BEAMS PLUS 20周年

溝端 秀基 2019.04.22

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

BLOGめちゃくちゃサボってしまっててすいません。


と、本日はこちら、


1999年にビームス プラスレーベルがスタートし、今年で20周年を迎えることが出来ました。

これも、多くの方々からのご支援やご指導の賜物です。


そこで、

すでにご存知、ご鑑賞頂いた方々も多いとは思いますが、こちらの20th Film 『What is BEAMS PLUS』のお話を少しここで触れたいと思います。

ちょうど、この企画がスタートしたのは1年前。

来年20周年を迎えるにあたり、いろんな企画が飛び交っていました。

ビームス プラスのムック本は?昔作ってたみたいに、またカタログ作る?とか。とか。


僕もどういったものが皆さんにとって喜んでもらえるのかを考えているときに、プレスチームの日高(僕の同期のスタッフです)から提案が、

「ミゾ、ムービー作るぞ」

これをきっかけに走り出しました。


昨年の11月にアメリカは、ニューヨークそして、ボストン、サンフランシスコと。

12月にヨーロッパはイタリア、ロンドンと現地に出向き、年明け、日本での取材を行いました。

生憎、、ヨーロッパの取材には僕は立ち会えなかったんですが、非常に考えさせられる、有意義な取材同行となりました。

20年前のスタートした時期の苦労話や、客観的に捉えた僕ら、ビームス プラスのイメージ。

そして何より感じれたのは抽象的な表現ですが、『みなさんの温かな思い』、みたいなのを感じることができました。

取材は一通り終え、僕の出番を残すのみ。

もう、めちゃくちゃ緊張しましたね(笑)。カチカチです。普段の僕を見たことない人でもきっとこの人、緊張してるんだろうなって思えるほどかもしれません。


確認と修正を繰り返し、ようやくここに完成しました。

20分少しのムービーです、ちょっと長いかもしれません。ですが、是非見て欲しいです。

もちろん、ここのムービー内で20年を振り返り、これからのビームス プラスを作っていく訳ではありません。

もっと本当に多くの方々がビームス プラスに携わってくれており、様々な支えや、ご協力の元でビームス プラスは進化してきました。

そして、なにより足繁くお店に通っていただいた皆様のおかげです。


先日、このムービーを鑑賞していただいたお客様から言われたこと。

僕が、ビームス プラス 渋谷 と言う、今無きお店のスタッフだった時に出会ったお客様です。


「映像を見て、ずっとこのお店、ビームス プラスに通い続けている意味がわかった気がします。言語化していただいてありがとうございます」と。


嬉しかったです。

皆様に引き続き愛されるビームス プラスを作っていけるよう、チーム一丸となってまいります。


ちょっと触れるつもりが、長々となってしまいました。

商品の話はまた近々UPしていきます。



最後に、このムービーにご出演・携わっていただいた皆様本当にありがとうございました。

旗を振ってくれたプレス 日高さん、前田さん、井戸さん、

ディレクター塁さん、カメラマン玄さん、ライター小澤さん、高橋さん、浅原さん、佐藤さん、Johnさん、

本当にありがとうございました。

また、10年後ですかね。



MZO