スタッフ「柳井 純一」の記事

最後のご挨拶。

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。

9/15をもってビームス プラス 有楽町からオフィス勤務へと異動させて頂きました。



最後のご挨拶という事もあり、

書きたい事は山ほどあるはずなのに全くまとまらず

休みの日の落ち着いた時に独り言をタカタカ




ベーシックからトレンドまで。

ベーシックな漢服を提案しているBEAMS PLUSも

見方次第ではトレンドアイテムとして頼れます。


 

ボタンダウンシャツ、シャンブレーシャツをお探しなら

チノやウールのトラウザーズをお探しなら

ネイビーブレザーをお探しなら…etcetcetc…等々…



アメリカンなデイリーでトラディショナルな"ユニフォーム"をお探しなら

ベーシックからトレンドまで揃っているBEAMS PLUSを。

セレクトショップとして仕入れアイテムから

ディレクターの絶対的なセンスが反映されたアイテム

バイヤーの気持ちがこもった別注や仕入れアイテム

店舗スタッフの熱意が反映されたアイテム

それをお店の内装・レイアウト・広告として魅せてくれる裏方の絶大なるサポートメンバー

それに賛同して下さる多くのお客様。

スペシャルなアイテムが揃い、

プロフェッショナルが集まるレーベル。

血の通ったレーベルに携われてる事に本当に感謝です。

本当にありがとうございます。

面と向かったご挨拶が本来はしたかったのですが…自分には到底できなさそう




正直まだまだまだ知らない事の方が圧倒的に多いですが

今後もBEAMS PLUS通して楽しみ楽しませられたら本望です。





既にご存知の方も多いかと思いますが

ビームス プラス 有楽町が入っている新有楽町ビルが来年の10月以降に立て壊しが決まっており、当店も来年のどこかのタイミングで退去せざるを得ない状況です。

次の移転先に関しては全く心配しておりませんが

このお店の内装や店構えが見れるのも残り1年?ほどです。




今回のブログは最後の挨拶と今後のビームス プラス 有楽町の栄転に向けて

独り言の様に書かさせて頂きました。




モノとヒトが揃ってるBEAMS PLUS




今後も引き続きビームス プラス 有楽町へご来店下さいませ。

簡単ではありますが

一旦のご挨拶としてこの場をお借りさせて頂きました。






一旦、9/18まではヘルプとしてお邪魔させて頂いておりますので

もしお会いできましたらその際はご挨拶だけでもさせて下さい。




JUNICHI YANAI


私的購入物と2倍と5倍(10倍)

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

ビームス プラス 有楽町のJUNICHI YANAIです。

恐らく、今回でこのお店からのブログは最後になるかと思い・・・

個人的にこの秋冬一発目のオススメ商品のご紹介をさせて頂きます。

それと・・・毎年この時期になると開催されるキャンペーンも告知がスタートしましたので、再度ブログにて告知を。



まだ、時期的には早く、やや暑苦しい・・・と思われてしまう組み合わせですが、

一足早く冬のコーディネートを妄想しながら購入したのがSage De Cretの6つ釦 ダブルブレステッドジャケット。

入荷当初はツイードライクな生地を使用し、粗野な生地感にぐっと興味をそそられました。

コットン、ウール、ポリエステルの3素材ブレンド生地の為、軽く、柔らかく、肌あたりが非常に優しいです。

興味をそそられつつも・・・入荷してきた時期はまだ30℃越えの酷暑。

気温の高さからまだ後でいっかー的な思いでサッと試着したところ、フィッティングがあまりにも気に入り即決で購入。





SAGE DE CRET / 6ツ釦 ダブルジャケット
カラー:ダークブラウン
サイズ:S、M、L
価格:¥41,800-(税込)
商品番号:38-16-0067-411


ツイードライクな生地ながら・・・

着心地は非常に良く、まさにリラックスウェアに相当する一着です。

そもそもダブルブレステッドのジャケットでここまでリラックスして着用できるアイテムは手持ちにはなく、

試着した瞬間はとても新鮮に感じたジャケットです。

今シーズン一発目の私的購入物として、このジャケットを軸にあれやこれやとコーディネートの妄想を膨らませています。





で、今回は冒頭に11月位にこんなスタイリングをしたいなぁと組んだトップスのレイヤード。

BEAMS PLUSの注目アイテムでもあるMOON社のツイードを多数張り合わせたパッチワーク生地のエンジニアジャケット。

インナー使いとしてツイードの重ね着がこのジャケットだったら出来る!と思い、こちらも購入予定。

秋冬らしいウーリッシュな生地は、やはりBEAMS PLUSのスタイルには欠かせられません。




早速、着用してスタイリングを。







実は丈が一般的なジャケットよりも長く、お尻がすっぽりと隠れる位の着丈。

裾にかけてはやや広がりを見せ、ジャケットながら着方次第ではブルゾンっぽくも見せれる絶妙なバランスです。

まるでローブ?ハーフコート??の様な見せ方も着こなし次第ではできそうで。



チノトラウザーズはマストで合わせ、イージーパンツやチェックのパジャマパンツとも合わせたい・・・

サイズバランスの楽しみ方もまさにこのジャケットの魅力の一つです。




ブログでだらだら書いても・・・というところなので、

是非、着こなしの提案は店頭でさせて頂けたらと思います。




で、最後に2倍と5倍(10倍)の告知もご一緒に


9/15(木)~9/25(日)BEAMS CLUB会員特典のダブルポイントキャンペーンが開催されます。




BEAMSのクラブカードお持ちの方、もしくはアプリやオンライン上で入会して下さっている方にはお馴染みのこちらのポイントアップキャンペーン。

今回も開催致します。


で・・・

更にはビームス プラス 有楽町ではこちらも開催を控えています。

9/16(金)~9/20(火)丸の内ポイントアップキャンペーン



丸の内ポイントカードをお持ちの方もしくは丸の内ポイントアプリをご登録の方は9/16(金)~9/20(火)の期間、お買い物をして頂くと通常¥100-で1ポイントのところ、この期間ですと¥100-で5ポイント付与されます。

※クレジットカード機能と連携の方は10ポイント(こちらは後ほどご説明させて頂きます)付与。

そもそも丸の内ポイントって!?と思う方も多いかと思いますが、貯まったポイントをお買い物にご利用頂けます。

500ポイント毎で¥500-の引換となり、もちろん年会費入会費はかかりません。

この界隈でよくお買い物をして頂ける方は殆どの方がご利用して下さり、最初の入会もしくはアプリの登録さえして頂けたら非常にお得なポイント機能です。




更には丸の内界隈で提携している駐車場・丸の内パークイン(丸の内界隈のビルに多数ございます)1時間分無料となり、車でお越しの方にはとてもオススメしたいポイントカード。

※場所はこちらをご参照ください。


話を戻しまして・・・9/16(金)~9/20(火)にお買い物をして頂くと・・・

例えば¥10,000-で500ポイント(500円分)

¥30,000-で1500ポイント(1500円分)

¥50,000-で2500ポイント(2500円分)

¥100,000-で5000ポイント(5000円分)付与されます。


クレジット機能と連携されると・・・ポイントが10倍となり・・・

例えば¥10,000-で1000ポイント(1000円分)

¥30,000-で3000ポイント(3000円分)

¥50,000-で5000ポイント(5000円分)

¥100,000-で10000ポイント(10000円分)付与されます。

クレジットカード連携の仕組みですが・・・初年度年会費無料、2年目からは年会費¥1,375-(年間で¥45,000-以上のご利用があれば年会費無料)。

実は、このクレジットカード連携のポイントカードですが、このクレジットカードでお支払い頂かなくとも連携さえしていれば10倍対象となります。

クレジットカード連携のポイントカードをお持ちである事が条件であり、他のクレジット払いや電子マネー、現金払いでもこの10倍対象となります。

詳しくは当店スタッフ、もしくは丸の内カード事務局へお問い合わせ頂けたらと思います。

何はともあれ、とにかく所持して頂ければ非常にお得な丸の内ポイント。





前置きが長くなりましたが、

BEAMSのポイントアップキャンペーンと

丸の内ポイントアップキャンペーンが被る

9/16(金)~9/20(火)

の期間がとてもお買い得の期間となっております。

当日は店内が非常に混み合うかと思いますので・・・予めご了承下さいませ。

事前に商品を試着して頂き、お取り置きも可能ですので是非そちらも併せてご検討下さい。

どちらの会員も無料で即日入会可能となっておりますので、是非この期間にビームス プラス 有楽町へご来店下さいませ。




JUNICHI YANAI

※前回のブログで私が9/14が最終とお伝えしていましたが・・・このお祭りイベントの兼ね合いで9/17(土)と9/18(日)はヘルプとして店頭におります。


ご挨拶と猛RECOMMEND

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

ビームス プラス 有楽町のJUNICHI YANAIです。



本日の冒頭は私事をちょろっとお話しさせて頂きます。

この度、9/15を持ちましてビームス プラス 有楽町から異動となります。

約6年半、このお店に居座り続け(させて頂き)ておりましたが、この度内勤へと異動する事が決まりました。

直接お話し出来る方には既にお伝えさせて頂きましたが、改めてブログという場をお借りしてご挨拶させて頂きます。

本当に好きな場所で好きな方々に囲まれ、好きな洋服を自由気ままに楽しませて頂きました。

本当にありがとうございました。

内勤へと異動とはなりますが、引き続きBEAMS PLUSへと携わり、皆様と何かしらでお繋ぎ頂ける環境で働かせて頂きます。


異動を伝えられた時は正直放心状態になりましたが、目的は変わらずに仕事に励めると思い今はずっとソワソワしています。

引き続き、BEAMS PLUSを、ビームス プラス 有楽町をお願い致します。

既存のスタメンに加え、ドレス部門より期待のニューカマーが仲間入りします。

より良いお店になる事はマチガイナイ

そう信じながら異動までの短い期間を楽しみにしています。



自分ごとでだらだら書くのもアレですので…

この辺で。





タイトルにある通り、絶賛開催中のSPORT COAT & William Lockie Order Fairの中で個人的なリコメンドを猛プッシュさせて頂きます。



当店スタッフが日々スタイリングやフォトログでご紹介させて頂き、日々盛り上がりを見せてる今回のイベント。

恒例イベントと言いつつ、内容は毎回刺激的な新鮮味を感じさせてくれる本イベント。

当店のBOSSでもあり、このイベントに情熱を(暑苦しい程に)注ぎ込んでいるSTAFF TAIJI

当店のInstagramで配信したイベント概要の動画…まだ見られてない方は是非一度アーカイブから見て頂けたらと思います。




そんなオーダーイベント、先日は先程お伝えしたニューカマーとあのマチガイナイ漢、横浜エリア勤務のBEAMS PLUS好きの彼も自身のオーダーしに来店。





あれやこれやと生地を見ては当店スタッフとわちゃわちゃする光景は本当に楽しい。



自分も何をオーダーしようかと…ここ数日間ずっと頭を悩ませていましたが、やっと3〜4生地絞れてきました(結局まだ決めきれてませんが…)。



FOX BROTHERS Sporting Stripes(250 Year Anniversary Fabric



長年ずっと欲しい欲しいと思っていたクラブカラーを反映したストライプのスポーツコート。

特徴的なストライプパターン、色使いがとても映え、トラディショナルな雰囲気がぐっと楽しめます。

もちろん自分はチームカラーへの執着は全くない為、いつかはこのSPORT COAT Order Fairでそれらのスポーツコートを作りたいと思っていました。

球数が少なく、それでもって自分の体型にフィットする古着は早々と諦めてました。

今回登場したこの生地はカラーと生地の雰囲気がド・ストライク。


コットンウールの上品かつシーズンレスで着用が期待できる本当に魅力的?魅惑的??な生地です。

きめ細かい目面に若干の光沢感、まさに古着屋で見かける様な質感です。

それでもって肌触りがとにかくしなやか。

雰囲気を損なわず、FOX BROTHERSだからこその品の良さが際立つ生地です。





画像ではなかなか伝わらないのですが・・・

細いピッチはネイビーベースにグリーン×マスタードのストライプパターン。

太いビッチはカラーが映える様に間にホワイトが入るパターン。

どちらかはオーダーしようと考えていますが、

まだどちらの生地にしようか絶賛悩み中。。。



こちらはFOX BROTHERSが創業250周年を迎え、

アニバーサリーとして今年リリースされた限定生地です。

もちろん今回限りの生地の為、この期を逃すと・・・

オーダーせずに逃すと後々後悔している自分が目に見えるのでどちらかは必ずオーダーさせて頂きます。

アイビールック、プレップスタイル・・・マストオーダーです。




続きましては

やはり今回力を入れて揃えたのがネイビーブレザー向けの生地バリエーション。

生憎、以前所持していたネイビーブレザーはサイズアウトをしてしまい、この機にオーダーしようと考えています。

オーダーするならこれか・・・という生地がこちら。



FOX BROTHERS Worsted Classics(London Shrunk)





FOX BROTHERSが誇る貴重なアーカイブからセレクトし、復刻させた伝統的なウーステッドファブリック。

ロンドンシュランクと言われる伝統的な毛織物の防縮加工がされており、とにかくしなやかさと目の詰まった生地が素晴らしいです。

ゆっくりと水に浸し、寝かし、自然乾燥させた収縮加工は高級毛織物に用いられるとの事。




BOSSも『RECOMMEND』としてピックアップしていた生地で、

画像からもしっかりと伝わる様に、とにかく綾織りの目がしっかりと映え、ネイビーブレザーに最適なウールサージ。



しっかりと目が詰まり、サージ特有の織りの目が立ちつつも・・・

光沢感と弾力ある質感が感じさせてくれる魅力的な生地。

見た目とは裏腹に・・・と、洋服では良く例えられますが

まさにそれを感じさせてくれる生地です。




それと惹かれる点はもう一つ、

生地のウェイトやタッチ感は秋冬寄りではありますが、昨今の日本の季節の移り変わりを経験していると

自分の中では4月位まで充分着れる生地です。

秋冬にはシェットランドニットやフェアアイルセーターと合わせても生地感はマッチし

春先に着用していても決して重すぎない見え方。



上手く伝えられないのが悔しいですが・・・秋から〜冬を迎え〜春先と…3シーズン着用できる!?とにかく日本の気候には最適な生地です、とお伝えしたいです(笑)

とにかくネイビーブレザーにはBOSSに乗っかり、私もイチオシの生地です。





最後はやはり今回一番のバリエーションが揃ったツイード生地から。

今回は揃いに揃い、お客様から『生地が多すぎて選べないよ』と突っ込まれることが多々・・・(笑)

もちろんBOSSはそれぞれの特徴を捉え、しっかりと用途やスタイルに合わせたバリエーションを用意してくれています。

そんな中・・・個人的に以前にもオーダーしたこちらのバンチ。



W.BILL CLASSIC SHETLAND(MADE in SCOTLAND)



以前からもこのオーダー会では数品番取り扱いしていたのですが、

今回初めてがっつりと生地が揃ったバンチを用意してもらいました。

自分がイメージしていたツイード生地の"粗野感""重厚感""硬さ"とは違い

ふっくらとした優しい風合いに、モダンさを感じさせてくれる色合い。

とにかく柔らかく、着心地がとても素晴らしい生地です。

重ね着し、終日着用していても着疲れを感じさせない…





多くのスタッフもオーダーし、私自身3年前にオーダーしたスポーツコートは着心地の良さにとにかく驚きました。




改めてバンチを眺めていると、ツイードらしいウォーム感溢れるオーセンティックな生地から



人気の高いオーセンティックなヘリンボーン織りのヘリンボーンツイード



シェットランド諸島の風景を表現!?した様な色の糸の組み合わせで独特な色合い、風合いを感じさせる生地や



カントリーさを感じさせるチェックパターン等・・・


とにかく目移りする生地ばかり。

少しだけ補正数値を上げ、ミドルゲージのニットやスウェット等を挟める1着を作ろうか…最終日まで悩むことにします。



残すこところ明日と明後日の2日間。

恒例イベントではありますが、

お好みの生地に出会えるのは一期一会。

是非、この機会にご来店下さいませ。




JUNICHI YANAI





SPORT COAT & WILLIAM LOCKIE Order Fair

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。



告知がギリギリになってしまいましたが、

いよいよ8/15(月)~8/28(日)の期間

いよいよSPORT COAT & WILLIAM LOCKIE Order Fairが開催致します。

昨年、盛り上がりに盛り上がったオーダーフェアです。






スポーツコート(ジャケット)、スーツだけでなく

ベスト、トラウザーズ単品でもオーダーが出来るSPORT COAT Order Fairと





それらに合わせるニットベスト、ニットカーディガンがオーダー出来る

MADE in SCOTLANDの老舗ニットメーカーによるWILLIAM LOCKIE Order Fair。




今回、このイベントに向け、諸々と準備を進めてきたSTAFF TAIJIも大大大満足のバリエーションで準備が整いました。




本日はSPORT COAT Order Fairの生地についてほんの少しだけ触れていきたいと思います。

TAIJI曰く、今回のオーダーイベントの醍醐味を聞くと





『とうとう3大ツイードが揃った』との事。

毎回、このオーダー会で多くの方からご要望頂いていた『ツイード生地』のバリエーションが今回もしっかりと揃いました。






VINTAGE SHETLAND TWEED、HARRIS TWEED、IRISH DONEGAL TWEED

私自身6年半このお店に在籍しておりますが・・・ここまでしっかりとツイード生地が揃う事も今まではなく、

まさにツイード生地でオーダーを考えらている方には絶好の機会です。




もちろん・・・



毎度の毎人気が絶えないFOX BROTHERSからもしっかりと生地をご用意。

STAFF TAIJIもここまで揃うのは今後ないのでは・・・という位にバリエーションがございます。




FOX BROTHERSと言えば、



春夏シーズンで話題が絶えなかった250周年の限定生地。

もちろん秋冬バージョンの限定生地もしっかり揃っています。

気になる生地は・・・こちらは後日、当店のフォトログやブログ、Instagram LIVE等でご紹介できたらと思います。





個人的に気になるバンチを発見。



MADE in SCOTLANDの『TARTANS』。





スコットランド生まれの柄をスコットランド製で。

伝統的なタータンチェックも今回オーダー頂けます。

トラウザーズ単体でもお楽しみ頂ける生地で、特にスポーツコートの組下もしくはカジュアルスタイルに合わせて頂くのがオススメです。




目白押し過ぎてもはや何をオーダーしようか既に頭がパンク状態です。。

オーダー会開催期間は8/15(月)~8/28(日)

是非、この期間にビームス プラス 有楽町へお立ち寄り下さい。




8/12(金)と8/20(土)にビームス プラス 有楽町のInstgramアカウントにて、



Instagram LIVEを予定しております。

こちらも併せてご覧頂けたらと思います。




JUNICHI YANAI




ビームス プラス 有楽町 『TRADMEN』のラジオ放送スタートしました!!


BEAMS PLUSのスニーカーって・・・

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。



本日はBEAMS PLUSで扱っているスニーカーについて、少し触れさせて頂きます


BEAMS PLUSレーベルではALDENやRANCOURT、L.L.bean等、レザーシューズは豊富に取り扱いあるものの・・・

スニーカーは何があるのか?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

もちろんBEAMS PLUSでは長らく取り扱いしているスニーカーがあり、

ご存知の方は多いかと思いますが改めて『CONVERSE ADDICT』をご紹介させて頂きます。



以前、BEAMS PLUSのレーベルブログ『ALL NIGHT BEAMS PLUS』でもご紹介させて頂きましたが、

CONVRESE ADDICT〜Staff Cordinate〜』『CLASSIC Look ×UPDATED Detail 〜CONVERSE ADDICT〜

現在、オンラインショップではほぼ、店頭と同様にフルラインナップ掲載しております。

キャンバスシューズの代表格でもあるCONVERSE。

アーカイブからモデルを抜粋し、現代的・流行に合わせたアプローチが何よりも魅力的なスニーカーです。



クラシックな見た目に機能的なディテール。

まさにコンセプトがBEAMS PLUSのモノづくり、セレクトの基準に通ずるところがございます。

ディテールやモデルの解説は・・・上記のブログにてつらつらと書かさせて頂いてますので、お時間ある際に是非一度目を通して頂けたらと思います。




話しは変わって、

皆さんその日のコーディネートを決める時、足元からでしょうか?それともウェアからでしょうか??

もちろんその日その日違う事かと思いますが・・・自分は足元から『どんなテイスト、洋服、色合わせをしようか』と考える事が多いです。

現在、店頭には数多くの『CONVERSE ADDICT』が並んでおり、それぞれの、モデルを眺めながら

自分だったらこういうコーディネートにする、と色々と妄想しておりました。

何の参考にもならないかと思いますが・・・独り言ブログ的な感じで本日もつらつらと書かさせて頂きますので、

お時間に余裕がある方は目を通して頂けたらと思います。




CONVERSE ADDICT / JACK PURCELL(R) CANVAS
カラー:ホワイト
サイズ:25㎝、25.5㎝、26㎝、26.5㎝、27㎝、27.5㎝、28㎝、29㎝
価格:¥14,080-(税込)
商品番号:11-31-2642-228

CONVERSE ADDICT / JACK PURCELL(R) CANVAS
カラー:ブラック、オリーブ
サイズ:25㎝、25.5㎝、26㎝、26.5㎝、27㎝、27.5㎝、28㎝、29㎝
価格:¥14,080(税込)
商品番号:11-31-3260-479


まずは誰でも一度は目にしたことあるジャックパーセル。

バトミントン・テニスシューズとして愛され、不屈の名作となったモデル。

定番中の定番であるホワイトに加え、ミリタリーを彷彿させる様なオリーブカラーも。

程良いボリューム感は、昨今の裾幅が広いパンツとの相性抜群です。

ベーシックなホワイトにしようか・・・ミリタリーパンツが多い自分にはやはりオリーブか・・・

悩まされる二色です。

サイズが合う方は是非お勧めです。





CONVERSE ADDICT / COACH CANVAS HI
カラー:ホワイト、ブラック、グリーン、パープル
サイズ:25㎝、25.5㎝、26㎝、26.5㎝、27㎝、27.5㎝、28㎝、29㎝、30㎝
価格:¥14,960-(税込)
商品番号:11-31-3230-479


このモデルがリリースされた際、当時の木型を忠実に再現して作られたCOACH HI。

他のモデルよりもシャープな印象があり、個人的には紐を縛り上げてスッキリと履きたい一足です。

特徴的なトゥガードのスターマークやアンクルパッチ、一見チャックテイラーのハイカットと思いきや・・・

そのフォルムや意匠がアイデンティティを感じさせてくれます。

もちろんCONVERSE ADDICTと言えばのクッションヒールにビブラムソールは顕在。

ビンテージアーカイブからモデルを掘り起こし、現代的な仕様にアップデート・・・こんなモデル二度とやらないのでは!?と個人的には思わされる一足です。



CONVERSE ADDICT / Chuck Taylor(R) Suede OX
カラー:ミント、ライラック
サイズ:CONVERSE ADDICT / COACH CANVAS HI
価格:¥17,600-(税込)
商品番号:11-31-3015-479



爽やかなペールトーンカラーのスエードを用いたこちらのモデル。

キャンバス生地のペールトーンよりも、やはりスエードレザーのペールトーンの方がどことなく大人顔です。

春夏らしい色合いですが、秋冬の起毛感あるニットやウールのパンツ等、スエードレザーだからこそ。

正に足下の"ハズシ"には最高なペールトーンカラー。

潔くホワイトジーンズに合わせてクリーンな印象に

はたまたミリタリーパンツに合わせて軽快な足下に

スタイリングに変化が楽しめるモデルです。




CONVERSE ADDICT / Chuck Taylor(R) CANVAS OX
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:25㎝、25.5㎝、26㎝、26.5㎝、27㎝、27.5㎝
価格:¥14,080-(税込)
商品番号:11-31-1701-228


ミリタリーコンバースを彷彿させるオールホワイトモデルと、対照的なオールブラック。

ミリタリーのトレーニングシューズとして軍に納入されていたオールワントーンカラーモデルを、現代的なディテールを盛り込んだモデルです。

オリジンはホワイトだけでしたが、それと対照的なオールブラックもまた"ミリタリー"らしさを感じさせてくれます。

ミリタリーアスレチック、アイビーファッションの足元に・・・オールホワイトを。

昨今のミリタリー×アウトドアスタイルの足元に・・・オールブラックを。

なかなかオールブラックのシューズって履かない




11330780479CONVERSE ADDICT / ONESTAR(R) SANDAL
カラー:サンド
サイズ:26、27、28、29、30
価格:¥13,200-(税込)
商品番号:11-33-0780-47911330780479



お次はスニーカーというよりも、やや変化球のサンダルモデル。

サンドベージュのスウェードレザーを使用したワンスターサンダル。

モデルのアイコン的なスターマークがサイドに付き、フォルムやワンポイントロゴがとてもスポーティーな一足。

どちらかと言うとスポーツブランドとかによく見られそうなフォルムですが、スウェードを採用する事で非常にファッショナブルなアイテムです。

今シーズンのスタイリングキーワードでよく上がる『リゾート』スタイルに合わせ、一般的なレザーサンダルよりも力の抜けたリラックス感が楽しめるはずです。

アロハシャツにパナマハット、東京でリゾートファッションを楽しむなら・・・このワンスターサンダルの外しがとてもマッチします。

バティック柄のシャツやリネンのオープンカラーシャツ・・・候補を挙げればキリがない夏らしい衣料・・・そんな足下に是非こちらの一足を。

ありそうでなかなかない・・・スポーツサンダルとレザーサンダルのミックスデザイン、と勝手に捉えています。





CONVERSE ADDICT / CHUCK TAYLOR (R) MATERIAL HI
カラー:ブラック×ホワイト
サイズ:25㎝、25.5㎝、26㎝、26.5㎝、27㎝、27.5㎝、28㎝、29㎝、30㎝
価格:¥18,700-(税込)
商品番号:38-31-0010-479

 

個人的にイチオシの星条旗柄を落とし込んだこちらのハイカットモデル。

90年代にリリースされたとされるモノトーンカラーのアメリカンフラッグパターンを、CONVERSE ADDICTが復活。

とても分かり易い柄使いと、潔いモノトーンカラー。

ブラックのアイテムが特に好きな自分にとって、とても興味が惹かれる一足。

コーディネートは・・・

白無地のオックスフォード ボタンダウンシャツにアスレチックショーツでシンプルに。

スニーカーの履き方としてはどうなの??と思われてしまうかもしれませんが・・・

シューレースは緩めに、トップの二穴には通さないルーズな履き方をしたい。。

色では無く、柄を楽しむスニーカーだからこそ、シュータンの柄もしっかりと見せたい一足です。

大胆な柄を使いつつも、色は控えめに、都会的なスニーカーとしてオススメです。





と、こうつらつらと書いているうちに、

既に完売してしまったモデルも。。

店頭にもご用意がありますので、是非その"中毒性"を感じて頂く為にもご試着下さいませ。




JUNICHI YANAI

REMI RELIEF ウエスタンシャツあれこれ…

ブログをご覧の皆様こんばんは。

JUNICHI YANAIです。





さてさて・・・

いよいよ情報が公開となりましたREMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITIONの概要ですが、

先日STAFF TAKAHIROのブログ『REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION』はご一読されましたでしょうか?

毎回思う事ですが、

こんなにも作り込みされ、加工が加わり、豊富なカスタムバリエーションを揃えており

REMI RELIEFというブランドの強みが全面に発揮されるカスタムオーダーはまさに贅沢の一言につきます。

ブランド様によっては1アイテム1パターンに対し、最低限生産しなければいけない数量というのがあります。

これだけ豊富な生地・カスタムバリエーション・サイズ・加工パターンがあるのにも関わらず、1点1点パーソナルに作って頂けるのは本当に凄い事です。

もし100着オーダーが入っても、これだけのパターンがある為、全て違うアイテムに仕上がる事も考えられます。

それをオーダー頂けるなんて・・・底知れないREMI RELIEFの生産力です。







さて本日はブランドの顔とも言える『ウエスタンシャツ』について触れていきたいと。

ブランド創業当初!?からリリースされ、アイコン的なモデルの1つです。

とても綺麗なウエストシェイプにアームホール。

とても美しく、美シルエットという言葉が本当にぴったりなモデルです。



もちろんこちらもボディの濃淡を決める事ができ、ワンウォッシュ(イベント限定ボディ)から色が抜けたフェード感強めのブルーまで。





デニムにシャンブレー・・・そして今年はオンブレチェックのネル生地をご用意しております。

カスタム内容は本当に色とりどり。





加工により、衣類の日焼けを上手に表現した『SUN FADE』。

色落ちとはまた違った見え方で、絶妙なコントラストが生地に奥行を持たせてくれます。

本来はネガティブに感じてしまう衣類の"日焼け"も、REMI RELIEFによるナチュラルかつ計算された"日焼け"は洒落感がグッと増します。

色々な洋服の加工はありますが、『SUN FADE』という加工はとても新鮮でスタッフの中でも盛り上がっている加工オプション。





そしてREMI RELIEFと言えば・・・

個人的にも大好きなダメージ&リペア加工。

実際にプレーンな洋服をここまで持って行くのは時間的にも至難の業。

加工だからこそできるビンテージライクな見え方と、REMI RELIEFによる加工技術の高さが伺えます。

勝手にスクラップ&ビルド加工と呼ばせて頂いてます。






お次はワークウェア感が強めに現れるペインター加工。

ポイントは決してやり過ぎない、飛ばし過ぎないペンキ。

コーディネートした際に決して悪目立ちしない単色のペンキと量は、重ね着した際にもさり気なくポイントとして光ってくれるはずです。

二次的な楽しみで・・・着込む事でペンキが薄れたり、剥がれたりすのもの『変進開花』の楽しみかと。

自分だったら・・・ある程度着用したら自分でペンキを追加したり、色を足したり・・・そんな二次的な楽しみも妄想させてくれるカスタムです。






そしてREMI RELIEFと言えば

やはりスタッズは外せないカスタマイズ。

一気に『カスタマイズ』感と『ゴージャス』さがプラスされます。

ビンテージの様な加工感あるボディに、ゴージャスなスタッズ、このバランスが最高に洒落ています。

一枚での見映えはもちろん、ジャケットやニットにレイヤードした際、襟元やカフスからチラッと覗かせるスタッズもこれまたとても洒落ています。



最後にプリントを・・・

手書き風のプリントも今となってはブランドらしいカスタムパターンの1つです。

フェード感があり、加工が加わったボディとの相性がとても良いです。

プリントパターンは豊富に取り揃えており、スタッズ同様にカスタマイズ感を表現するには最適なオプションです。

ご自身の着用されるコーディネートやストーリーを汲み取り・・・プリントデザインを選定するのもまたカスタムオーダー会の楽しみです。




そんなこんなでカスタムオプションをサラッと触れましたが、

ボリューム感があり過ぎてだいぶ端折ってご紹介させて頂きました。

店頭にご来店頂ければ全てご覧頂け、迷いに迷えるカスタムオーダーが楽しんで頂けるはずです(笑)。




そして今回、BEAMSのニュースページにも公開されていますが

BEAMS PLUS別注の『NEW FIT』が今回のカスタムオーダー会で登場します。

満を持してでしょうか・・・当店のMr.IVY MANことTAIJIがフィッティング考案に参画し、"美"調整した新型がオーダー頂けます。

袖丈や着丈、身幅、ネックサイズ・・・これらを定番モデルと対照的になる様なサイズフィッティングに調整しています。

と、本当はコーディネートの画像でご紹介したかったのですが、今回サンプルが当店に無い為、こちらは開催してからのお楽しみとして乞うご期待下さい。



当店BOSSが参画した『NEW FIT』のウエスタンシャツ・・・ならば当店スタッフ全員オーダーは確定です(笑)。

それくらい渾身の一着が仕上がりそうですので、是非お見逃しなく。



当店のスタッフページ、もしくはイベントの概要をデザイナー後藤氏をお招きしてインスタLIVEも開催しますので下記を参照にして下さい。



ビームス プラス 有楽町のオフィシャルInstagramにてデザイナー後藤氏をお呼びし、

20:30~ LIVE配信を行います。

今回のオーダーイベントの概要や物作りのアレコレ、今回のスペシャルアイテムまで、

様々な内容をお話して頂きます。

更に更に・・・今回は初の試みとして、今回のLIVE配信を直接ビームス プラス 有楽町の店舗で観覧も可能となっております。

実際に後藤氏のお話を聞けるのと、LIVE終了後は直接お話頂く事もできます。

※LIVE配信の観覧は人数制限を設けさせて頂いている為、アポイント制となります。

※ご希望の方はお早めにビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)へお問い合わせ下さいませ



7/22(金)~7/25(月)の4日間。

是非、皆様のご来店お待ちしております。




JUNICHI YANAI


お得な期間にと・・・スペシャルなイベント・・・

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。




さて、本日は商品の紹介というよりも

お得な期間に突入したのでそちらのご案内を。






このブログをご覧頂いている方は既にご存知の方も多いかと思いますが、

BEAMS全体で今『会員優待セール』と『店内一部セール』を実施しております。

会員優待セールはBEAMSのクラブカードをお持ちの方、もしくはオンラインショップでご入会いただいている方は

春夏物が一部30%offでご購入頂けます。

店内一部セールでは仕入れのブランドアイテムが30~40%offとなっております。




店内を見回すと・・・

幅広く対象の商品がございます。

この時期になるとサイズや色によっては完売してしまっている商品も多いのですが・・・

ご希望の商品があればとてもお買い得。




あんな物やこんな物まで。

オンラインショップも同時にスタートしていますが、もちろん店頭でもご利用頂けます。

是非、実際に商品を見て、試着をご希望でしたらお近くの店舗をご利用下さいませ。







そしてついにこの時期が来ました。



『REMI RELIEF CUSTOM ORDER EXHIBITION』

ビームス プラス 有楽町では7/22(金)~7/25(月)の期間で開催致します。

※詳細はビームス プラス 有楽町のショップページにてスタイリングやブログ、フォトログで毎日更新していきます。



更に・・・



ビームス プラス 有楽町のオフィシャルInstagramにてデザイナー後藤氏をお呼びし、

20:30~ LIVE配信を行います。

今回のオーダーイベントの概要や物作りのアレコレ、今回のスペシャルアイテムまで、

様々な内容をお話して頂きます。

更に更に・・・今回は初の試みとして、今回のLIVE配信を直接ビームス プラス 有楽町の店舗で観覧も可能となっております。

実際に後藤氏のお話を聞けるのと、LIVE終了後は直接お話頂く事もできます。

※LIVE配信の観覧は人数制限を設けさせて頂いている為、アポイント制となります。

※ご希望の方はお早めにビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)へお問い合わせ下さいませ。




皆様のご来店お待ちしております。




JUNICHI YANAI

物欲は突然に…

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。







本日は自分が買った物をご紹介。

全く買う気が無かったものの、店頭でふと思い立ち、試着→購入。



BEAMS PLUS / トロピカルウール バティックプリント ドローストリング トラウザーズ
カラー:バティックプリント
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥35,200-(税込)
商品番号:38-23-0156-791


入荷直後、欲しいなぁと思っていたこちらのパンツ。

サマーウールにバティック柄。

ご存知の方は多いかと思いますが、昨年もこのBEAMS PLUS流の技法で作られたオリジナルファブリックがありました。



春夏生地に使われる代表的なバティック柄。

もとは亜熱帯地方で作られる伝統的な柄・生地ですが、夏のアメリカンウェアに用いられていた経緯もあるバティックプリント。





前回、ご紹介したマドラスチェック同様に、実はこちらもBEAMS PLUSの夏の風物詩的な柄です。

本来はコットン素材に、伝統的な手法でプリントがされています。

洗いこむ事で染料が落ち、生地のハリがなくなりまるでガーゼの様な質感。

マドラスチェック同様にとにかく吸水性と速乾性に優れた素材です。

革新的な技術によプリントでは無く、しっかり色が抜けるプリント技法は長年の着用と洗濯で色が抜けてきます。





そんな伝統的な手法で作り続けられてるバティック柄ですが…BEAMS PLUSのアップデートとして『ファブリック』に重点が置かれたのが今回のアイテムです。




ベースとなる生地はウール100%。

スタッフの中ではサマーウール、トロピカルウールと呼んでいますが、まさに夏に着用するウール生地です。



先程のコットン素材とは違い、洗濯などの取り扱いはやや手を焼きますが(クリーニングがオススメ)、それ以上に風通しが良く、ベタつきにくい点は日本の気候に最適です。

特に自分なんかは暑がりの為、本当に暑い日のパンツはショーツ、もしくはサマーウールを使用したトラウザーズでないと1日が苦行になります。






少々話が逸れてしまいましたが…

そんなサマーウールにバティック柄をプリントするというBEAMS PLUS流のファブリックへのアプローチ。

ディレクターMZOの発想にとても感動したファブリックです。

柄・生地共に夏に必需…いえ、BEAMS PLUSの夏にはマスト過ぎる組み合わせ。

意外な組み合わせが、自然と腑に落ちる感じが自分にとは決め手です。

今までオーダー会を経て、無地はもちろん、サマーウールを使用したチェックやストライプ等、様々な生地を拝見させて頂きましたが…

バティック柄!?!?

は初見ですし、今後も出ないのではと思わせてくれる生地です。

夏のスポーツコート…ネイビーブレザーやシアサッカー、リネン…それらにサマーウールのグレートラウザーズを合わせるのは鉄板であり、この時期はよく見かける組み合わせです。

そんなスポーツコートの組下に…バティック柄のグレートラウザーズ。

そんな感覚できっとめちゃくちゃ使えると思い…

買わない理由が見つからずに購入。





Willis&Geiger × BEAMS PLUS / 別注 Bush Jacket Pewter
カラー:ピューター
サイズ:36、38、40、42、44
価格:¥49,500-(税込)
商品番号:38-18-0253-732


そんな中、WILLIS&GEIGER×BEAMS PLUSのブッシュジャケットを接客してた際、ご案内中に自分も欲しくなり、試着をしていると…組下の候補として真っ先に浮かんだのがこのトラウザーズ。

サファリルックやリゾートスタイル、そんな組下に柄の雰囲気や、上品な見え方のこちらのトラウザーズと合わせたい欲がふつふつと。





WILLIS&GEIGER×BEAMS PLUSのピューターカラー。

オリーブに見えると言えばそう見えますし、グレーと言われればそう見えてしまう不思議なカラーです。

良く言えば絶妙なカラー、悪く言えば馴染みがないカラー。

こういったカラーこそ、キャラクターやコーディネートがはハマった時にとても洒落て見え、他では見られない魅力に引き付けられます(個人的主観です)。

それがブランドのオリジンカラーであり、BEAMS PLUSが再現しているという事であれば…こちらも買わない理由が見つかりませんでした。






生地やディテールをアップデートするのではなく、『サファリジャケット』の代名詞的なブッシュポプリンジャケットをアメリカ製で復活。

オリジン同様にディテールや生地、内タグをアメリカ製として忠実に再現・・・これがどれほど凄い事なのか・・・昨今の情勢などを見てても今買わねばと思い、購入を決めました。






BEAMS PLUSのサマーウール(バティックプリント)にWILLIS&GEIGER×BEAMS PLUSのブッシュジャケット。

ボタンダウンでタイドアップしたり、開襟シャツでリゾートスタイルをしてみたり…





ニコイチでの考えになってしまいましたが

もちろん単品使いにも多用します。




独り言みたいなブログになってしまいましたが…

突然物欲の波が押し寄せ、

買って後悔するより、買わないで後悔するなと言い聞かせながら

セットで購入。

何にも参考にならないブログかもしれませんが…

店頭ではしっかりとご紹介させて頂きます(笑)。




JUNICHI YANAI






LINEとBEAMS CLUB、ID連携で期間限定500ポイントプレゼント!


BEAMS PLUSの買い足すモノ

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。





本日はタイトルにある通り、個人的?BEAMS PLUSスタッフ的!?に、毎年夏に向けて買い足しするモノをご紹介させて頂きます。

皆さんは暑い季節、何を着用しますか??

カットソーだったり、ポロシャツだったり、シャツだったり・・・と、各々『自分にとっての涼しい衣料』があるはず。

今回のブログではそんな自分的な最も涼しい生地を使用したアイテムをご紹介させて頂きます。



BEAMS PLUSを長らくご利用して下さる方は既にご存知の方も多いかと思いますが、

やはり個人的には一番夏に涼しく着れるのは『インディアンマドラスチェック生地』だと思っています。

清涼感があり、実際にとても涼しい生地・・・と思い返すと、正直この生地以上の候補が思いつきませんでした。

そんなインディアンマドラスチェックですが、やはりBEAMS PLUSの提案しているカテゴリーにはマストです。

非常にアメリカを感じさせ、少し真面目な優等生な柄域や様々なアイテムとコーディネートが楽しめる、そんな春夏には絶対的に外せないチェック生地です。




インドのマドラス地方(現在はチェンナイに改名)にて織られていた伝統的な生地であり、今でも変わらぬ製法で作られている生地です。

昨今の革新的な技術では無く、昔からの伝統的な手法で作られる事で決して均一な生地というよりも、

どこか粗々しさや、素朴な雰囲気が生地表情に現れます。

様々な柄域・配色で作られる生地は毎年とても楽しみにし、スタッフ同士でも入荷すると『誰がどの柄を買うか』等といった会話も(笑)。

特に今の店舗に配属されてからはとにかく夏の準備として、マドラスチェックアイテムの買い足しは毎年欠かさずにしています。





マドラス生地の魅力は本当に沢山あるのですが・・・

とにかく夏場を快適に、涼しく過ごせるのが何よりも外せない理由です。

亜熱帯地方で作られる生地は、まさに日本の夏の気候にも最適。

吸水性、速乾性、汗が目立ちにくい、天然素材特有の風合い、変進開花、そしてアメリカンスタイルには欠かせられない・・・

挙げればきりがないですので・・・マドラスチェックの魅力の続きは店頭でお話させて頂けたらと。





さて、少々前置が長くなりましたが今年もいよいよ入荷してきました。

春にはロングスリーブのボタンダウンシャツ、オープンカラーシャツ、バンドカラーシャツが入荷し、

先日待望のショートスリーブが入荷しました。

ショートスリーブもBEAMS PLUSでは定番中の定番であり、毎年リリースされていますが、

いざ本領発揮で着用する!という時期には既に色やサイズが完売している事もしばし。

せっかくならまだサイズや色がしっかり残っている内にご紹介したく、今回ブログで書かさせて頂きました。




先ずは・・・





BEAMS PLUS / インディアン マドラスチェック ショートスリーブ ボタンダウン シャツ
カラー:レッド、グリーン、ネイビー、パネル
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥11,000-(税込)
商品番号:38-01-0041-139


前開きタイプのショートスリーブボタンダウンシャツ。

BEAMS PLUS定番のショートスリーブ型に落とし込まれ、何とも涼し気なラインナップ。





ピケパンツやセメントのパンツと合わせたいライトグリーンパターン。





チノトラウザーズやミリタリーパンツと合わせたいくすんだレッドパターン。





デニムやシアサッカーと合わせたいネイビー×レッドパターン。






一枚で主役になれ、目を惹く全乗せのパネルパターン。




真面目にタックインして着用するのも良し、

カットソーの上からサラッと羽織るのも良しの前開きタイプです。

コーディネートとやかく言うのもあれですので・・・



早速当店のSTAFF 山田兄弟(弟)/正志にスタイリングしてもらいました。




てっきりカジュアルごなしで合わせるかと思いきや・・・










ニットタイにグレートラウザーズ(BEAMS PLUS Tailor Line)、ALDENといったタイドアップスタイルに。

少しでもビジネスカジュアルを楽しむには!?という事で、マドラスチェック以外は全てビジネスユースで使えそうなアイテムでコーディネートしていました。

こういった真面目なコーディネートにもハマり、どこか明るい印象のスタイリング。

タイドアップスタイル、スポーツコート合わせにももちろん重宝するとの事です。




続きましては・・・






BEAMS PLUS / インディアン マドラスチェック プルオーバー ショートスリーブ ボタンダウン シャツ
カラー:オリーブ、サックス、ネイビー
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥11,000-(税込)
商品番号:38-01-0042-139


今年はサイズ感がリニューアルされたプルオーバー型のボタンダウンシャツ。

前開きよりも身幅が取られ、タックアウトで着用したり、ショーツと合わせたりと

カジュアルごなしに使い易いモデルです。





清涼感前回の白地にサックス、オレンジ、ラベンダーが配色された明るめのチェックパターン。

プルオーバーのゆったりとしてフィッティングにとても相性が良いカラーです。





続いてはアイボリー地にブルー×レッドパターン。

個人的にはアイビールックにはとても使えそうな柄色。

落ち着いたアイボリー地に、くすんだブルーとレッドの相性が何とも言えない組み合わせです。





最後は今シーズンらしさ全開!?なオリーブベースのチェックパターン。

最近、スタッフの会話からよく耳にするサファリルック、そんなこなしには持ってこいの一着かと。

ベージュのチノトラウザーズ、ミリタリーパンツ、デニム・・・ベーシックかつ粗野なパンツととにかく合わせたい柄です。




という事で、今年からどっぷりプルオーバー型にハマってしまった私がスタイリングを。












スポーティーなこなしとミリタリーアイテムを混ぜたカジュアル2コーディネート。

プルオーバー型特有のリラックスしたフィッティングに

合わせたワイドシルエットのチノトラウザーズから

トップスとボトムスのサイズ感にメリハリが楽しめるスリムシルエットのチノトラウザーズ。

やはりマドラスチェックにはチノトラウザーズが一番落ち着く気がします。




そんなこんなで今日も早速店頭で動きが見られるマドラスチェック。

気付いたらサイズが無い…色が無い…という事も。

サイズや色が揃っている今時期に、是非お悩み頂けたらと思います。




自分は先ずこちらの2色を・・・





JUNICHI YANAI





LINEとBEAMS CLUB、ID連携で期間限定500ポイントプレゼント!


本日より・・・

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。






既にご存知の方は多いかと思いますが、

ビームス プラス 有楽町界隈ではこの時期恒例の

丸の内キャンペーンがスタートしました。



丸の内ポイントカードをお持ちの方

もしくは丸の内ポイントアプリをご登録の方は

5/26(木)~5/30(月)の期間、

お買い物をして頂くと通常¥100-で1ポイントのところ、

この期間ですと¥100-で5ポイント付与されます。

※クレジットカード機能と連携の方は10ポイント(こちらは後ほどご説明させて頂きます)付与。




そもそも丸の内ポイントって!?と思う方も多いかと思いますが、

貯まったポイントをお買い物にご利用頂けます。

500ポイント毎で¥500-の引換となり、もちろん年会費入会費はかかりません。

この界隈でよくお買い物をして頂ける方は殆どの方がご利用して下さり、

最初の入会もしくはアプリの登録さえして頂けたら非常にお得なポイント機能です。

更には丸の内界隈で提携している駐車場・丸の内パークイン(丸の内界隈のビルに多数ございます)1時間分無料となり、

車でお越しの方にはとてもオススメしたいポイントカード。

※場所はこちらをご参照ください。




話を戻しまして・・・

5/26(木)~5/30(月)にお買い物をして頂くと・・・

例えば

¥10,000-で500ポイント(500円分)

¥30,000-で1500ポイント(1500円分)

¥50,000-で2500ポイント(2500円分)

¥100,000-で5000ポイント(5000円分)

付与されます。




更にクレジット機能と連携されると・・・

ポイントが10倍となり・・・

例えば

¥10,000-で1000ポイント(1000円分)

¥30,000-で3000ポイント(3000円分)

¥50,000-で5000ポイント(5000円分)

¥100,000-で10000ポイント(10000円分)

付与されます。

クレジットカード連携の仕組みですが・・・

初年度年会費無料、2年目からは年会費¥1,375-(年間で¥45,000-以上のご利用があれば年会費無料)。

実は、このクレジットカード連携のポイントカードですが、

このクレジットカードでお支払い頂かなくとも

連携さえしていれば10倍対象となります。

クレジットカード連携のポイントカードをお持ちである事が条件であり、

他のクレジット払いや電子マネー、現金払いでもこの10倍対象となります。




詳しくは当店スタッフ、もしくは丸の内カード事務局へお問い合わせ頂けたらと思います。




何はともあれ、

とにかく所持して頂ければ非常にお得な丸の内ポイント。




更には更に・・・

BEAMSではこちらのキャンペーンも。



LINEとBEAMS CLUB、ID連携で期間限定500ポイントプレゼント!






ネットから“試着・取り置き”→“ご購入”で ポイントプレゼント!




とにかく色々とポイント祭り。

何だかアイテム以外の事をブログで書くのもあれですが・・・

非常にお得なコトが盛り沢山の為、簡単にお知らせさせて頂きました。

是非、皆様のご来店お待ちしております。



JUNICHI YANAI

BRIEFING MORE MORE MORE VARIATION!!!

こんばんは、JUNICHI YANAIです。

残すところ3日間となりましたBRIEFINGのお祭りイベント



肝心のMORE VARIATIONに触れてなかった!と思い、ギリギリになってはしまいますが、画像でサッとご紹介させて頂きます。

ご存知の方も多いかと思いますが、BEAMSでは普段はBEAMS PLUSの別注のみしか取り扱いがございません。

その中でもビームス プラス 有楽町とビームス 神戸では一部、別注以外の商品も数型ご用意させて頂いております。



ですが、

今回のBRIEFING MORE VARIATIONではそれ以上に普段当店でも扱いがないモデルが並ぶのが今回のイベントです。







3フロアからなる当店の真ん中フロア、レジ前の壁面にはこれでもかと言うくらいにBRIEFINGが敷き詰められており、普段の3〜4倍のボリューム感でご用意しております。

ただそれはもちろん4/10まで。

様々なモデルを手に取り、見比べ、ご自身の趣味趣向用途に合わせてお選び頂けるのがまさにこの期間のみです。

ありすぎる為…

さっと画像だけでのご紹介になりますが、そのボリューム感が伝わればと思い、ぎりぎりにブログでご紹介させて頂きます。






MADE in USAシリーズのバリスティックナイロン。

大、小様々なサイズやワンショルダーというニュータイプを含め、バリエーション豊富な3WAYタイプのバッグ群。





同じくMADE in USAシリーズよりバッグパックタイプやデイパック。

カジュアルなシーンでもお使い頂けるラインナップです。




BRIEFINGコレクターの方は殆ど所持?されているバケツ型のショルダーバッグ"DAY TRIPPER"のラインナップ。

マチが広く、収納力に長けたDAY TRIPPERはレギュラーとスモールのサイズが選べるラインナップ。

実用性の高いモデルとして、未だに人気が絶えない名品です。







よりライトに使えるナイロンリップ生地を使用したコレクション。

バリスティックナイロンよりも軽く、見た目もライトな生地の為、ユニセックスで使いやすいです。

ジムやトラベル、はたまたビジネスユースに使えるモデル等…こちらの生地もかなりのボリューム感でご用意しています。


せっかくなら、STAFFのRecommend MODELとスタイリングを。
 

山田兄弟(弟)/MASASHI
















TAKAHIRO





私も











と、一部画像でのご紹介となってしまいましたが、今回も万全のフルラインナップです。

既に完売してしまったモデルもありますが、しっかりと見比べ頂ける様にかなりのバリエーションでお届けさせて頂いております。

少しずつではありますが、外出する機会も増え、それに合わせて洋服やこれらのバッグも探されてる方は多いかと思います。




BEAMS PLUSとBRIEFING。

別注を含め、コーディネートや用途に合わせて様々な提案が出来るかと思います。

多くのモデルを見て頂き、しっかり悩める今回のイベント。

一部ではありますが、オンラインショップでもイベント限定アイテムがご覧頂けます。

是非、こちらのページからご覧下さいませ。




残すところあと3日間(4/10まで)となります。

皆様のご来店お待ちしております。




JUNICHI YANAI

BRIEFING×BEAMS PLUS add on

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

JUNICHI YANAIです。

本日も前回に引き続きBRIEFINGについて書かさせて頂きます。




前回ご紹介したBREIFING×BEAMS PLUS 3WAY BAG。

長年、完売と追加を繰り返し、未だにBEAMS PLUSでは欠かせられないBAGの1つです。

ミルスペックで作られたその重厚な作りや見た目とは裏腹に、スポーツコートやスーツといったフォーマルな装いに馴染む洗練された逸品・・・

とにかく名品中の名品です。




そんな10年以上リリースされ続けている3WAY BAGですが、

今までご利用下さってる方、また、これからご購入を検討して頂いている方の為に

更にアップデートして使って頂けないかと思い、企画となった物が2年前にリリースされたDT POUCH。






BRIEFING × BEAMS PLUS / 別注 DT Pouch
カラー:ブラック、ネイビー
サイズ:ワンサイズ
価格:¥9,350-(税込)
商品番号:38-61-0043-106


前回のブログで触れた通り、3WAY BAGには広々としたメインスペースが設けられています。

逆を言えば仕切りが無く、折り畳み傘やペットボトルを持ち運ぶ方には、メインスペースに書類やノートPCと一緒にするより、セパレートにできる方が良いのでは。と言うところから企画がスタート。

当初はバッグインバッグ的なイメージから、『ミリタリーとの関連性』を考慮し、モールシステムを活かした所謂カスタマイズ的なポーチです。

これについては過去のこちらのブログをご参考に。

『Customized for・・・ “BRIEFING×BEAMS PLUS”』


BRIEFINGと言えばのアイコン的なレッドラインのウェイビングテープ。

3WAY BAGだけでは無く、様々なモデルに取り付ける事が可能です。

※取り付けられないモデルもございます。

様々な用途に合わせ、カスタマイズできる楽しさ。

実用性はもちろんの事、ミリタリールックの見え方がぐっと強くなります。




そんなBRIEFINGをカスタマイズする楽しさとして・・・






【予約】【イベント限定】BRIEFING × BEAMS PLUS DT Pouch Color CORDURA Nylon
カラー:グレー、コヨーテらオリーブ
サイズ:ワンサイズ
価格:¥9,350-(税込)
商品番号:38-61-0016-106




【予約】【イベント限定】BRIEFING × BEAMS PLUS / DT Pouch Color Ripstop Nylon
カラー:オレンジ、パープル
サイズ:ワンサイズ
価格:¥8,800-(税込)
商品番号:38-61-0017-106

今回、DT POUCHの限定カラー5色のプレオーダーが4/10(日)まで開催しております。

現在はビームス プラス 有楽町、ビームス 梅田、ビームス 二子玉川、そしてオンラインショップのみとなります。

追加生産なしの限定生産となり、10月位に納期予定となります。

もし、事前オーダーの枠が埋まらなければ店頭に並びますが・・・オーダー数量の上限に達しますと店頭には姿を見せなくなります。

コントラストを利かせた使い方や、インナーバッグとしての使い方、はたまたポーチ単体としての使い方・・・

コーディネートが楽しめるラインナップとなっております。




モアバリエーション限定アイテム等と組み合わせ、色々とコーディネートをイメージ・・・











ウェアのコーディネートに合わせたり、バッグのカスタムを考えたり、

限定カラーだからこその楽しみ方色々。

是非、開催店舗もしくはオンラインショップにてご利用くださいませ。





と、今回は更に3WAY BAGのアップデートアイテムとしてリリースされた

新型のREPORTER13もご紹介。



BRIEFING × BEAMS PLUS / 別注 REPORTER 13
カラー:ブラック、ネイビー
サイズ:ワンサイズ
価格:¥27,500-(税込)
商品番号:38-61-0035-106

実はこちらのアイテムも3WAY BAGのアドオン企画として考案され、DT POUCHに次ぐ、第2弾の企画アイテムです。

3WAY BAGの完璧なオーガナイザーとして、店舗で声が上がったのが『最強のドキュメントケースを作りたい』でした。

今ではビジネスユースとしての使用が広がっているBREIFING×BEAMS PLUS 3WAY BAG。

書類やファイル、手帳、ペンだけでなく、ノートPCや充電機器を持ち歩く方が増えて来ていのではないでしょうか。

そういった方々のギアを一手に収納・整理できるドキュメントケースとしてREPORTER 13が誕生しました。


 


REPORTER・・・ペンや手帳等、細々とした手荷物が多い記者をイメージ

13・・・昨今の時代に合わせた13インチのノートPCが入るサイズ

デザイナーの小雀氏より命名して頂いたドキュメントケースとなります。

とにかく様々な用途に合わせたディテール、圧倒的な部屋数、BRIEFINGだからこそのガジェット感強めのルックス、

そして3WAY BAGにぴったりと収まるサイズ感に製作して頂きました。



3WAY BAGのアドオン企画として出来上がった為、フロントのウェイビングテープによるクロス(+)も意匠としてデザイン。





ドキュメントケースだけでなく、持ち運びにも便利なハンドルを付け、クラッチバッグ的な使い方もオススメです。

スマートに物を収納しつつ、このハードな見た目はやはりBRIEFINGだからこそ。




せっかくなら・・・

全乗せコーディネートを。











やりすぎな見た目やオーバースぺックが好きな自分には、今回のイベントは本当に目白押しです。





最後の最後に…



4/10までに店舗でBRIEFINGのアイテムを税込み25,000円以上お買い上げ頂いた方、

オンラインショップで一部のBRIEFING×BEAMS PLUSのアイテムをお買い上げ頂いた方には

ノベルティとしてキャリーコネクトを差し上げています。





もちろんこちらのノベルティは非売品であり、BRIEFING×BEAMS PLUSの3WAY BAG専用に作られたアイテムです。

用途の詳細は以前のブログを参考にして下さい。

『待ちに待ったノベルティも…』

言わばこのノベルティもMADE in BEAMS PLUSの完全別注仕様のノベルティ。






BREIFING×BEAMS PLUS 3WAY BAGをより使い易くさせるDT POUCH&REPORTER13。

インサイド、アウトサイド共に抜け目なくMADE in BEAMS PLUSで固めました。

しつこいようですが、

BRIEFING DT POUCH ORDER&MORE VARIATIONは4/10(日)まで。

不明点ございましたらお気軽にビームス プラス 有楽町へお問い合わせ下さいませ。




JUNICHI YANAI

BRIEFING×BEAMS PLUS 3WAY BAG

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

タイトル通り、今夜はBRIEFING×BEAMS PLUSと言えばの3WAY BAGについてお話させて頂きます。



【イベント限定】BRIEFING×BEAMS PLUS / 別注 3WAY BAG NAVY
カラー:ネイビー
サイズ:フリーサイズ
価格:¥57,200(税込)
商品番号:38-61-0008-106


3WAY BAG自体はリリースされてからもう10年以上完売と追加を繰り返している名品中の名品。

画像のネイビーはご存知の方も多いかと思いますが、BEAMS PLUS別注のカラーとして生地の染色から行ったAIR FORCE BLUE。

現在だとBLACKと別注カラーのAIR FORCE BLUEの2色でお取り扱いしております。




生地は実際にアメリカ軍の防弾チョッキやガンホルダー等に採用されるバリスティックナイロンを使用しており、圧倒的なタフさを誇る生地です。

実はBRIEFINGのバリスティックナイロンと言えば…1050デニールの極太単糸を、2本撚り合わせて作られたダブルバスケットウィーブと言う繊維で織り上げています。

単純計算で2100デニールという…もうどこまで耐久できるのか不明な位、タフな生地です。





そんなハードな生地にはやはりパーツもブランドならではのこだわりが。

軽量なプラスチックパーツではなく、殆ど金属パーツを採用しています。耐久性はもちろんの事、この手のハードな生地や見た目には必然的に相性抜群な金属パーツ。その分重量感は増しますが、それと比例して耐久性も上がります。

因みに、別注のAIR FORCE BLUEはパーツも極力ネイビーに揃え、色の統一感を感じさせる仕上がりに。



収納面はと言いますと…

メインスペースは仕切り等が無く、広々と取られています。この手の作りは上着やシューズ等の嵩張る物をストレスなく入れて頂けます。

カテゴライズされないからこそ、自由に物を詰め込み、バッグパックとして使えます。

とは言いつつ、背面側、外側にはコンパクトなジップ収納が可能。



背面側には元からクッション材が入っており、中の物が身体に直接当たらないクッション材の役割を担ってくれます。もちろん、大切な書類やファイル等、薄型の物であれば入れて頂くことも可能です。

逆側スペースもコンパクトな収納スペースがあり、意外とマチのある物も入ります。

横向きのジップとなっている為、ショルダー、もしくはブリーフケース使いの際に使いやすい部屋です。



アウトサイドには大小それぞれのスペース。

アクセスが多い小物を入れるのに丁度良いサイズ感です。



下側のスペースにはデタッチャブルの小型ポーチが内蔵され、バッグパック(縦型)、ショルダーorブリーフケース(横型)に角度を変えられる様な仕様に。

取り外しできる為、メインスペースに忍ばせ、細々した物の仕分け役としても役立ちます。



店頭でのご案内時、極力ご説明させて頂いているのですが、このウェイビングテープの付け方。十字に走ったテープBRIEFING×BEAMS PLUSだけのデザイン。



BEAMS PLUSのタグには絶対『➕』マークが入ってます。

デザインの一つとして、そしてMADE in BEAMS PLUSの証として、『➕』をデザインとしてウェイビングテープで表現しています。

個人的にはやはりロゴとして大好きなポイントの一つ。今ではBRIEFINGから様々な3WAY BAGがリリースされていますが、ここのデザインは唯一無二です。



長々と書かさせて頂いておりますが…

まだまだお話しさせて頂きます。




3WAY BAGの使い方として、多くの方がバッグパックとして使って頂いております。

ここにもBRIEFING×BEAMS PLUSだけのディテールが。

ショルダーハーネスにはロードリフトストラップと言われる、ハーネスの調整が効くディテールあります。

ミリタリーやアウトドアのバッグパックと言ったギアに使われるディテールの一つ。





本来は下側だけでハーネスを調整するものの、荷物が多くなればなるほど、重さでバッグと背中に隙間が生まれてきます。



そうなる事で背負い心地が崩れ、重さの支点が全て肩に掛かり、背負い疲れや肩凝りに繋がる事も。

リュックを背負った時に走ると前後左右にバッグが動く経験はどなたでもあるかと思います。





このストラップを絞る事でバッグを背中に密着させ、ホールド感のアップと、重心を肩だけではなく背中全体で受ける事ができます。

自分もよくバッグパックを背負いますが、基本ハーネスは思いっきり絞り、背中に密着させます。

なで肩の自分にはずり落ちたり、せかせかと歩く癖があるのでバッグパックのホールド感の大切さは本当に痛感しています。



それと、この余ったストラップ、ハーネスに付いているウェイビングテープに挟み固定もできます。

既にお持ちの方は是非こちらに固定し、スマートな見え方を感じて頂けたらと。





付属パーツとしてショルダーストラップが付いており、面積と厚みがしっかりあるショルダーパットが掛け心地と安定性をキープしてくれます。

もちろんこのショルダーパーツは長さや、ショルダーパットの位置を変える事ができ、ご自身のお好みに合わせて位置で肩掛けが可能です。



そして…





やはりぐるりと3WAY BAGを見るとやはり気付かされるのはバリスティックナイロン、ウェイビングテープの贅沢使い。

既にこの生地自体がタウンユースではオーバースペックなのですが・・・

よりハードに、より重厚感ある見た目にしているのは生地の分量にも大きく関わってるのではと思ってます。

オーバースぺックではあるものの、ボディの生地を厚くする事で型崩れが起きにくかったり、バッグ自体が直立したり・・・メリットがとても多いです。






そんなこんなで、とても長くなってしまいましたが、まだまだこの3WAY BAGの魅力はございます。

オンラインの商品ページをご覧頂ければ、多くのスタッフのスタイリングやブログ等で紹介されています。

こんなところが気になる・・・という事があればお気軽にビームス プラス 有楽町へお問い合わせ下さい。




次のブログではこの3WAY BAGをより拡張&多機能にするアイテムもご紹介させて頂きます。

引き続き取り扱い店舗、オンラインショップをご利用下さいませ。




JUNICHI YANAI

今週末がラスト。~INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show~

ブログをご覧の皆様、おはようございます。

いよいよ今週末、3/12(土)と3/13(日)でラストとなりました、

INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show






先週末は多くの方にアポイントを頂き、非常に盛り上がりました。

特に今回ご用意させて頂いたトピックス生地にオーダーが集中し、既に枠が無くなりそうな生地も。。

今回はトピックス生地の1つでもあるVintage DENIMと

BEAMS PLUSと言えばの・・・ド定番のオックスフォード生地について少しお話をさせて頂きます。




Vintage DENIM


 

ネーミングだけでもグッと惹かれるこの生地ですが、

実は長らくINDIVIDUALIZED SHIRTSでは定番的にやっていたデニム生地です。

定番とは言いつつも、Trunk Show(オーダー)ではかれこれ4~5年?位はご無沙汰となっていて生地です。

NYの生地屋とINDIVIDUALIZED SHIRTS社で作られた正にアメリカ製のデニム生地。

地厚な生地にゴワっとしたタッチ感、まさに今だと探してもなかなか・・・いえ、殆ど出会えないデニム生地です。

そんなVintage DENIMですが・・・実は来シーズンから廃番となってしまいます。

そうと聞けば・・・せっかくなら最後はTrunk Show(オーダー)で使いたいと思い、ピックアップした限定生地です。

既製品としてしばらく定番の生地でしたが、来シーズンこそ既成品でも姿を消してしまいます。




ご自身のお好みに合ったフィッティング、襟型、ポケットやカフの仕様・・・そんな思いを込めて作れるご自身だけの"Vintage DENIM"シャツ、今回限りとなります。











Vintage DENIM・・・自分も実は6年前にオーダーした生地で、だいぶ表情が変わったのでご紹介させて頂きます。

色が抜け、アタリがハッキリと出ており、まさに着古されているお気に入りの一枚です。

久々にワンウォッシュの状態のシャツと比べ、ここまで色が違うのか・・・と正直びっくりしています。

一時はルームウェア的に毎日着ており、かなりアタリも強く出てきています。

果たしてこの着古された感じが良いのか、悪いのか・・・正直自分にも分かりませんが、ここまで着ると確実に愛着は湧いてくるかと(笑)



個人的にも思入れのあるVintage DENIMの生地、もしオーダーの枠が残っているなら自分もデッドストックとして追加オーダーしようと考えています。

昨今のBEAMS PLUSでも話題の変進開花の楽しみやINDIGOカラーのコーディネート、そんな気分にもフィットするオススメの生地です。

余談ですが・・・実はこの生地、生地が厚過ぎて、縫製の段階でミシン針が折れる事も多いとか。その位タフで着倒しがいのある生地です。




続いては・・・





やはりお好きな方も多いかと思われるオックスフォード生地を。

アメリカのシャツメーカーという事もあり、オックスフォードの種類は本当に豊富です。

その中でも"ザ"なオックスフォードを2種類ご紹介させて頂きます。





左がBritish(Cambridge) Oxford、右がRegatta Oxford

アメリカンなボタンダウンシャツで良く使われるタッチ感・・・個人的に思う"ザ"なオックスフォード生地がこの2種類です。

ホワイトはなかなか伝わり辛いですが・・・サックスは画像だけでも分かり易い色合いの違い。

British(Cambridge) Oxfordはやや光沢感があり、しなやかなタッチに比べ、

Regatta Oxfordはややくすんだ(生成りがかった)色合いにドライなタッチ感。



INDIVIDUALIZED SHIRTS × BEAMS PLUS / 別注 ケンブリッジオックスフォード スタンダードフィット
カラー:ホワイト、サックス
サイズ:14.5、15、15.5、16、16.5、17
価格:¥25,300(税込)
商品番号:38-11-0258-597


Regattaと比較するとやや細番手の糸を使い、ややドレス向きのシャツ生地です。


BEAMS PLUSのラインナップでも"ドレスシャツとしてのボタンダウンシャツ"として店頭に並んでいます。

オックスフォード生地と言えばの肉感はありつつも、やや上品な顔つきの万能な生地です。





Regatta Oxfordは洗い込めば洗い込むほど目が詰まり、ガサッとしたドライなタッチ感。

個人的には大好きな生地で、ホワイト・サックス共に愛用しております。

この生成りがかった色合いがミリタリーパンツやポケットデニム、チノパンツ・・・とカジュアルなボトムスとの相性が抜群なんです。

まさに着心地も見た目もタフなオックスフォード生地。




と、ほんの一部のオックスフォードをピックアップしましたが・・・

もちろんこれ以上にも多くのオックスフォード生地をご用意しております。




色々とご紹介したい生地は山盛りですが、その続きは是非店頭にて。

3/12(土)と3/13(日)の残り2日間となりました。

アポイントに関してはお気軽にビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)までお問い合わせ下さいませ。



JUNICHI YANAI

私的購入予定物 ~BENRUS×BEAMS PLUS TYPE Ⅰ~

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

毎度、イベントのお知らせばかりの為、本日は私的購入予定物をご紹介。



ここ最近、店頭での問い合わせが増えてきており、気付いたらオンラインに予約がスタートしていましたこちら。

BENRUS×BEAMS PLUS TYPE Ⅰ




BENRUS_× BEAMS PLUS / 別注 TYPEⅠ
カラー:シルバー
サイズ:ワンサイズ
価格:¥36,300(税込)
商品番号:38-48-0003-707





アメリカのミリタリーウォッチの代表的なモデルの1つであり、1972~1980年まで米軍に採用されていました。

丁度、オリジンとスペック表を照らし合わせてみると・・・

防水機能、ムーヴメント以外のスペックはほぼほぼオリジン同様の見た目・サイズ感です。

機能面は現代の技術に乗っ取りつつ、見た目はオリジンに沿う。

決して派手にアレンジを加えるのではなく、BEAMS PLUSらしいオリジンに敬意を払った別注アイテムです。




と言っても、自分にとっては時計は無頓着であり、基本的に時間を見る時はスマートフォンか近くにある掛け時計。

時計に対してこだわりが無く、とても無頓着な人間ですが・・・

それでも惹かれるポイントとしては"ミリタリー由来""オリジンに沿った見た目"です。



今回、BENRUSの通常ラインでもこのTYPE Ⅰはリリースされます。

見比べてみると・・・

直観的に感じさせてくれるロゴなしのシンプルな表情。

軍需目的のアイテムはあくまでもメーカーの宣伝ではない為、ブランドやメーカーのロゴは基本は付かないです。

他にも仕様の違いはありますが・・・それは是非店頭にて。



こう言うと色々な方からバッシングを浴びそうですが・・・

あくまでもミリタリー"ウォッチ"として身に付けるのでは無く、ミリタリー"アクセサリー"としてリリースを楽しみにしています。

色数も少なければ、見える箇所にはロゴが無いシンプルな見た目。

ネイビーブレザーに軍パンスタイル、スウェットセットアップのアスレチックスタイル、最近ハマっているモノトーンスタイル・・・

そんなスタイルのアクセサリーとして身に付けたい一本です。







実は現在ビームス プラス 有楽町にはサンプルが届いています。

店頭でサンプルを見て頂き、実際に試着も可能となっております。

写真では伝わらない質感や重さ、付けた時の見た目・・・

実際に自分も手に取ってみて物欲が掻き立てられています。笑

ご足労お掛けしますが、もし実物をいち早くご覧になられたい方はビームス プラス 有楽町、ビームス プラス 原宿へご来店下さいませ。





そして・・・

ご存知の方は多いかと思いますが、改めてご予約についてお知らせです。

既にオンラインでは予約がスタートしており、店頭でもご予約が承れる様になっております。

店頭でのご予約ですと、商品が入荷してから購入するか否かを悩んで頂けます。

なのでまだ購入するか悩まれている方は・・・店頭でのご予約をお勧め致します。

もちろん店頭に直接ご来店頂かなくとも、電話でのご予約(ビームス プラス 有楽町/03-5220-3151)も可能です。

気になる方はお気軽にビームス プラス 有楽町もしくはビームス プラス 原宿へお問い合わせ下さいませ。





JUNICHI YANAI




こちらも随時アポイント受付中です!

≪INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show≫ 3/5(土)、3/6(日)、3/12(土)、3/13(日)の計4日間。

※オーダー時は1時間のアポイント制となりますので、お気軽にビームス プラス 有楽町(03-5220-3151)へお問い合わせ下さい。







INDVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

久々のブログですが・・・本日も当店ビームス プラス 有楽町のイベント事情について少しだけ触れさせて頂きます。

先週、大盛況で終えたSPORT COAT Fairですが、その勢いのまま3月にはMADE in USAのオーダーシャツ≪INDIVIDUALIZED SHIRTS Trunk Show≫が開催されます。

ここ最近ですと一年に二回開催させて頂き、毎年多くの方にオーダーを頂いております。

本当にありがとうございます。

BEAMS PLUSの様々なアイテムの中でもドレスシャツとしての位置付けで取り扱いさせて頂いており、まさにアメリカンなスポーツコート・スーツスタイルに合わせて頂きたいシャツブランドです。




今年も無事開催が決まり、昨年9月に開催された時の様にイベント限定のトピックス生地を今回もご用意しております。





既に弊社のホームページでも公開されましたが今回のトピックス生地は3種類。

どういった生地や・・・どんな仕様がオススメか・・・等は2/27(日)と3/8(火)に当店のInstagramアカウントにてインスタライブでお話させて頂きます。

なのでサラッとではありますが、画像でご紹介。

ニューヨークの地下鉄から配色を抜き、ストライプ柄に落とし込んだ『SUBWAY STRIPE』

ポップなカラーでボタンダウンシャツ・・・ありそうでなかなか出会えなかったこの手のストライプパターン。











ニューヨークの生地メーカーとINDIVIDUALIZED SHIRTSが共同開発した『VINTAGE DENIM』

まさに正真正銘のMADE in USA。

私も6年前にオーダー(そこから暫くトランクショーでは廃番となっていました)し、今でも愛用しているのですが・・・本当に風合いが抜群です。




前回のオーダーでも登場したシャンブレーの変わり種『HERITAGE CHAMBRAY BEIGE』

数枚だけ生地があるとの事で・・・今回も生地を抑えてもらう事ができました。

何かと重宝するシャンブレーのシャツ、柔らかいライトベージュカラーがクラシックながらスタイリングに馴染みます。


今回はこちらの3種類です。

実はこの生地でご自身のフィッティングや好みの仕様でオーダーできるのは今回BEAMS PLUSのみ。

シャツ生地を眺めてるだけで色々とイメージが膨らみ、勝手にコーディネート組みを頭の中で楽しんでいます。笑

ただ・・・生地のストックには限りがございます。

こう言った言い方はあまり好きではないのですが・・・トピックス生地に関しては先着順となります。

3/5(土)、3/6(日)、3/12(土)、3/13(日)の計4日間、アポイント制となります。

もしトピックス生地が気になる方は是非お早めにアポイントを入れて頂けたらと思います。

アポイントに関してはビームス プラス 有楽町 03-5220-3151までお問い合わせ頂ければ、空いてる日程・時間帯でアポイントを承らせて頂きます。



前述もしましたが・・・

2/27(日)と3/8(火)の20:30よりインスタライブにて、私とSTAFF ISHIKAWAのコンビでオーダーの概要やオススメ生地等、お話させて頂きます。

是非、オーダー内容の参考にして頂ければと思います。




JUNICHI YANAI