タグ「インディビジュアライズドシャツ」の記事

速報!!INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOWSpecial Fabric~


皆様こんにちは。

ビームス プラス 丸の内の落合です。


タイトル通り、今週末2/10(土)から始まるINDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOWについての速報です!!


当イベントについて紹介している、staff丹羽のブログ もぜひ合わせてご覧下さい。


(※当イベントは2/10.11.12.17.18の開催期間で、アポイント制となっておりますのでご注意下さい。)


お問い合わせも多く、スタッフ一同も心待ちにしておりました、今回限定のトピックス生地が手元に届きましたのでご覧下さい!!




今回のトピックスは''チェック''生地でございます。

仕上がりが8月下旬頃、夏に仕上がる予定…。ということはチェックシャツが欲しい時期ですね。色鮮やかなものからダークトーンの通年でお使い頂けるような生地がこのラインナップからお選び頂けます!




こちらはオックスフォード生地。

やや厚手のしっかりとしたウェイト感のある生地です。

所謂タータンチェックのような柄や春夏らしい色使いのチェックまで、計5色ございます。




そしてお次は…

今回は夏の風物詩とも言えるマドラスチェックの生地を計7色ご用意することが出来ました。




個人的にこのオレンジ、グリーンの生地が気になります…。60年代のアイビールックを彷彿とさせるようなこのマドラスチェックに一目惚れしてしまいました。どちらかはオーダーしようと考えています。

悩んだところで結局2枚オーダーしてしまうのですが…汗。


当ブログではトピックスであるチェック生地をメインにご紹介致しましたが、他にも数種類ご用意がございます。そちらは是非店頭でご覧下さい。




大迫力のウィンドウディスプレイも必見です。


いかがでしたでしょうか。

イベント開催に伴いまして、簡単ではありましたがトピックス生地をご紹介させて頂きました。


当オーダー会は''アポイント制''となっております。

お電話でも承れますので、お気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。


KOSEI OCHIAI



イベントの詳細は下記画像をタップしてご覧下さい↓↓↓




いよいよこちらのイベントも始まります…

こんばんわ。

ビームス プラス 有楽町 石川(TAKAHIRO)です。

先日開催したビームス プラス 有楽町の恒例イベントであるSPORT COAT FAIRでは、沢山のお客様にご来店いただきお陰様で大盛況のうちに幕を閉じました。

ご来店いただいたお客様、誠にありがとうございました。




SPORT COAT FAIRに続き忘れてはならないのが、〈INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT〉

400種類以上の生地バリエーションからお好みの生地、襟型、カフ型、ポケットや刺繍までお選びいただけます。

また、既製品が普段合わないとお悩みのお客様もご安心ください。

ネックサイズやヨークサイズ、チェストからウエストにかけての絞り、レングスサイズやカフサイズまでお客様が理想とするフィッティングでオーダーいただけます。

詳しくはビームス プラス 有楽町のインスタライブのアーカイブをご覧下さい。

そして気になるのが、トピックス生地ですよね、、。今回も選りすぐりの生地をご用意しております!

先ずはこちらから。




【Great American Oxford】

皆様お待ちかねの「グレートアメリカンオックスフォード」を本オーダー会にてホワイトのみご用意しております。

INDIVIDUALIZED SHIRTS社が所有する膨大なアーカイブの中から1950年代のオックスフォード生地を現代に再現した生地。

以前のグレートアメリカンオックスフォードとは違い、コシがありながらも滑らかな肌触りが特徴的で、定番でご用意しているケンブリッジオックスフォードに近いイメージです。

最初はやや固さがあり着づらい生地ですが、着込むことで生地が柔らかくなり体に馴染んでくる過程を楽しめるのもこの生地の魅力。

当時の雰囲気を感じながら、先ずはアメリカが生んだポロ・カラー(ボタンダウン・カラー)シャツでオーダーしてみてはいかがでしょうか?




【BIG GINGHAM CHECK】

続いても、お客様から熱望の声をいただいていた「ビッグギンガムチェック」数量限定ではございますが、グリーン、レッド、グレーの3色でご用意しております。

生地はアメリカで最も人気があり、オーダー会でも「ピンオックス」の名で広く知られているピンポイントオックスフォードを採用。

定番のオックスフォード生地とは異なり細番手の糸を使用している為、キメが細かく表面は上品なタッチ感です。

オックスフォード生地の組織+細番手ですので、洗い晒しでラフに着用いただいたり、ネイビーブレザー等のスポーツコートのインナーにもオススメです。

私的には、某俳優のコーデュロイスーツにギンガムチェックのボタンダウンシャツのこなしが頭から離れません、、。




【MADRAS CHEK】

最後にご紹介させていただくのが、ビームス プラスでも馴染みがある「マドラスチェックシャツ」

こちらはインドで織られたインディアマドラスチェックでは無く、INDIVIDUALIZED SHIRTS社が開発したマドラスチェック生地です。

堅牢度が低いインディアマドラスチェックは縫い立てる針に染料が移ってしまう為、色移りせずインディアマドラス特有の風合いを残しながらも色が自然に掠れていく生地を表現しています。

またチェックのパターンは1960年代当時のマドラスパターンを忠実に再現しており、正に男心くすぐる一着になりそうです。

アイビーでは、永久定番のマドラスチェックシャツ。オーダーしない手は無いですよね、、。



今回ご紹介させていただいた生地はほんの一部です。

定番生地から変わり種の生地まで豊富にご用意しておりますので、気になる方はビームス プラス 有楽町へお問い合わせください!

オーダー受付は、アポイント制とさせていただきます。詳しくは開催店舗までお問合せください


Made in USAのカスタムオーダーシャツをこの機会に是非!!



石川(TAKAHIRO)


ビームス プラス 有楽町 開催期間 2023年2月25日(土)・26日(日)・3月4日(土)・5日(日)



気になる商品をご自宅や移動中にサクッとWEB決済いただき、ご自宅まで配送できるサービスです!


日々、スタイリング、フォトログ、ブログアップしておりますので気に入っていただけたらフォローお願い致します!!


INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER FAIR③

いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧頂きありがとうございます。こちらでは初のブログとなりますのでご挨拶させて頂きます。


先月ビームスのドレス部門から異動して参りました河野と申します。かねてより希望していた店舗で働くことができ、楽しい毎日を過ごすことができています。


レーベルが変わることで環境もガラッと変わりましたが、私自身は変わることなく、私なりの"ビームス プラス"をお届けして参りますので、どうぞよろしくお願い致します。


本日は私の真後ろで開催されております、<INDIVIDUALIZED SHIRTS>CUSTOM ORDER FAIRについてご紹介致します。



オーダー会も折り返しに差し掛かかって参りました。フォトログやブログ、インスタグラムなどでスタッフによるリコメンドやアーカイブが数多く紹介されております。是非ご覧になってみてください。



そうした中、今回ブログを書くにあたって何か別の切り口はないかと模索していると、閃きました。


"クールビズ用のシャツ"は如何でしょう。

仕上がりが3〜4月頃を予定しているので時期としては丁度いい頃合いなのではないでしょうか。


スーツやジャケットの下に着用しているシャツをそのまま流用することもできますが、折角ならテンションの上がる、コーディネートとして完成度の高いシャツが欲しい方も多いはず。

ネクタイをしなくてもサマになるか否かは結構重要です。


まずは大定番、タッターソール。

お持ちの方も多いと思います。が、この手の柄は何枚あってもよろしいかと。その日の気分やパンツ、シューズによって着分けるのが大人の楽しみ方。


次にマイクロギンガムチェック。

通常のギンガムチェックよりも細かく柄感が目立たちません。"遠目だと無地"がポイント。タッチもツルッとしておりドレス顔な生地となっております。


このようにチノパンに合わせて頂くと良さそうです。


この組み合わせならブレザーを手持ちして頂いて必要となればサッと羽織っても間違いないコーディネートに。シューズやバッグでカジュアル度合いの調整もできますね。


続いてはトーンの差が少ないチェック柄


無地やストライプのシャツよりもややスポーティな印象になりネクタイをしなくても良し。いわゆる"ネクタイを外しただけ"な感じになりません。


この様にウールパンツと合わせて。


グレーは勿論、ネイビーのトラウザーズでワントーンのコーディネートもモダンでよろしいかと。コットンパンツではカジュアル過ぎるという方にオススメです。


続きまして、シャツの雰囲気を左右する襟型です。

レギュラーカラー。


セミワイドカラー。


ポロカラー。

まずは好みのものをチョイスしてください。ただ、クールビズでネクタイをしないことを考えるとやや小ぶりな襟型が良いかと思いこちらの3つをチョイス。


また、ネクタイをしない時にも気にして頂きたいのが"ネックサイズ"。ジャストサイズを選んで頂くと襟の立ちや開きがより一層良くなります。

この辺りもオーダーだからこそ調整のきくポイント。


最後にポケットディテール。

私が密かに気になっているのがこちら。


ジャケットがなくなり小物の収納場所に困る時期、シャツのポケットはかなり需要。ポケットを分割してボールペン入れに。このギミック感がまた良し。河野、イチ推しです。


考えているだけでワクワクする当イベント。

数少なくなっているアメリカ製で、とっておきのシャツをお作りできるこの機会。是非ご検討ください。ご来店、お問合せお待ちしております。


最後までご覧頂きありがとうございます。

河野


ビームス プラス 有楽町では、2022年10月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・10日(月)の5日間開催になります。

※オーダー受付は、アポイント制とさせていただきます。詳しくは当店へお問い合わせください。

INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT】

INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWA(TAKAHIRO)です!

日に日に秋が深まってきておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

さて本日は、この時期の定番イベントになりつつあるINDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENTについてご説明させていただきます。

このブログをご覧になられている方は、既にお作りいただいた方も多いかと思います。

本オーダー会では、お客様の体型やお好みのフィッティングに合わせ、生地、襟型、カフ、ポケットをお選びいただけます。

400種類以上の生地バリエーションからディテールを組み合わせ、世界に一つだけのシャツをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

早速ですが、私が前回オーダーしたシャツがこちらです!


その名も「BREZZA BLUES」といわれる生地で、オルタネイト・ストライプ(交互縞)の柄になります。

某ブランドのシャツをデザインソースとし襟型はタブカラー+クレリック(襟のみホワイト)の仕様で私の理想を具現化した一着です!

また、もう一枚オーダーしたシャツは定期的にアップしている「TAKAHIRO BEST BUY」で紹介させていただいてますのでそちらも併せてご覧くださいい。


それでは、今回のINDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENTでオーダーいただけるトピックス生地を紹介させていただきます。


先ずはスタッフ、お客様からの注目度が高い「RIGID DENIM」&「RIGID CHAMBRAY


「RIGID DENIM」(右)は、その名の通り未洗い糊付きのパリッとした肌触りが特徴的なブラックデニムです。

ブルーデニムは、どうしてもワーク感が強く苦手、、。

土臭く無く、クールな雰囲気で着用したい方にオススメしたい生地です!

この機会にドレスシャツでは珍しいブラックデニムをオーダーしてみるのも良いかもれません。

続いてはRIGID CHAMBRAY」(左)

待ちに待ったシャンブレーの登場です!

程よい生地のウエイトで、糸のムラ感がなんとも雰囲気抜群です!

迷ったらボタンダウンがオススメですが、ネクタイを持ち上げ立体的なVゾーンを生み出すタブカラーや剣先に丸みをおびたラウンドカラーもスタッフの中では人気が高いです。

ぜひ襟型で迷った際は、スタッフにご相談ください!


最後は鮮やかなパステルカラーが目を惹く「BOLD STRIPE」


60年代西海岸のビーチシーンを連想させるような配色です。

ボタンダウンのプルオーバースタイルやショートスリーブ、オープンカラーやバンドカラーなど色々妄想が膨らみます、、。

数に限りがございますので、気になる方はお早めにご検討ください!

ちなみに私は、グリーン推しです!


今回ご紹介させていただいたトピックス生地以外にも豊富な生地のバリエーションをご用意しておりますので、気になる方はお気軽にお問合せ下さい!

ビームス プラス 有楽町では、2022年10月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・10日(月)の5日間開催になります。

※オーダー受付は、アポイント制とさせていただきます。詳しくは当店へお問い合わせください。


ISHIKAWA


INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT】



今週末がラスト。~INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show~

ブログをご覧の皆様、おはようございます。

いよいよ今週末、3/12(土)と3/13(日)でラストとなりました、

INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show






先週末は多くの方にアポイントを頂き、非常に盛り上がりました。

特に今回ご用意させて頂いたトピックス生地にオーダーが集中し、既に枠が無くなりそうな生地も。。

今回はトピックス生地の1つでもあるVintage DENIMと

BEAMS PLUSと言えばの・・・ド定番のオックスフォード生地について少しお話をさせて頂きます。




Vintage DENIM


 

ネーミングだけでもグッと惹かれるこの生地ですが、

実は長らくINDIVIDUALIZED SHIRTSでは定番的にやっていたデニム生地です。

定番とは言いつつも、Trunk Show(オーダー)ではかれこれ4~5年?位はご無沙汰となっていて生地です。

NYの生地屋とINDIVIDUALIZED SHIRTS社で作られた正にアメリカ製のデニム生地。

地厚な生地にゴワっとしたタッチ感、まさに今だと探してもなかなか・・・いえ、殆ど出会えないデニム生地です。

そんなVintage DENIMですが・・・実は来シーズンから廃番となってしまいます。

そうと聞けば・・・せっかくなら最後はTrunk Show(オーダー)で使いたいと思い、ピックアップした限定生地です。

既製品としてしばらく定番の生地でしたが、来シーズンこそ既成品でも姿を消してしまいます。




ご自身のお好みに合ったフィッティング、襟型、ポケットやカフの仕様・・・そんな思いを込めて作れるご自身だけの"Vintage DENIM"シャツ、今回限りとなります。











Vintage DENIM・・・自分も実は6年前にオーダーした生地で、だいぶ表情が変わったのでご紹介させて頂きます。

色が抜け、アタリがハッキリと出ており、まさに着古されているお気に入りの一枚です。

久々にワンウォッシュの状態のシャツと比べ、ここまで色が違うのか・・・と正直びっくりしています。

一時はルームウェア的に毎日着ており、かなりアタリも強く出てきています。

果たしてこの着古された感じが良いのか、悪いのか・・・正直自分にも分かりませんが、ここまで着ると確実に愛着は湧いてくるかと(笑)



個人的にも思入れのあるVintage DENIMの生地、もしオーダーの枠が残っているなら自分もデッドストックとして追加オーダーしようと考えています。

昨今のBEAMS PLUSでも話題の変進開花の楽しみやINDIGOカラーのコーディネート、そんな気分にもフィットするオススメの生地です。

余談ですが・・・実はこの生地、生地が厚過ぎて、縫製の段階でミシン針が折れる事も多いとか。その位タフで着倒しがいのある生地です。




続いては・・・





やはりお好きな方も多いかと思われるオックスフォード生地を。

アメリカのシャツメーカーという事もあり、オックスフォードの種類は本当に豊富です。

その中でも"ザ"なオックスフォードを2種類ご紹介させて頂きます。





左がBritish(Cambridge) Oxford、右がRegatta Oxford

アメリカンなボタンダウンシャツで良く使われるタッチ感・・・個人的に思う"ザ"なオックスフォード生地がこの2種類です。

ホワイトはなかなか伝わり辛いですが・・・サックスは画像だけでも分かり易い色合いの違い。

British(Cambridge) Oxfordはやや光沢感があり、しなやかなタッチに比べ、

Regatta Oxfordはややくすんだ(生成りがかった)色合いにドライなタッチ感。



INDIVIDUALIZED SHIRTS × BEAMS PLUS / 別注 ケンブリッジオックスフォード スタンダードフィット
カラー:ホワイト、サックス
サイズ:14.5、15、15.5、16、16.5、17
価格:¥25,300(税込)
商品番号:38-11-0258-597


Regattaと比較するとやや細番手の糸を使い、ややドレス向きのシャツ生地です。


BEAMS PLUSのラインナップでも"ドレスシャツとしてのボタンダウンシャツ"として店頭に並んでいます。

オックスフォード生地と言えばの肉感はありつつも、やや上品な顔つきの万能な生地です。





Regatta Oxfordは洗い込めば洗い込むほど目が詰まり、ガサッとしたドライなタッチ感。

個人的には大好きな生地で、ホワイト・サックス共に愛用しております。

この生成りがかった色合いがミリタリーパンツやポケットデニム、チノパンツ・・・とカジュアルなボトムスとの相性が抜群なんです。

まさに着心地も見た目もタフなオックスフォード生地。




と、ほんの一部のオックスフォードをピックアップしましたが・・・

もちろんこれ以上にも多くのオックスフォード生地をご用意しております。




色々とご紹介したい生地は山盛りですが、その続きは是非店頭にて。

3/12(土)と3/13(日)の残り2日間となりました。

アポイントに関してはお気軽にビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)までお問い合わせ下さいませ。



JUNICHI YANAI

INDVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

久々のブログですが・・・本日も当店ビームス プラス 有楽町のイベント事情について少しだけ触れさせて頂きます。

先週、大盛況で終えたSPORT COAT Fairですが、その勢いのまま3月にはMADE in USAのオーダーシャツ≪INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show≫が開催されます。

ここ最近ですと一年に二回開催させて頂き、毎年多くの方にオーダーを頂いております。

本当にありがとうございます。

BEAMS PLUSの様々なアイテムの中でもドレスシャツとしての位置付けで取り扱いさせて頂いており、まさにアメリカンなスポーツコート・スーツスタイルに合わせて頂きたいシャツブランドです。




今年も無事開催が決まり、昨年9月に開催された時の様にイベント限定のトピックス生地を今回もご用意しております。





既に弊社のホームページでも公開されましたが今回のトピックス生地は3種類。

どういった生地や・・・どんな仕様がオススメか・・・等は2/27(日)と3/8(火)に当店のInstagramアカウントにてインスタライブでお話させて頂きます。

なのでサラッとではありますが、画像でご紹介。

ニューヨークの地下鉄から配色を抜き、ストライプ柄に落とし込んだ『SUBWAY STRIPE』

ポップなカラーでボタンダウンシャツ・・・ありそうでなかなか出会えなかったこの手のストライプパターン。











ニューヨークの生地メーカーとINDIVIDUALIZED SHIRTSが共同開発した『VINTAGE DENIM』

まさに正真正銘のMADE in USA。

私も6年前にオーダー(そこから暫くトランクショーでは廃番となっていました)し、今でも愛用しているのですが・・・本当に風合いが抜群です。




前回のオーダーでも登場したシャンブレーの変わり種『HERITAGE CHAMBRAY BEIGE』

数枚だけ生地があるとの事で・・・今回も生地を抑えてもらう事ができました。

何かと重宝するシャンブレーのシャツ、柔らかいライトベージュカラーがクラシックながらスタイリングに馴染みます。


今回はこちらの3種類です。

実はこの生地でご自身のフィッティングや好みの仕様でオーダーできるのは今回BEAMS PLUSのみ。

シャツ生地を眺めてるだけで色々とイメージが膨らみ、勝手にコーディネート組みを頭の中で楽しんでいます。笑

ただ・・・生地のストックには限りがございます。

こう言った言い方はあまり好きではないのですが・・・トピックス生地に関しては先着順となります。

3/5(土)、3/6(日)、3/12(土)、3/13(日)の計4日間、アポイント制となります。

もしトピックス生地が気になる方は是非お早めにアポイントを入れて頂けたらと思います。

アポイントに関してはビームス プラス 有楽町 03-5220-3151までお問い合わせ頂ければ、空いてる日程・時間帯でアポイントを承らせて頂きます。



前述もしましたが・・・

2/27(日)と3/8(火)の20:30よりインスタライブにて、私とSTAFF ISHIKAWAのコンビでオーダーの概要やオススメ生地等、お話させて頂きます。

是非、オーダー内容の参考にして頂ければと思います。




JUNICHI YANAI

INDIVIDUALIZED SHIRTS "Exclusive Fabric for BEAMS PLUS"

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

一気に気温が下がり、秋服が楽しい季節が到来してきました。

先日はビームス プラス 有楽町でSPORT COAT&WILLIAM LOCKIEのオーダーが無事終わり、スタッフの予想を遥かに超える反響がございました。本当にありがとうございます。

スポーツコートを羽織り、ニットウェアを挟み、お次は・・・やはりVゾーンを彩るのには欠かせられないシャツ。



先日より当店スタッフがスタイリングやブログで紹介しておりますが、今年もINDIVIDUALIZED SHIRTSのカスタムオーダーフェアを開催致します。

某アメリカントラディショナルブランドのカスタムオーダー部門を請け負っていた実績もあり、アメリカのオーダーシャツの代表格でもあるINDIVIDUALIZED SHIRTS。

大好きな『アメリカ製』で作れる自分だけの一枚は毎回心躍ります。

自分もビームス プラス 有楽町へ異動してきて気付けば5年半、過去のオーダーも含めて結構な量になりました(笑)。

BEAMS PLUSではスポーツコートに合わせるドレスシャツの立ち位置であり、既製品では叶えられない好みのフィッティングや生地で作れるのはやはり魅力的です。

そんなINDIVIDUALIZED SHIRTSのカスタムオーダーですが・・・今回BEAMS PLUSだけの限定ファブリックをご紹介させて頂きます。



Heritage Chambray (BEIGE)

たまたまINDIVIDUALIZED SHIRTSの代理店でもあるメイデンカンパニー様の展示会にお邪魔させて頂いた際、ふと目に入ったのがこのシャンブレー生地でした。

以前からオーダーして下さっている方はご存知かもしれませんが、このHeritage ChambrayはもともとBLUEを展開しており、当時はオーダー会で大盛り上がりを見せてた生地です(・・・今回はBLUEのご用意がございません。。)。

INDIVIDUALIZED SHIRTSの2021 Autumn&Winterのシーズンテーマが『AMERICAN WORKED』。

INDIVIDUALIIZED SHIRTSの創業60周年を迎え、アメリカを支えてきた人達にフォーカスを当て、アメリカを思わせる生地バリエーションでアイテム群が組まれていました。

その中の一つとしてワークウェアを連想させる生地がHeritage Chambray。肉感はありつつも柔らかく、洗い込む事での変進開花がとても楽しみな生地です。今回の新色でもあるBEIGE(OATMEAL)は、カバーオール等で見られる"生成り"をイメージして作られた生地との事。

柔らかい色合いで、BEIGEと言いつつもオフホワイト?オートミール?の様な所謂『イナタイ』色合い・生地感です。



思い返せばBEAMS PLUSで取り扱いあるシャンブレーは基本BLUEが多く、この手のオートミール調のカラーは初めて。

生地の風合いと柔らかい色合いは、BEAMS PLUSの取り扱いしているパンツとほぼほぼ合う!?と思わせてくれます。

この生地を見ているとやはり考えるのがスポーツコートとのコーディネート。

秋冬にはコーデュロイやツイード生地、春夏にはリネンやコットンスーツ・・・あれ、ほぼほぼ何にでも合う。。と思い、やはりオーダーしないとあとあと『オーダーしとけば良かった。。』と後悔しそうな一枚です



続いては

University Stripe(BROWN、ORANGE、PINK)






こちらは2021Spring&Summerのシーズンテーマでもある『COLLEGE SHOP』より、アイビースタイルには欠かせられないキャンディストライプのカラー提案です。

ベーシックな生地で色展開をさせ、その中のキャンディストライプを選ばせて頂いております。



一般的にはブルーストライプが代表的な色で、白地に淡いブルーストライプをイメージされると思います。

ストライプの色は映えながらも、白地に馴染む淡い色は、自分にとっては"ストライプ柄"という感覚より、"無地"に近い感覚で着用できる万能な生地柄です。



今回はそんなキャンディストライプより、カラー提案としてブルー含む、3色仲間入りしています。

どの色もさり気ない主張が見られ、ベーシックながら『普段とはちょっと違う』印象を与えてくれるはずです。

生地はケンブリッジオックスフォードと言われるINDIVIDUALIZED SHIRTSでも定番の生地。

オックスフォード特有の肉感はありつつも、やや光沢感と滑らかなタッチ感が特徴的です。

まさにキャンディストライプに落とし込むのには持ってこいの生地となっています。

やはりボタンダウンシャツに落とし込むのが定石でしょうか。一枚でも着用が楽しめ、ネイビーブレザーとの相性は間違いなく良いはず。





本来はオーダーフェアでは使用できないHeritage Chambray(BEIGE)とCollege Stripe(BROWN、ORANGE、PINK)。

シャンブレーやキャンディストライプ等、定番的な生地に『普段とは違った色』をワードローブに加えられます。

エクスクルーシブの生地の為、オーダーできる枚数に制限があります。

気になる方はお気軽にビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)へお問い合わせ下さい。




INDIVIDUALIZED SHIRTS ORDER FAIRについて、当店のInstagram LIVEにて少しお話させて頂いております。

アーカイブもございますので、お時間と興味ある方は是非ご視聴下さい。






JUNICHI YANAI


STAFF RECOMMEND FABRIC

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

今年も早いものでもう9月に突入しました、、。

ビームスではいよいよ秋冬物が立ち上がりを迎え、店頭に続々新規商品が入荷しております!

オンラインでも新着商品をチェックいただけますので、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!
YOSHIDAのブログでも告知させていただきましたが、SPORTCOAT ORDER FAIRに続き…

INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER9月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)の4日間ビームス プラス 有楽町にて開催します!!

そこで、、、

本日は、スタッフのレコメンドファブリックを紹介させていただきます。

先ずはビームス プラス 有楽町のスマイル担当SHIMAMUKOから。


SHIKAMUKOのレコメンドファブリックは、

今回<BEAMS PLUS>エクスクルーシブファブリックとしてご用意頂いた

<University of Oxford(ユニバーシティ・オブ・オックスフォード)>のキャンディストライプ。

3色展開ある中のイエローカラーを選んでいます。

SIHIKAMUKO曰く

「キャンディストライプの生地でのオーダーは、ボタンダウンの襟型一択ですね!定番のコーディネートですが、ネイビーブレザーのインナーにあわせたいです。」とのこと。

BEAMS PLUSでも普段取り扱いのないカラーでもあり、定番でありながらほんの少し主張できるので気になる方はぜひご検討ください。


続いてビームス プラス 有楽町のボスであるSUZUKIから。


SUZUKIのレコメンドファブリックは、サックスベースのオルタネイト・ストライプ。

ネイビー・ホワイトの縞が交互に並ぶストライプです。

SUZUKI曰く

「襟型は最近マイブームのタブカラーでオーダーしよっかな!コーディネートはグレースーツのインナーに取り入れたいな!」

「石川君、、ストイック過ぎるほどのダンディズムを感じさせてくれるだろ、、。」とのこと。

キャンディストライプも捨てがたいですが、オルタネイト・ストライプもオススメです!


最後に私のレコメンドファブリック。



私のレコメンドファブリックは、

キャンディストライプ同様<BEAMS PLUS>エクスクルーシブファブリックとしてご用意頂いたヘリテージシャンブレーのベージュカラー。
ヘリテージシャンブレーのベージュカラーは、BEAMS PLUSで盛り上がりをみせるアドベンチャーシャツ(カーキ)のインナーに取り入れたいです。

襟型は定番のボタンダウンは勿論の事、バンドカラーやオープンカラーも良さそうですね。


本日ご紹介させていただいた生地の他に、400種類以上の生地バリエーションをご用意しております。

些細な事でも気になる事があればお気軽にお問い合わせください。

また、オーダー受付はアポイント制とさせていただきます。こちらも併せてお問い合わせください。


ISHIKAWA


日々、ブログ・フォトログ・スタイリングをアップしてますので是非フォローお願い致します。

シャツの思い出。


いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧頂きありがとうございます。


吉田です。


連日ご紹介していた《 SPORT COAT & WILLIAM LOCKIE ORDER FAIR 》も多くの方にご来店頂き、昨日大盛況のうちに終了しました。

ご来店頂いた方、誠にありがとうございます!


今回は過去最高とも呼べる生地バリエーション。3部作でお送りしたInstagram LIVEなど…

オーダー頂いた方もそうでない人も、ビームス プラス 有楽町の盛り上がりが少しでも伝わっていればと思っております。

※アーカイブ動画がこちらからご覧いただけます。


オーダーフェアが終わっても、BEAMS PLUS Tailor Lineのネイビーブレザーやグレースーツなど…秋冬モデルも店頭には既に並んでおります。

WILLIAM LOCKIEのニットウェアも、今年の冬にもクルーネックやVネックなどが店頭に並びますので、是非お見知り置きを。


そして、9/4(土)からは初の神戸ラウンド!関西圏の方はこの機会に是非ビームス 神戸に足をお運びください。

さらになんと、BEAMS PLUSではMr.IVYとして知られ、有楽町スタッフ一の美声・お耳の恋人である鈴木 太二が、9/4・5日は店頭で皆様をお迎えいたします!


鈴木「是非お気軽にいらしてください。」



さて、毎年この8~9月はビームス プラス 有楽町ではイベントラッシュ…

秋冬の商品が続々と入荷してくるこの時期。一息つく間もなく、有楽町スタッフも新作とイベントで目が回る…「あぁ今年もこの時期が来たな〜」という感じです。


そう、お次はこちらのイベント。


《INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER !!》




※写真は今年の3月に開催されたときのモノです。


例年3月に開催していた当イベント。今回で2回目となる秋開催でございます。

豊富な襟型のバリエーションに、お好みに応じて選べるカフスのスタイル。


そしてこの豊富な生地バリエーションの中から、お好みのフィッティングをお選び頂きオーダーする事が出来ます。

※イベントの概要はこちら


普段から取り扱いのあるINDIVIDUALIZED SHIRTSは、ホワイト・サックスのボタンダウンシャツ。

それこそ、BEAMS PLUS Tailor Lineにまず合わせて頂きたいアイテムとして常に店頭には並んでいるのですが…


このオーダーイベントでは、無地・ストライプ・チェック柄を主とする豊富なバリエーションの中から何よりの魅力。

普段のスタイリングも、シャツを変えるだけで様変わり。単に色柄を変える…というだけでなく、このINDIVIDUALIZED SHIRTSオーダーイベントだからこそ、選択肢に襟の形やサイズフィッティングなどのパーソナルな部分が加わります。


過去の自分のオーダーを例にちょっとした小話を。

こちらは共にオックスフォードのキャンディストライプ。主にブレザーに合わせるイメージで。

顔が濃く、彫りが深い。そんなところが少しでも和らぐのではないか?笑

と思いこれだけでなく過去にも何着かオーダーしてきました。

面長なので、襟もやや小振りがいいかな…と思い最近は下の襟型に落ち着いてます(顔の話ばかりですみません)。


ちなみに上のピンクは、当時ビームス プラス 丸ノ内にて中村にオススメされた一枚。

先輩がオススメするなら…と思い喜んでオーダーした思い出が。

こちらも数年前、ブランドのシャンブレーシャツが即完売で買えず、その気持ちをオーダーで実現しようと思った一枚。

ワークシャツのディテールをなんとか取り入れようとしたのか、ペン差しのステッチを胸ポケットに施し、変化を付けようとカフのボタンも2つ…

正統派よりも遊び心が勝っていた20代前半のオーダーです。


なかなか見る事のなかったイエローのギンガムチェック。何に合わせようと思ったのか覚えてませんがこれは生地を見た時に即決しました。

周りが着ていないのを着たかったんです。今はラインナップから外れてしまいましたが、たまにお客様からお褒めの言葉を頂いたりします。

またやらないかなぁ…


この時は胸ポケットに初めてフラップを。

たしか生地のネーミングは“Americana”。ネーミングで選ぶ。

主に冬に着る事が多いブルーのタータンチェック。

たしかデニムに合わせるつもりでオーダーしたような記憶が…今もON/OFF問わず愛用中。


久しぶりのクレリックシャツ。そして初めてのネーム刺繍。

自分の名前を入れるのって恥ずかしいな~という壁を打ち破った一枚。

うん、良いい!!お気に入りです。


一番の最新は初めてのネルチェック。緩やかなフィッテングで完全なカジュアル仕様に。

昨日洗濯して、もう少し気温が下がったら着ていきたいですね。


すみません、長々と蘊蓄でもない事を話してしまいましたが…

ルールや正解を求めるだけでなく、オーダーフェアというイベントを是非楽しんで頂きたいなと思っております。


そんな話を、9/2(木)のInstagram LIVEでお伝えしたい…

《9/2(木) 20:30~ INDIVIDUALIZED SHIRTS Instagram LIVE 》


是非ご視聴下さい。




では、また次回のブログをお楽しみに~!!

YOSHIDA


《BEAMS PLUS 2021AW LOOKが公開となりました!》



《ビームス プラス 有楽町 Instagram》


REMI RELIEF〜military shirt wide〜


いつも ビームス プラス 有楽町 のブログをご覧いただき有難う御座います。


島向(シマムコ)です。


さて、昨日より開催致しました

【REMI RELIEF COSTOM ORDER EXHIBITION】

より、お勧めのアイテムをご紹介させていただきます。



REMI RELIEF × BEAMS PLUS

別注 ミリタリーシャツ ワイド デニム

カラー:インディゴ

サイズ:S M L

価格:¥25,080(税込)〜

※カスタム内容により価格は変わります。

商品番号:38-18-0215-671


REMI RELIEF × BEAMS PLUS

別注 ミリタリーシャツ ワイド バックサテン

カラー:オリーブ

サイズ:S M L

価格:¥25,080(税込)〜

※カスタム内容により価格は変わります。

商品番号:38-18-0214-671


今回も初日から大好評のオーダーイベント。

その中でも今シーズンのオーダーラインナップは今までのREMI RELIEFとはひと味違った?ラインナップをご用意いたしました。


REMI RELIEFで真っ先に思い浮かぶのは、古着と見間違える程の加工力と、すっきりと洗礼されたシルエットが印象的なブランド。


アメリカンカジュアルなアイテムラインナップですが、野暮ったく見えないスッキリとしたシルエットは、熱烈なファンも多い理由の1つですし、時代に左右される事のない正しく″普遍的″と言えるブランドではないでしょうか。


そんなREMI RELIEFですが、今回ご紹介させていただくのはもう少しファッションとしてのアプローチを強めたミリタリーシャツ。


昨今のトレンドでもあるゆったりとしたシルエットを落とし込み、ドロップショルダー仕様。



大きく採られた身幅やアームに対して、スッキリとした着丈が非常に今の気分にマッチします。


スタッフYANAIのように、厚手のスウェットとレイヤードしてもかさばる事無く着用できます。

シャツのように薄手の生地は、インにもアウトにも着用出来ることから、非常に着回しもしやすいアイテムです。

そして、、

オーダー会ならではのカスタムパーツ。今回も充実のラインナップです。


※カスタム内容に関しては、お気軽に ビームス プラス 有楽町 までお問い合わせ下さいませ。


さて、最後にスタイリングを。




スタッフYANAIは、秋口や春先をイメージしたミリタリートレーニングスタイル。

シーズンレスに着れるアイテムは、季節関係なく重宝するのでお勧めとのこと。



私SHIMAMUKOは、大好きなトラッド×ミリタリースタイルに。

ラギットなアイテムですが、ビームス プラス 有楽町 のスタイルにも是非合わせていただきたいアイテムです。


イベントも残すところあと2日となりました。

このイベント期間中だけのスペシャルなミリタリーシャツ。

是非、ご検討下さいませ。



笑う門には″フク″来る。


それでは。



SHIMAMUKO


BEAMS PLUSのネイビーブレザー

いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただきありがとうございます。

吉田です。


いやぁ~ようやく春の気候かと思いきや、すんなりと暖かくはなりませんね…


朝 洋服を選ぶのも悩む時期です。

ただでさえ毎朝はバタバタしているのですが、いくつか着たり脱いだり合わせてみたりと本日も十数分タイムロスを…

最終的には奥さんに「これどうかな?」と聞いてしまうんですよね。

女性の意見ってとっても参考になります(笑)。


さて、タイトルにもあるように本日はネイビーブレザーのお話。


ビームス プラス 有楽町のボスである【Mr.IVY Man】こと鈴木も、先月配信されているメールマガジン<BEAMS PLUS TIMES>の2月号でもブレザーはもちろんIVYについて語ってくれていました。BEAMS PLUSには欠かせないユニフォーム的な存在であり、昨今のリバイバルにより今となっては多くの方に親しまれているアイテムが【ネイビーブレザー】ですよね。


慣れ親しんだアイテムだから安心感は抜群だと思いますが、日々愛用している方はそろそろ雰囲気を変えたい…と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近ビジネスウェアのカジュアル化が進んでいたとはいえ、ビジネスをメインに着用しているお客様ですとなかなかボタンダウンシャツにタイドアップなど王道のスタイリングイメージがどこか残っていて、なかなか変化を出しづらいアイテムでもありますよね。

私には【Mr.IVY Man】こと鈴木ほど、語れる経験や服飾知識はありませんが…

アイビー・アメトラと呼ばれるファッションからBEAMS PLUSが好きでHOW TO~的な文化で定着してきた日本のアイビーファッションだからこそ、この固定概念はなかなか拭い去れないのかなと思います。


そこで、組み合わせるモノを変えるのではなく、ブレザー自体を変えてみるのはいかがでしょう。

BEAMS PLUS / 4ボタン ダブルブレザー
カラー:ネイビーのみ
サイズ:S〜XL
価格:¥42,000+税
商品番号:11-16-1748-887


ダブルブレステッドのネイビーブレザーも、数年前からBEAMS PLUSでリリースしています。

合わせているのは一見オーソドックスな組み合わせですが、私なりに少し力を抜く事を意識していまして…

フロントのボタンは留めず、ネクタイもタイピンはしない。ボタンダウンシャツではなくラウンドカラーを合わせたのも、襟の丸みと合わせて柔らかい印象が出るようにと思いスタイリングしました。

朝、奥さんのチェックもパスしました(笑)。


その1週間後にはまた少し雰囲気を変えて。

グリーンを基調としたレジメンタルストライプのネクタイに、同じくグリーンのニットを腰に巻きグリーンのキャップを。

某アメリカブランドの少し昔の広告で見たスタイリングを参考に、というような感じで。

2スタイル共にシングルよりもスタイリングに変化がでますよね。


スタッフ柳井のようにネクタイをせず、リネンのニット等で軽やかに合わせるのもオススメです。

ちなみに着用しているパンツは

TUBE × BEAMS PLUS / 別注 パッチワーク パンツ
カラー:パッチワークのみ
サイズ:S〜L
価格:¥32,000+税
商品番号:11-24-3104-063


こちらは現在予約受付中。


皆様も是非、普段のスタイリングに取り入れてみて下さい。

シングル・ダブルと両方揃うと、より楽しんで頂けるはず!



オンラインショップを通して【試着申し込み】のサービスもやっておりますので、ビームス プラス 有楽町もしくはお近くのビームスで是非お試しください。


では、次回のブログもお楽しみに!


YOSHIDA


【ビームス プラス 有楽町 Instagram】




《BEAMS PLUS 2021SS SEASON LOOK》


【BEAMS PLUS公式Twitter】


オーダーする時に考える事は。

いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただきありがとうございます。

吉田です。


さて、先週末の〈INDIVIDUALIZED SHIRTS CUSTOM ORDER EVENT〉はとても賑やかな2日間となりました。

御来店頂いたお客様、誠にありがとうございます!

さてさて、オーダー頂く際にまず頭を悩ませる生地選び…

豊富なバリエーションのなか、自分好みの生地・柄を見つけるのがこのイベントの一番の楽しみですね。

私達もお客様と生地を選びながら、良いなと思ったら自分のオーダーの候補に入ってしまったり…なんてのもあるあるです。



どのように生地を選ぶのか…人それぞれ方法は違うと思いますが、今年私が考えているのはカジュアル使い。

フィッティングも今までとは変えてオーダーしようかと思っています。


となると、どんなアイテムと合わせようか…と考えるわけなのですが、自身のクローゼットの中を思い出しつつ店頭にあるアイテムと生地を合わせてみたりしています。

スタッフの過去のオーダーサンプルで近いものがあればそれを参考にしてみたり…


例えば、


ここ最近気になっているパープルを用いたベンガルストライプ。

持っているブラックのジャケットと合わせてON/OFF兼用で…と思ったとします。

なるほど!

じゃあ休日は裾を出してラフに。

新しく買ったグレーのミリタリーパンツで合わせてみようか、など。

このようなイメージで生地を決めていくのも面白いですよ。


さらには新たにラインナップして頂いたオックスフォードのチェック生地を使って休日用に。

少しフィッティングにはゆとりをもたせて、最近よく履くsage de cretのミリタリーパンツで…

いくつか試してスタイリングのイメージを少しづつ膨らませていきます。


もしくは同じオックスフォードでも、やっぱり使い易い無地が良い。

でもホワイト・サックスではなくビジネスとメリハリをつけたい…と言う方にオススメのグレーのケンブリッジオックスフォード。


チェックのスポーツブルゾンを合わせようかと思い…当ててみる。

なるほど!新鮮さもありながらスタイリングにも取り入れやすいかも…


と思っていると こちらのチェックも目に留まる。

明るい印象でスタイリングに映えそう!


最近職場も服装が変わったので、クリケットベストに合わせて仕事で着てみようか…

秋冬シーズンはこの上にカーディガンやクルーネックのニットなんかも合わせても良いですね。

と、こんな感じで色々とやりながらオーダーする生地を模索するとイメージがしやすいです。


毎年恒例のオーダーイベントも残すところ3/6(土)、7(日)の2日間。

終わりが近づいてくると焦る生地選び…

今年は早めに決めようと思います。


お客様も生地選びでお悩みの際は、気兼ねなくスタッフにご相談ください!


この機会に是非ご来店をお待ちしております。


YOSHIDA


【ビームス プラス 有楽町 Instagram】




《BEAMS PLUS 2021SS SEASON LOOK》


【BEAMS PLUS公式Twitter】




YOSHIDA

ISHIKAWA RECOMMEND INDIVIDUALIZED SHIRTS

こんばんは。

ビームス プラス 有楽町 ISHIKAWAです。

いよいよ明日から〈INDIVIDUALIZED SHIRTS カスタムオーダーイベント〉開催します!

まだ、お時間によってはアポイントを承れますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

本日は昨年10月に急遽開催した〈INDIVIDUALIZED SHIRTS カスタムオーダーイベント〉で私がオーダーしたシャツをご紹介します。

コチラです。

先ず1枚目は、こちらの生地でオーダーしました。


「Up-Dated British Striping」

その名もアップデートされたブリティッシュストライプ。

定番のベンガルストライプよりストライプのピッチが細くフォーマルな印象が強いですね。

また、こちらは超長綿を使用しているので、滑らかな肌触りと程良い光沢感が特徴的です。

私はラウンドカラー×クレリック(襟のみホワイト)の仕様でオーダーしました。

クレリックシャツと言うと、、襟+カフスがホワイトカラーですよね?

勿論そのスタイルも好きなんですが、、私には少し頑張っている感がでるような気がしまして…汗

なので今回はオーダーならではの襟のみホワイトカラーにしています。

ネイビースーツやグレースーツ、ネイビーブレザー×グレートラウザーズのスタイルに取り入れる予定です!

今後スタイリングもアップしていきますので、是非ご覧ください!


続いて2枚目は、こちらの生地でオーダーしました。


「Egyptian Oxford Two Ply 100’s」

その名もエジプト綿で織られたオックスフォード。

100番手双糸のオックスフォード生地はキメが細かくやや光沢感があり、上品なタッチが特徴的です。

目視ですが、定番のピンポイントオックスフォードよりやや番手が細そうです。

そして色が「濃いめのサックス」といいますか、、、ブルーでもサックスでもなく絶妙な色合いです。
そして仕上がりがコチラです。


定番のボタンダウンスタイルでオーダーしました。

サックスカラーのボタンダウンシャツは、アメリカントラディショナルには欠かせない色でもあり、襟型ですよね。

カジュアルからドレスまで汎用性の高いシャツになりますので、迷われている方いらっしゃいましたらぜひオーダーしてみてはいかがでしょう?

他にもカフスやポケット、ボタンなど私のオススメもありますが今日はこの辺で失礼します。。

オーダー会で気になる事ありましたらお気軽にビームス プラス 有楽町へお問い合わせください!


皆様のご利用をお待ちしております。


ISHIKAWA




【INDIVIDUALIZED SHIRTS】ピンオックスの勧め。


いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧頂き、有難う御座います。


島向です。


前回の吉田のブログでも紹介がありました、

INDIVIDUALIZED SHIRTSカスタムオーダーイベント》


BEAMS PLUSファンの皆様は、毎年楽しみにされているイベントのひとつではないでしょうか?


私自身も、

先日終了した《SPORT COAT FAIR》にてオーダしたスポーツコート(ジャケット)のインナーや、普段のワードローブに合うシャツを今から想像し、ワクワクしております。


より自身にあったパーソナルなシャツをオーダーできるこのイベントは、有楽町に異動し日々タイドアップスタイルを楽しむ私にとって楽しみで仕方のないイベントです。


是非、皆様もこの機会にご利用いただければと思います。


さて、こんなにオーダーイベントの告知をしておりますが、本日はこちらのご紹介を。




INDIVIDUALIZED SHIRTS×BEAMS PLUS/別注ピンポイントオックスフォードスタンダードフィット

商品番号:11-11-4297-597

カラー:WHITE/BLUE

サイズ:14.5/15/15.5/16/16.5/17

価格:¥27,500(税込)


こちらは通常のオックスフォード生地よりも細い番手の糸を用いて織りあげたピンポイントオックスを使用しております。

オックスフォードと聞くとカジュアルなイメージを想像しがちですが、ピンポイントオックスはキメが細かく、上品な肌触りがスポーツコート(ジャケット)との相性も抜群です。










春夏シーズンらしくシアサッカーのスポーツコート(ジャケット)にコットンニットタイ、チノトラウザーズを合わせました。

夏のトラッドなスタイルにも非常に合う1着。


洗いざらしで着用するカジュアルなスタイルから、ビジネスシーンでの着用まで幅広く対応できる1着となっております。


私自身もカジュアルなスタイルから、スーツスタイルまで幅広く着用しており、活用性の高さを感じております。

今回の《INDIVIDUALIZED SHIRTSカスタムオーダーイベント》にくわえ、是非こちらも合わせてご検討いただければと思います。





今回のオーダーイベントでもオンオフ着用できる様々な生地をご用意しております。


開催期間は

2/27(土)・28(日)・3/6(土)7(日)の4日間

アポイント制となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


《価格》

¥23,000+tax〜

生地やカスタムの内容によって変わります。

お1人様同じサイズ・フィッティングの物を2枚からのご注文となります。

※オーダー時にオーダー金額全額をお預かりさせて頂きます。


《カスタム内容》

3種類のフィッティングモデルをベースに、襟型・カフ・ポケット・刺繍などお好みによってカスタムが可能です。


《納期》

2021年10月以降順次お渡し致します。


お客様のライフスタイルに合ったお気に入りの1着を、是非オーダーしてみてはいかがでしょうか?



それでは。



SHIMAMUKO



Annual Event

雰囲気変えて伝えようかと思いましたが、ブログの題名は【毎年恒例のイベント】という意味です(笑)すみません…。

有楽町の吉田です。



今年も《INDIVIDUALIZED SHIRTS カスタムオーダーイベント》がやってきます。




※写真は昨年9月開催時の様子です。



先日BEAMS PLUSのメールマガジン【BEAMS PLUS TIMES】でも私が記者としてイベントの紹介をさせて頂きました。


※メールマガジンが届いていない、読みたいと言う方は、ビームス プラス 原宿の392がブログで紹介してくれていますので、是非CHECKを。


さて、毎年恒例のイベントであることで普段から当店のブログをご覧の方は既にご存知の方も多いかと思います。


今も尚アメリカ製で作り続けるシャツメーカーであり、BEAMS PLUSの表現するアメリカントラディショナルには欠かせないブランドである《INDIVIDUALIZED SHIRTS》。私共もスポーツコートやスーツに合わせるドレスシャツとして、オーダーをすることが多いです。


とはいえコロナウイルスの影響でライフスタイルは一変。

「スーツ・ジャケットを着る事が減った」というのは必然かもしれません。

ですがシャツテーラーであるINDIVIDUALIZED SHIRTS。

私達もドレスシャツとしてだけでなく、カジュアルなスタイリングにも愛用しているブランドなんです。


そんななか、有楽町のボスSUZUKIが一言。


「なにか違う事、やりたくない?」




BEAMS PLUSスタッフNo.1の美声がつぶやいたこの言葉により、新たな光が差しました。


そう、NEW FABRICの登場です。


過去のオーダー会でも圧倒的な指示を誇るINDIVIDUALIZED SHIRTS社による《ケンブリッジオックスフォード》より、チェック生地をラインナップ。


これらはSUZUKIの一言からメーカー様に生地候補を見せていただき、有楽町スタッフ皆で選んだ4種類。


まずは60年代を彷彿とさせる配色だとスタッフが盛り上がったこちら。


なかなかシャツとしては大判のチェックではありますが、BEAMS PLUSのウェアとも非常に相性が良さそう。


おっと、こちらも自分好み。

レッド&イエローの差し色が良いカンジに…

まずはベターにチノパンで合わせていきたい。


お次はこちら


この手のチェックはオススメです。


…忘れもしないアルバイトで入社したての2013年。

当時のビームス プラス 丸ノ内(移転する前のビームス プラス 有楽町)で初めてオーダーしたのが似たようなブルー&ブラックをベースとしたチェックでしたね。


現BEAMS JAPANの藤居(通称:ムッシュ藤居)や現ビームス 辻堂の後藤(通称:Mr.NG)に色々勧めてもらった時の1着ですね。

これこそタイドアップではなくカジュアルに着るのが最も多いです。


最後はBEAMS PLUSといえば?といっても良いほど、様々なアイテムや別注などでも用いられるブラックウォッチ。


こちらも含め今年も400種類以上の生地ラインナップからお選び頂けます。

ドレスシャツとしてだけではなく、このようなカジュアルにもお召しになれるチェック生地が、今回のイベントのオススメファブリックの一つです。


是非ご検討下さい。


改めてイベントの概要です。


《開催期間》

2/27(土)・28(日)・3/6(土)・7(日)の4日間

※アポイント制となっております。

お気軽にお問い合わせ下さい。


《価格》

¥23,000+TAX~

生地やカスタムの内容によって変わります。

お1人様同じサイズ・フィッティングのものを2枚からのご注文となります。

※オーダー時にオーダー金額全額をお預かりさせて頂きます。


《納期》

2021年10月以降順次お渡しいたします。


《カスタム内容》

3種類のフィッティングモデルをベースに、襟型・カフ・ポケット・刺繍などお好みによってカスタムが可能。



今後もスタッフからオススメファブリックや過去のアーカイブなど、ブログで紹介していきます!


是非そちらもお楽しみに〜!!


YOSHIDA



《BEAMS PLUS 2021SS SEASON LOOK》


【BEAMS PLUS公式Twitter】



長くなってしまいましたが…NEW SEASONのBEAMS PLUS。皆様も私達と一緒に楽しんで頂ければと思っています!


また次回のブログをご覧ください~!!


YOSHIDA

SPORT COAT FAIR 〜旬を楽しむ為に〜

いつもビームス プラス 有楽町のブログをご覧いただき、有難うございます。


島向です。


個人的に非常に楽しみにしていたイベントが

いよいよ始まりました。


《SPORT COAT FAIR》


皆様も年に2回のこのイベントを心待ちにしていらっしゃったはず、、、

ではないでしょうか?


スタッフ一同、興奮が冷めやまらず

日々お気に入りの1着を妄想中。




800種類以上もの豊富な生地バリエーションから

あれがいいね。これもいいね。

と、話は尽きませんね、、。


そんな豊富な生地バリエーションより、今シーズン個人的に気になっている生地をご紹介させていただきたいと思います。

是非ご参考までにご覧ください。


まずは、




【W BILL】(ウィリアム・ビル)

イギリスはロンドンに本社を構える、1846年創業の歴史あるカントリー服地マーチャント。



その中でも、今シーズンは春夏シーズンのオーダー会という事で、特にお勧めしたいのがリネンファブリック。




リネン100%、380gのウェイトで織り上げたこちらの〝アイリッシュリネン″は、

リネンのもつ美しい光沢感や、ウェイト380gというしっかりとした生地感が見ていて惚れ惚れしてしまいます。


夏にポロシャツの上に羽織る。

そんなカジュアルなスタイリングでも、非常に上品な雰囲気を演出してくれるかと。






過去のスタッフオーダーにて、この生地を使用したスーツをご覧いただけます。


ボタンダウンにニットタイの合わせもいいですね


個人的に思うのは

色々な季節によって旬の食材を食べるように、

洋服も季節によってその時々の旬な生地を楽しむ。


洋服を楽しむ上でも、非常に重要なポイントではないでしょうか?


※スタッフ鈴木が【W BILL】(ウィリアム・ビル)アイリッシュリネンの素晴らしさがより伝わる動画をアップしておりますので、是非こちらもご覧下さいませ。



続いて、




ビームス プラス 有楽町メンバーが、愛してやまない?

こちらのマーチャント。


説明不要かも知れません。

以前桑田のブログでも別の番地でご紹介がございました、キツネのマークでお馴染み

【FOX BROTHERS】より

【GOLDEN FOX】のご紹介です。


wool100%、230-260gmsで織り上げたこちらの生地番地は、クラシックな柄使いながらどことなくモダンな雰囲気。

ジャケットは勿論ですが、個人的にはスーツでオーダーしようか検討中です。






こちらもスタッフオーダーのサンプルがございます。

物欲をかき立てられます、、、


クラシックな柄行きに、非常に繊細な色使い。

「もう少しああだったら。こうだったら。」

そんな痒いところに、しっかりと届く。


一生見ていられるんじゃないかと思わせるほどの圧巻の生地バリエーションです。


※こちらもスタッフ鈴木の動画でより生地の雰囲気をご覧いただけます。こちらからどうぞ。

ブログではどうしても伝わりづらい生地の表情を、動画で少しでもお客様に伝わればと思っております。





是非ご参考にしてみて下さい。

皆様のご利用をお待ちしております。


それでは。


SHIMAMUKO