BEAMS PLUS 20周年 Part.2

溝端 秀基 2019.04.24

いつもビームス プラス BLOGをご覧の皆様、こんにちは。MZOです。

前回のBLOGに続き、20周年関連を。

本日は、20周年を記念しローンチされたアイテムのご紹介です。

こちら、

↓Engineered Garments



こちら、

↓Rowing Blazers



こちら、

↓WAREHOUSE



こちら、

↓MOSCOT



まずは、

↓Engineered Garments


今回のコラボレーションは、20周年と言うキーワードから考えてもらったアイテムです。

『ビームス プラス 20周年パーティーを開催しますので、是非お越しください!』

コラボレーションのミーティング時にデザイナーの鈴木 大器さんに唐突にこの言葉を投げてきました。

鈴木 大器さんご自身が、ビームス プラスのパーティーに来るなら、何を着てきますか??

と言ったお題から生まれたセレモニーウエアーのコレクション。


↓シングルディナージャケット





カラーは、ブラック1色ですが、コットンとサーマーウールの2素材を用意。

肩肘張りすぎない、カジュアルな感じが絶妙な雰囲気です。

ちなみに、最後の画像2枚はサマーウール素材です。


↓ウィングカラーシャツ


こんな時こそ、Bow-Tie(蝶ネクタイ)のチョイスはいかがです?

相性が良い、ウィングカラーのブロード生地のシャツ


↓ディナーファティーグパンツ





鈴木 大器さんと言えば、このパンツをイメージする人多いんじゃないでしょうか?

こちらにもセレモニー感を少し加えたアレンジが、側章として効いたデザインがポイント。

セットアップ感を演出できる、ブラックカラーはサマーウールとバックサテン。

オリーブカラーは、バックサテンをご用意しました。

写真は、全てバックサテンの素材のものです。



先日、僕も早速、セットアップで着用してみました。

ちなみに、ジャケットは、サマーウールをチョイスし、パンツは、ブラックのバックサテンをコーディネートしました。

インナーは、シャンブレーシャツにBow-Tieを巻いたパーティースタイルを意識したコーディネートをしてみました。

カジュアルに行くなら、セットアップに、白Teeで、シルクのストールなんかも良さそうだし、

タキシードジャケットに、ブルーデニムに、スニーカー。名監督が映画の授賞式で見せたスタイル・コーディネートも憧れますね。


気になる方はお早めにお問い合わせください。


次回は、こちらの詳細をお話しますね。

↓Rowing Blazersとのコラボレーション



MZO