スタッフ「溝端 秀基」の記事

BEAMS PLUS 最後の20周年アイテム

いつもビームス プラス BLOGをご覧のみなさま、こんにちは。MZOです。


本日は、こちら


長らく、BEAMSとの別注をお休みしていましたが、昨シーズンのBEAMS PLUS 20周年記念としリリースしたアイテム。

以前、392もこちらのBLOGご紹介させて頂きました。→ https://www.beams.co.jp/blog/beamsplus/52490/


実はこの別注商品、私たちが先導を切った訳ではないんです。

影の立役者が走り出してくれた企画です。


”BEAMS のレジェンド”舘野

現場(バイイング業務)を離れていましたが、企画を練り、商談、そして、商品化へと繋げてくれました。

過去BEAMS、そしてBEAMS PLUSの様々な商品をバイイング・企画し、たくさんの良い品を紹介した、レジェンド。

BEAMS PLUSでお取り扱いしているブランドとも、非常に親交が深く、バイイング同行し、様々なアドバイスをしてくれていました。


BEAMSのことをよーく知り、洋服をこよなく愛する、私たちの尊敬出来る大先輩です。


先日、舘野がこの世を去りました。

BEAMS PLUSを代表して私が勝手ながら、舘野の思いをこちらに記載させていただきます。



~BEAMS PLUS 20周年企画~

<POST O'ALLS> 別注 <WAREHOUSE> Special


振り返って見ると、最後の <POST O’ALLS>との別注は2013年春夏シーズンに展開したShop Coatです。

諸事情から別注が難しくなり、BEAMS PLUS別注が出来なくなって以来、そこからはインラインアイテムの仕入れが続いていました。 


BEAMS PLUS別注の始まりは、ビームス プラス 原宿の立ち上げ、オープン直後です。

まだまだ、売り上げも少なく当然の如く認知度も低くい状況下では協力頂けるブランドも少なく、

別注等はオーダーミニマムが届かない、やりたいけれどやれない、出来ない。

と言う状況が当初続いていた記憶があります。


そんな中、BEAMS PLUSの核となる商材の1つとして上げられる物として、

『オリジナルのMade in U.S.A 5Pocket Denim』

は当時のビームス プラス スタッフが熱望し展開したい商材の1つでした。

ですが当時の規模では、アメリカ製のオーダーミニマムが高く、とても手が出せない商材だったのです。


ダメ元で、以前より個人的に親交のあった、NY州の隣のNew Jersey州でラルフローレンのサンプル工場と契約し、 <POST O’ALLS>をスタートさせた、デザイナー大淵さんにオファーしました。

帰ってきた答えが、なんと、


「少なければ少ない方がありがたいし、やりますよ。」


非常にありがたい返事でした。

たしか30本位だったと思います。

念願のアメリカ製オリジナル5Pocket Denimが出来て喜びました。

このアイテムをきっかけに、ダブルネーム(別注)の取り組みがスタートしました。


それが2001年位だったと思います。

それから、年1回、もしくは2回のペースで、ダブルネームの商品2013年まで続け、お休みとなりました。

その約13年間を担当させて頂いたのが自分だったので、その関連で今回の企画に参加させて頂けたのかと思います。


2019<BEAMS PLUS>20周年の企画として、ダブルネームの企画を進めることができ、大変嬉しかったのですが、6年の間に色々と状況が変化していました

一番の変化は<POST O’ALLS>のベースがアメリカから日本に移った事です。

まだ日本での背景が固まってない状態での今回のダブルネーム企画は、やはり工場背景が問題で一番に悩んでいた部分です。


その結果、ダメ元でBEAMS PLUS展開ブランドの中から<WAREHOUSE & Co>を選びお願いしました。

国内背景で<POST O’ALLS>が再現したい部分を実現出来るのではないか?

そして、BEAMS PLUSファンも喜んで貰えるのではないか?

と言う事で快諾を頂き実現したトリプルコラボレーションになります。


我々からのリクエストは、

カバーオールとオーバーオール

現在まで数多くのカバーオールオーバーオール見てきた<POST O'ALLS>大淵さんが思う、

『こんなのがあれば面白い』

『こんなの見たことが無い、ありそうでない。』

『アメリカでは出来なかった事をトリプルコラボレーションでなら出来る、特別』

というキーワードを残し。


 デザインのイメージは、私が好きな1940年代の<Lee>の大戦モデルをベースに進めました


出来上がったアイテムにアニバーサリーを記したい思いを、BEAMS PLUSメンバーと話、内側にさり気無くペンキでプリントをしています。

1940年代後半からラバー系のインクに変更していますが、ペンキはラバーインクが開発される以前に多く使われていたプリント塗料です。

ヴィンテージの軍物によくある、”ステンシル プリント”でよく見るやつです。




今回、とてもSpecialな企画を進行する事が出来ました。

この先、

BEAMS PLUSのアーカイブに残る商品だと思います。

今後に於いても、是非継続して貰えればと思います。

 


BEAMS <POST O’ALLS> 担当 舘野 史典   



昨シーズンの20周年企画として、アンカーを務めた別注アイテム。

長らくBEAMS PLUSをご贔屓にしてくれている皆様からは、待ってました!と言わんばかりの、リリース前から多くのお問い合わせを頂くことができました。

誠にありがとうございました。



実は、<L.L.Bean>とのプロジェクトにも大きな功績を残してくれています。

商品だけでなく、私のデスクの横には、今となっては非常に貴重な1940年代〜60年代の<Sears>や、<L.L.Bean>、様々な洋服のカタログや資料も残してくれました。

魅力ある商品を多くのブランドや人達と、取り組み続けてこれている事へも感謝の思いでいっぱいです。


追悼の意を込め、今回はBLOGを書かせて頂きました。

舘野さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



BEAMS PLUS 一同



舘野さん、

次回の残してくれている企画も僕たちが責任持って皆様に喜んで貰えるような商品に繋げますね。

本当にありがとうございました。



MZO

CONVERSE ADDICT 2020 SPRING Collection

いつもビームス プラス BLOGをご覧のみなさま、こんにちは。MZOです。


お元気ですか?

緊急事態宣言以降、お店も臨時休業となり、一緒に働くメンバーとは、オンライン会議で顔を合わすぐらい。

街並みは静かになりましたが、自宅ってこんなに騒がしいの!?って。

(妻・娘2人の4人家族です。最近の電車の中より騒がしいと感じています


と、本日はこちら、


毎シーズン楽しみにされている方も、非常に多い、CONVERSE ADDICTのNewモデルが4月10日に販売・・・

と、いつもならそうなんですが・・・今は店舗が臨時休業中。

と、いうことで今回BEAMS Online Shopにて販売させて頂きます。


2020 SPRING Collectionのラインナップ

CHUCK TAYLOR® CANVAS OX

ブラック


CONVERSE ADDICT
価格:¥16,000+税
商品番号:11-31-3014-479


CHUCK TAYLOR® SUEDE OX

ミント(左) / ライラック(右)


CONVERSE ADDICT
価格:¥20,000+税
商品番号:11-31-3015-479


前回のBlack Hi-Cutに続き、ADDICTフリークだけでなく、ALL STARを愛する方々を魅了する、KIng Of CONVERSEと言っても過言で無いモデルが登場。

発売日が近づくにつれ、多くの方々からお問い合わせを受けておりました。


ようやく、BEAMS Online Shopでの準備が整った模様です。


発売は、

4月15日(水) 11:00より。

BEAMS公式サイト Online Shopにて販売させて頂きます。

詳細は、こちらも合わせてご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

BEAMS 公式サイト NEWS ページ
<CONVERSE ADDICT>の最新モデル「CHUCK TAYLOR® OX」シリーズ販売について

https://www.beams.co.jp/news/1960/



また、5月にはこちらのモデルも販売予定です。

CONVERSEフリークのみなさん、お待ちかね・・・?のアイテムが、満を持して登場!


ONE STAR® SANDAL

¥15,000(+Tax)
ブラック スエード


こちらは現段階では、販売方法等未定の状態です。申し訳ございません。

店舗の運営状況も含め、販売方法は追ってBEAMS公式サイトより情報告知させて頂きます。

何卒、ご了承ください。



弊社の海外オフィスの方から興味深い話を伺いました。

オンラインで買い物してる人はやはり多いみたいです。

洋服では圧倒的にトップスが売れてるようですよ。

外出自粛といえど、人と繋がる手段としてオンライン会議や、ビデオ通話が出来る環境が整っています。

在宅ワークが出来る環境の方々には、オンライン会議が最早、当たり前化しているようです。

上半身だけおしゃれであれば事足りる?トップスが売れてる理由かな。


とはいえ、今日は、シューズのお話でした。

ちなみに、私は人前に出る機会が減り、床屋にも行けず・・・久々の坊主スタイルを楽しんでいます。

トップスでアピールを超えるインパクトでしょうね。


みなさん、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

外出自粛ですが、素敵なお家時間をお楽しみください。



MZO







『All Night BEAMS+』

みなさん、こんばんは。

お元気でしょうか?


今般世界で流行しているコロナウイルスの影響で、外出自粛。

明日?にはいよいよ『緊急事態宣言』と。

私も最近は在宅ワーク。ミーティングや会議もテレビ電話(言い方、古っ)です。


店頭には春モノがたくさん入荷しました。別注モノのリリースもございます。

にもかかわらず、いろんなモノがBadタイミングですね。


ということで、今夜から新しい企画モノ考えさせていただきました。

その名も、

『All Night BEAMS PLUS』


それはなんぞや??



月曜日から金曜日の25:00(深夜1:00)にブログをアップします。

毎日日替わりで担当者が登場。

新作アイテムや洋服の楽しみ方を皆様にお伝え出来ればと思っております。


ちなみに、今夜からスタートです。

『All Night BEAMS PLUS』のレギュラー陣をこちらで簡単にご紹介させて下さい。


(月)担当者は、BEAMS PLUS の世界観を、自身のLife Styleで体現するバイヤー。


BEAMS PLUS バイヤー サミュエル金子。


(火)担当者は、幅広い洋服の知識と、スタイリングセンスを合わせ持つ、関西のMr. BEAMS PLUS 。


ビームス 神戸 みたに いくお。


(水)担当者は、ウィットに富んだアイテムチョイスが高評。昔はなんと、生活用品の営業マン。


ビームス プラス 原宿 佐久間直樹。


(木)担当者は、BEAMS PLUS のOnline Shopの顔。


ビームス プラス JUNICHI YANAI。


そして、(金)は兄弟で、BEAMS PLUS の旗艦店を支えるスタッフ。

兄弟揃ってVintage Wearの造詣が深い。


ビームス プラス 原宿 山田 広志(兄)。



ビームス プラス 有楽町 山田 正志(弟)が隔週で登場。


と、以上のメンバーで連夜日替わりで皆様にお届けさせて頂きます。


曜日担当者が独自で紹介したいアイテムや、洋服の関わり方etc。

皆様のお店に行きたいけど、、行けない。

そんな鬱憤をこちらで解消させてもらえればと思ってます。

退屈しのぎでも構いません(笑)。


今夜から、スタートします。
『All Night BEAMS PLUS』

ぜひお楽しみ下さい。



MZO


ROWING BLAZERS 『BEAMS PLUS Yacht Club』

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。


本日はこちら、



既に、ビームス プラスでは販売しておりますが、ROWING BLAZERSのニューヨークのお店、

『THE ROWING BLAZERS CLUB HOUSE』にて、現地時間6月13日に今回のコレクションがローンチされます。



ROWING BLAZERから届いた、今回のコレクションLOOKが届きましたのでこちらでご紹介します。

彼ららしい、スポーティなーLOOK。












既に、ビームス プラスでは販売しておりますので、気になる方はお問い合わせください。

ニューヨークにお住いの方、近々でご旅行をお考えの方、ぜひぜひお立ち寄りください!!


あとようやく、しっかり画像を見てもらえるようになりました。

今回のコレクションのスペシャルアイテムがこちら、

<ROWING BLAZERS> <BEAMS PLUS> <SPERRY TOP SIDER>













<ROWING BLAZERS> <BEAMS PLUS> 「Yacht Watch」





近々ビームス各店で販売されますので、ローンチ日はまた追って。


MZO

BEAMS PLUS 20周年 Part.3

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。


前回からのお約束。本日は、こちら


毎シーズン、コラボレーションの取り組みをしてるんですが、今シーズンは、20周年のスペシャル。

いつもと違うバリエーション。

通常のコラボレーションの枠を超え、カプセルコレクションをRowing Blazers ディレクター Jackと作り上げました。

その名も、『BEAMS PLUS Yacht Club』




Rowing Blazers、、、

ブランド名の通り、レガッタ・ローイングの世界観をコンセプトとし、ディレクターである、Jackが経験したコトやモノ、そしてスポーツに纏わる歴史を紐解きながら、現代的なアレンジを施し、クラシックかつ新しさを混ぜ合わせながらのアイテムラインナップは、皆様もご存知の通り大きな魅力の一つですよね。


今回は『Yacht』をキーワードとしたトラディショナルかつスポーティーなスタイルのコレクション。


定番のクラブジャケットをモチーフとした、好評のスウェットブレザーは、全3種類。

国際信号旗からインスピレーションさせたカラーリングのプルオーバーパーカーは、Vintageのアイテムをデザインベースにしながらもハイテク素材を搭載。

クラシックなボードショーツにワンポイントのスペシャルロゴ刺繍。

Yacht Clubの一員となれる、Capや、Polo、T-シャツetc..。

そしてそして、写真でちらっと出ている、『スニーカー』と『もう一つスペシャルアイテム』のラインナップ。

すでに、多くの商品はビームス プラス 有楽町・原宿の店舗で見てもらえます。

どちらかというと、ビームス プラス 有楽町の店内の方がバリエーションは多いですかね。

お店の中はこんな感じです。(ビームス プラス 有楽町)






まだ、『スニーカー』と『もう一つのスペシャルアイテム』の発売はしておりません。

発売日決まったら、こちらでまたご案内します!


そして、インラインの商品も同じく発売しております。

ルックブックと、ビームス プラスがPick Upしているアイテムを幾つかご紹介。











気になる方はお早めに、お気に入りのビームス プラス 店舗へお問い合わせください。

ビームス Online Shopでも、幾つか商品をラインナップしています、そちらも合わせてご覧ください。

→クリック



MZO


BEAMS PLUS 20周年 Part.2

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

前回のBLOGに続き、20周年関連を。

本日は、20周年を記念しローンチされたアイテムのご紹介です。

こちら、

↓Engineered Garments



こちら、

↓Rowing Blazers



こちら、

↓WAREHOUSE



こちら、

↓MOSCOT



まずは、

↓Engineered Garments


今回のコラボレーションは、20周年と言うキーワードから考えてもらったアイテムです。

『ビームス プラス 20周年パーティーを開催しますので、是非お越しください!』

コラボレーションのミーティング時にデザイナーの鈴木 大器さんに唐突にこの言葉を投げてきました。

鈴木 大器さんご自身が、ビームス プラスのパーティーに来るなら、何を着てきますか??

と言ったお題から生まれたセレモニーウエアーのコレクション。


↓シングルディナージャケット





カラーは、ブラック1色ですが、コットンとサーマーウールの2素材を用意。

肩肘張りすぎない、カジュアルな感じが絶妙な雰囲気です。

ちなみに、最後の画像2枚はサマーウール素材です。


↓ウィングカラーシャツ


こんな時こそ、Bow-Tie(蝶ネクタイ)のチョイスはいかがです?

相性が良い、ウィングカラーのブロード生地のシャツ


↓ディナーファティーグパンツ





鈴木 大器さんと言えば、このパンツをイメージする人多いんじゃないでしょうか?

こちらにもセレモニー感を少し加えたアレンジが、側章として効いたデザインがポイント。

セットアップ感を演出できる、ブラックカラーはサマーウールとバックサテン。

オリーブカラーは、バックサテンをご用意しました。

写真は、全てバックサテンの素材のものです。



先日、僕も早速、セットアップで着用してみました。

ちなみに、ジャケットは、サマーウールをチョイスし、パンツは、ブラックのバックサテンをコーディネートしました。

インナーは、シャンブレーシャツにBow-Tieを巻いたパーティースタイルを意識したコーディネートをしてみました。

カジュアルに行くなら、セットアップに、白Teeで、シルクのストールなんかも良さそうだし、

タキシードジャケットに、ブルーデニムに、スニーカー。名監督が映画の授賞式で見せたスタイル・コーディネートも憧れますね。


気になる方はお早めにお問い合わせください。


次回は、こちらの詳細をお話しますね。

↓Rowing Blazersとのコラボレーション



MZO

BEAMS PLUS 20周年

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

BLOGめちゃくちゃサボってしまっててすいません。


と、本日はこちら、


1999年にビームス プラスレーベルがスタートし、今年で20周年を迎えることが出来ました。

これも、多くの方々からのご支援やご指導の賜物です。


そこで、

すでにご存知、ご鑑賞頂いた方々も多いとは思いますが、こちらの20th Film 『What is BEAMS PLUS』のお話を少しここで触れたいと思います。

ちょうど、この企画がスタートしたのは1年前。

来年20周年を迎えるにあたり、いろんな企画が飛び交っていました。

ビームス プラスのムック本は?昔作ってたみたいに、またカタログ作る?とか。とか。


僕もどういったものが皆さんにとって喜んでもらえるのかを考えているときに、プレスチームの日高(僕の同期のスタッフです)から提案が、

「ミゾ、ムービー作るぞ」

これをきっかけに走り出しました。


昨年の11月にアメリカは、ニューヨークそして、ボストン、サンフランシスコと。

12月にヨーロッパはイタリア、ロンドンと現地に出向き、年明け、日本での取材を行いました。

生憎、、ヨーロッパの取材には僕は立ち会えなかったんですが、非常に考えさせられる、有意義な取材同行となりました。

20年前のスタートした時期の苦労話や、客観的に捉えた僕ら、ビームス プラスのイメージ。

そして何より感じれたのは抽象的な表現ですが、『みなさんの温かな思い』、みたいなのを感じることができました。

取材は一通り終え、僕の出番を残すのみ。

もう、めちゃくちゃ緊張しましたね(笑)。カチカチです。普段の僕を見たことない人でもきっとこの人、緊張してるんだろうなって思えるほどかもしれません。


確認と修正を繰り返し、ようやくここに完成しました。

20分少しのムービーです、ちょっと長いかもしれません。ですが、是非見て欲しいです。

もちろん、ここのムービー内で20年を振り返り、これからのビームス プラスを作っていく訳ではありません。

もっと本当に多くの方々がビームス プラスに携わってくれており、様々な支えや、ご協力の元でビームス プラスは進化してきました。

そして、なにより足繁くお店に通っていただいた皆様のおかげです。


先日、このムービーを鑑賞していただいたお客様から言われたこと。

僕が、ビームス プラス 渋谷 と言う、今無きお店のスタッフだった時に出会ったお客様です。


「映像を見て、ずっとこのお店、ビームス プラスに通い続けている意味がわかった気がします。言語化していただいてありがとうございます」と。


嬉しかったです。

皆様に引き続き愛されるビームス プラスを作っていけるよう、チーム一丸となってまいります。


ちょっと触れるつもりが、長々となってしまいました。

商品の話はまた近々UPしていきます。



最後に、このムービーにご出演・携わっていただいた皆様本当にありがとうございました。

旗を振ってくれたプレス 日高さん、前田さん、井戸さん、

ディレクター塁さん、カメラマン玄さん、ライター小澤さん、高橋さん、浅原さん、佐藤さん、Johnさん、

本当にありがとうございました。

また、10年後ですかね。



MZO




new balance の「Blazer」

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、




今回のコンセプトは、「Blazer」。

僕らにとっては非常に馴染みのあるアイテムをベースに、シューズ、パンツ、そして、今回はベストのラインナップ。


とはいえ、主役はこちら


new balance × ビームス プラス 「X-90」

商品番号 11-31-2318-228

価格 ¥18,000+税


今年誕生したニューライン。

愛用者多数の900番台モデル。

私も、900番台モデルの愛用者の一人。「993」や、「990 V4」をめちゃくちゃ着用しています。

歴代の900番台シリーズの特徴を踏襲させ現代における最高峰の技術力を駆使し完成されたモデル。


今回は、こちらのモデルに「Blazer」を投影。

Gold、Silverといった「Blazer」の一つのアイコンとも言えるボタンの色目からインスパイアした、Silverカラーの『N』ロゴを採用。


また、インソール部分には、モデル名と、両者のブランドネームをGoldカラーでプリントしました。


「Blazer」とのコーディネート推奨パンツは、Greyカラーのトラウザース。

その色目をリクエストして完成した今回のモデル。


付属も豪華。シューズケース。


そして、シューレースも。



ウエアに関しては、今回のためだけに、仕込みを入れた生地を採用しました。

スポーツブランドとのコレボレーションということもあり、一番のキーワードは、何と言っても『着心地』。

極力WOOLYな雰囲気を見せる、感じてもらえる機能素材を作り込みました。

ジャケットは、プラスチックのNavyボタンと、Silverの「Blazer」ボタンをつけました。

パンツは、Navyカラーと、Greyカラーの2色を用意。






そして、今回はベストを用意しました。ジャケットとの相性完璧です。


しかも、そのベストには、中綿を搭載。インナーダウン的な解釈で着用してもらえるようにと。

前回Greyカラーのスーツをコンセプトとした際、お店の声を聞いた時にやはりビジネスマンからの反響がありました。

外回りの多いビジネスマンにはこれからの時期、寒さの対応を考えないといけなくなる一方、ダウンジャケットはやはりカジュアル過ぎる。

ジャケットのインナーにこちらを入れてもらえれば、寒い時期の外回り時にきっと役立ってもらえるのではないか・・と企画させて頂きました。


new balance × ビームス プラス 「ジャケット」

商品番号 11-16-0619-424

価格 ¥35,000+税


new balance × ビームス プラス 「トラウザー」

商品番号 11-23-0942-424

価格 ¥23,000+税


new balance × ビームス プラス 「ベスト」

商品番号 11-06-0481-424

価格 ¥18,000+税


スーツのようにNavyカラーでSetupスタイルも良し。

ジャケットパンツスタイルも良し。


アメリカントラディショナル感じる、トータルコレクション。

明日、11/17日(土)発売です。



MZO



Vintage Denimをマイサイズで・・・

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、


現在ビームス プラスにて販売中の5Pocket Denim、WAREHOUSE『2nd-Hand』シリーズ。

通称、『セコハン』。


その『セコハン』のカスタムオーダー会をビームス 辻堂、ビームス 神戸にて開催いたします。

本日、

11/1~11/11は、ビームス 辻堂にて。

11/22~11/26は、ビームス 神戸にて。


そして、ビームス プラスだけのカスタムオーダーイベントではございません。

レディースサイズ・フィッティングモデルを現在ビームス ボーイでも販売しており、今回はビームス ボーイとの共同イベント。

男性、女性ともに楽しんでいただけるイベントをビームス ボーイチームと企画しました。


カスタムオーダーの内容を簡単にレクチャーします。

1、スタイル選びます。

2、ウエスト選びます。

3、レングス選びます。

4、加工の具合選べます。

5、選んだモデルや、ご希望によってはペンキや、リメイク加工を選べます。

と言った流れです。


まずは、加工の具合を


左、「かなり履き込んでます」

中、「程よく色が抜けてきました」

右、「ここからの色落ちが楽しみです」


そして、今回のカスタムオーダーの目玉でもある、ペンキや、リメイクカスタムは、



↑「やりすぎてない、ペンキの加工感」




↑「えっ!まさか、ポロックが履いてた!?」と感じるような色鮮やかなペンキの加工。





↑「ホームメイド感漂う、丁寧なリペア仕上げ』


と。

デニムパンツだけで圧巻のバリエーションとなっています。



今回のイベント、キーワードは『古着屋で見つける、マイサイズのVintage Denim』。

昔、古着屋の入荷日に並んで欲しいものを探す感じ。


そんなワガママなイベント内容を、叶えてくれたWAREHOUSE。

店頭では、こんな感じになりました。


こちらは、ビームス 辻堂の店内です。


一昨日、この『セコハン』の勉強会をWAREHOUSEさんにしてもらいました。

こだわりの物作りは、意外なところにも。

アメリカかから持ち帰った・届いた古着を表現するため、匂いも加工してるんです。


是非、店頭でその香りも楽しんでください。


ちなみに、履きこまれた臭い匂いではございませんので、ご心配なく(笑)。

西海岸をイメージさせる、どこか甘い香りがきっとするはず。



イベントの詳細は、こちらにも→クリック

今回のイベントで初登場となる、


こちらのスペシャルオーダーも開催中。

数量限定、早い者勝ちです。


WAREHOUSE 『2nd-Hand Shop』 オープンします!

皆様のご来店、お待ちしております。


ちなみに、どうしても行けない方には必見です。

ビームス公式オンラインオンラインショップにて2モデルご用意させていただきました。

こちらも合わせてご覧ください。


MZO

KENNETH FILED™ TRUNK SHOW

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、


明日10月12日から10月21日の期間で、ビームス 神戸にて、KENNETH FIELD™ TRUNK SHOWを開催。

今シーズン、ビームス プラスがピックアップしたモデルはもちろん、

期間中は、通常取り扱いのないモデルまで豊富にご用意しました。


また、10月12日~10月14日の3日間は、デザイナーである草野 健一氏がビームス 神戸に来店。

3日間限定のスペシャルイベントとして、カスタムオーダーイベントを開催します。


スポーツコート、ベスト、トラウザー、そしてトレンチコートをお客様のお好みに合わせカスタマイズ。

草野氏自ら、お客様へ素材選びや、着こなしのアドバイスをさせていただきます。

根強い人気を誇る、イギリスのFOX BROTHERSの生地をはじめ、本イベントの為に、秋冬物中心の20種類以上のバリエーションを用意しました。


ちなみに、

私もおまけ(笑)で、草野氏来店の3日間は、お客様のご案内のお手伝いをさせて頂ければと思っております。


草野氏来店時間は、

10月12日 17:00〜21:00

10月13日 13:00〜16:00 / 18:00〜21:00

10月14日 11:00〜13:00

の予定です。


そして、このイベントと言えば、、


こちらは、前回2年前に開催した時の写真。

今回もやります!

草野氏、そして弊社 スタイリング ディレクター 白川、私とトークショー。


今回のお題は、

「Coat羽織ってなんぼや〜!」

お気に入りのコートのお話から、独断と偏見でご紹介する今季オススメコートのお話などなど。


ようやく秋冬ファッションが楽しめる季節が到来。

少しでも皆様のお買い物や、スタイリングのアドバイスが出来ればと。。。


日時は、10月13日 18:00~より。

場所は、ビームス 神戸のメンズフロアーにて。

詳細は、店舗スタッフ、ビームス 神戸(TEL:078-335-2720)にお問い合わせください。

こちらにもイベントの詳細ございます。→クリック


皆様に楽しんでもらえるようなイベントになればと思っております。


お近くにお越しの方はぜひお立ち寄りください。

多くのお客様のご来店、お持ちしております。



MZO


ROWING BLAZERS 2018 AUTUMN & WINTER ローンチ!

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、


昨シーズン、ビームス プラスに登場した、ROWING BLAZERS。

いよいよ本日、秋冬商品の発売を開始します。





今シーズンも別注商材はもちろん、前回直ぐに完売したアイテムや、一点一点違う表情のラガーシャツ等、皆さんに喜んでもらえそうなアイテムを今回も数多くピックアップしてきました。




今日から、9月30日までビームス プラス 有楽町にて先行発売。


皆さんのご来店お待ちしてます!


MZO


CONVERSE ADDICT 10周年

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、




来月、10日と言えば、CONVERSE ADDICTの発売日。

ですね。


毎シーズン何がリリースされるのか、展示会前に楽しみで仕方ありません。

今回、ビームス プラスでPick upしたラインナップは、

こちら↓


↑CHUCK TAYLOR CANVAS HI RED

アディクトのオリジナルスペックを搭載したCHUCK TAYLOR CANVAS HIのシーズナルカラー。

ハイカットでは初となる「レッド」カラーが登場。



↑CHUCK TAYLOR SUEDE KNEE HI

すでに、恒例となったコラボレーション。

「N.HOOLYWOOD」18AWコレクションと連動したアイテム。

80年代後半にリリースされた KNEE HIモデルのアッパーにはスエードを、タンにはキャンバスを用いたブラックモノクローム仕様のアイテム。

取り外し可能なファスナーテープを付属したワークブーツのようなCHUCK TAYLOR。



そして、今回は11月10日にもCONVERSE ADDICTの発売がございます。

こちらです、


多くのスニーカーファンから復活の声を望まれたモデル。

ようやく、このタイミングで、、

しかも、CONVERSE ADDICTにて発売。





ONE STAR LOAFER 

90年代前半に発売された当時のシャープなシルエットを再現し、クッション性、フィット性に優れたオーソライトとスポンジラバーの2層構造による新たなインソールや防滑性と耐摩耗性に優れたビブラムソールを採用。

更なるスペックアップで美しく機能的に昇華したONE STAR LOAFER。

こちらは、11月10日発売です。


すでに多くのお客様からお問い合わせを受けております。

気になる方は、

ビームス プラス 原宿

TEL:03-3746-5851

ビームス プラス 有楽町

TEL:03-5220-3151

までお問い合わせください。


今年2018年10月でCONVERSE ADDICTも10周年を迎えるようです。

ぱちぱちぱち!!

今後も"進化するヴィンテージ CONVERSE ADDICT" 楽しみにしています!



MZO




MOSCOT TRUNK SHOW !!

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、


ビームス プラス 有楽町 秋の怒涛のイベント祭り。

定例のMOSCOT TRUNK SHOWが本日より開催しております。


店内の様子をどーんと、





バリエーションだけでなく、普段展開のないフレームサイズもご用意し、お客様のフィットに合わせても選んでもらえるイベントです。

会期は9/17(月)まで。


毎回、定番モデル LEMTOSHに装着出来る、クリップタイプ(サングラス)が人気なようで、

最近では、モダンなフレームを選ばれる方も多いようだとか。


かなりのバリエーションをご用意してます。

お近くに来られる際は、是非お気軽に覗いてみてください。

詳細は、こちらもどうぞ→https://www.beams.co.jp/news/1078/


秋冬物もちらほら入荷してきてますよ。


MZO



東西のTraditional events開催中

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日は、こちら


とこちら、



既に先週から開催させて頂いてるビームス プラス 原宿と、ビームス プラス 有楽町での「AMERICAN INDIAN JEWELRY FAIR」と、「SPORT COAT FAIR」

残すところもあと僅か。


店内の雰囲気を改めてこちらに。

まずは、ビームス プラス 有楽町での「SPORT COAT FAIR」の模様。

明日、8月26日 (日)までです。





回を増すごとに、リピートして頂いているお客様も多く、お好みの素材を選び、イージーオーダーが可能。

ご用意させて頂いた生地のバリーエションはなんと200種類近く!!

オーダーから10週間程でお客様のお手元にご用意出来る予定です。ちょうど季節柄秋冬シーズン真っ只中の頃でしょうか?


そして、ビームス プラス 原宿での「AMERICAN INDIAN JEWELRY FAIR」の模様。

こちらは、8月27日 (月)までです。







最後の画像は、ビームス プラスのインディアンジュエリー番長 STAFFの小林の腕周りです。

通常はビームス 渋谷に勤務しているんですが、こちらのイベント開催中には都内近郊店舗にて販売応援中。

店内のレイアウトも小林自ら陳列を行い、お客様にわかりやすく見てもらえるよう、テイスト毎に纏め上げられています。

ちなみに、イベント終了の8月27日まではビームス プラス 原宿でお客様のご案内をしています。

『どんな雰囲気が良いか?』、『オススメのアーティストは?』等々。色々聞いてみてください!

ちなみに、お隣のお隣、ビームス ボーイ 原宿でもこちらのイベント開催中です。


ビームス プラスでは恒例のアメリカのTraditional events。

どちらも圧巻のバリエーション。


秋冬商材もちらほら入荷してまいりました。まだまだ暑いんですが、早いものは既に在庫薄のアイテムも。

皆様のご来店、お待ちしております。



MZO




Fishing Vest 第3弾!

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

本日はこちら、


本日、8月24日発売です。

先程完成したばかりのビームス プラス 原宿のウィンドウディスプレイ。

COLUMBIA BLACK LABELと、Mountain Researchとのコラボレーション企画、第3弾。

今回も、Mountain Research 代表の小林氏が愛するFishing vestをベースに別注企画に参加させて頂きました。




今回は、Fishing vestと、ポンチョがSetでコーディネート出来るアイテムです。

もちろん、COLUMBIAの数あるFishing vestのアーカイブの中からチョイス。

1980年代に販売されていたその名も「Beaverhead Vest」。

今回はこちらのアーカイブをベースに企画しました。




Fishing vestは、前回の別注でも好評を博した、COLUMBIAのFishing vestを代表する80年代リリースされていた「Henrys Folk」Vestをベースにしています。

本格的にアウトドア・Fishingシーンでも活躍出来るようにしながらも、ポケットのマチの幅や、着丈のアレンジ等を調整し、タウンユースでもコーディネートし易い様仕上げています。


こちらの代表的なディテールと言えば、ポケット。大小様々なポケットの数は21個。

余談ですが、私、着ている洋服のポケットを出来る限り使いたがる癖があり、この企画のFishing vest愛用してますが、ライターや、フリスク等無くしたと思った時には、いつもどこかのポケットに入っていることもしばしば。


話を戻します。

そして、今回Setで販売されるポンチョはというと、当時は背面の背中のポケットにしまい込まれており、急な天候の変化や、濡れる可能性がある際に出して着用していた様です。

今回濡れたポンチョをしまう際に水がたまってしまわぬ様にと、バックポケットの底面をメッシュ仕上げにしています。



そして、ポンチョはというと、


防水・透湿機能を施した2レイヤーの素材を使い、レインポンチョとしての使用が可能です。

当時の様に身軽にしまい、持ち運び出来る様にと、当時のデザインをベースにし、極力シンプルに仕上げました。

こちらもFishing vest同様に、タウンユースでのコーディネートがし易くなる様、現代的なFittingへとアップデートさせています。


今回のこちらのアイテム、

Mountain Research 小林氏が、BEAMS STAFFのスタイリングを見てくれた中に、以前別注で販売したFishing vestのコーディネートからインスピレーションしてるんです。

そのSTAFFは、Vestとインナーの色を合わせ、トーナルでのスタイリング。

その見え方が新鮮な見え方で、良かったなー。と。

ここから、この企画へと結びつきました。

ちなみに、、ご存知の方も多いかもしれませんが、小林氏は数々のFishing vestを所蔵してます。

私も一度事務所で拝見させて頂いた時は圧巻のコレクションでした。


釣りはしないと言う小林氏。なぜFishing vestに惹かれるかは、無数のポケットワークや、男心くすぐるディテールの数々が宿ったアイテムだからだとのこと。

小林氏が僕らに話した「ラゲッジウエア」と言うキーワードに僕らも胸を打たれ、第3弾の別注企画に辿り着きました。


ビームス プラス別注カラーは、ブラウンカラーをリクエスト。

ブラウンのツィードジャケットやコート、コーデュロイのパンツ等、秋冬アイテムとのコーディネーションにすんなりハマるカラーリング


通常カラーは、ブラックと、ベージュの2色。



こちらもビームス プラスで販売します。



本日、8月24日発売です。気になる方はお早めにお問い合わせください。

私個人的なオススメコーディネートですが、オーバーコートやスポーツコートのインナーにひっそりと仕込むスタイリングが好みです。



MZO



REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION 2018夏!!

いつもビームス プラスBLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

夏といえば、、こちらのイベント。


すでに、今週の木曜日からスタートしました!

こちらのイベント、もうかれこれ、10年近いでしょうか・・。

皆様に楽しんでもらえるイベントにしたく、毎回デザイナー 後藤氏含め、新ネタの企画を考えております。

今回は、オーダー会 初登場アイテム「アワード ジャケット」(通称 スタジャンってヤツですね)のカスタムを企画。

しかも、REMI RELIEF様のご好意もあり、盛りだくさんのカスタム内容となりました。


まずは、選べる素材が3種類

↓「アワード ジャケット」といえば、これですかね。メルトン素材。



↓ビームス プラスのお客様にはこの素材好きな方多いはず。私も好きです、コーデュロイ素材。



↓よりスポーティなー雰囲気と、着用シーズンが幅広い、光沢感あるサテン素材。



選べる色は、どの素材を選んでも#ブラック、#ネイビー、#マスタード、#グリーンの4色から。

襟の形や、袖、裾のリブデザインのカスタムもOK!

冬に着るなら中綿入りで。レイヤード重視や、春先のコーディネートには中綿無し。なんかのカスタムも可能。

そして、「アワードジャケット」といえばこのカスタム欲しいですよね?

↓数々のワッペンや刺繍のバリエーション


こちらはなんと、Made in REMI RELIEF。

今回のこちらのイベント用にとオリジナルで作成していただきました。本格的な仕上がりです!

このイベントの醍醐味、まさに自分好みのスタジャ・・いや、「アワードジャケット」をこの機会に是非!


そして、

↓久々にこちらのイベントに登場します、ミリタリーシャツ。


こちらはREMI RELIEFでも定番的に人気のあるオリーブカラーと、今回このイベント用にと「タイガーカモ」の2種類が登場。


そしてそして、

↓このイベントの定番、REMI RELIEFとビームス プラスの定番でもある、ウエスタンシャツ。


ミリタリーシャツも同様に、今回も定番のスタッズ味付けカスタムや、大胆に背中にドカーンと刺繍、パッチワークアレンジなどなどこちらにも新ネタご用意してます。

ちなみに、

先日WEBサイトにてアップさせて頂きました、↓こちらはご覧いただいてますでしょうか?


まだの方は是非ともこちらクリックください。

ウエスタンシャツにおいて、デザイナーの後藤氏に熱く、面白く話していただきました。


と、いつも以上のバリエーションで今回も開催してます、今回の開催店舗は、

8/9(木)~8/12(日)

*こちらは既に明日、明後日の2日間を残すのみです。

ビームス プラス 有楽町・ビームス 天王寺


次週は

8/16(木)~8/19(日)

ビームス 新宿・ビームス 辻堂

にて開催させて頂きます。


あと、Online shopでも、いつも通り開催。

このイベント用にと期間限定での受注生産そして、Online shop限定商材をラインナップ。

↓こちらのページも是非ご覧ください



久々のBLOG UPになってしまい、すいません。

ここからは、また秋冬物がたくさん入ってきますので、どんどん紹介していきたいと思ってます。

明日 8/11(土)はこちらのイベントのお手伝いでビームス プラス 有楽町にお店立ちしております。

天候がイマイチだとか・・・。


皆様のお手伝いをさせて頂ければ光栄です。

ご来店お持ちしております。



MZO