スタッフ「吉田 淳」の記事

底の知れないアロハシャツ

皆様こんばんは。


5月23日月曜日、深夜1時になりました。

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》のお時間です。


このブログは、BEAMS PLUSにどっぷり使って早10年。まだかまだかと開花を待ち望む“蕾”

ことビームス 辻堂の吉田がお送り致します。


さて、“蕾”とはなんぞや?というところかと思いますがこちらに関しては


急遽代打としてまさかの2回目の登板となったこちらをご覧くださいませ。



では参りましょう!本日はこちらのアイテム!


REMI RELIEF × BEAMS PLUS / 別注 カットジャカード プリント アロハ シャツ
カラー:FADE INDIGO
サイズ:S〜XL
価格:¥30,580(税込)
商品番号:38-01-0068-671


ちょっとしたキッカケから生まれた新案。

さて、REMI RELIEFといえば、まるで本物のヴィンテージのような仕上がりでいつも私たちを驚かせてくれる技術の高さと探究心が魅力ですよね。

BEAMS PLUSメンバーからは、“加工職人”と呼ばせていただいている事はファンの皆様は周知の方もいらっしゃるかと思います。


デザイナーの後藤 豊氏が過去出演していたプラジオ・インスタライブなどでは、

「何でもやります!24時間営業、REMI RELIEF後藤です!」

とオープニングで笑いが起こったのは記憶に新しい…

私も過去《All Night BEAMS PLUS Special weekend》やカスタムオーダー会でのインスタライブ、そして過去オーダー会時にお話しさせて頂く度に、REMI RELIEFというブランドの探究心や懐の深さ感じていたのです。



時は遡り昨年のちょうど今頃、全国のBEAMS PLUSメンバーで次のシーズンの“アロハシャツ”を決めよう!!というミーティングが開催された時のこと…


「とあるヴィンテージのアロハシャツを参考に、“ジャカードとプリントの合わせ技”はどうか?」


「きっとREMI RELIEFなら可能なのではないか⁉︎」


過去見せつけられてきたREMI RELIEFの探究心と後藤氏の懐の深さが、私達の期待も含めた新案となり、“シャドーアロハ”なんてフレーズまで出てくるほど盛り上がったこの新案は、1年の時を得てようやくお店の方に到着致しました!!

まだ良くなるの⁉︎底の知れない技術力。


数年前からリリースし、毎年ご好評頂いている《REMI RELIEF×BEAMS PLUS》のアロハシャツ。

BEAMS PLUSファンの皆様は、お馴染みかと思います。


※こちらは昨年のモデル。モノトーン配色や多色使いなど、この時も新鮮味のある柄をリリースしていたが…


今回はREMI RELIEFの代名詞である“インディゴ”、そしてこのアロハシャツの何よりのポイントである“カットジャカード”に、プリントまでも程した今シーズンのモデルがこちら!



柄はハワイを象徴とする植物の一つ“モンステラ”。

大きな切れ込みの入った葉っぱが特徴で、根から水を吸い上げる力が強いことから、ハワイでは“水が湧き出る”という意味があるそうです。

アロハシャツの柄としても度々用いられるこのモンステラ柄を使い、直球的なアロハシャツに仕上がりました!


そして生地をじっくり見てみると…


モンステラのプリントの中に覗く“ハイビスカス”の刺繍…

蕾ではなく、しっかり咲いています。

ぼんやりとしていた私達のイメージと期待が、驚くほど自然にマッチしました。


さらにプリント部分はバンダナでも用いられていた手法“抜染プリント”、そして手作業により裏糸をカットする“カットジャカード”により生地の軽さと柔らかさを損なわない職人技が、よりグレードアップしたアロハシャツを完成させました。


※こちらは生地の裏面。


まだまだ進化するREMI RELIEF。

底の知れないREMI RELIEFチームの技術力は、他のブランドでは表現できない領域まできているのかも知れません。


是非手に取って頂きたい一着です!!


インディゴ故のオトナ風。

アロハシャツはやはりリゾート的な雰囲気を連想させるモノ。

スタイリングもそんな軽快なイメージに寄せるのがセオリー?かと思いますが、


インディゴ糸を使うことでのフェード感も楽しめるこのアイテム。リゾート的な雰囲気ではなく、大人っぽく自然に取り入れたい。

スタッフ窪はミリタリーパンツとMIX。合わせて腰に巻いたオリーブカラーのジャケットは男臭さを。

上まで留めたボタンに、アイウェアとキャスケットで知的な雰囲気もプラスしながら、足元はサンダルで軽快に。


お次は私。

アイテムは異なりますが、先週木曜日の《MZOとサミュエル金子のAll Night BEAMS PLUS》でも語られていた、インディゴ染めのボトムスと合わせたスタイリング。

アロハシャツのカラーリングから“インディゴ×ホワイト”を基調とし、爽やかな印象に。

インディゴ染めによるフェードした色合い・浮き出る柄。

そして袖を通すと感じる肌触りの良さと生地の軽さは、是非手に取って頂きたい一着です!!

お問い合わせはお近くのBEAMS PLUS取扱い店舗へ!!



では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

着飾る夏。日本の夏。


《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》


皆様こんばんは。吉田です。


さて、先週はビームス 広島のチアーズ田坂の代打として、BEAMS PLUSバイヤーの佐久間とプラジオ《あまぁーーーい蕾のAll Night BEAMS+》に出演させて頂きました。


いつも《All Night BEAMS+》をご拝聴いただいている方はご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、佐久間とは同じ平成元年生まれ・同期入社なので、身内ネタっぽくなってしまったかもしれません。…が、お聴き頂けると幸いです。


さて、先週は天気が優れない日が続きましたが、着々と進む夏の準備。

本日は、単調になりがちな夏のスタイリングにオススメしたい一着を。



BEAMS PLUS / シアサッカー ニット シャツ
カラー:BEIGE・SAX
サイズ:S〜XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-02-0014-156

夏を着飾る“ニットシャツ


ここ数シーズン、モデルは違えどラインナップしている半袖ニットのバリエーション。

メンズウェアとしては、馴染みのないお客様も多い類なのではないでしょうか。


先程もお話ししたように、気温が上がるにつれてTシャツやショーツなど、重ね着が減る分単調になりがちな夏のスタイリング。

今回ご紹介するこちらは、そんなスタイリングに「ちょっと待った!!」と声を挙げてくれるアイテムです。




袖口の飾りボタンや裾に施されたアジャストボタンなど、クラシックなディテールも垣間見える所も、さりげない存在感を演出してくれます。


個人的には《夏を着飾る為のアイテム》としてオススメしたい一着です。


夏にニットって暑くないの?


度々聞かれることフレーズ。

たしかに、Tシャツや清涼感のある素材のシャツに比べるとそう感じるかもしれません。


しかしそこは流石のBEAMS PLUS。生地にも一工夫がされています。


コットン×ポリエステルのドライなタッチ感に加え、表面はシアサッカーファブリックを彷彿とさせる凹凸感のある生地に落とし込まれています。


こちらは裏面。

ポリエステル混によるサラッとした肌触りは、袖を通すと実感!!

これなら日本の夏も楽しめそうです、


“お洒落は我慢”なんてここ最近は聞かなくなりましたが、このように様々なアップデートがされている事で快適に過ごせるようになっているからなんですね。

いつものスタイリングに“ちょい足し”


まずはこちら


昨シーズンから続くPLUSスタッフ夏の新定番、コットン×リネンのポケットTシャツ。


一枚でも程良い存在感なのですが、何か物足りない…という方。


と、このようにトッピング的な感覚で加えて頂くだけで、より“自分好みに美味しく?”なります。

カットソーはタックインすることで昨今の流れを汲んだ着こなしも。


裾を出すとよりリラックス感のある雰囲気に。

私はタックイン派ですかね。

カラーも統一性を持たせるスタイリングが好みです。


インナーは柄モノも良いですよ。


柔らかいニットシャツの色合いに、ブラウン系のボーダーT。

柄×柄の組み合わせも、細かいピッチのシアサッカー調のストライプだからこそ出来る技。


ミリタリーパンツを合わせながらも、迫力のあるボリュームと緩やかなシルエットを選ぶことでリラックス感は損なわず。

是非、参考にしてみてください。


さて、先程のスタイリングを見せてくれた彼はビームス 辻堂期待の新人【武藤くん】。


若々しくフレッシュな顔に似合わずBEAMS PLUSと共にクラシックなアイテムを好む、まさにENJOY FASHIONの男の子。

師匠は「マチガイナイベ」のあのお方…納得ですね。


お互いやや太めのパンツで合わせましたが、シンプルなアイテムだからこそ、全体的にシルエットでメリハリをつけるのがオススメ!


是非店頭で袖を通して頂きたい一着です!!

お問い合わせはお近くのBEAMS PLUS取扱い店舗へ。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

休みもレザーシューズ派!に朗報です。



いつもブログをご覧頂きありがとうございます。


吉田です。


さて、久しぶりに解放感を感じたゴールデンウィーク。久しぶりの旅行や帰省が出来たなんて方もいるのではないでしょうか。


ニュースなどでも、各所以前のような盛り上がりが戻ってきているような雰囲気が感じれて、これからの事を考えるとワクワクしますよね!


私もGW中のちょっとした予定の隙に子供たちとビームス プラス 原宿にお邪魔。


長男は見慣れない場所(実は何度か来ている)からか、入店1分で「怖い…」とビビり顔。

店立ちしていたグラマラス藤井とリチャード佐藤とまともにセッションする余裕もなく、短い滞在時間になってしまいました。


さて、連休中も半袖でも過ごせる程の気候になり、徐々にスタイリングも夏仕様に。軽装になってくるのと合わせて、お洒落をしながらも快適に過ごしたいと考える人も多いのではないでしょうか。


ということで本日はこちら!


BEAMS PLUS / トロピカルウール チェック ドローストリング トラウザーズ
カラー:グレンチェック・ガンクラブチェック
サイズ:S〜XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-23-0155-791


ハイブリッドな夏用スラックスがここに。


ここ数シーズン、素材を変えながら展開しているドローストリングトラウザーズ。

今シーズンは、よりスラックス感覚で取り入れられるこの2種類がラインナップ。


左からグレンチェック・ガンクラブチェックの落ち着いたカラーリング。ガンクラブチェックは近くで見ると…


ブラウンベースの細かい格子で、遠目から見るとブラウンの無地に見えるようなさりげなさがまたイイ!!

ウエスマンのディテールもお馴染みの持ち出し仕様になっています。


そして名前の通りウエスト部分はドローコードで絞れるイージーパンツの要素がプラスされているので、快適かつ腰回りもスマートに収まります。


そしてグレンチェックは正統派、そして大人顔。

ドライなタッチ感のトロピカルウールが、これからの時期にも快適な肌当たり。

そんな生地とシルエットから生まれる履き心地は、“お洒落かつ快適に”を叶えてくれます。


スラックスだと気持〜ちためらうこんな体勢も問題なし。

是非、試して頂きたい一本です。


休みもレザーシューズ派!に朗報。


今回もBEAMS兼ダンサーのNeeseの登場。

リネンのキャスケットにバンドカラーシャツなど、モノトーンで統一されたスタイリングは品もありつつ力の抜けたリラックススタイルに。


“スラックス”なので足元はやはりレザーシューズがオススメ。

ストンと落ちるワイドなストレートシルエットは、ボリュームのあるシューズでも綺麗に収まります。


「休みでも私はレザーシューズ派なんです」という方!にはピッタリのパンツです。


これからの活躍が期待されるニットポロとの組み合わせにも、是非オススメしたい一本。

ニットポロとレザーシューズの良いつなぎ役になります。


ブラックカーフ・ブラウンカーフ、もしくはスエードなど、幅広いレザーシューズに取り入れて頂けるはずです。


かれこれ私も、視野が狭かった20代前半はスニーカーを取り入れる事が少なく「休みの日もレザーシューズ派」だった一人。

今休日にレザーシューズを合わせる時は、「今日は〇〇があるから・あの人と会うから」など何かしら特別感のある日。

力みそうな時、こちらのパンツで心身ともにリラックスして頂ければと思います。


お問い合わせはお近くのBEAMS PLUS取扱い店舗へ。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

目立たないけど、いい仕事するんです。


いつもBEAMS PLUSのブログをご覧頂きありがとうございます!

ビームス 辻堂の吉田です。


今日は早速本題に。


BEAMS PLUSの顔の一つでもある“ボタンダウンシャツ”ですが、シーズンによって様々な素材でリリースされていることは皆様ご周知かと思います。


特に夏の風物詩とも呼べる“インディアンマドラス”は多くの方にご愛用頂いていますね。


【通気性が良い・軽い・すぐ乾く】

そして天然繊維ならではの“変進開花”が魅力です。

先週のMimotoのブログも是非チェックしてみてください。


そんな不動の人気のインディアンマドラスに隠れ、陰でコツコツと頑張っているモノもおります。その姿は我等BYB(Backyard Boys)のよう…


BEAMS PLUS / リネン ソリッド ボタンダウンシャツ
カラー:ホワイト・ベージュ・グリーン・ネイビー
サイズ:XS〜XL
価格:¥14,300(税込)
商品番号:38-11-0425-139

色によって違う個性


このグリーンの色合い、良い雰囲気ですよね。リネン素材特有の発色の良さに、製品洗いによるクタっとした生地と毛羽立ち。

柔らかいドレープ感が品の良さも感じさせてくれます。

ベージュカラーはややネップ感のある表情をより感じやすく、粗野な印象も。やはりナチュラルカラーはリネンの良さがグッと際立ちますね。

BEAMS PLUSらしくデニム素材のアイテムやミリタリーウェアとのコンビネーションも楽しめそうです。


一方、定番のホワイトは見た目的な涼しさも感じる透け感が特徴。

Tシャツを挟み、目を凝らして見てみると…


なんだかドビー織りのようにも感じる生地の表情。あれ?と、「ベージュやグリーンでは気付かなかったなぁ…」と独り言。


いい仕事してるなぁ…


生地の組み合わせで楽しむ


これからの時期であれば例えば夏らしくカットソーの上の羽織りとしても。


インナーのマルチボーダーに映える無地のリネンファブリック。ナチュラルカラーがデニムとも相性が良く、とてもバランス良くまとまっていますね。



さらに、BEAMS PLUSの夏の素材となるとトロピカルウール・シアサッカー・マドラスやバティックなどのインド綿などが定番的。

そのような素材のアイテムには、特に組み合わせてほしい一枚です。


ブロックプリントにベージュのリネン。


シアサッカーストライプにネイビーのリネンなど。清涼感のある素材には、同じく清涼感のあるアイテムを挟む事で双方が活きてきます。


やっぱり、ボタンダウンシャツはまずスポーツコートスタイルで楽しむのがオススメ。


こちらは同じくリネン素材のスポーツコートに、グリーンカラーを差したスタイリング。


共に涼しげな素材を合わせる事で、これからのシーズンらしいスポーツコートスタイルに。

であれば、選ぶのはニットタイ。

夏のスポーツコートスタイルが、より楽しくなるはずです。



大袈裟ではなくシンプルなアイテム選びとさりげない拘りが、きっと誰かには伝わるはず。

「目立たないけど、いい仕事するんです。」

是非スタイリングに取り入れてみてください。



と、このシャツの良さを話しているうちに、「Backyard Boysのよう…という言葉は撤回しないといけないな。」と思いました。

ずっと愛される定番品のように、自分も精進しなければ…!


Backyard Boysの鍛錬はまだまだ続く…。



では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに。



▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

パチっと簡単。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!



さて、先日アップされた【インディアンジュエリー放浪記 其の三十】でコヴァ ヤジー氏がブログで綴って下さいましたように、私が所属するビームス 辻堂にビームス プラス 原宿の山田兄弟(兄)と共に湘南にやって参りました。


私にとってはなんとも学びのある貴重な時間に。


普段から店舗のヴィジュアルを任せて頂いている中、これはまた違う感覚…。

「考えるな、感じろ」とはこの事を言うのでしょうか。

色々な事を教えて頂き、色んな意味で楽しかった一日。


お近くにお住まいの方は是非ビームス 辻堂まで、豊富なラインナップのインディアンジュエリーを見に来てください!


ということで、本日も始まります。


【吉田淳のAll Night BEAMS PLUS】!!


本日はこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / タスラン リネン グルカ パンツ
カラー:BROWN・NAVY HERRINGBONE
サイズ:S〜XL
価格:¥29,700(税込)
商品番号:38-24-0108-139

グルカパンツはハードルが高い!?


恐らくブログをご覧になって頂いているBEAMS PLUSファンの皆様は、グルカパンツと聞いてイメージは湧くのではないでしょうか。

BEAMS PLUSではお馴染みの“あのブランド”のように、ウエスマンの特徴的なディテールはタックインスタイルでこそ映えるモノ。だからこそ、スタイリングも含めて少しハードルが高く感じる方も多いかもしれません。


しかしハードルが高く感じるアイテムだからこそ、スタイリングを考える時間・鏡を見る時間がまた新鮮に感じるもの。

とはいえ、一筋縄でいかないのがBEAMS PLUS。もちろん今作も、現代に合わせたアップデートが施されているんです。


グルカパンツを“パチっと”!?


先程もお話しした特徴的なウエストベルトのディテールは、名前の由来にもなっている“グルカ兵”が着用していたとされているパンツがモチーフ。サイドのベルトは、着用して“ギュッ”とウエストを絞る為のモノ。

“パチっと”という音はしないように感じますが…実は

このベルト部分が…“パチっ!!”


これにより着脱の際一回一回ベルトを外すという手間がなくなり、スムーズに着脱が可能に!!

※お腹の弱い私にとって、時たまトイレで焦るこの部分のアップデートは大助かりw


ウエストにはさらにゴムリブも付いているのでこのスナップボタンで簡単に着用して頂けます。


素材使い・シルエットまでもが新しく。


まず素材はナイロンとリネンを用いたヘリンボーンツイル。シルク混のような光沢も感じさせる風合いになっています。


さらにシルエットは2プリーツ入りのゆとりのある腰回りのフィッティングに加え、裾にかけての緩やかなテーパードシルエット。

裾は折り返してボリュームをつけ、シューズのボリュームに繋げたスタイリングがこちら。

相性の良いオリーブのシャツジャケットに、チラッと除く差し色のオレンジがポイントです。


こちらは共生地のジャケットを合わせたセットアップスタイル。

難易度の高いグルカパンツのディテールを存分に活かした、クラシックな雰囲気は彼の雰囲気にもマッチ。


夏の風物詩、マドラスチェックとの相性も抜群です。


足元もモカシンを合わせればまた軽快に。


また、冒頭で話したようにハードルが高く取り入れにくい…という方はタックインせずに素材感とシルエットを楽しむのもオススメ。

こちらはもう一色のネイビーのヘリンボーン生地。

半袖スウェットとチマヨベストとの組み合わせを見せてくれました。

ワイドなシルエットの終着点に、NEW BALANCEのボリュームが綺麗に収まります。


BEAMS PLUSらしいアップデートが施されたこちらのグルカパンツ。

お問い合わせは、お近くのBEAMS PLUS取り扱い店舗まで!


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

まるで壁画のよう

毎週月曜日の深夜1時更新!【吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS】


いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

ビームス 辻堂に所属する吉田です。


さて、先週のプラジオは聴いて頂けましたでしょうか?


私がリーダーを務めるBackyard Boys(略BYB)のメンバーの1人であるビームス プラス 有楽町の坂本がフラッグシップ新メンバーとして登場致しましたので、是非お聴き下さい!

↑ご視聴はこちらから!


今回もグラマラス藤井が考案した【ズームイン!!麻!】というネーミングセンスに感心。

ちなみに吉田家は学生時代はズームイン派でした。


リスナーの皆様いつもレターありがとうございます!


毎日お送りするこちら《All Night BEAMS PLUS》のブログも引き続き宜しくお願い致します。


さて、本日はこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / ペイズリー エレファント ブロックプリント 4ボタン カフスジャケット
カラー:BLACK・GREEN・NAVY
サイズ:S〜XL
価格:¥26,400(税込)
商品番号:38-16-0212-791


今シーズン注目のアイテムが登場。


2022年SPRING&SUMMERがスタートして早数ヶ月。

毎回見応えがあり、シーズン中何度も見返してしまうお馴染みの【LOOKコンテンツ】に登場するアイテムも、約半分くらいは出揃ったという感じでしょうか。


個人的にはこのLOOKコンテンツのトップを飾るスタイリングに毎回注目してしまうのですが、今シーズンのトップを飾ったのがこちらのスタイリング。


このAll Night BEAMS PLUSの火曜日担当である【みたに いくお】も、ブログにて好きなモデルとして名前を挙げていた“4ボタンカフスジャケット”。そんなモデルに、インドの伝統生地であり、もはやBEAMS PLUSではお馴染みのブロックプリントが施された異国情緒溢れるファブリック。ジャケットの柄を引き立てるグリーンのバンドカラーシャツ、ワイドシルエットのショーツにレザーサンダルとこれからの時期にも参考したい抜け目のないスタイリング。


↑ムービーはこちらをクリック!↑

@beams_plus_harajukuより


まるで壁画のよう

さて、まずは注目の生地・柄について


熱帯地区だからこそのドライな生地に、自然素材から抽出された染料を木版による型押し手法でハンドプリントされたこの風合いは、化学繊維やハイテク素材が増えてきている現代において、独特な存在感を醸し出しています。


アイテムとしてのインパクトはもちろんなのですが、さらに柄をよく見ると…


草花と共に描かれたインド発祥とも呼ばれるペイズリー柄に、可愛らしい“象”のがプリントされています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、インドでは“象の頭の神様”がおり、神聖視されているようです。お土産としても稀にみられますよね。このように伝統的部分も垣間見える柄が、プリントとして施されています。


このように天然染料の風合いや色合いで表現された生地は、神聖視されている象が描かれている事からも、まるで壁画のよう…。

着用や洗濯を繰り返すことでの“変進開花”も楽しみな生地ですね〜!


LOOKに学ぶ色合わせ。

まずは私から。


オリーブやブラウンなどナチュラルなカラーリングを意識してスタイリング。

インパクトのある柄だからこそ、自然に馴染むよう、柄や雰囲気に合わせた色使いはLOOKを参考にしました。

見るだけでなく、普段のスタイリングの参考にも出来るのがLOOKの楽しさですね。


まだ時折冷えるので、リネン素材のニットをインナーに挟みながらも袖はロールアップしてラフに。


ナチュラルなカラーリングは、ドライな生地感とプリントの色合いにピッタリ。


シャツに近い生地感であることからロールアップもしやすく、これから半袖の上から羽織っても応用の効くアイテムです。


着丈もややスッキリしておりシルエットも個性は強くないので、幅広い体型の方にお召しになっていただけるジャケットに仕上がっています。


さらには柄合わせのポケットディテール。


胸・腰のパッチポケット。


これにより、個性的な柄にもまとまりが。


たまにはNIGHT SHOT。

この日は珍しく夜に撮影を敢行。

モデルになってくれたのは、年齢に見合わぬ渋い雰囲気の持ち主のビームス 辻堂のスタッフ松岡。

ワークシャツ&ジーンズという男らしいスタイリングに、夜でも映えるブロックプリントの絵柄。

ラフに捲った袖元に覗くインディアンジュエリーがまたいい。

ラフな演出な襟元も。

(髭がまたよく合うなぁ…)


まるで壁画のような雰囲気のあるプリントを、是非楽しんでみてください!


お問い合わせは、お近くのBEAMS PLUS取り扱い店舗まで。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


▼YOSHIDA JUN▼


▲是非フォローを宜しくお願い致します▲


《夏のイメージはここから?BEAMS PLUS LOOKコンテンツはこちら!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

まだ“夏本番!”ではない。

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》




さて、先週末は共に快晴!!

気持ち良かったですね〜、ニュースを見てもどこかに出かけたり楽しそうな姿が流れ、天気と共に活気が出てくるような…そんな気がしました。


さて、私の所属するビームス 辻堂では早速、半袖やショーツのお客様がチラホラ…


地元のスタッフに聞くと、『こっちの方では毎年こんな感じですよ!』との事で、有楽町と湘南ではここまで違うものか… 地域性の強さに洗礼を受けました。


とはいえ、このような季節の変わり目こそスタイリングの見せ所。

ということで、本日はこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / 2プリーツ シアサッカー チェック ワイド トラウザーズ
カラー:GREY CHECK・Lt BROWN CHECK
サイズ:S〜XL
価格:¥19,800(税込)
商品番号:38-23-0157-803

夏に履きたい“柄パン”


素材はコットン100%のシアサッカーファブリック。

細番手の糸を強く撚った強撚糸なので、シアサッカー特有の凹凸のある肌当たりがよりしなやかに。緩やかなシルエットも相まって非常に涼しく、まさに夏にオススメの柄パンなのです。

そして〇〇なチェック柄に対してさりげなく入ったイエローの格子が、柄にメリハリをつけてくれています。


ライトブラウンベースのチェックと2色のカラーバリエーション。

どちらともとても軽やかなカラーリングです。


まだ“夏本番”ではないし。

こちらの2プリーツパンツ、以前私のブログ【2世誕生?】で紹介したパンツの生地違い。

2つのタックに裾まで続くワイドシルエットは、スタイリングにメリハリをつけてくれます。


このシューズにギリギリ掛からない絶妙なレングスは今の気分にピッタリ。


私はWills&Geiger別注のブッシュジャケットのピューターとネイビーのスウェットというダークトーンを主張としたスタイリングに取り入れてみました。


暗めのカラートーンでも、チェックを取り入れる事によってスタイリング全体にも軽さが出ます!

最近気温が上がったとはいえ“夏本番!”ではないので、徐々に組み合わせを替えながら夏に向けて切り替えていきたいですね。


さて、この生地がとにかく大好きというこのお方にも履いてもらいました。


マチガイナイ男“KUWATA”参上。

クラシックな雰囲気も感じるライトブラウンベースを、オリーブを基調としたアースカラーでまとめた桑田らしいスタイリングを見せてくれました。中に挟んだスウェットの柔らかさが、パンツのシルエットにもマッチ。


桑田らしくアンティークウォッチがチラリ。


こちらにもあるように、やはりパンツとシューズを同系色でまとめるのがよりスマートに見せるコツかなと思います。

桑田のようにライトブラウン➡︎茶靴

吉田のようにグレーチェック➡︎黒靴


ボリュームがあるので、足元とのバランスは考えたいトコロです。


変化球。 

最後はオマケ的な感じ。

独特なバランス感覚が到底僕には真似できない、スタッフ 窪のスタイル。


かなーり変化球的な組み合わせですが、柄を取り入れる事で全体によりメリハリがつきます。


BEAMS PLUSファンでなくても、様々なスタイリングに応用が効く、夏にオススメしたい柄パン。


ご興味があれば、是非お近くのBEAMS PLUS取り扱い店舗までお問い合わせくださいませ!


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

軽い・柔らかい・動きやすい

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》


いつもBEAMS PLUSのブログをご覧頂きありがとうございます!


先週は桜も咲いたりしてすっかり春の訪れを感じましたね。

自宅の近くの桜並木を、家族でゆっくりと散歩しました。


そんな桜並木を歩いた先には苺ファームがあり、その日はお花見の後に“いちご狩り”に。

息子たちは驚くほどよく食べる…

私はそんなに食べれないので見学。

見事にカラーリングが“イチゴカラー”。

私のバンダナが苺だらけに…。

たくさん食べて満足そうでした。

さて、いつも家族の話ばかりで申し訳ないのでそろそろ本題に。

本日はこちら!


dip × BEAMS PLUS / 別注 Military 6Pocket Pants
カラー:Grey・Sage
サイズ:S〜L
価格:¥18,700(税込)
商品番号:38-24-0165-965

無骨さを感じさせないカラーリング


本日も先週に引き続き“dip”の別注シリーズのご紹介。

あれ、先週のブログで紹介していたブルゾンと似たようなカラー?だと思いますよね。

比べてみると


今回のパンツの方がややグリーンが強く、エメラルドグリーンのような爽やかさも感じる、こちらもdipらしい独特なカラーリングがポイントです。

商品名に“6ポケット”とあるように、こちらもトップス同様ミリタリーベース。

BEAMS PLUSファンの皆様は、お馴染みのモデルですね。


こちらがもう1色のグレーカラー。

グレーと言っても柔らかみのある色合いで、春の装いでも重たくならず軽快に。


dipらしいディテールが光る

ここからはdipらしいディテールを。

まず6ポケットパンツ特有のサイドに付くカーゴポケット。

打ち抜きボタンで留められた大きな三角状のフラップの下には、ポケットの縫い付けられたステッチがありません。


裏を見るとしっかりと袋は存在していますが縫い付けられてはおりません。

これで表面上のポケットの主張も抑えられ、よりカラーリングにマッチしたデザインに感じるのかなと。


フロントはボタンフライ。

ウエストにはドローコードが内蔵されており着脱も容易でベルト要らず。

楽な所と手間がかかる所のこのバランスが絶妙で面白いですよね。


対して裾にはドローコードは付いていないので、裾のドローコードの処理に頭を悩ませていた方には、都合の良いディテール。

ボリュームが出ないことからロールアップもまとまりやすくなります。


軽い・柔らかい・動きやすい!


このパンツの1番気に入っているところが、軽い・柔らかい・動きやすいの三拍子揃った快適な着用感!


コットン100%で、ツルッとした生地感は肌当たりも非常に気持ち良い。


屈んだり座ったりする際も窮屈感を感じる事なく快適で、結構病みつきになりそうな感じ…。

これから夏にかけて着用できるパンツです。

NEW BALANCEなどのボリュームのあるスニーカーでスポーティーに合わせるのが個人的にはオススメです!


お問合せはお近くのBEAMS PLUS取り扱い店舗へお問合せ下さい。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》

唯一無二のカラーリング。

【吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS】



先週は私の地元、町田にある【こどもの国】へ。


私自身も幼少期よく親に連れて行ってもらったり、高校生の時もマラソン大会が行われたりと思い出の場所の一つでもある所なのですが、

大人になり、息子達も連れてくるようになるなんて、なんだか感慨深いものがあります。

前回の動物園に引き続き、ここでも動物に触れさせてみる。

ここは遊具や乗り物もたくさんあるので、長男も飽きずに大はしゃぎ。楽しそうな笑顔が見れて満足満足。


自分の家庭の話ばかりで申し訳ございません…


ということで、本日はこちら!!

dip × BEAMS PLUS / 別注 Military Pullover Jacket
カラー:Sageのみ
サイズ:M・L
価格:¥27,500(税込)
商品番号:38-18-0250-965


絶妙なカラーリングが目を惹く。


私の所属するビームス 辻堂のすぐ隣のエリアである茅ヶ崎に拠点を構えているブランド“dip”。

dipといえば、ブランド独自のレシピから生み出される絶妙なカラーリングが魅力ですよね。

今回もお店に商品が届いて封を開けた時、早速スタッフ数人で見て・触って…

Sageというカラー名ではありますが、サックスブルーのような、グレーのような絶妙なカラーリングは見る人着る人によって全く違う印象になるでしょう。


さらにはdipらしい丸みを帯びた襟に独特なポケットの配置、同色に近いジップの引き手パーツにナチュラルなボタンのカラーがマッチ。

デザイナー田口氏によるこだわり抜いた手法が、型にはまらない唯一無二の存在感です。


素材もコットン×ポリエステルで、触るとパリッとしたハリコシを感じる生地感ながらも着用時には堅苦しさを感じません。

既に現れているナチュラルなシワ感は、ミリタリーモチーフのこのアイテムにピッタリハマります。


“detail in perfection”

dipのコンセプトである“detail in perfection”とは、「完璧なディテールとは、エンドユーザー(着る人)の個性によって完成する」という意味が込められているそうです。


さて、そうなるとどのディテールを活かして自分なりにスタイリングしようかと思うわけですが…


まず、私はウェアのベースのミリタリーから、インナーにはサーマルのカットソーをチョイス。


裾に施されたジッパーは、プルオーバータイプであるこのアイテムの着脱しにくさを解消してくれる意味合いもありますが、私はこのディテールを若干開け、レイヤードを楽しむ要素として取り入れました。

開ける事で少しだけ裾広がりになり、緩やかなサイズのアイテムや丈の長いアイテムとのアレンジもしやすく、より楽しみ甲斐があるはずです。


女性が着る“dip”


今回は女性にも着用してもらいました。

こちらのブログは初登場、ビームス 辻堂の元気印、スタッフ庄司です。


いつも色・柄を取り入れる彼女のスタイル、そして笑顔の可愛らしいキャラクターが、このアイテムのスタイリングにはピッタリかなと。


dipというブランドは、メンズのアイテムを着用したレディースのスタイリングも多く見ることができます。


日頃ご案内している中でも、先程お話しした絶妙なカラーリングや丸みのある襟、ボタンの選定などの各ディテールが、女性でも取り入れやすいと感じてくださり購入してくださる方もチラホラ。

個人的には、ユニセックスと言っても良いアイテムだと思っているので、女性の方にも是非オススメしたい一着です!!



取扱い店舗は、ビームス プラス 有楽町・ビームス プラス 原宿・ビームス 西宮・ビームス 辻堂の4店舗。

お取り寄せも出来ますので、ご興味のある方はお近くのビームスまでお問い合わせくださいませ!


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみに〜!!


吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

季節と共に彩りを

【吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS】


本日もご覧頂きありがとうございます!


さて、暖かくなったと思ったらまた冷え込んだり…。なかなかすんなりと春になってはくれないものですね。


早く暖かくなってほしいなと思いながら、先日の休みは息子たちのリクエストにお応えして動物園に。


次男は初めての動物園が楽しかったようで


おちゃらけ兄貴とこんなポーズを。


一方兄はすぐ飽きてしまった…。

最近格好をつけたい感情が出てきたのか、両手をポケットに突っ込み、1人で黄昏ながら歩く兄。


園内も少しずつ花が咲いたり草木が鮮やかになり、確かにのんびりと景色を見ながら歩きたい気持ちも分かる気がする。

春はそんな彩りが増していくのが楽しい季節でもありますよね。


ということで今日はそんな“春の彩り”を感じるアイテムを。

BEAMS PLUS / ガーメント ダイ ピケ トラッカー ジャケット
カラー:OFF WHITE/BEIGE/PINK/M.GREEN/SAX
サイズ:S〜XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-18-0162-791

春こそ映える、パステルカラー


まず目に飛び込んでくるのは鮮やかなパステルカラー。

なかなかアウターでこのカラーリングを見ることはないですよね。


本日登場していただいたのは、BEAMSとHIP HOP DANSERの両面で活躍する頼れる若手Neese。

長身かつ端正な顔立ち。そして何より色白の肌にパステルカラーがよく映える。


ピンクは爽やかなリネンニットにカーキのチノトラウザーズで柔らかなカラーリングでまとめてくれました。


一方サックスブルーは迫力のあるミリタリーパンツに、トップボタンまで締めたAラインシルエットに。


共に春らしいカラーリングでスタイリングを見せてくれました。


柔らかな生地使いに、ピケの表情が◎

モデルはアメリカの大衆に愛されたトラッカージャケットがベース。日本では“Gジャン”と慣れ親しんでいるアイテムかと思います。


デニムでは表現できないPOPなカラーリングを表現するのは、こちらのファブリック。


畝の表情が特徴的なピケに生地加工を行い、ピケパンツのようなハリ感ではなくソフトでふくらみのある生地に仕上がりました。

例えるとするならばシャツに近いウェイトでしょうか。


見た目以上に袖を通すと軽く柔らかく、快適な着心地。まだ主役としては早いかもしれませんが、生地の薄さ故にインナー使いもオススメです。


着こなし、多種多様。

続いてはスタッフ窪。


意外と難しいホワイトカラーを、窪らしいサイズバランスで。

ボリューム感のあるパンツにタートルネックのカットソーで柄をON。いい感じで引き締め役に。


絶妙にバランスが調節された着丈、自然に落ちた肩のラインが、今の気分にもマッチ。


透け感も感じるホワイトは、合わせるアイテムによってもまた楽しくなりそう。


続いて川島。


サックスブルーを基調としたブルーのグラデーションスタイルです。


中に挟んださりげない色味のフェードしたサックスブルーに、濃紺のデニム、足元のNEW BALANCEなど抜かりなし。


最後は私。


私はグリーンをセレクト。

前回同様、再熱したホワイトジーンズで。

中にニットなども挟めるようMサイズを着用しています。


さらにはバッグやキャップまでもグリーンに。

“変進開花”で表情が増した小物類が、ジャケットのミントグリーンをより際立たせてくれるのではないかと。


これから春の季節の訪れと共に、色鮮やかなアイテムを是非取り入れてみてください!


お問い合わせは是非、お近くのBEAMS PLUS取扱い店舗まで。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

インディゴの反動


BEAMS PLUSファンの方はご存知であろう、昨年からバイヤーを務める“スイーツ佐久間”。

実は同期入社・同じ平成元年生まれの同世代かつ自宅が近所ということで、先日の休日にたまたまタイミングが合い近所の河川敷へ。


30を過ぎたいい大人が二人っきりで河川敷を散歩するのも最初は小恥ずかしい感じでしたが、徐々にいつもの感じに。

最近もっぱらハマっているというカメラで、色々撮影していました。


数年ぶりの水切りは5回が限界でした。


それでは参りましょう、《吉田 淳のAll Night  BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。



本日はこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / デニム 5ポケット テーパード パンツ
カラー:WHITE・INDIGO
サイズ:S〜XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-21-0004-791


インディゴの反動

今シーズンのBEAMS PLUSでは、様々な天然素材に“インディゴ染め”施したアプローチもポイントの一つで、ビームス プラス 原宿のウィンドウディスプレイや、私でのブログやスタイリングを交えて何度か紹介させて頂きました。


インディゴと聞くと、真っ先に想像するのは多くの方が愛用している“ブルージーンズ”でしょう。


私の所属するビームス 辻堂でも、WAREHOUSEやRRLをはじめとしたブルージーンズの愛用者は多数。


しかしこうも皆が似たアイテムを着用していると、“自分は何か違ったスタイリングをしたいなぁ…”という思いが沸々と。


これまで以上に打ち出しやご案内でインディゴのアイテムを触れることが多かった反動か、

ずっと気になっていたホワイトデニムを手に取り、このタイミングで新調することにした訳です。


という事で、今日はホワイトジーンズのご紹介を。



アイビールックに欠かせない、ホワイトジーンズ

ブルージーンズが校則によって着用できないアイビーリーガーの為に、打ち出されていたと言われているホワイトジーンズ。

当時の写真集などでも学生が履いている姿を垣間見ることができますよね。

品を損なわずに履けるホワイトジーンズは、アイビースタイルには欠かせない1アイテムです。


王道ではありませんが、今の気分で表現した自分なりのアイビースタイル。

チノトラウザーズに比べ、爽やかなホワイトが清潔感・春らしさを表現出来ます。


米綿を使った11.8オンスのセルビッチストレッチデニムは、旧式の力織機で従来よりも時間をかけて織り上げられています。


BEAMS PLUSの定番アイテムの一つとしてもお馴染みのアイテムですが、実は数年前に比べて生地が軽くなっており、よりストレスがなく快適な履き心地に。


履く時のちょっとした工夫とは

シルエットは細身のテーパードシルエット。股上も程良い深さで、腰回りをしっかり覆ってくれます。


新調した理由はもう一つあり、今まで愛用していたホワイトジーンズはくるぶし上程のレングスでやや短めに履いていたんです。

今の気分や今一度自分の体型を見つけ直した時に、そのモデルとは違った気分で履きたかったというのが一番大きかったですね。


学生時代、バスケ部で振り切られないディフェンスをモットーに練習に励んできた事で、なかなかガッチリした下半身がややコンプレックスなので、今回はワンサイズアップしてウエストを詰め、太もも・ヒップ周りがピッタリし過ぎないように修正しました。


さらには足も短いので、ソックスはホワイトに近いカラーを選びパンツと色味を繋げる事でちょっとした補正効果を狙いました。ホワイトだと優等生すぎるかな…と思っていたところに、理想の色合いソックスが入荷してきたのも嬉しい。


BEAMS PLUS リネン リブソックス
カラー:生成・グレー・チャコール・ネイビー
価格:¥2,750(税込)
商品番号:38-43-0032-479


さて、アイビースタイルといえば辻堂スタッフのこの方も忘れるわけにはいきません。

この方にも久しぶりに登場して頂きました。

Mr.NGこと後藤です。


桑田や私と同じく、ビームス プラス 有楽町から異動してビームス 辻堂に在籍。アイビー解釈のスタイリングならやはりこのお方は欠かせません。

ネイビー・ブルー系で統一されたアイテムチョイスは、ブルージーンズでも成立したスタイリングかと思いますが、アイビーをテーマにホワイトジーンズで合わせたスタイリングは、後藤のスリムな体型にフィット。清潔感がありスマートな大人のアイビースタイルに。

数年前の《Marunouchi Ivy Leaguers》を彷彿とさせるデッキシューズとの組み合わせも良いですね。

やはりジーンズは後ろ姿が一つの見せドコロ。後藤のスマートな後ろ姿は個人的には羨ましい限り。


足首を覗かせて軽快に見せるスタイリングはこれから気温が上がれば楽しめる時期到来

春夏のスタイリングがより楽しくなるはずです。


個人的にはやはりアイビースタイルで、スポーツコートやショートブルゾン、夏はマドラスチェックやポロシャツに。

取り入れるだけで、気分がガラッと変わるホワイトジーンズ。


是非、お近くのBEAMS PLUS取扱い店鋪までお問い合わせください!



では、今週も【
All Night BEAMS+】をお楽しみに〜!!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

春も変化もコートから。


BYB再び。


先日、【グラマラス藤井のAll Night BEAMS PLUS】から出演のオファーが。


部長のグラマラス、ビームス メン 渋谷の鈴木、ビームス 立川の坂本、そして私吉田が原宿に集結。

かれこれSPECIAL WEEK以来の共演となった我らが“バックヤードボーイズ”略してBYB。


グループ名の由来はさておき・・・、このメンバーで集まると楽しくて時間があっという間。なんと1時間の長丁場に…w

こちらをテーマに楽しくお話しさせて頂きました!


こちらのイベント、日程は3日間とかなり限定的なイベントではありますが、多くの方々が御来店して頂いたと伺いました。
皆様、ご来場ありがとうございます。


プラジオも是非ご視聴頂ければと思います。

グラマラス藤井のAll Night BEAMS+#40



さて、早いものでもう三月。今年は平年に比べて暖かくなるんだとか。

そんな時に活躍する、アウターの紹介です。


REMI RELIEF × BEAMS PLUS / 別注 M65 Parka Indigo
カラー:INDIGOのみ
サイズ:S〜XL
価格:¥54,780(税込)
商品番号:38-19-0089-671

変進開花を楽しむミリタリーコート

春に着るアウター・コート。一番悩ましいところですよね。

先日ビームス 神戸の三谷が紹介してくれていたBEAMS PLUSの新作のコートや、人気のBarbourとの別注Bedaleなどが浮かぶ方も多いかもしれません。


今シーズン様々な天然素材を用いて、着用と共に訪れる“変進開花”を楽しめるアイテム群は、シーズンスタートと合わせて皆様にご紹介しているキーワードの一つ。

そんな変進開花を存分に楽しめるのが、加工職人としてお馴染みのREMI RELIEFに別注したモッズコートです。

ここビームス 辻堂でも数名が実践しているINDIGO×INDIGOの組み合わせ。

桑田本人はずっとやっていただけあってこのスタイルはお手のもの。

明るいトーンのインディゴカラーが、春のスタイリングにもピッタリです。


オリジナルを踏襲したディテールに光る、加工職人の技。


コットン×ナイロンファブリックと当時を彷彿とさせる生地にREMI RELIEFらしいインディゴ染めが施され、加工感際立つ生地の風合いは唯一無二。モッズパーカー特有のこの襟元とフードの無造作加減がラフなスタイリングにピッタリ。


ブラスジッパーに同じくインディゴ染めが施された引き手パーツ、縫製箇所のパッカリングとそこに残るインディゴの影。

REMI RELIEFらしい表情です。


当時ヘルメットの上から被る事を想定した大きめのフードも再現されており、こちらも縫製箇所に残るインディゴ染料がまた良い雰囲気。



後期型に見る脱着式のフードは、スタイリングに変化をつけてくれます。


フードを取り外すことで、襟元の見え方にも変化が。

ここにフード付きのアイテムを合わせるのも良し。合わせるアイテムによって変えていただけるので幅広いスタイリングに取り入れていただけるかと思います。


コミカルな桑田の表情はさておき、ウエスト部分のドローコードを絞ってシルエットに変化をつけて楽しむのもオススメ。

もともとスマートなシルエットにアップデートされているのですが、生地の表情と相まってメリハリがつきますよ。




インディゴカラーを活かして爽やかに。


私はこの明るいトーンのインディゴを活かして爽やかな印象に。


バスクシャツ・シャンブレーと色のトーンは合わせつつ、ベースは明るい色使いで。

ミリタリーディテールが、よりカジュアルな印象を与えてくれています。


是非、皆様も取り入れてみてください。

問い合わせは、お近くのBEAMS PLUS取扱い店舗まで!

お待ちしております。



最後に、桑田が撮影時にいつも聞いてくる一言。

「大丈夫?小顔になってる?」

「はい、大丈夫です(気にしているのか…)」

では、今週も【
All Night BEAMS+】をお楽しみに〜!!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

このザックリ感がたまらない。

さぁ、本日も始まりました

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。


さて、先日は時間があったのでビームス プラス 有楽町にお邪魔させていただきました。


期待の若手スタッフ、島向(シマムコ)がディスプレイを調整中。何かというと…


3/5(土)から開催される、毎年恒例のINDIVIDUALIZED SHIRTSカスタムオーダーイベント!

スポーツコートフェアとこのイベントが始まると、そろそろ季節が変わるなと実感します。


是非この機会に足を運んでみてください。



さて、春はまだかまだかと待ち遠しい今日この頃。

店内は春夏アイテムに溢れ、あれやこれやと頭の中でコーディネートのイメージ。まだ外は寒いですが、今後の活躍を控えているアイテムたち。


本日はこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / リネン クルーネック ニット
カラー:WHITE・BEIGE・OLIVE・NAVY
サイズ:S〜XL
価格:¥14,300(税込)
商品番号:38-15-0124-156


ザックリ・緩やかに。

畦編みで織り上げられたBEAMS PLUSのリネンのクルーネックニット。

このザックリとした生地感が魅力の1つ。この風合いがたまりません。


前回のブログでご紹介したケーブルクルーとは異なる生地の凹凸は、ちょっとした透け感もありつつ清涼感のある春夏シーズンらしいニットウェアです。


ザックリした生地ながらもドライなタッチで着用時のストレスも少なく、合わせるアイテムとの表情の違いを楽しむのもいいですね。

このドレープ感もまたイイ感じ。


リネンのニット…と聞くとまだ先のように感じますが、まもなく訪れる季節の変わり目こそ、このようなアイテムが1番楽しめるシーズン。

個人的には3〜5月が1番楽しめる時期かなと思ってます。


メンズだけではなくユニセックスで。

今日はまず女性のスタイリングから。

いつも僕を笑わせてくれる、スタッフ若生に久しぶりに出演して頂きました。


若生もまた、このザックリとした生地感が好きで早速愛用してくれています。

168cmと長身ではありますが、Mサイズにサイズアップし、緩やかなシルエットとドレープ感がリラックスした雰囲気を演出してくれています。

NAVY×WHITEカラーが爽やかな印象。


BEAMS PLUSファンの方はお馴染み、ENGINEERED GARMENTS別注のミッドフィールドブレザーとのコーディネートまで披露してくれました。

これからでしたら、インナーにも大活躍ですね。


引き立て役のWHITE。

続いて私。


私はWHITEが推し。


当店でも盛り上がりを見せているINDIGOファブリックは、やはりWHITEが入る事により引き立つのではないかと。

若生と色合わせが被ってしまいましたが、ここ湘南エリアの空気感故か。


170cmの私でSサイズを。

キャンバスのチョアジャケットを合わせたナチュラルなカラーリングに、個人的な過去の名作マドラスパーカーを挟み差し色に。


ザックリとした表情がある生地だからこそ、スタイリングにもメリハリが付きます。


カラーはこちらの4色のバリエーション。


BEAMS PLUSのウェアにはもちろん、幅広いスタイリングに対応してくれるラインナップ!


是非お近くのBEAMS PLUS取扱い店舗までお問い合わせくださいませ。

では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください〜!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

定番であり続けるコト

先日の休日、家族でテレビを見ていました。

ある飲食企業の人気商品を、超一流と呼ばれるシェフの方々が辛口にジャッジする…。

この番組が好きでよく見るのですが、企業のこだわりや開発者たちの思いが垣間見えるところが大好きでついつい見入ってしまいます。自分も口にしたことのあるあの定番料理も、実は密かに改良されていたのか!など、

企業努力に関心してばかり。


今度また行ってみよう!という気持ちになります。



さぁ、本日も始まりました

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。


さて、ご覧頂いているオンラインショップの各コンテンツでは、色んなスタッフが新作のラインナップを紹介してくれています。

新しいアイテムを手にした時の高揚感や、何とスタイリングしようか考えている時もまた楽しい時間でもありますよね。しかし、BEAMS PLUSでは、シーズンが変われどトレンドが変わっても、店頭に並び続けているアイテムも数多く存在します。


今日はそんな定番アイテムからこちらのご紹介。


BEAMS PLUS / リネン コットン 5ゲージ ケーブル クルーネック ニット
カラー:WHITE・KHAKI・PINK・YELLOW・OLIVE・NAVY
サイズ:S〜XL
価格:¥13,200(税込)
商品番号:38-15-0123-048

メンズショップの定番

BEAMS PLUSファンにはお馴染みのケーブル編みのクルーネックニット。私達は“ケーブルクルー”と呼ぶことが多いですね。

アイビーのムードを感じるメンズショップには、必ずと言っていい程ラインナップされているアイテムです。

BEAMS PLUSはこのケーブルクルー、春夏・秋冬シーズンで素材を変えてラインナップしている商品であり、ネイビーブレザーやボタンダウンシャツと同じように、毎シーズン店頭に並ぶ定番品です。


しかしそんな定番アイテムであるケーブルクルーも、シーズン毎に若干の変化があるのはご存知でしょうか?


さり気ない改良


こちらの写真は、私の私物を含めた3枚。

左から、2022→2021→2020年モデル。


ケーブル編みの目地が立った、5ゲージのケーブルクルー。

生地寄りだと、こんな感じ。

WHITEが2022年モデル

オレンジが2021年モデル。

グリーンは2020年モデル。


実はシーズンによって素材や糸の太さが異なるんです。


まず2022年モデル(WHITE)と2021年モデル(ORANGE)


見た目はさほど変化はないのですが、混率を見ると

2021【コットン60%/ヘンプ40%】

2022【コットン47%/リネン53%】

と、コットンを上回る比率でリネンが用いられているんですね。

なので触っていただくとよりリネンのシャリ感を感じていただけますし、若干糸にも光沢を感じます。


さらには2020年モデルと比較すると…


2020(GREEN)は【コットン100%】。

コットンニット特有の柔らかさ・風合いが感じられるだけでなく、実は編み地の幅がこの時はやや太め。


なので今シーズンモデルは編み地が細やかな分、春夏らしい爽やかな印象でややスタイリッシュに。


さらにはリブに化繊を混紡することにより、伸びにくくなっています。

GREENがリブもコットン100%

WHITE・ORANGEは化繊混紡。

着用を繰り返したこちらを見ると、若干差が出ているのが分かります。


このように、ずっと変わらない定番アイテムもあれば、さり気なく改良が加えられている定番アイテムもある。


それがBEAMS PLUSですね。


定番だからこそ、幅広いスタイルに

さて、私物を出してしまい少しややこしくなってしまいましたが…

改めて、今シーズンは以下6色のカラーバリエーション。



同色系でまとめたスタイリングも。





アクセントカラーとしても




季節が進んだら一枚でサラッと着るのも


定番だからこそ、流行り廃りなくスタイリングに取り入れて頂けるアイテムです。


是非色々楽しんで頂ければと思います。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください〜!



吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

オススメする時、された時。

他人に自分の好きな“何かを”オススメする。

皆様も日常で、家族・友人・パートナーなどにすることありますよね。

このブログはもちろん、私達スタッフの仕事も“好きなものをオススメする”事な訳なのですが。


実は僕と妻は、今までお互いが“オススメしたモノ・コト”を素直に受け取ることがありません。

特に娯楽系に関しては趣味も全く違うからかもしれませんが、妻からオススメされた時は真っ直ぐ受け取れず…。


ところが先日、そんな妻のオススメ攻撃に胸を打たれ、現在公開中のとある“アニメーション映画”を観に久しぶりに二人で映画館へ。

私自身も予想以外に楽しむことができ、行き帰りとご機嫌な妻。頑なに断っていた謎の自分に反省。

今では家族揃ってそのアニメを楽しめるように。


オススメしてくれて、それを受け入れた事で、また新しい楽しみを見つけることが出来ました。

ありがとう!


さぁ、本日も始まりました

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。


さて、スタッフ間でも気に入っているアイテムをオススメしたり、されたりという場面はよくあるもの。

その話がキッカケでより魅力的に見えたりします。

今日紹介するアイテムのきっかけは妻ではなくこの男…


マチガイナイ男・桑田(先輩)です。

さすが一足先に目を付けていました。そんな桑田と共に皆様にオススメしたいアイテムがこちら。

BEAMS PLUS / インディゴ シャンブレー バンドカラー シャツ クラシック フィット
カラー:インディゴのみ
サイズ:S〜XL
価格:¥16,500(税込)
商品番号:38-11-0442-139


ディテール・フィッティングが新たに。

BEAMS PLUSでは馴染み深い“バンドカラーシャツ”。実はこれも先日のBLOG《2世登場!?》のような今シーズンからのNEWモデル。

今まではプルオーバー型だったモデルがフルオープンの前開きになり、フィッティングもややゆとりのあるAライン気味のシルエットに。


よりリラックス感を演出できるアイテムになっただけではなく、着用時の快適性やスタイリングの幅も広がったのではないでしょうか。軽やかな着心地が、春夏シーズンにはぴったりです。

今シーズンを象徴する“インディゴファブリック”

この時期のBEAMS PLUSのキーワードである“インディゴ”。このシャツは縦横糸に濃淡のあるインディゴ糸を用いた所謂“ベタシャン”。


深みのあるインディゴブルーによる《変進開花》が楽しめる一着であり、ドライなタッチ感に艶やかなブラックのシェルボタンが光ります。


マチ付き。


インディゴ×インディゴがポイント


この独特なインディゴブルーは、アウター・パンツにデニム素材や同じくインディゴファブリックのアイテムを持ってきたときにも良い脇役になってくれます。

いわゆる“デニムONデニム”みたいな状態ではなく、異なる生地でのインディゴによる表情・風合いが変わっていく様《変進開花》をスタイリングで楽しんで頂きたい!!


僕達は今、そんな“オススメ”をさせて頂いております。


▲場所が暗くてはっきり見えにくい写真ですみません…


店内もこんな感じで!!





もちろんこのお方も。


ジーンズにタックイン。ショート丈のライトアウターを合わせるところが桑田らしい…。


互いにオススメし合い、より魅力が増した一着。


このブログをきっかけに、スタイリングの新しい楽しみ方を見つけてくださればと思います。

そして、気に入ったら周りにもオススメしてみてください!



では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください〜!


吉田


《BEAMS PLUS 2022 SPRING&SUMMER LOOKコンテンツ公開!!》



ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》

2世登場!?

【2世登場!?


“〇〇2世”なんて言葉は久しく聞かなくなりましたね。


むしろ日本はそのような表現を避けているようにも思えます。

個を表現するのに、敢えてその言葉を必要としていないのかもしれません。



僕はNBAが好きなので、日本だとあり得ないですがアメリカだと“〇〇Jr”や“〇〇Ⅱ”など名前になっているプレイヤーも多く活躍しており、

活躍や記録を比較する際にも、同じくNBAで活躍いた“名プレイヤー”を親に持つと必ず比較対象で名前や当時の写真が挙げられたりと、リスペクトも兼ねた表現が多く使われているのが印象的。それが当時を知らないファンにとっては嬉しかったりするんですよね。

そして「親のDNAは、確実に受け継いでいるよ」と自信を持ってプレイしている…。そんな言葉に興奮しています。



さぁ、本日も始まりました

《吉田 淳のAll Night BEAMS PLUS》。


BEAMS PLUSメンバーが日替わりでお届けする《All Night BEAMS PLUS》をご愛読頂いている方は、是非フォローボタンをよろしくお願い致します。



さて、そんな“名プレイヤー”ならぬ“名作”のDNAを受け継いだ、商品が入荷してまいりましたので今日はそのお話を。


BEAMS PLUS / 2プリーツ コットンツイル トラウザーズ
カラー:Lt.BROWNのみ
サイズ:S〜XL
価格:¥22,000(税込)
商品番号:38-23-0159-791

偉大な名作の意志を引き継いで。


かれこれ7年前、私がビームス 新宿にアルバイトとして入社ししばらく経った時、BEAMS PLUSの新作としてリリースされた皆様ご存知の名作2プリーツチノ。ご愛用頂いている方も多いのではないでしょうか。


⬆︎当時のLOOKから


当時はまだ店頭では少なかった2プリーツのディテールに加え、その独特なシルエット、レザーシューズ〜スニーカーまで幅広く対応できる絶妙なレングスは、BEAMS PLUSスタッフのみならず多くのお客様にご好評頂き、【BEAMS百名品】にも選出。

私も今も尚愛用しております。


進化したシルエット、そして生地


2プリーツチノのディテールを踏襲したこのパンツ。ヒップ・ワタリにかけてのボリュームの変化や


左:新作2プリーツトラウザーズ

右:名作2プリーツチノ


レングスもクロップドからフルレングスになり、それに伴いテーパードも緩やかに。

また異なるシルエットのパンツに進化しました。


履き方は人それぞれお好みがあるかと思いますが、ローファーやローカットのキャンバススニーカーが個人的にはハマるかなと。



続いては生地。


2プリーツチノはポリウレタン混のストレッチ素材故、シルエットだけでなく快適な履き心地が特徴でした。


さて、新作の方はコットン100%。よく見ると独特な風合いが。




岡山県で織り上げられた天然色そのままのオーガニックコットンは、ネップのようにも感じる表面に現れた綿の殻、高密度の織られたハリコシに、このドライなタッチ感のツイル生地。


収穫年の気候により収穫される綿の色も変わるそうなので、この色合いは二度と出逢えないかも知れません。


履きこむ毎に“変進開花”を楽しめ、ちょっとした特別感を感じられるそんな一本です。






是非、お近くのBEAMS PLUS取り扱い店舗にて。

皆様、お身体にはお気を付けてお過ごしください。


では、今週も《All Night BEAMS PLUS》をお楽しみください〜!


吉田


ビームス プラス放送部も絶賛放送中!》


《BEAMS PLUS公式Twitterはこちらから》