに縫製されます。


フラットにする事で首に綺麗に沿う上襟となります。




何度も言いますが「細部や見えない部分にどれだけこだわるか」

ココをポイントにしてモノづくりに励んでいます。








⚫︎カラークロス




襟をひっくり返すと見えるカラークロス


多くのインポートメーカーがミシンを使用する中、BEAMSは着心地を重視し手縫いで仕上げています。




手でまつり縫いをする事で、より柔らかい着心地に仕上がります。


日本の職人さんは作業が丁寧なのでミシンで縫製した様な綺麗なステッチですが、しっかり手縫いです。






⚫︎肩のいせこみ




肩の前身の生地に対して、後身の生地を約8mm〜12mm多くしてあります。


余った後身の生地をアイロンワークで曲げて前に持ってくる事で、前肩で着心地の良い肩周りに仕上げています。



BEAMSのスーツは、この肩のいせこみを多くとっているのが特徴。

肩甲骨の出っ張りをカバーする為にも後身の分量は必要なのです。







⚫︎アームホール




*画像左が<BEAMS F> 右が<Cesare Attolini>



ご覧の通りアームホールは、楕円では無く「そら豆型」に設計されています。


前肩の部分にスペースを作る事で着心地の良さを向上させています。



人間の体に沿うように計算された「そら豆型」のアームホール


この形状が非常に重要なのです。







⚫︎アームホールのいせこみ




肩のいせこみ同様、アームホールもいせこみの分量を多くし綺麗なカミーチャを表現しています。


アームホール一周に対して約1.8cmもの生地を多くとって袖付けを行なっています。




前肩になるように生地を前に持って行っていせこむ事で体にフィットし着心地の良い肩まわりになります。




殺し襟をして、首にピタッとフィットさせ肩とアームホールのいせこみ分量を多くとる事で前肩のスペースを作ります。








全てが連動して綺麗なシルエット、着心地の良いジャケットが出来上がります。









次回は胸のボリュームの出し方からご説明致します。(part2はコチラ





お気に入り、フォローして頂くと投稿を簡単にご覧頂けます。


"アニキ降臨"総集編

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。



"ニコタマのアニキ"ことスタッフ中澤のスタイリングに迫る「アニキ降臨シリーズ」




トレンドを上品に取り入れた素晴らしいスタイリングで沢山の方に見て頂いています。



「アニキのスタイリングを制するものは今シーズンを制す。」

とかしないとか。



まだ春夏のお買い物で迷ってる方は、まずアニキのスタイリングをチェックしてみて下さい。



では「アニキ降臨」総集編参ります〜。





アニキ降臨9

(リンクタップで詳細へ)




淡いトーンのジャケットをエレガントかつクリーンに着こなすカジュアルアニキ。








アニキ降臨10




ワントーンのコーディネートをディテールでメリハリを付けたビジネスアニキ。









アニキ降臨11




クラシカルなスーツスタイルにアウターでスポーティさをプラスしたMIXアニキ。









アニキ降臨12




スマートなクラッチバッグにアウターを隠し持ったパッカブルアニキ。










アニキ降臨13




ワントーンにセパレートカラーを加え、アイテムやディテールでトレンドを取り入れたフレンチアニキ。









アニキ降臨14




季節感のあるアイテムにオープンカラーシャツをガバッとエリ出ししたセクシーアニキ。








アニキ降臨15




リネンのスーツにレジメンタルタイ。全て今シーズン物でまとめた#nosuits nolife_aniki。








春夏も、もう折り返し地点。

アニキのスタイリングを見れば、何を買ったら正解かが分かるはず。


是非参考にしてみて下さいね。



また、過去の「アニキ降臨」はサイト内のハッシュタグ「#アニキ降臨」でご覧いただけます。



そして、生のアニキに会いに、

当店へのご来店お待ちしております。



小林




日々コーディネートを更新しています。


ビームス 二子玉川のショップブログも是非ご覧下さい。

イヌの毛繕い。

こんばんは犬飼です。

桜も満開で過ごし易い季節に

なってきましたね。

本日は只今開催中の

オーダーフェアに向けた

若手スタッフへの勉強会の様子を

少しだけご紹介させて頂きます。

閉店後の渡邉と中井。

真剣な表情でお互いのオーダースーツを

相手をお客様と想定し採寸から補正、

ディテール、裏生地、釦決定まで

一通りの流れで進行していきます。

指導はオーダースペシャリストの播磨。

渡邉は英国らしい生地をチョイス。

スラントポケットにし、裏生地を

パープルにしたい様子です。

中井はウールモヘアのブラウン無地をチョイス。

夏場はシワになり難く通気性も良いので

重宝しそう。

落ち着いたカラーリングも良いですね。

ヌード寸法を採寸した後。

ベースとなるジャケットを着用して

シワの出方等から身体の特徴を

考察していきます。

中井は、やや怒り肩な所に加え

痩せ型な為、胸囲が余っていますね。

又、腕周りも本人は、

もう少し細くしたい様です。

特徴と希望を加味した補正と

寸法調整を行いました。

続いてパンツを着用して

ジャケット同様に特徴等を

見ていきます。

パンツはジャケット同様のサイズですと

脹脛が干渉してしまった為、

ジャケットよりも一つ上のサイズをチョイス。

概ね大丈夫でしたがウエストが緩いのと

お尻から渡り部分にかけての余裕を

補正と寸法で調整しました。

股下を調整し。


最後に生地との相性や好みに合わせた

裏生地と釦を選んでいきます。



仕上がる頃は初夏の陽気でしょうか。

本人達も仕上がりが楽しみでしょうね。


4月1日迄と会期終了が

近づいていますが通常よりもお得に

オーダー頂ける機会ですので

お花見ついでにでも

お立ち寄り下さい。

今日はこの辺で。


犬飼

<BEAMS F>中村塾

こんばんは

ビームス 二子玉川の小林です。




先日は弊社ディレクター中村による社内勉強会"中村塾"に参加してきました。




目から鱗の情報にスタッフ全員、前のめり。




<BEAMS>のスーツの、並々ならぬこだわりに終始興奮しっぱなしでした。




<BEAMS F>のスタッフ山下もガリガリ勉強していますね。







本日は<BEAMS F>のスーツのこだわりについて簡単にご説明させて頂きます。




こちらは<BEAMS F>のパットを省いたアンコンモデル。

現代的なシャープなシルエットで最も好評頂いているモデルです。




まずジャケットのこだわり。



富士の裾野の様に綺麗に沿って上がっていく、なだらかなショルダーライン。




一枚の長方形の生地をアイロンを使いながら綺麗な曲線を描いていきます。



殺し襟と呼ばれる、アイロンでクセをつけていく手法。

非常に手間が掛かる仕事ですが、BEAMSのスーツはしっかり襟を殺しています。




アイロン作業を簡略化する為、2枚の生地を繋ぎ合わせて襟を作る二枚襟のジャケットが多い中、BEAMSのジャケットは1枚の生地をアイロン作業でクセを付けて襟を作っています。



そのため肩に綺麗に沿う、首にしっかり吸い付く綺麗なショルダーラインが出来上がります。




ちなみに襟に限らずですが、全ての工程がミシンではありません。必要な箇所は手でまつり縫いしています。



コチラはアームホール。正円では無く、そら豆の様な形状です。

稼動域を確保しつつ、アームを綺麗に見せます。




コチラは前振りに作られた袖。

人間の腕に自然に沿う様にアイロンで丁寧に曲げていきます。




フロントカットにもこだわりが。

襟から裾にかけて「6」の数字の様に綺麗な曲線を描いています。





襟と身頃が一体となるフロントカットと、襟の綺麗な膨らみを非常に重要視しています。

そして襟の膨らみに対して、裾が反り返らない様に気をつけています。







BEAMSのスーツは、綺麗なシルエットや、高級生地も魅力なのですが、見えない所にもこだわりが。



コチラは襟芯に使われるアイリッシュリネン。

形に作りやすく戻りにくい。その形状を保ちやすい素材を使用しています。




もちろん接着では無く、ハ刺しと呼ばれる、すくい縫いで取り付けます。

しっかりハリのある襟を保ちクリーニングしても型崩れしにくいです。




コチラは芯地に使われる毛芯。

スーツのウール地に馴染みやすいようにウール×コットンで作られ、モデルによって、形や固さを変えて使用しています。





素材には馬の尻尾であるバス芯もふんだんに使用。固さやハリのあるバス芯の量を調整してモデルに最適な芯地を作ります。




コチラがバス芯。75cm程ある長い馬の尻尾の両端を切り落として使用します。ちなみにモンゴル産です。




<BEAMS F>のスーツにはナットボタンが使用されています。


素材は南米産のタグアヤシの実。

染色性が高い為、ジャケットによって色を変えて使用しています。



見えない所にも、細かい所にも手を抜かずにこだわるのがBEAMSのスーツなんです。







お次はパンツについて。



パンツもモデルによってディテールを変更していますが

全てのパンツは裏に余り生地を残しています。




片側のみ余りの生地を作るのは非常に手間が掛かる作業なんです。

生地の余りがあれば、少しの体型の変化なら修理で対応出来ます。


ちなみにコレを発案したのが弊社ディレクターの中村。


手間がかかるので、工場では非常に嫌がられたそうです。




同じくウエストヒップにも生地の余りがあります。




ただ股に関しては、生地を割らずに切れ上がるようにしています。




更に甘めにシックを付ける事によって



シワが少なく、キュッと綺麗に切れ上がった小股のパンツが出来上がります。




他にもまだまだ、こだわりポイントはあるのですが、詳しくは店頭でお話し致します。



手前味噌ですがBEAMSのスーツは本当に良いです。

まだお試しになられてない方は、是非一度袖を通してみて下さい。




それではご来店お待ちしております。


小林




日々コーディネートを更新しています。


ビームス 二子玉川のショップブログも是非ご覧下さい。

関西中村塾。ビームス拘りのスーツ。

こんにちは。


ある日のビームス ハウス 梅田の閉店後の様子。



ビームスの関西の各店からスタッフが集結しました。


(スタッフの表情から気迫と情熱が伝わります)


この日は定期的に行われております中村塾の日。


今回のテーマはスーツの作りです。


ディレクターの中村が<ビームスF><Brilla per il gust>のオリジナルのスーツをメインに作りや拘りのポイントをスタッフに解説します。


本日はその様子を少しだけご紹介させて頂きます。


では早速。




1枚の布をアイロンで曲げてつくるころし襟。




この工程でジャケットを着用した際の首への吸い付きを向上させています。


これが時間と手間のかかる仕事なのですが、


ビームスのスーツはそれを惜しみません。




次は芯地。


芯地は馬の毛を使ったバス芯。


多くのインポートブランドでは接着芯を用いるところビームスのオリジナルは毛芯を使っています。




それも高価な毛足の長い物をスーツやジャケットのモデルによって使い分けています。


毛芯は製品化すると見えないパーツではありますが、


それでもビームスのオリジナルは高級で良質な物を用いる拘りよう。



肩パッドには精製綿と芯地を使うことによって、アイロンをかけても潰れて変形しない柔らかい肩周りに仕上がります。


これも見えない部分ですがビームスのオリジナルは拘ります。



そして肩回りにはたっぷりのいせ込みを。




アイロンを使って時間をかけていせ込み、立体感と機動性を向上させます。


それと同時に大切なのがアームホールの形状。




アームホールが楕円形ではないのがお分かりいただけるでしょうか?


そら豆型になっておりフィット感の向上と機動性の向上を図っております。


ここにも見えないですがビームスの拘りが隠れています。




そして上襟と下襟のつなぎはミシンを使わず手作業によるはしごがけ。




これが柔らかいラペルの表情をうみ出します。




裏地はお台場仕立て。


裏地の付け替えができるように考えらた仕立てを現在は本格的なテーラードだということを表現する為に継承されています。


これも手間のかかる仕立てですがビームスは拘ります。

そしてパンツ。


何度も修正し綺麗な足のラインが出るように仕立てられています。


もちろん見えない部分にも




ウエストの裏にはスリットが入っており、立体的な人間の腰回りフィットするよう設計されております。


パンツも本当に良くできていて<ROTA>等のハイエンドな既製インポートパンツ並の作りです。


いかがでしたか?


長くなってしまいましたが他にもここに書ききれないくらい拘りのポイントが満載でした。


最近ではコストパフォーマンスを優先するあまりに素材や作りを簡略化したスーツが市場には溢れています。


しかし、ビームスのスーツには「見えないところ」にも拘りが沢山ございます。


ビームスのお店に足をお運び頂ければ、決して「妥協しない本物」を追求したスーツがそこにはあります。


是非そのスーツを体感しにお店にいらっしゃって下さい。


熟知したスタッフが皆様のお手伝いをさせて頂きます。


皆様のご来店をお待ち致しております。



SATO


ビームス ハウス 神戸 のブログも是非ご覧下さい。(http://www.beams.co.jp/blog_shop/bhk/


またビームス ハウス 神戸 ではInstagramにて新入荷商品やイベントのご案内を行なっております。

こちらも是非ご覧下さい。

https://www.instagram.com/beams_house_kobe/?hl=ja






お得な告知です。




http://www.beams.co.jp/news/42/

↑こちら14日(木)〜19日(火)までの

スペシャルデイズ!通常のポイントが2倍になるチャンス。もちろん会員でない方も昨日発行でOK。


あともう一つ。




http://www.beams.co.jp/news/558/

こちらも10/1まで開催中です。



イヌ押し。

こんばんは犬飼です。

まだまだ梅雨が明けたばかりですが、

続々と秋冬物が入荷してきております。

本日は、そんな中から

スーツの

お勧めをご紹介させて頂きます。

先ずは、

DE PETRILLO

6釦ダブルカルゼスーツ

品番:21-17-0876

¥159,000(+tax)

本格的な作りに拘りながら、

コストパフォーマンスに長けたナポリのサルト。

年々、日本での知名度も高まりモデルによっては

予約が埋まってしまう物も...

汎用性の高いグレーカラーにコシのあるカルゼ織り生地、

ディテールも趣味性の高い仕様に仕上がっています。

STILE LATINO

6釦ダブルヘリンボーンスーツ

品番:21-17-0895

¥250,000(+tax)

上記ブランドよりも更に拘りの強い物をお探しの方には

こちらを。一度、袖を通せばその良さを実感できると思います。

今秋冬シーズン最も注目されているヘリンボーン柄を配した

ライトグレーの生地が目を引きますね。

GABRIELE PASINI

3ピースキャバレルツイルスーツ

品番:24-17-0505

¥175,000(+tax)

こちらも今シーズン押さえておきたいアイテム。

一見シンプルなネイビースーツですが

シングルピークドラペル仕様という点がポイントです。

更に6釦のWジレが付きます。

無地ですので様々なアイテムとのコーディネートが

楽しめますね。



TAGLIATOREサルトリアソリッドスーツ

品番:24-17-0519

¥165,000(+tax)

フル毛芯のサルトリアモデル”SAVIL”

ダークブラウン無地の生地という点も

秋冬にぴったりですね。

こちらも6釦Wジレが付きます。

2ピースでタートルネックやモックネックニットを

合わせてカジュアルダウンしても良いですし、

3ピースでタイドアップしても良いですね。


以上、ざっと気になる商品を

ご紹介させて頂きましたが

他にも豊富にございますので

詳細は店舗にてご覧になって下さい。


今日はこの辺で。


犬飼